KANDYTOWNのYOUNG JUJU、KEIJU as YOUNG JUJUへと改名しソロ・アクトとしてメジャー・ディールを締結 – Spincoaster(スピンコースター)

ヒップホップ・クルー、KANDYTOWNの中心メンバーのYOUNG JUJUが、グループより初のソロ・アクトとしてのメジャー・ディールを、ソニー・ミュージックレーベルズと締結。同時に、YOUNG JUJUからリアル・ネームをモチーフにしたというKEIJU(ケイジュ) as YOUNG JUJUへと改名することも明らかとなった。

その独特のスムースなフロウが高く評価され、tofubeats「LONELY NIGHTS feat.YOUNG JUJU」をはじめ、数々のアーティストの楽曲へ客演を果たしてきたYOUNG JUJU。

さらにメジャー・ローンチを記念した初のレジデント・パーティ、“KEIJU as YOUNG JUJU Presents ”7 Seconds” Supported by PIGALLE”をファッション・ブランドのPIGALLEと来年1月28日(日)に渋谷SOUND MUSEUM VISIONにて開催することも発表された。

イベント・タイトルの“7 Seconds”はバスケットボール用語で“7秒以内に2点を取るクイックプレイ”に端を発しながらも、ダブル・ミーニングで新生児がこの世に生まれてからの最初の7秒間を歌ったアフリカのシンガー、Youssou N’Dourの同名曲からもインスピレーションを得ておいるという。
まだ世界中が抱える問題をまったく知らない無垢でフレッシュな時間を意味し、KANDYTOWNのソロ・メンバーとしては初となるメジャー・ディールを締結し、新たに活動していこうという決意表明を感じさせるものとなっている。

本イベントではKEIJU as YOUNG JUJUと所縁の深い仲間たちがスペシャル・ゲストとして出演予定。第一弾として、本日KANDYTOWNの出演が解禁された。

なお、開場16時というデイタイムでの開催となっており、普段年齢制限でクラブ・イベントに参加できない未成年も入場可能となっている。
特典付きのお得な最速先着先行チケットも本日より販売開始された。


【イベント情報】

KEIJU as YOUNG JUJU Presents “7 Seconds” Supported by PIGALLE
日時:1月28日(日) OPEN 16:00 / CLOSE 21:00
会場:渋谷SOUND MUSEUM VISION
料金:DOOR ¥3,400 / 最速先着先行発売 ¥2,000 / 一般発売 ¥3,000 (各1D別)
出演:
KEIJU as YOUNG JUJU
KANDYTOWN

[SECRET GUEST]

and more……!

プレイガイド::
・最速先着先行発売(特典有)
販売URL http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002247046P0030001
最速先着先行販売期間:2017/12/15(金)〜 2017/12/31(日)23:59まで

・一般発売
1/5(金)10:00〜各プレイガイドにて発売

・チケットに関するお問い合わせ:
チケットぴあ:0570-02-9999
ローソンチケット:0570-084-003
イープラス:http://eplus.jp/

■KANDYTOWN オフィシャル・サイト:http://kandytownlife.com/

2017年のPlayStation®を振り返ろう! コメントを寄せた方全員にPS4®オリジナルテーマをプレゼント!! – PlayStation.com

2017年のPlayStation®を年表形式で振り返る!

2017年ももうすぐ終わり。今年1年、PlayStation®を楽しんでいただけましたか? お気に入りのゲームは見つかったでしょうか。

というわけで、この記事ではPlayStation®に関する2017年の出来事をプレイバック! 主なトピックを取り上げ、PS.Blog編集スタッフとともに1年を振り返っていきましょう。

ビッグタイトルが続々登場! 今年も充実、PlayStation®ソフト

PS.Blog編集スタッフA(以下A):今年もPlayStation®のゲームは、豊作でしたよね。年明け早々に『GRAVITY DAZE2』『バイオハザード7 レジデント イービル』と続いて、2月には『仁王』先輩が堂々登場!!

