コダック、IFRA展で拡張された新聞CTPソリューション披露 – 印刷ジャーナル

2017年10月17日

 コダックは、ドイツのメッセ・ベルリンで開催されたIFRA World Publishing Expo 2017において、新聞CTPのエントリーモデル「ACHIEVE NEWSプレートセッター」を発表した。
 同モデルは、TRENDSETTER NEWSプレートセッターや完全自動のGENERATION NEWSプレートセッター(日本未発売)といったコダックの新聞市場向けサーマルCTPソリューションのポートフォリオを補完するもの。最大54版/時(タブロイド判サイズ)を出力する。出荷開始は2018年初旬の予定。
 また、新しいマルチカセットユニット(MCU)も自動化ソリューションとして初披露された。コンパクトな設置面積でエネルギー消費量が少なく、4つのカセットに最大960版のプレートをセットできる。
 さらに、新機能の「KODAK Mobile CTP Control APP」も紹介。AndroidまたはiOSデバイスを使用して、リモートで新聞CTPを監視できる。1つ以上のプレートセッターの生産および運用のステータスに関するリアルタイムな情報を提供し、オペレーターがCTPシステムに注意する必要がある時は、常に状況を報告。最高レベルの製版効率が維持される。リリースは2018年の予定。

あなたは大丈夫? アップル元CEOが語る「成功の暗黒面」とは – BUSINESS INSIDER JAPAN

ジョン・スカリー氏

アップルとペプシコの元CEOジョン・スカリー氏は「自らの成功体験の犠牲になるのは避けるべきだ」と話す。

Brad Barket / Stringer / Getty Images

成功し、勢いづいているほど、転んだ時の痛手は大きい。

アップルとペプシコのCEOを歴任し、現在は医療介護分野のスタートアップRXAdvanceの会長を務めるジョン・スカリー(John Sculley)氏いわく、成功体験が原因で起きやすくなる、失敗のパターンがあるという。

Business Insiderとのインタビューの中で、スカリー氏はコダック(Kodak)を例に挙げ、この失敗のパターンについて解説した。

一世を風靡した巨大企業コダックが破産法を申請したのは、iPhoneの登場から数年後の2012年のことだった。

「なぜ、デジタル写真を世に送り出し、世界最大の写真用品メーカーとなったコダックは、カメラがスマートフォンに取って代わられるという時流を見逃したのだろうか? 」スカリー氏は問う。

同氏には持論がある。成功した企業 —— そして人々 —— は、自己満足に陥りやすくなる。大きな賭けに出ることが減り、すでに確立された手法に固執する傾向が見られる。スカリー氏はこれを「自らの成功体験の犠牲」になっている状態だと言う。

「自らの成功体験の犠牲となることで生じる不利益は、成功に向かう途中で起こした間違いのそれよりも深刻だ」と同氏は語る。

スカリー氏は、成功のこの暗黒面こそが、インテルやマイクロソフトが個人向けコンピューター分野でこれだけの躍進を果たしながらも「スマートフォンの台頭を見逃した」理由だと言う。

「様々な業界で働いてきたこれまでの人生で、時代を席巻した企業が、次世代では、自らの成功体験の犠牲となる様をしばしば見てきた」と同氏は回顧する。

では「自らの成功体験の犠牲」とならないためには、どうすれば良いのだろうか?

スカリー氏は、学校で教わったことを「忘れ」、正しい答えを見つけられるかどうかで思い悩むのを止めるべきだと言う。不確実性を許容し、新たなことにも臆せず挑戦すべきだ、と。

「大きなリスクを負う覚悟を決めなければならない」スカリー氏は言う。「大胆に挑戦することだ。間違いを犯そう。実際、人は成功体験よりも、失敗から多くを学ぶ。失敗を恐れないことだ。同じ過ちを繰り返さなければいい」

[原文:There’s a major dark side of success, according to the former CEO of Apple

(翻訳:忍足 亜輝)

新鋭女性ラッパー Cardi B による楽曲 “Bodak Yellow” が全米チャート1位を獲得 – HYPEBEAST (ブログ)

