Canon がコンデジ初となるAPS-Cセンサー搭載機 PowerShot G1 X Mark III を発表 – HYPEBEAST (ブログ)

Canon(キヤノン)」がプレミアムコンパクトカメラ「PowerShot G」シリーズの新作モデルとなるAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載した“PowerShot G1 X Mark III”を発表。11月下旬よりオープン価格で発売開始となる。

2014年3月発売の“PowerShot G1 X Mark II”の後継機種となる“PowerShot G1 X Mark III”には、「Canon」のコンパクトデジタルカメラとしては初めてAPS-CサイズのCMOSセンサー(有効画素数約2,420万画素)を搭載。画像処理エンジンにはDIGIC 7を搭載してノイズ耐性も大幅に向上、常用最高感度ISO25600(静止画撮影時)の高感度を獲得している。またそのセンサーの大型化に併せ光学3倍ズームレンズ(焦点距離24-72mm相当/F2.8-F5.6)を新たに設計した。動画は最大でフルHD(1920×1080)60fpsとなり、4K動画には非対応。モニターはタッチ操作に対応した水平方向175度/前方回転180度.後方回転90度の3.0型バリアングル液晶(約104万画素)を搭載。

「Canon」のオンラインショップのおける発売価格は127,500円(税別)とのこと。まずはそのデザインを上のフォトロールよりチェックしてみよう。詳細はこちらよりチェック。

その他カメラ関係のニュースはこちらより。

キヤノン「PowerShot G1X Mark Ⅲ」ハンズオン:コンデジ市場のゲームチェンジャー – ギズモード・ジャパン

普通のコンデジではありません。

キヤノンから「PowerShot G1X Mark Ⅲ」が発表されました。発売は11月下旬の予定。2014年3月に発売されたPowerShot G1X Mark Ⅱの後継機です。価格はキヤノン オンラインショップで13万7700円(税込)です。

最大の特徴としては、キヤノン初のAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラという点。しかも、キヤノンのハイエンドミラーレスカメラEOS M5と比較しても、遜色ない高い性能を持っています。そして、とにかく軽い。

今回触ってみて感じたのは、PowerShot G1X Mark Ⅲはまさに「コンデジ市場のゲームチェンジャー」です。これからコンデジを買おうと思っているすべての人に、「あと1ヶ月ちょっと待って! PowerShot G1X Mark Ⅲを触ってから決めて!」と言いたいくらいの好印象。

ということで、まずはPowerShot G1X Mark Ⅲの特長と前モデルの性能比較です。

G1 X Mark Ⅲの特長と前モデルG1 X Mark Ⅱとの違い

(左:PowerShot G1 X Mark Ⅲ 右:PowerShot G1 X Mark Ⅱ)

画素数:2,420万画素 │ 約1,280万画素(アスペクト比が3:2時)、約1,310万画素(アスペクト比が4:3時)
センサーサイズ:APS-C 1.5型
映像エンジン:DIGIC 7 DIGIC 6
ISO感度:ISO100~25600 ISO100~12800
焦点距離(35mm換算):24-72mm 24-120mm
連続撮影速度:最高約9コマ/秒 最高約5.2コマ/秒
バリアングル・タッチパネル:あり チルト・あり
動画撮影画質:フルHD 60p フルHD
無線通信機能:Wi-Fi/NFC/BLE対応 Wi-Fi/NFC
重量(本体のみ):375g 516g

進化というより転生という表現が似合うくらいのパワーアップ具合ですが、一番の進化はやはりAPS-Cサイズのセンサーを搭載しながらも軽くなったところでしょうか。数値を見てもそうですが、前モデルからマイナス141gと約27%ものサイズダウンに成功しています。手のひらに収まるサイズ感も好印象。グリップも程よく出っ張っており、片手でも持ち歩きやすいです。

20171011gizmodo_canon_g1xmark3_3B0A4494
Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン)

年々重いカメラを持ち歩くのが辛くなってきたので、大型センサーを搭載しながらもコンパクトにまとまったカメラには相当魅力を感じちゃいます。コンデジなのでレンズ交換も必要ないですし。

唯一性能ダウンしている点としては、焦点距離と開放F値です。前モデルのG1X Mark Ⅱが24-120mm(35mm換算)、F2.0-F3.9だったのに対し、PowerShot G1X Mark Ⅲは24-72mm(35mm換算)F2.0-F5.6。この数値の違いは大きいですね。

