京都チーム「仲良くして」出場選手が合流 全国女子駅伝 – 京都新聞



実業団選手らが合流し、笑顔を見せる京都チーム(京都市左京区)
実業団選手らが合流し、笑顔を見せる京都チーム(京都市左京区)

 京都チームの主将を務める菅野七虹(豊田自動織機、立命館宇治高-立命大出)らが12日、京都市左京区の宿舎に入り、出場予定の選手が集結した。11日までに筒井咲帆(ヤマダ電機、乙訓高出)、一山麻緒(ワコール)も合流しており、中高生と顔合わせをして士気を高めた。

 立命大4年の和田優香里(乙訓高出)も、この日に合流。前回に続いて2年連続で主将を務める菅野は「本番まで仲良くしてもらえたら」と呼びかけ、和田は「年上だけど、中高生の皆さんと刺激し合いながら頑張りたい」と意気込みを述べた。

【 2018年01月13日 09時20分 】

関連記事     

ニュース写真

  • 実業団選手らが合流し、笑顔を見せる京都チーム(京都市左京区)


京都新聞デジタル版のご案内

地域のスポーツニュース

全国のスポーツニュース


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す