アメリカ・ニューヨーク生まれで現在24歳の新鋭女性ラッパー、Cardi B(カーディ・B)のデビューシングル曲“Bodak Yellow”が全米シングルチャートにて1位を獲得。女性ラッパーのソロ楽曲(客演なし)としては1998年11月にLauryn Hill(ローリン・ヒル)が1位を獲得して以来、約19年ぶりの快挙となる。

自由奔放な振る舞いやSNS上での過激投稿で話題と注目を集めていたCardi B。そんな彼女のデビューシングル曲である“Bodak Yellow”は今年6月にリリースされた楽曲だが、先週Kodak Black(コダックブラック)を客演に迎えたリミックスバージョンも公開したことでその人気が後押しされ、今回遂にTaylor Swift(テイラー・スウィフト)が先月リリースした新曲“Look What You Made Me Do”を抜き去って首位を獲得。先述の歴史的な快挙達成へと繋がった。

まずはとにかくその楽曲“Bodak Yellow”を下の動画プレイヤーからチェックしてみよう。併せて「フジロック‘17」にも出演して会場を大いに盛り上げた次世代歌姫Maggie Rogers(マギー・ロジャース)の新曲“Split Stones”もこちらより。

Cardi Bのデビュー曲“Bodak Yellow”が全米チャート1位を獲得 – ローリン … – HYPEBEAST (ブログ)

アメリカ・ニューヨーク生まれで現在24歳の新鋭女性ラッパー、Cardi B(カーディ・B)のデビューシングル曲“Bodak Yellow”が全米シングルチャートにて1位を獲得。女性ラッパーのソロ楽曲(客演なし)としては1998年11月にLauryn Hill(ローリン・ヒル)が1位を獲得して以来、約19年ぶりの快挙となる。

自由奔放な振る舞いやSNS上での過激投稿で話題と注目を集めていたCardi B。そんな彼女のデビューシングル曲である“Bodak Yellow”は今年6月にリリースされた楽曲だが、先週Kodak Black(コダックブラック)を客演に迎えたリミックスバージョンも公開したことでその人気が後押しされ、今回遂にTaylor Swift(テイラー・スウィフト)が先月リリースした新曲“Look What You Made Me Do”を抜き去って首位を獲得。先述の歴史的な快挙達成へと繋がった。

まずはとにかくその楽曲“Bodak Yellow”を下の動画プレイヤーからチェックしてみよう。併せて「フジロック‘17」にも出演して会場を大いに盛り上げた次世代歌姫Maggie Rogers(マギー・ロジャース)の新曲“Split Stones”もこちらより。

コダックのインスタントカメラ『PRINTOMATIC』。ちょっとデジタル&洗練されたデザインが注目! – DIGIMONO!

凹凸の少ないミニマルデザイン。どこかアップル製品にも通じるものが……?

最近ではインスタントカメラと言われたら富士フィルムの『チェキ』を思い浮かべる人が多いかと思いますが、フィルムカメラの始祖ことコダックも負けてはいません。同社は撮影した画像をすぐにプリントできるインスタントカメラ『PRINTOMATIC』を発表しました。価格は69.99ドル(約7800円)。本体色はイエローとグレーの2色が用意されます。海外では2017年9月末の発売予定とのこと。

パシャッと撮って、そのままプリント

インスタントカメラを使ったことがある方ならおなじみですが、『PRINTOMATIC』でも撮影方法は従来のインスタントカメラと基本的に同じ。1000万画素のカメラで撮影した写真が、そのままカラーや白黒でプリントアウトされます。撮影した画像が一度デジタルデータで保存されるのが従来のインスタントカメラと異なる部分ですね。ちなみにデータはmicroSDカードへと保存されますよ。

『PRINTOMATIC』ではプリント中であっても次の写真をすぐに撮影可能。写真を撮影してからプリントを待って、撮影して……というインターバルは不要です。また、本体には光センサーが搭載されているので、周囲が暗い場合にはフラッシュが自動で発光します。

印刷は専用のZINK用紙に

プリントにはZINK Zero Ink方式を採用した2×3インチ(約5.1×7.6mm)の「KODAK ZINK」プリント用紙を利用します。用紙は耐水仕様かつ破れにくい素材でできており、耐久性もバッチリだそう。用紙の後ろは粘着シートになっていて、ノートや冷蔵庫などに貼り付けることもできるんだとか。

