ニコンイメージングジャパン、「TopEye 全国高校生写真サミット2018」を横浜で開催全国から選抜された15校の写真部生徒による写真の祭典 – 時事通信

[株式会社ニコンイメージングジャパン]

株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、2018年2月2日(金)~ 4日(日)の3日間にわたり、6回目となる「TopEye 全国高校生写真サミット2018」を横浜で開催します。

「TopEye 全国高校生写真サミット」は、次世代を担う高校生たちに「写真作品で競い合いながら、共に学ぶ場」を提供することを目的としたイベントです。「TopEye」で年間を通して実施されているフォトコンテストの合計得点によって、全国から選抜された15校の写真部生徒計45名が、日本における写真文化発祥の地「横浜」を舞台として撮影し、作品性を競い合います。また、単なる写真コンテストではなく、プロ写真家による撮影指導や講演、作品講評、写真部同士の交流など、高校生たちの出会い、共有、共感、成長の場を提供するプログラムとなっております。本イベントは、「撮る・みる・楽しむ。写真の祭典『フォト・ヨコハマ2018』」のパートナーイベントになっております。

URL:http://www.nikon-image.com/activity/topeye/hssamit2018/index.html

<出場校>
本イベントには、下記の15校が出場します。

宮城県白石工業高等学校、中越高等学校(新潟県)、群馬県立藤岡北高等学校、
埼玉栄高等学校(埼玉県)、千葉県立四街道高等学校、大阪府立成城高等学校、
帝塚山学院中学校高等学校(大阪府)、奈良県立王寺工業高等学校、
和歌山県立神島高等学校、香川県立坂出商業高等学校、出雲北陵高等学校(島根県)、
熊本県立第二高等学校、八代白百合学園高等学校(熊本県)、沖縄県立浦添工業高等学校、沖縄県立知念高等学校

<「TopEye」とは>
1979年よりニコンイメージングジャパンが発行している中高生フォトグラファー応援マガジンです。誌面を通じてのフォトコンテストの開催や各地の写真部の紹介、プロ写真家によるアドバイスなど、全国の中学校・高等学校の写真部を支援しています。

写真は前回(第5回)「TopEye 全国高校生写真サミット2017」の様子

<「TopEye 全国高校生写真サミット2018」開催概要>
開催日程:2018年2月2日(金)~2月4日(日)
一般公開:2月3日(土)14:30~18:30 生徒による作品プレゼンテーションなど※1
2月4日(日)10:00~12:45 基調講演・表彰式※1
会 場:横浜美術館 レクチャーホール他
(神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号)
概 要:開会式で発表されるテーマに沿って、生徒達は貸与される同じ機種のデジタル一眼レフカメラと交換レンズ(※2)を使用して、そのテーマを表現する作品を横浜の指定エリア内(※3)で撮影します。撮影会後、生徒による作品のプレゼンテーションとプロ写真家による審査を経て、グランプリ(チーム賞)を決定します。
主 催:株式会社ニコンイメージングジャパン
共 催:横浜美術館
後 援:横浜市文化観光局、高等学校文化連盟全国写真専門部
協 力:エプソン販売株式会社、株式会社ケンコー・トキナー、
北海道「写真の町」東川町、全日本写真連盟、日本報道写真連盟、
フォトシティさがみはら実行委員会、読売写真大賞事務局
審 査 員:小林紀晴氏(審査委員長)、秋元貴美子氏、藤村大介氏、ミゾタユキ氏、
林典子氏(特別審査員)

※1 時間と内容につきましては、変更となる可能性があります。
※2 D5600、AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
※3 みなとみらい地区、山下公園、馬車道、マリンタワー、大さん橋、赤レンガ倉庫、港の見える丘公園など横浜を代表する各スポットを含むエリア

<主なプログラム>
2月2日(金)
・開会式
・1日目撮影会

2月3日(土)
・2日目撮影会
・プロ写真家によるフォトレビュー
・各校生徒による作品プレゼンテーション
・2017年度「TopEyeフォトフォトサロン(フォトコンテスト)」年度賞表彰式

