ブラザー、ドラッカーの愛したタイプライターのカタログを展示 – PR TIMES (プレスリリース)

ドラッカー氏が愛用したブラザーのタイプライター(*)ドラッカー氏が愛用したブラザーのタイプライター(*)

*Courtesy of the Drucker Institute at Claremont Graduate University.  Photograph by Anne Fishbein.

■ドラッカー氏とブラザーのタイプライター

著書「マネジメント」で知られる20世紀を代表する経営学者ピーター・ドラッカー氏は、ワープロを使わず生涯タイプライターを愛用した。ドラッカー氏について書かれた書籍「DRUCKER A LIFE IN PICTURES」の中では、彼が長年愛用したブラザーのタイプライターが取り上げられている。彼の著書39冊のうち、最後の10冊は、ブラザーのタイプライター「Brother GX-6750」で書かれたものだった。来日したピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院の学長と会談したブラザー工業代表取締役社長の小池利和は、「ドラッカー氏がブラザーのタイプライターを愛用してくれていたことをうれしく思う。今後も多くの人から愛される製品を作り続けていきたい」と話した。

■カタログの展示

展示館「ブラザーコミュニケーションスペース」では、12月いっぱいまでドラッカー氏の愛用したモデルの当時のカタログを展示している。残念ながら同型同色のモデルは展示されていないが、それ以外の過去に発売されていた多くのタイプライターも見ることができる。

 

展示されているタイプライターのカタログ展示されているタイプライターのカタログ

ブラザーコミュニケーションスペースブラザーコミュニケーションスペース

六本木ヒルズで「トリックアート年賀状」を撮影できるイベントが11月18日に開催 – MdN Design Interactive

「トリックアート年賀状」のフォトスポットイメージ(二人でHAPPY年賀状パネル)

「トリックアート年賀状」のフォトスポットイメージ(二人でHAPPY年賀状パネル)

ブラザー工業株式会社の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社は、2017年11月18日(土)の11:00〜19:00に、六本木ヒルズ 大屋根プラザにて「トリックアート年賀状」を撮影できるイベントを開催する。インクジェットプリンタ「PRIVIO」のPRイベント。参加者には先着順で甘酒もしくはおしるこがプレゼントされ、一足早く正月気分も味わえる。

ブラザー工業株式会社の「PRIVIO」では、2017年10月中旬に新たな4機種が発売されており、年賀状などのはがきプリントを行えるスマートフォンアプリの機能も強化された。2018年1月8日(月)までを期限として、「DCP-J983N」「DCP-J973N-W / B」「DCP-J572N」「HL-3170CDW」「HL-L2365DW」といった6製品の購入により、最大で5000円がキャッシュバックされるキャンペーンも展開している(申込締切は1月15日 当日消印有効)。

その「PRIVIO」をPRするための今回のイベントでは、夫婦や友人など2人が参加することで完成する「二人でHAPPY年賀状」パネルをはじめ、1人でも体験できる「書き初めしている風年賀状」や、来年の干支を取り入れている「戌に食べられそうなお雑煮年賀状」といったユニークな年賀状の作成に役立つトリックアートを用意。その場でアプリ「Brother いつでも はがき・年賀状プリント」をダウンロードすれば、撮影した写真を使って簡単に年賀状を作成でき、さらに「PRIVIO」での1枚プリントサービスも行われる。

「トリックアート年賀状」のフォトスポットイメージ(書き初めしている風年賀状)

「トリックアート年賀状」のフォトスポットイメージ(書き初めしている風年賀状)

「トリックアート年賀状」のフォトスポットイメージ(戌に食べられそうなお雑煮年賀状)

「トリックアート年賀状」のフォトスポットイメージ(戌に食べられそうなお雑煮年賀状)

■期間:
2017年11月18日(土)

■開催場所:
六本木ヒルズ 大屋根プラザ
東京都港区六本木6-10-1

■問い合わせ先:
ブラザー販売株式会社
url. http://www.brother.co.jp/

「トリックアート年賀状」が撮れるブースが六本木ヒルズ大屋根プラザに出現! – PR TIMES (プレスリリース)