『GRAVITY DAZE2』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

20171215-ps-01.jpg

『バイオハザード7 レジデント イービル』(カプコン)

20171215-ps-02.jpg

『仁王』(コーエーテクモゲームス)

20171215-ps-03.jpg

PS.Blog編集スタッフB(以下B):発表から7年越しで発売された『人喰いの大鷲トリコ』、10年ものの『FINAL FANTASY XV』が去年発売しましたからね。最後の大物、『仁王』先輩も無事卒業してよかった……。

A:発表から12年後の発売ですからね。干支が1周して、生まれたばかりの子も小学校卒業しちゃう頃ですよ。僕も年を取るわけだわ……。

B:でも、待った分だけ面白かった! さすがパイセン、ビシッとキメてくれました。

A:ほかにも『NieR:Automata』『Horizon Zero Dawn』と続いて、7月には『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発売!!

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(スクウェア・エニックス)

20171215-ps-04.jpg

B:自分も発売日からプレイを始めました! ベロニカさま~!

A:ほぼ同時期に「ドラゴンクエスト」の「ロト三部作」がPS4®で配信されたり、『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』が発売されたり、『ドラゴンクエストビルダーズ2』が発表されたり、まさに「ドラゴンクエスト」のお祭り状態。いやー、アツい夏でした。

B:ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)も負けてませんよ。8月には『New みんなのGOLF』、9月には『アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝』の追加エピソード『アンチャーテッド 古代神の秘宝』、10月には『グランツーリスモSPORT』が登場!

A:『グランツーリスモSPORT』は、PlayStation®VRにも対応して話題になりましたよね。あの臨場感はハンパない! クルマの内装も車窓を流れる景色も、リアルすぎて変な声が出ちゃいました。

『グランツーリスモSPORT』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

20171215-ps-05.jpg

B:PS VR対応ソフトと言えば、『Farpoint』『V!勇者のくせになまいきだR』も発売されましたよね。

A:『Vなま』は発売キャンペーンも話題になりました。実写プロジェクトには、「VRかぶ郎」こと、どこかで見たことのある50代男性まで登場して。

B:『Vなま』は無法地帯ですからね。魔王様には我が道を進んでもらいましょう!

『Farpoint』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

20171215-ps-06.jpg

『V!勇者のくせになまいきだR』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

20171215-ps-07.jpg

A:ほかにも、初期PlayStation®の名作『パラッパラッパー』『LocoRoco』『パタポン』が続々とPS4®に登場したり、11月には『コール オブ デューティ ワールドウォーII』が発売されたり。ファミリーからガチ勢まで、納得のラインナップです。

B:来年以降には、『モンスターハンター:ワールド』、PS4®リマスター版『ワンダと巨像』も控えてますからね。ほかにも、『ディシディア ファイナルファンタジー NT』『北斗が如く』『二ノ国II レヴァナントキングダム』『Detroit Become Human』など、年明けから飛ばしていきますよー!

A:みなさん、お年玉を残しておいてくださいねー。

PS VRに新モデルが登場! PS4®は世界累計実売7,060万台達成!!

A:今年はPS4®がますます普及拡大。つい先日、世界累計実売7,050万台を突破しました!

B:初のカラーバリエーションとして「グレイシャー・ホワイト」も登場。ほかにも『ドラゴンクエストXI』や『グランツーリスモSPORT』、『モンスターハンター:ワールド』のコラボモデルも発売されて、どれもこれも欲しくなっちゃうんですよね……。

A:昨年PlayStation®4 Proが発売され、「PS4®ProとPS4®、どっちを選ぶ?」なんてことも話題になりました。PS.Blogでもこちらの記事が人気でしたよ。

A:10月にはPS VRの最新モデルも登場しました。12月には200万台達成! 

PlayStation®VR

20171215-ps-08.jpg

B:360度全方向を取り囲む3D空間の迫力や、ゲームに入り込んだかのような感覚など、いろいろと語りたいことはあるのですが、こればっかりは体験していただかないと伝わりません。未体験の方は、ぜひイベントなどで驚きの世界を味わってください!