2月4日(日)
・写真家 林典子氏による講演
・審査結果発表
・「TopEye 全国高校生写真サミット2018」表彰式
・閉会式

<優秀作品の展示・掲載予定>
下記の日程で「TopEye 全国高校生写真サミット2018 優秀作品展」を開催します。

会 場:ニコンプラザ新宿 THE GALLERY 2・ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
展示期間:新宿 2018年3月13日(火)~3月19日(月)
大阪 2018年4月5日(木)~4月11日(水)
開館時間:10時30分~18時30分(日曜休館/最終日は15時まで)

「TopEye 全国高校生写真サミット2018」最優秀賞の受賞校作品は、2018年2月下旬発
行の「TopEye」誌面での掲載を予定しています。

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d16573-20171214-7771.pdf

企業プレスリリース詳細へ (2017/12/15-14:01)

「半導体製造装置」関連に関心、需要増で設備投資競争に拍車<注目テーマ> – ニフティニュース

★人気テーマ・ベスト10
1 全固体電池
2 人工知能
3 仮想通貨
4 ロボット
5 量子コンピューター
6 電気自動車関連
7 5G
8 半導体製造装置
9 人材派遣
10 リチウムイオン電池

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「半導体製造装置」が8位となっている。

 半導体の製造装置や材料の国際業界団体のSEMI(米国)がまとめた2017年第3四半期(7〜9月)の世界半導体製造装置出荷額は、143億ドル(約1兆6000億円)となり、前年同期比30%増と高い伸びを示した。

 各種ITサービスやSNSで動画が本格的に活用されることで、スマートフォンやデータセンターの記憶媒体として、NAND型フラッシュメモリーの需要が急増している。また、自動車用の半導体や、IoT(モノのインターネット)関連など、幅広い分野で半導体需要が継続的に拡大している。

 なかでも特に、スマートフォンやデータセンターの記憶媒体として使用されるNAND型フラッシュメモリーの供給不足は深刻となっている。従来主力のHDD(ハードディスクドライブ)に代わって、処理速度が格段に速いフラッシュメモリーを使うSSD(ソリッドステートドライブ)がメーンとなってくることがフラッシュメモリーの不足感をさらに加速させそうだ。

 次世代メモリーとして期待されている3DNAND型フラッシュメモリーの歩留まりがなかなか上がらないことも不足感を長引かせている要因で、先行して量産体制に入っている韓国サムスン電子とその他のメーカーとの設備投資競争の激化が、半導体製造装置の需要を拡大させることになる。

 主な関連銘柄としては、キヤノン<7751.T>、ニコン<7731.T>、東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>、SCREENホールディングス<7735.T>、ディスコ<6146.T>、日立国際電気<6756.T>、東京精密<7729.T>、日立ハイテクノロジーズ<8036.T>、新川<6274.T>などがある。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

楽天と携帯3社が揃って大幅安! 日経平均は3日続落 – 投信1

【東京株式市場】 2017年12月14日

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日続落、FOMC通過で材料出尽くし

2017年12月14日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,694円(▲63円、▲0.3%) 3日続落
  • TOPIX 1,808.1(▲2.7、▲0.2%) 続落
  • 東証マザーズ総合指数 1,196.9(+9.2、+0.8%) 6日続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,362、値下がり銘柄数:606、変わらず:83
  • 値上がり業種数:20、値下がり業種数:13
  • 年初来高値更新銘柄数:166、年初来安値更新銘柄数:4

東証1部の出来高は16億6,682万株、売買代金は2兆6,593億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。注目イベントのFOMCが終わり、事前想定通りの利上げが実施されましたが、盛り上がりに欠けた商いとなりました。ただ、売買代金は2兆5,000億円を上回っています。

続きを読む

参考記事

そのような中、日経平均株価は前場時の序盤に一時+28円高となるものの、その後はマイナス圏に沈んだ推移となりました。後場の半ばには一時▲119円安まで下落しましたが、最後はやや盛り返したものの3日続落で引けています。

