ステーショナリーブランド・STAEDTLERと共同企画おしゃれな鉛筆型Sペンで、創造性豊かな「書(か)く・描(えが)く」を実現「STAEDTLER Noris digital」、国内発売決定! – 時事通信

[サムスン電子ジャパン株式会社]

~ 12月20日より、Galaxy Brand Storeで販売開始 ~

モバイル製品の世界的リーディングブランドであるGalaxyは、約0.7mmのペン先で、普段のメモから精度の高いアートまであらゆるシーンを精密に表現できるSペンを、ステーショナリーブランド・STAEDTLERと共同企画した「STAEDTLER Noris digital」の国内発売を決定しました。本製品は、総合オンラインストア・Amazon.co.jp内の“Galaxy Brand Store”で、2017年12月20日より販売を開始します。

本物のペンのようなスムーズな書き心地により、デジタル上で幅広い用途に活用できるSペンが、アナログの鉛筆デザインと融合したことにより、さらに持ちやすく、創造性豊かな「書く」「描く」を表現します。本製品は、シリーズ史上最大となる約6.3インチのディスプレイに、Sペンが内蔵された最新スマートフォン「Galaxy Note8」や、薄型ボディでありながら充実の機能を搭載し、仕事の生産性とパフォーマンスを上げることが可能な最新の2in1タブレット「Galaxy Book」などに対応しています。 

「STAEDTLER Noris digital」の特長は、以下のとおりです。

■微細なペン先で、本物のペンのような自然な書き心地
Sペンは通常のボールペン同水準の微細化した約0.7mmのペン先で、4,096段階の筆圧を感知して「書く」「描く」機能がさらに進化。ペン先のタッチをより正確に反映することを可能にし、普段のメモから精度の高いアートまで、本物のペンのような書き心地で表現できます。

■バッテリー要らずで、いつでもどこでも使用できる高いユーザビリティ
ペン自体にバッテリーを搭載していないため充電不要で、外出先でもバッテリー切れを心配することなく使用可能です。アイデアをメモしたり、写真にスケッチしたり、またディスプレイ上の書類に署名ができるなど、デザイナーからビジネスマンまで、場所を選ばず様々なシーンでご活用いただける画期的なデバイスです。

<主な仕様>

■製品販売について
Galaxy Brand Store  https://www.amazon.co.jp/by_galaxy (Amazon.co.jp内/12月20日より販売)

【対応製品情報(参考)】
<対応製品:「Galaxy Note8」>
Galaxy Noteシリーズ史上最大となる約6.3インチの画面サイズでありながら、フレームを極限までそぎ落としたデザインにより持ちやすさも実現した「Galaxy Note8」。内蔵されたSペンは、手書きスタンプ作成やメモ、翻訳など幅広い用途に活用できるほか、メインカメラには、望遠と広角の2つのカメラを搭載した、Galaxy史上初のデュアルカメラを採用。どちらのカメラも光学手ブレ補正機能を備えているため、ズームしてもブレが少なく美しい写真を撮影することが可能で、誰でも簡単にプロのような写真撮影を実現します。

<対応製品:「Galaxy Book」>
Galaxy Bookは、スリムでスタイリッシュ、かつコンパクトなデザインのため、いつでもどこでもビジネスライフをサポートします。Galaxyでは国内初となるWindows OS搭載モデルで、Sペンでディスプレイ上に直接メモやイラストを描くことが可能なほか、長いWord文章の入力、細かな表計算シートでの作業、PowerPointでのプレゼンテーション資料作成の際は、タッチスクリーンから、素早く簡単にタイピングへスイッチすることが可能です。

■製品詳細について
 「STAEDTLER Noris digital」の詳細は、下記URLをご参照ください。
 http://www.galaxymobile.jp/galaxy-note8/accessories/

●「Galaxy」はSamsung Electronics Co., Ltdの商標または登録商標です。
●その他、記載されている会社名、商品名、サービス名称等は、各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ (2017/12/13-15:01)