A:ほかにも、PS4®のシステムソフトウェアが更新されたり、「PlayStation™Now for PC」のサービスが始まったりPlayStation®は今年もどんどん進化していきました!

E3、東京ゲームショウ、PlayStation® Awards…… 今年もイベント目白押し!

A:ロサンゼルスの「E3 2017」、日本の「東京ゲームショウ2017」、パリの「Paris Games Week 2017」、ロサンゼルスの「PlayStation® Experience 2017」など、今年もSIEは世界各地のゲームイベントに出展しました。

「E3 2017」

20171215-ps-09.jpg

B:こうしたイベントは、ユーザーのみなさんがいち早く新作ソフトを試遊できる場。日本国内では「PlayStation®祭2017」や全国各地のPS VR体験イベントも開催!

A:ユーザーのみなさんの熱量の高さに、毎回驚かされますよね。

B:こうしたイベントが”体験”の場だとしたら、カンファレンスは”発表”の場。「PlayStation® E3 Media Showcase」「2017 PlayStation® Press Conference in Japan」では、新作ソフトを続々と発表しました。

A:1年の締めくくりに「PlayStation® Awards 2017」も開催されましたよね。各ゲームメーカーのみなさん、今年もありがとうございました!

B:そう言えば、今年は『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』「全国大学生対抗戦」のようなe-Sports大会も増えましたよね。

『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』「全国大学生対抗戦」

20171215-ps-10.jpg

A:これがまた、盛り上がるんですよね! ちょうど今、『コール オブ デューティ ワールドウォーII』の「全国大学生対抗戦」のエントリーが始まったところ。こちらの記事を見て、ぜひ参加してくださーい!

B:「PlayStation®祭 2017」では『New みんなのGOLF』の大会を開きましたし、きっと来年は、さらに盛り上がりますよ!

A:参加派も観戦派も、いっしょに楽しみましょう!

「アンチャーテッド」シリーズ10周年、PS3®11周年! みなさまのご愛顧に感謝!!

A:12月3日は、初代PlayStation®が発売された「プレイステーションの日」。今年で23周年、みなさんありがとうございます!

B:プレイステーション公式Twitterでは、「#プレイステーションの日」をつけて初めて買ったPSソフトを投稿してもらいました。ちなみに僕は『パラッパラッパー』でしたよ。

A:一方、PlayStation®3&PlayStation™Storeは11月11日で11周年! 記念セールも実施しました。

B:「ゲームアーカイブス」も11月22日に11周年ということで、新たに11タイトルが加わりましたよね。

A:そして「アンチャーテッド」シリーズは10周年! スピンオフ作品『古代神の秘宝』も好評配信中ですよ。

B:ちなみに「ドラゴンクエスト」シリーズは去年、「ファイナルファンタジー」シリーズは今年30周年。SIEも長く愛されるゲームを目指していくので、よろしくお願いします!

みなさんの印象に残ったPlayStation®ニュースは? コメントを寄せてくれた方にはPS4®オリジナルテーマをプレゼント!

みなさんが印象に残ったPlayStation®に関する出来事はなんですか? みなさんのご意見を、この記事の下部にあるコメント欄に書き込んでください。もちろん、上記のリストで取り上げたトピック以外の出来事でもかまいません。コメントを寄せてくれた方全員に、PS4®オリジナルテーマをプレゼント!こちらは「PlayStation®の情報発信基地であるPlayStation®.Blog」をイメージした特別なデザインになっています。応募締切は2017日12月24日(日)です。

ご応募いただいた方には、2018年1月に、Sony Entertainment Network(SEN)アカウントにご登録いただいているメールアドレスへ、PS4®オリジナルテーマのプロダクトコードを記載したメールをお送りいたします。

なお、応募に際しては、プレイステーション® オフィシャルサイト PSNアカウント連携利用規約をご覧ください。利用規約に反する表現があった場合、コメントを削除することがあります。その場合、PS4®オリジナルテーマは進呈しませんので、あらかじめご了承ください。
みなさんからのコメントは、後日PS.Blog記事で紹介予定。熱いメッセージをどんどんお寄せください!

