初代エイリアン“ネオモーフ”はこうして生まれた! 製作陣も“ゾッとした”『エイリアン:コヴェナント』メイキング映像[ホラー通信]



リドリー・スコット監督作『エイリアン:コヴェナント』のブルーレイ&DVDが1月10日にリリース。メイキング映像が解禁となりました。

不朽の名作『エイリアン』の前日譚として“エイリアン”の起源に迫るこのシリーズ。『エイリアン:コヴェナント』は『プロメテウス』に続いて二作目となります。描かれるのは、人類初の宇宙移住計画により新たな植民地へと向かう宇宙船コヴェナント号が、予期せず遭遇する恐怖。道中で謎の電波を受信したコヴェナント号は、電波の発信源を辿って近くの惑星へと向かいますが、それが悲劇の始まりだったのです。

今回ご紹介するのは、今作に登場する史上最強のクリーチャー、“ネオモーフ”のメイキング映像。スーツや可動式の人形といった実物と視覚効果を融合させ、圧倒的な存在感を誇るネオモーフを作り上げていることがわかります。印象的なのは、ネオモーフの顎の動き。すぼまった口から鋭い歯が飛び出し獲物を捕らえる様は、ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)を参考にしているとのこと。また、視覚効果のチャーリー・ヘンリーは、リドリー・スコット監督がエイリアンに対し明確なビジョンを持って制作を進めていたことを明かしています。映像には細かくエイリアンのチェックを行う監督の姿も。

動画には一部人間の頭がもげているシーンがありますので苦手な方は閲覧にご注意を。

『エイリアン:コヴェナント』はブルーレイ&DVD販売中/デジタル配信もスタートしています。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す