動画:ありえないほど短い制動距離で事故を神回避! 最新の自動ブレーキすげえ!



「飛び出すな 車は急に 止まれない」「車の直前直後の横断は危険です」――こんな交通安全標語や注意を促すアナウンスを繰り返し教え込んでも、子どもは道に飛び出してしまうもの。北欧の国ノルウェーでも、せっかちな子どもが降りたばかりのバスの後ろから道路に飛び出してしまい、そこに対向車線から大型トラックが……! この後、一体どうなるの!?

【動画】Hending 2017
https://youtu.be/HnCU20Cu0fs?t=20s[リンク]

学校帰りと思われる子どもたちがバスからぞろぞろ降りてくる。安全意識の高いドライバーならバスの後ろからの飛び出しを警戒して徐行する場面。動画主がクラクションを鳴らして子どもと対向車線から向かってきたトラックに対して警告するが、トラックはスピードを落としているようには見えない。時速50km以上は出ていそう。そして案の定子どもは飛び出してしまう。あ~、もう見てらんない……。

ええ~!? この距離で止まったよマジか! これはどう見てもアカン動画だと思ったのに、超反応からのブレーキで子どもとの衝突をギリギリ回避。トラックの全長よりも短い制動距離で止まっているから、たぶん15メートルぐらい? 最新のブレーキ性能ってすごい!

ありえないブレーキ性能を持つこのトラックは『ボルボFH』。センサーとコンピュータ制御による自動ブレーキシステムを搭載し、前方に飛び出しや障害物があった時、ドライバーよりも早く反応してブレーキをかけ、より短い制動距離で停止することができます。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す