トリックアート年賀状のフォトスポットイメージ:二人でHAPPY年賀状パネルトリックアート年賀状のフォトスポットイメージ:二人でHAPPY年賀状パネル

≪イベント概要≫
ブラザー「トリックアート年賀状」フォトスポット
■日時:11月18日(土)11:00~19:00
■場所:六本木ヒルズ大屋根プラザ(東京都港区六本木6丁目10-1 )
■料金:無料

「トリックアート年賀状」フォトスポット

より多くの人に年賀状作りを楽しんでほしい、喜ばれる年賀状を送ることで相手との交流を深めて欲しいという想いから、「トリックアート年賀状」が撮影できるイベントを実施する。

夫婦や友人など二人参加で完成する「二人でHAPPY年賀状」パネルや、一人でも体験できる「書き初めしている風年賀状」トリックアート、 来年の干支を取り入れた「戌に食べられそうなお雑煮年賀状」トリックアートを用意。その場でスマホアプリ「Brother いつでも はがき・年賀状プリント」をダウンロードすれば、撮影した写真を使って簡単に年賀状を作成でき、さらにプリビオでの1枚印刷サービスも行う。

また、参加者には先着順で「甘酒」もしくは「おしるこ」をプレゼント。ひと足早くお正月気分を味わえる。

年賀状を一緒に作る夫婦ほど仲がいい!?

年賀状に関する調査*で、全体の73.0%が例年年賀状を送っており、その枚数は平均約45枚。年賀状をもらうと約8割の人が「嬉しい」と感じていて、年賀状を送る習慣がある人ほど、周囲の人間関係の満足度が高いことがわかった。また、年賀状を一緒に作る夫婦ほど仲がよいという自覚があり、「月1回以上キスをする」割合も高いということが判明した。

*ブラザー販売調べ(2017年10月実施:20~60代の男女1,000名対象)

今回のイベントでは二人参加で完成するパネルも用意。11月22日の夫婦の日を前に、夫婦で一緒に年賀状作成を楽しんでみてはいかがだろうか。

トリックアート年賀状のフォトスポットイメージ:戌に食べられそうなお雑煮年賀状トリックアート年賀状のフォトスポットイメージ:戌に食べられそうなお雑煮年賀状

トリックアート年賀状のフォトスポットイメージ:書き初めしている風年賀状トリックアート年賀状のフォトスポットイメージ:書き初めしている風年賀状

<お問い合わせ先>
ブラザー販売株式会社 マーケティング推進部 広報宣伝G 内村
TEL : 052-824-3415 FAX : 052-819-1578 E-mail : kouhou@brother.co.jp

米セキュリティ企業、ブラザー製プリンタの脆弱性情報を公開 – ITmedia … – ITmedia



photo
米セキュリティ企業のTrustwaveが、ブラザー製のプリンタにサービス妨害の脆弱性が見つかったと報告した

 米セキュリティ企業のTrustwaveは、ブラザー製のプリンタにサービス妨害(DoS)の脆弱性が見つかったと報告した。同社に何度も接触を試みたものの、返答がなかったとしている。

 Trustwaveが11月2日付で公開したセキュリティ情報によると、ブラザーの多機能プリンタに組み込まれているhttpdサーバの「Debut」に脆弱性が存在する。

 この脆弱性を悪用すれば、細工を施したHTTPリクエストを送り付ける手口でリモートからDoS攻撃を仕掛け、Webサーバをフリーズさせることが可能とされる。Webサーバがフリーズすれば、ネットワークを介したプリント機能はブロックされ、Webインタフェースはアクセスできなくなるとしている。

 影響を受けるのはDebutの1.20までのバージョン。プリンタの機種名などは明記していない。

 Trustwaveは、この現象を再現するためのコンセプト実証(PoC)コードも公開した。現時点で修正のためのパッチは存在しないといい、対策として、アクセス管理機能などを利用して、ネットワーク経由でのアクセスを認証されたユーザーに限定するよう促している。

 Trustwaveでは9月11日以来、何度かブラザーの米国法人に接触を試み、ライブチャットでもコミュニケーションを取ろうとしたが、返答がなかったために、情報の公開に踏み切ったとしている。

(編集部追記:11月8日20時30分)

