KANDYTOWNのYOUNG JUJU、KEIJU as YOUNG JUJUへと改名しソロ・アクトとしてメジャー・ディールを締結 – Spincoaster(スピンコースター)

ヒップホップ・クルー、KANDYTOWNの中心メンバーのYOUNG JUJUが、グループより初のソロ・アクトとしてのメジャー・ディールを、ソニー・ミュージックレーベルズと締結。同時に、YOUNG JUJUからリアル・ネームをモチーフにしたというKEIJU(ケイジュ) as YOUNG JUJUへと改名することも明らかとなった。

その独特のスムースなフロウが高く評価され、tofubeats「LONELY NIGHTS feat.YOUNG JUJU」をはじめ、数々のアーティストの楽曲へ客演を果たしてきたYOUNG JUJU。

さらにメジャー・ローンチを記念した初のレジデント・パーティ、“KEIJU as YOUNG JUJU Presents ”7 Seconds” Supported by PIGALLE”をファッション・ブランドのPIGALLEと来年1月28日(日)に渋谷SOUND MUSEUM VISIONにて開催することも発表された。

イベント・タイトルの“7 Seconds”はバスケットボール用語で“7秒以内に2点を取るクイックプレイ”に端を発しながらも、ダブル・ミーニングで新生児がこの世に生まれてからの最初の7秒間を歌ったアフリカのシンガー、Youssou N’Dourの同名曲からもインスピレーションを得ておいるという。
まだ世界中が抱える問題をまったく知らない無垢でフレッシュな時間を意味し、KANDYTOWNのソロ・メンバーとしては初となるメジャー・ディールを締結し、新たに活動していこうという決意表明を感じさせるものとなっている。

本イベントではKEIJU as YOUNG JUJUと所縁の深い仲間たちがスペシャル・ゲストとして出演予定。第一弾として、本日KANDYTOWNの出演が解禁された。

なお、開場16時というデイタイムでの開催となっており、普段年齢制限でクラブ・イベントに参加できない未成年も入場可能となっている。
特典付きのお得な最速先着先行チケットも本日より販売開始された。


【イベント情報】

KEIJU as YOUNG JUJU Presents “7 Seconds” Supported by PIGALLE
日時:1月28日(日) OPEN 16:00 / CLOSE 21:00
会場:渋谷SOUND MUSEUM VISION
料金:DOOR ¥3,400 / 最速先着先行発売 ¥2,000 / 一般発売 ¥3,000 (各1D別)
出演:
KEIJU as YOUNG JUJU
KANDYTOWN

[SECRET GUEST]

and more……!

プレイガイド::
・最速先着先行発売(特典有)
販売URL http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002247046P0030001
最速先着先行販売期間:2017/12/15(金)〜 2017/12/31(日)23:59まで

・一般発売
1/5(金)10:00〜各プレイガイドにて発売

・チケットに関するお問い合わせ:
チケットぴあ:0570-02-9999
ローソンチケット:0570-084-003
イープラス:http://eplus.jp/

■KANDYTOWN オフィシャル・サイト:http://kandytownlife.com/

2017年のPlayStation®を振り返ろう! コメントを寄せた方全員にPS4®オリジナルテーマをプレゼント!! – PlayStation.com

2017年のPlayStation®を年表形式で振り返る!

2017年ももうすぐ終わり。今年1年、PlayStation®を楽しんでいただけましたか? お気に入りのゲームは見つかったでしょうか。

というわけで、この記事ではPlayStation®に関する2017年の出来事をプレイバック! 主なトピックを取り上げ、PS.Blog編集スタッフとともに1年を振り返っていきましょう。

ビッグタイトルが続々登場! 今年も充実、PlayStation®ソフト

PS.Blog編集スタッフA(以下A):今年もPlayStation®のゲームは、豊作でしたよね。年明け早々に『GRAVITY DAZE2』『バイオハザード7 レジデント イービル』と続いて、2月には『仁王』先輩が堂々登場!!

『GRAVITY DAZE2』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

20171215-ps-01.jpg

『バイオハザード7 レジデント イービル』(カプコン)

20171215-ps-02.jpg

『仁王』(コーエーテクモゲームス)

20171215-ps-03.jpg

PS.Blog編集スタッフB(以下B):発表から7年越しで発売された『人喰いの大鷲トリコ』、10年ものの『FINAL FANTASY XV』が去年発売しましたからね。最後の大物、『仁王』先輩も無事卒業してよかった……。

A:発表から12年後の発売ですからね。干支が1周して、生まれたばかりの子も小学校卒業しちゃう頃ですよ。僕も年を取るわけだわ……。

B:でも、待った分だけ面白かった! さすがパイセン、ビシッとキメてくれました。

A:ほかにも『NieR:Automata』『Horizon Zero Dawn』と続いて、7月には『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発売!!

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(スクウェア・エニックス)

20171215-ps-04.jpg

B:自分も発売日からプレイを始めました! ベロニカさま~!

A:ほぼ同時期に「ドラゴンクエスト」の「ロト三部作」がPS4®で配信されたり、『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』が発売されたり、『ドラゴンクエストビルダーズ2』が発表されたり、まさに「ドラゴンクエスト」のお祭り状態。いやー、アツい夏でした。

B:ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)も負けてませんよ。8月には『New みんなのGOLF』、9月には『アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝』の追加エピソード『アンチャーテッド 古代神の秘宝』、10月には『グランツーリスモSPORT』が登場!

A:『グランツーリスモSPORT』は、PlayStation®VRにも対応して話題になりましたよね。あの臨場感はハンパない! クルマの内装も車窓を流れる景色も、リアルすぎて変な声が出ちゃいました。

『グランツーリスモSPORT』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

20171215-ps-05.jpg

B:PS VR対応ソフトと言えば、『Farpoint』『V!勇者のくせになまいきだR』も発売されましたよね。

A:『Vなま』は発売キャンペーンも話題になりました。実写プロジェクトには、「VRかぶ郎」こと、どこかで見たことのある50代男性まで登場して。

B:『Vなま』は無法地帯ですからね。魔王様には我が道を進んでもらいましょう!

『Farpoint』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

20171215-ps-06.jpg

『V!勇者のくせになまいきだR』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

20171215-ps-07.jpg

A:ほかにも、初期PlayStation®の名作『パラッパラッパー』『LocoRoco』『パタポン』が続々とPS4®に登場したり、11月には『コール オブ デューティ ワールドウォーII』が発売されたり。ファミリーからガチ勢まで、納得のラインナップです。

B:来年以降には、『モンスターハンター:ワールド』、PS4®リマスター版『ワンダと巨像』も控えてますからね。ほかにも、『ディシディア ファイナルファンタジー NT』『北斗が如く』『二ノ国II レヴァナントキングダム』『Detroit Become Human』など、年明けから飛ばしていきますよー!

A:みなさん、お年玉を残しておいてくださいねー。

PS VRに新モデルが登場! PS4®は世界累計実売7,060万台達成!!

