赤い帽子、カツラ、社員寮暮らし……再上場のシャープ・戴社長がいろいろすごい – ニコニコニュース

 12月7日、東証一部に再上場をはたしたシャープ。記者会見に戴正呉社長(66)以下、幹部たちは胸に赤いバラを挿し、頭には「SHARP 8K」と記された真っ赤な帽子といういでたちで現れた。

 再上場会見で、12月に日本で発売した8Kテレビを印象づける戴社長の姿は、洗練されたプレゼンを好む昨今の経営者とは対照的だった。


 シャープを買収した鴻海精密工業の大番頭だった戴氏が新社長として来日したのが昨年8月。産業革新機構を推す経産省と鋭く対立した末の買収に、シャープの将来を危ぶむ声が消えることはなかった。


 着任すると戴氏は、構造改革に取り組み、経費の削減にも大ナタを振るった。自らもシャープから役員報酬を受け取らず、社員寮で暮らした。若手社員の中には社長が社員寮にいることを知らない者もいたほどだったという。「ぜいたくには興味がない」と語る戴氏は着任早々から社員とワゴン車に相乗りして客回りに奔走した。


「まるで、高度経済成長期の日本の経営者。格好つけず駆けずりまわる。台湾では、髪は若さの象徴のため、戴氏は公の場ではカツラをつけていますが、取引先幹部が面談していた際には、外して出迎え、先方は驚いていました。社員の間では、『お金はあるのだから、もっといいカツラを買えばいいのに』とネタにされています」(シャープ関係者)


「中期経営計画は必ず達成する」と繰り返し強調してきた戴氏。目標は2019年度に売上高3兆2500億円、営業利益1500億円の達成だ。そのための戦略分野がAI&IoTと8K。真紅の帽子はその象徴だったのだ。


 社長を退任するつもりだったという戴氏だが、周囲の反対で2019年度まで経営陣にとどまることを表明した。


「日経新聞電子版が報じたように、V字回復したシャープのテレビの6割を鴻海が買っていた。親会社鴻海に対し防波堤になってくれる戴氏の存在は大きい」(同前)


 会見最後に会場で流れた歌に戴氏はこう言った。


「みなさん聴いてください。この歌は『You Raise Me Up』です」


 苦しい時、君が来て、一緒に座ってくれる。私を立ち上がらせてくれる。


 戴氏が覗かせた自負だった。

(森岡 英樹)

世界初の8Kテレビを発売 ©共同通信社

シャープ、全社員に「3万円」 戴社長「感謝のしるし」 – 朝日新聞

 シャープは14日、戴正呉(たいせいご)社長名で国内で働く全社員に「3万円」を配った。現金2万円と、自社のインターネット通販サイトで使えるクーポン券1万円分。東京証券取引所1部に復帰したことに対する「感謝のしるし」という。業績改善を受けて3月末に支給した前回の10倍に増えた。

 戴社長のメッセージが書かれた封筒に入れられ、手渡しされた。対象の社員は約2万人。支給総額は約6億円となる。3月末の支給では、現金のみ3千円が手渡されていた。

 シャープは、昨年8月から台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入り再建を進めている。10月に発表した2017年9月中間決算は、純損益が中間期として3年ぶりに黒字となるなど順調な回復ぶりを見せつけた。7日には1年4カ月ぶりに東証2部から1部へ復帰した。(岩沢志気)

SHARP、新サービスを発表 「ロボホンに鼻歌聞かせると曲名当てます」 – ハフィントンポスト

ロボホンに鼻歌聞かせると曲名当てます 新サービス開始

 シャープは14日、ロボット型携帯電話「ロボホン」で新たなサービスを始めると発表した。楽曲の歌詞を読み上げたり、メロディーを聴かせると曲名を知らせてくれたりするもので、20日から始める。ロボホンがあれば自動的に機能が追加され、特別な費用もかからない。

 歌詞データの配信会社シンクパワー(東京)と組んで開発した。ロボホンに内蔵されている音楽再生アプリで新たに備わった「歌詞先読み」機能を使うと、再生された音楽の歌詞を実際の歌唱よりも少し早く読み上げてくれる。例えば、小学校などの教育現場で、先生が歌詞を児童に教えるようなイメージだ。