なお、TOPIXも同じような値動きでした。

東証マザーズ総合指数は6日続伸、売買代金は4日連続の1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は5,197万株、売買代金は934億円となり、いずれも前日より小幅増加となりました。一部銘柄が物色対象となったものの、盛り上がりに欠けた商いとなったようです。売買代金は4日連続の1,000億円割れとなりました。

一方で、総合指数は6日続伸となり、1,200ポイント回復目前まで迫っています。この続伸の勢いが続くかどうか注目されます。

楽天の参入表明で携帯電話3社が大幅安、MUFGなど金融株も大幅反落に

個別銘柄では、携帯電話事業への参入を表明した楽天(4755)が▲5%安に迫る急落となり、競争激化が懸念された既存の携帯3社のソフトバンクグループ(9984)、KDDI(9433)、NTTドコモ(9437)がいずれも大幅安となりました。

また、買い戻しが続いていた金融株が大幅反落となり、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、みずほフィナンシャルグループ(8411)、野村ホールディングス(8604)などが大幅下落となっています。

その他では、任天堂(7974)やニコン(7731)などの下落が目立ちました。

一方、パナソニック(6752)が大幅高となり、三井不動産(8801)も大幅反発となりました。また、昨日東証1部に新規上場したSGホールディングス(9143)は一時+15%超高の爆騰となり、人気の高さを示しています。

新興市場では、サンバイオ(4592)が急騰して年初来高値を更新し、そーせいグループ(4565)など医療バイオ関連株の上昇が目立ちました。また、力の源ホールディングス(3561)やキャリアインデックス(6538)も大幅高となり、Gunosy(6047)も大きく値を上げています。

一方、ユーザベース(3966)が冴えない値動きとなりました。

投信1編集部

参考記事

ニュースレター




あわせて読みたい

投信1編集部
投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。

金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。

SEMICON Japan 2017 – 露光技術を活用した光加工機を展示するニコン … – マイナビニュース

12月13日から15日にかけて東京ビッグサイトにて開催されているエレクトロニクス製造サプライチェーン総合展示会「SEMICON Japan 2017」において、ニコンは多機能レーザー加工機の参考出展を行っている。

同加工機は、同社が長年培ってきた露光装置の光源技術を応用して、多様な加工を実現するもの。その特徴として、同一のレーザーで、「造形・肉盛り」「マーキング」「研磨」「切断/穴あけ」「接合」といったさまざまな機能を実現することを可能とすることが挙げられる。対応素材は、開発中としつつも、ステンレスや鉄、ニッケル系に対応するとしており、それ以外の素材については、市場の要望に合わせる形で対応を図っていきたいとしていた。

また、その精度や加工サイズについても、同様に、工作機械などをターゲット市場としてはいるものの、具体的なニーズについては、これから調査を進めていくとのことで、展示されていたデモ機では加工サイズはφ150mm×高さ150mmであったが、精度含めて、変更が施される可能性も高いという。

なお、現状、カラーリングについては白と黒の2種類を用意しているが、こちらについてもカスタマの利用ニーズを見ながら判断していくとのこと。当面は、そうした各種の仕様を詰めていくために、さまざまな展示会に出展し、意見の吸い上げを図っていくとのことで、SEMICON Japan 2017の次は、2018年2月に東京ビッグサイトにて開催される「3D Printing 2018」に出展する予定だとしている。

キヤノン、200mm対応の露光装置販売 IoTや車載向け半導体の最適な … – 財経新聞

 キヤノンは11日、メモリー・ロジック・イメージセンサーなどIoT・車載向け半導体デバイスの量産において定評のあるi線半導体露光装置「FPA-5550iZ2」とKrF半導体露光装置「FPA-6300ES6a」に対応する“200mmオプション”を同日より発売すると発表した。

