京セラ、鹿児島国分工場にファインセラミック部品の新棟 – 日経テクノロジーオンライン

図:第4-1工場の完成予想図

図:第4-1工場の完成予想図

[画像のクリックで拡大表示]

 京セラは、鹿児島国分工場(鹿児島県霧島市)内に第4-1工場を建設する(図、ニュースリリース)。2017年11月に着工し、翌2018年10月から操業する予定。新工場では半導体・液晶製造装置向けにファインセラミック部品を製造し、同製品の生産能力を従来比で約2倍に高める。

 新工場の建築面積は約5561.88m2で、延床面積は2万9232.18m2、投資総額は約56億円。初年度に当たる2018年10~2019年3月には約30億円の生産を計画している。

 同社によると、データセンターでは記録媒体としてHDD(ハードディスクドライブ)からSSD(ソリッドステートドライブ)など半導体メモリーへの移行が進んでおり、その半導体素子を製造する装置の需要が急速に高まっている。さらに、スマートフォンやテレビ受像機への有機ELの採用が拡大していることから、FPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の需要も増えているという。同社は、新工場の稼働によってこうした需要に対応し、ファインセラミック事業の強化を図る。他事業の将来的な設備増設を見据え、生産スペースを確保する狙いもあるとしている。

本物の車が同梱された「グランツーリスモSPORT」のバンドルが登場 – IGN JAPAN

ソニー・インタラクティブエンタテインメント台湾(SIET)は、本物の車が同梱された「グランツーリスモSPORT」のバンドルを発表した――バンドルの価格も物凄いことになっている。

NeoGAFのユーザーが発見したこのバンドルの価格は、なんと約4万6600ドル(約526万円)。ゲーム本編に加え、2018年モデルの「Mazda MX-5」(マツダ ロードスター)がついている。

SIETが販売するバンドル「グランツーリスモSPORT超級同梱」、CK101より引用。

NeoGAFによれば、このバンドルは既にとある車愛好家が購入したとのこと。バンドルの収録内容は、PS4用の「グランツーリスモSPORT」のソフト、PlayStation4 Pro本体、PS VRのバンドルパック、4K対応有機ELテレビ「BRAVIA」、Thrustmasterのレーシングホイールコントローラー「T-GT」、APIGAのレーシングチェア「AP1」、PlayStation Plusの12カ月利用権、そして2018年モデルのマツダ ロードスターとなっている。

「グランツーリスモSPORT」のソフトを購入するのに、このバンドル以上に高い金額を払う方法は恐らく存在しないだろう。

日本電計が後場に入り急伸、業績の増額修正発表を好感 – minkabu PRESS

日本電計が後場に入り急伸、業績の増額修正発表を好感  日本電計<9908.T>が後場急伸。株価は一時、前日比5%高に買われ年初来高値を更新した。同社は午後1時、18年3月期の連結業績予想の増額修正を発表した。売上高は870億円から900億円(前期比7.4%増)へ見直したほか、営業利益は24億円から27億円(同17.5%増)へ、最終利益は15億円から18億円(同11.7%増)へ修正した。電子・電機業界では新型スマートフォンや有機ELテレビなどの投資が積極的に行われている。こうした中、電子計測器商社である同社は、積極的なソリューション事業を展開し、売り上げを伸ばしているほか、国内外の子会社も好調に推移している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

30周年でジョジョスマホが再び登場! LG「V30+」&「JOJO」 – ダイヤモンド・オンライン

 2012年にドコモスマホとして登場した「ジョジョの奇妙な冒険」コラボモデル「L-06D JOJO」。あれから5年、ジョジョ30周年記念モデルとして、再びコラボモデルが帰ってきた。

V30

 今回ジョジョモデル「JOJO L-02K」のベースとなるのはLGエレクトロニクスの「V30+(L-01K)」。スペックはまったく同じだが、プリインストールされるアプリはジョジョに関連するものになっているという。

 V30+は昨年発売された「V20 Pro L-01J」の後継機種であり、ハイエンドクラスの性能を持ちつつもエンタメ機能に寄ったモデル。スペックはディスプレーが6型有機EL、SoCがSnapdragon 835(2.45GHz+1.9GHz、オクタコア)、メモリー4GB、内蔵ストレージは128GB、そしてOSは最新のAndroid 8.0を最初から搭載している。