サムスン、スマホ向けに512GバイトのフラッシュMCP :日本経済新聞 – 日本経済新聞

日経テクノロジーオンライン

 韓国Samsung Electronics(サムスン電子)は、512GバイトのeUFS(embedded Universal Flash Storage)の量産を開始した。スマートフォン(スマホ)のようなモバイル機器に向ける。

韓国Samsung Electronicsの512GバイトeUFS

韓国Samsung Electronicsの512GバイトeUFS

 発表されたeUFSは、同社の64層V-NANDフラッシュ・メモリー・ダイとNANDコントローラーダイを1つのパーケージに収めたもの。同社が従来提供してきた256GバイトのeUFSは、48層のV-NANDダイを使っていた。今回の64層V-NANDダイの容量は512Gビットで、これを8つと、NANDコントローラーダイをパッケージ内で積層している。同社によれば、パッケージサイズは従来の256GバイトのeUFSと同じである。

 Samsungは今回の製品化にあたり、512GビットV-NANDの回路にあわせて新しいパワーマネジメント回路を開発し、コントローラーダイに集積した。また、今回のコントローラーダイにより、論理ブロックアドレスと物理ブロックアドレスのマッピング性能を高めたとしている。シーケンシャルアクセスの場合、読み出し速度は860Mバイト/秒、書き込み速度は255Mバイト/秒。ランダムアクセスの場合、読み出し速度は4万2000IOPS、書き込み速度は4万IOPSとする。

 新製品の512GバイトeUFSの出荷時期及び価格などは未公表。

(ライター 大原雄介)

[日経テクノロジーオンライン 2017年12月12日掲載]

サムスン、スマホ向けに512GバイトのフラッシュMCP – 日本経済新聞

日経テクノロジーオンライン

 韓国Samsung Electronics(サムスン電子)は、512GバイトのeUFS(embedded Universal Flash Storage)の量産を開始した。スマートフォン(スマホ)のようなモバイル機器に向ける。

韓国Samsung Electronicsの512GバイトeUFS

韓国Samsung Electronicsの512GバイトeUFS

 発表されたeUFSは、同社の64層V-NANDフラッシュ・メモリー・ダイとNANDコントローラーダイを1つのパーケージに収めたもの。同社が従来提供してきた256GバイトのeUFSは、48層のV-NANDダイを使っていた。今回の64層V-NANDダイの容量は512Gビットで、これを8つと、NANDコントローラーダイをパッケージ内で積層している。同社によれば、パッケージサイズは従来の256GバイトのeUFSと同じである。

 Samsungは今回の製品化にあたり、512GビットV-NANDの回路にあわせて新しいパワーマネジメント回路を開発し、コントローラーダイに集積した。また、今回のコントローラーダイにより、論理ブロックアドレスと物理ブロックアドレスのマッピング性能を高めたとしている。シーケンシャルアクセスの場合、読み出し速度は860Mバイト/秒、書き込み速度は255Mバイト/秒。ランダムアクセスの場合、読み出し速度は4万2000IOPS、書き込み速度は4万IOPSとする。

 新製品の512GバイトeUFSの出荷時期及び価格などは未公表。

(ライター 大原雄介)

[日経テクノロジーオンライン 2017年12月12日掲載]

感謝の意を込めた“Galaxy2017年大感謝祭”|サムスン電子ジャパン … – PR TIMES (プレスリリース)

モバイル製品の世界的リーディングブランドであるGalaxyは、フレームを極限までそぎ落とした
Infinity Displayを採用し、大画面でありながらスリムで持ちやすい形状を実現した「Galaxy S8」を
2017年6月より株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)、およびKDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社
(以下 au)向けに納入しています。

発売日以降、全国のドコモショップおよびauショップ、家電量販店等にて多くのお客様に手に取っていただき、

大変好評をいただいております。そこで2017年も、Galaxyをご愛顧いただいた皆さまに感謝の意を込めまして、 12月31日(日)の期間に「Galaxy S8」をご購入いただいた上、キャンペーンサイトにご応募いただきましたお客さまに、GalaxyオリジナルデザインのQUOカード5,000円分をプレゼントする期間限定キャンペーン“Galaxy 2017年大感謝祭”を開始いたしました。