各社が競い合うように発売しているインスタントカメラ市場にあって、『PRINTOMATIC』はミニマルでスタイリッシュな本体デザインがセールスポイントとなりそうです。カバンにこのインスタントカメラを潜ませてパーティーに参加すれば、周囲の注目を集められるかもしれませんよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『KODAK PRINTOMATIC』製品情報ページ(英語)
『KODAK PRINTOMATIC』プレスリリース(英語)

今誰よりも信頼されているMetro Boomin(メトロ・ブーミン)とは? – Qetic

Future(フューチャー)やDrake(ドレイク)、Migos(ミーゴス)、Big Sean(ビッグ・ショーン)、21 Savage(21サヴェージ)、kanye West(カニエ・ウェスト)、Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)など今を輝くMCたちを次々とプロデュースしているMetro Boomin(メトロ・ブーミン)というプロデューサー。ドレイクやThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)、 Taylor Swift(テイラー・スウィフト)を抜いた?

Future(フューチャー)やDrake(ドレイク)、Migos(ミーゴス)、Big Sean(ビッグ・ショーン)、21 Savage(21サヴェージ)、kanye West(カニエ・ウェスト)、Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)など今を輝くMCたちを次々とプロデュースしているのがMetro Boomin(メトロ・ブーミンというプロデューサー。

Music Business Worldwideによると、今年の第一四半期のアメリカで最も売れた作曲家は、ドレイクやThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)、 Taylor Swift(テイラー・スウィフト)を抜いてメトロ・ブーミンが一位になったとのこと。アメリカで最も一般的であるビルボード ホット 100によると、ミーゴス”Bad and Boujee”, Post Malone(ポスト・マローン) “Congratulations,” Kodak Black(コダック・ブラック)”Tunnel Vision”、ビッグ・ショーン “Bounce Back”など、上半期に5曲のナンバー1ソングをプロデュースしました。

彼が手がけこの時代を代表する曲はすでに何曲もありますが、2017年の初めに大ヒットしたミーゴスによる“Bad and Boujee”は、ミーゴスのoffset(オフセット)が「最近のラッパーはみんなミーゴスのようにラップする」とVLAD TVで述べているように、今のラップシーンに大きな影響を与えています。

Migos – Bad and Boujee ft Lil Uzi Vert [Official Video]

ヒップホップにおけるプロデューサーの特徴は?

メトロ・ブーミンに限らず、ヒップホップ系のプロデューサーは曲のどこかで聴いた瞬間にその人の曲だとすぐにわかるプロデューサー独自のフレーズを盛り込んでいることが多く、メトロ・ブーミンの場合それは「If Young Metro don’t trust you I’m gon’ shoot ya」(メトロがお前を信じないなら撃っちまうぜ)というフレーズ。

そしてもう一つが「Metro Boomin want some more n–!」(メトロはもっと欲しがってるぜ!)というフレーズ。このどちらかを聴いたらメトロ・ブーミンの曲です。上記の“Bad and Boujee”ではイントロに「If Young Metro don’t trust you I’m gon’ shoot ya」のフレーズが聞こえます。「あ、このプロデューサーなのか!」と分かるようになれば、ヒップホップをより一層楽しむことができますね。

カニエ・ウェストやトラヴィス・スコット、 D.R.A.M.(ドラム)などとコラボしているCharlie Heat(チャーリー・ヒート)の曲では「Good Charlie」というフレーズをイントロ部分で聴くことができます。今年<サマソニ>で来日したケラーニの“Undercover”でチェック!

Kehlani – Undercover [Official Audio]

メトロ・ブーミンの経緯

現在なんと23歳のメトロ・ブーミン。ヒップホップに最も特化しているリリックサイトGeniusを参考に彼の経緯を紐解きます。

レランド・ウェインことメトロ・ブーミン(以下、メトロ)は1993年にミズーリ州のセントルイスに生誕。子供の頃からビートメイキングに強い関心をもっていたそうです。一番最初に使用したのは母親からのギフトであるというFruityloops(フルーティーループス)と呼ばれるDAW。

メトロはラップすることよりも曲作りを好み、後には毎日夜な夜な5つ以上のビートを制作していたそうです。そして、メトロはジョージア州のアトランタに通学するようになった頃からすでに売れていたアトランタのトラップレジェンド・Gucci Mane(グッチ・メイン)と関係を築いていたそう。