20171011gizmodo_canon_g1xmark3_3B0A4490
Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン)

ただズームだけいえば、キヤノンの最高峰レンズ、いわゆる大三元レンズも24-70mmを採用していますし、24-72mmという数値も妥協点としてはありかと。開放F値に関しては残念としか言えません。ズーム・F値をとるか軽量を撮るかですね。

ズームの動きは若干もっさりしているかな? まぁ最初にほんの少し気になる程度で使っているうちに慣れます。

あと変更点としては、EVFが内蔵なところ。コンデジといえどしっかりと構えて撮影したい人にとってはやっぱりファインダーは必須でしょう。ファインダーだいすき。デュアルピクセルCMOS AF搭載でAFスピードも素早いです。

20171011gizmodo_canon_g1xmark3_3B0A4419
Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン)

操作周りは露出補正ダイヤル、電子ダイヤル、コントローラーホイールを備え、ファインダーを覗いたままでもガシガシ設定を変えられます。

20171011gizmodo_canon_g1xmark3_3B0A4406
Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン)

背面液晶はバリアングル方式になりました。ハイアングル、ローアングルに大活躍です。いろいろな撮影環境に柔軟に力を発揮してくれます。あと自撮りも。まああまり撮らないですけど。

20171011gizmodo_canon_g1xmark3_3B0A4575
Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン)

フラッシュも内蔵しています。

MENU画面もEOSシリーズのカメラと同じようになり、これまでのキヤノンの一眼ユーザーはまったく迷うことはなく使えます。即日実践投入できますよ。

PowerShot G1X Mark Ⅲのいいところ

APS-Cサイズ、ズーム、そして軽量。この3つが最初に思いつくところでしょうか。

特にAPS-Cサイズのセンサーを持つコンデジの選択肢ってかなり狭いんですよね。 リコーのGR Ⅱ、もしくは富士フイルムのX100Fくらいでしょうか(ライカ Xもありますが)。それぞれいいカメラですが、GR Ⅱ、X100Fともに広角よりの単焦点レンズです。

PowerShot G1X Mark Ⅲがそれらと違うのはズームです。APS-Cのコンデジでズームが付いているとなると他に選択肢はなく、まさに唯一無二のカメラです。

スマホカメラの性能が上がってきた今、あえてカメラを持ち歩く一つの理由としては、やはり望遠での撮影です。焦点距離が短くなったとはいえ、PowerShot G1X Mark Ⅲのズームはきっとありがたいと思えるシーンはでてくるはずです。

20171011gizmodo_canon_g1xmark3_3B0A4499
Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン)

重量も軽く、サイズも小さいので毎日カバンに入れて持ち歩いてもいいかなと思えます。

また、内蔵EVF搭載、タッチ&ドラッグAF機能、AFのフレームサイズを小さくできるなど、細かい部分もかなり使いやすいようにできています。USB充電対応によりモバイルバッテリーでの充電も可。電池をいちいち取り外す必要はありません。

以前旅行先で電池を入れ忘れて文鎮化した一眼を丸一日持ち歩いた経験があるぼくにとっては、電池を取り外さなくていいというだけで超々魅力的です。

PowerShot G1X Mark Ⅲのわるいところ

残念なのが、開放F値がF2.8-F5.6と通しじゃないところです。ズームするとF値が変わり、設定を変更する必要がでてきます。それに加えて、上にも書いたとおりズームが若干もっさりしているので、「素早く起動して撮影」となると単焦点レンズを搭載しているコンデジの方に軍配が上がります。

PowerShot G1X Mark Ⅲは、コンデジの価値を極端に上げた

20171016gizmodo_canon_g1xmark3_3B0A4457
Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン)

正直コンデジを買う機会なんて今後ないだろうと思ってたんです。最近主流のミラーレスカメラは、性能はいいし、軽いし、レンズ交換できるので汎用性も高い。 上位機種のレンズを使えば、小さいボディで驚くほどの描写が得られます。 ミラーレスカメラの進化が著しい中で、コンデジが候補にあがってすらいない人も多いでしょう。

でもPowerShot G1X Mark Ⅲの登場でそんな考えは吹き飛びました。 手に収まるサイズ感、レンズ一体型で軽量、キヤノンのハイエンドミラーレスに匹敵する性能、標準域をカバーするズーム。PowerShot G1X Mark Ⅲはコンデジのメリットを最大限に活かしています。