V30

 特に有機ELパネルについては黒の再現性が高く、高精細で省エネなのがウリ。テレビなどで培った同社の有機ELの技術をドコモスマートフォンとしては初めて投入した。サイズは約75×152×7.4mm、重量158gと薄型軽量を実現しているのは、このパネルの恩恵である。さらに映像本来の美しさを引き出せるHDRにも対応し、メリハリのついた明暗、コントラスト比を実現している。

 一番のポイントはカメラのデュアルレンズで、光が透過しやすいガラス製のクリスタルクリアレンズを採用することで、F値1.6と暗所にも強いカメラに進化した。また、デュアルレンズの内訳は、標準レンズと120度の広角レンズで他社のカメラとはまた違った構成だ。インカメラも標準と広角を切り替えられるので、セルフィーにもグルーフィーにも使えるだろう。

 オーディオ面も抜かりはなく、デンマークのオーディオブランド「Bang&Olufsen」によるチューニングとノイズ低減技術によりハイレゾ音源も映画やミュージックビデオも高音質で楽しめる。

 また、GoogleのVRプラットフォームであるDaydreamにも対応しているので、dTVなどでVR対応コンテンツを楽しめる。なお、数量限定で「Daydream View」(ヘッドマウントディスプレイ)がプレゼントされるキャンペーンが行なわれるとのこと。VRをいち早く体験したい人は、こちらを利用しよう。

 発売はV30+もジョジョも2018年の1月以降。ジョジョモデルはカラバリが「JOJO White」1色のみとなる。

V30
V30
V30
V30
■関連サイト

サンケン電気、テレビ電源に再参入 有機EL用の需要旺盛に – 日刊工業新聞

  • トップ
  • エレクトロニクスニュース

INDUSTRIAL TRENDS AD

[ エレクトロニクス ]

サンケン電気、テレビ電源に再参入 有機EL用の需要旺盛に

(2017/10/19 05:00)


サンケン電気は2018年内にテレビ向け電源事業に再参入する。有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)テレビ向けで需要が増加しており、発光ダイオード(LED)を駆動…

(残り:667文字/本文:747文字)

(2017/10/19 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

現場で使える! 
「なぜなぜ分析」で機械保全

現場で使える!
「なぜなぜ分析」で機械保全

「7つのムダ」排除 次なる一手
IoTを上手に使ってカイゼン指南

「7つのムダ」排除 次なる一手
IoTを上手に使ってカイゼン指南

きちんと知りたい! 
軽自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい!
軽自動車メカニズムの基礎知識

おもしろサイエンス 
小麦粉の科学

おもしろサイエンス
小麦粉の科学

粉体用語ポケットブック

粉体用語ポケットブック

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社
モノづくり県が誇るオンリーワン企業

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社
モノづくり県が誇るオンリーワン企業

京セラ、鹿児島の工場増強へ データ処理で半導体需要増 – 京都新聞

京セラが鹿児島県霧島市の工場に建設する新棟の完成予想図
京セラが鹿児島県霧島市の工場に建設する新棟の完成予想図

 京セラは18日、半導体や液晶パネルの製造装置に使う部品を生産する国分工場(鹿児島県霧島市)を増強すると発表した。データ処理の高速化で半導体の需要が増し、製造装置分野の設備投資も活発化しているため、工場の生産能力を2倍に引き上げる。

 鉄骨造り6階建て延べ約2万9千平方メートルの新棟を建設する。11月に着工し、来年10月に操業を開始する。投資額は約56億円。地元を中心に約30人を新規雇用する予定で、同日には地元の霧島市と立地協定を締結した。

 近年、データセンターで使う半導体メモリーや、スマートフォンやテレビに組み込む次世代パネル「有機EL」の需要が増し、製造装置の生産も急拡大しているため、部品の供給体制を強化することにした。

【 2017年10月18日 22時23分 】

関連記事     

ニュース写真

  • 京セラが鹿児島県霧島市の工場に建設する新棟の完成予想図

京都新聞デジタル版のご案内

地域の経済ニュース

全国の経済ニュース

京セラ/56億円投じ、鹿児島国分工場に新工場建設 – LNEWS

京セラは10月18日、ファインセラミック部品関連事業の更なる拡大、および他事業の将来的な設備増設を見据えた生産スペースの確保を目的として、鹿児島国分工場に新たに第4-1工場を建設すると発表した。

<第4-1工場完成予想図>
第4-1工場完成予想図

第4-1工場は、2018年10月より半導体 ・ 液晶製造装置用のファインセラミック部品の生産を開始し、同製品の生産能力を従来の約2倍にする計画。

現在、IoTの普及に伴うビッグデータ、AIの活用など、高度情報化社会の到来により、データ処理の高速化や大容量化が求められている。

データセンターなどでは、従来の記憶媒体であるHDD(ハードディスクドライブ)から、より高速のSSD(ソリッドステートドライブ)などの半導体メモリへの移行が進んでおり、その半導体素子を製造する装置の需要が急速に高まっている。