【こちらも】東芝・キヤノン連合、次世代「BiCS FLASH」の微細化技術 サムスンに対抗

 研究段階の最先端微細加工寸法は7ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)である。そのため、半導体の微細寸法の知見があると、10年から20年前のプレスリリースの記事と勘違いするかもしれない。

 i線半導体露光装置で扱う微細加工寸法は350ナノメートル、KrF半導体露光装置で扱う微細加工寸法は90ナノメートルであり、IoTの需要は先端の露光技術よりも、数世代前の半導体の製造技術を必要とする。なお、i線は波長365ナノメートル、KrFは波長248ナノメートルの光源を用い、その数分の1の微細加工を実現する。

●半導体露光装置メーカー

 2000年頃、半導体露光装置のシェアはトップのニコンが40%強、2位のキヤノンが40%弱、3位のオランダASMLが20%と日本勢が優勢であった。

 現在ではASMLが先端の露光装置で先行し90%のシェアを誇るとの情報もある。その先端の露光装置は、サムスンやファウンダリーメーカーのTSMCを筆頭に採用が進む。

 他方、ニコンは露光装置市場から撤退。キヤノンは7月、先端露光にナノインプリント技術を東芝と開発し、先端のフラッシュメモリの量産に着手している。

 メモリーやプロセッサーなどの半導体デバイスでは、最先端の微細加工技術を用い、300mmウエハーを使用して製造するのが一般的である。それは、大量生産の効果が最大になるからである。先端の微細加工技術を用いれば、チップサイズが縮小し、ウエハー当たりのチップ数が増す。同様にウエハーサイズを大きくすれば、さらにチップ数は増す。

●キヤノン露光装置に200mmのオプション

 急速に普及が進むIoTや車載向けの半導体デバイスにおいては、実績のあるプロセスでの多品種少量生産が求められる。そのため、デバイスメーカーからは、300mmではなくて、200mmウエハーに対応した装置の要請が高まっている。

 そこで、生産性や重ね合わせ精度で定評のある300mmウエハー対応のi線半導体露光装置「FPA-5550iZ2」、KrF半導体露光装置「FPA-6300ES6a」向けに、200mm ウエハーに対応する“200mmオプション”を発売する。

●IoT向け露光装置(キヤノン、「FPA-5550iZ2」、「FPA-6300ES6a」)のテクノロジー

 200mmのウエハーオプションで業界最高水準の生産性を誇る。「FPA-5550iZ2」は毎時230枚、「FPA-6300ES6a」は毎時255枚の露光処理が可能という。

 なお、両装置共に同一のプラットフォームを使用。市場で稼働している装置へのソリューション提供、生産性や重ね合わせ精度向上のための継続的なアップグレードが容易だという。(小池豊)

ニコンの最新機「D850」に隠れた多くの改良点 動画機能も確実に進化 – livedoor

解説:鹿野宏

裏面照射型CMOSを搭載したFXフォーマット機

9月に発売されたニコンの最新機D850。一見、「これといって尖った新機能が見当たらない」と思っていたのですが、実際に細部を見てみると、裏面照射型CMOSセンサー採用、FX / DXフォーマット切り替えなど、多くの点で改良、チューニングがされてることがわかりました。

Nikon D850

img_products_dslr_nofear52_01.jpg有効約4575万画素の裏面照射型CMOSを搭載したFXフォーマット機。
動画撮影ではFXベースでの4K撮影と、スーパー35mm相当のDXベースでの4K撮影が可能。感度はISO64〜256000。
スローモーション撮影はフルHDモードまでだが、4倍スロー(120 / 100pで画像読み出し、30 / 25pで記録・再生)、5倍スロー(120pで画像読み出し、24pで記録・再生)の撮影が可能。フルHD動画撮影では電子手ブレ補正も使える。

ISO6400まではダイナミックレンジ10絞りを確保

裏面照射CMOSのおかげで、ISO感度6400での動画撮影を軽々とサポート。さらにISO200以下の低感度も充実し、ISO64まで設定できるのは大きなメリットです(静止画ではISO32まで拡張可能)。いつものチャートテストではISO64からISO800までは、36ステップ、12段ものダイナミックレンジを確保! ISO1000から徐々にダイナミックレンジは減少しますが、ISO6400でも10絞りを維持しているのが驚きです。ISO8000以降、ややノイズが目立ち始めてもISO16000までは7ステップを維持しているので、シャドー部を潰して構わない絵柄であれば、問題なく使用可能なノイズ量だと判断できます。