とにかくこれまでのコンデジという枠から完全に飛び抜けたカメラであるのは間違いないです。PowerShot G1X Mark Ⅲのための新しいカテゴリを作ってもいいぐらい。

未来のカメラはミラーレスカメラかと思いきや、その先にはコンデジがしっかりと待ち構えていました。

Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン)
Source: キヤノン

(ささきたかし)

フジファブリック×成田凌 ”別れ”がテーマの動画を公開 – エキサイトニュース

フジファブリックの書き下ろしの新曲が使用された、成田凌主演、Canon「”This” is my life.」ショートムービー『僕たちは今日、お別れします。』の映像が公開された。

映像は、別れを迎える男女のやりとりと、その中にある「写真」にスポットを当て、「自分の人生そのものは、いつも写真とともにある」というメッセージを込めたストーリーとなっている。

成田と、ヒロイン役を演じる藤野有理による、別れを迎えた男女のリアルな空気感が見どころとなっており、また劇中に使用されている写真は、実際に成田自身がキヤノンの最新ミラーレスカメラ「EOS M100」を使用して撮影した写真。素顔が垣間見える2ショット写真などが多数登場している。

楽曲として使用されているフジファブリックの書き下ろし楽曲「かくれんぼ」は金澤ダイスケ(Key)が作詞・作曲。儚げなメロディーが切ない動画の内容を、より一層引き立てる。金澤からのコメントも到着しているので、こちらもぜひチェックして欲しい。

成田凌コメント※一部抜粋】

普通別れというとマイナスなイメージがあると思いますが、それを綺麗に映し出している動画になっていると思います。キヤノンさんならではの美しさを感じていただけるのではないでしょうか。

【フジファブリック:金澤ダイスケ(key)コメント】

日々の生活の中には、今まで知らなかった感情や、隠れていた気持ちがあると思います。自分自身にもそうだし、相手に対してもそう。それに気づいた時、人はひとつ大きくなれるのでしょう。弱さを認める事は、強さであるように。「かくれんぼ」という曲によって、そんな心に光が照らされる事を、願っております。

フジファブリック×成田凌、Canon「”This” is my life.」ショートムービー公開 – musicman-net

フジファブリックの書き下ろし新曲が使用された、成田凌主演・Canon「”This” is my life.」のショートムービー「僕たちは今日、お別れします。」の映像が公開された。

映像は、別れを迎える男女のやりとりと、その中にある「写真」にスポットを当て、「自分の人生そのものは、いつも写真とともにある」というメッセージを込めたストーリーとなっている。

成田と、ヒロイン役を演じる藤野有理による、別れを迎えた男女のリアルな空気感が見どころとなっており、また劇中に使用されている写真は、実際に成田自身がキヤノンの最新ミラーレスカメラ「EOS M100」を使用して撮影。素顔が垣間見える2ショット写真などが多数登場している。

楽曲として使用されているフジファブリックの書き下ろし楽曲「かくれんぼ」は、金澤ダイスケ(Key)が作詞・作曲を手掛け、儚げなメロディーが切ない動画の内容を、より一層引き立てている。

成田凌 コメント※一部抜粋
普通別れというとマイナスなイメージがあると思いますが、それを綺麗に映し出している動画になっていると思います。キヤノンさんならではの美しさを感じていただけるのではないでしょうか。

フジファブリック・金澤ダイスケ(key)コメント
日々の生活の中には、今まで知らなかった感情や、隠れていた気持ちがあると思います。自分自身にもそうだし、相手に対してもそう。それに気づいた時、人はひとつ大きくなれるのでしょう。弱さを認める事は、強さであるように。「かくれんぼ」という曲によって、そんな心に光が照らされる事を、願っております。

「”This” is my life.」公式サイト
http://cweb.canon.jp/eos/special/thisismylife/index.html
 

フジファブリック×成田凌、キャノン「”This” is my life.」ショートムービー公開!金澤ダイスケコメントも紹介 – navicon [ナビコン]

[13時07分]  【商品・CM】

フジファブリック×成田凌、キャノン「

フジファブリックの書き下ろしの新曲が使用された、成田凌主演のCanon「”This” is my life.」ショートムービー「僕たちは今日、お別れします。」の映像がYoutubeにて公開された。