 さらに、曲名などがわからないときにロボホンにメロディーを口ずさむと、曲名や歌手も教えてくれる。鼻歌でも認識してもらえるという。(岩沢志気)

(朝日新聞デジタル 2017年12月14日 15時39分)

関連ニュース


(朝日新聞社提供)

三菱ケミカルが新チームで挑む「脱・茹でガエル」作戦 – Forbes JAPAN

2017年4月、三菱ケミカルに新しいチームが発足した。そのメンバー、全員、化学以外。異色のチームは、これから何をなすのか。


茹でガエルになりかけている社員を目覚めさせるのは、それほど難しいことじゃない。ビーカーの中に、蛇を放てばいい─。

現会長の小林喜光からそう勅命を受けた越智仁は、2015年4月、社長に就任するや否や、行動を始めた。日本最大にして世界有数の化学メーカー。グループ企業約730社、従業員約6万9000人、売上高およそ3兆8000億円になる三菱ケミカルホールディングス(三菱ケミカルHD)が、巨大なビーカーの中で「茹でガエル」になりかけているとすれば、このビーカーから社員を四方八方に飛び出させるほどの「大蛇」はどこにいるのか、それを探す旅を、始めたのだった。

2年後の今年4月、三菱ケミカルHDに、一人の役員が加わった。ラリー・マイクスナーCIO(チーフ・イノベーション・オフィサー)兼CTO。それは小柄な越智がアメリカから連れてきた、2mもあろうかというほど長身の、グレーの目をした参謀だった。マイクスナーが率いる「先端技術・事業開発室」は、三菱ケミカルHDに、“イノベーションを起こす”目的のために、社長直轄で新設された組織だった。

同チームには、さらに外部から3人の参謀が加わった。全員、越智が直接会い、口説き落とした。元日本アイ・ビー・エムの基礎研究所所長で、日本の情報処理研究の第一人者とも言われる岩野和生がCDO(チーフ・デジタル・オフィサー)、政府系ファンドの産業革新機構で、先端技術ベンチャー企業への支援と協業を担当してきた市川奈緒子がCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)、キヤノンで医療用イメージング推進プロジェクトのチーフだった森崇が、新たなヘルスケア事業の創出を所管する執行役員に就いた。

マイクスナーの前職は、米国ワシントン州にあるシャープの研究開発部門Sharp Labs of America社のトップだという。少し気になり、越智に聞いた。「先端技術・事業開発室」は、化学メーカーのイノベーション推進部門でありながら、化学業界出身者が一人もいないのは、なぜか、と。
「今、誰もが世界が変わっていることを感じているでしょう。ITからIoTの時代になり、新しいテクノロジーが次々に世の中に入ってきて、人々の生活のあり方が、毎年、変容している。しかし一方、われわれの産業におけるR&D(研究開発)、生産、販売の変化のスピードは、これとは全くレベルが違う。この事業のあり方を今、ガラッと変えなくては、勝てない。それは、化学産業の中で育ってきた人間だけでは、無理なんですよ」と越智は言い切った。

事業のあり方の変容について一例を挙げると、近年、同社が推進してきた、ビジネスの垂直連携である、最終メーカーとのインテグレーションがある。

トヨタ自動車は今年2月、「プリウスPHV」のバックドアの構造部材に、同社の「炭素繊維強化プラスチック」(CFRP)を採用した。トヨタが量産車にCFRPを採用したのは初めてのことだ。自動車メーカーとの協業範囲は、ガラス繊維複合材、植物由来プラスチックなど幅広い。同社は今後、こうした協業を増やし、昨年度の自動車関連売り上げ3000億円を、20年度までに4200億円にする計画だ。

「素材メーカーはひたすら、高機能の“新しい”素材を開発する。次にその素材を“安く”する。生活消費財などのメーカーがそれらの素材を使って独自に商品開発する。そんなのんびりしたプロセスが通用する時代はとうに終わった」と越智は主張する。いかにユーザーに新しい価値を提供するのかが問われる時代に、プロダクトアウトだけで生き残れるほど甘くはないという。

新チームの4人は、各々に動き始めた。岩野は外部から10人ほどのデータサイエンス等のスペシャリストを採用してチームを編成。国内の事業所や研究所を自分の足で回り、経営資源の棚卸をするとともに、4つのステップで70項目に及ぶTo Doリストを作成しているという。


