LEGO、いよいよ「NASAの女性たち」発売 ――宇宙開発のパイオニア女性を讃えて11月 1日出荷 – TechCrunch Japan


LEGOはファインサイト、 LEGO Ideasから提案されたプロジェクトをいよいよ公式な製品として発売する。Women of NASA〔NASAの女性たち〕というパッケージにはNASAの宇宙開発におけるパイオニアとなった女性たち4人と貢献したプロジェクトのミニチュアがフィーチャーされる。

このLEGOセットはまず最初にMIT Newsの副編集長、Maia WeinstockがLEGO Ideasで昨年提案したものだ。プロジェクトはたちまち1万の支持者を集め、LEGOが正式に製品化するためのハードルを超えた。

今回のフィギュアとなった4人は以下のとおり。60年代にアポロ計画の船上搭載ソフトウェアを開発したコンピューター科学者のマーガレット・ハミルトン、ハッブル宇宙望遠鏡の開発に貢献したナンシー・グレース・ローマン、アメリカ初の女性宇宙飛行士、サリー・ライドとアメリカ初のアフリカ系女性宇宙飛行士、メイ・ジェイミソンだ。Weinstockが当初提案したリストには映画Hidden Figures〔邦題は『ドリーム』〕でも描かれているキャサリン・ジョンソン(マーキュリー計画、アポロ計画で軌道を計算した)も含まれていた。

製品版ではキャサリン・ジョンソンが含まれていないが、LEGOによれば、関係者全員の承諾が得られなかったためという。ジョンソンと家族の承認を得る際になんらかの問題があったようだ。

キットはLEGOのGemma AndersonとMarie Sertillangesによってデザインされ、Weinstockのオリジナルのアイディアに非常に忠実だ。AndersonとSertillangesは再現にあたって細部にわたって膨大な調査を行った。たとえばフィギュアのサリー・ライドの名札には「Sally」とファーストネームしか書かれていないが、これはサリー・ライド自身の要望によって現実にもそうなっていたものという。

Women of NASA〔NASAの女性たち〕パッケージは11月1日から出荷され、価格は24.99ドルだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

東京モーターショー/パイオニア、自動運転向けセンサー出展 – 日刊工業新聞

INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 自動車・輸送機 ]

東京モーターショー/パイオニア、自動運転向けセンサー出展

(2017/10/19 05:00)


パイオニアは東京・有明の東京ビッグサイトで27日に開幕する「第45回東京モーターショー」に自動運転向けの高機能センサー「3D―LiDAR(ライダー)」を参考出品…

(残り:175文字/本文:255文字)

(2017/10/19 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

現場で使える! 
「なぜなぜ分析」で機械保全

現場で使える!
「なぜなぜ分析」で機械保全

「7つのムダ」排除 次なる一手
IoTを上手に使ってカイゼン指南

「7つのムダ」排除 次なる一手
IoTを上手に使ってカイゼン指南

きちんと知りたい! 
軽自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい!
軽自動車メカニズムの基礎知識

おもしろサイエンス 
小麦粉の科学

おもしろサイエンス
小麦粉の科学

粉体用語ポケットブック

粉体用語ポケットブック

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社
モノづくり県が誇るオンリーワン企業

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社
モノづくり県が誇るオンリーワン企業

BRADIOが掲げる、ファンク×J-POPの新たな王道 「パイオニアになれる可能性がある」 – リアルサウンド

 奴らがいよいよメジャーシーンにやって来る。インディーズ時代は向かうところ敵なし、今年に入って中野サンプラザ公演をソールドアウトさせ、15個もの大型夏フェスを制覇した稀代のファンクロックバンドが、次に狙うはメジャーでの主役の座だ。熱唱とファルセットを巧みに使い分ける、一度見たら忘れないアフロ頭の真行寺貴秋(Vo)を中心に、そのサウンドは強靭なファンクビートとJ-POPの親しみやすさを兼ね備えた、とことんポップでハッピーなもの。往年のソウルマナーをたっぷり詰め込んだ1stシングル『LA PA PARADISE』から、BRADIOの新しいステージが幕を開ける。(宮本英夫)

「いい音楽を残していきたい」(大山)