ムービーは、別れを迎える男女のやりとりとその中にある「写真」にスポットを当て、「自分の人生そのものは、いつも写真とともにある」というメッセージを込めた物語。
CMヒロイン役を演じるのは藤野有理。ムービには、成田自身がキヤノンの最新ミラーレスカメラ「EOS M100」を使用して撮影した写真がたっぷり。素顔が垣間見える藤野との2ショット写真も多数登場している。

CM儚げなメロディーが切ないムービーに流れる楽曲はフジファブリックの書き下ろし楽曲「かくれんぼ」。金澤ダイスケ(Key)が作詞・作曲を手掛けた。

また、主演を演じた成田は、普通別れというとマイナスなイメージがあると思うが、それを綺麗に映し出している動画になっているといい、キヤノンならではの美しさを感じてもらえるはずと、ムービーの仕上がりに満足の様子。

CM一方、本作の楽曲を手掛けた金澤は次のようにコメントを寄せている。
(コメント全文)
「日々の生活の中には、今まで知らなかった感情や、隠れていた気持ちがあると思います。
自分自身にもそうだし、相手に対してもそう。
それに気づいた時、人はひとつ大きくなれるのでしょう。弱さを認める事は、強さであるように。
「かくれんぼ」という曲によって、そんな心に光が照らされる事を、願っております。」

ショートムービー「僕たちは今日、お別れします。」
「”This” is my life.」公式サイト

44387件中1~15件を表示しています。

BSジャパン「我が家のロマンス」第21-25話あらすじ:前途多難なヨンジェとセリョンの結婚!予告動画

【ドラマ】
BSジャパン「我が家のロマンス」第21-25話あらすじ:前途多難なヨンジェとセリョンの結婚!予告動画

子供たちとは一緒にいられないと思いジョンエは故郷へ!夫と死別後、4人の姉弟を女手一つで育てながら必死に生きてきたヒロインの笑って泣けるホームドラマ「我が家のロマンス」をBSジャパンで放送の明日10月13日(金)第21話~25話のあらすじをご紹介、Youtubeにて予告動画が公開されている。 [17時23分]

テレビ大阪「宮廷女官チャングムの誓い」第41~45話あらすじ:ヨンセン懐妊~失明の危機!予告動画

【ドラマ】
テレビ大阪「宮廷女官チャングムの誓い」第41~45話あらすじ:ヨンセン懐妊~失明の危機!予告動画

アヒル事件の真相を究明しハン尚宮の濡れ衣を晴らすためにチャングムが、禁断の王の病状日誌を持ち出し、ピンチに…これまで以上にハラハラドキドキのテレビ大阪「宮廷女官 チャングムの誓い」明日10月13日(金)第41話~45話のあらすじと見どころを紹介、MBCClassicチャンネルでも全話配信している。 [16時53分]

ソ・イングク時代劇初挑戦「王の顔」第16-20話あらすじ:戦の爪痕~新たな王妃!予告動画

【ドラマ】
ソ・イングク時代劇初挑戦「王の顔」第16-20話あらすじ:戦の爪痕~新たな王妃!予告動画

戦乱時に都を捨てて避難した宣祖に対して、都に残って民を守ってくれた光海君への民たちの信任は厚い!それが宣祖の機嫌を損ねてしまう…BS日テレで放送のソ・イングク主演「王の顔」明日10月13日(金)放送の第16~20話のあらすじをご紹介、本作はDVDも好評発売中で公式サイトに予告動画が公開されている。 [16時37分]

BSフジ「宮廷女官チャングムの誓い」第6-10話あらすじ:追放処分~呪いの札!配信情報

【ドラマ】
BSフジ「宮廷女官チャングムの誓い」第6-10話あらすじ:追放処分~呪いの札!配信情報

チャングムはその“聡明で無謀な性格”が災いして何度か宮を追放されることになるが、まずは、グミョンの失敗を助けるために宮中を抜け出した一件で追放される!そして、その一件で運命の人ミン・ジョンホと出会うことに…BSフジ「あさ韓ドラマ」(月~金あさ9時58分~10時59)では、明日10月13日(金)より放送する「宮廷女官 チャングムの誓い」第6話~10話のあらすじと見どころをご紹介!MBCClassicチャンネルでも全話配信している。 [16時10分]

