富士通やTISなど11社、「AIビジネス推進コンソーシアム」を設立 – ITpro

 人工知能(AI)やIoTに関する事業を展開するグリッド、伊藤忠テクノソリューションズ、TIS、富士通など11社は2017年12月13日、「AIビジネス推進コンソーシアム」を設立したと発表した。国内のAIサービスの開発力強化と産業分野でのAI活用の加速を狙う。

 都内で開催された設立記者会見で、発起人であるグリッドの代表取締役の曽我部 完氏は、AIを利用した国内のサービス開発状況に触れ、「実証実験や検証段階にある事例が多い。AIのビジネス活用を加速するには、一つの企業が単独で取り組むだけでは限界がある」と説明した。さらに「コンソーシアムでは、AIに取り組む企業間でノウハウや知見の共有を目指す」と設立趣旨を述べた。

グリッドの代表取締役である曽我部 完氏(撮影:下玉利 尚明、以下、同じ)

[画像のクリックで拡大表示]

 曽我部氏は続けて、グリッドが取り組んできたAI関連事業を踏まえて、コンソーシアムの設立経緯を説明した。同氏によれば、産業分野でのAIサービスの利用では、製造工場やプラント設備など各社によって収集されるデータが千差万別だという。このため各企業ごとに、それぞれのデータに特化した独自のAIを開発しなければならなかったという。

 そのため、ある企業が単独でAI開発に取り組むと、たとえ基盤となるAI技術を開発できたとしても、他の企業のシステムに横展開することは難しい。曽我部氏は「当社が開発したAIサービスの技術やノウハウを他の顧客企業に横展開しようとすると、取り扱うデータが異なるため難しかった」と振り返った。

 こうした「産業分野のAIの個別性の高さ」(曽我部氏)が、産業分野でのAI活用の促進を妨げとなっていると感じ、AI開発に取り組む各社が基盤技術やノウハウ、ナレッジを共有できる枠組みが必要だと考えたと曽我部氏はコンソーシアム設立の経緯を説明した。

 AIビジネス推進コンソーシアムでは、参加企業間で「ソースコードや技術、ノウハウ、ケーススタディ、ユースケースなどを共有する」(曽我部氏)。現在、先行してグリッドのAI開発フレームワーク「ReNome」でユースケースが50社分ほど公開されている。今後は、最適化処理や深層強化学習に関連したユースケースなどを追加していく。

ReNomeでソースコードやノウハウなどを体系化して提供。開発言語はPython。ソースコードの公開により機械学習の経験が少ないエンジニアでもモデル構築ができるようになるという

[画像のクリックで拡大表示]

 それによって、ノウハウをチュートリアルとして体系化し、ユースケースとして提供。コンソーシアム参加企業がそれらを活用することでAI開発のスピードを高める。さらに、単独では応用や横展開が難しい技術やノウハウを、コンソーシアム参加企業間で共有し、他の参加企業の顧客向けに応用展開ができるかなども検討する。

 曽我部氏は、国内のAI開発では学術的な研究とビジネスとの間にギャップがあると指摘。産業分野でのAI活用の妨げとなっていたAIのアルゴリズムとビジネスとのギャップを埋めるのがコンソーシアムの役割だと改めて強調した。続けて、「2018年の1〜3月期には、参加企業の全社が何かしらのユースケースを公開し、それに付随するソースコード、技術、ノウハウ、ナレッジなどを参加企業間で共有できるようにしたい」(曽我部氏)と意気込みを示した。

将来的には各社で開発したAIアプリケーションを販売できる「マーケットプレイス」の構想もある。「スマホアプリのストアのようなイメージ」(曽我部氏)という

[画像のクリックで拡大表示]

 今回のコンソーシアムに参加したのは、グリッド、伊藤忠テクノソリューションズ、TIS、富士通、伊藤忠商事、OSIsoft Japan、 zero to one、丸紅、丸紅情報システムズ、三井情報、三井物産の11社。

富士通 ノートPCバッテリーに発火の恐れ – 読売テレビ NEWS&WEATHER

・読売テレビのホームページ上に掲載された番組に関わる全ての情報は放送日現在のものです。あらかじめご了承ください。
・各ページに掲載された記事・写真等の無断転用を禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

富士通ゼネラル、サイドファン搭載のコンパクトなエアコン「XSシリーズ」 – 家電 Watch

 富士通ゼネラルは、サイドファン「デュアルブラスター」搭載の横幅786mmとコンパクトなエアコン「nocria(ノクリア) XSシリーズ」を1月6日に発売する。電源100Vモデルの価格は21万円〜25万円前後(税抜)。ほかに200V仕様もラインナップする。

nocria(ノクリア) XSシリーズ

 本体の左右に風を送り出すファン「デュアルブラスター」を搭載したエアコン。サイドファン「デュアルブラスター」は、室温気流と冷暖房気流を制御してハイブリッド気流を生み出す。暖房時には、サイドファンが起こす室温気流により、暖気の上昇を抑えて床面に温風を押し下げ、足元から暖められる。また冷房時には、サイドファンが起こす室温気流で、空気が撹拌され柔らかい風を部屋中に行き渡らせるという。