LED照明、自動設備を導入した完全人工光型植物工場がオープン。

越智からマイクスナーが求められているのは、三菱ケミカルHDのイノベーションカルチャーを変えること。意地悪い言い方をすれば、財閥系の、古い産業の、巨大企業という、日本の大企業病の三大要因をすべて抱えたような会社に、新時代のイノベーションカルチャーを生み出すことが、本当にできるのか。

東証一部復帰で勇退検討も道半ば、シャープ 戴社長続投で目指す「飛躍 … – マイナビニュース

シャープ 代表取締役社長 戴 正呉氏

シャープは12月7日、東京証券取引所 市場第一部銘柄に指定され、同社 代表取締役社長の戴 正呉氏が就任以来、トッププライオリティに掲げていた「一部復帰」を果たした。

同社は6月30日に一部復帰の申請を行なっており、「東証一部から二部に指定替えとなった企業が、再び一部へ復帰したケースは過去数10年間で1件のみ。加えて、指定替え後、わずか1年4カ月でのスピード復帰は、過去に前例がない」(戴氏)という、異例ともいえる短期間での一部復帰を果たした。

シャープは、2015年度通期連結業績で430億円の債務超過に陥り、2016年8月に一部から二部へと指定替えになっていたが、鴻海傘下に入ることで再建を進めてきた。戴氏にとって、最初の通信簿となった2016年度決算では、売上高は前年比16.7%減の2兆506億円にとどまったが、営業利益は前年同期の1619億円の赤字から624億円の黒字に転換し、経常利益も前年同期の1924億円の赤字から250億円の黒字となった。

当期純損失こそマイナス248億円の赤字だったものの、2016年度下期だけで見れば、当期純利益は205億円の下期最終黒字化を達成し、黒字転換を確実なものにしていた。2017年度上期の連結業績も、売上高は前年同期比21.3%増の1兆1151億円、営業利益は前年同期の7900万円の赤字から405億円の黒字に転換を達成した。

特に第2四半期の最終利益は上期予想を大幅に上回り、リーマンショック以前の水準にまで回復したほどだった。自己資本比率も、2017年6月末時点の17.5%から、9月末時点では18.2%に上昇している。

同時に、2017年度通期業績見通しも上方修正を発表。売上高は据え置いて前年比22.4%増の2兆5100億円としたものの、営業利益は30億円増となる前年比48.9%増の930億円、経常利益は80億円増となる247.0%増の870億円、当期純利益は100億円増とし、前年の248億円の赤字から690億円への黒字転換を目指している。

債務超過という痛んだ財務体質を改善し、業績回復を達成した。戴氏の経営手腕は大いに評価されるものだといっていいだろう。

一部復帰で退任の腹積もりも留任、後継者には一部権限を委譲

もちろん、財務体質の改善だけでは「復活」とは言いがたい。しかし戴氏の残した成果はその他の面でも優秀だ。例えば

設備投資額では、2016年度には274億円の実績であったものが、2017年度計画では732億円と2.67倍に拡大。また、新卒採用は142人から312人へと2.20倍に、1人あたりの年間平均給与も1.17倍に増加しており、一部復帰にあたって社員にあてたメッセージでは「まさに、シャープ復活の証といえる」と宣言した。

実は、戴氏は東証一部への復帰を機に、シャープ社長の退任を視野に入れていた。

「2016年8月に、シャープの東証一部復帰を果たすという強い決心をし、片道の切符を買って日本にきて、シャープの社長に就任した。『One Way Ticket』という歌と同じ気持ちだった。ようやくこの目標を果たすことができた」(戴氏)

しかし、「次の100年のシャープを考えると、一部復帰は通過点である」とした上で、「中期経営計画の達成は私の使命であり、この責任を一身に背負い、中期経営計画の最終年度となる2019年度まで全力をあげて取り組む覚悟である」と決心を語る。

ただし戴氏は、長期的に経営を担うよりも、次期社長へとタスキを渡す準備を進める姿勢を明確にする。

「2018年度以降の経営体制については、取締役会ならびに次期株主総会に判断を委ねる」としながらも、「次期社長育成のため、今後は共同CEO体制へと移行し、決裁権限の委譲を検討する。これまでは取締役会の議長、経営戦略会議の議長、そしてオペレーション決裁のすべてを私一人で行ってきたが、共同CEO体制として、オペレーション決裁は共同でCEOとなる新社長に任せる。共同CEOは、社内社外を問わず、いい人材であることが条件である。早急に検討したい」(戴氏)