20171215-ps-11.jpg

※画像はイメージです。変更になる可能性がございます。

JVC、8K/e-Shiftテクノロジーで8K投写を実現した業務用8Kプロジェクター「DLA-VS4810」の受注を開始 – Stereo Sound ONLINE

1.27型のD-ILAデバイスとレーザー光源を合体

 JVCケンウッドから、JVCブランドの業務用D-ILAプロジェクター「DLA-VS4810」、「DLA-VS4010」の2モデルが発表された。12月中旬より受注を開始し、生産には3ヵ月を見込んでおり、納入は2018年3月中旬より順次行なうという。価格はオープンで、レンズは別売り。

 DLA-VS4810、およびDLA-VS4010ともに、1.27型のD-ILAデバイスを搭載したD-ILA方式のプロジェクター。D-ILAデバイスは4096×2400の解像度を持っており、DLA-VS4810はこれに「8K/e-Shiftテクノロジー」を組み合わせて8K解像度(8192×4800)の映像を得ている。一方のDLA-VS4010は、そのまま投写することで4K解像度(4096×2400)を表示できる。

 光源には、家庭用モデルDLA-Z1や、業務用モデルDLA-VS4500にも搭載されているレーザーダイオードを使った「レーザー光源技術『BLU-Escent』」(ブルーエシェント)を採用しており、従来の高圧水銀ランプに比べ、長寿命化と、低ランニングコスト、調光(輝度の一定化)などの面で有利となる。同社業務用モデルで、8KとBLU-Escentを組み合わせたのはDLA-VS4810が初となる。

 スペック面では、明るさ6000ルーメン(DLA-VS4810は5400ルーメン)、光源寿命約20,000時間、ネイティブコントラスト10,000対1、接続端子はDVI-D(Dual Link)24ピン×4系統、消費電力は1250Wとなる。寸法はともにW660×H342×D934mmで、質量はDLA-VS4810が約74.5kg、DLA-VS4010は約73.5kg(レンズ除く)。

 なおレンズは別売りで、現行品のGL-MS4011SS(短焦点)、GL-MS4015SZ(ズーム)など4本を組み合わせることが可能。いずれもオープン価格。

 投写は、上向き、下向きも可能で、最近増えてきたデジタルサイネージ(広告)の縦表示(縦置き)にも対応する。オプションレンズは上下左右方向へのレンズシフトもできる(シフト量はレンズによって異なる)。

ライブ映像制作システム JVCケンウッド – 日本経済新聞

 JVCケンウッドは15日、ストリーミングビデオ市場向け制作システムを開発しているスロバキアのストリームスターと国内販売代理店契約を結んだと発表した。JVCケンウッドの映像技術・機器と組み合わせて、スポーツや音楽イベントなどのライブ配信向けソリューションを強化する。12月中旬にストリームスター製品を国内で発売する。

ストリームスター社のスポーツ中継映像制作システム

 ストリームスターの制作システムはネットワークを経由したIP(インターネットプロトコル)制御で、遠隔地からカメラを集中制御できるスイッチャーなどがある。

 撮影現場への持ち込み機材の削減や電源確保の負担軽減、撮影現場の少人数化を実現できる。このほか、サッカーやバスケットボールなどのスコアテンプレートを用意したスポーツ中継専用制作システムをそろえる。

 ストリームスターの制作システムは小規模な制作会社から大規模なテレビ局まで世界中で使用されているという。

Jony Ive zpět ve vedení Applu, nástup kvantových počítačů, nový trailer Ready Player One – Lupa.cz

Vždy v pátek připravuje reportér Jan Sedlák výběr zajímavých zpráv ze světa velkých IT firem. Co se událo v tomto týdnu?

Jony Ive se vrací do vedení Applu. V roce 2015 odstoupil z pozice senior vice prezidenta, který dohlížel na design skrze portfolio společnosti. Hodně se věnoval novému kruhovému sídlu nazvanému Apple Park, které se postupně uvádí do provozu.