A:今年はPS4®がますます普及拡大。つい先日、世界累計実売7,050万台を突破しました!

B:初のカラーバリエーションとして「グレイシャー・ホワイト」も登場。ほかにも『ドラゴンクエストXI』や『グランツーリスモSPORT』、『モンスターハンター:ワールド』のコラボモデルも発売されて、どれもこれも欲しくなっちゃうんですよね……。

A:昨年PlayStation®4 Proが発売され、「PS4®ProとPS4®、どっちを選ぶ?」なんてことも話題になりました。PS.Blogでもこちらの記事が人気でしたよ。

A:10月にはPS VRの最新モデルも登場しました。12月には200万台達成! 

PlayStation®VR

20171215-ps-08.jpg

B:360度全方向を取り囲む3D空間の迫力や、ゲームに入り込んだかのような感覚など、いろいろと語りたいことはあるのですが、こればっかりは体験していただかないと伝わりません。未体験の方は、ぜひイベントなどで驚きの世界を味わってください!

A:ほかにも、PS4®のシステムソフトウェアが更新されたり、「PlayStation™Now for PC」のサービスが始まったりPlayStation®は今年もどんどん進化していきました!

E3、東京ゲームショウ、PlayStation® Awards…… 今年もイベント目白押し!

A:ロサンゼルスの「E3 2017」、日本の「東京ゲームショウ2017」、パリの「Paris Games Week 2017」、ロサンゼルスの「PlayStation® Experience 2017」など、今年もSIEは世界各地のゲームイベントに出展しました。

「E3 2017」

20171215-ps-09.jpg

B:こうしたイベントは、ユーザーのみなさんがいち早く新作ソフトを試遊できる場。日本国内では「PlayStation®祭2017」や全国各地のPS VR体験イベントも開催!

A:ユーザーのみなさんの熱量の高さに、毎回驚かされますよね。

B:こうしたイベントが”体験”の場だとしたら、カンファレンスは”発表”の場。「PlayStation® E3 Media Showcase」「2017 PlayStation® Press Conference in Japan」では、新作ソフトを続々と発表しました。

A:1年の締めくくりに「PlayStation® Awards 2017」も開催されましたよね。各ゲームメーカーのみなさん、今年もありがとうございました!

B:そう言えば、今年は『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』「全国大学生対抗戦」のようなe-Sports大会も増えましたよね。

『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』「全国大学生対抗戦」

20171215-ps-10.jpg

A:これがまた、盛り上がるんですよね! ちょうど今、『コール オブ デューティ ワールドウォーII』の「全国大学生対抗戦」のエントリーが始まったところ。こちらの記事を見て、ぜひ参加してくださーい!

B:「PlayStation®祭 2017」では『New みんなのGOLF』の大会を開きましたし、きっと来年は、さらに盛り上がりますよ!

A:参加派も観戦派も、いっしょに楽しみましょう!

「アンチャーテッド」シリーズ10周年、PS3®11周年! みなさまのご愛顧に感謝!!

A:12月3日は、初代PlayStation®が発売された「プレイステーションの日」。今年で23周年、みなさんありがとうございます!

B:プレイステーション公式Twitterでは、「#プレイステーションの日」をつけて初めて買ったPSソフトを投稿してもらいました。ちなみに僕は『パラッパラッパー』でしたよ。

A:一方、PlayStation®3&PlayStation™Storeは11月11日で11周年! 記念セールも実施しました。

B:「ゲームアーカイブス」も11月22日に11周年ということで、新たに11タイトルが加わりましたよね。

A:そして「アンチャーテッド」シリーズは10周年! スピンオフ作品『古代神の秘宝』も好評配信中ですよ。

B:ちなみに「ドラゴンクエスト」シリーズは去年、「ファイナルファンタジー」シリーズは今年30周年。SIEも長く愛されるゲームを目指していくので、よろしくお願いします!

みなさんの印象に残ったPlayStation®ニュースは? コメントを寄せてくれた方にはPS4®オリジナルテーマをプレゼント!

みなさんが印象に残ったPlayStation®に関する出来事はなんですか? みなさんのご意見を、この記事の下部にあるコメント欄に書き込んでください。もちろん、上記のリストで取り上げたトピック以外の出来事でもかまいません。コメントを寄せてくれた方全員に、PS4®オリジナルテーマをプレゼント!こちらは「PlayStation®の情報発信基地であるPlayStation®.Blog」をイメージした特別なデザインになっています。応募締切は2017日12月24日(日)です。

ご応募いただいた方には、2018年1月に、Sony Entertainment Network(SEN)アカウントにご登録いただいているメールアドレスへ、PS4®オリジナルテーマのプロダクトコードを記載したメールをお送りいたします。

なお、応募に際しては、プレイステーション® オフィシャルサイト PSNアカウント連携利用規約をご覧ください。利用規約に反する表現があった場合、コメントを削除することがあります。その場合、PS4®オリジナルテーマは進呈しませんので、あらかじめご了承ください。
みなさんからのコメントは、後日PS.Blog記事で紹介予定。熱いメッセージをどんどんお寄せください!

20171215-ps-11.jpg

※画像はイメージです。変更になる可能性がございます。

デビットカード「夫の不倫発見ツール」として利用している人も – livedoor

預金口座に紐付いた「デビットカード」にお得なものが増えてきた。クレジットカードと違って原則審査が不要で、預金残高の範囲内しか使えないため家計管理もしやすい。また口座から即時に引き落とされるので、利用履歴がリアルタイムに通知される機能もある。一方、そうした機能を、「夫の不倫発見ツール」として使っている人もいる。その方法とは――。

■米国ではクレジットカードより決済件数が多い

クレジットカードやプリペイドカード、電子マネーなど、現金以外の「キャッシュレス」による決済手段が多様化している。このうち、最近徐々に認知度が上がっているのが「デビットカード」だ。欧米では普及や利用が進んでおり、特にアメリカでの決済件数はデビットカードのほうがクレジットカードよりも多いという。

日本では、銀行のキャッシュカードを使う「J−Debit」があったが、キャッシュバックやポイント還元率などがなく、利用できる場所も限定的だった。だが、最近、クレジットカードの国際ブランドであるVISAやJCBが、銀行と提携して発行する「ブランドデビット」が登場し、広がりつつある。提携する国際ブランドの使える場所であれば、クレジットカードと同じように使うことができ、ポイントやキャッシュバック、各種の付帯保険、海外での利用などもクレジットカードと遜色がない。

またデビットカードには、決済した瞬間に「どこでいくらお金を使ったか」がわかるという特徴がある。クレジットカードの利用履歴は、反映されるまでに数日のラグがあることが普通だが、デビットカードではリアルタイムで確認ができるのだ。詳細は後述するが、家計相談に訪れた人のなかには、この仕組みを「夫の不倫発見ツール」として使っているケースもあった。

あらためてデビットカードのメリットとデメリットについて確認しよう。

▼デビットカードの基本とメリットをおさらい

「デビットカード」は、預金口座に付随する決済用カードである。金融機関が発行するこのカードで決済すると代金などが即時に口座から引き落とされる。日本では2000年3月に「J−Debit」としてサービスが始まった。