――個人的には、「HOTELエイリアン」あたりのミュージックビデオにやられたクチです。BRADIOのファンって、映像から入った人も多いんじゃないかと思うんですけども。

酒井亮輔(Ba/以下、酒井):映像はかなりパンチありますからね。

大山聡一(Gt/以下、大山):自分らで見ても「なんだこいつら?」って(笑)。

酒井:「HOTELエイリアン」は、撮影に3日ぐらいかかったもんね。

――あれ、相当お金かけたでしょう。

大山:いや、意外に節約してやってるんですよ。ロケーションも、知り合いのツテで借りたりとか。お金かかってる風ですけど(笑)。

――客観的に見ると、あの時期ですか。BRADIOという名前が一気に広がり始めたのは。

田邊有希(Dr/以下、田邊):「Flyers」でアニメ(TVアニメ『デス・パレード』)のタイアップをやらせてもらうようになってから、かもしれませんね。

――2015年くらいですね。あれからぐんぐん動員もセールスも伸ばして、いよいよメジャーデビューということで。BRADIOは実は長いキャリアを持つバンドですけど、もちろん目標ではあったんですよね。メジャーデビューというのは。

真行寺貴秋(Vo/以下、真行寺):もちろん。単純にうれしいですし、ファンの方たちに望まれていた部分もあったりしたので。そういった意味で、「みんなのおかげでここまで来たよ」というものが、一つの形になったのかなという実感があります。

真行寺貴秋

――やはり変わりますか。環境も、メンタルも。

田邊:正直な話をすると、そんなに変わってないですね。今までもいい環境で活動させてもらっていたということもありますし、今まで培ってきたものをそのまま継承しつつ、いろんなことを吸収できたらいいなと思ってます。ただ自分の内面とは裏腹に、周りの人や親がすごく喜んでくれてるので、それは単純にうれしいなと思いますね。

大山:メジャーに行って音楽をやるというのは、小さい頃からの夢だったんで、うれしいです。バンド自体はもう7年目になるんですけど、バンドとしての歴史を踏まえて、一緒にやっていこうと声をかけていただいたのはすごくうれしいですし、ワーナーさんは僕たちのことをすごく理解してくれている感覚があるので、一緒にいい音楽を残していきたいです。あとは、最近よく六本木に来るなと思いますね(笑)。僕は新潟の田舎者なんで、六本木=メジャーという感じです。

酒井:音楽の芯になる部分は変わらないと思います。変わった部分は、意識とか哲学の部分ですね。人の目に触れることが多くなると思うので、ダメになった時は急激にダメになるという、プレッシャーはすごく感じてます。

――掛け金が多くなって、ゲットも増えるけどリスクも増えるというような?

酒井:そんな感じですね。ライブのキャパもそうで、何百人のライブハウスから何千何万になっていくということだと思うし、ミュージシャンとしても成長しなきゃいけないなという意識はすごく高まりました。

――その、記念すべきメジャー一発目。「LA PA PARADISE」は、シングルを想定して作ったものですか。

真行寺:もともと違う形であった曲を、このタイミングでブラッシュアップしました。

大山:BRADIOの場合はだいたいオケ先で、それにメロディを乗っけていくパターンが多いですね。これはもともとのオケは全然違う感じだったんですけど、サビで貴秋が歌ってたメロディがすごく良かったので、そこを生かして、ガラッと作り直して今の形に持って行きました。

大山聡一

田邊:曲のテイスト的には80年代、90年代の古き良き音楽をベースに、BRADIOのソウルをふんだんに盛り込めたんじゃないかと。歌詞的には、人の背中を押せるようなものになればいいと思っていて、元気になる要素もあるし、せつない要素もあって、現時点でのBRADIOの良きところを詰め込めた1曲になったんじゃないかなと思ってます。

――プロデューサーが藤井丈司さん。僕ぐらいの世代にとっては、「YMOとやっていた、あの……」という感じですね。すごいビッグネーム。

酒井:めっちゃファンキーな人でした。

田邊:気さくな親父って感じ(笑)。同じ目線で話してくださるので、すごくやりやすかったですね。フレーズというよりは、メンタル面でアドバイスをくれるプロデューサーのタイプかなと思っていて、ドラムに関しては、僕は一小節一小節の積み重ねで作っていくタイプだったんですけど、「こういうダンスミュージックはもっと大きいループでグルーヴを作っていったほうがいいよ」とか。初歩といえば初歩なんですけど、ハッとする言葉が多かったです。最終的な答えは自分で出すんですけど、そこまでの道筋のヒントをくれるというか、そういう印象ですね。