Microsoft spouští veřejné preview pro Quantum Development Kit. Součástí je jazyk Q# včetně kompilátoru, knihovny, simulátor (zvládá simulovat 40 qubitů), rozšíření pro Visual Studio, dokumentace a tak dále. Cesta směrem ke kvantovým počítačům pokračuje.

IBM zase získala řadu zákazníků, se kterými bude quantum computing více testovat. Naskakují JPMorgan Chase, Barclays, Daimler, Honda, Samsung nebo Hitachi Metals. Ti přes cloud získají přístup ke Q Network, což je chystaný kvantový počítač s 20 qubity. V Číně se zase IBM spojuje s Walmartem, JD.com a Tsinghua University. Společně spouští na blockchainu postavenou platformu pro větší bezpečnost jídla (jeho sledování a podobně).

Mibcon, který patří k nejvýznamnějším partnerům SAPu v Česku, spoluzaložil a investičně podpořil společnost 33A+. Druhým partnerem je Armex Group. Nový projekt chce nasazovat internet věcí při využití technologií SAP Leonardo a SAP Cloud Platform.

Apple investuje 390 milionů dolarů do podniku Finisar. Ta vyvíjí a vyrábí laserové diody VCSEL. Naleznout je můžete zejména v TrueDepth kameře v iPhonu X (rozpoznávání obličeje) nebo v bezdrátových sluchátkách AirPods. Apple si chce pojistit dodávky technologie, kterou evidentně hodlá v budoucnu používat více a více. Mluví se třeba o tom, že i MacBooky se budou odemykat displejem.

Venku je nový trailer na film Ready Player One, který vychází ze stejnojmenné kultovní knihy. Oproti původnímu traileru už vzbuzuje o něco větší naděje. Film má ukazovat využití pokročilé virtuální reality a skrze ni přístupného světa. Filmová verze zřejmě nebude tolik využívat motivy počítačové kultury a popkultury osmdesátých let a propůjčuje si i modernější prvky. Premiéra bude 30. března příštího roku.

Bílý dům vydal plán a report toho, jak modernizovat federální IT systémy a infrastrukturu. K prostudování zde a zde.

Facebook vypouští do veřejného beta testování své AR Studio. Zuckerberg chce pomocí něho co nejvíce rozšířit možnosti rozšířené reality využívané skrze kamerky na mobilech.

Seagate propustí dalších 500 lidí. Na ročních nákladech to má ušetřit 64 milionů dolarů. Seagate v poslední době hlásí výrazné poklesy tržeb a celkově už oznámil propouštění více než šesti tisíc lidí.

Amazon mírně zpomaluje v nabírání ve své centrále v Seattlu, informují Seattle Times. Tam dlouhodobě masivně investuje, usazuje se v řadě budov a další v centru města staví. To vyhnalo celý sektor nahoru a do města míří lidi a vývoje. Důvodem zmírnění je fakt, že Amazon hledá místo pro svoji druhou centrálu, o kterou se pere řada amerických měst. Ono zpomalování je ale skutečně mírné, firma má globálně otevřených 11 tisíc pracovních míst a jen v Seattlu jich jsou přes tři tisíce. O Seattlu v naší reportáži.

Microsoft minulý týden oznamoval, že je prvním velkým cloudovým providerem, který nasadí nové čipy EPYC od AMD. Tento týden podobný krok hlásí čínské Baidu. Na EPYCu spouští služby pro AI, velká data a další.

Francouzský Atos velmi touží po nizozemské firmě Gemalto. Nejdříve tento týden podal odkupní nabídku ve výši 4,3 miliardy eur, tu představenstvo Gemalto odmítlo. Atos na nabídce nadále trvá a říká, že je ve hře i nepřátelské převzetí. Gemalto dělá například čipy do platebních karet, SIM, digitální bezpečnost. Finanční výsledky v poslední době nepřesvědčují.

Iron Mountain za 1,3 miliardy dolarů kupuje datacentrový byznys od firmy IO Data Centers. Jde o čtyři velká kolokační centra ve Spojených státech, které využívá státní sektor i finanční či letecký průmysl. Iron Mountain už letos koupil velké datacentrum od firmy Fortrust a v chodu je odkup dvou komplexů od Credit Suisse. Iron Mountain se zabývá archivací dokumentů a ochranou dat, působí i v Česku. S datacentry byznys modernizuje.