 本件について、ブラザー工業は「影響がある機種などの詳細は調査中だが、基本的にルーター経由、もしくはファイアウォール経由で接続、および保護されているネットワーク環境内で使用されていれば安全」としている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

年賀状がかんたんに楽しく作成できるサービスを一斉開始 – PR TIMES (プレスリリース)

©円谷プロ©円谷プロ

©原ゆたかポプラ社©原ゆたかポプラ社

●スマートフォンアプリで作る

Brotherいつでもはがき・年賀状プリントBrotherいつでもはがき・年賀状プリント「Brotherいつでもはがき・年賀状プリント」は、400種類以上の多彩なテンプレートと約180種類のスタンプをそろえているブラザーのスマートフォンアプリ。通信面だけではなく、宛名面も作成可能で、各種年賀状ソフトの住所録をスマートフォンに取り込むこともできる。

 季節のあいさつやダイレクトメールのテンプレートを追加

年賀状のテンプレートのほかに、季節のあいさつや喪中はがき、ダイレクトメールのテンプレートを追加した。3ステップの簡単印刷はそのままに、1年中使えるアプリに進化した。

●Webアプリで作る 

Web年賀状キット2018Web年賀状キット2018

「Web年賀状キット2018」(https://b-cloud.templatebank.com/brother/)は、専用ソフトをインストールすることなく、パソコンやスマートフォンで年賀状が作成できるブラザーのWebアプリで、通信面・宛名面ともに作成することがでる。

●年賀状ソフトで作る

「筆王」「筆ぐるめ」「筆まめ」など人気の年賀状ソフト※4で作成した年賀状印刷もかんたん。フチなし印刷や便利な自動両面印刷※5にも対応している。

●プリンターだけで作る

インクジェットプリンター「プリビオ」は、パソコンがなくてもネットワークにつながった本体だけで、年賀状を作成できる「年賀状アプリ」機能を備えている。A4モノクロで描いた絵や文字を読み取ると自動でカラフルな年賀状デザインになったり、お好きな素材を読み込んで年賀状デザインの背景にしたりするなど、オリジナルの年賀状を作成できる。

 ●他社アプリで作る

日本郵便のスマートフォンアプリ「はがきデザインキット2018」と連携。作成した年賀状は「Brotherいつでもはがき・年賀状プリント」のように印刷できる。

<ブラザーオリジナルのテンプレート一例>

※1:「ウルトラマン」、「かいけつゾロリ」のテンプレートは、スマートフォンアプリ「Brotherいつでもはがき・年賀状プリント」、Webアプリ「Web年賀状キット2018」、プリンター本体の機能「年賀状アプリ」、ダウンロードサイト「Print Terrace」(https://online.brother.co.jp/ot/)からダウンロードできます。ダウンロードには、ブラザーオンラインの会員登録が必要です。

※2:アプリケーションは無料でダウンロードできますが、App Store、 Google Playへ接続する際の通信料は、お客様のご負担となります。

※3:対応OS等の詳細は、App Store、Google Playにてご確認ください。

※4:MFC-J6995CDW、MFC-J6980CDW、MFC-J6580CDWは非対応です。

※5:MFC-J837DN/DWN、MFC-J737DN/DWは自動両面印刷非対応です。

<お問い合わせ先>

サポートサイト(ブラザーソリューションセンター)     URL:http://support.brother.co.jp/

ブラザーコールセンター                     TEL :0570-061015


 

月刊『ムー』監修のプリントコンテンツを公開:時事ドットコム – 時事通信

[ブラザー工業株式会社]

オカルト・ミステリー好きにはたまらない!未確認動物(UMA)が十二支になった年賀状

ブラザー工業株式会社の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社は、無料ダウンロードコンテンツや 、プリンター活用術の記事を取りそろえたスペシャルサイト「プリントテラス」上で、株式会社学研プラスのスーパーミステリーマガジン『ムー』監修による世界の謎や不思議にまつわるプリントコンテンツを公開する。


