103歳の女性報道写真家 「デジタルカメラは使いにくい」 – BIGLOBEニュース

「人生100年時代」とは、単にその年齢まで命を永らえさせることではない。大事なのは、100歳まで、そして100歳を超えたその後をどう生きるかだ。

 神奈川県在住の笹本恒子さん(103)は、“日本初の女性報道写真家”として知られる。入居する老人ホームを仕事場に、カメラ片手に写真家として活動している。80年近く写真家として仕事を続けてこられたコツは「怠けること」だと笹本さんは言う。

「朝起きて、毎日毎日カメラのことを考えるのではなく、しばらく他のことをしていて、ひょこひょこっと撮ったりしてきました。

 若い頃は絵を描いたり、洋裁をやったり、フラワーデザインの本を出したりと、食べていくためにとにかく何でもやりました。でも、カメラはいつだって自分の側にありました。いろいろな仕事をしましたが、全部写真につながっていったんだと思います」

 写真を始めたのは25歳。アルバイトで挿絵を描いていた東京日日新聞(現・毎日新聞)の記者に誘われたのがきっかけだった。

「数寄屋橋にあった写真協会の事務所に行って報道写真を見せられました。アメリカでは女性の報道写真家もいて、毎週読んでいた『LIFE』誌の表紙をマーガレット・バーク・ホワイトさんという女性が撮っていると聞き、時代が時代ですので衝撃を受けました」

 1960年の安保闘争をはじめ、愛用のライカを片手に危険な現場にも足を運んだ。

「絵を描いている頃は『写真なんて』と思っていたのですが、やり始めると写真の世界の奥深さに気づきました。写真は自分が想像した以上に大変なものだとわかりました。写真の良さは嘘がつけないところ。私は人間を撮るのが好きで、『残さなければいけない』と思ったものを残していく使命感もありました」

 今やカメラはデジタルが主流になってしまったが、「デジタルは使いにくい」と笹本さんは話す。

「たしかに簡単だけれども、何でも写ってしまうので好きではありません。進化したことでちょっとつまんなくなってしまった。やはり自分の頭で考えて、ピントや構図、それに色彩を工夫しないと。

 この歳ですから、いつどこかでつまずいてそのまま死んでしまうかもしれませんし、それは仕方のないこと。だから生きている間は、できることをして生きて、恥ずかしくないものを残していきたいと思っています」

 現在は老人ホームに住みながら写真家を続けている。

室生犀星ら著名人に私の撮った花を結びつけた『著名人と花にまつわる想い出』という本をつくるために、花を撮ったり、過去に撮りためたものを整理したりしています。昔のように身近に花があまり咲いていないので、撮影には困りましたけど。今年中には本としてまとめるつもりです」

 写真家としての80年間の集大成となりそうだ。

※週刊ポスト2018年1月26日号

AUKEY、USB Type Cコネクタ装備のSDカードリーダー – デジカメ Watch


デジカメ Watch

AUKEY、USB Type Cコネクタ装備のSDカードリーダー
デジカメ Watch
AUKEYは、SDカードスロットとmicroSDカードスロットを備えたUSB Type-Cタイプのカードリーダー「CB-UD3」を発売した。希望小売価格は税込999円。 本製品は、USB Type Cを搭載するデバイスに直接接続するタイプのカードリーダー。SDカードスロットとmicroSDカードスロットを備えるが、同時に利用はできない。 重量は5gと軽量で

and more »

ベルト型バッテリーや面ファスナーな風呂敷も、CESで見かけたスマホアクセサリー – ケータイ Watch


ケータイ Watch

ベルト型バッテリーや面ファスナーな風呂敷も、CESで見かけたスマホアクセサリー
ケータイ Watch
それどころか、もともとはデジカメ向けの製品だが、モバイル機器にも便利そうな一品だ。 イージーラッパーは面ファスナーになっていて、裏と表がくっつくようになっている。ただし普通の面ファスナーに比べるとループもフックも柔らかく、手触りは一般的な起毛タイプの布と大差がない。面ファスナーとしての粘着力もさほど強くはな

春秋 – 日本経済新聞

 レンズを内蔵してカメラにもなる小型ラジオ、目に映った光景を撮影できるカメラ付きの双眼鏡――。こうしたアイデア商品が、半世紀前には日本に登場していた。日本カメラ博物館(東京・千代田)で開催中の、カメラ産業の歴史を振り返る企画展に展示されている。