暖房時には温風を押し下げ、足元から暖める

冷房時には部屋の空気を撹拌し、部屋を優しく涼しくしていく

 「デュアルブラスター」を使った、暖房時の「標準」「床暖房併用」モードと、冷房時の「標準」「涼感プラス」モードの、4つのモードを搭載する。

 暖房時の「標準」モードでは、「デュアルブラスター」を斜め下に向け、室温気流で暖気を部屋全体に広げ、足元からしっかりと暖める。

 「床暖房併用」モードでは、設定温度到達後に「デュアルブラスター」を水平に向け、室温気流が暖房気流を引き上げながら、ゆったりとした空気の流れを作り出す。暖気と混合された、ゆるやかな気流が部屋の中を循環し、部屋全体で柔らかな暖かさが得られるとする。

暖房時の「標準」モードのイメージ

「床暖房併用」モード、設定温度到達後のイメージ

 冷房時の「標準」モードでは、「デュアルブラスター」を水平に向け、室温気流が冷房気流を引き上げながら、ゆったりとした空気の流れを作り出す。

 対して「涼感プラス」モードでは、「デュアルブラスター」を斜め下に向けて、室温気流によって、より涼感が高めるという。

冷房時の「標準」モードのイメージ

「涼感プラス」モードのイメージ

 その他、毎日の電気代や外出前の外気温などの情報や操作内容を知らせてくれる「音声お知らせ」機能を搭載。スマートフォンと連携することで、外出先からの操作にも対応する。

 ラインナップは、以下の7モデル。単相100Vの「AS-XS22H」「AS-XS25H」「AS-XS28H」「AS-XS40H」。また単相200Vの
「AS-XS56H2」「AS-XS63H2」「AS-XS71H2」。

【材料】sMedio— sMedio開発の表情・顔認識AIエンジンを富士通の「ロボットAIプラットフォーム」に提供 – 株探ニュース

sMedio <日足> 「株探」多機能チャートより

sMedio 3913>は、マルチメディア系ソフトウエアの開発等を手掛ける。ネットワーク内メディア再生の「TrueLink」、DVD/BD再生の「WinDVD」等。

同社は、12月12日に富士通<6702>が発表した「ロボットAIプラットフォーム」に、同社の表情認識AIエンジン(sMedio Emotion Recognition)と顔認識AIエンジン(sMedio Face Detector)を提供したと発表した。
同社開発エンジンには、アジア人の顔を多く学習させ精度の高いアジア人識別および顔検出、顔パーツの自動検出、顔の傾きの自動補正、メガネ装着時も識別可能、ロボットや監視カメラ、スマートフォンなどマルチプラットフォームに適用できる柔軟な実装が可能といった特徴がある。同社は、今後も様々なデバイスと親和性のあるAIエンジン開発の強化を進めていく意向。

保守・サポート収入は堅調。ロイヤリティ収入や開発収入は持ち直しへ。タオソフトウェアが通期寄与。75日線が株価の下値をサポート。テーマ性は豊富で、一時的に物色が強まる展開を想定。

《MW》

 提供:フィスコ

富士通グループの「ValueFront Analytics」、電子マネー利用に関する分析を可能に – MarkeZine

 富士通エフ・アイ・ピーは、ID-POS分析サービス「FUJITSU リテイルソリューション ValueFront Analytics(以下、ValueFront Analytics)」に、「FUJITSU リテイルソリューション サーバー管理型電子マネーサービス」の利用状況や効果を分析する新機能を搭載し、提供を開始した。

 「ValueFront Analytics」は、顧客データと商品購買データを掛け合わせたID-POSデータを分析できるクラウド型のサービス。今回同サービスに搭載された新機能は、電子マネーの利用状況や傾向をはじめ、導入効果、施策実施後の効果を分析することができる。

「サーバー管理型電子マネーサービス」利用促進のPDCAサイクル
「サーバー管理型電子マネーサービス」利用促進のPDCAサイクル

 また、顧客データや購買データを活用することで、会員の決済比率や購買動向の分析も可能に。利用状況や効果を継続的に評価して次の施策につなげるというPDCAを通して、電子マネーの利用促進による売り上げの拡大が期待できる。

【関連記事】
非接触IC型電子マネー、20代の店頭利用が少ない結果に【マイボイスコム調査】
Yahoo!ウォレット、25行の銀行に対応した「預金払い」と電子マネーを初夏から提供
交通系電子マネーの月間利用件数が1億1千万件を突破!
富士通とトレジャーデータが協業 POS・CRMデータをアプリなどのログとつなげ高速分析を提供
富士通、Marketoとマーケティングオートメーション事業で協業