テレ東地上波初放送「ドクターズ~恋する気持ち」第16-最終回あらすじ:迫る危険~運命の愛!予告動画

【ドラマ】
テレ東地上波初放送「ドクターズ~恋する気持ち」第16-最終回あらすじ:迫る危険~運命の愛!予告動画

ついに最終決戦!へジョンは祖母の死の真実を知ることができるのか?キム・レウォとパク・シネというビッグカップルの主演に加え、ハン・ヘジンやナムグン・ミンらのカメオ出演も注目を集めたロマンチックラブストーリー!テレビ東京「韓流プレミアム」にて地上波初放送中「ドクターズ~恋する気持ち」(全20話)明日10月13日(金)第16話~第20話(最終回)のあらすじを紹介、Youtubeにて予告動画を公開中だ。 [15時46分]

J・J・エイブラムス、D・ヴィルヌーヴ、S・スピルバーグら3監督が『未知との遭遇』について語るインタビュー映像公開

【映画】
J・J・エイブラムス、D・ヴィルヌーヴ、S・スピルバーグら3監督が『未知との遭遇』について語るインタビュー映像公開

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、SFの金字塔にしてスピルバーグ監督の原点、『未知との遭遇』の40周年アニバーサリー・エディションを、10 月18 日(水)に発売するのに先駆け、本作の特典ディスクに収録される特典映像<監督たちが語る『未知との遭遇』>より、J・J・エイブラムスをはじめ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、スティーヴン・スピルバーグら監督3人が『未知との遭遇』について語るインタビュー映像を公式Youtubeにて公開した。 [15時21分]

ソ・イングク、ユン・サンヒョン サイングッズが当たる「ショッピング王ルイ」胸キュンキスシーンリツイートCP実施!

【ドラマ】
ソ・イングク、ユン・サンヒョン サイングッズが当たる「ショッピング王ルイ」胸キュンキスシーンリツイートCP実施!

TCエンタテインメントは、「ナイショの恋していいですか!?」「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」ソ・イングク主演で、韓国では同時間帯視聴率1位を獲得した話題作「ショッピング王ルイ」DVDの好評リリースを記念して、出演者のサイングッズが当たる胸キュンシーンリツイートキャンペーンを開催した!Youtubeにて予告動画を公開中だ。 [13時28分]

全世界映画祭絶賛のアニメ映画『我は神なり』鬼才ヨン・サンホ監督インタビュー紹介!予告動画

【アニメ】
全世界映画祭絶賛のアニメ映画『我は神なり』鬼才ヨン・サンホ監督インタビュー紹介!予告動画

全世界の映画祭で大絶賛した衝撃の社会告発アニメ『我は神なり』の監督を務めた鬼才ヨン・サンホのインタビューが到着したので、全文ご紹介!映画公式サイトに予告動画が公開されている。 [12時45分]

AbemaTVに 10/23「奇皇后」、10/26「九家の書〜千年に一度の恋〜」登場!

【ドラマ】
AbemaTVに 10/23「奇皇后」、10/26「九家の書〜千年に一度の恋〜」登場!

24時間無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」の「韓流・華流ドラマチャンネル」の10月は大ヒット歴史ドラマ「奇皇后」と10月31日に除隊予定のイ・スンギ主演「九家の書〜千年に一度の恋〜」を第1話からすべて無料で配信することを発表した。 [12時25分]

栗山民也×藤原竜也&山本裕典 韓国発の濃厚舞台『鱈々(だらだら)』11/15DVD発売決定!PV公開中

【映画】
栗山民也×藤原竜也&山本裕典 韓国発の濃厚舞台『鱈々(だらだら)』11/15DVD発売決定!PV公開中

韓国演劇界の巨匠・李康白による心揺さぶる戯曲を藤原竜也、山本裕典、中村ゆり、木場勝己の豪華キャストで上演し、話題となった舞台『鱈々(だらだら)』が11月15日DVD化されることが分かった!Youtubeにはプロモーション動画が公開されている。 [11時58分]

アン・ジェウク主演「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」第51-54話(最終回)あらすじ!予告動画-BS朝日

【ドラマ】
アン・ジェウク主演「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」第51-54話(最終回)あらすじ!予告動画-BS朝日

いよいよ最終回に向けてラスト4話!再婚同士の新しい家族は?気になるミジョン(ソ・ユジン)の体調は?BS朝日で朝8時30分からの韓ドラ枠で放送中の、韓流TOP スター アン・ジェウク主演のラブロマンス「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5 人!?」、明日10月13日(金)第46話~50話のあらすじを紹介、DVDも好評発売中で公式サイトで予告動画が公開されている。 [11時55分]

JRA×新日本プロレスケイバ爆笑必至のコラボ!力を入れなくても破りやすいTシャツをグラドル倉持由香が動画で実践!