J−Debitの場合、わざわざ新しくカードを作る必要はない。使用している金融機関のキャッシュカードがそのまま利用でき、手数料や年会費などのコストもかからない。代金を支払う際に、キャッシュカードを提示して、本人が暗証番号を入力するだけで決済完了だ。

現在、ゆうちょ銀行や都市銀行、地方銀行など全国1076金融機関のキャッシュカードが使用可能となっている(2017年11月21日現在。日本デビットカード推進協議会調べ)。

■リアルタイムでいつ、いくら利用したかわかる

デビットカードの最大のメリットは、「キャッシュレス」という点である。多額の決済であっても、現金を持ち歩く必要がなく、ATMで引き出す手間もない。

現在、メガバンクなど多くの銀行の普通預金金利は0.001%だ。仮に、普通預金口座に100万円預けたとしても1年間でつく利息はたった10円である。しかもここから約20%が所得税などで差し引かれるので手取りはさらに減る。

そうなると夜間・休日の預金引き出しで、手数料がかかってしまうことほど馬鹿らしいことはない。そう考えるとデビットカードのニーズは高い。

デビットカードは、クレジットカードに比べて、利用できる上限は預金残高の範囲内だから、使い過ぎも防止できる。また、基本的には審査が不要のため、クレジットカードを作りたくない、という人でも利用できる。

また、どこでいくら利用したのかという履歴が残るので、レシートをもらわなくても家計管理が可能だ。家計簿アプリと連動させれば、口座残高を簡単に管理することができる。

▼レジで自分の口座から現金を引き出せるサービス

2018年4月からは「キャッシュアウト」のサービスも始まる。キャッシュアウトとは、デビットカードで決済を行う際、レジで自分の口座から代金と一緒に現金を引き出せるサービスだ。

J−Debitの対応カードがあれば、店舗レジなどをATMの感覚で引き出すことができため、周辺にATMがないときや宅配サービスを利用する際に利用すれば、自宅にいながら現金を引き出すことができる

■キャッシュバックやポイント還元のいいデビットも登場

▼デビットカードのデメリットは?

一方、デメリットもある。基本的に一括払いが原則なので、預金残高が少なければ高額な買い物ができない。また、利用の度に暗証番号を入力しなければならず、カードによっては年会費などが必要になる。さらに、クレジットカードに比べて「オトク度」が低いことも多い。

ただ、オトク度については、「ブランドデビット」を中心に、キャッシュバックやポイント還元などが、クレジットカード並みのものが増えてきている。

例えば、楽天銀行の「JCBデビットカード」は、ポイント還元率1%(楽天市場での買い物は2%)とクレジットカード並みの水準で、ANAマイルとの相互交換も可能。年会費は無料となっている。

特定のコンビニやスーパーで買い物をすることが多い人ならセブン銀行の「デビット付キャッシュカード」やジャパンネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)」、イオン銀行の「イオン銀行キャッシュ+デビット」などもお勧めだ。

▼キャッシュバックなどの特典がたくさんある

ポイント還元ではなく、キャッシュバックが受けられるものもある。

「三菱東京UFJ−VISAデビット」は、毎月の利用金額の0.2%が自動でキャッシュバック。年間利用額や誕生月に応じてキャッシュバック率がプラスとなる(最大0.4%)。その上、国内対応のショッピング保険も付帯されており、前年1年間の利用額が10万円以上などの条件をクリアすれ年会費も無料となる。

同じくキャッシュバックが受けられるものとしては、住信SBIネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード」がある。毎月の利用金額の0.6%が、1ポイント=1円としてキャッシュバックされる。ただし、自動キャッシャバックではないため、ポイント交換の手間や有効期限には注意したい。さらに同カードは、円米ドルの「2通貨決済」ができるという特徴もある。

海外での旅行や買い物が多いなら、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)」も選択肢になるだろう。キャッシュバック率は0.5%だが、外貨預金優遇制度の適用ステージによって、最大2.0%までアップされる。同カードは日本円を含めた11通貨の決済に対応。例えば、子どもの海外留学の際など、現地で外貨口座を開設する前の事前準備などにすぐに利用できる。

■デビットカードを「夫の不倫発見ツール」に

このようにさまざまなデビットカードが登場しているが、デビットカードのもうひとつの特徴は、使った日時や金額がリアルタイムで確認できる点だ。クレジットカードの場合、利用履歴を確認できるまで数字のラグがあることが一般的だ。一方、デビットカードは即座に口座から引き落とされるので、日時と金額はすぐにわかる。カードによっては利用のたびにメールで通知する機能もある(ただし、ブランドデビットの場合、クレジットカードの仕組みを使っているため、決済した店舗や明細がわかるまでにクレジットカードと同程度の日数がかかってしまう)。

この機能を「夫の不倫発見ツール」として使っている人がいる。家計相談にきた30代女性のAさんは声をひそめてこう話した。

「先月から夫への月の小遣い(6万5000円)のうち5万円分を、私名義で作ったデビットカードに入れて渡すようにしたんです。私のスマホには専用のアプリが入っているので、夫がデビットカードで決済するたびに、利用情報が即時に通知されます。こうすれば浮気もすぐ発見できるかなと思って(笑)」

▼ホテルに入る前に「カップル」はコンビニでモノを買う

離婚案件を主に扱う知人の弁護士によると、不倫をする男性は、クレジットカードではなく現金を使うことが多いという。利用明細にデート時に利用したと思われるレストランやホテルなどの店名が記載されていれば、不倫の「証拠」になってしまう。妻に気づかれるリスクを減らすために、現金を使うのだという。

「用心して小遣い(現金)を使えば、浮気はバレにくいですよね。でも、小遣いを現金からデビットカードに切り替えれば、利用履歴を確認できるので、いざというときの“動かぬ証拠”になると思ったんです」(Aさん)

妻がスマホにデビットカードのアプリを入れておけば、リアルタイムに利用履歴が通知される。クレジットカードであれば履歴が通知されるまで時間がかかるので、領収書やレシートなどの「証拠」を処分したり、言い訳を考えたりする余裕ができる。だが、デビットカードでは即時に通知されるので、夫の行動を監視するうえでは便利だということだろう。

前述の弁護士によると、不倫カップルの多くは、ホテルへ入る前に、コンビニに立ち寄るのだそうだ。恐らく、ちょっとした買い物がてらホテルの支払いのために、ATMで現金を引き出すのだろう。ブランドデビットでは、キャッシュカードとデビットカードは別々に発行されることが多い。この場合、デビットカードでATMから現金を引き出すことはできない。たしかに小遣いを現金で渡すよりも、デビットカードで渡したほうが、妻は安心かもしれない。

興味深いことに、デビットカードを使っているのは男性が多い。インフキュリオンが発表した「2017年版 決済動向調査」によると、デビットカードの利用者は66.0%が男性だ。クレジットカードの利用者は男性が49.2%で、女性が50.8%であるのとは対照的だ。

