三菱電機、「コンパクトな人工知能」を開発 – IoTNEWS (プレスリリース)

三菱電機、「コンパクトな人工知能」を開発

三菱電機株式会社は、推論処理※1 の演算量を減らして省メモリー化することにより、人工知能を容易に車載機器、産業用ロボットや工作機械などへの組み込み機器に搭載できる「コンパクトな人工知能」を開発した。

これにより、従来大規模サーバーが必要であった高度な推論が、高いセキュリティー環境下で高速処理を行う人工知能システムで低価格に実現できる。

2017年度以降に、車載機器、産業用ロボットや工作機械などで順次製品化予定だという。

※1推論処理:既知の事柄を元にして未知の事柄について予想する識別、認識、予測などの処理

・推論に用いるネットワーク構造と計算方法を効率化し、新たなアルゴリズムを開発
・推論精度を保ったまま推論処理の演算量・使用メモリー量を90%削減※2 し、コンパクト化

※2同社比較

・サーバーやネットワーク設備の小規模化により、低価格で人工知能を導入
・機密情報をサーバーにアップロードする必要がなく、高いセキュリティー環境で作業可能
・組み込み機器で推論処理することで、ネットワーク状況に依存せずに高速処理が可能

人工知能
搭載場所
設備価格 セキュリティー
レベル
処理速度
今回 組み込み機器 低い
(小規模サーバー
+狭帯域ネットワーク)
高い
(推論結果のみを
アップロード)
速い
(推論処理のみ)
従来 サーバー 高い
(大規模サーバー
+広帯域ネットワーク)
低い
(機密情報を
アップロード)
遅い
(推論処理
+ネットワーク経由)

【関連リンク】
三菱電機(Mitsubishi Electric)

Previous NTTコミュニケーションズ、IoTの実用化を加速させる技術検証環境「グローバルクラウドIoTテストベッド」の運用を11社で開始
Next 関東経済産業局及と日本立地センター、IoT×ヘルスケアによるイノベーティブな価値創出体験

「空中に映像を浮かべるディスプレイ」―人が通り抜け可能、三菱電機が開発 – インターネットコム

「空中に映像を表示するディスプレイ」を、三菱電機が発表した。56型ディスプレイと同じぐらいの大きさの映像を投げかけられる。人が映像を通り抜けることが可能。

「空中ディスプレイ」

「空中ディスプレイ」

「空中に映像を表示するディスプレイ」を、三菱電機が発表した。56型の大きな映像を投げかけられる。人が映像を通り抜けることが可能。

人が通り抜け可能

人が通り抜け可能

どういう仕組みかというと、光を一部反射させ、一部素通りさせる「ビームスプリッター」と、光を入ってきた方向に反射する「再帰性反射シート」という装置を組み合わせている。

まず実体のあるスクリーンからの光をななめに配置したビームスプリッタ―にあてて反射させ、さらに再帰性反射シートで反射させる。すると光は空中に再収束し、人の目には空中に浮かんだ映像のように見える。

人間の目には映像が空中に浮かんでいるように見える

人間の目には映像が空中に浮かんでいるように見える

ガイド映像との組み合わせで見やすく

ガイド映像との組み合わせで見やすく

三菱電機はこの設備を、2015年度から、宇都宮大学工学研究科の山本裕紹准教授と共同で研究してきた。

今後はデジタルサイネージやアミューズメント、案内標識などの分野で2020年度以降の実用化に向けて開発を進めていくとしている。

三菱電機、水柱を大型アンテナ化する技術を開発。海水があればどこにでも設置できる高可搬性低周波アンテナ – Engadget 日本語版

これまで、特に低周波数帯のアンテナは、数メートルから数十メートルの高さが必要となることから、巨大なアンテナ構造とこれを支持する基礎構造物を設置するための大規模工事が必要とされてきました。また、このことによって設置コストはもちろん、設置場所が限定されるというデメリットもありました。シーエアリアルはこの問題を解決すべく、成熟したアンテナ技術の応用と、そのための新素材を模索する中で生まれた技術です。

本技術のキモとなるのは、水柱部分にだけ高周波の電流を流せる給電構造(絶縁ノズル)。水柱をアンテナとして使用するためには、入力した電力が空中に放出され失われるロスを極力少なくする必要があるので、ノズルの形状を工夫し、海中に電流が流れることを防ぐ構造としています。また、海水は金属と比べて導電率が低く、これを補うため、噴出により生まれる水柱自体も太くなるような設計となっています。

本技術は今後、既存の低周波用大型アンテナの置き換え、あるいは装置のコンパクトさを活かした新事業に展開を見込むといいます。

動作デモ

自然界にほぼ無尽蔵にある素材を用いてインフラとする本技術は、平時に役立つというより、特殊な状況、特に災害時などで活躍する場面があるでしょう。情報インフラが十分に機能しなくなった際、直接的な災害被害が続いている可能性も想定される中、現地に情報インフラ復旧のためのアンテナ工事を行う余裕が常にあるとは限りません。