酒井:ベースは楽しく録れました。個人的にどんどんレコーディングが楽しくなってきてる感覚があって、前回のアルバムの時からそうなってきたんですけど、今回は何も考えずに楽にできた気がします。

ワークスペースのパイオニア「Spaces」がイベントスペース無料 … – 時事通信

[リージャス・グループ]

アムステルダム発祥のワークスペースのパイオニアであるSpaces(本社:オランダ)は、コミュニティやアイデアの共有をコンセプトとしたレンタルオフィスとコワーキングスペースを兼ね備えたオフィススペースを東京大手町と名古屋にて展開しております。

このたびSpacesでは、Spaces内のイベントスペースにて、ビジネスイベント、交流会やセミナー開催などを実施いただけるSpacesイベントスペース無料キャンペーンを実施いたします。

Spacesはコミュニティに着目した、新しいワークスペースであり、働き方に関する新しい価値観を提供し、ソーシャルでインスピレーションを生むような環境をユーザーの方々に提供しています。利用者の多くが、Spacesをビジネスのアイデアを創生する場として位置づけ、利用者同士で交流し、コラボレーションを行っています。今回、Spacesをすでにご利用いただいている方に限らず、さらに多くの方の交流をサポートするため、イベントスペース無料キャンペーンを実施することとなりました。

Spacesは今後も、ワークスペース、コミュニティスペースの提供のみならず、ビジネスプログラムやイベントの実施を通して企業同士の交流をサポートしていく予定です。

Spacesイベントスペース無料キャンペーンについて
◇期間:2017年12月末日まで
◇イベントスペース収容人数:50~70名  100名
◇キャンペーン内容:
ビジネスイベント、ビジネス交流会、セミナー開催、展示会、説明会、サンプリングイベントなどのイベントを実施予定の企業、団体にSpacesのイベントスペースを無料で提供いたします。
※協賛条件に合意いただけない場合、一部有料とさせていただきます。
詳しくは、お問い合わせの上、ご確認ください。
※キャンペーンは告知なく終了する可能性があります。
◇お問い合わせ先:
本キャンペーンに関するお問い合わせ、お申込みについては、下記担当までご連絡ください。
Spaces担当 Tel:0120-965-412  E-mail:reception.tokyootemachi@spacesworks.com

Spacesについて
Spacesは、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネススペースを運営しています。オフィススペースの隣には、同じ考えを持つメンバーが情報やアイデアを共有し、協業できるミーティングルームを備えています。Spacesは企業を発展させ、価値のある関係性を構築し、ベンチャー精神を持ったインスピレーションを生む環境をつくることをゴールとしています。Spacesはアムステルダム、ハーグ、ロッテルダム、ロンドン、ニューヨーク、メルボルン、シドニーで展開しています。詳細に関しては、以下をご参照ください。www.spacesworks.com

企業プレスリリース詳細へ (2017/10/18-16:01)

イギリス Missionブランド第二弾しなやかで力強いサウンドを奏でる「QXシリーズ」を発売。 – 産経ニュース

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:荒木健)は、2017年10月より販売を開始したイギリスのMissionブランドのスピーカー第二弾としてしなやかで力強いサウンドが魅力の「QXシリーズ」の3機種6モデルの販売を11月上旬より販売を開始いたします。

商品名  2ウェイスピーカーシステム
型番 QX-2(RW:ローズウッド)/希望小売価格(税別)77,000円(2台1組)/発売予定時期 11月上旬
型番 QX-2(BK:ブラック)/希望小売価格(税別)77,000円(2台1組)/発売予定時期 11月上旬
型番 QX-4(RW:ローズウッド)/希望小売価格(税別)78,000円(1台)/発売予定時期 11月上旬
型番 QX-4(BK:ブラック)/希望小売価格(税別)78,000円(1台)/発売予定時期 11月上旬
型番 QX-C(RW:ローズウッド)/希望小売価格(税別)57,000円(1台)/発売予定時期 11月上旬
型番 QX-C(BK:ブラック)/希望小売価格(税別)57,000円(1台)/発売予定時期 11月上旬