“Galaxy2017年大感謝祭”のキャンペーン詳細は、次のとおりです。
<キャンペーン実施概要>
■「Galaxy S8」購入期間 :
2017年12月1日(金)~12月31日(日) 31日間
■キャンペーン応募期間 :
2017年12月1日(金)~2018年1月5日(金)
■キャンペーン対象製品 : 「Galaxy S8」
■プレゼント : GalaxyオリジナルデザインQUOカード5,000円分 ※景品は2月上旬より順次発送予定です。

■キャンペーン応募方法 :

1.対象期間中、店頭またはオンラインショップ等で、「Galaxy S8」をご購入

※ドコモ : 機種変更/新規ご契約(MNP除く)でご購入の方が対象です。

※ au   : 機種変更/新規ご契約(MNP除く)でご購入の方が対象です。

2.応募期間中、お客さま情報をキャンペーンサイトより入力

※IMEI情報や電話番号など必須項目にお答えいただく必要がございます。

3.応募完了メールを受け取る

※「info@galaxy-thankyou.jp」からのメールを受け取れるように事前にご設定下さい。

※メールが受信できなかった場合でも応募完了画面をもって応募完了とさせていただきます。

■キャンペーンの詳細・応募サイト : http://www.galaxymobile.jp/thankyou2017/

※キャンペーンのご応募には、申し込みに必要な項目を入力して頂く必要があります。

詳しくはキャンペーンお申し込みページにてご確認下さい。

※キャンペーンのお申し込みの応募フォームにご入力の情報が不十分または正確でない場合は、

キャンペーンプレゼントの対象外となる場合がございます。

<対象製品:「Galaxy S8」>

“スマホの新しいカタチ。「Infinity Display」”
フレームを極限までそぎ落としたデザインを採用し、約5.8インチの画面サイズでありながら、
持ちやすさも実現したスマートフォン「Galaxy S8」。
縦長ディスプレイで、1画面により多くの情報が表示できるようになり、
ブラウザやSNS閲覧時のスクロールする回数を軽減。動画を視聴しながらチャット画面等で文字入力が可能になるなど、マルチウィンドウも進化し、さまざまな使い方が可能となりました。
また、暗い場所でも明るく素早く撮れるデジタル一眼レフカメラ技術搭載で、 
約800万画素のインカメラには、Galaxyで初めてオートフォーカス機能が搭載されました。
さらに、スマートフォンをより便利に使うための新しいインターフェース「Bixby(ビクスビー)」搭載で、
守る、撮る、予測する。あらゆる情報と行動を読み取る次世代スマートフォンです。

※期間中にキャンペーンサイトからの登録が必要になります。

※1回線につき1回限りの適用となります。

※別途契約にかかる費用は店頭にてご確認下さい。

※本キャンペーンはGalaxy S8のすべてのカラーバリエーションが対象です。

※購入対象期間中にご契約回線の開通が必要です。

※各種適用には条件があります。

※Galaxy S8+は本キャンペーンの対象外です。

※画像はイメージです。

※予告なく変更・終了となることがあります。

※「Galaxy」はSamsung Electronics Co., Ltdの商標または登録商標です。

※本文中に記載されている会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

走行列車での5Gハンドオーバーに成功 – EE Times Japan


埼玉県内の約1.5km線路区間で、最大1.7Gbps通信

 Samsung Electronics(サムスン電子)とKDDIは2017年12月1日、時速約100kmで走行する列車での第5世代移動通信(5G)システムのハンドオーバー実験に成功したと発表した。走行列車での5G通信サービスを用いたハンドオーバー実験の成功は「世界初」(Samsung)としている。

