JVCケンウッドが連日高値、「あおり運転」対策のドライブレコーダーも材料 … – 財経新聞

■国立がん研究センターなどとの共同研究も注目される


 JVCケンウッド<6632>(東1)は19日も上値を追い、取引開始後に6%高の354円(20円高)まで上げて昨年来の高値を連日更新した。このところ、高速道路などで「あおり運転」による重大事故が伝えられ、ドライブレコーダーの需要が増加するといった期待がある。また、会社発表の注目材料としては、16日に国立がん研究センターなどと共同でがんの診断などに関する共同研究を開始したとの発表があり、新事業への展開に期待する様子もある。

 2016年の高値は346円、15年の高値は419円。過去の出来高分布などによると、戻り売りの圧迫感は400円台に乗ると強まるとの分析があるが、今期・18年3月期の業績は大きく回復する見通しのため、戻り待ちの売り意向が後退する可能性はある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を10月25日(水)、東洋経済新報社9階ホールで開催!

【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)

【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)

【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

AKIBAHDが大幅続伸、ドラレコ関連として物色人気高まる | 個別株 – 株 … – 株探ニュース

AKIBA <日足> 「株探」多機能チャートより

 AKIBAホールディングス6840>が大幅続伸となっている。神奈川県大井町の東名高速で6月に起こった事故を受けて、「あおり運転」対策への関心が高まるなか、グループ会社のアドテックドライブレコーダーを手掛ける同社に物色の矛先が向かっているようだ。

 あおり運転対策として、相手の悪質な運転を証明するためにドラレコの設置が効果があるといわれていることから、今後の需要が増加するとの期待が高まっているもよう。また、同じくドラレコ関連銘柄として、JVCケンウッド<6632>なども買われている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

がん患者の血液中エクソソーム測定法に関する共同研究を開始-国がんら – QLifePro医療ニュース



読了時間:約 1分14秒

2017年10月18日 PM01:30

国立がん研究センター、株式会社JVC ケンウッド、シスメックス株式会社および第一三共株式会社は10月16日、がんの診断および治療の質向上に資する共同研究を開始したと発表した。

この共同研究の対象は、体内の細胞が放出するエクソソーム。がん患者では、がんの特徴を有するエクソソームが血液中に増えていることが近年、明らかになってきた。今回の共同研究では、がん患者においてHER2などの特定のタンパク質をもつエクソソームを測定可能となることで、治療法や治療効果等の判断を従来の腫瘍組織からだけではなく血液からもできるようになることが期待されるという。

組織採取時の負担を軽減、採取が難しい場合の治療法提案も

JVC ケンウッドは、光ディスク技術を応用したエクソソーム高精度定量システム「ExoCounter」を慶應義塾大学医科学研究質と共同で構築し、事業化へ向けた開発を行っている。このシステムをさらに発展させ、がんに由来する特定のエクソソームを高精度に検出する技術を提供することで、今回の共同研究に寄与する。

シスメックスは、血液や尿、細胞などを採取して調べる検体検査領域において、血球計数検査、免疫、凝固などの分野でグローバルな事業展開をしている強みがある。今回の共同研究においても、 同社が有する遺伝子・タンパク測定技術を活用するとともに、JVC ケンウッドの装置を医療現場で活用できるようにするための信頼性確保を含めた開発面で力を発揮できるとしている。

国立がん研究センターおよび第一三共は、エクソソームの測定データをがん患者の診断および治療に有効活用していくという。

がん専門の研究機関、電子・診断機器メーカーおよび製薬会社が連携し、この技術を確立することにより、診断のために複数回の組織採取を強いられてきた患者の負担を大幅に軽減すると共に、病変部位組織の採取が難しい患者へも治療法を提案することを目指していきたいとしている。横山香織

JVCケンウッドが国立がん研究センターなどとの共同研究を好感し年初来の高値 – 財経新聞

■がん診断や治療の質向上に向けてがんセンター、シスメックス、第一三共と開始


 JVCケンウッド<6632>(東1)は18日の後場、5%高の343円(16円高)で始まり、約4カ月ぶりに年初来の高値を更新している。16日付で、「がん患者の血液中エクソソーム測定法に係わる共同研究を開始」と発表。音響・電気機器メーカーとあって意外感から注目する投資家も少なくないようだ。

 発表によると、国立研究開発法人国立がん研究センター(国立がん研究センター)、JVCケンウッド、シスメックス<6869>(東1)、第一三共<4568>(東1)はこのほど、共同で、がんの診断および治療の質向上に資する共同研究を開始した。

 がんになると、体内の細胞が放出する「エクソソーム」という微粒子が血液中に増えていることが近年明らかになり、今回の共同研究では、特定のタンパク質をもつエクソソームを測定できるようになることで、治療法や治療効果等の判断を従来の腫瘍組織からだけではなく血液からもできるようになることを期待している、とした。シスメックスも高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)

【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)

【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)

【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

【24時間プレゼント】WTCCもてぎ戦に2名1組をご招待…シーズン終盤の … – レスポンス

ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)で10月28~29日の日程で、「2017 FIA世界ツーリングカー選手権シリーズ(WTCC)JVC KENWOOD 日本ラウンド」が開催される。こちらにレスポンス読者をご招待!!