D850 ISOとダイナミックレンジ

21ステップ
30ステップ

img_products_dslr_nofear52_04.jpgimg_products_dslr_nofear52_05.jpg

img_products_dslr_nofear52_06.jpg

1/3段刻みのステップチャートを動画撮影して、シャド−部を拡大したもの。緑三角が21ステップ(絞り7段)、赤が30ステップ(絞り10段)。
映像をモニターで確認すると、ISO64では10段以上、12段あたりまで再現。当然ながらノイズもない。ISO6400ではノイズが出てくるが、それでも10段は確保している。さすがにISO16000だとかなりノイズが乗ってくるが、7段程度のダイナミックレンジは確保している。

低感度のメリットとしては、動画の日中撮影で1/30秒のシャッタースピードを維持し、絞りを開けたいとなるとNDフィルターを使わざるを得ないケースも多いのですが、ISO64までの設定があれば、NDフィルターなしで撮影できる幅が広がります。

またシャッタースピードと絞りをマニュアルに固定して、感度のみをオートで変えて適正露出を得る「感度自動制御」も便利。前述した通り、広い感度域で安定した仕上がりが得られるので、明度差があるシーンをワンカットで撮影する際や、タイムラプスにも威力を発揮します。

FXフォーマットとDXフォーマットを選べる

FXフォーマット4KとDXフォーマット4Kを切り替えられる機能は、歓声をあげる方も多いのではないでしょうか。D850は35ミリフルサイズセンサーを持つFXフォーマットのカメラですが、フルフレームを使いオーバーサンプリングで4K動画を撮影するFXモードは解像感の高い仕上がり。一方、センサーの中央部、DXエリアを使うDXモードでは、ほとんど同様の品質を維持しながら、同じレンズで1.5倍の焦点距離を稼げるのです。

D850 電塾CCD解析能力評価用チャート

※YouTubeプレーヤーをなるべく高解像度に設定してご覧ください。

img_products_dslr_nofear52_02.jpgFXフォーマット
img_products_dslr_nofear52_03.jpgDXフォーマット

FXフォーマット4KとDXフォーマット4Kで同心円チャートを撮り比べてみた(拡大)。
FXフォーマットはセンサーの広い範囲からのオーバーサンプリングによって、解像感の高い仕上がり。シャープネスも自然だ。DXモードでもオーバーサンプリングされているが、その範囲は狭く、ややシャープネスが強い印象。ただしFX/DXとも大きな違いはなく、実際の撮影では仕上がりにほとんど差のない画像が得られる。モードを切り変えて撮影して、タイムライン上に2種類のモードが混在しても違和感はないだろう。

自然光オートも(筆者的には)待ちに待った機能です。通常のオートの場合、オレンジやベージュに塗られた壁などが画面の中で支配的な時、ホワイトバランスが大きく狂うことがよくありますが、太陽光に条件を限定することで、高い精度のホワイトバランスを期待できます。動画の外ロケは、このモードのみでいけると感じました。

ホワイトバランス=自然光オート、測光モード=ハイライト重点、ピクチャーコントロール=フラットという3種の設定を組み合わせると、直射日光の強い屋外から日陰、窓から光が入る室内などの撮影、あるいはタングステン光のスポットライトが踊る舞台撮影もオートホワイトバランス、自動露出のままで苦もなく撮影できるでしょう。

フルHD限定ではありますが、120 / 100pで画像読み出し、30 / 25pで記録・再生のスローモーションが可能。また電子手ブレ補整も搭載してきました。どちらも4K撮影には未対応なのは残念ですが、あるとないとでは大違いです。冒頭に「一見、これといって尖った新機能がない」書いてしまいましたが、万遍ない方面に進化しているせいで逆に特徴が見えない。けれども使ってしまうと手放せなくなる。D850はそんなバランスで完成されたデジタルカメラでしょう。