Denso jako významný dodavatel automobilek, který operuje i v Česku, kupuje společnost InfiniteKey. Ta využívá Bluetooth Low Energy (BLE) a má ambici nahradit klíčky od auta chytrým telefonem.

Telstra kupuje firmu VMtech. Jde o poskytovatele managed služeb. Telstra se chce pomocí podobných kroků se svojí strategií pro správu hybridních cloudů dostat do celého světa.

Představenstvo podniku Walt Disney se plní známými jmény z IT světa. Nově do něj byla jmenována šéfka Oraclu Safra Catz. V představenstvu už sedí provozní ředitelka Facebooku Sheryl Sandberg a zakladatel a ředitel firem Twitter a Square Jack Dorsey.

Firma eD‘ system Czech má nového šéfa, povede ji Petr Slouka. Ten zároveň dostane na starost také pobočky na Slovensku a v Polsku.

住友重機械とNEC、AIを活用し産業機械の故障予兆に関する実証実験を実施 – クラウド Watch

 住友重機械工業株式会社(以下、住友重機械)と日本電気株式会社(以下、NEC)は13日、AIを用いて産業機械の故障予兆検出を行う実証実験を実施したと発表した。その結果、プラスチック射出成形機(以下、射出成形機)から出力されたデータを利用し、故障予兆の検出に成功したという。

 両社によれば、電動射出成形機では、駆動機構に搭載されたボールねじのメンテナンスを計画的に実施したいという要求があり、故障の予兆の検出が期待されていたという。そこで今回の実証実験では、その射出成形機の故障について、AIで予兆を検出できるかの検証を行った。

 具体的には、射出成形機に標準搭載されているセンサー群の時系列データを利用し、ボールねじが正常な場合、損傷を受けた場合のデータについて、差異検出が可能かどうかを検証している。

 この検証にあたっては、正常時/損傷時それぞれの時系列データを、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つ「RAPID機械学習」技術を用いて分析した。その結果、1500あるデータセットを20分ほどで学習し、1データセットあたり0.4秒以内で、正常/損傷のデータを高精度で判別できることが確認されたという。

 両社では今後、今回の実証実験の結果をもとに、故障予兆における環境変動への耐性や、損傷の種別・程度の判定について検証を進めていく予定。また、プラスチック製品へのAIによる画像検品の適用や、成形条件の自動調整実現も視野に入れて活動するとしている。

ニコンイメージングジャパン、「TopEye 全国高校生写真サミット2018」を横浜で開催全国から選抜された15校の写真部生徒による写真の祭典 – 時事通信

[株式会社ニコンイメージングジャパン]

株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、2018年2月2日(金)~ 4日(日)の3日間にわたり、6回目となる「TopEye 全国高校生写真サミット2018」を横浜で開催します。

「TopEye 全国高校生写真サミット」は、次世代を担う高校生たちに「写真作品で競い合いながら、共に学ぶ場」を提供することを目的としたイベントです。「TopEye」で年間を通して実施されているフォトコンテストの合計得点によって、全国から選抜された15校の写真部生徒計45名が、日本における写真文化発祥の地「横浜」を舞台として撮影し、作品性を競い合います。また、単なる写真コンテストではなく、プロ写真家による撮影指導や講演、作品講評、写真部同士の交流など、高校生たちの出会い、共有、共感、成長の場を提供するプログラムとなっております。本イベントは、「撮る・みる・楽しむ。写真の祭典『フォト・ヨコハマ2018』」のパートナーイベントになっております。