使用にあたっては電力をどこから確保するのかといった課題もありますが、水柱を生み出しアンテナ化する装置自体は小さく、可搬性の高さも売りとしていることから、有事の際の備えとして、一時的な状況把握のためにでも、存在意義の高い技術といえるのではないでしょうか。

三菱電機と日立に罰金、自動車部品カルテルでEU – ロイター

[ブリュッセル 27日 ロイター] – 欧州連合(EU)の規制当局は27日、自動車部品の価格カルテルを結んだとして、三菱電機(6503.T)、日立製作所(6501.T)に対し、計1億3780万ユーロ(1億5000万ドル)の罰金を科した。

自動車部品メーカー大手のデンソー(6902.T)は、カルテルの存在を欧州委員会に通報したとして、罰金を免れた。

三菱電機が1億1090万ユーロ、日立は2690万ユーロの罰金を科された。両社は不正行為を認めたとして、罰金額が10%引き下げられた。

べステアー欧州委員(競争政策担当)は声明で「本日の決定は、欧州で販売する自動車メーカー数社の部品(調達)費用や、最終的には欧州の購入者に影響を及ぼす談合を行った自動車部品メーカー3社に制裁を加えるものだ」と説明した。

冷蔵庫2015年モデル検証シリーズ②〜三菱電機『MR-WX71Z』は食材との付き合い方を激変させる 編 – おためし新商品ナビ

今回は三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)の最新最上位機種を紹介しよう。
取り上げるのは杏とオードリー・若林と戸田恵子が出演しているCMでおなじみの「氷点下ストッカーD」を搭載した『置けるスマート大容量 MR-WX71Z』(市場予想価格 税込約460,000円・2015年8月26日発売)である。
※冷蔵庫選び全般の予備知識はシリーズ初回を参照してほしい。

三菱電機の冷蔵庫ならば、適材適所の食材保存で毎日の暮らしが変わる!

三菱電機の冷蔵庫を使えば、食材をコントロールする喜びに満たされるはずだ。一見普通の冷蔵庫だが、実は使いこなす楽しみにあふれている。

いかに無駄なく、なにより美味しく食材を使い切るかが冷蔵庫の生命線。ただ設定がややこしいのでは家電としては今ひとつ。その点『置けるスマート大容量 MR-WX71Z』は細かな設定をしなくても直感的に使えるのが素晴らしい。

MR-WX71Zは冷蔵室、瞬冷凍室、冷凍室、製氷室、野菜室に分かれ、冷蔵室の中には、さらに「ワイドチルド」「氷点下ストッカーD」が備わっている。食材に合わせて最適な温度で保存できるように、それぞれの部屋毎に、食材を美味しく便利に使える温度となっている。

簡単に言えば冷蔵庫内で区切られた部屋は下の方へ行くほどよく冷えるようになっているのだ。例えば、「冷蔵室」⇒「ワイドチルド」⇒「氷点下ストッカーD」⇒「瞬冷凍室」⇒「冷凍室/製氷室」の順に温度が低くなっていく。消費タイミングに合わせて食材を移動させることで腐らせることなく、美味しく消費できるというわけ。そのステップ詳細を、上から順に見ていこう。

レベル1 : 冷蔵室(3℃)

_FAC3080
通常の冷蔵室。ごく普通の冷蔵機能。(野菜室は冷蔵庫の最下段で、温度は約6℃)

レベル2 : ワイドチルド(0℃)

_FAC3078
加工食品や乳製品の保存に最適。

レベル3 : 氷点下ストッカーD[氷点下ストッカールーム](約-3℃〜0℃)

_FAC3077

「過冷却現象」を応用した三菱電機だけの技術を用いているのが「氷点下ストッカーD」。氷点下なのに凍らせないので食材の美味しさを損ねない。これを使えば肉は約7日間、生魚は約5日間、刺身のさくは約3日間保存できるというのが驚きだ。

ちなみに、2015年モデルには冷凍した食材の解凍もできる新しい機能が搭載されている。朝、冷凍した肉や魚を冷凍室から氷点下ストッカールームに移せば、夕方には味を落とす原因となるドリップの流出を抑え、美味しく解凍されている。また、解凍開始から約90分で包丁で切れる硬さまで解凍できるのだ。

ちなみに辛党の人も安心。ビールも凍らせないで、キンキンに冷やすことができる。肉・魚が入るだけでなくビール入れ場としても活用できそう。そして次なる段階がいよいよこの製品の最大特徴の「切れちゃう瞬冷凍」である!