▼「ラジカメ」はラジオが真空管からトランジスタに切り替わり、小型化が進んで生まれた。変化の波に乗ったわけだ。ところがこれら複数の機能を組み合わせた製品は、それぞれの機能が十分でなく、人気の出ないものも多かったという。「複合商品は売れない」というジンクスができた、と博物館の展示は解説している。

▼通説を覆したのがデジタル技術だった。スマートフォン(スマホ)は高画質の写真を撮れ、ラジオやテレビ放送を視聴できるサービスもあるし音楽も聴ける。カメラ付き双眼鏡もいまやデジタル化で性能が上がり、スポーツ観戦や野鳥観察に便利だ。デジタルの力がそれぞれの機能を中途半端にせず、大いに伸ばしている。

▼スマホに押されてきたカメラ業界だが、光明もみえる。写真共有サイトにきれいな画像を投稿したいと思う人が増え、単価の高い一眼レフやミラーレスのデジタルカメラの販売が好調という。写真を撮るというカメラ本来の機能を磨くことの大切さは、ジンクスの教訓でもある。「焦点を絞った」戦略で、反転攻勢なるか。

【car audio U-23】トヨタ マークX by リクロス 後編 – レスポンス

若きカーオーディオ愛好家たちにスポットをあて、カーオーディオのある暮らしをどう楽しんでいるのかを紹介している。今週は先週に引き続き、広島県在住の猪木雄太さんをクローズアップする。現在のシステムレイアウトの詳細等々をじっくりと紹介していく。

◆2台目のマイカーを手にして、オーディオシステムも新調!

前回の記事で紹介したように、猪木さんは高校を卒業後に手にしたマイカー“スズキ・ワゴンRスティングレー”で、カーオーディオに親しみ始めた。20歳になったころに初めてのスピーカー交換をして、その後、程なくしてデッドニングを施工し、併せてパワーアンプ付きのDSPを搭載。こうしてシステムアップの感動も早い段階で味わった。

そしてそこから約2年が経過したころに、猪木さんは2台目のマイカーに乗り換える。

「“ワゴンRスティングレー”のローンの残債が消えたころ、そろそろクルマを買い替えようかと考え始めました。ちょうど転職して、前と比べて給料が少し上がったこともあって。そうして手にしたのが、今の愛車である“トヨタ・マークX”です。

ちなみに、買い替えを思い立ったときには、次は何に乗ろうとか具体的には考えていませんでした。車種の検討を開始したのは、買い替えを決めた後です。冬になると雪が降ることも少なくないので、実用性で言えばSUVがいいかなとは思ったのですが…。

でもそのころにたまたま友達から、“マークX”っていいよねっていう話を聞いて、で、調べてみたら結構カッコ良かったんです。前の型の“マークX”はあまり好きではなかったのですが。燃費も悪くないし、走りそうだし、これはアリだなと思い始めて。

周りに、ミニバンやSUVに乗っている人が多くて、みんなと違うクルマにしたい気持ちもありました。あとはやっぱり、子どもの頃に父親の乗っていた“マークll”に憧れていましたし、セダン好きなんですよね、根が。最後は実用性を取るか乗りたいクルマに乗るかで迷って。結果、乗りたいクルマを選びました。

そして同時に、オーディオシステムも新調したんです」

◆念願の3ウェイに初挑戦! 一気に本格マルチアンプシステムを構築!

新車には、カーオーディオシステムを組むことが前提だったという。

「ホイールも換えていませんし、他は何もやっていないのですが、オーディオだけは良いものを積みたかったんです(笑)。

納車前に、新たなシステムについて池田さんに相談しました。友達の影響もあって、次は3ウェイに挑戦したいとも考えていて、まずはスピーカー選びから始めました。そうして薦めてもらったのが、“RSオーディオ”の『RSレベレーション165-3アクティブ』です。

調べるほどに興味も沸いてきて、すんなりとスピーカーはそれに決定しました。そして純正のメインユニットは残しつつ、ハードディスクタイプのメディアプレーヤーを導入することにして、単体プロセッサーには“フォーカル”の『FSP-8』を、パワーアンプには“カロッツェリア”の『PRS-D700』をチョイスしました。

“マークX”のシステムが完成して音を聴いて、感動しましたね。“ワゴンR”の音と比べて、めちゃくちゃキレイになっていて。初めてスピーカーを換えたとき以上のインパクトがありました。

