ソニーのICレコーダー 極小ボディーに高機能で胸熱(日経トレンディネット)



 どんな製品でも、そこそこの価格で、実用に十分な機能・性能を備えるものが最もコストパフォーマンスが高い。僕だって、コストパフォーマンスが高い製品を高く評価する。だが、時には「それだけではつまらない」とばかりに必要もないのに時速200kmも出るスポーツカーを欲しがったり、フルHDと区別がつかないのに4K表示が可能なスマートフォンに心躍らせたりする。ある意味、無駄だったり非効率だったりすることもあるのだが、それでもほしいと思ってしまうのだ。

【関連画像】本体サイズは約38.0×38.0×13.7mm。約138.3✕67.1mmのiPhone 7 Plusと並べるとコンパクトさがよく分かる

 そこで、ソニーから登場した「ICD-TX800」である。リモコンで操作できるという超小型ステレオICレコーダーなのだが、誤解を恐れずに言うなら、この製品の「技術の無駄遣い感」がたまらない。ウェブの製品紹介ページには「さりげなく自然に録音できる新形状」と書かれている。

 「いや、スマートフォンでもさりげなく録音できるだろう」などと言う人もいるかもしれないが、会議や取引先との打ち合わせなどで机の上にスマホを置いておくのははばかられることもある。メーカーとしては「さりげなく」と表現しているが、かばんやポケットにセットしておけば、相手に気付かれることなく録音できるのが利点だ。スマートフォンを取り出せない場面でこそICD-TX800の出番なのだ。

 リモコンで操作できるので、例えば学校で、教壇の近くの目立たないところにICD-TX800を置いておき、授業が始まったら、自分の席から操作して録音を始めるといった使い方もできる。

そもそもリモコンは必要なのか?

 ICD-TX800の本体とリモコンは、それぞれ38ミリ角というコンパクトなつくり。本体には録音ボタンと停止ボタンしかない。設定などはリモコンで操作することになるが、目の前に本体を置いている限りは本体の液晶を見ながらリモコンを使えばいいだけなので、普通のICレコーダーとほとんど変わらない。向き合った机などで相手の近くにICレコーダーを置きたい場合も、手を伸ばすことなく、手のひらに収めたリモコンでオン/オフができるのでなかなか便利だ。

 ところがだ。本体をやや離れた位置に置いて“さりげなく”録音しようとすると、やや困ったことになる。というのも、録音できているかどうかが分かりにくいのだ。本体の赤いランプで動作の確認はできるのだが、それなりに離れた場所から確認できるほどランプが大きくない。これはどうみても、リモコン側に液晶を装着してほしかったところだ。

 手元で録音できているか確認したい場合は、スマホにソニーのICレコーダー用のリモートコントロール用アプリ「REC Remote」をインストールすれば、スマホをリモコン代わりに利用できる。「それならばもう、付属のリモコンはいらないじゃないか」という気もする。ただ、スマホの持ち込みが禁止されている場所や、使うのがはばかられるようなシーンではリモコンは便利なのだろう。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す