京都「勝てるメンバーがそろっている」 連覇へ意気込む – 産経ニュース



 第36回全国都道府県対抗女子駅伝(西京極陸上競技場発着=9区間、42・195キロ)が14日に開催される。13日は京都市内で開会式などが行われ、2年連続17度目の優勝を狙う京都の主将、菅野七虹(豊田自動織機)は「力を出せば勝てるメンバーがそろっている。声援を力に変えて連覇したい」と意気込んだ。

 京都は菅野が4区を走り、一山麻緒(ワコール)がアンカーを務める。初制覇を目指す群馬は石橋麻衣(ヤマダ電機)が1区を任され、3大会ぶりの頂点を狙う大阪は高松智美ムセンビ(大阪薫英女学院高)が2区を走る。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す