でも満足度は、75%くらいです。サブウーファーが未装着ですし、いつかはパワーアンプも換えてみたいと思っています。ドアのスピーカーのアウター化にも興味があります。伸びシロがまだまだあるんです(笑)。でも段階を踏んで、じっくり取り組みたいですね。当分は今のままで楽しもうと思っています」

◆週末のドライブには音楽は欠かせない。友達からの評判も上々。

ところで猪木さんは、幼少のころから、クルマと同じくらいに音楽も好きだったとのことだ。

「3歳くらいのころには、“KinKi Kids”の曲が好きでしたね(笑)。小学生になると携帯MDプレーヤーを買ってもらって、いつも何らかの曲を聴いていました。中学に入る頃にはiPodを買って、家のパソコンでCDをリッピングしてiPodに入れて、学校の行き帰りに聴いていました。

聴く音楽はそのときどきで変わりましたが、最近は幅広く聴いています。洋楽ではヒップホップやロックを、J-POPは全般的に。アイドル系やアニソンも聴きます。

ドライブに音楽は欠かせません。1人のときでも大勢のときでも。大人数のときにはボリュームを絞り気味にしますが、小さい音でも心地良いんですよ。あと、音が良いと褒めてもらえてうれしいですね。もう自分のクルマには乗れないと言ってくれる友達もいます(笑)。

次は、まずはサブウーファーですね。そのときが来たらまた池田さんに相談して、良いものを薦めてもらおうと思っています。これまで池田さんのお薦めで期待を裏切られたものはないですから。全幅の信頼をおいています(笑)」

クルマ好きにして音楽好きである猪木さんは今、カーオーディオライフを十二分に満喫中だ。そしてこれからも、マイペースでシステムアップしながら、長く楽しんでいくに違いない。再会し、成長したサウンド聴かせてもらうのが、今から楽しみだ。

car audio newcomer! U-23 トヨタ マークX(オーナー:猪木雄太さん) byリクロス 後編

時代を先取りし過ぎたか!? 持ち運びできるセキュリティシステム「nōmad」はクラウドファンディングで不調のワケ(GetNavi web) – 毎日新聞

情報提供:GetNavi web

玄関先のセキュリティカメラだけでなく、自宅内のカメラやモーションセンサーなど、セキュリティ面でのスマートホームもどんどんと進歩しています。GetNavi webでは自宅内を飛行して外出先から家の様子を確認できるドローン「Aire」も紹介しました。

こうした自宅用のセキュリティデバイスは普及してきていますが、これをポータブルにして持ち運べるプロダクトはまだ多くありません。そんななかいま海外メディアで話題を集めているのが「nōmad」。クラウドファンディングサイト「Crowd Supply」で資金募集中の「nōmad」はカメラ、モーション、サウンドセンサー、ライブ通知などが組み合わさった「ポータブルセキュリティガジェット」となっています。

本製品の紹介ビデオでは、「まるで自分専用の警備員が常にあなたを守ってくれるよう」と演出されています。確かにこんなふうに守られてみたいものです。

20180112_kubo12

「nōmad」の仕組みは簡単。メインとなるスティック型のデバイスに付属でついている小型のポッドを外出時に持っておき、ホテルの部屋やロッカーのなか、オフィスの自分のデスクやクルマのなかなど、自分以外が入らない場所やセキュリティ的に気になるスペースに小型ポッドを設置します。

それぞれの小型ポッドは音やモーション、振動や照明の変化、さらには煙も検知し、スマートフォンに通知を送ってくれるのです。最近はAirbnbなどの民泊も普及してきて、宿泊先も多様化してきましたが、オンラインでは大丈夫そうに見えた場所も、実際に着いてみると「ここ大丈夫かな……」と不安になることもあります。煙探知器がついていなかったりしても、nōmadのポッドがそれをカバーしてくれます。

20180112_kubo16

小型ポッドは複数使えるので、スーツケースのなかやナイトスタンドの上、洗面所と複数の場所をモニタリングすることも可能。

スティック型のデバイスにはカメラも付いているため、こちらも部屋やクルマのなかに設置しておけば、異変があったときにアプリを使ってリアルタイムで何が起きているかを確認することができます。

役に立つのはホテルや車から離れたときだけではありません。移動中は小型ポッドを手荷物やスーツケースのなかに入れておけば、一定の距離を離れたときに知らせてくれます。荷物の置き忘れや盗難の防止にも使えるわけです。