※ 詳しい製品情報は以下の製品のホームページをご覧ください。
http://missionspeaker.jp/

[画像1: https://prtimes.jp/i/13593/78/resize/d13593-78-128142-1.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/13593/78/resize/d13593-78-434678-3.jpg ] [画像3: https://prtimes.jp/i/13593/78/resize/d13593-78-264958-5.jpg ] [画像4: https://prtimes.jp/i/13593/78/resize/d13593-78-366630-0.jpg ] [画像5: https://prtimes.jp/i/13593/78/resize/d13593-78-280589-2.jpg ] [画像6: https://prtimes.jp/i/13593/78/resize/d13593-78-525200-4.jpg ]

ブックシェルフタイプのQX-2は、リスナーの耳の高さに各ユニットからの距離を一致させ、ネットワークで位相を補正するタイムアライメントの原理を採用した独自の「インバーテッド・ジオメトリー方式」を採用し、フロアスタンディングタイプのQX-4は、2つのウーファーの間にツィーターを配置した仮想同軸方式を採用するなど、Missionが長年培ってきた伝統のスピーカー構成を踏襲しています。さらに各モデルとも、伸びやかな高域再生を実現する新開発の38mmリング・ドームツィーターを搭載。また、長繊維ファイバーを配合したウーファーは、くし歯構造のフロントカバーやブチルゴム素材のダウンロールエッジなどの採用により広がりのある低音再生を実現しています。

【主な特長】

1) 新開発リング・ドームツィーターユニット搭載
  高音を再生するツィーターは、新開発のリング・ドームツィーターを搭載。内周側のインバーテッド・
  ドーム振動板がスムースな周波数特性を再現し、外周側のドーム振動板によって磁気回路からの駆動力が
  ダイレクトに伝わる「アドバンスド・ディアドライブ・コーン・システム」により伸びやかな高域再生を
  実現しました。また、ダブル・リア・キャビティが、後方への不要な音やウーファーからの音圧の影響を
  排除し、音のカラーレーションを低減しています。

[画像7: https://prtimes.jp/i/13593/78/resize/d13593-78-967672-7.jpg ]

2) ウーファーユニット
  ウーファーユニットは、振動板を軽快に動かすために長繊維ファイバーを配合。低ひずみでありながら、
  しっかりとした広がりのある低音を再生します。低周波数帯域の高調波歪みを最小化するためにブチルゴム
  (IIR)素材のダウンロールエッジ設計を行っています。さらに、フロントカバーの「くし歯」構造は、
  精緻な計算によって余分な共振周波数をフィルタリングし、中域周波数帯の音が自然で、クリアに再生
  されます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/13593/78/resize/d13593-78-694210-6.jpg ]

3) ユニット配置の最適化により音のにごりやひずみを低減
  ブックシェルフタイプのQX-2は、ツィーターをウーファーの下に配置することで、リスナーの耳の高さに
  各ユニットからの距離を一致させ、ネットワークで位相を補正するタイムアライメントの原理を採用した
  Mission独自の「インバーテッド・ドライバー・ジオメトリー方式」を採用。また、フロアスタンディング
  タイプのQX-4は、2つのウーファーの間にツィーターを配置する仮想同軸を採用しています。

4) キャビネット設計
  キャビネットはラウンド形状の設計になっており、低周波帯域の回折を抑えます。バスレフポートは、
  風切り音を軽減し、低域の正確なパフォーマンスを引き出し、サウンド全体をコントロールするように
  設計されています。また、アルミニウム製プレートをキャビネット上下に配置することによりキャビネット
  の強度が上がり、低い周波数の音を正確に再現します。

5) バイワイヤリング対応スピーカーターミナル(QX-4のみ)
  フロアスタンディングタイプのQX-4は、バイワイヤリング対応のスピーカーターミナルを採用しています。

