トヨタとパナソニック、車載用角形電池で提携検討 全固体電池も – ロイター

[東京 13日 ロイター] – トヨタ自動車(7203.T)とパナソニック(6752.T)は13日、車載用角形電池事業について協業の可能性を検討することで合意したと発表した。トヨタだけでなく、広く自動車メーカーの電動車普及を後押しするために、協業内容を検討していく。

 12月13日、トヨタ自動車とパナソニックは、車載用角形電池事業について協業の可能性を検討することで合意したと発表した。トヨタだけでなく、広く自動車メーカーの電動車普及を目指し、協業内容を検討していく。写真は都内で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

会見したトヨタの豊田章男社長は「地球規模での課題を解決していくためには電動車をより一層普及させる必要がある」と指摘。ハイブリッド車(HV)などを含めた電動車の販売を2030年ころに全販売台数の50%程度まで引き上げる計画を明らかにした。

具体的には、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)で100万台、HVとプラグインハイブリッド車(PHV)で450万台、合計550万台の電動車販売を目指す。

同社の現在のHVとPHVの販売台数は147万台。豊田社長は「この台数を450万台にしようと言っていること自体、今までとは(違い)大きく舵を切っているということだ」と電動車普及への決意を示した。

<全固体電池での協業も模索>

協業内容は今後詰めるが、豊田社長は「車載用角形リチウム、全固体など次世代電池の取り組みに加え、電池の資源調達やリユース、リサイクルなどを含めて幅広く協業の内容を検討していく」と述べ、トヨタが2020年代前半の実用化をめざしている全固体電池でも協業の可能性を模索することを明らかにした。

全固体電池は液体を使わないため安全性が高いうえ、リチウムイオン電池の倍の容量があり、充電時間も短縮できることから、EV向け電池としての利用が期待されている。

パナソニックの津賀一宏社長は「そう簡単に全体が全固体電池にいくというものではない」としながらも「リチウムイオン電池に限界が来ることもわかっているので、その時期までには全固体電池へのシフトをしっかり実現できる準備はしたい」と語った。

パナソニックは米電気自動車大手テスラ(TSLA.O)と共同でリチウムイオン電池工場「ギガファクトリー」(ネバダ州)を運営するなど、車載向け電池事業を強化している。

津賀社長は「いまEVのナンバーワンの電池はわれわれの円筒形のもので、テスラに使ってもらっているが、将来はどこに伸びしろがあるか、既存のカーメーカーが欲しい電池が何かはまた別だ」と述べ、全方位での開発に意欲を示した。

豊田社長は協業について「両社にクローズすることなく、幅広く自動車メーカーの電動車普及に貢献していきたい」と語り、協業拡大に含みを持たせた。

トヨタは8月にマツダ(7261.T)と提携し、EV技術の共同開発で合意。9月にはデンソー(6902.T)も巻き込み、3社でEV技術の開発を手掛ける新会社「EVシー・エー・スピリット」を設立するなど、ここにきてEVへの対応を加速させている。

*内容を追加しました。

志田義寧

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

「テスラによるバッテリー買い占めで世界規模のバッテリー不足」報道、真偽はいかに – ニコニコニュース

Image: Mark Brake/Gettyimages

スケールの大きいマスク氏のことなので、あり得そうではありますが…。

Tesla(テスラ)の新型モデルであるModel 3、9月には1500台を納車すると宣言していたものの、製造プロセスにおけるバッテリー関連の問題で製造は大幅に遅延。第三四半期は6億1900万ドルの損失を出すに至りました。そんな中、製造ラインを遅延させている問題を解決するためにテスラがとった解決策が原因で、世界規模のバッテリー不足が起きているという報道がされています。

韓国のニュースETNewsは、「Panasonic(パナソニック)は日本にあったバッテリー在庫のほとんどをテスラへと提供し、それによって他の企業がバッテリー不足で困っている」と報道しています。テスラとパナソニックはネバダ州スパークスにあるギガファクトリー1で電気自動車用のものと共にPowerwallやPowerpack向けのバッテリーを生産しています。

