今年最速のミニ四駆は? ジャパンカップ2017チャンピオン戦レポ

前へ
1 2
次へ

2017年10月16日 19時10分更新

文● アカザー 編集●南田ゴウ/ASCII編集部

 どうも、ミニ四駆大好きアカザーです! ついにこの日がやってきました。ミニ四駆レーサーの天王山、ミニ四駆日本一決定戦こと「富士通乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2017チャンピオン決定戦」です。

 10月19日、東京・お台場のMAGA WEB(メガウェブ)のトヨタ シティショーケースには、6月8日の東京大会1を皮切りに、全国15会場で行なわれた各大会を勝ち上がった代表選手達が集結。2017年度のミニ四駆レーサー最速を決める、ミニ四駆ファン注目のレースが開催されました。

誰も走ったことのない特別レイアウトでの高速バトル

 戦いの舞台は今年の6月から4ヵ月ほど各地の大会で使用され、すでにお馴染みとなった「グレートクロスサーキット2017」。各セクションを入れ替えることで4つのコースが再現可能なグレートクロスサーキット2017ですが、今回使用されたのはそのどれとも違う、チャンピオン決定戦用のオリジナルレイアウトです。



誰も走ったことがない、チャンピオン決定戦専用のコースレイアウト この日の午前中に開催された東京大会EXで使用した、「グレートクロスサーキットタイプBミラー」をもとにレイアウトを変更

 その名も「グレートクロスサーキット2017ファイナルバージョン」です。グレートクロスサーキットタイプBミラーのレイアウトをベースに仕様変更。通常2枚の「ダブルバウンシングストレート」を3枚に、通常2枚の「ルーズロード」は2枚にとそれぞれ1枚ずつ増量。 今なら1枚お得! といったうれしいコトはまったくなく、通常200メートル超の歴代でも最長クラスの長さを誇った、グレートクロスサーキットがさらに長く約216メートルの超ロングコースに。



マシンが左右に振られるロングルーズストレートは2枚に マシンが上下に揺さぶられるダブルバウンシングストレートは3枚に

 変更が加えられたのがともにストレートセクションというコトで、当然スピードがさらに上がっているであろう直後のコーナーでのクラッシュ率まで増量です! 特にダブルバウンシングストレートが3枚に増量された「ダブルバウンシングストレート(プラス1)」のストレートエンドでは、今シーズンの公式コースでは誰も体験したことがない未知のスピードに。これは直後の「富士通POP」コーナーでブッ飛ぶクルマが続出する予感です。

ストレートでスピードの乗ったマシンが、奥から手前の左コーナーに進入するレイアウト

 そのコースを攻略するためにピットエリアでは、参加選手たちが入念な調整を開始。調整後はスピードチェッカーで確認します。そしてコレだ! というマシンに調整できた選手は車検エリアで車検を受け、マシンはレースまでこのチャンピオン決定戦専用のガレージで保管されます。このレース前の張り詰めた空気感こそ、チャンピオン決定戦です!



車検場の横にはスピードチェッカーを完備 ピットエリアでは入念な調整を行なう参加選手達の姿が


車検を終えた選手達のマシンは、レースまで専用のボックスで保管される

レース参加者以外も楽しめるブースやイベントが目白押し

 ジャパンカップ恒例のイベントとなる、マシンのデザインを競う「コンクールデレガンス」のレベルも年々アップしています。もうこれは、塗装とかスケールモデル並みの完成度です。ミニ四駆にプロジェクションマッピングとか!



