VRは当たり前 ガンダム化する車たち 『ジュネーブモーターショー2017』取材まとめ



ジュネーブに行って『第87回ジュネーブモーターショー』取材を敢行。これまでトピック別に紹介してきましたが今回はショー全体を振り返り、関連記事を交えつつ現場の空気をお伝えします。

■世界のスーパーカーに酔いしれる祭典

ジュネーブモーターショーのプレスデーが開催された3月8日朝、筆者はジュネーブ入りした。まだまだ冷たい風が吹く中、レマン湖からスイスの峰々を望む見事なまでの雄大な自然に感動。初っ端からジュネーブのポジティブイメージは最高レベルに達する。

世界5大モーターショーに数えられるジュネーブモーターショー、またの名をサロン・アンテルナショナル・ド・ロト。毎年開催されるこのモーターショーの特徴は何と言っても各国の“スーパーカー”が大挙して押し寄せることだろう。いや、もはや“スーパーカー”では済まされないのかも知れない。フェラーリやランボルギーニといった老舗スーパーカー屋を始め、ケーニグセグといった若いメーカーが“億”越えは当たり前な超々高価格帯のマシンを展示し、その圧倒的性を競い合うのである。

関連記事:
【動画】もはや神々の集い…… 超高性能マシンが一挙公開【ジュネーブモーターショー2017】
http://getnews.jp/archives/1659170

■加速するクルマのガンダム

近年、対人安全性など観点からクルマがどんどん丸くなっているのはご存知の通りだが、一方どんどん角ばる、いわば“ガンダム化”するクルマ達も多数存在する。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す