【商品・CM】
JRA×新日本プロレスケイバ爆笑必至のコラボ!力を入れなくても破りやすいTシャツをグラドル倉持由香が動画で実践!

JRA(日本中央競馬会)は新日本プロレスリングとコラボレーションし、競馬エンターテインメントサイト「Umabi」内にてWEBコンテンツ「新日本プロレスケイバ」を本日10月12日(木)から公開!新日本プロレスケイバオリジナルの限定Tシャツ(負けてもスカっとTシャツ)紹介動画を公開した。 [11時11分]

フォルクスワーゲンSNSで公開しただまし絵の正解を動画「up!-size」で発表!

【商品・CM】
フォルクスワーゲンSNSで公開しただまし絵の正解を動画「up!-size」で発表!

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、今年4月27日(木)から発売開始したフォルクスワーゲン史上最小のクルマ「up!」(アップ!)のプロモーションの一環として、小さいけど本質的、そんなモノが集まるウェブサイト「Pack up!」にて史上最強のだまし絵動画「up!-size」を本日10月12日(木)より動画公開した。 [11時00分]

Negicco×ヒャダインの初コラボでかぜ薬CMの“あるある”盛り込んだ「かぜぐすリリック」公開!

【商品・CM】
Negicco×ヒャダインの初コラボでかぜ薬CMの“あるある”盛り込んだ「かぜぐすリリック」公開!

新潟在住のアイドル・ユニットである「Negicco」がうたと主演を務め、多くの人気アーティストへの楽曲提供で音楽シーンを席巻している「ヒャダイン」作曲による、様々なかぜ薬CMの“あるあるシーン”を盛り込んだミュージックビデオ「かぜぐすリリック」が本日10月12日(木)に公開となった。 [11時00分]

「W-君と僕の世界-」第9あらすじ:恋のページが白紙に!漫画の中でコードブルー?予告動画-BSジャパン

【ドラマ】
「W-君と僕の世界-」第9あらすじ:恋のページが白紙に!漫画の中でコードブルー?予告動画-BSジャパン

『W』でロマンスの続編がスタートしたことで、役目のなくなった登場人物たちが消えていった!そして実態のないはずだった真犯人からヨンジュ(ハン・ヒョジュ)の命を守るためにチョル(イ・ジョンソク)は辛い決断を下した!BSジャパンで放送中「W-君と僕の世界-」(全16話)、明日10月13日(金)放送の第9話あらすじと見どころを紹介、本作はDVDも大好評発売中で、公式サイトで予告動画が公開されている。 [10時00分]

44387件中1~15件を表示しています。

成田凌「僕たちは、お別れします」 フジファブ新曲提供のキヤノン短編映像 – CINRA.NET(シンラドットネット)

成田凌主演のショートムービー『僕たちは今日、お別れします。』が、本日10月12日に公開された。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社の新メッセージ「“This”is my life.」のコンセプトムービーとして制作された同作。成田凌とヒロイン役の藤野有理が、別れを迎えた男女を演じている。

音楽にはフジファブリックによる書き下ろしの新曲“かくれんぼ”を起用。劇中に登場する写真は、成田凌自身がキヤノンの最新ミラーレスカメラ「EOS M100」を使って撮影した写真だという。監督は水曜日のカンパネラやサカナクションらのPVを手掛ける山田智和が務めた。

成田は撮影を振り返り「ほとんどアドリブで進めていったのですが、冒頭の『僕は甘えていたんだと思う』というナレーションを読んで、女性に甘えるタイプの人は、待つ感じなんじゃないかと思い、撮影中も彼女役の方に、会話の切り出しも含めて預ける形で進めました。見ている方にとって、敵に見えるというか、こういう人いそうだなと思ってもらえるようにリアルさを求めたつもりです」と明かしている。

また完成した映像については「普通別れというとマイナスなイメージがあると思いますが、それを綺麗に映し出している動画になっていると思います。キヤノンさんならではの映像の美しさを感じていただけるのではないでしょうか」とコメント。