6) ローズウッド、ブラック、2色のカラーバリエーション
  お部屋の雰囲気やインテリアに合わせやすいように、ローズウッドとブラック、2色のカラーバリエーション
  をご用意しています。

パイオニア、USBオーディオアクセサリー”DRESSING”にコスパを高めた新モデル「APS-DR005」 – Phile-web

パイオニアは、USB端子に差し込みノイズを低減するUSBアクセサリー「DRESSING」の新モデル「APS-DR005」を12月より発売する。直販サイトでは本日より予約受付を開始した。価格は15,000円(税抜)。


APS-DR005

「DRESSING」は、PCなどIT機器のUSB端子に差し込むことで音質に悪影響を与えるノイズをカットし、本来の音を楽しめるようにするというアクセサリー。従来は、空いているUSB端子に差し込むだけのエントリーモデル「APS-DR001」、USB出力端子を設けUSBケーブルの接続ができる「APS-DR002」、受注生産のフラグシップモデル「APS-DR003」の3製品がラインナップされていた。


DRESSINGの効果測定図

新モデル「APS-DR005」は、「APS-DR002」の量産性を向上させ価格を抑えながら、最上位機種「APS-DR003」の技術をフィードバックしたモデル。制振設計とパーツ選定により、解像度を落とすことなく中域の厚みと力強さをアップさせ、音場感も得られるという。

「APS-DR002」と同様にUSB出力端子を搭載し、ノイズを除去した信号を他の機器へ送り出すことも可能。外装には抜き差ししやすいプリズムカットデザインを採用する。

外形寸法は21W×13H×59Dmm、質量は13g。

シリアル食品のパイオニア!「シスコーン」ロングセラーの秘密 … – ウオーカープラス

健康志向の高まりと共に朝食に新たな選択肢を加えたシリアル食品のパイオニア「シスコーン」。人気の秘密と知られざる製造工程をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2017年2月21日発売号)より>

「シスコーンBIG フロスト」1袋(1袋・220g・302円)/シスコーン

  • 「シスコーンBIG フロスト」1袋(1袋・220g・302円)/シスコーン

「シスコーンBIG フロスト」(1袋220g・302円)。サクッと軽快な食感と三温糖の優しい甘味が、食べ飽きないおいしさの秘密。カルシウムの吸収を助けるビタミンを新たに配合し、栄養価もさらにアップ!

シリアル食品のパイオニア「シスコーン」

ご飯やパンと並んで、朝食の選択肢としておなじみのシリアル。穀物を加工したり、フレークやパフにしたりと、今や多彩な商品が店頭をにぎわせるまでになった。アメリカ生まれのシリアル食品をいち早く国産化し、世に広めた先駆けが「シスコーン」だ。

日清シスコ株式会社/シスコーン

  • 日清シスコ株式会社/シスコーン

生みの親である創業者・播磨伊之助氏が、その存在を知ったのは1960年代。牛乳をかけるだけの簡便さと栄養価の高さに注目し、日本で本格的な製造に着手。「世界の朝食」と銘打って、1963年に発売した。当初は苦戦を強いられたが、子供のおやつとして徐々に人気を広げ、80年代後半の健康志向の高まりによっていっきに市民権を獲得。現在も売上個数No.1を誇る、コーンフレークの代名詞的存在だ。

知られざる製造工程を紹介!

2017年3月には、「シスコーンBIG」シリーズが従来の箱型から、いつでも開けたての味が楽しめるチャック付きスタンドパック“毎朝サクサクパック”にリニューアルし、栄養機能も強化。年々、シリアル食品のバラエティが広がるなかでも、シスコーンは同社の原点として今も進化を続けている。

【写真を見る】巨大な釜で原料のコーングリッツを蒸煮/シスコーン

  • 【写真を見る】巨大な釜で原料のコーングリッツを蒸煮/シスコーン

<1>巨大な釜で原料のコーングリッツを蒸煮。コーングリッツをふるいにかけ選別し、貯蔵タンクへ。計量後、液糖と共に約1トンの蒸気釜に入れ、約2時間加熱し、柔らかく炊き上げる。