パナソニックは自動車向けリチウムイオン電池の世界最大のサプライヤー。テスラは10月初めに、「製造におけるボトルネック」が原因でModel 3の製造が遅れていると報道されました。しかし10月末には、ボトルネックの原因が究明されプロセスの一部を自動化することもできたのでギガファクトリーにおけるバッテリー生産量を増加するとパナソニックは述べていたんです。

ところが今回の報道では、「これは直近のバッテリー不足の解決にはそれほど役に立っておらず、パナソニックが日本からバッテリーを送り込むことで不足に対処している」と述べられています。その結果として、円筒形バッテリーが必要な日本の企業の多くはLGやMurata(村田製作所)、Samsung(サムスン)といった他のサプライヤーへと発注をしているものの、需要は完全には満たされていないとのこと。2017年以前に契約を結んでいた企業には影響は出ていないものの、新規の注文は来年の半ばまで受け付けられないだろうとも書かれています。

ここまで読むと「テスラの影響すごい…」と唸ってしまいそうですが、この報道はETNews一社しか出していない点には注意が必要です。「日本バッテリー業界の匿名の情報源によるもの」としてETNewsは報道していますが、電気自動車について専門的に扱うニュースサイトElectrekは、ETNewsの報道に対して疑問を呈しています

Electrekの編集者Fred Lambert氏は次のように述べています。

現時点における我々の理解では、ギガファクトリー1におけるテスラの問題はバッテリー・モジュール製造であり、それがModel 3のバッテリーパックを製造するボトルネックとなっています。Model 3のバッテリーパックはTesla 2170 Battery Cellという電池からできており、それはギガファクトリー1においてパナソニックが製造しています。テスラとパナソニックがギガファクトリー1における問題について正直に語っているかぎり、日本からモデル3製造のためにバッテリーを送る必要性はありません。

米Gizmodoはこの件に関してテスラにコメントを求めましたが、返答はありませんでした。

Image: Gettyimages
Source: ETNews, Engadget

Jennings Brown – Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

【Amazon サイバーマンデー】本日限定! 特選タイムセールでロボット掃除機やパナソニックのシェーバーがお買い得に – ギズモード・ジャパン

ライフハッカー[日本版]より転載

ロボット型掃除機やオーブン、炊飯器などの生活家電も特別価格になっているAmazon サイバーマンデー。カセットコンロやパナソニックのシェーバーも対象です。

ロボット型掃除機、ちょっと憧れもありますが値段がネックだった人もいるでしょう。セールで価格が落ちている今、この機会を逃さないようにしましょう。

なお、以下は本日2017年12月9日23時59分までの限定セールアイテムです。表示価格は本日8時現在のもの。変更や売切れの可能性もありますので、販売ページでそれぞれご確認ください。

チイロボットの高機能ロボット掃除機やパーツなどがお買い得

ILIFEのロボット型掃除機。最大160分自動で動き、電池がなくなってきたら自分で充電スタンドへ戻ります。また付属品の仮装壁をつかえば、行ってほしくない部屋に行くことはありません。もともと値段がお手頃でしたが、今回のセールでさらにお買い得になっています。

ILIFE A6 ロボット掃除機 リモコン
ILIFE A6 ロボット掃除機 リモコン

1,015円(セール特価)

購入

>>「本日限定:チイロボットの高機能ロボット掃除機やパーツなどがお買い得 」のアイテム一覧へ

カセットコンロ関連商品やバーナー・たこ焼き器など、イワタニ製品がお買い得

自宅で鍋パーティーをするときに便利なカセットコンロ。Amazon サイバーマンデーではガスボンベも合わせて安くなっていますよ。家族が集まる年末年始向けとして購入してもいいかもしれません。

