研究開発投資上位100大企業…韓国は4社、中国は7社 – 中央日報

  韓国企業の研究開発投資額の増加率が競合国に比べて顕著に落ちていることがわかった。

  欧州委員会が今月初めに発表した「2017年産業研究開発投資スコアボード」によると、2016年度に最も多くの研究開発投資をした企業はドイツの自動車メーカーのフォルクスワーゲンだった。フォルクスワーゲンは1年間に137億ユーロを投資し、前年に続き投資1位の座を守った。続いて米グーグルの親会社であるアルファベットが129億ユーロ、マイクロソフトが124億ユーロで2位と3位を占めた。

  2013年から昨年まで4年連続で2位を記録したサムスン電子は今回2段階落ちた4位となった。サムスン電子は122億ユーロを投資し、5位のインテルの121億ユーロを僅差で上回った。韓国企業ではLGエレクトロニクスが27億ユーロを投資して50位に名前を上げた。このほか現代自動車が77位、SKハイニックスが83位で100位以内に含まれた。

  上位100社を国別に分類すると米国が36社で最も多かった。次いで日本が14社、ドイツが13社、中国が7社だった。韓国はオランダとともに4社にとどまった。フランス、スイス、台湾が各3社、アイルランド、スウェーデン、英国が各2社、デンマーク、フィンランド、インド、イスラエル、イタリア、シンガポール、スペインは各1社が含まれた。

  今回の調査は2016年度に研究開発投資額が2400万ユーロ以上だった43カ国の企業2500社を対象にした。これら企業の総投資規模は7416億ユーロで、前年より5.8%増加した。

  米国企業が821社で最も多く、欧州連合(EU)加盟国が67社、中国が377社、日本が365社などで、韓国企業は70社で台湾の105社よりも少なかった。

  企業の投資金額を国別に合算すると韓国の「投資危機」は目立つ。全金額のうち米国企業が39%を占め、EU加盟国が26%、日本が14%、中国が8%などの順だった。

  特に中国企業の研究開発投資は前年より18.8%の急増で最も高い増加率を記録した。米国は7.2%、EU加盟国は7.0%と比較的大幅に増えた。

  しかし韓国企業は1.9%の増加にとどまり平均を大きく下回った。最近景気が回復の兆しを見せているという日本はむしろ3.0%減った。

  業種別では情報通信技術(ICT)サービスが11.7%の増加率を記録し、保健が6.9%、ICT製造業が6.8%だった。ICT製造業者の中ではサムスン電子の研究開発投資額が世界で最も多かった。

  専門家らは韓国企業の研究開発投資不振に対し懸念を示している。未来成長動力確保に支障が生じるのではないかという懸念だ。

  KAISTのイ・ミンファ招聘教授は、「研究開発の結果が革新で、革新の結果が雇用と所得の増大につながる。研究開発投資は費用ではなく未来のための貯蓄だ」と話した。

  韓国経済研究院のイ・テギュ研究委員は「第2の半導体など新たな未来収益源を担える産業基盤を用意するには画期的な研究開発振興策が必要だ」と話した。

【特集】シンデンハイテ Research Memo(2):主力商品はLG製の液晶モジュールと半導体 – 株探ニュース

シンデンハイ <日足> 「株探」多機能チャートより

■会社概要

  1. 会社概要
    現在のシンデン・ハイテックス<3131>の主力事業は、主に海外製の液晶製品、各種半導体、電子部品、モジュール、バッテリー等を仕入れ、国内の電子機器メーカー等に販売する商社業務である。中心となっている製品は、韓国LGグループ及びSK hynixの製品や米国のGROBALFOUNDRIES(旧IBM)やAMD(Advanced Micro Devices)、台湾のWIN Semiconductor、E-CHIなどである。仕入及び販売において、特定のグループや企業に属さない独立系のエレクトロニックス商社である。

会社設立後、わずか20年強しか経っていないが、現在の顧客数は約600社、売上高は444億円(2017年3月期)、従業員数は136名、海外拠点4ヶ所となっている。株式については、2015年3月に東京証券取引所JASDAQ市場に上場した。