楽曲を提供したフジファブリックは「日々の生活の中には、今まで知らなかった感情や、隠れていた気持ちがあると思います。自分自身にもそうだし、相手に対してもそう。それに気づいた時、人はひとつ大きくなれるのでしょう。弱さを認める事は、強さであるように。『かくれんぼ』という曲によって、そんな心に光が照らされる事を、願っております」とのコメントを寄せている。

フジファブリック×成田凌、「僕たちは今日、お別れします。」ショートムービー公開 – rockinon.com

フジファブリックの書き下ろしの新曲が使用された、成田凌主演Canon「”This” is my life.」ショートムービー『僕たちは今日、お別れします。』の映像が公開された。

映像は、成田と、ヒロイン役を演じる藤野有理による別れを迎える男女のやりとりが映し出されており、また劇中に使用されている写真は、実際に成田自身がキヤノンの最新ミラーレスカメラ「EOS M100」を使用して撮影した写真とのこと。

楽曲として使用されているフジファブリックの書き下ろし楽曲“かくれんぼ”は金澤ダイスケ(Key)が作詞・作曲を担当した。


【成田凌コメント※一部抜粋】
普通別れというとマイナスなイメージがあると思いますが、それを綺麗に映し出している動画になっていると思います。
キヤノンさんならではの美しさを感じていただけるのではないでしょうか。

【フジファブリック:金澤ダイスケ(key)コメント】
日々の生活の中には、今まで知らなかった感情や、隠れていた気持ちがあると思います。
自分自身にもそうだし、相手に対してもそう。
それに気づいた時、人はひとつ大きくなれるのでしょう。弱さを認める事は、強さであるように。
「かくれんぼ」という曲によって、そんな心に光が照らされる事を、願っております。


成田凌が「リアルさ」を追求したCanonのショートムービー解禁 フジファブリックの書き下ろし新曲も – http://spice.eplus.jp/

フジファブリックが書き下ろした新曲「かくれんぼ」が使用された、成田凌主演、Canonのショートムービー「僕たちは今日、お別れします。」がWEB限定で公開された。

成田凌

成田凌

成田凌、藤野有理

成田凌、藤野有理

藤野有理

藤野有理

本動画は、別れを迎える男女のやりとりと、その中にある「写真」にスポットを当て、「自分の人生そのものは、いつも写真とともにある」というメッセージが込められたストーリー。成田凌とヒロイン役を演じる藤野有理による、別れを迎えた男女のリアルな空気感が見どころとなっております。また、劇中に使用されている写真は、実際に成田自身がキヤノンの最新ミラーレスカメラ「EOS M100」を使用して撮影した写真となっているとのこと。

成田凌、藤野有理

成田凌、藤野有理

成田凌、藤野有理

成田凌、藤野有理

成田凌

成田凌

成田凌

成田凌

また動画の公開と合わせて、それぞれにとっての「”This” is my life.」となる大切な写真とエピソードを募集する、「”This” is my life. project」が立ち上がった。応募した方の中から抽選で3名に、最新のミラーレスカメラEOS M100がプレゼントされる。

 

■成田凌 インタビュー

――撮影してみていかがでしたか。

撮影は、初対面の女性と急に別れるというシーンから始まる設定で非常に難しかったです。その中で、ほとんどアドリブで進めていったのですが、冒頭の「僕は甘えていたんだと思う」というナレーションを読んで、女性に甘えるタイプの人は、待つ感じなんじゃないかと思い、撮影中も彼女役の方に、会話の切り出しも含めて預ける形で進めました。
見ている方にとって、敵に見えるというか、こういう人いそうだなと思ってもらえるようにリアルさを求めたつもりです。
このあたりは、監督と話をしながら一緒にゆっくり作っていきましたね。

――デートシーンはいかがでしたか。

普段なかなか遊園地に行ったり盆栽を見たりというようなデートはできないので、純粋にとても楽しかったです。そのデートシーン中に EOS M100 で撮影したのですが、こんなにキレイなのかとびっくりしました。特に目の前にきれいな女性もいるので、楽しくなってたくさん撮影してしまいました。とてもきれいに撮れるカメラなので、ぜひ皆さんにも使ってもらえたらと思っています。

