【今週公開のコワイ映画】2017/8/12号:『デス・レース2000年』『海底47m』、カリコレ2017『クロージング・ナイト』『ケージ・ダイブ』



今週公開の怖い映画をご紹介します。

まず、B級映画の帝王ロジャー・コーマン製作の、カルト的人気を誇る映画『デス・レース2000年』が製作40周年を記念してリバイバル上映! いかに人を轢き殺しポイントを稼ぐかという前代未聞のレースを、国家が主催しているという痛烈なストーリー。ジェイソン・ステイサム主演のリメイク版『デス・レース』もシリーズ化されていますが、ロジャー・コーマン自身によるリブート版『デス・レース2050年』も今年日本でブルーレイリリースされました。是非オリジナル版をスクリーンでお楽しみあれ!

続いて、人間がケージの中に入り海中のサメを鑑賞するシャークケージ・ダイビングを描いた『海底47m』が公開に。ケージを吊るしていたワイヤーが切れて、姉妹がサメだらけの海底へ……。「酸素はねぇ、サメはいる! すぐにあがったら潜水病! おらこんな海ぁイヤだ!」とばかりに決死の脱出を図ります。山に行けばよかった……。

実は今週もう一本シャークケージ・ダイビングの映画が公開されるんです。新宿シネマカリテの映画祭『カリコレ2017』で上映となる『ケージ・ダイブ』。こちらは海底から見つかったビデオカメラに、シャークケージ・ダイビングにトライした若者たちが体験した恐怖の映像が収められていたというファウンド・フッテージ(発見された映像)スリラー。同じ題材で違った描き方の2本、見比べるのも楽しいんじゃないでしょうか!

そして、『カリコレ2017』からもう一本。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す