高校を卒業すると、若きメトロ(メトロ・ブーミンはYoung Metroとよく称されます)はジョージア週のモアハウス大学に進学、ビジネスマネージメントの学位を志ざしますますが、1学期のみ在学の後に、曲作りのために中退します。メトロはラップにも挑戦し、『19 & Boomin』というミックステープを2013年に発表しますが、より曲作りの方に専念するようになります。

その後、メトロは著名なラッパーやR&Bアーティストらのプロダクションに参加し、その人気をどんどん上昇させていきます。彼の地位を確固たるものにしたのはドレイクとフューチャーのコラボプロジェクト『What A Time To Be Alive』。アーティストとして広く知られるプロデューサーの一人になりました。そしてまだ23歳……。

代表曲は?

先ほど挙げた“Bad and Boujee”や“Jumpman”の他にも代表曲は多数。

21 Savage & Metro Boomin – No Heart (Official Music Video)

21サヴェージはメトロと同じアトランタのラッパー。米ヒップホップ専門誌XXLで2016年の新人(Freshman Class)の一人に選ばれ、現在大活躍中。最新作は『Issa』。21サヴェージとメトロのコラボアルバムもあるので、チェックしよう。

そして、今年最も売れたシングルの一つ、そして今現在最も売れてるラッパーの一人・フューチャーの“Mask Off”。

Future – Mask Off

フューチャーもアトランタ出身のラッパー。ドレイクやマルーン5など、幅広いアーティストらとのコラボレーションなどもしながら活動中。2017年にリリースした『FUTURE』が一位を獲得、その次の週にリリースされた『HNDRXX』(フューチャー・ヘンドリックス)が続いて一位を獲得し、2週連続で異なるアルバムが一位を獲得した初のアーティストになりました。

Kodak Black – Tunnel Vision [Official Music Video]

Big Sean – Bounce Back

Post Malone – Congratulations ft. Quavo

コダック・ブラック、ビッグ・ショーン、ポスト・マローンの3曲はどれも上半期のビルボード ホット 100でナンバー1に輝きました。

今後もヒットを飛ばしていくであろうメトロ・ブーミンを要チェックです!!!

コダック ジャパン アナリティクス対応のクラウドプラットフォーム提供を開始 – プリント&プロモーション

LINEで送る

【2017年7月6日】コダック ジャパンは7月から、日本を含むアジア地域で、アナリティクス対応のクラウドプラットフォーム「KODAK PRINERGY Cloud」の提供を開始する。

イメージ

「PRINERGY Cloud」は、重要な保管データの紛失やセキュリティ対策にかかる費用といった課題に応えるソリューション。デジタルデータを効率的にアーカイブし、ストレスのないアクセス可能にする。

システムは「Microsoft Azure」をプラットフォームとしており、日本を含むアジア内のデータセンターの活用により、クラウドサービスのモニタリングを24時間体制で実施する。
また、生産データをリアルタイムにダッシュボードへ反映し、迅速で的確な生産判断ができる。
さらに生産性レポートシステムやBCP対策に有効なファイルアーカイブ、バックアップシステムを備え、データ消失などの事故を防止する。

日本マイクロソフト 佐藤久執行役員 本部長

「マイクロソフトは、コダック様との協業、ならびにKODAK PRINERGY Cloudの日本を含むアジア地域での提供開始を心より歓迎します。世界中のコダックが活用しているMicrosoft Azure のデータセンターのリストに日本リージョンが加わることで、日本のお客様が日本のみならず、世界レベルでいつでも高速のパフォーマンスを提供できるようになります。 Microsoft Azure のグローバルなクラウド基盤は、コダック様のデジタル基盤の急速な成長を支援し、その先のお客様のデジタルトランスフォーメーションに貢献してまいります」

コダック ジャパン 藤原浩社長

「お客様よりご要望の高かったPRINERGYのクラウドサービスをこのたび日本で開始できるようになったことは大変喜ばしいことです。世界で60,000のライセンスを導入し高い評価を頂戴しているPRINERGYファミリーに新たにクラウドサービスというソリューションが加わったことで、データ紛失やセキュリティ対策の面でお客様にとっての利便性が飛躍的に高まるものと期待しています。PRINERGY Cloudのソリューションをご活用いただければ、経営効率の向上が図れるだけでなく、企業資産保護、BCP対策にも有効であると確信しております」