富士通ノートPCバッテリー 発火のおそれ 6万個余回収へ – NHK

富士通は、ノートパソコンに搭載したバッテリーに発火のおそれがあるとして、対象となる6万2000個余りを回収すると発表しました。

発火のおそれがあるとして回収するのは、平成24年8月から平成25年11月までの間に製造した、ノートパソコンの一部、54機種に搭載されたバッテリー。そして別売りのオプションのバッテリー6種類で、合わせて6万2000個余りに上ります。

富士通によりますと、去年8月からことし9月にかけて、ノートパソコンの充電中にバッテリーから火が出るなどの事故が合わせて4件あったということです。

対象のバッテリーは、パナソニックが製造したもので、パナソニックも今月6日におよそ14万個を回収すると発表しています。

富士通では、問題のバッテリーについて来月下旬から無償で交換を行うとしていますが、それまでの間は、バッテリーを取り外してACアダプターを接続するか、充電を制御するソフトウエアをアップデートするよう呼びかけています。

また、対象の機種かどうか、ホームページなどで確認できるようにしています。
電話での問い合わせは、0120-924ー632で、休日を除く午前9時から午後5時まで受け付けます。

(対象の製品)
▼LIFEBOOKのA/E/P/S/T/SH/PHの各シリーズ
▼FUTROのMA/MPの各シリーズ
▼CELSIUSのHシリーズ
▼オプションバッテリパックのFMVNBP210/FMVNBP222/
FMVNBP224B/FMVNBP224W/FMVNBP224R/FMVNBP228

富士通、コミュニケーションロボ販売開始 AI使い人の顔や感情認識 – ITmedia エグゼクティブ


ニュース


» 2017年12月13日 10時08分 公開



ロボット「unibo(ユニボ)」がインターネット経由で接続し、さまざまなサービスを提供する。


[SankeiBiz]




富士通が販売を始めたコミュニケーションロボット「ユニボ」=12日、東京都港区

 富士通は12日、人工知能(AI)を使った自然対話機能などを持つクラウド(サービス基盤)と組み合わせ、人との意思疎通が可能なコミュニケーションロボットの販売を始めた。

 このサービス基盤は「ロボットAIプラットフォーム」で、AIを駆使して対話などの言語処理に加え、人の感情や顔の認識などの機能を搭載。ロボット「unibo(ユニボ)」(高さ32センチ、重量2.5キロ)がインターネット経由で接続し、さまざまなサービスを提供する。

 例えば病院の個室に置かれたユニボは顔認識機能により患者の顔を見分けて簡単な対話をしながら、電子カルテのデータを基にその人の検査スケジュールや服薬の時間を知らせたりする。また、患者の表情を読み取り患者の体調把握に務める。

 ユニボはベンチャー「ユニロボット」(東京)が開発した。これまでの実証実験では、金融機関の店舗窓口で金融商品の紹介など接客サービスにも取り組んできたという。ロボット以外にスマホなどの機器もサービス基盤への接続が可能で、今後サービスの拡充が見込まれる。富士通グローバルビジネス戦略本部の谷村勝博本部長は「今後サービスロボットの市場拡大が予想される」と述べた。

 クラウドとロボットを1年間利用できる実証パックの税別価格は64万8000円。利用期間終了後もロボットは手元に残る。


Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’000000016415d712′, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20171129_fd49554_3.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);

【買い】sMedio(3913)ソフトウエアの開発企業、12/11に富士通との共同開発発表 あすなろ投資顧問CEO 大石やすし – minkabu PRESS

ソフトウエアの開発企業、12/11に富士通との共同開発発表

【業務内容】
マルチメディア系ソフトウエアの開発等を手掛ける。ネットワーク内メディア再生の「TrueLink」、DVD/BD再生の「WinDVD」等。

【業績面】
11/10の決算は3Qの連結経常利益は前年同期比98.2%減。併せて、通期を1億2800万円の黒字→6100万円の赤字に下方修正。
12/12に富士通が発表した「ロボットAIプラットフォーム」に表情認識AIエンジン(sMedio Emotion Recognition)と顔認識AIエンジン(sMedio Face Detector)を提供し、表情認識機能、個人認証機能を共同開発したと発表。

チャート面では日足で決算を受けギャップダウンし、その後は安値圏でもみ合い相場。12/12に富士通との共同開発発表を受け、大きく上昇した。ミニゴールデンクロスも達成しており、75日線上放れにも期待する。

【関連ニュース】

大石やすし

大石やすし (おおいしやすし)

あすなろ投資顧問 CEO

人と自然な対話実現 富士通、ロボAIプラットフォーム – 日刊工業新聞

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

富士通ゼネラル、自動でフラップ上下動エアコン – 日刊工業新聞

[ 新製品 ]

富士通ゼネラル、自動でフラップ上下動エアコン

(2017/12/13 05:00)

【横浜】富士通ゼネラルは、自動でフラップを上下する機能を備えた店舗・オフィス用エアコン「エアステージ=写真」シリーズを2018年4月から発売する。オートスイング…

(残り:205文字/本文:285文字)

(2017/12/13 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

新製品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしい洗浄の本
第2版