FPD(フラットパネルディスプレイ)の市場では、スマートフォンやテレビに高精細な有機ELを採用する動きが拡大しており、FPD製造装置の需要が増加している。

京セラでは、これら旺盛な市場要求に対応することで、ファインセラミック事業の強化をはかるとともに、鹿児島県の経済活性化や新たな雇用機会の創出による地域社会の発展に貢献していくとしている。

■新工場の概要
所在地:鹿児島県霧島市国分山下町1-1(既存敷地内)
投資総額:約56億円
建築面積:5561.88m2(鉄骨、6階建)
延床面積:2万9232.18m2 
着工:2017年11月
操業:2018年10月
生産品目:半導体・液晶製造装置用ファインセラミック部品
生産計画:約30億円(初年度:2018年10月~2019年3月)

京セラ鹿児島国分工場に新工場を建設 – エキサイトニュース

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫、以下:京セラ)は、ファインセラミック部品関連事業の更なる拡大、および他事業の将来的な設備増設を見据えた生産スペースの確保を目的として、鹿児島国分工場に新たに第4-1工場を建設することを決定しました。本日、鹿児島県知事の立会いのもと、地元自治体である霧島市と立地協定締結の調印式を執り行いましたのでお知らせいたします。
第4-1工場は、2018年10月より半導体・液晶製造装置用のファインセラミック部品の
生産を開始し、同製品の生産能力を従来の約2倍にする計画です。
現在、IoTの普及に伴うビッグデータ、AIの活用など、高度情報化社会の到来により、データ処理の高速化や大容量化が求められています。データセンターなどでは、従来の記憶媒体であるHDD(ハードディスクドライブ)から、より高速のSSD(ソリッドステートドライブ)などの半導体メモリへの移行が進んでおり、その半導体素子を製造する装置の需要が急速に高まっています。また、FPD(フラットパネルディスプレイ)の市場では、スマートフォンやテレビに高精細な有機ELを採用する動きが拡大しており、FPD製造装置の需要が増加しています。
京セラでは、これら旺盛な市場要求に対応することで、ファインセラミック事業の強化をはかるとともに、鹿児島県の経済活性化や新たな雇用機会の創出による地域社会の発展に貢献してまいります。

■新工場の概要

名称:京セラ株式会社 鹿児島国分工場 第4-1工場
所在地:鹿児島県霧島市国分山下町1-1(既存敷地内)
投資総額:約56億円
建築面積:5,561.88m2 (鉄骨、6階建)
延床面積:29,232.18m2
建設計画:着工:2017年11月 操業:2018年10月
生産品目:半導体・液晶製造装置用ファインセラミック部品
生産計画:約30億円(初年度:2018年10月~2019年3月)

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

30周年でジョジョスマホが再び登場! LG「V30+」&「JOJO」 – 週刊アスキー

 2012年にドコモスマホとして登場した「ジョジョの奇妙な冒険」コラボモデル「L-06D JOJO」。あれから5年、ジョジョ30周年記念モデルとして、再びコラボモデルが帰ってきた。

V30

 今回ジョジョモデル「JOJO L-02K」のベースとなるのはLGエレクトロニクスの「V30+(L-01K)」。スペックはまったく同じだが、プリインストールされるアプリはジョジョに関連するものになっているという。

 V30+は昨年発売された「V20 Pro L-01J」の後継機種であり、ハイエンドクラスの性能を持ちつつもエンタメ機能に寄ったモデル。スペックはディスプレーが6型有機EL、SoCがSnapdragon 835(2.45GHz+1.9GHz、オクタコア)、メモリー4GB、内蔵ストレージは128GB、そしてOSは最新のAndroid 8.0を最初から搭載している。

V30

 特に有機ELパネルについては黒の再現性が高く、高精細で省エネなのがウリ。テレビなどで培った同社の有機ELの技術をドコモスマートフォンとしては初めて投入した。サイズは約75×152×7.4mm、重量158gと薄型軽量を実現しているのは、このパネルの恩恵である。さらに映像本来の美しさを引き出せるHDRにも対応し、メリハリのついた明暗、コントラスト比を実現している。