LINEで送る


コダック ジャパン「KODAK PRINERGY EVO」の最新バージョン「8.1」を発売 ワークフローをより簡単に導入 – プリント&プロモーション

LINEで送る

【2017年7月3日】コダック ジャパンは7月から、「KODAK PRINERGY EVO」の最新バージョン「8.1」を発売する。

「PRINERGY EVO」は、「KODAK PRINERGY」ワークフローシステムのPDF処理技術をベースに、全体の効率化とコスト削減の両立をサポートするワークフローマネジメントシステム。

KODAK PRINERGY EVO 8.1 Laptop_PrinergyEvo8.1

「バージョン8.1」では、日本でも採用の多い「PRINERGY EVO」シリーズからのバージョンアップに対応。ドングルレスライセンスを採用したことで、導入時やアップグレード時の作業時間を短縮でき、更新に関わる工数を大幅に削減する。
「Windows 10 Professional」や「macOS Sierra(10.12) 」を含む幅広いクライアントOSをサポート。最新バージョンのグラフィックファイルも効率的に処理できる。
同社では、PRINERGY EVOの既存ユーザーへのバージョンアップのサポートを充実。最新のクライアントOSへの移行によってセキュリティーの面でのリスク軽減を促すという。

コダック ジャパン藤原浩社長コメント

「世界中のお客様から高い評価を獲得しているPRINERGYをベースにした新しいKODAK PRINERGY EVO8.1は、特に初期導入コストを抑えて最大限のROIを実現したいというお客様に最適なソリューションです。既にPRINERGY EVOをご利用いただいているお客様向けには、ドングルレスライセンスにより、アップグレードが容易になり、お客様の利便性を高めています。さらに拡張されたPRINERGYワークフローシステムの製品ポートフォリオが、生産工程の効率化と生産コストの削減の両立に貢献し、お客様のビジネスのさらなる成長をご支援できるものと確信しております」

LINEで送る


デジタル印刷機「KODAK PROSPER 6000S」を世界初導入 米国Zumbiel Digital社 – プリント&プロモーション

LINEで送る

【2017年6月26日】イーストマン・コダック(コダック)はこのほど、米国ケンタッキー州の「Zumbiel Digital社」に、紙器向けのデジタル印刷機「KODAK PROSPER 6000S」を世界で初めて納入したことを発表した。

今回納入した「KODAK PROSPER 6000S」は片面カラーインクジェット輪転機で、最大印刷速度は毎分200m、B1用紙対応で、最大印刷解像度は600×900dpi。ラベルやカートン、PEコート紙などへの印刷に適している。

KODAK PROSPER 6000S

Zumbiel Digital社は、米国最大級の独立系紙器パッケージ印刷会社の1つ。
食品や飲料、ヘルスケア市場の顧客に幅広いパッケージソリューションを提供している。

Zumbiel Digital社のEd Zumbiel社長

「弊社のお客様が展開されているマーケティングキャンペーンには、大規模なバージョン管理が必要なものがますます増えてきています。ですが、コストの高さと生産性の低さがネックとなって、そこに板紙包装を加えることができずにいました。そのため、市場をリードするブランドに相応しい生産能力と印刷品質を備えたデジタル技術を探す必要がありました。いくつかの技術をテストした後、コダックと提携することに決め、その結果、お客様のニーズに100%お応えできる真のハイブリッドソリューションを創造することができました」

LINEで送る


ジャスティン、リアーナ、ニッキー他とコラボしたDJキャレドの新アルバムがすごい – http://autopro.co.jp/

 DJキャレドが、最新アルバム『グレイトフル』が6月23日にリリース。

人気DJ兼プロデューサー、DJキャレド

 DJキャレドは、自身のレーベル「ウィー・ザ・ベスト(We the Best)」のCEOであり、2003年から10年以上続くマイアミNo.1の人気長寿ラジオ番組のホストとしても活躍する、人気DJ兼プロデューサー。