ダウンロードサイト: https://online.brother.co.jp/ot/dl/mu/

月刊『ムー』は、「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」をキャッチコピーに、1979年に創刊された超常現象専門誌。創刊以来、UFOや怪奇現象、古代文明、神話などの情報を提供し続けている。このたび、『ムー』監修の年賀状やクリスマスカードなどのプリントコンテンツが用意されており、オカルト・ミステリー好きはもちろん、今までとは違った不思議な年賀状を出したい人におすすめだ。

●世界の謎と不思議にまつわるダウンロードコンテンツについて
十二支が全て正体不明のUMA(未確認生物)と化したミステリー世界ならではの「UMA年賀状」のほか、引っ越し案内やバースデーカードなど年賀状以外のプリントコンテンツも用意されている。

2018年は戌(いぬ)年ということで「人面犬」
他の十二支のUMAにも注目
ムービングロック引っ越し案内ハガキ
モアイのバースデーカード

ダウンロードサイト: https://online.brother.co.jp/ot/dl/mu/ 
※全てハガキサイズ印刷用データとなります

●プリントで起こる超常現象を月刊『ムー』編集長が語る


「ポストカードであれ封書であれ、
私信を送る、受け取るという関係は個の絆を具象化したものだ。
私はあなたのことを知っている、
一枚の紙によってあなたと結ばれる……
と書くとややオドロオドロしいが、
電子情報が氾濫する現在、
手紙のスピリチュアル性は相対的に高まっているといえるだろう。

『ムー』が監修した超常現象や未確認動物を
モチーフとしたデザインを通じて、
「わかっている」者同士の絆を確認してほしい。

そういえば、「富士山とプロビデンスの目」のデザインは、
日本のフリーメーソンも意匠に取り入れている。
このデザインを使ったポストカードは、
なにやら秘密の関係を意味してしまうかもしれない……」
『ムー』編集長 三上丈晴

●プリンターとミステリーの融合を目指して

神社での祈祷の様子
絵馬にはプリンターを販売する会社としての切実な願いが
ブラザーと月刊『ムー』という異色のコラボレーション成功を願って、無料ダウンロードコンテンツやプリンター活用術などの記事を取りそろえたスペシャルサイト「プリントテラス」の担当者が神社で祈祷を捧げた。環境の変化により年賀状需要は減少傾向にあるが、今回のコラボレーションをきっかけに年賀状を送る楽しさを伝えていきたいとしている。ブラザーでは、『ムー』監修の年賀状コンテンツ以外にも多数の年賀状コンテンツを、スペシャルサイト「プリントテラス」や無料スマートフォンアプリ「Brother いつでもはがき・年賀状プリント」などで提供していく。

<お客様 お問い合わせ先>
サポートサイト(ブラザーソリューションセンター)
URL:http://www.brother.co.jp/support/

企業プレスリリース詳細へ (2017/10/24-12:01)

月刊『ムー』監修のプリントコンテンツを公開 – 時事通信

[ブラザー工業株式会社]

オカルト・ミステリー好きにはたまらない!未確認動物(UMA)が十二支になった年賀状

ブラザー工業株式会社の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社は、無料ダウンロードコンテンツや 、プリンター活用術の記事を取りそろえたスペシャルサイト「プリントテラス」上で、株式会社学研プラスのスーパーミステリーマガジン『ムー』監修による世界の謎や不思議にまつわるプリントコンテンツを公開する。


ダウンロードサイト: https://online.brother.co.jp/ot/dl/mu/

月刊『ムー』は、「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」をキャッチコピーに、1979年に創刊された超常現象専門誌。創刊以来、UFOや怪奇現象、古代文明、神話などの情報を提供し続けている。このたび、『ムー』監修の年賀状やクリスマスカードなどのプリントコンテンツが用意されており、オカルト・ミステリー好きはもちろん、今までとは違った不思議な年賀状を出したい人におすすめだ。

●世界の謎と不思議にまつわるダウンロードコンテンツについて
十二支が全て正体不明のUMA(未確認生物)と化したミステリー世界ならではの「UMA年賀状」のほか、引っ越し案内やバースデーカードなど年賀状以外のプリントコンテンツも用意されている。

