ゆるキャラ人気のスマホメーカー「Meitu」、ライバルはLINE? – ITmedia




 今やメッセンジャーの域を超えて、さまざまなサービスを提供しているLINE。そのLINEにはかわいいキャラクターが11種類いますよね。LINEのキャラクターグッズを買って使っている人も多いでしょう。そんなLINEのキャラクターのように、ちょっとゆるめでかわいいキャラクターを展開しているスマートフォンメーカーが海外にあるのです。

Meitu Family
本社の入り口でゆるキャラが出迎えてくれるMeitu

 セルフィーに特化したスマートフォンを販売している中国のMeitu(美図)は、7種類のゆるキャラを「Meitu Family」(メイトゥ・ファミリー)として展開しています。このキャラたちはMeituの本社に展示されているのはもちろん、発表会に登場したり、グッズとして販売されたりしています。

Meitu Family
Meitu Familyの7つのゆるキャラ

 例えば最新スマートフォンの「M8」には、このMeitu Familyのデザインを採用したモデルも登場。この特別版は他にも新鋭デザイナーが手掛ける限定モデルなどがあるのですが、Meituのスマートフォン利用者の中にはMeitu Familyのファンも多いのでしょうね。過去にはハローキティーモデルのスマートフォンも販売しているMeituですが、自社キャラ人気を受けてついにMeitu Familyモデルの投入を決めたようです。

Meitu Family
最新モデルのM8にはMeitu Family版も投入

 ちなみにこちらがMeitu M8です。インカメラは1200万画素のデュアルピクセルで、美しいセルフィーを撮ることに特化したスマートフォン。現在は中国、台湾、香港など一部の国のみで展開されていますが、グローバル展開も視野に入れているとのこと。

Meitu Family
Meitu M8。大きなフロントカメラと六角形のデザインが特徴だ

 一方、Meitu Familyのグッズは抱き枕やフィギュア、スマートフォンケースに紙のノートなどいくつかの製品が出ています。Meituの発表会に出ると、これらが配られることもあるとか。筆者も日本でのMeituのイベントではノートをもらいましたが、LINEキャラともちょっと違うゆるーい表情のキャラクターに愛着がわき、全種類そろえたくなってしまいました。

Meitu Family
Meitu Familyのキャラクターグッズ。抱き枕も全種類ある


Meitu Family
ノートやスマホカバー、そして水筒などのMeitu Familyグッズ

 Meitu Familyは他にもGIFアニメのステッカーが配布されていて、SNSでスタンプのように使うことも可能。LINEなどの公式スタンプが出てくればいいんですけど、中国ではこの方法でもいいのかも。キャラごとに複数のステッカーがあり、かなり本気で作り込まれています。

Meitu Family
GIFアニメのステッカーも配布。SNSで利用可能だ

 Meituのスマートフォンは中国などアジアの女性たちの間で人気が高まっていますが、日本市場への参入は全くの未定。でもこんなゆるキャラから先に日本に上陸すれば、Meitu人気が意外なところから高まるかもしれません。実はMeituは「BeatuyPlus」や「MakeupPlus」などのアプリも手掛けており、女性たちに人気だけに、ゆるキャラグッズも受け入れられるかもしれませんね。

Meitu Family
Meitu Familyだけでも日本展開を希望

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; tw_follow = ‘‘; if(d.getElementById(‘art’)){ endlink = d.getElementById(‘art’), endlink_atags = endlink.getElementsByTagName(‘a’); } window.twttr = (function (d,s,id) { var t, js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js=d.createElement(s); js.id=id; js.src=”//platform.twitter.com/widgets.js”; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); return window.twttr || (t = { _e: [], ready: function(f){ t._e.push(f) } }); }(document, “script”, “twitter-wjs”)); twttr.ready(function (twttr) { twttr.events.bind(‘follow’, function(event) { if(event.target.parentNode.className == ‘sharebox_btn_tw’) { cx_count(ticket + ‘_TW_follow’,’click’); } }); }); if( group_o == true ){ // FB ウィジェットなし }else{ // sharebox if ( group_a == true ){ sharebox_thumb = imgSrv() + ‘/mobile/images/rm44981_pattern_1.jpg’; } else if ( group_b == true ){ sharebox_thumb = imgSrv() + ‘/mobile/images/rm44981_pattern_2.jpg’; } else if ( group_c == true ){ sharebox_thumb = imgSrv() + ‘/mobile/images/rm44981_pattern_3.jpg’; } sharebox = d.createElement(‘div’); sharebox.id = ticket + ‘_sharebox’; sharebox.className = ‘sharebox’; sharebox.innerHTML = ”; sharebox.innerHTML += ‘

‘ + sharebox_text + ‘

‘ + fb_like + ‘

‘ + tw_follow + ‘

‘; sharebox.innerHTML += ”; target.insertBefore(sharebox,target.firstChild); } var set_viewthru = function() { if( group_a || group_b || group_c ) { cx_viewthru(target,ticket + ‘_FB’); } if(endlink_atags !== undefined){ cx_viewthru(endlink,ticket + ‘_rel’,’top’,100); var endlink_click = function(){ cx_count(ticket + ‘_rel_click’,’click’); }; for(var i = 0; i


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す