 そんなDJキャレドが、約1年ぶりとなる最新作『グレイトフル』をリリースした。

画像: 人気DJ兼プロデューサー、DJキャレド

エミネム依頼の快挙を達成したリード曲

 今作のリード曲「アイム・ザ・ワン」は、初登場でいきなり全米/全英の両チャート1位に輝いたもので、不動のポップスター、ジャスティン・ビーバー、ミーゴスのクエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー、リル・ウェインの豪華4名を集結させた強力シングル。

 ヒップホップの楽曲で両チャート初登場1位を獲得したのは、2010年のエミネム「ノット・アフレイド」以来、約7年ぶりの快挙。また、ストリーミング・サービスにおいては配信1ヵ月足らずで1億回以上の再生数を記録するなど圧倒的な勢いでヒットを記録した。

画像: エミネム依頼の快挙を達成したリード曲

豪華すぎるアーティストとのコラボ

 DJキャレドのアルバムは、ラジオホストとして築いた人脈を生かして豪華アーティストが多数参加することで知られるけれど、本作は過去最高とも言えるアーティストが集結。

 ジャスティン・ビーバー、チャンス・ザ・ラッパー、リル・ウェインの他にリアーナ、ジェイ・Z、ビヨンセ、ドレイク、アリシア・キーズ、ニッキー・ミナージュ、カルヴィン・ハリスなど、各シーンを代表する総勢35名の豪華ゲスト陣が参加した超大作となっている。

『グレイトフル』
1. (Intro) I’m so Grateful feat. Sizzla
(イントロ) アイム・ソー・グレイトフル feat. シズラ
2. Shining feat. Beyoncé & JAY Z
シャイニング feat. ビヨンセ & ジェイ・Z
3. Wild Thoughts feat. Rihanna & Bryson Tiller
ワイルド・ソーツ feat. リアーナ & ブライソン・ティラー
4. I’m the One Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper & Lil Wayne
アイム・ザ・ワン feat. ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー & リル・ウェイン
5. On Everything feat. Travis Scott, Rick Ross & Big Sean
オン・エブリシング feat. トラヴィス・スコット、リック・ロス & ビッグ・ショーン
6. It’s Secured feat. Nas & Travis Scott
イッツ・セキュアード feat. ナズ & トラヴィス・スコット
7. Interlude (Hallelujah)
インタールード(ハレルヤ)
8. Nobody feat. Alicia Keys & Nicki Minaj
ノーバディ feat. アリシア・キーズ & ニッキー・ミナージュ
9. I Love You so Much feat. Chance the Rapper
アイ・ラヴ・ユー・ソー・マッチ feat. チャンス・ザ・ラッパー
10. Don’t Quit
ドント・クイット
11. I Can’t Even Lie feat. Future & Nicki Minaj
アイ・キャント・イーブン・ライ feat. フューチャー & ニッキー・ミナージュ
12. Down for Life feat. PARTYNEXTDOOR, Future, Travis Scott, Rick Ross & Kodak Black
ダウン・フォー・ライフ feat. パーティネクストドア、フューチャー、トラヴィス・スコット、リック・ロス & コダック・ブラック
13. Major Bag Alert feat. Migos
メジャー・バッグ・アラート feat. ミーゴス
14. Good Man feat. Pusha T & Jadakiss
グッド・マン feat. プシャ・T & ジェイダキス
15. Billy Ocean feat. Fat Joe & Raekwon
ビリー・オーシャン feat. ファット・ジョー、レイクウォン
16. Pull a Caper feat. Kodak Black, Gucci Mane & Rick Ross
プル・ア・ケイパー feat. コダック・ブラック、グッチ・メイン & リック・ロス
17. That Range Rover Came With Steps feat. Future & Yo Gotti  
ザット・レンジ・ローバー・ケイム・ウィズ・ステップス feat. フューチャー & ヨー・ゴッティ
18. Iced Out My Arms feat. Future, Migos, 21 Savage & T.I.
アイスド・アウト・マイ・アームス feat. フューチャー、ミーゴス、21サヴェージ & T.I.
19. Whatever feat. Future, Young Thug, Rick Ross & 2 Chainz
ホワットゥエバー feat. フューチャー、ヤング・サグ、リック・ロス & 2チェインズ
20. Interlude
インタールード
21. Unchanging Love
アンチェインジング・ラヴ
22. Asahd Talk (Thank You Asahd)
アサド・トーク (サンキュー・アサド)