戴氏は、社内からの人選に限定することこそ否定したが、下馬評では、次期社長候補として、副社長の石田 佳久氏や代表取締役 兼 執行役員の高山 俊明氏などの名前が挙がり、共同CEOには社内からの昇格が有力との見方もある。いずれにしろ戴氏の経営ノウハウを、共同CEO体制を通じて伝承する期間を設けることになる。

JTBとシャープが新旅行商品を発表 – テレビ東京

旅行大手のJTBとシャープは8日、ロボット型携帯電話「ロボホン」を使った京都の観光サービス「ロボ旅」を発表しました。京都駅前にあるJTBの窓口で、ロボホンを貸し出し、東山の観光名所を巡ると案内をするというものです。100ヵ所の観光名所でロボホンが旅行者に由来などを説明します。さらに、インスタ映えする場所では、一緒に写真を撮ろうと誘います。15日から売り出します。価格は、1泊2日で2万4,800円~で来年1月5日から3月30日までの試験営業になります。

有機ELは日の丸連合つくるべき=シャープ社長 – ロイター

[東京 7日 ロイター] – シャープ(6753.T)の戴正呉社長は7日、東証一部指定の記者会見で、韓国勢が先行している有機EL事業について「日の丸連合を作るべきだ」と持論を展開した。その上で「経済産業省と産業革新機構に相談したい」と国に働きかける意向を示した。

 12月7日、シャープの戴正呉社長は、東証一部指定の記者会見で、韓国勢が先行している有機EL事業について「日の丸連合を作るべきだ」と持論を展開した。その上で「経済産業省と産業革新機構に相談したい」と国に働きかける意向を示した。都内で会見する同社長(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

有機ELをめぐっては、官民ファンドの産業革新機構やジャパンディスプレイ(6740.T)などが出資するJOLED(東京都千代田区)が今月5日、世界初となる「印刷方式」で製造した有機ELパネルの出荷を始めている。

シャープも2018年の生産開始を計画しているが、この分野は韓国サムスン電子(005930.KS)傘下サムスン・ディスプレーとLGディスプレー(034220.KS)が立ちはだかっており、後発組を不安視する声もある。

有機ELの量産に向けては巨額の投資が必要で、JOLEDは1000億円規模の資金調達も検討している。戴社長はJOLEDへの出資の可能性について「国のポリシーをまず聞きたい」と述べ、国として日本の有機ELをどう考えているのかを聞いた上で判断する意向を示した。

また、戴社長は2018年以降の経営体制について「次期社長育成のために、共同CEO(最高経営責任者)体制への移行や決済権限移譲を検討する」ことを明らかにした。共同CEOは社内外から広く人選を進める。

シャープはこの日、約1年4カ月ぶりに東証1部への復帰を果たした。

*内容を追加しました。

志田義寧

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

10万ツイートを達成した「シャープ」公式ツイッターから漂う哀愁がハンパない – ロケットニュース24

最近では、一般企業がツイッターアカウントの運営を行うのは当たり前の光景となった。中でも、大手家電メーカーのシャープ(SHARP)は、40万人以上のフォロワー数を誇る人気アカウントだ。“中の人” が見えるツイート内容で、多くのユーザーから支持を集めている。

そんなシャープの公式アカウントが、昨日2017年12月4日に記念すべき10万ツイートを達成した。それはおめでたい。だがしかし。その10万ツイート目の投稿から、ハンパない哀愁が漂っているためお伝えしたい。

・10万ツイート達成

今年もタニタのアカウントと『君の名は。』ごっこをしてみたり、世間で話題になっている出来事を軽やかに乗りこなしてみせるシャープさん。いい意味で企業アカウントらしくない、その自由さが大きな魅力だ。

そして記念すべき10万ツイート目、シャープが呟いた内容はこうである。

2011年 やれと言われて公式垢開始
2012年 部署変わってもツイッター
2013年 部署変わってもツイッター
2014年 部署変わってもツイッター
2015年 部署変わってもツイッター
2016年 部署変わってもツイッター
2017年 部署変わってもツイッター

で、これが10万ツイート。

・哀愁がハンパない

いかがだろう。何年間にも渡り呟き続けている “中の人” の心の叫び。いや、そんな大袈裟なものではないが、部署が変わってもツイッター担当であり続ける自分をどこか軽く笑うような、そんな深い哀愁を感じないだろうか?