 一番のポイントはカメラのデュアルレンズで、光が透過しやすいガラス製のクリスタルクリアレンズを採用することで、F値1.6と暗所にも強いカメラに進化した。また、デュアルレンズの内訳は、標準レンズと120度の広角レンズで他社のカメラとはまた違った構成だ。インカメラも標準と広角を切り替えられるので、セルフィーにもグルーフィーにも使えるだろう。

 オーディオ面も抜かりはなく、デンマークのオーディオブランド「Bang&Olufsen」によるチューニングとノイズ低減技術によりハイレゾ音源も映画やミュージックビデオも高音質で楽しめる。

 また、GoogleのVRプラットフォームであるDaydreamにも対応しているので、dTVなどでVR対応コンテンツを楽しめる。なお、数量限定で「Daydream View」(ヘッドマウントディスプレイ)がプレゼントされるキャンペーンが行なわれるとのこと。VRをいち早く体験したい人は、こちらを利用しよう。

 発売はV30+もジョジョも2018年の1月以降。ジョジョモデルはカラバリが「JOJO White」1色のみとなる。

V30
V30
V30
V30
ドコモ「V30+」(L-01K)/「JOJO」(L-02)の主なスペック
メーカー LGエレクトロニクス
ディスプレー 6型有機EL
画面解像度 1440×2880ドット
サイズ 約75×152×7.4mm
重量 約158g
CPU Snapdragon 835
2.45GHz+1.9GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0
最大通信速度 下り最大788Mbps
VoLTE ○(HD+)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1650+1310万画素(デュアル)
/イン:510万画素
バッテリー容量 3060mAh(予定)
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(指紋、顔)
USB端子 Type-C
連続待受時間(LTE/3G) 未定
連続通話時間(LTE/3G) 未定
カラバリ Cloud Sliver、Aurora Black、JOJO White(JOJO限定)
発売時期 2018年1月以降

■関連サイト

関連記事

ソニー、家電増益に自信 有機ELテレビ好調=高木執行役 – ITmedia




photo
10月12日、ソニーでテレビ・オーディオ事業を統轄する高木一郎執行役EVP(エグゼクティブ・バイス・プレジデント)は、担当部門の業績について「増益に向けて歩んでいる」と手応えを示した。写真はソニーのロゴ、2016年2月横浜で撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 12日 ロイター] – ソニーでテレビ・オーディオ事業を統轄する高木一郎執行役EVP(エグゼクティブ・バイス・プレジデント)は12日、担当部門の業績について「増益に向けて歩んでいる」と手応えを示した。

ロイターなどの取材に答えた。

今年6月に国内で発売した有機ELテレビについて「非常に好調に販売している。目標をはるかに上回っている」と強調した。

<テレビ、利益引き上げ課題に>

高木執行役が担当する「ホームエンタテインメント・アンド・サウンド(HE&S)分野」は、2018年3月期に580億円の営業利益を予想。前年比横ばいの予想だが、高木氏は「担当事業のテレビ、オーディオ、ビデオは必ず増益を果たすと公約している。少なくとも増益に向けて歩んでいる」と述べた。

ソニーは、2013年度までの10年間赤字が続いたテレビ事業の立て直しに手を焼いた。販売数量を追わない戦略に舵を切り黒字に転じたものの、今年度5000億円を見込む全社営業利益の水準に比べ、HE&S分野の利益の幅は小さく、黒字の定着とともに利益の引き上げも課題になる局面だ。

高木氏は、今年度のテレビを含む家電事業の増益を見込む方策について、商品性向上による単価アップや在庫管理の改善などを挙げた。「愚直なやり方で前年を超えていく」としている。

<有機ELテレビ、国内で独走>

6月に日本国内で発売した有機ELテレビについて高木氏は「(国内で)50%以上のシェア(金額)。当社がシェアを取りすぎていて他社は苦労しているだろうが、目標のはるか上をいく売り上げで非常に好調だ」と述べた。

液晶テレビとの棲み分けについて高木氏は「パネルの供給量は限られているので、液晶テレビを置き換えるために安売りしてたくさん売るのではなく、有機ELだから買う顧客に絞り込んで売っていく」と話した。

テレビ用有機ELパネルの供給は韓国のLGディスプレイが独占。高木氏は「(パネルを)どこから買っているかは言えない」と断りつつ、「まだまだプレミアム向けの商品で、現時点では液晶テレビとは一線を画した値付けになっている。デバイス(パネル)が足りなくなる供給不安にあわずに済みそうだ」と指摘した。

(浜田健太郎)


Copyright © 2017 Thomson Reuters