――2人の過去を写真で振り返る描写がありますが…

最近、自分でも写真を紙にしなくてはと思ったんです。お正月に昔の写真を見返したのですが、とても大事だなと改めて思いました。小さい頃の兄の写真や、結婚前の両親の写真を見て、家族の軌跡を感じて非常に感慨深かったです。以前使っていた携帯をたんすの奥にしまっていて、そこに何千枚と写真が入っているので、近々プリントアウトしたいなと思っています。

――最後に一言お願いします。

普通別れというとマイナスなイメージがあると思いますが、それを綺麗に映し出している動画になっていると思います。
キヤノンさんならではの映像の美しさを感じていただけるのではないでしょうか。

■監督・山田智和氏 インタビュー

――撮影を終えて

街の中に溢れている感情、普遍的な青春の追憶を求めて、成田さんはじめスタッフ皆で東京の下町を歩きました。お二人には完全に決まった台本を演じて貰うのではなく、光を求めて歩いて行く先に、物語を託しました。

――撮影技法について

今回撮影ではキヤノンの EOS C700 を使用させて頂きました。アドリブの演技を撮影するために会話のシーンは複数台のカメラで撮影しています。また EOS C700 はハイスピードも撮れるので、表現の幅が広がりました。

――撮影で特に注力した個所・みどころ、特殊効果)など

常々”生きている人”を撮りたいと思っています。実際の日常会話は無言があったり、相手の答えを変に予測して余計な事を言ってしまったり、うまく行かない事の方が多いです。街に溢れている誰かの想いと重なって、光の先にある彼らの未来を一緒に想像して貰えたら幸いです。

■フジファブリック コメント

日々の生活の中には、今まで知らなかった感情や、隠れていた気持ちがあると思います。自分自身にもそうだし、相手に対してもそう。それに気づいた時、人はひとつ大きくなれるのでしょう。弱さを認める事は、強さであるように。
「かくれんぼ」という曲によって、そんな心に光が照らされる事を、願っております。

製造業向け「ビッグデータ活用セミナー」を開催 – PR TIMES (プレスリリース)

本セミナーで、製造業での事例を紹介するとともに、10万件の品質管理データを「解析ブースター」で加工し、「BIGDAT@Viewer」で分析・可視化するデモンストレーションを行います。
 

<<開催概要>>
■開催日時:2017年10月26日「木曜日」 15時00分から17時00分 (受付開始 14時30分)

■会  場:キヤノンITソリューションズ株式会社 本社(天王洲)

                  〒140-8526 東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル 11階セミナールーム

                  https://www.canon-its.co.jp/company/data/access/tennozu.html

■定  員:30名

※定員となり次第締め切らせて頂きます。

■参加費 :無料

■講演内容:

①ごあいさつ

②「解析ブースター」事例と製品紹介

③「BIGDAT@Viewer」事例と製品紹介

④「解析ブースター」&「BIGDAT@Viewer」 連携デモンストレーション

⑤質疑応答、ご相談

■セミナー詳細・お申込み: https://reg.canon-its.co.jp/public/seminar/view/714

************************

< 報道関係者のお問い合わせ先>

キヤノンITソリューションズ株式会社

 事業推進部 コミュニケーション推進課

03-6701-3603(直通)

<本セミナーお問い合わせ先>

キヤノンITソリューションズ株式会社

通信コミュニケーションソリューション事業部

セミナー担当 TEL:03-6701-3577

Email:pkg_info@canon-its.co.jp

************************

キャノン 耐えに耐えて金星! 今季無敗の神戸製鋼止めた – デイリースポーツ

 「ラグビー・トップリーグ、キヤノン31-26神戸製鋼」(7日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

 パナソニックは豊田自動織機に32-3で、サントリーはサニックスに45-0でともに勝ち、開幕からの連勝を7に伸ばした。キヤノンは神戸製鋼を31-26で破り、2勝目(5敗)を挙げた。神戸製鋼は開幕からの連勝が6で止まった。

 キャノンは今季負けなしだった神戸製鋼から金星を挙げた。開幕5連敗と苦しんだ後に2連勝。神戸製鋼戦はトップリーグ昇格6季目で初めての勝利だ。最大17点のリードを詰められ、後半は防戦一方だったが、元日本代表主将のロック菊谷は「我慢できたのはつらい時間を乗り越えた結果。それが最後のプレーに出た」と誇らしげに話した。