各大会でコンデレを受賞したマシンがエントリー

白く塗られたポリカーボネイト製ボディーにプロジェクションマッピング

 そのなかで、今年の「コンクールデレガンス ジャパンカップチャンピオン」に輝いたのがコチラのマシンです。

西日本大会EXでもコンデレを受賞した、こーぢ氏製作の「D.D Complete!」が受賞

 また、会場内の「ミニ四駆ワークショップ」では、参加費972円を支払えば「ヒートエッジ」「ブラストアロー」「ゴッドバーニングサン」の中から好きなマシンを1台選び、その場で作ることができるワークショップを開催。電池も1セット付属する親切ワークショップなので、つくったマシンをワークショップコーナー内の特設コースで走らせて遊ぶこともできます。

工具やドライバーの貸し出しに加え、スタッフのアドバイスも受けられるお得なサービス

 「ミニ四駆展示コーナー」では、1982年から2017年のこれまでのミニ四駆のなかで、マイルストーン的なマシンが展示されました。



ミニ四駆は今年で35周年なんですね

 「ミニ四駆販売コーナー」では、もはや恒例となったジャパンカップ記念商品などの販売もありました。


10時から17時まで特設ショップがオープン



記念ロゴが入った「HGカーボンマルチワイドステー J-CUP2017」や「HGカーボンマルチ補強プレート J-CUP2017」、「ジャパンカップ2017 Tシャツ」などは定番のアイテムですね



コロコロアニキとのコラボアイテム「コロコロアニキ SPパーツセット J-CUP 2015」と、「19mmアルミBローラー コロコロSP」なども人気の商品



隠れた人気アイテムがコチラ。金属プレートのような厚みのある「クリスタルステッカー」と、レースでも重宝する「タミヤネックストラップ」

前へ
1 2
次へ



悪いやつらは大体友達! 牢屋の中で私腹を肥やすVRゲーム「Prison Boss VR」

MoguraVRのゲームとって出し
第53回

夜な夜な“ブツ”を作って売り払い、ムショの“ドン”を目指せ

2017年10月16日 18時30分更新

文● やましん/Mogura VR

 今回紹介するのは刑務所の“ドン”を目指すVRシミュレーションゲーム「Prison Boss VR」だ。「“ドン”を目指す」とは言ってもプレイヤーは牢屋の中、つまり捕らえられている側。昼間は善良な囚人として過ごし、夜は看守の目を盗んで違法な“ブツ”を作って売り払う、そんなスリリングな刑務所生活を楽しむゲームである。

 スタートは質素な牢屋の中。本ゲームの目的は刑務所生活を漫然と過ごすことでも、牢屋から脱出することでもない。ほかの囚人とうまく手を組み、刑務所の中にいながらにして私腹を肥やしていくことである。そのためにも昼間は他の囚人とコミュニケーションを取り、関係を良好に保っておこう。

 大したことはできない日中から、ひとたび夜になれば本領発揮。プレイヤーは引き出しや棚から素材を取り出し、牢屋の中で様々な“ブツ”を作ることになる。煙草を作ったり、怪しげなメモを書いたり、こっそりアルコールを密造したり…… と、様々なものをクラフトし、これを売りさばいて利益を得る。クラフトは夜の間しかできないので、効率よく進めておきたいところ。

 もちろん刑務所の看守たちもサボっているわけではない。定期的に巡回している看守に現場を押さえられてしまうと、素材や完成したブツは没収。オマケに強制的に朝になり、作業時間がなくなってしまう。バレないように材料や完成品を引き出しなどにしまってやりすごそう。見つかるか見つからないかのスリルを味わうのもこの作品の醍醐味ではあるが、なるべく事は穏便に済まるのがスマートだ。

 苦労して作ったブツはほかの囚人に売り払って換金できる。稼いだお金は牢屋の中にある家具を新調したり、“ブツ”を作るための素材を購入したりといった用途に使える。家具は新しくすることで“ブツ”の製作を有利に進められるようになっているが、家具ばかり買っていると資金が底を尽き、“ブツ”を作るための素材を買えなくなってしまう。効率アップのための家具か、それとも直接“ブツ”にできる素材か。どちらを買うべきかの見極めが肝心だ。

 いつもプレイヤーの牢屋に来る金髪の囚人にあいさつをすると、物品を購入できる。また、金髪の囚人が差し出してくる段ボールに“ブツ”を放り込むと換金することができる。購入した素材や手に入れたお金は、きちんと棚や引き出しにしまっておくのを忘れずに。