揺らしつつ熱風で焼くのが食感の秘密/シスコーン

  • 揺らしつつ熱風で焼くのが食感の秘密/シスコーン

<2>揺らしつつ熱風で焼くのが食感の秘密。ドライヤーでゆっくり乾燥させ、圧扁ロールで延ばしオーブンへ。フレークを揺らしながら、2段階の温度帯の熱風で焼くことでサクサク食感に。

何重もの選別を経て調味液で味付け/シスコーン

  • 何重もの選別を経て調味液で味付け/シスコーン

<3>何重もの選別を経て調味液で味付け。焼き上がったフレークは色彩選別機、ふるい、金属探知機を通したのちに味付け。回転ドラムでフレークと調味液とを混ぜ合わせる。

調味液が乾燥するとフロスト状に!/シスコーン

  • 調味液が乾燥するとフロスト状に!/シスコーン

<4>調味液が乾燥するとフロスト状に!オーブンでフレークを乾燥し、調味液の糖分を白く結晶化(フロストの名前はここから)。再度、金属探知機、色彩選別機を通して包装。

「シスコーンBIG」ヒットの裏側

原料貯蔵タンクの高さは、「約7m」。10トンタンク6本分のストック量は圧巻!原料のコーングリッツの年間使用量は「約5100トン」と、大阪工場だけで膨大な量に。

フレークの黒ずみや気泡による変色を感知してエアで除去/シスコーン

  • フレークの黒ずみや気泡による変色を感知してエアで除去/シスコーン

フレークの黒ずみや気泡による変色を感知してエアで除去。工程内に2機設置し、品質管理を徹底!

三温糖の自然な甘味とカラメルのような独特のまろやかな風味を生かして調合/シスコーン

  • 三温糖の自然な甘味とカラメルのような独特のまろやかな風味を生かして調合/シスコーン

調味液は、三温糖の自然な甘味とカラメルのような独特のまろやかな風味を生かして調合される。

「当社のシリアルの基本はコーンフレーク。お客様に長年親しまれてきた味の記憶を大切にしながら、今後は期間限定フレーバーも展開していく予定です」と、大阪工場・工場長の福嶋浩文さん。

■日清シスコ株式会社<住所:大阪府堺市堺区石津北町80(大阪工場) 電話:0120-937-023 創業:1924年 社長:豊留昭浩 事業内容:各種シリアル、チョコレート製品類など食品・菓子の製造・販売 従業員数:597名(17年1月現在)>【関西ウォーカー編集部】

【ワインの名店が仕掛ける、本格ペアリング】 ワインビストロのパイオニア、遠藤利三郎商店による本格フレンチレストランが恵比寿駅徒歩2分にOPEN – ValuePress! (プレスリリース)

株式会社遠藤利三郎商店(本社:東京都墨田区押上1-33-3、代表取締役:林 洋介、以下、弊社) は2017年9月7日、野村不動産の都市型商業施設GEMS恵比寿7Fに新店舗【Restaurant La Relève (レストラン ラ・ルレヴ) 】をオープンいたしました。弊社のこれまでの既存店がビストロスタイルのカジュアルな業態であるのに対し、レストラン ラ・ルレヴはフルコース&ワインペアリングがテーマのレストラン業態となっており、総料理長自ら腕を振るうフルコースと、シニアソムリエでありワインスクールで講師も務める弊社代表が料理に合うワインを監修する、弊社にとっての「料理とワインの集大成」となる店舗です。

●遠藤利三郎商店グループ総料理長自ら腕を振るう月替わりのフルコース

ラ・ルレブではシェフ自ら腕を振るう月替わりのフルコース(全10皿)10,000円(税込/サ別・1名様)の1コースのみをご用意。コース数を絞ることで仕入れと在庫を抑えることでコストを抑え、また1コースに集中することで常に高い品質の精度を維持します。弊社総料理長でもある長 良一(チョウ・リョウイチ)シェフはフランスのオーベルジュ・エ・クロ・デ・シーム(ミシュラン2星、現3星レジス・マルコン)、ベルギーのドゥ・カルメリート(ミシュラン3星)など名店にて修行。2009年押上・遠藤利三郎商店オープンにあたりシェフに就任。「現地で学び、美味しいと思ったものを素直に日本でも表現したい」との思いで厨房に立つシェフの料理は最近の潮流である、スペインや北欧のテイストを取り入れたフュージョン、イノベーティヴなスタイルではなく、確かな骨格・輪郭を感じさせ、薫りを大切にした伝統的なフレンチを今に表現するものです。クリエイティヴなスタイルの料理が全盛の今だからこそ、食べ手に対し、返って新鮮に映ります。

