GLIDiC、9,864円の左右分離型イヤホン「Sound Air TW-5000」




GLIDiC、9,864円の左右分離型イヤホン「Sound Air TW-5000」

2017年11月15日 16:32掲載

ソフトバンク コマース&サービスは、オーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」より、左右分離型イヤホン「Sound Air TW-5000」を発表。12月1日より、SoftBank SELECTION取扱店(一部店舗を除く)およびSoftBank SELECTION オンラインショップにて発売する。

高機能ながら1万円未満という、高いコストパフォーマンスを実現した左右分離型イヤホン。有機的な曲線形状「Ultra Multi Fitting」を採用し、さまざまな人の耳にフィットしやすく、長時間の使用における耳へのストレスを軽減しながら、すぐれた装着感と洗練されたデザインを両立している。

音質面では、高音質コーデックのAACに対応し、「GLIDiC」のサウンドの特徴である、ボーカルが際立つクリアな高音と豊かな中低音域を実現する。

さらに、手のひらに収まる小型のバッテリーケースを採用。イヤホン本体を約2回分充電することが可能なほか、ケースに出し入れするだけで電源オン・オフを自動で切り替えられる。

主な仕様は、ドライバーユニットが6mm径のダイナミック型、再生周波数帯域が20Hz〜20kHz、インピーダンスが16Ω、音圧感度が104dB/mW±3dB/mW。Bluetoothのバージョンは4.2で、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBC、AAC。

このほか、マイクを内蔵し、ハンズフリー通話に対応。イヤホン本体にマルチファンクションボタンを備えており、曲の再生や停止、曲送りや曲戻し、通話時の応答や終話などの操作のほか、ボリュームの調整やSiriなどの音声アシスタントの起動までを操作することが可能だ。

バッテリー駆動時間は、音楽再生(通話)で約3時間(バッテリーケース使用時で約10時間)。

本体サイズは25(幅)×23(高さ)×17(奥行)mm(イヤホン最長部)。重量は約5.0g(片耳)。ボディカラーは、ブラックとホワイトの2色を用意する。

直販価格は9,864円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



こんな記事もよく読まれています



コメントを残す