このツイートは現在2万以上もリツイートされており、改めてシャープのアカウントの人気ぶりを思い知った次第である。にしても、“中の人” がこれまでに1度も変わっていないとは驚きだ。最初に抜擢した上司は、目の付け所がシャープだったとしか言いようがない。これからもツイート、楽しみにしてます。

参照元:Twitter @SHARP_JP
執筆:あひるねこ

シャープ、ミーティングに適した50V型タッチディスプレイ「BIG PAD」を発売 – MdN Design Interactive

シャープ株式会社は、2~6人程度のハドルミーティングに適した50V型タッチディスプレイ「BIG PAD(型番:PN-L501C)」を1月下旬に発売すると発表した。

同製品は、必要なときにサッと集まって情報共有や議論を行い、迅速に意思決定するミーティングスタイルを支援する大型タッチディスプレイ。独自開発の高感度静電容量方式タッチパネルの採用により、滑らかで快適なタッチ操作を実現した。縦置きや水平上向き設置にも対応しており、ショールームでのタッチサイネージや商談用タッチテーブルとしても活用できる。

ノートPCやタブレット、スマートフォンとワイヤレスで接続して画面共有や双方向での書き込みなどを行える「SHARPディスプレイコネクト」を同梱するほか、別売のWeb会議室「Teleoffice」と組み合わせることもできる。また、ペン先2mmのタッチペンも同梱している。

SHARP「プラズマクラスターNEXT」と無線LAN搭載のエアコン発売 … – livedoor

 シャープは、プラズマクラスターエアコン「Xシリーズ」9機種を2018年1月25日に発売する。価格はいずれもオープン。

 新技術「プラズマクラスターNEXT」と無線LAN機能を搭載し、さらに従来は別売だった無線LANアダプタを内蔵しているので、シャープ独自のAIoTクラウドサービス「COCORO AIR」を手軽に利用できる。

 「COCORO AIR」はAIが人の不在時間を学習し、不在時に合わせて自動で運転を抑制するなど、学習しながら賢く進化していく。新たにエアコンの使い方や生活を音声でサポートする「生活アシスト発話」も搭載。「COCORO AIR」アプリに、シャープの無線LAN搭載エアコンと加湿空気清浄機をあわせて同じ部屋に登録すれば、エアコンと空気清浄機の連携運転も可能になる。

 このほか、カビが生えやすい環境を自動で検知し、部屋のカビやエアコン内部のカビを抑制する「プラズマクラスターパトロール」が進化し、エアコン停止中に人の不在を検知すると高濃度プラズマクラスターを自動的に部屋に放出し、部屋やエアコン内部のカビのほか、タバコの付着臭を消臭し、部屋の空気を清潔にする。

 9機種のうち、5機種は単相-200V、残りの4機種は単相-100Vに対応。暖房能力は2.5〜9.5W、冷房能力は2.2〜8.0W、プラズマクラスター適用床面積は6〜26畳。税別の実勢価格は23万円前後〜37万円前後の見込み。

 独自の空気浄化技術「プラズマクラスター」を強化した新技術「プラズマクラスターNEXT」は、新たに開発した「第10世代イオン発生ユニット」によって、放出するイオン濃度を従来の高濃度タイプ「プラズマクラスター25000」の約2倍(1平方センチあたり約5万個)まで高めた。

 高濃度イオンのやすらぎ効果についても実証するため、脳波研究の専門家の慶應義塾大学理工学部 満倉准教授監修の下、人の感性を簡易的に分析する「感性アナライザ」を活用し、比較実証試験を実施したところ、「プラズマクラスターNEXT」搭載エアコンと空気清浄機は、空気浄化のスピードアップだけではなく、「ストレスがたまりにくい」「集中を維持しやすい」環境をつくることも実証した。今後、他の製品にも「プラズマクラスターNEXT」を搭載していく。