 両社の実証実験は2017年10月17〜19日の日程で、埼玉県内の約1.5kmの線路区間で実施された。実験には、Samsung製の5G端末、5G基地局、仮想化RAN(Radio Access Network)、仮想化Coreを使用。5G端末は列車内に設置し、8K解像度のUHDビデオのダウンロードを行った他、列車に設置したカメラの映像(4K解像度のUHDビデオ)のアップロードも実施した。その結果、下りおよび、上りデータ通信中のハンドオーバーに成功し、最大通信速度1.7Gビット/秒(bps)を達成したとする。

実証実験のイメージ実証実験のイメージ 出典:Samsung Electronics

 Samsungは、「超高速、低遅延、大規模な接続といった特長を有する5Gを用いて、走行列車におけるさまざまな鉄道サービスへの適用可能性を確認した世界で初めての実験」と今回の実証実験の成果を位置付けている。

 SamsungとKDDIの両社は2015年から継続的に、5Gの実証を共同で実施。2017年2月には、東京都内の高速道路で走行する車両に搭載した端末を使用し、複数基地局間のハンドオーバー実験を実施。2017年9月にも、韓国・龍仁(ヨンイン)市の「Eveland SPEED WAY」で時速200km以上で走行する車両に設置した端末を使用した高速移動実験を行い、いずれも成功している。

5G(第5世代移動通信)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

感謝の意を込めた“Galaxy2017年大感謝祭”実施決定 対象期間中に「Galaxy S8」購入&応募でGalaxyオリジナルQUOカード5000円分プレゼント – PR TIMES (プレスリリース)

モバイル製品の世界的リーディングブランドであるGalaxyは、フレームを極限までそぎ落としたInfinity Displayを採用し、大画面でありながらスリムで持ちやすい形状を実現した「Galaxy S8」を2017年6月より株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)、およびKDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社(以下 au)向けに納入しています。発売日以降、全国のドコモショップおよびauショップ、家電量販店等にて多くのお客様に手に取っていただき、大変好評をいただいております。そこで2017年も、Galaxyをご愛顧いただいた皆さまに感謝の意を込めまして、 2017年12月1日(金)から12月31日(日)の期間に「Galaxy S8」をご購入いただいた上、キャンペーンサイトにご応募いただきましたお客さまに、GalaxyオリジナルデザインのQUOカード5,000円分をプレゼントする期間限定キャンペーン“Galaxy 2017年大感謝祭”を実施いたします。

 

※画像はイメージです

“Galaxy2017年大感謝祭”のキャンペーン詳細は、次のとおりです。

<キャンペーン実施概要>

■「Galaxy S8」購入期間 : 2017年12月1日(金)~12月31日(日) 31日間

■キャンペーン応募期間 : 2017年12月1日(金)~2018年1月5日(金)

■キャンペーン対象製品 : 「Galaxy S8」 ※対象条件はキャリアによって異なります。

■プレゼント : GalaxyオリジナルデザインQUOカード5,000円分 ※景品は2月上旬より順次発送予定です。

■キャンペーン応募方法 :

1.対象期間中、店頭またはオンラインショップ等で、「Galaxy S8」をご購入

  ※ドコモ : すべての購入者の方が対象です。

  ※ au   : 機種変更/新規ご契約(MNP除く)でご購入の方が対象です。

2.応募期間中、お客さま情報をキャンペーンサイトより入力

  ※IMEI情報や電話番号など必須項目にお答えいただく必要がございます。

3.応募完了メールを受け取る

  ※「info@galaxy-thankyou.jp」からのメールを受け取れるように事前にご設定下さい。

  ※メールが受信できなかった場合でも応募完了画面をもって応募完了とさせていただきます。

■キャンペーンの詳細・応募サイト : http://www.galaxymobile.jp/thankyou2017/

  ※キャンペーンのご応募には、申し込みに必要な項目を入力して頂く必要があります。

   詳しくはキャンペーンお申し込みページにてご確認下さい。

  ※キャンペーンのお申し込みの応募フォームにご入力の情報が不十分または正確でない場合は、

   キャンペーンプレゼントの対象外となる場合がございます。

<対象製品:「Galaxy S8」>

“スマホの新しいカタチ。「Infinity Display」”

 