●ワインを知り尽くした遠藤利三郎商店のペアリング

ご一緒にご提案させていただくワインペアリングはグレード、ボリュームに幅を持たせ計4プランご用意。各々料理一皿ごとにワインを1杯組み合わせ、珠玉の味わいをお楽しみいただけます。グループの皆様それぞれで別々のプランをオーダーすることも可能です。シニアソムリエでありワインスクールで講師も務める弊社代表は2009年の押上 遠藤利三郎商店開業時より長シェフとコンビを組み、彼の料理を熟知し、まさに「息の合った」ペアリングを披露します。

●特別なひと時を演出するこだわり抜いた空間

店舗デザインは既存店同様に、ペニンシュラホテルのロビーを手掛けたことなどで知られる、日本を代表する一流デザイナー、橋本夕紀夫氏に依頼。上層階であることを活かした空間やレイアウト、エントランスの植栽により駅近であることを忘れてしまうような寛ぎの雰囲気、またビルイン店舗とは思えない、路面店のような意外性のあるエントランスは非常に贅沢なレイアウト。これから始まる食事への期待を大いに高めます。シンプルながら重厚でもあり、現代的でもありながら温かみもある店内は快適な心地良い時間の流れを演出します。

~ Menu La Relève ムニュ ラ・ルレヴ ~

10,000円(税込・お一人様/ サービス料を別途10%頂戴いたします。)

※一例です ※コース内容は月により異なります。

《アミューズ》

温製アミューズ、冷製アミューズ 5種

《冷前菜》

タスマニア産サーモンのショーフロア 根セロリのクロッカン

《温前菜》

ベリー産レンズ豆の煮込み 胸腺肉と秋トリュフ フォアグラと燻製卵

《魚料理》

真子鰈のムニエル 赤パプリカのソース ピマンデスぺレット風味

《口直し》

ジントニックのグラニテ

《肉料理》

フランス ランド産 鳩のヴィエノワーズ風 天然茸とアンディーブのソテー添え

《サラダ》

10月の畑の野菜から

《アバンデセール》

温州みかんのプリン エピス風味のジュレ

《グランデセール》(お選びいただきます)

(栗)ムッシュマルコンの栗のタルト 洋梨の赤ワイン煮とダークラムのアイス添え

(ショコラ)モアル オー ショコラ コニャックのグラス添え

(コーヒー)   コーヒーとカルダモン風味のイルフロッタント

コーヒーと小菓子

~ ワインペアリング ~

「ハーモニー」 コースの各料理を存分に味わっていただくために各皿ごとに最適なワインを合わせてお楽しみいただくワインペアリング。フランスワイン以外も積極的に取り入れ、私たちの原点「遠藤利三郎商店」のような楽しさを感じていただける、バラエティ豊かなセレクションです。

Champagne120ml or Beer330ml ,ワイン5種各75ml…¥5000

Champagne120ml or Beer330ml ,ワイン5種各100ml…¥7500

「テロワール」 料理とワインの深い結びつきを感じるフランスワインセレクションです。料理を構成する主素材、ハーブ、スパイス、付け合わせ、調理法…。浮かび上がる情景と重なる上質なワインをフランス各地より導き出し、料理の味わいを引き立てるマリアージュは地産地消の概念にも通じ、「ワインは料理のために」という私たちの想いを体現するものです。

Champagne120ml or Beer330ml ,ワイン5種各75ml…¥7500

Champagne120ml or Beer330ml ,ワイン5種各100ml…¥10000

~ ボトルワイン ~

ボトルワインは約400種。フランスのみに留まらず、各国よりセレクト。お客様の様々なニーズに対し幅広くご対応いたします。また、より特別なひと時のために、「遠藤コレクション」のリストもご用意。弊社グループのオーナー遠藤誠は近年成長著しい日本ワインのスペシャリスト、アンバサダーとして有名ですが、古酒の愛好家としても元々よく知られております。遠藤の目利きによる仕入れや、遠藤の貴重なコレクションから、20年熟成以上の、良好なコンディションのバックヴィンテージも豊富に取り揃えております。