  1. 沿革
    同社は、1995年に現在の代表取締役会長である城下保(しろしたたもつ)氏とその他の有志によって設立された比較的若い企業である。実質的な創業者と言える城下氏は、中堅商社を経た後、菱洋エレクトロ<8068>に入社し幅広い部署で活躍した。その後、菱洋エレクトロの役員まで努めたが経営トップとの方針の違いなどもあり、独立を決意して1995年にほかの仲間とともに同社を設立した。

設立当初は、前職との関連もあり三菱電機<6503>製品の取り扱いが多かったが、翌年の1996年にはエルジージャパン(株)(当時)と代理店契約を締結、LG製の半導体の取り扱いを開始した。さらに1997年には、同じくLGの液晶製品の販売を開始した。その後も、創業者である城下氏自身やその他の幹部社員の人脈を生かし、IBM製やAMD製のCPU、LG Innotek等のASICS(半導体)、台湾のE-CHI製バッテリーなどに商材を広げていった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《MH》

 提供:フィスコ

糖尿病管理アプリ「Health2Sync」、日本でのビジネス強化へ資金調達 … – Techable

糖尿病を抱えている人にとって、血糖値の管理は欠かせない。しかし、毎回その数値を記録するのはちょっとした手間だ。

それを簡素化するのが、糖尿病データ管理アプリの「Health2Sync」。台湾拠点のスタートアップが展開しているものだが、今後日本でも積極展開しようとこのほど資金調達を実施した。

・手軽に詳細を記録

血糖値測定器はさまざまなメーカーから出ているが、Health2Syncアプリ(iOS、Android)はそのほとんどと連携。Bluetoothまたはケーブルで情報を取り込み、スマホで一括管理できる。

具体的には、血糖の最低・最高・平均値などを記録する。最近の動向もグラフなどで表示されるので、目標値をキープできているかどうかが一目でわかる。

加えて、血圧や体重などのデータも入力できる。薬の種類や服用時間、どんな内容の食事を何時にとったかもメニューから選んでタップするだけで記録でき、データは家族や医師と共有可能だ。

・SOMPOホールディングス主導

糖尿病患者は年々増加傾向にあり、日本で糖尿病ケアに使われる額は米国に次いで世界で二番目に大きいのだという。

Health2Syncはそこに目をつけたわけだ。今回、シリーズBラウンドで600万ドル(約6億7000万円)を調達し、これはSOMPOホールディングスが主導した。

Health2Syncは当面、日本でのビジネス強化に注力するが、ゆくゆくはマレーシアやインドネシアといった東南アジアでの展開も視野に入れているようだ。

Health2Sync

ついにJeep Wranglerにもプラグインハイブリッドモデル! 2020年にも投入へ – Techable

低燃費とは無縁のような存在に思われるJeepの Wranglerラインナップについにプラグインハイブリッド(PHV)が加わる。

2020年にも投入されることが、米国ロサンゼルスで1日に始まったオートショーで発表された。

・Pacifica参考に

「ジープといえば、Jeep Wrangler」と認識されているクライスラーの代表クロスカントリーカー。ガソリンをがんがん使いながらオフロードを走るというイメージが強いが、「燃費向上」「ハイブリッド」といったテクノロジーの波が押し寄せたようだ。

詳細は明らかにされていないが、同社のハイブリッド・ミニバン「Pacifica」を参考にしている模様。

・平日と週末で使い分け

ちなみに、Pacificaの燃費は1ガロン(約4.5リットル)あたり32マイル(約51キロメートル)となっている。

普段は、電気自動車として環境に配慮しつつエコ走行し、週末はオフロードを走る。目的別に使い分けることができ、ドライブの楽しみ方・利便性を広げてくれるモデルになりそうだ。

Los Angeles Auto Show

世界初!持ち運びOKなギターアンプ「Jam Stack」 – Techable

エレキギターのセットアップは手間がかかり、制限も多いものだが、「JamStack」を使えば煩わしさから解放されるかも。なぜなら、「JamStack」は、スマホと接続しギターに直接取り付け可能なポータブルギターアンプだからだ。

・簡単に持ち運び&取り付けOK!

