【オランダ】「スマホ・ゾンビ」を助けるための安全対策って? – エキサイトニュース



(c) HIG Traffic Systems

テキストアプリや、動画サイト。歩きながらついつい見てしまいませんか? 世界的なスマートフォンの普及で、「スマホを見ながらふらふら歩いている人」を指す「スマホ・ゾンビ」などという言葉まで生まれてしまいました。欧州オランダでも歩きスマホは他人事ではなく、2016年夏の「ポケモンGO!」の大流行もあり、一気に社会問題化。

そんなスマホばかり見て横断歩道の信号に注意を払わない歩行者たちが交通事故に巻き込まれないよう、とあるオランダの自治体と企業が立ち上がりました!

うつむき加減でも見える足元の信号機

(c) HIG Traffic Systems

これは、オランダ中部の街ボーデグラヴェン(Bodegraven)にある交差点の画像。画像左側に自転車用の信号があるのが自転車大国オランダならではですが、他にも普通と異なる点があることにお気づきですか?

そう、実はこの横断歩道には、通常の信号と連動した線状のLEDライトが歩道に埋め込まれているのです。

(c) HIG Traffic Systems

歩行者がいる風景はこういう具合になります。これなら、スマホを見ながらうつむき加減で歩いてきても、しっかり視界に信号が入ってきますね!

この歩きスマホ対策用信号「+Lichtlijn」(オランダ語で“光の線”)を開発したのは、信号機をはじめとする交通に関する事業を行っているオランダ企業「HIG Traffic Systems」。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す