20180112_kubo17

nōmadにはLTE通信機能が内蔵されているので、外出先のホテルやオフィスなどのWi-Fiを使う必要がありません。ユーザーとの通信も完全に独立しているので、その面でのセキュリティも確保されているというわけ。海外メディアも「外部のWi-Fiや有線ネットワークに頼らなくてよいnōmadは独立性を非常に真剣にとらえている。これはとっても素晴らしい」「移動をしなくてはいけない、かつセキュリティに真剣なユーザーたちにアピールするはず」とセキュリティ面の強さを評価しています。

昨年末にキャンペーンを開始したばかりのnōmadですが、開発資金の獲得は芳しくありません。本稿執筆時点で残り20日間を切っていますが、目標金額(約1700万円)の2%しかお金が集まっていません。原因の1つは価格が少し高いからかもしれません。小型ポッドなしのメインのスティックデバイスだけで約2万8000円、小型ポッドが2つついたセットが約4万5000円となっています。

または、まだニーズがないからかもしれません。自宅用のセキュリティシステムはたくさん登場してきましたが、こうやって持ち運びができるデバイスはまだまだ珍しいのが現状。旅行や出張先でもセキュリティを確保してくれるデバイスへのニーズはこれから生み出されるのか――。まずはnōmadが目標金額を獲得できるかどうかに注目です。

【関連記事】
【iPhone】重要なメモが一目瞭然! iOS 11の「ピンで固定」が見逃しを防止に大活躍
あなたが欲しい服をAIが作る!? 加速するファッションの「デジタル化」と「パーソナル化」
睡魔に勝つなら、このウェアラブルを使え!! クラウドファンディング史上最高傑作の1つ「AYO」
「グラフが小さい!」こんなとき、どうする? いまさら聞けないエクセル基本テク
ちょい地味だけど普段使いはしやすそう! エレコムから「モンスターハンター:ワールド」コラボアイテムが多数登場!

情報提供:GetNavi web

DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018] – DRONE

DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

2018-01-17 掲載

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。

DJIの3軸ジンバルテクノロジーにより、滑らかで手ブレのない動画や明瞭な写真の撮影ができるとしている。ジンバルモーターは、キヤノンの5Dシリーズ、パナソニックのGHシリーズ、ソニーのαシリーズなどのカメラやレンズの組み合わせに対応。

Ronin-Sは、カメラのタイプにあわせてサポートする2種類のフレームサイズを提供。新しく搭載した「Push Mode」を有効にすると、パン軸とチルト軸を手動で調整でき、セットアップがスピーディになり、設定時間を短縮可能。また、ホットスワップバッテリー搭載により、電源を落とすことなくより長時間の撮影が行える。

スムーズトラック技術を搭載しており、片手操作でも撮影者の動きを読み取り、スムーズかつ容易にカメラアングルを変更することができる。カメラとジンバル専用のコントロールボタンで、スムーズトラック設定やカメラの録画開始と停止の切り替えが可能。また、ジョイスティックでカメラの位置を変更し、最適な構図で撮影できるという。より素早い動きに対応するため、新しくなった「Sport Mode」を搭載。素早く移動する被写体の撮影に対応する。

DJI Roninモバイルアプリの「Harness Intelligent Shooting」モードを使用することで、「Panorama」「Hyperlapse」「Track」「CamAnchor」などのカメラの動きを自動的に作成可能。

DJI Focusコマンドユニットをアクセサリードックに取り付けることで、標準ハンドル操作時に、フォーカスコントロール可能に

Ronin-Sは、ラジコンバギーに装着し、ローアングルでの撮影や、ジブに取り付けて広角映像を撮影できる。モバイルデバイスやカーマウントソリューション、DJI Master Force、DJI Master Wheels、外付けフォーカスモーター、チーズプレートアダプターや使い慣れたサードパーティ製のアクセサリーも使用できる。さらなる安定性が必要な場合は、デュアルハンドルサポートでの使用も可能。


▶︎RONIN-S

4億画素記録の中判デジタル一眼「H6D-400c MS」、576万8000円で発売 – 価格.com


4億画素記録の中判デジタル一眼「H6D-400c MS」、576万8,000円で発売

2018年1月17日 17:35掲載

ハッセルブラッド・ジャパンは、4億画素記録の中判デジタル一眼レフカメラ「H6D-400c MS」を発表。1月16日より予約受付を開始し、3月より出荷を開始する予定だ。

