新iPhone性能テスト 買い替えに値する速度か?(日経トレンディネット)



Xも8も性能は同じ

 2017年9月22日に発売されたiPhone 8/8 Plus。5.5型サイズのiPhone 8 Plus(64GB)の実機を入手したので、早速レビューしていきたい。

【関連画像】「Geekbench 4」のベンチマーク結果表。システムやアプリがどれだけ快適に動作するのかの指標となる

 見た目は、昨年発売されたiPhone 7/7 Plusとほとんど変わらない。背面がガラスになっているが、これはワイヤレス充電に対応するため。iPhone7/7 Plusの金属背面とiPhone8/8Plusのガラス背面を見比べてみた。筆者は、思っていたより高級感があるように感じたが、そのあたりは本体の色にもよるし、好みによっても分かれるところだろう。

 見た目では分かりづらいが、iPhone 8/8 Plusの制御や演算などを受け持つチップは新たに「A11 Bionic」が搭載されている(7/7 Plusは「A10 Fusion」)。このチップの処理が速ければ、iPhoneのパフォーマンスは大きく向上する。

 実は、このチップはiPhone Xにも搭載されている。アップルによれば「これまでのスマートフォンのなかで最もパワフルで、最も賢いチップ」とのことだ。

 そこで今回は、2016年に発売された1世代前の「iPhone 7 Plus」とiPhone 8 Plusを比較し、どれだけパフォーマンスが向上したのか、スマホの性能を測るベンチマークツールをつかって検証してみた。

性能テストの結果は……

 ベンチマークとは、システムの処理能力を調べるための手法の1つ。ツールを使い、演算能力やグラフィック性能などを調べる。

 今回ベンチマークに使用したのは、主に演算処理を計測する「Geekbench 4」と、グラフィックを測る「GFXBench GL(マンハッタン)」。また、ブラウザーのパフォーマンスを比較するため「SunSpider 1.0.2」のサイトをつかった。

「Geekbench 4」のベンチマーク結果は、システムやアプリがどれだけ快適に動作するのかの指標となる。8 Plusと7 Plusの結果と比較すると、シングルコアが約1.2倍、マルチコアは実に約1.7倍向上している。

 「GFXBench GL(マンハッタン)」は、3Dグラフィックの表示性能を測る指標。こちらもオンスクリーンで約1.3倍、オフスクリーンで約1.45倍の向上という結果となった。奇麗な3Dグラフィックを多用したゲームも、これまで以上にスムーズに表示されストレスなくプレーできるはず。特にゲームプレーヤーにとって、これだけのパフォーマンス向上は、非常に魅力的だ。

 「SunSpider 1.0.2」は、ウェブブラウザの実行速度を計測している。今回、Wi-Fi環境で計測したが、同じ環境で約1.3倍も速いという結果となった。ウェブページの閲覧やウェブアプリの動作もかなり快適になる。ウェブ閲覧を楽しむだけでも、8 Plusをはじめとした新型iPhoneの性能向上の恩恵を受けられるだろう。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す