>>「本日限定:カセットコンロ関連商品やバーナー・たこ焼き器など、イワタニ製品がお買い得 」のアイテム一覧へ

パナソニックのシェーバーが本日限定特価

パナソニックの人気のシェーバーもセール対象。新しい年は、新しいシェーバーで迎えてみるのもよさそうです。

>>「本日限定: パナソニックのシェーバーが本日限定特価」のアイテム一覧へ

オーブン・炊飯器が本日限定でお買い得

アイリスオーヤマ、パナソニック、日立などのオーブン、炊飯器などがセール対象。スチームオーブンや電子レンジなども特価になっています。家電の買い替えのチャンスです。

>>「本日限定: オーブンが本日限定でお買い得」のアイテム一覧へ

今回のサイバーマンデーでは、0時から23時59分までの1日限定でお得に登場する特選タイムセールの他に、5分おきにセールが開始される個数限定・時間限定のタイムセールも開催しています。詳しくは以下のリンクよりご確認ください。

>>Amazon タイムセール一覧へ

また、これから始まる予定のタイムセールは、以下のリンクから見ることができますよ。気になるアイテムを見つけたら「ウォッチする」をクリック! タイムセール開始時にプッシュ通知をもらえます。

>>Amazon これから開催予定のタイムセール一覧へ

>>ウォッチリストの使い方についてサイバーマンデーでは、今年最安値のものなど人気のアイテムがお得に多数登場しています。詳しくは、以下のリンクよりサイバーマンデーセール会場をチェックをしてみてください!

>>Amazon サイバーマンデーのセール会場へ

Image: Amazon.co.jp
Source: Amazon サイバーマンデー

(島津健吾)

パナ“次の100年”のけん引役「Panasonic β」は業界の模範となるか? – TechFactory


 “次の100年”に向け、イノベーション量産化技術の開発に取り組むパナソニック。従来の事業部制を前提とした縦割りによる個々の強化だけでなく、今後は組織や職能を超えた横の連携が必要不可欠だとし、同社は“クロスバリューイノベーション”の量産化の実現を目指しています。

 2017年7月に行われたパナソニック技術セミナーにおいて、同社 ビジネスイノベーション本部 副本部長の馬場渉氏は、縦の強みで成長してきたパナソニックを「タテパナ」、今後求められる横連携で成長していくパナソニックを「ヨコパナ」と表現。そして、ヨコパナによるクロスバリューイノベーションの量産化の実現に必要な要素として、「テクノロジー」「カルチャー」「デザイン」の3つを挙げ、そのうちテクノロジーの領域に対する取り組みを紹介しました(関連記事:パナソニック、次の百年の計「ヨコパナ」でイノベーションを量産化)。

パナ“次の100年”のけん引役「Panasonic β」は業界の模範となるか?


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC電池14万個を回収 発火事故で拡大 – 毎日新聞


 パナソニックは6日、国内で販売したノートパソコン「レッツノート」のバッテリーパックで発火事故が相次いだとして、計14万2019個を新たに無料回収し交換すると発表した。2014年から計3回、同じ理由で国内販売の約22万7000個を対象にリコールを実施してきたが、対象がさらに拡大した。

 今回のリコール対象は12年2月~14年2月に製造したバッテリーパックで、品番は「CF-VZSU」で始まる「75JS」「76JS」「78JS」「79JS」「61AJS」の5種類。レッツノートの「CF-」で始まる「SX」「NX」「S10」「N10」の各機種に搭載されている。

 発火事故は15年から今年11月にかけて計10件発生。15年10月、東京都内で充電中に発火したケースでは、パソコン周辺が焼け、飛び散った高温の部品で1人が足にやけどを負った。今年3月には静岡県でも1人が軽いやけどを負った。いずれもバッテリー内部から発火しており、製造過程で異物混入などの不具合が生じた可能性があるという。

 同社は交換方法や発火を防ぐ使用法をホームページ(http://askpc.panasonic.co.jp/info/171206.html)でも説明している。問い合わせは同社窓口(0120・870・163)。【久野洋】