WTCCはF1、WRC(世界ラリー選手権)、WEC(世界耐久選手権)と並ぶFIA(国際自動車連盟)公認の世界選手権であり、ツーリングカーレース の世界最高峰だ。ホンダ、ボルボ、シトロエン、シボレーなど、世界を代表する自動車メーカーが戦いを展開している。前述の各世界シリーズと比べて、競技車両の見た目が市販車に近いのも特徴だ。

今シーズンは、昨年から参戦したボルボ「S60ポールスター」が速さを見せ、ホンダ「シビックWTCC」を相手に、一気に上位へ進出、チャンピオン争いに加わっている。また今年は日本から道上龍がシビックWTCCでフル参戦し、注目だ。

ランキング上位3人は、10戦中7戦を終わって2点差で争っている。2位のティアゴ・モンテイロがクラッシュの影響で前戦・中国ラウンドを欠場しており、混迷の度合いが深まった。

ランキング
1位:テッド・ビョーク(ボルボS60ポールスター) 200.5
2位:ティアゴ・モンテイロ(ホンダ・シビックWTCC) 200
3位:ノルベルト・ミケリス(ホンダ・シビックWTCC) 198.5

★ご招待★

ツインリンクもてぎを運営するモビリティランドの協力で、こちらの入場券をレスポンス読者2名1組にプレゼントします。10月28日(予選)と29日(決勝)の両日有効、入場可能エリアは自由席・A・B・V・G・Z(V1ブロックは除く)エリア。V・G・Zエリアは28日が自由席、29日がエリア指定席となっています。ホームストレート、ビクトリーコーナー、90度コーナーの全てで有効なチケットです。現地往復の交通費、駐車場代などはご負担ください。

応募締め切りは24時間後、10月17日21時59分。当選者には18日中にメールでお知らせします。

<リンク プレゼントに応募する>

第一三共など 血液でがん特性を判別 – 日本経済新聞

 第一三共は16日、血液中の物質からがんの性質を判別する手法の開発に乗り出すと発表した。検査技術を持つJVCケンウッドやシスメックスと組む。がん周辺の細胞から血中へ出る微粒子を調べ、がんの特徴を判別する手掛かりを探る。がんの特徴により効果がある抗がん剤は変わり、事前の判別が重要になる。負担の重い腫瘍の採取に代わる手法が必要だった。

 血中の微粒子「エクソソーム」に含まれるたんぱく質などから、がんの特徴に関わる目印があるか探る。測定機器の開発は2016年からJVCと検体の評価技術を持つシスメックスが共同で取り組んでいた。今後は第一三共と国立がん研究センターが加わり、治療へ応用できるかを探る。

 内視鏡などを使う腫瘍部の採取は治療法や薬剤の選択で欠かせない。採取が困難な患者もおり、がん種の判別は治療の課題となってきた。

【参加者募集・プレゼントあり】JVCから未発表の新製品&新高音質化技術! ヘッドホン祭で特別イベント開催! – Phile-web

「JVCがヘッドホン関連の新製品を間もなく発表する。しかも大量に」――そんな情報をファイルウェブはキャッチ!その新製品の魅力をいち早く体験できるイベントを、ファイルウェブとJVCとの共同で企画しました。


11月3日(金・祝)、中野サンプラザにて開催される「秋のヘッドフォン祭2017」初日に、JVCスタッフと評論家・野村ケンジ氏を招きイベントを開催します。

現時点で明らかにできるのは、プレミアムライン「CLASS-S」の新製品であること、そして新たな高音質化技術も登場するということ。

イベントは11月3日の13時30分からと15時からの2回開催で、各回とも30分程度。13時30分からの回はCLASS-S新モデルをメインに、15時からの回は「新高音質化技術」をメインテーマに据えて進行します。会場は中野サンプラザ7階の研修室7。

当日は、企画や開発に携わったJVCケンウッドのスタッフと、評論家の野村ケンジ氏とのトークショーを実施。新商品、新技術の実力をいきなり丸裸にしてしまうほか、プレスリリースでは明らかにされない開発秘話も飛び出します。

そしてなんと、イベント参加者特典として、その新製品が当たるプレゼント企画も決定! 当日の参加者の方に抽選で新製品をプレゼントします。

参加予約の申込みを下記フォームから受付中です。申し込みナシで当日の飛び込み参加も可能ですが、事前応募者多数の場合は、当日の飛び込み参加はお断りする場合もあります。また、事前予約申し込みをいただいても応募者多数の場合は参加可否を抽選で決めさせていただきます。

さらに事前予約された場合は、プレゼント抽選参加権をもう1口追加で進呈! 当日参加よりも当選確率が2倍アップという特典つきですので、事前の予約がオススメです。ぜひご応募ください!

※フォームが表示されない方はhttps://jp.surveymonkey.com/r/GCKD2R9からご記入ください。

※お名前はハンドルネーム等も可能です。

※両方の回への参加も可能ですが、応募者多数の場合はどちらかの回のみへの参加に調整させていただく場合がございます。

※メールアドレスは応募者多数の場合の当選案内等に使用します。

※「@ongen.co.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

SurveyMonkeyでアンケートを作成しましょう

【実売速報】ドライブレコーダー、Androidスマートフォン 2017/10/13 … – エキサイトニュース

 家電量販店やネットショップ、PCショップなどの実売データを集計した「BCNランキング」によると、2017年10月11日に販売されたドライブレコーダーの平均単価は1万2480円、最も販売数の多かったメーカーは、シェア31.3%でJVCケンウッドだった。

 また、Androidスマートフォン市場において、最も販売数の多かったメーカーは、シェア20%でファーウェイだった。(BCNメディア編成部)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
【関連記事】
【実売データでわかる売れ筋ランキング】(2017年10月2日~10月8日)
需要高まるドライブレコーダー、シェア争いは三つ巴の様相に
ファーウェイのスマホが勝つための5つの戦略
カメラ性能をさらに強化したSIMフリースマホ「ZenFone 4」シリーズ3機種
今秋、スマホ買い替え商戦に大変化? 勢いづくSIMフリースマホ