誰でもジェダイになれる! レノボのARヘッドセットで遊んでみた(日経トレンディネット)



 レノボは2017年10月2日、スマートフォンと連携してスター・ウォーズのARゲームを楽しめる「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」を日本で発売する。10月中旬に予約を開始し、11月中旬より出荷する。直販価格は3万800円。

【関連画像】ARヘッドセット、ビーコン、ライトセーバー型コントローラー。AR上ではライトセーバーはちゃんと長い剣として表示される

 「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」は、スマートフォンと接続して使用するARヘッドセット、ライトセーバー型のコントローラー、プレーヤーの動きを検知するトラッキング・ビーコンで構成されていて、これで「ライトセーバー・バトル」「戦略バトル」「ホロチェス」の3つのARゲームをプレーできる。

 ライトセーバー・バトルは、プレーヤーがライトセーバーでスター・ウォーズに登場する強敵と戦うというもの。戦略バトルは、プレーヤーが司令官になって、銀河共和国と反乱同盟軍を指揮して、敵である銀河帝国と戦うもの。ホロチェスは、劇中に登場するモンスターのホログラムを使ったチェスをプレーできるというものだ。これらのうちライトセーバー・バトルを、10月3~6日に開催される「CEATEC JAPAN 2017」で体験できると聞いて、早速体験してきた。

ライトセーバーの再現度はなかなか

 ARヘッドセットを装着すると、前面は透明なバイザーになっていて外が見える。VRヘッドセットのように外が何も見えないということはない。ヘッドセットの中には斜めに反射板が入っていて、ディスプレーを下向きにして取り付けたスマートフォンからの映像を、外の風景に重ねて見せる仕組みだ。

 ライトセーバー型コントローラーは、形は映画で見たライトセーバーのイメージそのもの。持ってみるとかなり軽い。子供でも遊べそうだ。ヘッドセットの中にスマートフォンを入れるので、動き回るのに邪魔なケーブルがないのもいいところだ。

 ゲームは、ライトセーバーのボタンを押すとスタート。目の前に、エピソード1に登場する強敵、ダース・モールが現れ、ライトセーバーで襲い掛かってくる。この攻撃をライトセーバーで防いだり、自分から攻撃したりといった攻防が楽しめる。攻防を繰り広げていると目の前に手のマークが現れたので、ダース・モールに手のひらを向けて押し出すように動かすと倒すことができた。

 敵の攻撃を受ける位置が目の前に表示されるなど、ゲーム自体はそれほど難しくなく、誰でも手軽に遊べそうだ。セットアップが上手くできていなかったためか、ライトセーバーがたまに斜めにずれて表示されるのが若干気になったが、目の前にライトセーバーが劇中のように現れて、それを振り回して遊べるのが気持ちいい。お手軽にジェダイ気分を味わいたい人におすすめだ。ライトセーバーを忙しく振り回すと、ちょっとした運動にもなる。

 遊ぶにはStar Wars/ジェダイ・チャレンジのほかに、iOS(iPhoneシリーズ)かAndroid搭載の対応スマートフォンが必要だ。具体的な対応機種はWebサイトで公開されている。たとえばiPhoneシリーズで現在確認されているのはiPhone 7 Plus/7/6s Plus/6s。AndroidスマートフォンはGalaxy S8/S7 edge/S7、Google Pixel XL、Google Pixel、Moto Zとなっている。ある程度高いスペックと、ARヘッドセットにちょうど入るサイズのスマートフォンが必要なので注意しよう。

(文/湯浅英夫=IT・家電ライター)

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す