パナソニック・ジャガー・レーシング、フォーミュラE緒戦でチーム初の表彰台を獲得 – MOTOR CARS

香港グランプリに出場し、第2戦でミッチ・エバンスが3位に入賞し、チームは総合5位で新シーズンをスタート

パナソニック・ジャガー・レーシングは、12月2日および3日に開催されたFIAフォーミュラE選手権 2017/2018シーズン第1・2戦 香港グランプリに出走し、第2戦ではチーム史上初の表彰台を獲得した。

12月2日に行われた2017/2018シーズン開幕となる第1戦は、同チームでステアリングを握ったネルソン・ピケJr.にとって、ジャガー・レーシングのフォーミュラEマシンでのデビュー戦となった。

この混沌としたレース展開に於いて、10番グリッドからスタートを切ったネルソン・ピケJr.は、これまでの経験と忍耐力で冷静に乗り切り、4位というチーム史上最高の順位を獲得した。

一方、2回目のプラクティス・セッションでトップに位置したミッチ・エバンスは、クオリファイ・セッションのスタートで苦戦。

決勝レースは後方グリッドからスタートしたが、順位を12位まで上げて健闘、今シーズンにおけるチームマシン「I-TYPE 2」の競争力の一端を印した。

翌日、12月3日に行われた第2戦のクオリファイ・セッションでは、ミッチ・エバンスが1位のタイムを叩き出し、5人の予選トップ選手が走行するスーパーポールで、ジャガー・レーシングとして初めての出走を果した。

スーパーポール走行中に、レギュレーションで制限されている最高出力をわずかに上回ったため、ミッチ・エバンスは4番グリッドから決勝レースをスタートし、4位でフィニッシュ。

一方ネルソン・ピケJr.は12位でフィニッシュし、ポイント獲得にはわずかに至らず、香港でのレースをフィニッシュした。

その後、2戦連続で開催されたダブルヘッダー・レース終了後、FIAによる車検でレギュレーション違反が判明。

これによりアプト・シェフラー・アウディ・スポーツのダニエル・アプトのレース結果が剥奪されたため、パナソニック・ジャガー・レーシングのミッチ・エバンスは、繰り上げ3位に入賞した。結果、パナソニック・ジャガー・レーシングは初めての表彰台を獲得し、総合5位で2年目のシーズンを始動する結果となった。

ドライバー、ミッチ・エバンスのコメント:
「フォーミュラE選手権で、パナソニック・ジャガー・レーシングにとって初めての表彰台獲得に貢献できたことを大変誇りに思います。

アプト・シェフラー・アウディ・スポーツのダニエルはいい友人で、なにより同志なので素直に喜べない部分もありますが、ジャガー・レーシングにとって初シーズンだった昨年は、とてもタフな1年でしたので、チームメンバー全員の努力が実った勝利です。

今晩は思い切りお祝いして、次のレースでも表彰台に立てるよう、挑戦し続けます。」

ドライバー、ネルソン・ピケJr.のコメント:
「ミッチの初の表彰台は、チームにとって最高のシーズンスタートになったと思います。マシンは昨シーズンと比べ物にならないほどに進化し、チーム全体で多くのことが改善されています。

今シーズンがどうなるのか正直不安もありましたが、第1戦、第2戦の2レースでの素晴らしい結果が自信となり、チームの目標がさらに高いものになっています。シーズンを通してポイント加算を続けたいです。」

パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーのコメント:
「チーム初の表彰台に立つことができ、今日はミッチにとっても、チームにとっても、本当にうれしい日となりました。

香港での第1戦、第2戦は我々の期待を大きく上回るものでしたが、それに満足している訳ではなく、多くの点で改善の余地があります。

今回の表彰台が今シーズン立つ多くの表彰台の一つであることを祈って、今夜は大いに祝いたいと思います。」

なおFIAフォーミュラE選手権は、2017/2018シーズン第3戦のマラケシュ・グランプリに向けたFanBoost(ファン・ブースト)の投票が12月8日より開始される。

