世界最小4Gスマホ『Jelly』、技適を取得し2017年8月に国内販売へ! – DIGIMONO!



技適を取得し国内展開、これは熱い流れに!

先日ご紹介した、世界最小4Gスマホこと『Jelly / Jelly Pro』こちらがなんと日本の「技適マーク」(技術基準適合証明/技術基準適合認定)を取得し、キュレーションセールスWebサイトの「ヴェルテ」を通じて2017年8月に国内販売されることになりました。

「ヴェルテ」の『Jelly / Jelly Pro』製品販売ページではすでに予約受け付けが開始されています。価格は、2017年5月28日までの早割予約で『Jelly』が1万800円(税/送料込)、『Jelly Pro』が1万2800円(税/送料込)。2017年5月29日以降はそれぞれ1万4800円(税/送料込)、1万6800円(税/送料込)の通常価格で販売されるとのこと。本体色はブラック/ホワイト/ブルーの3色です。

そんなわけで、技適マーク取得により大手を振って国内で利用できることが決まった『Jelly / Jelly Pro』。発売が待ち遠しいですが、ひとまずスペックを軽くおさらいしておきましょう。

言わずもがな最大の特徴は本体サイズがW43×H92.3×D13.3mm、重量わずか60.4gと超コンパクトなボディ。ジーンズのコインポケットにも入る程のサイズです。1.1Ghzのクアッドコアプロセッサに1GBのメモリと8GBのストレージ(『Jelly Pro』は2GBのメモリと16GBのストレージ)、800万画素の背面カメラに200万画素の前面カメラを搭載するなど、サブスマホとして使うには十分な性能でしょう。OSにはAndroid最新の「Android 7.0 Nougat」を採用します。

対応言語は日本語を含む44カ国と多め。日本のローカルバンドに対応しているのもポイントです。利用可能なバンドはGSM 850(Band5)/900(Band8)/1800(Band3)/1900(Band2)MHz、WCDMA 850(Band5)/900(Band8)/1900(Band2)/2100(Band1)MHz、FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20、TD-LTE Band40。nano SIMスロットを2つ備えていますが、LTE通信に対応するのは片側のみとなります。

文/塚本直樹

関連サイト

「ヴェルテ」の『Jelly / JellyPro』製品販売ページ

関連記事

これが世界最小4Gスマホだ! ジーンズのコインポケットに入る『Jelly』
濡れても汚れても落ちてもOK!めちゃタフなCATブランドのSIMフリースマホ『CAT S40』
ポチポチ&タッチ操作。キーボード付きスマホBlackBerryの最新進化『KEYone』!




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す