家計を預かる妻が、ある月から夫の小遣いをデビットカードで渡すようになったら、なにか思惑があるかもしれない。無用な疑いをかけらないように、あらかじめ仕組みを理解しておいたほうがいいだろう。

(CFP、一級FP技能士、消費生活専門相談員 黒田 尚子)

これが21世紀の「It’s a Sony」!?ソニーが贈る次世代型リモコンの魅力とは – ウオーカープラス

複数の家電に対応するマルチリモコン「ハウスリモートコントローラー(HUIS REMOTE CONTROLLER)」が、ソニーから販売されているのをご存じだろうか。

【写真を見る】これが21世紀の「It's a Sony」!?ソニーが贈る次世代型リモコン

  • 【写真を見る】これが21世紀の「It’s a Sony」!?ソニーが贈る次世代型リモコン

この製品はソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」(以下SAP)から生まれたHUIS(ハウス)プロジェクトで開発された次世代型リモコンで、1年前にホワイトモデルが販売され、今年11月からは新たにブラックモデルも発売を開始している。

このリモコンの特長は、あらゆる家電に付属しているリモコンから、よく利用するボタンだけを1つにまとめて自分好みにアレンジできるカスタマイズ性能と、インテリアに溶け込むマットな質感を持ち、本体も画面も黒色に統一した一体感のあるデザイン性だ。

さらに、電力を使わずに常に画面を表示し続けられる電子ペーパーを採用しているなど、従来のリモコンの常識をくつがえす仕様となっている。

今回、リモコンの未来を変える可能性を秘めた同製品の魅力について、製品開発を担当したHUIS事業室・統括課長の八木隆典さんと、デザイナーの石津雄登さんに話を聞いた。

「ハウス リモートコントローラー」の開発に携わった八木隆典さん(左)とデザイナーの石津雄登さん(右)

  • 「ハウス リモートコントローラー」の開発に携わった八木隆典さん(左)とデザイナーの石津雄登さん(右)

――八木さんは入社2年目でこのHUISプロジェクトを立ち上げたと聞きましたが、なぜそのようなことができたのでしょうか。

八木「まず、入社の理由からお話しすると、もともとライフスタイルを変える、何か新しいものを作りたいという思いからソニーに入社しました。入社後、私が最初に配属されたのがテレビ事業部だったんです。

そこでテレビ事業に携わるうちに、本体の画質や音質は変わっても、使い勝手はあまり変わっていないことに気付きました。そこから使い勝手について考えを深めるうちにリモコンに注目するようになったんです。

ちょうどその時、SAPというものがあることを知り、新規事業を目指すきっかけになりました。この先リモコンは絶対変わっていくものだと感じていたので、チャレンジしたら面白いんじゃないかと。

SAPは新規事業のアイデアを事業化につなげるためのプログラムで、オーディションに合格すればプロジェクトリーダーとして事業化に挑戦していけます。おかげで入社2年目の私でも開発チームを立ち上げることができました」。

ソニー入社2年目でプロジェクトを立ち上げた、HUIS事業室・統括課長の八木隆典さん

  • ソニー入社2年目でプロジェクトを立ち上げた、HUIS事業室・統括課長の八木隆典さん

――プロジェクトがスタートしてまず何をしようと思いましたか。

八木「最初に考えたのはリモコンの表面を変えることです。今までのマルチリモコンは多くのボタンが敷き詰められていて、ボタンに機能を割り当ててもそれが複雑化してしまったり、そもそもデザイン的にも制約が多かったように思います。

でも、操作する中で最適なボタン配置というものは絶対あるはずで、それを実現することが必要かなと思っていたので、ユーザーによって異なる画面をディスプレイ表示できる点は他のリモコンとの大きな差になったと考えています」。

シンプルかつ“ユーザーごとに最適なボタン配置”を追求した「ハウス リモートコントローラー」

  • シンプルかつ“ユーザーごとに最適なボタン配置”を追求した「ハウス リモートコントローラー」

――画面に注目したということですが、なぜそこに電子ペーパーを採用されたのですか。

八木「有機ELや液晶だと、操作をするときにわざわざ電源をオンにしないといけないじゃないですか。でも、『テレビの電源を付けるためにリモコンの電源を付ける』のは正直どうかなと思って。そこはやはり従来のリモコンと同じように、持ってすぐ使える手軽さが大事だと考えているので、その点において電力を使わずに常に画面を表示し続けられる電子ペーパーは最適でした」。

マルチリモコン「ハウスリモートコントローラー」のデザインを担当した石津雄登さん

  • マルチリモコン「ハウスリモートコントローラー」のデザインを担当した石津雄登さん

石津「デザイン的に言うと私は“シンプルさ”がポイントだと思っています。電子ペーパーの画面は決してリッチに感じるディスプレイではありませんが、取ってすぐ使える手軽さがあり、目にやさしく見やすいうえにあらゆるリモコンを1つにまとめることができるので、非常にシンプルなんです」。

八木「それに、今回新たに発売したブラックモデルは画面も黒色に統一するために、技術的にもかなり挑戦しました。電子ペーパーは従来ですと黒色の画面は残像が残りやすく、あまりディスプレイに向いていなかったんです。でも、残像を極限まで抑える技術を取り入れることができ、実現にこぎ着けることができました。

そのかいもあって黒色のマットな質感の本体と合わせたデザインが思った以上に反響を呼んでいて、SNSなどでユーザーから『かっこいい』という評価をいただいています」。

11月に発売した「ハウス リモートコントローラー」ブラックモデル

  • 11月に発売した「ハウス リモートコントローラー」ブラックモデル

――ほかにも挑戦されたところはありますか。

八木「今回、本体を黒にしたのですが、できるだけインテリアに溶け込むような深いマットな感じを出したかったので、実は調合した専用の塗料で塗装しています」。

石津「通常の樹脂色による黒だと、テカっとして複雑な印象になってしまいがちなので、今回は塗装をすることで上質な黒を目指し、落ち着いた印象に仕上げました」。

ソニー銀行、自動資産運用サービス「WealthNavi for ソニー銀行」の提供開始 – 投資信託の投信資料館

ソニー銀行は、 ウェルスナビ株式会社と提携し、 ウェルスナビ社の自動資産運用サービス「WealthNavi for ソニー銀行」を、 2017 年12月14日(木)より提供開始する。 また、 これを記念してキャンペーンを下記の通り実施する。

wealthnavi-sony「WealthNavi for ソニー銀行」は、 ウェルスナビ社が開発したロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」をソニー銀行の顧客向けにカスタマイズした自動資産運用サービスで、 顧客の資産を顧客に代わって管理・運用するサービス。 「世界の富裕層が利用する金融アルゴリズム」を使い、 「完全に中立な立場」から「国際分散投資」を「すべて自動」で行う。 これにより顧客は、 WealthNavi を通じて、 海外ETF への全自動による国際分散投資を、 少額から行うことができる。