2018年は戌(いぬ)年ということで「人面犬」
他の十二支のUMAにも注目
ムービングロック引っ越し案内ハガキ
モアイのバースデーカード

ダウンロードサイト: https://online.brother.co.jp/ot/dl/mu/ 
※全てハガキサイズ印刷用データとなります

●プリントで起こる超常現象を月刊『ムー』編集長が語る


「ポストカードであれ封書であれ、
私信を送る、受け取るという関係は個の絆を具象化したものだ。
私はあなたのことを知っている、
一枚の紙によってあなたと結ばれる……
と書くとややオドロオドロしいが、
電子情報が氾濫する現在、
手紙のスピリチュアル性は相対的に高まっているといえるだろう。

『ムー』が監修した超常現象や未確認動物を
モチーフとしたデザインを通じて、
「わかっている」者同士の絆を確認してほしい。

そういえば、「富士山とプロビデンスの目」のデザインは、
日本のフリーメーソンも意匠に取り入れている。
このデザインを使ったポストカードは、
なにやら秘密の関係を意味してしまうかもしれない……」
『ムー』編集長 三上丈晴

●プリンターとミステリーの融合を目指して

神社での祈祷の様子
絵馬にはプリンターを販売する会社としての切実な願いが
ブラザーと月刊『ムー』という異色のコラボレーション成功を願って、無料ダウンロードコンテンツやプリンター活用術などの記事を取りそろえたスペシャルサイト「プリントテラス」の担当者が神社で祈祷を捧げた。環境の変化により年賀状需要は減少傾向にあるが、今回のコラボレーションをきっかけに年賀状を送る楽しさを伝えていきたいとしている。ブラザーでは、『ムー』監修の年賀状コンテンツ以外にも多数の年賀状コンテンツを、スペシャルサイト「プリントテラス」や無料スマートフォンアプリ「Brother いつでもはがき・年賀状プリント」などで提供していく。

<お客様 お問い合わせ先>
サポートサイト(ブラザーソリューションセンター)
URL:http://www.brother.co.jp/support/

企業プレスリリース詳細へ (2017/10/24-12:01)

環境ワークショップイベント「Brother Earth アカデミー」が終了 – PR TIMES (プレスリリース)

■イベント内容
ブラザーは環境スローガン「Brother Earth」のもと、海洋生物の保護や熱帯雨林の保全など、世界各国で生物多様性保全活動に取り組んできた。今回のワークショップイベントは、スマトラトラ、ニシローランドゴリラなど全14種類のうち2種類の絶滅危惧種の動物をモチーフにしたワッペンと、それぞれの動物が抱える窮状を伝えるカードがランダムに封入されたトートバッグを用いて、オリジナルバッグを作成するという内容。参加者は絶滅危惧種について学びながら、トートバッグにワッペンを貼り付けたり、スタンプで飾り付けたりして、思い思いのバッグを完成させていた。
 

■イベント特徴
今回のワークショップイベントではさまざまなブラザー製品が使用された。トートバッグの絵柄、ワッペンの刺しゅうはそれぞれブラザー製のガーメントプリンター(布用プリンター)、刺しゅうミシンで作成されたものだ。イベント会場内のフォトエリアで撮影した写真の印刷にもブラザー製インクジェットプリンターが使用されており、モノづくり企業である「ブラザーの事業」と、「ブラザーが取り組む環境保全活動」の両方を知ることができる機会になっていた。

プリンター・ミシンなど3件 2017年度グッドデザイン賞を受賞 – PR TIMES (プレスリリース)

2017年度受賞製品2017年度受賞製品

ブラザーとしては、1960年に家庭用ミシンがグッドデザイン賞に初選出されて以来、本年度の3件を含め、累計受賞件数は199件となった。また、本年度で1993年から25年連続の受賞となった。

グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本最大のデザイン賞であり、対象となる製品・サービスについて、外見上の印象だけでなく、使い勝手や環境への配慮、社会への提案力など、さまざまな観点から審査が行われる。

担当者は、「受賞を励みとして、今後もみなさまのご意見を取り入れながら優れた価値をデザインしていきます」と今後の意気込みを語った。

<受賞製品>

●カバーステッチ専用ミシン CV3550

●カラーレーザー複合機シリーズ HL-L8360CDW ・ MFC-L8610CDW

●カラーレーザー複合機シリーズ HL-L9310CDW ・ MFC-L9570CDW