プロのハンドドリップ再現を目指した、無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー』の実力を珈琲好きが検証!



コーヒー豆を挽いてそのままドリップできる高機能コーヒーメーカーが無印良品ブランドの『豆から挽けるコーヒーメーカー』だ。本格的なフラットカッターミルを搭載し、温度管理、蒸らし、斜めシャワードリップなどプロの手技を意識した機能がどれほどのものなのか、検証してみた。■多彩な本格機能を詰め込んだ、コーヒー・ファンなら唸らざるを得ない構成!
無印良品ブランドを手がける、株式会社良品計画(東京都豊島区)が作り上げた『豆から挽けるコーヒーメーカー』(MJ-CM1・希望小売価格 税込32,000円・2017年2月16日発売)は、プロのハンドドリップに近づけるというのがコンセプト。

コーヒー・ファンなら唸ってしまう機能が盛りだくさんだ。まずはその主な搭載機能を紹介しよう。

■安価なプロペラ式ではなくフラットカッターミル搭載

焙煎はさすがに煙を大量に発生させる上、時間もかかるため自分でする人は少数派だとは思うが、焙煎した豆のまま購入してきて、家でミルを使用して挽いている人はそれなりに多い。ミルにもいろいろ種類があって、手回しで行うハンドミルと電動ミルがある。

インテリア感が素敵なハンドミルは力加減を自在に調整できるところが利点だがとにかく疲れる。記者も数回使ってオブジェ化させたことがあるが、これはかなり気合がないと毎日使うのは無理。

また電動ミルで安価なものはプロペラ式というフードプロセッサーでおなじみの高速回転刃で粉砕する方式が多いが、これだと雑味が出やすいというデメリットがある。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す