出走レーシング・チームのドライバーへの投票方法は、#MitchEvans もしくは #NelsonPiquetJr と、#FanBoostとハッシュタグをつけてツイートするか、以下ウェブサイトで投票する。
http://fanboost.fiaformulae.com/ 

最後にフォーミュラEに於いてレギュレーション上、マニュファクチャラー達はモーター、トランスミッション、インバーター、リア・サスペンションを含むパワートレインを設計することができる。但しコストを抑えるため、カーボン・ファイバー・シャシーとバッテリーは全チーム共通で、電気自動車のパワートレイン開発に焦点が絞られている。

また、各レースは、プラクティス・セッション、クオリファイ・セッション、決勝などすべてのスケジュールが1日で行われる。

2017/18シーズンは11都市で14レースが開催され、香港、ニューヨーク、そして最終戦のモントリオールは、2戦連続で実施されるダブルヘッダー・レースとなる。

Panasonicのスピーカーがなんだかお値段以上ですごい : 情熱のミーム 清水亮 – Engadget 日本版

実のところ二ヶ月ほど前から、新会社ギリアで執務していたのだが、記者発表するまではあまりおおっぴらに言うことができなかった。

だが、記者会見の日取りが決まったので、親しい友人を呼んで新オフィスのお披露目パーティをしようと一ヶ月以上前から決めていた。

さて、パーティである。
以前、四谷三丁目のキッチンスペースでパーティをやったとき、某社のBluetoothスピーカーを持ち込んでBGMを流そうとしたことがある。

結果は失敗。

小型のスピーカーは出力が10Wほどで、オーディオに疎い僕は自宅で聞くのと同じくらい手軽にパーティで音楽を流せると思ったら、驚くほど全く聞こえないのである。

せっかくだからパーティで大きな音を流したいと考え、上野のヨドバシカメラに行ったら、すげーやたら響く音で音楽が鳴っている。

「なんだろうこれ」と思ったら、現金特価7万円と書いてある。安いのか高いのか判断できなかったので、秋葉原のヨドバシまで移動して、いろいろとスピーカーを物色すると、たいていの7万円クラスのBluetoothスピーカーは、出力がだいたい150W、いいやつで300Wというのがある。手持ちのスピーカーの15倍から30倍なので、これだけあればなんとかなりそうだと思わなくもなかったのだが、どうも上野のヨドバシで見たアレが気になる。

もう一度上野のヨドバシに戻ってスピーカーをチェックすると、なんと出力1100W。三方向にスピーカーがついていて、スーパーウーファーで低音もバッチリ。なぜ他社と同じ価格帯で出力が10倍近いのか。僕の手持ちのスピーカーに比べたら110倍である。

もうこれを買うしかないのではないか。いいのかなこれで。パナソニックと書いてあるけど・・・

パナソニックってあんまりオーディオ機器を出しているイメージがないが、そういや昔はCMにジョージ・ルーカスを器用してオーディオ・ビジュアルに力を入れていた印象がある。

しかしスピーカー売り場でも、マーシャルだとかJBLだとか、そういう名門、老舗の中にあってパナソニックというブランドロゴはいかにも浮いていた。しかし音はめちゃくちゃいい。

特に低音がいいとなれば、やはりブレードランナー2049のサントラがとてもいい感じになるに違いない。

これだ。これしかない。

「すみません、これ持ち帰れますか?」

「え、かなり重いですよ」

「いいです。近いんで」

買った。

そしてオフィスに持ち帰る。
めちゃめちゃ重い・・・だが日頃ジムで鍛えた筋肉。こんなときに使わなくてどうする。

果たして、オフィスに設置したスピーカーは、とてもBluetoothスピーカーとは思えないくらいのド迫力でブレードランナー2049の中でももっとも禍々しい、Wallaceという曲を奏で始めた。オーディオには全く明るくないが、いいんじゃないのいいんじゃないの?