エレキギターのセットアップというと、手間を食うというイメージが強いもの。場所の制限もあり、ハードルは低くない。

しかし、「Jam Stack」は、場所を問わずいつでもどこでも持ち運び可能。約1kgの重量でギターケースや旅行カバンにも収納できるコンパクトさ。ギターのアウトプットにコードを接続するだけで演奏可能に。1回の充電で8時間は持続し作動してくれるという。

・アプリ接続でさらに好みに合わせた調節も

アプリを利用すれば、スマホからのアクセスでエフェクトやアンプモデルも自由に選ぶことも可能だ。シグナルマネージメントシステムが搭載されており、バックトラック/ドラムビートを使用しながらレベルを落とさずに演奏を楽しむこともできるという。

家で存分に趣味のギターを楽しむことができる「Jam Stack」を使って、年末年始の休みはギター三昧で楽しんでみては?

Jam Stack

プジョーのハイブリッド三輪スクーターは小型車と二輪車のいいとこ取り! – Techable

電気自動車の導入や、電気旅客機の開発が進むなど、環境に配慮した交通の整備が進むヨーロッパから、またも最新の乗り物のニュースが届いた。

今度は、仏プジョーが手がけたプラグインハイブリッドの三輪スクーター。電気で動き、そして車よりコンパクトと都市交通のためのスクーターだ。

・車のような快適さ

サイズは2.4×0.85メートルで、ピザ宅配などに使われる三輪スクーターを一回り大きくしたくらいのサイズ。しかし宅配スクーターと決定的に違うのは、ドアがあり乗車空間が車のように個室になることだ。

車内は空調もきき、運転中はシートベルトを着用。エアバッグも備わる。車のような快適さを備えつつ、スクーターのように小まわりがきくというのがメリットだろう。

もちろん、ゼロエミッションという大義もある。性能はというと、フル充電での航続距離は約300キロメートル。トップスピードは時速130キロだ。

・EUの都市交通模索

このスクーターの開発の背景には、ヨーロッパ12カ国の6企業による「Efficient Urban Light Vehicle」開発の取り組みがある。未来の都市交通構築を模索する動きで、これにプジョーの親会社PSAも参画している。

今回のハイブリッド三輪スクーターはこの取り組みを反映したもの。今のところ商品化について具体的な言及はないものの、こうした乗り物が今後増えてきてもおかしくなさそうだ。

PSA

トラベラーに朗報!ポータブルでスマートなセーフティボックス「iKyep」で … – Techable

旅行中に悩ましいのが貴重品の管理。鍵や財布やクレジットカード、そしてパスポートなどをどこに保管しておくかはいつも心配の種だろう。ホテルの金庫がいつだって安全とは限らない。

・旅行中の貴重品を安全に

そんなとき実に便利なのがスマートなセーフティボックス「iKeyp Pro」。スマホと連携し専用のアプリを活用することで、ポータブルで解錠容易にもかかわらず、強固なセキュリティを実現した。

解錠にあたっては、本体に備付のキーパッドで暗証番号の入力が必要だが、誤った暗証番号が入力されたり、持ち去られたりといった不測の事態には、アプリ経由でスマホに警告メッセージが即時送られる。これだけで、旅行時の財布やパスポートに関わる心配は大幅に減るだろう。

・服用薬の管理にも!

iKeypは旅行以外に、自らが服用している薬の管理にも非常に便利。iKeypの中に薬を入れておくことで、子供の誤飲を防止するだけでなく、定期的な服用が必要な薬については、飲むタイミングを専用のアプリに設定しておくことで、スマホにアラームで通知される仕組みになっている。

中には8つ分の薬瓶が入るスペースが確保されており、日常使いとしては充分な大きさだろう。軽量・小型で持ち運びに便利だが、付属のノブを使えば壁や家具などに固定して使うことも可能だ。

