新iPhoneのカメラ機能、一般人でも良さが分かる?(日経トレンディネット)



 2017年9月22日に発売されたiPhone 8/8 Plus。発売当日に8 Plusの実機を入手できたので、実際に使ってみた感想をレビューする。今回は、カメラ機能に着目。昨年の機種「iPhone 7 Plus」と比べてどこまで向上したのか見ていこう。

【関連画像】iPhone 8 Plusの10倍ズームで撮影した画像

●プロは高く評価しているが……

 iPhone 8 Plusは、7 Plusから採用されている広角レンズと望遠レンズの2つを搭載するデュアルカメラに対応。2つのレンズが一体となり、ズーム機能や背景をぼかせる「ポートレートモード」が機能する。これらの機能により、被写体を拡大して撮影したり、一眼カメラのような印象的な写真を撮影できるのだ。

 ここで7 Plusと8 Plusのカメラスペックを比較してみよう。(赤字が変更点)

 このように、一部の機能が強化されてはいるものの、スペック的には変わらないところも多い。

 だが、SNSでのユーザーの声を見ると、8 Plusのカメラ機能を高く評価する声が目立つ。その傾向は特にプロカメラマンに顕著で、8 Plusを高く評価しているようだ。プロカメラマンではないユーザーでも、その効果を実感できるのだろうか。 

 そこで今回は、7 Plusと8 Plusのカメラ機能を一般ユーザー目線で比較した。ユーザーがよく使うであろう「ズーム機能」と、背景をぼかした写真を撮れる「ポートレートモード」、そして「暗い場所での撮影」という3つのポイントに着目して試してみた。

ズームの写りはどうなのか?

 早速、7 Plusと8 Plusで撮影した写真を比べてみよう。

 7 Plusと8 Plusで、10倍ズームを試してみた。iPhoneのディスプレーで確認するとどちらも似たような写真に見える。しかし、パソコンで拡大してみると、8 Plusで撮影した方が明らかにノイズが少なかった。

 7 Plusのデジタルズームは、素人目で見ても画質の劣化が激しいように感じ、実はあまり利用していなかった。しかし8 Plusであれば不満を感じないため、ズームを利用できるシーンが増えそうだ。

●背景がぼける写真を比べてみた

 ポートレートモードで撮影した画像は、7 Plus・8 Plusともに背景のボケが自然だ。一眼カメラで撮影した写真のように被写体がはっきりと見えるため、印象的な写真に仕上がる。

 ピンチアウトして細かい部分を確認すると、8 Plusのほうが若干自然に見えるものの、iPhoneのディスプレーで見る限りどちらも大差ないように感じる。通常の使用であれば、7 Plusでも問題ないように感じた。

 なお、8 Plusは新たに「ポートレートライティング」機能が使える。これは、スポットライトなどスタジオで撮影したような写真を撮ることができるモードだ。例えば「ステージ照明」を選べば、背景を消して、被写体のみを撮影することも簡単にできる。より印象的な写真を撮影したいという場合には、かなり役に立つ機能だ。

 ただ、新機能ということもあり、どういったシーンで使えば効果的なのかは筆者にはよく分からなかった。今後、さまざまなシーンでポートレートライティングを試していきたい。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す