結論から言うとオフィスに設置するタイプのスピーカーとしてはかなり満足の行くものだと思った。

僕は音楽鑑賞は趣味にしていないのだが、定位などどうでもよく、BGMとしての音楽はかなり好きである。
そもそも、僕が好きな映画の音楽はモノラルであることが多い。

映画館ではあまりステレオの定位が問題になるような音楽というのは難しい。座った位置によって異なる音に聞こえてしまうからだ。

イヤホンとかヘッドホンとかが苦手なので、こういうので十分だ。

とりあえず宇宙大戦争マーチ(シン・ゴジラのヤシオリ作戦のBGM)や、ヴェラ・リンのWe’ll meet again(博士の異常な愛情のラストのBGM)を流すと、自然と人が集まってきた。

「・・・なんかイイっすね」

「ああ・・・なんかイイ」

スピーカーのまわりに自然に人が集まり、音楽に耳を傾ける。
本来、脇役のはずのBGMが主役になる。こんな瞬間があってもいい。

大画面が特徴のワンセグケータイ「VIERAケータイ P905iTV」(懐かしのケータイ) – ITmedia



» 2017年12月03日 10時00分 公開



NTTドコモのP905iTVは、当時としては最大となる3.5型フルワイドVGA液晶を搭載したケータイです。Panasonicの「VIERA」ブランドを冠するに相応しい“テレビ然”とした見た目も特徴でした。






 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのパナソニック モバイルコミュニケーションズ製ケータイ「VIERAケータイ P905iTV」です。

「VIERAケータイ P905iTV」(閉じた表面)


「VIERAケータイ P905iTV」(開いた表面)
「VIERAケータイ P905iTV」

 P905iTVは当時のワンセグ搭載ケータイとしては最大の3.5インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)液晶を搭載していました。画面の周辺からキーを排除することでテレビ視聴時の没入感を高めたことが大きな特徴です。

 ワンセグ用に2つのアンテナを搭載し、両者の信号を合成して受信感度を向上するダイバーシティ技術に対応。映像高画質化技術「モバイルPEAKSプロセッサー」や15フレーム/秒のワンセグ映像を2倍の30フレーム/秒に変換して表示する「なめらかフレーム補間」機能を搭載するなど、ワンセグをよりキレイに安定して見ることに重きを置いていました。

「VIERAケータイ P905iTV」(閉じた裏面)


アンテナを出してみる

 ステレオスピーカー付きの卓上ホルダが付属し、本体を置くだけで臨場感のあるサウンドを楽しめました。

テンキーまわり


左側面のキーまわり

「P905iTV」の主な仕様

  • 発売日:2008年2月29日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:パナソニック モバイルコミュニケーションズ
  • サイズ:約53(幅)×113(高さ)×17.9(奥行き)mm
  • 重量:約129g
  • メインディスプレイ:3.5型フルワイドVGA液晶
  • アウトカメラ:有効約200万画素CMOS
  • ボディーカラー:ホワイト、ブラック


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’000000016415d712′, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20171129_fd49554_3.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4);

デジタルで続々よみがえる いま昭和のレトロコンテンツがおもしろい – ニフティニュース

 インターネットが発達したここ十数年で急速に充実してきたのが、昭和の時代に作られた映像や書籍などのデジタルアーカイブ。公共団体やNPO法人が歴史的事業として行っている場合もあれば、企業がPRも兼ねて行っている場合もあったりと動機はさまざまですが、コストの関係でこれまで埋もれさせておくしかなかった過去のコンテンツが、デジタル化によってネット上で誰もが見られる状態になるのは、利用者にとっても嬉しい限りです。

 今回は昭和という時代にフォーカスして、いまネット上で閲覧が可能なレトロコンテンツを集めてみました。古き良き「昭和」を感じさせるこれらのレトロコンテンツ、子供の頃を振り返りながら、じっくりと堪能してみてはいかがでしょうか。