昨年Indiegogoのクラウドファンディングで目標金額5万ドルの調達に成功し、無事に販売までこぎ着けたこのプロダクト。現在は最もスタンダードな「iKeyp Pro」のみの販売で、価格は149ドル(約1万6800円)だ。他に、壁やキャビネットに直接ボルト固定ができる「iKeyp Bolt」や、2倍の収納容量を実現する「iKeyp XL」も近日販売予定とのこと。これで日々の安心安全が実現できるなら、お得な買い物と言えるのではないだろうか。

iKeyp

Color Swing – Techable

最新のLEDライトでは、さまざまな色を灯すことができる。特にスマートライトだと、気分に合わせてスマホなどで色を設定して楽しめる。

そうしたスマートライトをさらに進化させたタイプが登場した。イタリアのスタートアップDigital Habitsが手がけた「Color Swing」。テーブルや食器といった近くにあるものの色を読み取り、それと同じ色を自動で灯すというものだ。

・周囲の物体の色を判別

例えばテーブルに青いクロスを広げるとしよう。その上に設置されたColor Swingのセンサーは自動的にクロスの青色を読み取り、さらにはColor Swingの照明を青色に変える。

クロスだけでなく、食器などColor Swingのセンサーはあらゆる物体の色を読み取って色を変える。まさに周囲の色に同化するカメレオンのようだ。

・瞬時に変化

また、色を読み取り、その色に変化するスピードも見逃せない。デモビデオでは、天井から吊り下げられたColor Swingが左右に振れ、その下にある色をすぐさまとらえて瞬時に色を変える様子が確認できる。

このライトの価格や発売日などは明らかになっていないが、興味のある方はまずはサイトをチェックしてほしい。

Color Swing

まるでカメレオン! 周囲に合わせて色が自動で変わるライト「Color Swing」 – Techable

最新のLEDライトでは、さまざまな色を灯すことができる。特にスマートライトだと、気分に合わせてスマホなどで色を設定して楽しめる。

そうしたスマートライトをさらに進化させたタイプが登場した。イタリアのスタートアップDigital Habitsが手がけた「Color Swing」。テーブルや食器といった近くにあるものの色を読み取り、それと同じ色を自動で灯すというものだ。

・周囲の物体の色を判別

例えばテーブルに青いクロスを広げるとしよう。その上に設置されたColor Swingのセンサーは自動的にクロスの青色を読み取り、さらにはColor Swingの照明を青色に変える。

クロスだけでなく、食器などColor Swingのセンサーはあらゆる物体の色を読み取って色を変える。まさに周囲の色に同化するカメレオンのようだ。

・瞬時に変化

また、色を読み取り、その色に変化するスピードも見逃せない。デモビデオでは、天井から吊り下げられたColor Swingが左右に振れ、その下にある色をすぐさまとらえて瞬時に色を変える様子が確認できる。

このライトの価格や発売日などは明らかになっていないが、興味のある方はまずはサイトをチェックしてほしい。

Color Swing

ペットドアを完全自動化! Windows 10のIoTコアで動物の顔認識が可能に – Techable

もはや語る必要もないほど、世間に浸透したIoT。かのマイクロソフトでは、Windows 10に、IoT Coreという小型ボードコンピューター向けのOSを搭載している。

組み込みのネットワーク接続を利用したデバイスや、アプライアンスで構成された“Internet of Things”に取り組むよう設計されており、Raspberry Pi などにインストールすることで、日々の生活の自動化が可能になる。

・わずか数秒でペットの顔を認識

同社ではこのたび、そのIoT Coreを使った、家庭用のペット認識ドアプロジェクトをリリース。複数のセンサーとモーターを使うことで、ペットのドアを完全に自動化。顔認識によって、動物の通過制限ができるようになるという。

仕組みは、こうだ。ペットがドアまで歩くと、モーションセンサーが起動し、搭載されているウェブカメラがその姿を捉える。そこから、動物の顔を数フレームキャプチャし、OpenCVクラシファイアを使用して画像を処理。動物が家に入るのを許可するか、拒絶するかを判断する。認識処理にかかる時間は、わずか数秒。ペットを混乱させない、シームレスなアプローチが特長だ。

・hackster.ioに作成ガイドあり

マイクロソフトは、この“自動化ペットドア”用のガイドを、hackster.ioにアップしている。これによると、セットアップにかかる時間はおよそ10時間。冬休みの工作には、もってこいかもしれない。かわいいペットのために、DIY気分で作ってあげてはいかがだろうか。

souce by windowscentral.com