文化財複製や修復、絵画や彫刻などの芸術作品の記録といった分野で業界標準という、マルチショット撮影に適したモデル。1億画素のCMOSセンサー(53.4×40.0mm)を装備し、6ショットで有効4億画素、4ショットまたはワンショットで有効1億画素の高解像度での撮影に対応する。

具体的には、4億画素マルチショットモードで6ショットを撮影する際、最初の4ショットは、センサーが1ピクセルずつ移動することで、実際の色のデータを保存(G→R→G→Bの順)。このサイクルが一周すると、センサーは始点に戻る。残りの2ショット撮影では、この一周に加えて1/2ピクセル水平に、1/2ピクセル垂直に動く。この6ショットを結合して、1枚の4億画素相当の画像を生成し、最高画質と解像力を持つ、2.3GB 16-bit TIFF(2万3200×1万7400)の画像を提供するとのことだ。

本体サイズは153(幅)×131(高さ)×205(奥行)mm(HC 80mmレンズ付きカメラ一式)、重量は2180g(HC 80mmレンズ付きカメラ一式、バッテリーとカードを含む)。

価格は5,768,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

デジタル一眼カメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


スウェーデンの名門カメラメーカー Hasselblad が驚異の4億画素を誇るマルチショットカメラ H6D-400c MS を発表 – HYPEBEAST (ブログ)

スウェーデンはヨーテボリに本社を構える老舗カメラメーカー「Hasselblad(ハッセルブラッド)」が、驚愕の4億画素を誇るマルチショットカメラ“H6D-400c MS”を発表した。同新機種には53.4×40mm 100MP CMOSセンサーを搭載しており、6ショットモードでは、4ショットモードのプロセスにプラスして2回の露光を行う。この最後の2回でセンサーを水平、垂直にそれぞれ1/2画素移動させることで、2.4GBの16ビットのTIFFイメージが23200×17400ピクセルで実現できるという。

また、100MP CMOSセンサーは15ストップのダイナミックレンジを備え、ISOは64-12800まで使用可能となっている。そのほか、Wi-Fi接続/USB3.0接続、解像度920Kドットのタッチインターフェースを搭載した3インチハイビジョンリアディスプレイ、4Kビデオのキャプチャなど、フォトグラファー/ビデオグラファー垂涎のスペックも備わっているとのこと。

H6D-400c MSは2018年3月に出荷開始予定となっており、希望小売価格は5,768,000円(税別)。現在プレオーダーを受付中とのことなので、気になる方は取り扱い店舗に問い合わせてみよう。機能性に関する詳細情報は、公式ウェブサイトよりどうぞ。

『HYPEBEAST』がオススメするその他のカメラニュースもあわせて振り返っておこう。

Read Full Article

「レイプ防止下着」が必要なインドの深刻事情 – 東洋経済オンライン

下着に付いたビデオカメラが犯人の顔を録画

インドの女子大生がレイプ防止機能のある下着を開発した。その背景にあるものとは?(出所:YouTubeの動画より)

防刃・防弾、GPS機能付き

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

女性への性的暴力が社会問題となっているインドで、女子大生がレイプ防止パンティを開発した。防刃・防弾で、ビデオカメラやGPSも備えている。

パンティを開発したのは、インド北部のウッタル・プラデーシュ州に住む、理系の大学生シーヌ・クマリさん(19歳)だ。デイリーメールによると、この下着にはパスコード式の鍵がついており、刃物や銃弾にも耐えうる強さでレイプから女性を守る。さらに、攻撃された場合は下着についているボタンを押せば、あらかじめ登録されている、持ち主の親類や警察などに緊急連絡が行くようになっている。GPS機能が搭載されているため、警察は女性の場所をすぐに突き止められる仕組みだ。さらにビデオカメラが付いており、犯人の顔を録画する。

現在はまだ試作品の段階だが、地元の特許当局に申請しており、将来的にはもっと広い市場で提供したいと考えているという。

レイプ防止パンティの制作費は50ポンド(約7600円)で、生地や搭載されている機器をもっといいものにすれば市場に出せる、とクマルさんはデイリーメールに期待を語っている。また、クマルさんはこの下着について、常に履くのではなく、単独で移動しなければいけない時や、危険な場所に行く時に使用してほしい、と話している。