URL:http://www.nikon-image.com/activity/topeye/hssamit2018/index.html

<出場校>
本イベントには、下記の15校が出場します。

宮城県白石工業高等学校、中越高等学校(新潟県)、群馬県立藤岡北高等学校、
埼玉栄高等学校(埼玉県)、千葉県立四街道高等学校、大阪府立成城高等学校、
帝塚山学院中学校高等学校(大阪府)、奈良県立王寺工業高等学校、
和歌山県立神島高等学校、香川県立坂出商業高等学校、出雲北陵高等学校(島根県)、
熊本県立第二高等学校、八代白百合学園高等学校(熊本県)、沖縄県立浦添工業高等学校、沖縄県立知念高等学校

<「TopEye」とは>
1979年よりニコンイメージングジャパンが発行している中高生フォトグラファー応援マガジンです。誌面を通じてのフォトコンテストの開催や各地の写真部の紹介、プロ写真家によるアドバイスなど、全国の中学校・高等学校の写真部を支援しています。

写真は前回(第5回)「TopEye 全国高校生写真サミット2017」の様子

<「TopEye 全国高校生写真サミット2018」開催概要>
開催日程:2018年2月2日(金)~2月4日(日)
一般公開:2月3日(土)14:30~18:30 生徒による作品プレゼンテーションなど※1
2月4日(日)10:00~12:45 基調講演・表彰式※1
会 場:横浜美術館 レクチャーホール他
(神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号)
概 要:開会式で発表されるテーマに沿って、生徒達は貸与される同じ機種のデジタル一眼レフカメラと交換レンズ(※2)を使用して、そのテーマを表現する作品を横浜の指定エリア内(※3)で撮影します。撮影会後、生徒による作品のプレゼンテーションとプロ写真家による審査を経て、グランプリ(チーム賞)を決定します。
主 催:株式会社ニコンイメージングジャパン
共 催:横浜美術館
後 援:横浜市文化観光局、高等学校文化連盟全国写真専門部
協 力:エプソン販売株式会社、株式会社ケンコー・トキナー、
北海道「写真の町」東川町、全日本写真連盟、日本報道写真連盟、
フォトシティさがみはら実行委員会、読売写真大賞事務局
審 査 員:小林紀晴氏(審査委員長)、秋元貴美子氏、藤村大介氏、ミゾタユキ氏、
林典子氏(特別審査員)

※1 時間と内容につきましては、変更となる可能性があります。
※2 D5600、AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
※3 みなとみらい地区、山下公園、馬車道、マリンタワー、大さん橋、赤レンガ倉庫、港の見える丘公園など横浜を代表する各スポットを含むエリア

<主なプログラム>
2月2日(金)
・開会式
・1日目撮影会

2月3日(土)
・2日目撮影会
・プロ写真家によるフォトレビュー
・各校生徒による作品プレゼンテーション
・2017年度「TopEyeフォトフォトサロン(フォトコンテスト)」年度賞表彰式

2月4日(日)
・写真家 林典子氏による講演
・審査結果発表
・「TopEye 全国高校生写真サミット2018」表彰式
・閉会式

<優秀作品の展示・掲載予定>
下記の日程で「TopEye 全国高校生写真サミット2018 優秀作品展」を開催します。

会 場:ニコンプラザ新宿 THE GALLERY 2・ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
展示期間:新宿 2018年3月13日(火)~3月19日(月)
大阪 2018年4月5日(木)~4月11日(水)
開館時間:10時30分~18時30分(日曜休館/最終日は15時まで)

「TopEye 全国高校生写真サミット2018」最優秀賞の受賞校作品は、2018年2月下旬発
行の「TopEye」誌面での掲載を予定しています。

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d16573-20171214-7771.pdf

企業プレスリリース詳細へ (2017/12/15-14:01)

威騰加速2D NAND 轉向3D NAND 生產,且96 層3D NAND 已開始交貨 – 科技新報 TechNews



就在威騰電子 (Western Digital ) 與日本半導體大廠東芝 (Toshiba) 就出售半導體部門,給予貝恩資本 (Bain Capital) 所領軍的美日韓聯盟一事達成和解之後,日前威騰電子召開會議,主要討論關於與東芝合作的各項協議細則。另外,還提出 NAND 快閃記憶體的生產計劃,並宣布開始將 96 層堆疊的 3D NAND 快閃記憶體交付零售商販售。