■昭和のものづくりがここに! パナソニック「なつかしのテレビCM集」

 YouTubeはレトロコンテンツの宝庫ですが、最近では企業がなつかしのTVCMを公開しているケースがあります。例えばパナソニックの公式チャンネル「Panasonic Japan」では、なつかしのテレビCM集として、1966年から2006年まで合計13本のCMを公開しており、二槽式洗濯機「うず潮」、テクニクスのカセットテープ、消防士人形がビルを登る乾電池のCMなど、昭和のものづくりを感じさせるCMが揃っています。

■昭和のパソコンを電子書籍で見る「レトロ家電カタログ」

 昭和のレトロな家電カタログを電子書籍化して公開しているのがシャープ。MZ、X1、X68000シリーズといった同社パソコンのほか、NECのPC-8000、PC-8800、PC-9800シリーズなど他社パソコンのカタログ、さらに電卓の総合カタログも公開しており、なかにはサービスマニュアルなどの珍品も。電子書籍として手元に残すにはストアの会員登録が必要ですが、見るだけならブラウザ上でほぼ完結します。

http://galapagosstore.com/web/catalog/sharp/top

■子供の頃に見たことある! 小学館「語りつぐ名作絵本」

 昭和の時代、どこの本屋でもそのスタンド式の什器が置かれていた、「桃太郎」や「一寸法師」「かぐやひめ」などの名作昔話絵本。もともとは戦後すぐの紙不足の時代に、扱いやすい合紙を使うことで発刊にこぎつけたという逸話のあるこの絵本36冊が復刻され、各電子書籍ストアで配信されています。いずれも有料ですが、Kindle Unlimitedなど会員制の読み放題サービスに登録していれば、無料で読める場合も。

https://www.shogakukan.co.jp/digital/label/1000049

■ニュース映像を見るならやっぱりここ「NHKアーカイブス」

 ニュース映像の質、量では他の追随を許さないのがNHKアーカイブス。「放送年から探す」では、年代ごとの出来事をテキストとニュース映像で見ることもできます。大正の終わりから平成まで、昭和をまるごとカバーする映像の数々はまさに圧巻で、大御所たる存在です。NHKアーカイブス会員の登録(無料)を行うと、自分のお気に入りの番組をまとめたコレクション棚を作ることもできます。

http://www.nhk.or.jp/archives/search/year/

■約1000本もの科学映像を保管収集しているNPO法人「科学映像館」

 科学映像にフォーカスし、埋もれつつある映像を収集しインターネット上で公開しているのがNPO法人の科学映像館。昭和の初期から現在に至るまで、官公庁や企業が企画、制作したさまざまな科学映像が、「教育」「自然」「生命科学」、さらには「農業・漁業・暮らし」「芸術・祭り・神事・体育」など幅広いジャンル別に分類され公開されています。ニュース映像とはまた違う記録の数々は貴重なものばかり。

http://www.kagakueizo.org/

■全国規模のニュース映像も、浜松市「なつかしの市政映画」

 昭和34年以降に制作した市政ニュースの動画を「なつかしの市政映画」と題してYouTubeにアップするというユニークな取り組みをしているのが静岡県浜松市。地域のニュースに混じって、新幹線や東名高速の開通など全国規模のニュースも含まれているほか、街並みや人々の服装など、当時を感じる映像は貴重なものばかり。写真だけなら他の自治体でも公開しているケースがありますが、動画はかなりレア。

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/koho2/movie/sisei/index.html

■Googleマップに後楽園球場が? 「Googleマップを使って過去の地形図や空中写真を見る」

 いわゆるレトロコンテンツとは少し違いますが、昭和を体感できるという意味で面白いのが、Googleマップを使って過去の地形図や空中写真を見ることができるサービス。地図は明治初期から、航空写真は1947年からのデータが都心部を中心に収録されており、在りし日の後楽園球場や、埋め立て途上の東京国際空港の空中写真を、Googleマップと同じ操作性で閲覧できます。生まれた頃の街並みが見られるかも?

http://user.numazu-ct.ac.jp/‾tsato/webmap/map/gmap.html?data=history

(山口 真弘)