D850 スローモーション

モデル:米田和子

D850 手振れ補正

ポートレイトモードがきれい

最後にピクチャーコントロールについて。これまで動画撮影の設定は「フラット」モードばかり使ってきたのですが、ニコンさん、「ポートレート」モードの画質も進化していませんか? 今回、この設定を使ってみてびっくり。シャドー部の濁りがなく、色相のつながりがとても綺麗です。充分な質感、立体感を損なわずに維持している。動画撮影時に肌色に対して、明るさとコントラストのみの調整でかなり綺麗に仕上げることができました。これは「フラット」と併せて使っていけるモードだと感じました。

D850 ポートレイト

作例

 ISO160、F2.8、1 / 30s、FXフォーマット4Kで撮影img_products_dslr_nofear52_07.jpgimg_products_dslr_nofear52_08.jpgこれまでニコンカメラの動画撮影では、ピクチャーコントール設定はカーブにクセがなく使いやすい「フラット」を推してきたが、人物メインなら適正露出に気を使う必要はあるものの「ポートレート」モードもかなり使える。シャドーの濁りがなく、驚くほど肌色再現性が高い。

※この記事はコマーシャル・フォト2017年11月号から転載しています。

〈NDT最新施設訪問〉ニコンインステック – 産報

〈NDT最新施設訪問〉ニコンインステック

17/12/05

ニコン子会社であるニコンインステックは10月、産業用CT装置などを設置するデモンストレーション施設を横浜市栄区に開設した。NDT・非接触測定分野に特化したものとしては、同社にとって初となる。オープンしたばかりの同施設を訪れ、開設の経緯や今後の展望をきいた。
【第1367号】

TOP画面へ

ニコン,MF旧製品のメンテナンスサービスを期間限定で受付 – 鉄道ファン

写真共有SNS「Flickr」で一番人気のカメラはiPhone – ニコニコニュース

写真共有サービスFlickrが、2017年に同サイトに投稿された写真の撮影にもっとも使われたカメラは、iPhoneのカメラだったことを明らかにしました。

Flickrユーザーの54%がiPhoneで撮影

Flickrによれば、投稿された写真の50%がスマートフォンで撮影されたもので、2016年の48%から増えています。またデジタル一眼レフカメラで撮影されたものも33%と、前年の25%から増える一方、コンパクトカメラからの投稿は21%から12%へと減少しました。ミラーレスは4%で、3年連続で同じ数字となっています。
 
yir2017-infographic_top-device-types2x
 
ブランド別に見ると、Flickrユーザーの54%がAppleのiPhoneを利用しており、ほかを圧倒しました。また人気の上位10機種では、なんと9機種がiPhoneだったとのことです。9位にかろうじて、キヤノンの5D Mark IIIがランクインしています。
 
Appleに続いて利用が多かったブランドがキヤノンで23%、3位はニコンで18%でした。
 
yir2017-infographic_top-brands2x

年々高まるiPhoneのシェア

camera-share-e1450625757580
 
FlickrにおけるiPhoneのシェアは年々高まっています。同サービスのデータによれば、2010年1月の時点ではキヤノンの利用が36%で1位、2位が22%のニコン、iPhoneは一桁台でしたが、その後年々数字を伸ばし、2014年にそれまでトップだったキヤノンを抜いて首位に躍り出ました。以降も右肩上がりにシェアを増やし続けています。
 
AppleはiPhoneのカメラ性能の向上に力を入れており、iPhone8 Plus、iPhone Xでは、ポートレートモード機能が追加されています。また公式InstagramアカウントでiPhoneで撮影された写真や動画を、ハッシュタグ#shotoniPhoneをつけて公開しています。

 
 
Source:Flickr via MacRumors
(lunatic)

 
 

写真共有SNS「Flickr」で一番人気のカメラはiPhone