ソニー銀行は、 「WealthNavi for ソニー銀行」の取引口座(海外ETF の自動運用口座)開設申し込みの紹介、 勧誘および取次ぎ、 顧客とウェルスナビ社との間で締結する投資一任契約の媒介を行い、 資産の管理・運用はウェルスナビ社が行う。 ソニー銀行は、「長期・積立・分散投資を自動化したサービスにより、 お客さまに資産運用の新たな選択肢を提供してまいります」とコメントしている。

■「WealthNavi for ソニー銀行」の主な特長

1. 全ておまかせの資産運用

ノーベル賞を受賞した理論などに基づいた世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムや、 最先端の機能で、 高度な知識や手間なしに、 自動で国際分散投資を行います。 運用は海外ETF などで行う。

2. 中長期的に安定的に資産を形成、 運用していきたいお客さまへのサービス

ロボアドバイザーが最適ポートフォリオを作成、 個人投資家が陥る心理的な壁に邪魔されることなく適切な資産配分の維持や、 為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現する。最低投資金額は30 万円から、 積立は1万円から可能。

3. 高い機能で効果的・効率的な資産運用をサポート

中核となる技術について特許を取得している「リバランス機能付き自動積立」や「自動税金最適化(DeTAX)」機能が、 効率的・効果的な資産運用をサポートする。

※ 自動税金最適化(DeTAX)の適用には条件があり、 必ず税負担を繰り延べることを保証するものではない。

4. 明瞭な手数料、 資産運用アルゴリズムもホワイトペーパーで公開

手数料は預かり資産の評価額に対し1%(年率、 消費税別※)のみ。 また、 資産運用アルゴリズムをホワイトペーパーで公開しており、 ウェルスナビ社ホームページ上で閲覧できる。

※ 預かり資産が3,000 万円を超える部分は0.5%(年率、 消費税別)の割引手数料が適用される。

■「WealthNavi for ソニー銀行を使って“ドリームジャンボ宝くじ” をもらおう!」キャンペーン

「WealthNavi for ソニー銀行」のサービス開始を記念して、 抽選で100 名さまに“ドリームジャンボ宝くじ10 枚” をプレゼントするキャンペーンを実施する。

対象期間 2017年12 月14日(木)~ 2018 年3月31日(土)
対象条件 2018 年3月31日(土)の時点で、 WealthNavi for ソニー銀行を使い、
自動運用を継続的に利用していること
プレゼント内容 2018 年発売予定の「ドリームジャンボ宝くじ」を抽選で100 名さまに
10 枚プレゼント

ソニーのグローブ型コントローラーの特許が判明 開発は保留? – Mogura VR

ソニーの申請した特許情報から、PlayStation VR向けのグローブ型コントローラーと思われる特許が発見されました。なお、これらのコントローラーは現在廃案・保留となっている可能性もあり、製品化が行われるのか不明です。

ジェスチャーでゲームを操作

Oculus RiftやHTC ViveなどPC用のVRヘッドセット向けにはすでに様々なグローブ型コントローラーが登場し、開発が進められています。こうしたデバイスでは手の動きを正確に再現でき、またボタンではない直感的な入力で操作が行える魅力があります。一方で、現在のデバイスでは物を握ったり壁を叩くと反発が返ってくる触覚フィードバックの実現にも取り組まれています。

PlayStation VRで現在用いられているPS Moveコントローラーは古い製品の流用ということもあり、VR用のインターフェースとして最適化されていないという課題があります。

海外のゲーム系掲示板Neogafでの情報により、ソニー(正確には、旧ソニー・コンピュータエンタテインメント)が2016年グローブ型インターフェースの特許を出願していたことが判明していました。また、米メディアUploadVRによると、2017年のはじめに、「ソニーはPSVR向けのグローブ型コントローラーを検討したが、最終的に保留にしている」と報じています。

今回判明したグローブ型コントローラーは廃案、または変更などの可能性があることになりますが、これらの特許内容には興味深い点がいくつか見られます。

このグローブ型コントローラーでは、関節の曲げ具合を検出する「曲げセンサー」を少なくとも一つ用い、ユーザーが指で形作ったジェスチャーを読み取ることを可能にしています。様々な仕草でゲームへの入力や制御が可能となったり、下図のように特定のジェスチャーで特定のアイテムを呼び出すといったアクションができるようになります。

また下図では、親指の裏側についたトラックパッドを人差し指で操作するといった入力方法が見られます。これはVRでの移動手段やメニュー選択などに用いられる可能性があります。

今後の実現に期待

このデバイスが直接製品化する可能性は現時点では不明ですが、ソニーが具体的にPSVR向けのグローブ型コントローラーを検討しているというのは興味深い情報です。

形状を問わず、PSVRの良質なコンテンツを活かす、新たなコントローラーの登場に期待が高まります。

(参考)
Sony Patents Reveal Possible Cancelled PSVR Glove Controller / UploadVR(英語)
https://uploadvr.com/sony-patents-reveal-psvr-glove-controller/

関連するキーワード: PlayStation VRソニー

歴代『テイルズ オブ』シリーズタイトルが最大81%OFFの“ホリデーSALE”が実施 – ファミ通.com

 バンダイナムコエンターテインメントは、2017年12月14日より『テイルズ オブ』シリーズのダウンロード版をお手ごろ価格で提供する“ホリデーSALE”を開始した。

『テイルズ オブ』シリーズダウンロード版ホリデーSALE実施中!

 株式会社バンダイナムコエンターテインメントは本日2017年12月14日から2018年1月8日まで『テイルズ オブ』シリーズダウンロード版のホリデーSALEを実施します。『テイルズ オブ』シリーズの本編ダウンロード版を最大81%OFFでお買い求めいただけます。

 また、PlayStation4「テイルズ オブ ベルセリア」本編+追加DLC歴代キャラクター衣装全員セットもしくはPlayStation4「テイルズ オブ ゼスティリア」をご購入いただくとベルベットとミクリオのサンタイラストアバターをプレゼント。更にPlayStation4/PlayStation3「テイルズ オブ ベルセリア」「テイルズ オブ ゼスティリアWelcome Price!!」の一部追加DLCもSALE価格で提供しますので、本編プレイ済みの方もこの機会にぜひ追加DLCをお楽しみください。

【ホリデーSALE期間】
2017年12月14日(木)~ 2018年1月8日(月)
※期間は予告なく変更になる場合がございます。

【販売形態】
PlayStation Storeでの配信となります。
■PlayStation Storeご購入はコチラ!

【SALE期間中特典】
PlayStation4「テイルズオブベルセリア」本編+追加DLC歴代キャラクター衣装全員セットもしくはPlayStation4「テイルズオブゼスティリアWelcome Price!!」をご購入いただくとベルベットとミクリオのサンタイラストアバターをセットでプレゼント!
※アバターの付与はPlayStation4版のみとなります。

対象商品のどちらかをご購入いただくとセットでアバターをプレゼント!

