ASUSの2in1は今期イチオシ ディスプレーは満点(日経トレンディネット)



 最近はモバイルノートが百花繚乱で、どのメーカーに聞いても売れ行きは好調のようだ。あまりに種類が多くて悩んでいる人も多いだろうが、僕としてはほしい製品についてある程度結論が出ている。

【関連画像】背面にはエイスースがよく採用する同心円状の装飾が施されている

 まず、本気で使うならパナソニックの「Let’s note」やレノボの「ThinkPad X1 Carbon」のように、しっかりしたキーボードの付いたクラムシェルを選択する。ある程度、拡張性も高いモデルが前提だ。特に1台で何でも済ませようと思うなら、クラムシェルから選ぶことを推奨する。

 逆に、A4ノートやデスクトップなどを持っている人が手軽にモバイル環境を手に入れるなら、マイクロソフトの「Surface Proシリーズ」など、キーボードが取り外せるタブレットタイプの2in1がいいだろう。ただし、スリムで持ち歩きやすい半面、拡張性が低く、入力性も高いとは言えない。膝の上や狭いテーブルでは使いづらいが、僕の場合は手書きができるタブレットとして2in1は重宝している。

 タブレットタイプの2i1nはライトユースになるので、高性能である必要はないし、価格も手ごろであってほしい。その点では、エイスーステック・コンピューターの「TransBook3 T305CA」は、まさにそんな用途にぴったりのモデルだ。超おすすめの1台なのだが実は見過ごせない欠点もあるので、その解決策も含めて紹介したい。

絶妙なサイズの液晶は満点!

 TransBook3は、12.6型という絶妙なサイズの液晶を搭載している。一般的な13.3型と11.6型の中間に位置するわけだが、まずこの液晶サイズを高く評価したい。というのも、縦横比が3対2なのだ。この縦横比の液晶は非常に使いやすく、A4の書類を表示してもスペースの無駄が出ない。ウェブページも見やすいし、写真の表示にも向いている。映画を見るときだけは、上下にデッドスペースが生じるが、それは仕方がないだろう。少なくとも仕事用としては間違いなくお薦めできる。

 液晶は解像度も2880×1920ドットと超高精細だが、僕としてはオーバースペックだと思う。というのも、ドット・バイ・ドットの表示にすると文字が小さすぎて読みづらいため、結局、拡大して使うことになるからだ。

 フルHDでも十分だったとは思うものの、価格で納得できるなら文句を言うほどこのこではない。高精細な液晶に写真を表示すると、なめらかな美しさにうれしくなってくるのも事実だ。450nitsという明るさも十分で、額縁も適度にスリム。光沢タイプながら映り込みを軽減するコーティングが施されていて、てらてらとまぶしく光るようなこともない。

 しばらく使ってみているが、液晶は満点だ。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す