フレームを極限までそぎ落としたデザインを採用し、約5.8インチの画面サイズでありながら、持ちやすさも実現したスマートフォン「Galaxy S8」。縦長ディスプレイで、1画面により多くの情報が表示できるようになり、ブラウザやSNS閲覧時のスクロールする回数を軽減。動画を視聴しながらチャット画面等で文字入力が可能になるなど、マルチウィンドウも進化し、さまざまな使い方が可能となりました。また、暗い場所でも明るく素早く撮れるデジタル一眼レフカメラ技術搭載で、 約800万画素のインカメラには、Galaxyで初めてオートフォーカス機能が搭載されました。さらに、スマートフォンをより便利に使うための新しいインターフェース「Bixby(ビクスビー)」搭載で、守る、撮る、予測する。あらゆる情報と行動を読み取る次世代スマートフォンです。

 

<製品画像 : 「Galaxy S8」>

<オーキッド グレー>

 

<ミッドナイト ブラック>

 

<コーラル ブルー>

画像素材について

製品画像は、https://goo.gl/TiKFiaよりダウンロード可能です。

※期間中にキャンペーンサイトからの登録が必要になります。

※1回線につき1回限りの適用となります。

※別途契約にかかる費用は店頭にてご確認下さい。

※本キャンペーンはGalaxy S8のすべてのカラーバリエーションが対象です。

※購入対象期間中にご契約回線の開通が必要です。

※各種適用には条件があります。

※Galaxy S8+は本キャンペーンの対象外です。

※画像はイメージです。

※予告なく変更・終了となることがあります。

※「Galaxy」はSamsung Electronics Co., Ltdの商標または登録商標です。

※本文中に記載されている会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

 

2017年半導体売上高1位はSamsung ―― IC Insights予測 – EE Times Japan


2017年半導体メーカー売上高ランキング予測

 米調査会社のIC Insightsは2017年11月、2017年の半導体メーカー売上高ランキング予測の11月版を発表し、2017年の半導体売上高ランキング首位は、Samsung Electronics(サムスン電子)になるとの見通しを明らかにした。

 IC Insightsによると、半導体メーカーの年間売上高ランキング首位は、1993年にNECを抜いて首位となったIntel(インテル)が守り続けてきており、1993年以来の首位交代となる。Samsungが同ランキング首位になるのは初めて。

 1993年当時、Samsungの世界半導体市場におけるシェアは3.8%だったが、2006年に7.3%、2016年に12.1%と拡大し、2017年は15.0%に達する見込み。一方のIntelのシェアは、1993年の9.2%から拡大させ、2016年には15.6%に達したものの、2017年は13.9%に減少し、シェア2位となる。

 IC Insightsは、Samsungが2017年に売上高、シェアを急速に拡大させた理由として、DRAM、NAND型フラッシュメモリの販売価格上昇を挙げている。


半導体メーカー別売上高ランキングの推移。2017年は予測 (クリックで拡大) 出典:IC Insights

 売上高ランキングの3位以下を見ても、メモリメーカーの躍進が目立つ。2016年5位だったSK Hynix(ハイニックス)が3位に、2016年6位だったMicron(マイクロン)が4位に、それぞれ上昇する見込み。ただ、NANDフラッシュを主力とする東芝については、売上高、シェアともに2016年から伸ばしたものの、順位は8位で変わらず。

 また、2016年3位のQualcomm(クアルコム)は売上高こそ伸ばしたもののシェアは低下し、2016年4位だったBroadcom(ブロードコム)にも交わされ、6位になる。

 NVIDIA(エヌビディア)が9位でトップ10入りを果たし、逆にNVIDIAと同じファブレスメーカーのMediaTek(メディアテック)がトップ10から外れる見通しだ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

AIチャットボット技術を開発する韓国スタートアップFluenty、サムスン電子が買収 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

ホーム >
AIチャットボット技術を開発する韓国スタートアップFluenty、サムスン電子が買収

Image credit: Fluenty

対話型人工知能(AI)を開発する韓国スタートアップ Fluenty(플런티)は28日、そのコア技術と人材がサムスン電子に買収された。サムスン電子が韓国国内スタートアップを買収したのは、今回が初めての事例。買収金額は非公開。また Fluenty は、今回の買収を受けてフルタイム従業員全員が、サムスン電子に移籍するとを発表した。