ゲーム本編SALE価格

PS4/PS3「テイルズ オブ ベルセリア」本編+追加DLC歴代キャラクター衣装全員セット
5,281円+税 ⇒ 2,593+税(50%OFF)

TOB Welcome Price!! 3,800円+税と追加DLC 歴代キャラクター衣装全員セット1,481円+税のセットが50%OFF!!
※期間中の本編単品販売はございません。
※PS4版にはベルベット・ミクリオのアバターがついてきます。

PS4/PS3「テイルズ オブ ゼスティリア Welcome Price!!」
3,400円+税 ⇒ 1,852円+税(45%OFF)
※「テイルズ オブ ゼスティリア Welcome Price!!」は2015年1月22日に発売されたPS3「テイルズ オブ ゼスティリア」と同じ内容です。映像作品「テイルズ オブ ゼスティリア ~導師の夜明け~」は収録されておりません。
※PS4版にはベルベット・ミクリオのアバターがついてきます。

PS3「テイルズ オブ シンフォニア ユニゾナントパック」
6,648円+税 ⇒ 2,685円+税(59%OFF)

PS Vita「テイルズ オブ ハーツR」
5,552円+税 ⇒ 2,222円+税(59%OFF)

PS Vita「テイルズ オブ イノセンスR PlayStation Vita the Best」
3,400円+税 ⇒ 1,759円+税(48%OFF)

PSP「テイルズ オブ ザヒーローズ ツインブレイヴ」
5,381円+税 ⇒ 1,019円+税(81%OFF)

PSP「テイルズ オブ リバース PSP the Best」
2,381円+税 ⇒ 926円+税(61%OFF)

PSP「テイルズ オブ ファンタジア-フルボイスエディション- PSP the Best」
1,714円+税 ⇒ 833円+税(51%OFF)

PSP「テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョンX PSP the Best」
2,381円+税 ⇒ 926円+税(61%OFF)

PSP「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3 PSP the Best」
2,381円+税 ⇒ 833円+税(64%OFF)

PSP「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2 PSP the Best」
1,714円+税 ⇒ 833円+税(51%OFF)

PSP「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー PSP the Best」
1,714円+税 ⇒ 833円+税(51%OFF)

PSP「テイルズ オブ エターニア PSP the Best」
2,381円+税 ⇒ 926円+税(61%OFF)

PSP「テイルズ オブ デスティニー2 PSP the Best」
2,381円+税 ⇒ 926円+税(61%OFF)

追加DLC SALE価格

PS4/PS3「テイルズオブベルセリア」追加DLC
●衣装セットをALL50%OFFにて配信!
●お得なセットパックを配信!

即効強化セット¥926+税
【セット内容】
レベルアップ+5(1) ~(4) 各¥278+税
レベルアップ+10(1)~(2) 各¥417+税
成長促進!緑薬草セット¥93+税
成長促進!赤薬草セット¥186+税

バラエティセット¥463+税
【セット内容】
ミュウスーツ&ヘッド¥278+税天使の羽セット¥93+税
ベルセリア人形女性セット/男性セット各¥93+税
前髪セット/後髪セット/ベリーショートヘアセット/ショートボブヘアセット各¥93+税
レアボードセット¥186+税

PS4/PS3「テイルズオブゼスティリアWelcome Price!!」追加DLC
●追加DLC 最大80%OFF!!

※インフォメーション内記載の割引率はPlayStation Storeで表示される割引率の表記です。
※“PlayStation”、“PS4” 、“PS3”、“PS Vita”および“PSP”は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※インフォメーションの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。予めご了承ください。
※ダウンロード版の購入及びダウンロードコンテンツをご利用いただく際には、インターネット接続環境が必要です。
※PlayStation Storeでの購入にはSony Entertainment Networkのアカウントが必要になります。

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

妻は”カード”で夫の不倫を常時監視できる – ニコニコニュース

預金口座に紐付いた「デビットカード」にお得なものが増えてきた。クレジットカードと違って原則審査が不要で、預金残高の範囲内しか使えないため家計管理もしやすい。また口座から即時に引き落とされるので、利用履歴がリアルタイムに通知される機能もある。一方、そうした機能を、「夫の不倫発見ツール」として使っている人もいる。その方法とは――。

■米国ではクレジットカードより決済件数が多い

クレジットカードやプリペイドカード、電子マネーなど、現金以外の「キャッシュレス」による決済手段が多様化している。このうち、最近徐々に認知度が上がっているのが「デビットカード」だ。欧米では普及や利用が進んでおり、特にアメリカでの決済件数はデビットカードのほうがクレジットカードよりも多いという。

日本では、銀行のキャッシュカードを使う「J-Debit」があったが、キャッシュバックやポイント還元率などがなく、利用できる場所も限定的だった。だが、最近、クレジットカードの国際ブランドであるVISAやJCBが、銀行と提携して発行する「ブランドデビット」が登場し、広がりつつある。提携する国際ブランドの使える場所であれば、クレジットカードと同じように使うことができ、ポイントやキャッシュバック、各種の付帯保険、海外での利用などもクレジットカードと遜色がない。

またデビットカードには、決済した瞬間に「どこでいくらお金を使ったか」がわかるという特徴がある。クレジットカードの利用履歴は、反映されるまでに数日のラグがあることが普通だが、デビットカードではリアルタイムで確認ができるのだ。詳細は後述するが、家計相談に訪れた人のなかには、この仕組みを「夫の不倫発見ツール」として使っているケースもあった。

あらためてデビットカードのメリットとデメリットについて確認しよう。

▼デビットカードの基本とメリットをおさらい

「デビットカード」は、預金口座に付随する決済用カードである。金融機関が発行するこのカードで決済すると代金などが即時に口座から引き落とされる。日本では2000年3月に「J-Debit」としてサービスが始まった。

J-Debitの場合、わざわざ新しくカードを作る必要はない。使用している金融機関のキャッシュカードがそのまま利用でき、手数料や年会費などのコストもかからない。代金を支払う際に、キャッシュカードを提示して、本人が暗証番号を入力するだけで決済完了だ。

現在、ゆうちょ銀行や都市銀行、地方銀行など全国1076金融機関のキャッシュカードが使用可能となっている(2017年11月21日現在。日本デビットカード推進協議会調べ)。

■リアルタイムでいつ、いくら利用したかわかる

デビットカードの最大のメリットは、「キャッシュレス」という点である。多額の決済であっても、現金を持ち歩く必要がなく、ATMで引き出す手間もない。

現在、メガバンクなど多くの銀行の普通預金金利は0.001%だ。仮に、普通預金口座に100万円預けたとしても1年間でつく利息はたった10円である。しかもここから約20%が所得税などで差し引かれるので手取りはさらに減る。

そうなると夜間・休日の預金引き出しで、手数料がかかってしまうことほど馬鹿らしいことはない。そう考えるとデビットカードのニーズは高い。

デビットカードは、クレジットカードに比べて、利用できる上限は預金残高の範囲内だから、使い過ぎも防止できる。また、基本的には審査が不要のため、クレジットカードを作りたくない、という人でも利用できる。

また、どこでいくら利用したのかという履歴が残るので、レシートをもらわなくても家計管理が可能だ。家計簿アプリと連動させれば、口座残高を簡単に管理することができる。

▼レジで自分の口座から現金を引き出せるサービス

2018年4月からは「キャッシュアウト」のサービスも始まる。キャッシュアウトとは、デビットカードで決済を行う際、レジで自分の口座から代金と一緒に現金を引き出せるサービスだ。

J-Debitの対応カードがあれば、店舗レジなどをATMの感覚で引き出すことができため、周辺にATMがないときや宅配サービスを利用する際に利用すれば、自宅にいながら現金を引き出すことができる

■キャッシュバックやポイント還元のいいデビットも登場

▼デビットカードのデメリットは?