 本作には地道なシミュレーションゲームであり、ド派手な銃撃戦やカーチェイスといった要素は存在しない。ひたすら看守の目を盗んで“ブツ”を作り、利益をあげることがゲームプレーの中心だ。また、細かい動作の作りこみはなかなかのもの。VRゲームにすっかり慣れているというプレイヤーは、そういった箇所を観察してみるのも面白いだろう。地道な作業を楽しめるプレイヤーや、「ちょっと悪いことをVRでやってみたい……」そんな人にオススメだ。

■関連サイト



カテゴリートップへ

この連載の記事

「Halo」シリーズ、Windows MRのローンチタイトルに

「Haloの世界を楽しく紹介する」コンテンツ

2017年10月16日 17時30分更新

文● みたらし/Mogura VR

 マイクロソフトの『Halo』シリーズが、Windows MRのローンチタイトル「Halo: Recruit」として10月17日に配信されることが明らかになった。

 本格的なゲームタイトルではなく、マイクロソフトは「Haloの世界を楽しく紹介する」コンテンツだという。同社は現在、Windows 10で体験できる没入型MRヘッドセットの展開を勧めており、本作で「プレイヤーは複合現実感で「Halo」シリーズの象徴的なキャラクターたちと対面することができる」としている。

1万6200円、高強度・軽量素材な「カーボン財布」の二つ折りタイプ!

驚異的な軽さ!鉄の10倍の強度!高級素材リアルカーボン使用
「FRUH」リアルカーボン・ショートウォレット ブラック

 カーボンファイバーで鉄の10倍の強度を実現したFRUH(フリュー)の「リアルカーボン・ショートウォレット ブラック」を紹介します。

 宇宙開発やモータースポーツ、航空などといった現場で多く使用されている、軽くて頑丈なカーボンファイバーを使用した2つ折りタイプの財布です。財布内には牛革を使用しています。

 ショートウォレットの小銭入れには視認性が高く、コインを取り出しやすいBOX型を採用しています。さらに札入れを2つ、カード入れは財布を開いて見られる場所に4ヵ所、札入れ内に6ヵ所搭載しました。

 本体サイズは幅93×奥行き20×高さ115mmで、重量は86g。

 アスキーストアでは1万6200円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。



 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

スポーツ・音楽・舞台に特化した「Team VR’」が発足

世界展開も視野に入れたアライアンス

2017年10月16日 17時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

 ネストビジュアル・クロスデバイス・SEPの3社は、スポーツや音楽、舞台などのジャンルでハイクオリティなVR/ARコンテンツを企画・制作・配信するというVR制作チーム「Team VR’」の発足を発表した。

 エンターテイメントや観光分野における高品質なVRコンテンツのニーズが高まり、2020年の東京五輪を見据えたスポーツVRライブ中継が始まりつつあると3社は指摘。これまで培ってきた技術を結集し、音楽、スポーツ、舞台に特化したVR制作チームを発足するに至ったという。

 最初の作品として、「CEATEC 2017」のNTTドコモブース内にて「高精細VR映像再生ソリューション8K60fpsVRコンテンツ」を展示。今後は実写系VRの高品質コンテンツニーズに応えていくほか、海外のVR制作スタジオとも連携をとり、ワールドワイドに流通可能なVRコンテンツの制作に邁進していくとしている。

睡眠品質アップ! 気道確保でいびきを防止する「快眠枕」

いびきを防止し、睡眠の「質」を上げる
スージーAS快眠枕


 独自の3次元形状で気道を開き、いびきを防止する「スージーAS快眠枕」がアスキーストアで販売中です。



 スージーAS快眠枕は航空機の設計技術を応用した独自の立体形状。安定ベース形状と3次元形状センターバンクが首の自然なカーブをサポートして気道を開き、良質な睡眠を提供します。

 実際に医療機関で検証したところ、115%も鼻の通りが良くなることを確認した枕です!