在會議上,威騰電子報告了採用BiCS3和BiCS4 等3D NAND快閃記憶體的生產狀況。由於 BiCS3 技術所生產的 3D NAND 快閃記憶體,最大堆疊數目只能到 64 層堆疊,而 BiCS4 技術所生產的 3D NAND 快閃記憶體,其最大堆疊數目可達到 96 層堆疊,容量足足增加 50%,顯示在單位面積內容納更多的記憶體,所以也獲得各家業者的重視。

而事實上,之前威騰電子就已經訂定過一個目標,希望 2017 年採用 BiCS3 技術生產的 64 層 3D NAND 快閃記憶體,要達到佔威騰電子 3D NAND 快閃記憶體總產量的 75%。不過,現在這個數字有望能提升到 90% 以上。只是,威騰電子的快閃記憶體類型還沒完全從 2D NAND 轉換成 3D NAND,現在 3D NAND 快閃記憶體的產量的只佔威騰電子總產量的 65%。換言之,威騰電子所生產的所有快閃記憶體中還有 1/3 為 2D NAND 快閃記憶體。

另外,本月 12 號,威騰電子也宣佈採用 BiCS4 技術的 96 層 3D NAND 快閃記憶體已經出貨給零售商。而且,不只提供當前的 TLC 主流類型,還提供更先進的 QLC 類型。雖然在使用上,TLC 類型與 QLC 類型的 3D NAND 快閃記憶體並沒有任何的區別,但卻能提供更高的可靠性與效能。而此次威騰電子出貨給零售商,採用 BiCS4 技術的 96 層 3D NAND 快閃記憶體,不論 TLC 類型或 QLC 類型包含 256Gb 和 512Gb 兩種規格,但是採用 BiCS4 技術的 QLC 的記憶體還可以有 768Gb 甚至 1Tb 這兩種規格。

威騰電子表示,從 2D NAND 製程轉向 3D NAND 製程過程非常繁瑣,他們也認為這個計畫的執行時間比原定時間延遲了大約 6 個月的時間。不過,未來預計從 2D NAND 快閃記憶體徹底轉向 3D 快閃記憶體的過程將不會用太長時間。如此才比較符合威騰電子的營運效益,並且應付當前短缺的 3D NAND 快閃記憶體市場需求。

(首圖來源:威騰電子提供) 

你可能有興趣的文章:



「RICOH THETA V」は進化する360度カメラ。拡張ロードマップを公開 – AV Watch

 リコーイメージングは15日、4K解像度の360度動画撮影に対応した全天球カメラ「RICOH THETA V」の拡張ロードマップを公開した。無線LANクライアントモードや自動顔認識&ぼかし撮影、USBデータ転送による外部機器連携などに対応する。

RICOH THETA V

 THETA Vは、従来のTHETAシリーズと異なり、Androidベースのプラットフォームを採用したことで、プラグインの追加インストールによる機能拡張が可能となる。また、複数のAPI/SDKも公開し、開発者が様々な機器やプラットフォームとの連携を実現可能な環境を用意している。

 そのため本体ファームウェアの更新による画質やスティッチングの向上、通信機能などの向上だけでなく、プラグインによる機能拡張も行なえるようになる。

 ’18年1~3月には本体の無線LANクライアントモードや、プラグインとして自動顔認識&ぼかし撮影、USBデータ転送による外部機器連携、アプリ強化によるアニメーション機能やクロップ編集機能などを追加。4~6月には無線ライブストリーミングやクラウドアップロードなどを追加する計画。さらにタイムラプス動画対応なども予定している。

  リコーでは「既存のライブラリーやアプリケーション資産を活用可能なエコシステムを構築し、360°カメラという枠を超え、”多目的全天球プラットフォーム”へと成長する」としている。

RICOH THETA V開発ロードマップ

 なお、開発中のプラグイン新機能の一部は、2018年1月9日から米国で開催される「CES2018」のリコーブースで、デモンストレーションを行なう予定。

Amazonで購入
RICOH THETA V RICOH THETA
パーフェクトガイド II