一方、デメリットもある。基本的に一括払いが原則なので、預金残高が少なければ高額な買い物ができない。また、利用の度に暗証番号を入力しなければならず、カードによっては年会費などが必要になる。さらに、クレジットカードに比べて「オトク度」が低いことも多い。

ただ、オトク度については、「ブランドデビット」を中心に、キャッシュバックやポイント還元などが、クレジットカード並みのものが増えてきている。

例えば、楽天銀行の「JCBデビットカード」は、ポイント還元率1%(楽天市場での買い物は2%)とクレジットカード並みの水準で、ANAマイルとの相互交換も可能。年会費は無料となっている。

特定のコンビニやスーパーで買い物をすることが多い人ならセブン銀行の「デビット付キャッシュカード」やジャパンネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)」、イオン銀行の「イオン銀行キャッシュ+デビット」などもお勧めだ。

▼キャッシュバックなどの特典がたくさんある

ポイント還元ではなく、キャッシュバックが受けられるものもある。

「三菱東京UFJ-VISAデビット」は、毎月の利用金額の0.2%が自動でキャッシュバック。年間利用額や誕生月に応じてキャッシュバック率がプラスとなる(最大0.4%)。その上、国内対応のショッピング保険も付帯されており、前年1年間の利用額が10万円以上などの条件をクリアすれ年会費も無料となる。

同じくキャッシュバックが受けられるものとしては、住信SBIネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード」がある。毎月の利用金額の0.6%が、1ポイント=1円としてキャッシュバックされる。ただし、自動キャッシャバックではないため、ポイント交換の手間や有効期限には注意したい。さらに同カードは、円米ドルの「2通貨決済」ができるという特徴もある。

海外での旅行や買い物が多いなら、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)」も選択肢になるだろう。キャッシュバック率は0.5%だが、外貨預金優遇制度の適用ステージによって、最大2.0%までアップされる。同カードは日本円を含めた11通貨の決済に対応。例えば、子どもの海外留学の際など、現地で外貨口座を開設する前の事前準備などにすぐに利用できる。

■デビットカードを「夫の不倫発見ツール」に

このようにさまざまなデビットカードが登場しているが、デビットカードのもうひとつの特徴は、使った日時や金額がリアルタイムで確認できる点だ。クレジットカードの場合、利用履歴を確認できるまで数字のラグがあることが一般的だ。一方、デビットカードは即座に口座から引き落とされるので、日時と金額はすぐにわかる。カードによっては利用のたびにメールで通知する機能もある(ただし、ブランドデビットの場合、クレジットカードの仕組みを使っているため、決済した店舗や明細がわかるまでにクレジットカードと同程度の日数がかかってしまう)。

この機能を「夫の不倫発見ツール」として使っている人がいる。家計相談にきた30代女性のAさんは声をひそめてこう話した。

「先月から夫への月の小遣い(6万5000円)のうち5万円分を、私名義で作ったデビットカードに入れて渡すようにしたんです。私のスマホには専用のアプリが入っているので、夫がデビットカードで決済するたびに、利用情報が即時に通知されます。こうすれば浮気もすぐ発見できるかなと思って(笑)」

▼ホテルに入る前に「カップル」はコンビニでモノを買う

離婚案件を主に扱う知人の弁護士によると、不倫をする男性は、クレジットカードではなく現金を使うことが多いという。利用明細にデート時に利用したと思われるレストランやホテルなどの店名が記載されていれば、不倫の「証拠」になってしまう。妻に気づかれるリスクを減らすために、現金を使うのだという。

「用心して小遣い(現金)を使えば、浮気はバレにくいですよね。でも、小遣いを現金からデビットカードに切り替えれば、利用履歴を確認できるので、いざというときの“動かぬ証拠”になると思ったんです」(Aさん)

妻がスマホにデビットカードのアプリを入れておけば、リアルタイムに利用履歴が通知される。クレジットカードであれば履歴が通知されるまで時間がかかるので、領収書やレシートなどの「証拠」を処分したり、言い訳を考えたりする余裕ができる。だが、デビットカードでは即時に通知されるので、夫の行動を監視するうえでは便利だということだろう。

前述の弁護士によると、不倫カップルの多くは、ホテルへ入る前に、コンビニに立ち寄るのだそうだ。恐らく、ちょっとした買い物がてらホテルの支払いのために、ATMで現金を引き出すのだろう。ブランドデビットでは、キャッシュカードとデビットカードは別々に発行されることが多い。この場合、デビットカードでATMから現金を引き出すことはできない。たしかに小遣いを現金で渡すよりも、デビットカードで渡したほうが、妻は安心かもしれない。

興味深いことに、デビットカードを使っているのは男性が多い。インフキュリオンが発表した「2017年版 決済動向調査」によると、デビットカードの利用者は66.0%が男性だ。クレジットカードの利用者は男性が49.2%で、女性が50.8%であるのとは対照的だ。

家計を預かる妻が、ある月から夫の小遣いをデビットカードで渡すようになったら、なにか思惑があるかもしれない。無用な疑いをかけらないように、あらかじめ仕組みを理解しておいたほうがいいだろう。

「劇場版 ソードアート・オンライン」がPS Videoにてデジタル独占先行配信決定、関連作品のディスカウントも実施 – iNSIDE

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、PlayStation Videoにて、アニメ「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」を配信します。

本作は、今年2月より全世界で劇場公開となった劇場アニメ作品。今回の配信は、PS Videoによるデジタル独占先行配信となるとのことです。

以下、リリースより引用


TVアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズは、川原礫氏による小説が原作となる、謎の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた作品です。原作小説は日本国内で累計 1,300万部(全世界 2,000万部)を記録し、2度の TVアニメ化やゲーム化、コミカライズなど幅広くメディアミックス展開されています。SIEJA は、今年2月より全世界で劇場公開となった川原礫氏の完全書き下ろしストーリーとなるファン待望の最新作『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 』を、本日12月13日(水)よりデジタル初の独占先行配信を開始いたします。さらに、シリーズ関連作品のディスカウントなどを展開する「配信記念キャンペーン」も実施中です。

■『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』独占先行配信について
<配信内容>
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』