三菱電機が営業益予想を下方修正、常務「中国の影響表れている」 – ロイター

[東京 29日 ロイター] – 三菱電機(6503.T)は29日、2016年3月期の営業利益予想を下方修正すると発表した。

自動車機器は好調に推移しているが、FAシステムや半導体事業が前年同期を下回っていることなどを踏まえ、前年比5.5%減の3000億円(前回予想3200億円)に引き下げた。ただ、営業外費用や税金費用の減少などにより、当期利益は前年比6.3%減の2200億円で据え置いた。

売上高予想は、円安の影響などにより、前年比1.3%増の4兆3800億円(前回予想4兆3700億円)に引き上げた。

前提となる下期の為替レートは1ドル115円、1ユーロ130円。

松山彰宏常務は会見で、営業利益予想を下方修正したことについて「中国の成長鈍化の影響が各事業に表れてきている」と説明。「不透明感がますます強まってきている。とくに中国の経済鈍化が波及する東アジア、日本、欧州などの景気動向がどの程度深刻になっていくかが読み切れない」と厳しい見方を示した。

松山常務によると、第2四半期の受注状況はFAが前年比5%減、半導体は前年に大口受注があった反動もあり、同41%減と大きく落ち込んだ。

*内容を追加します。

(志田義寧)

三菱電機 会員サイト「CLUB MITSUBISHI ELECTRIC」公開記念 10万円分の旅行券や松坂牛など豪華賞品が当たる 『オープニングキャンペーン』を開催 – PR TIMES (プレスリリース)

本キャンペーンでは、当サイト上で応募された方の中から抽選で合計347名様に、10万円分の旅行券をはじめ、松坂牛(4ヶ月分)や、折りたたみ自転車など豪華賞品が当たります。
※応募には会員登録が必要です。
この度公開する「CLUB MITSUBISHI ELECTRIC」は、三菱電機の生活家電お役立ちサイトとして多くの会員を抱える「シュフレー」と、”三菱電機を楽しむ“をコンセプトに生まれたアミューズメント系会員サイト「from ME-Club」の2つのサイトを引き継ぎ、新しく生まれ変わった新会員サイトです。これまで発信していた製品情報、ユーザーの投稿コメントやポイントシステムなどを統合し、現在三菱電機製品をご使用いただいている方も、これからご購入を検討いただく方も、全ての方と三菱電機がコミュニケーションを図れる場になります。
また、新たに、ユネスコ無形文化遺産登録で注目を集める「和食」や、近年人気の「ミラーレス一眼カメラ」をテーマにした読み物系連載や、ゲーム、各種キャンペーンなどを続々展開していく予定です。■キャンペーン概要

名称: オープニングキャンペーン

日程: 2014年9月18日(木)~11月30日(日)

景品:・A賞…2名   JTB旅行券 10万円分

   ・B賞…5名   4ヶ月毎月届く松阪牛

   ・C賞…10名  折りたたみ自転車

   ・D賞…30名  熊野化粧筆6点セット

   ・E賞…50名  ホームプラネタリウム

   ・F賞…100名 会話型心理ゲーム「人狼」

   ・G賞…150名 オリジナルQUOカード

       <A賞 JTB旅行券 10万円分>       <A賞 JTB旅行券 10万円分>

       <B賞 4ヶ月毎月届く松阪牛>       <B賞 4ヶ月毎月届く松阪牛>

       <C賞 折りたたみ自転車>       <C賞 折りたたみ自転車>

       <D賞 熊野化粧筆6点セット>       <D賞 熊野化粧筆6点セット>

応募方法: 会員登録後、WEBフォームから応募。

■「CLUB MITSUBISHI ELECTRIC」概要

       <サイトトップ>       <サイトトップ>
より一層のコンテンツの充実とサービスの向上を目的として、生活家電お役立ちサイト「シュフレー」とアミューズメント系サイト「from ME-Club」を統合し、三菱電機の新たな会員サイトとして誕生。
公開日:2014年9月18日(木)
U R L:http://www.MitsubishiElectric.co.jp/club-me/
□主なコンテンツカテゴリー□
・コラム
生活情報や趣味、話題のアイテムなどをテーマに展開していく読み物系連載企画。
・製品関連
新商品の機能を分かりやすくご紹介する動画や、モニターレポート、ご購入者の声など。
・使いこなし情報
ご購入後に役立つアフターサポート情報。
・ポイント/キャンペーン
ポイントが貯まるゲームや各種キャンペーン。連載企画①「和食」シリーズ企画 第1弾 WASHOKUをもっと楽しもう



2013年、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」をテーマに、毎日の食卓を預かる主婦の和食作りをサポートするためのコラムを連載していく予定です。
第1弾は、今回の無形文化遺産登録に中心的な役割を担われた、静岡文化芸術大学学長・熊倉功夫先生へのインタビューを掲載。日本人が知っているようで意外と知らない「本当の和食」について、様々な切り口から語っていただきます。連載企画② みんなで楽しむはじめてのミラーレス一眼



近年、若い女性の間で人気が高い「ミラーレス一眼カメラ」をキーアイテムに、「写真を撮る」だけでなく、「撮った写真をキレイに楽しむ」までをサポートする連載企画です。
今よりも、もうちょっとキレイな写真を上手に撮りたい人や、カメラに興味があるけど、ちょっと尻込みしてしまっている人にもお楽しみ頂ける内容となっております。