2015年に設立された Fluenty は、インタラクティブ AI チャットボットを誰でも簡単に作成できるボットビルダー「Fluenty.ai」を韓国で初めて発売、Fluenty アプリにより「Smart Reply」機能を持ったメッセンジャーとして商用化した。

また、Fluenty は2015年の beGLOBAL Seoul スタートアップバトルのトップ20 に選ばれ、日本の B Dash Camp Award、同じく日本の Global Brain Booth Award を受賞している。

その後、テクノロジー特化スタートアップアクセラレータの FuturePlay(퓨처플레이)からシード資金を調達、日本のグローバル・ブレインと韓国財閥コーロン・グループ(코오롱 그룹)のベンチャーキャピタル Innobase(이노베이스)からフォローオンで資金を調達。2016年にはサムスン電子無線事業部のスタートアップ支援プログラム「Creative Square(크리에이티브 스퀘어)」に選ばれた。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

———-[AD]———-

サムスン電子がiPhoneなどのiOS向け健康管理アプリ「Samsung Health」を提供開始!Galaxyアカウントでデータ同期も可能なものの、連携できるアプリや機器は … – S-MAX

健康管理アプリ「Samsung Health」のiOSアプリがリリース!


Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が健康管理サービス「Samsung Health(旧、S Health)」のiOS向けアプリをリリースしています。どうやら10月頃に配信開始されていたようで、すでにバージョン1.2.1となっており、利用料は無料です。

iOS 9.0以降で利用可能ですが、iPhone Xの解像度には対応していません。iOS搭載機種では基本的に標準のモーショントラッキングのフロントエンドアプリとして使えるほか、スマートウォッチ「Gear Fit2 Pro」や「Gear Sports」、スマート体重計「Mi Smart Scale」などと連携も可能となっています。

サムスンとソフトバンク、自動運転向けレーダー技術開発のイスラエル … – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

ホーム >
サムスンとソフトバンク、自動運転向けレーダー技術開発のイスラエルInnoviz Technologiesに出資——シリーズB調達額は7,300万米ドルに

innoviz-executive-team-1
Innoviz 経営陣

自動運転車用ソリッドステート型 LiDAR(Light Detection and Ranging)技術を開発する Innoviz Technologies が、これまでに発表されていたシリーズ B ラウンドの投資額を7,300万米ドルに拡大した。

イスラエルに拠点を置く同社は9月、Delphi Automotive、Magna International、Naver を含む著名な投資家各社による6,500万米ドルの資金調達を発表している。今回彼らはさらに2つのビッグネームを出資者リストに加え、800万米ドルが資金調達額に追加された。Samsung Electronics のアーリーステージ向け VC ファンド Samsung Catalyst と、SoftBank の韓国における持ち株会社系列の SoftBank Ventures Korea がその2社である。

現在 Innoviz は2つの LiDAR 製品の開発を行っている。高度な自動運転を可能にするオートモーティブ・グレードデバイスの InnovizOne は2019年、InnovizPro は自動運転車を開発中の会社向けに2018年初旬発売予定である。

innovizone
InnovizOne

LiDAR 技術はレーザー光を用いて周辺環境を測定するもので、自動運転車が走行速度を自動調節して混雑した道路を安全に横断するために不可欠である。

SoftBank Ventures Korea のマネージングディレクター兼パートナーである JP Lee 氏は次のように述べた。

Innoviz は、革新技術を用いて世界を変えるという当社の情熱を共有してくれます。

LiDAR は自動運転車が周辺環境を検知する上で極めて重要な技術であり、Innoviz は強い信頼性を持った LiDAR を一般市場に売り出すことにおいて、他の LiDAR 開発者よりはるかに前進していることを証明しています。

2016年設立の Innoviz Technologies は現在合計で8,200万米ドルの資金を調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

———-[AD]———-