<配信開始日>
2017年12月13日(水)~

<配信価格>
レンタル形式(HD/SD画質):864円(税込)
※レンタル方式は、購入から30日間が視聴可能期間で、初回再生から48時間(または72 時間)は何度でも再生できます。

<対応機器>
PlayStation4、PlayStation3、PlayStation Vita、ならびに Android/iOSスマートフォン、タブレットのモバイル機器
※PlayStation Video のご利用には、Sony Entertainment Network(SEN)アカウントが必要です。
※モバイル機器は、Google Play/iTunes より PlayStation Video アプリをダウンロードしてください。
※iOS版は、各ストアでご購入いただいたコンテンツの再生のみ可能です。

<視聴方法>
【画像リンクURL】
各対応機器におけるPS Video商品画面にて、SENアカウントでサインインしていただき「レンタル(HD/SD)」→「購入する」を選択してください。購入完了後は「今すぐ見る」もしくは「マイビデオ」より視聴可能です。
※コンテンツ視聴方法の詳細につきましては、こちらをご確認ください。
【文面リンクURL】 https://support.jp.playstation.com/app/answers/detail/a_id/13713/

■『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』配信記念キャンペーンについて
PlayStation Store では、シリーズ関連作品の「配信記念キャンペーン」を実施中です。

TVアニメシリーズ『ソードアート・オンライン』『ソードアート・オンライン II』各全話まとめパック、OVA『ソードアート・オンライン Extra Edition』が25%OFF
<キャンペーン期間>12月6日(水)~12月19日(火)まで

PS4R/PS Vita『ソードアート・オンライン』ゲームシリーズをセール中
<キャンペーン期間>12月13日(水)~2018年1月8日(月)まで


『劇場版 ソードアート・オンライン – オーディナル・スケール- 』 PS4用テーマ (壁紙)を 、PlayStation Plus 加入者限定にて配布中
<キャンペーン期間>12月6日(水)~2018年1月9日(火)まで
※テーマは2パターン1セットとなります。

PlayStation Music でアニメ&ゲームのオープニングテーマ、エンディングテーマ15曲を集めたプレイリスト『ソードアート・オンライン』を公開中
1. 「crossing field」LiSA 『ソードアート・オンライン』アインクラッド編OP
2. 「ユメセカイ」戸松遥 『ソードアート・オンライン』アインクラッド編ED
3. 「INNOCENCE」藍井エイル 『ソードアート・オンライン』フェアリィ・ダンス編OP
4. 「Overfly」春奈るな 『ソードアート・オンライン』フェアリィ・ダンス編ED
5. 「虹の音」藍井エイル 『ソードアート・オンライン』Extra Editionテーマソング
6. 「IGNITE」藍井エイル 『ソードアート・オンライン II』ファントム・バレット編OP
7. 「Startear」春奈るな 『ソードアート・オンライン II』ファントム・バレット編ED
8. 「courage」戸松遥 『ソードアート・オンライン II』キャリバー編 / マザーズ・ロザリオ編OP
9. 「No More Time Machine」LiSA 『ソードアート・オンライン II』キャリバー編ED
10. 「シルシ」LiSA 『ソードアート・オンライン II』マザーズ・ロザリオ編ED
11. 「セパレイト・ウェイズ」戸松遥 『ソードアート・オンライン II』キャリバー編 / マザーズ・ロザリオ編(第24話・挿入歌)
12. 「シンシアの光」藍井エイル 『ソードアート・オンライン -ロスト・ソング-』OP
13. 「夜の虹を越えて」春奈るな 『ソードアート・オンライン -ロスト・ソング-』ED
14. 「Windia」春奈るな 『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』OP
15. 「S×W -soul world-」KOTOKO × LUNA 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(ミレニアム・トワイライト)』主題歌

内容の詳細につきましては、PlayStation.Blog をご確認ください。
【PlayStationR.Blog リンク URL】
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/6136/20171213-sao-movie.html

(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

e-consystems社製 TANIA – Cypress® CX3™, Socionext ISP,Dual Sony,RDK リファレンスデザインキット – ValuePress! (プレスリリース)

TANIA『See3CAM_CX3_SNI_ISP_RDK』は、Cypress®Semiconductorsの EZ-USB® CX3™ およびSocionext Milbeaut® MBG967 イメージシグナルプロセッサ(ISP)を使用して開発されたUSB3.1 Gen1(5Gb / Sec)UVC(USBビデオクラス)リファレンスデザインキットです。 TANIAはソニー IMX230 と IMX258 イメージセンサーをベースにしたdual(21MP rear and 13MP front)カラーオートフォーカスカメラモジュールを持っています。

サイプレスEZ-US®CX3は、USB3.1 Gen1(5Gb /秒)周辺コントローラで、開発者はMIPI(Mobile Industry Processor Interface)に準拠したイメージセンサーでUSB3.1 Gen1(5Gb / Sec。カメラシリアルインタフェース(CSI-2)規格に準拠しています。

『TANIA(See3CAM_CX3_SNI_ISP_RDK)』の主な特徴

■Cypress®Semiconductors CX3™,Socionext Milbeaut MBG967およびDual(21MPリア e-CAM210_MI230_MOD, および13MPフロントe-CAM130_MI258_MOD)カメラモジュール含むシングルボードソリューション。

■Socionext社のMilbeaut MBG967 ISPは、イメージセンサーとCX3の間でインターフェイスされた強力なイメージシグナルプロセッサで、ベイヤーのRAWイメージを処理し、3A(オートフォーカス、自動露出、オートホワイトバランス)で優れた画質を実現します。

■プラグアンドプレイデバイス(UVC準拠、特別なドライバをインストールする必要はありません)

■USBインターフェース:

USB3.1 Gen1(5Gb /秒)タイプ-Cコネクタ(UVC用)

USB 2.0 Micro-Bコネクタ(デバッグ用)

■ファームウェア格納用のSPIフラッシュ

■低照度環境向けの高輝度オンボードLED

■下位互換性 – USB 2.0ホストをサポート(フレームレート制限付き)

■静止画キャプチャ – 21MP および 13MP

■キットサイズ(エンクロージャ付き) (lxwxh) : 133.50mm x 38mm x 39 mm

ソフトウェア:

•対応OS – Windows 10, Windows 8, Windows 7, Linux 12.04, Linux 14.04 & Linux 16.04

『TANIA(See3CAM_CX3_SNI_ISP_RDK)』 – カスタマイズ

外形寸法のシュリンクやLED追加等、各種カスタマイズの御要望がありましたらお問い合わせください。

【e-consystems社について】

e-consystemsは、2003年10月に設立された Embedded 製品開発パートナーで、顧客にワールドクラスの設計と開発サービスを提供しています。Embedded Systems 領域の顧客にターンキーソリューションをまた、設計コンサルティングおよび各段階での開発サービス最終顧客への製品の最終配送まで信頼性の高い製品を最短で提供します。

【製品紹介URL】

https://www.e-consystems.com/jp/cypress-cx3-rdk-with-sony-imx230-imx258.asp