Restaurant La Relève レストラン ラ・ルレヴ

東京都渋谷区恵比寿1丁目11-5  GEMS恵比寿(ジェムズエビス) 7階 03-6432-5738

営業時間  ランチ(予定) 12:00~(L.O. 13:30) / ディナー 18:00~ (L.O. 21:30)    定休日水曜日

平均予算   (ランチ) 3,500円/ (ディナー)15,000円

総席数 32席/ 個室1(9名以上最大14名様まで)・宴会最大数 16席

禁煙喫煙 店内禁煙(喫煙室あり)

『GEMS恵比寿ポータルサイト』http://www.gems-portal.com/shop/detail.php?id=50

『食べログ』https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13211928/

【東京モーターショー2017】パイオニア MEMSミラーを用いた走行空間センサー「3D-LiDAR」を初公開 – carview!

2017年10月11日、パイオニアは開発中の走行空間センサー「3D-LiDAR」を初公開する。

ブースでは、近未来の自動運転社会に向けてパイオニアが開発しているさまざまな技術をアピールする。メインステージでは、これまでパイオニアが培ってきた技術やノウハウを用いて実現する「自動運転時代の安心、快適なカーライフ」を大型LEDディスプレイで紹介。(Auto Prove)

介護業界最大級の専門展「第2回 CareTEX関西2017」に出展 – PR TIMES (プレスリリース)

 パイオニアは、10月18日(水)から20日(金)まで、インテックス大阪で行われる介護業界最大級の専門展「第2回 CareTEX関西2017」に出展します。
 パイオニアブースでは、カーナビやドライブレコーダーを用いた当社のクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を展示し、送迎ルートの自動算出など介護業務の効率化を提案します。また、同サービスと連携する株式会社ブルーオーシャンシステム(以下、ブルーオーシャンシステム)の福祉・医療分野向けサービス「ブルーオーシャンノート」も展示し、現場での記録・予定管理業務や配車管理を支援し、送迎業務を効率化・省力化するソリューションとして紹介します。

【第2回 CareTEX関西2017】

介護用品や介護施設向け設備・サービスに特化した専門展。

日 時  :    2017年10月18日(水)~10月20日(金)

場 所  :    インテックス大阪(パイオニアブース : 2号館9-3)

主 催  :    ブティックス株式会社

公式ホームページ  :   http://caretex.org/

【出展内容】
クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」

 リアルタイムで車両の状態を把握できるほか、訪問コースや業務内容の指示も行える運行管理サービス。手軽に導入できる“パッケージサービス”に加え、既にお客様が保有されている配車計画などのクラウドサービスと連携できる“Web API※サービス”を提供しています。

福祉・医療向け記録・予定管理システム「ブルーオーシャンノート」(ブルーオーシャンシステム)

 ブルーオーシャンシステムが提供する、クラウドとタブレットPCを活用して高齢者介護、障害者支援、医療・保育現場などで記録・予定管理を行えるサービス。同サービスと当社の「ビークルアシスト」および業務用カーナビを“Web APIサービス”を使って連携させることで、カーナビへの送迎ルートの簡単登録や、車両状況や到着時間のリアルタイム管理を行える配車管理まで含めたサービスを提供できます。(本年11月提供予定)

通信ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」(2017年12月発売予定)

 「ビークルアシスト」と連携して、事故や危険運転時に自動で動画を録画・アップロードするため、管理者はリアルタイムかつ具体的に車両の状況を把握することが可能です。ドライブレコーダーでありながら、急ブレーキ多発地点である「ヒヤリハット地点」データを格納した地図データを収録。ヒヤリハット地点に近づくと音声と画面表示でドライバーに警告するなど、シンプルな運用で事故リスクを低減するサービスを提供します。

パイオニア 業務用カーソリューションホームページ : http://pioneer.jp/biz/biz_carnavi/

※API(Application Programing Interface)は、コンピュータープログラムで作成された機能を外部のプログラムから利用するための仕様。