 また、従来の低反発ウレタン枕にあった「ムレる」「熱がこもる」という問題も、この独自形状で克服。頭頂部の通気性を確保して、朝まで快適に眠ることができます。

 素材は柔らかすぎず硬すぎない、固体と液体の間の感覚を追求した「メルティフィットα」。専用カバーは「通気性」「滑らかさ」「クッション性」のすべてを満たす新開発素材「SU-ZI Fab」です。



 アスキーストアでは価格8424円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。



 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

タブレットや11インチPCも収納◎ 5400円のボディバッグ

大きめサイズでもスマートフォルム&超軽量スクエアボディバッグ
「TRICKSTER Brave Collection HARVEY」


 A4サイズ書類も入る、超軽量なスクエアボディバッグ「TRICKSTER Brave Collection HARVEY」がアスキーストアで販売中です。

 TRICKSTER Brave Collection HARVEYは、ポリエステル・ターポリン素材を使用し、超軽量ながらも優れた耐久性と防水性を誇るボディバッグです。スクエアデザインを採用し、A4サイズ書類が入る収納スペースを備えます。

 ハンドルカバーやファスナーチャームは本革を使用し、ショルダーベルトは左右両掛け対応しています。収納用の開口部は大きく開くので、モノの出し入れがラクです!

 カラーバリエーションは、ブラック、グレー、ネイビー、ホワイト、レッドを用意。好みに合わせて選べます!

 アスキーストアでは5400円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。



 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

良質睡眠に「スージーAS快眠枕」、気道確保で目覚めもスッキリ

いびきを防止し、睡眠の「質」を上げる
スージーAS快眠枕


 独自の3次元形状で気道を開き、いびきを防止する「スージーAS快眠枕」がアスキーストアで販売中です。



 スージーAS快眠枕は航空機の設計技術を応用した独自の立体形状。安定ベース形状と3次元形状センターバンクが首の自然なカーブをサポートして気道を開き、良質な睡眠を提供します。

 実際に医療機関で検証したところ、115%も鼻の通りが良くなることを確認した枕です!



 また、従来の低反発ウレタン枕にあった「ムレる」「熱がこもる」という問題も、この独自形状で克服。頭頂部の通気性を確保して、朝まで快適に眠ることができます。

 素材は柔らかすぎず硬すぎない、固体と液体の間の感覚を追求した「メルティフィットα」。専用カバーは「通気性」「滑らかさ」「クッション性」のすべてを満たす新開発素材「SU-ZI Fab」です。



 アスキーストアでは価格8424円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。



 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

宇宙航空産業でも使われる「カーボン」素材の二つ折り財布

驚異的な軽さ!鉄の10倍の強度!高級素材リアルカーボン使用
「FRUH」リアルカーボン・ショートウォレット ブラック

 カーボンファイバーで鉄の10倍の強度を実現したFRUH(フリュー)の「リアルカーボン・ショートウォレット ブラック」を紹介します。

 宇宙開発やモータースポーツ、航空などといった現場で多く使用されている、軽くて頑丈なカーボンファイバーを使用した2つ折りタイプの財布です。財布内には牛革を使用しています。

 ショートウォレットの小銭入れには視認性が高く、コインを取り出しやすいBOX型を採用しています。さらに札入れを2つ、カード入れは財布を開いて見られる場所に4ヵ所、札入れ内に6ヵ所搭載しました。

 本体サイズは幅93×奥行き20×高さ115mmで、重量は86g。

 アスキーストアでは1万6200円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。



 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

ハムフェアでジャンクのマイコンをゲットしました

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-
第97回

2017年10月15日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

ハムフェアでマイコンを見つけました

 2011年3月11日の東日本大震災のあと、通信手段は多い方がいいと思い、アマチュア無線の免許を取りました。免許取得の話や購入した無線機の話は第12回で書いたとおりです。

 その取得から早5年。この夏に初めての更新があったのですが、すっかり忘れていました。気付いたのは期限の月の月初です。あわててサイトを確認しましたが、再免許申請の提出期限は有効期間満了の1年前から1ヵ月前とのこと。ぎりぎりアウトです。

 仕方ないので再免許はあきらめて、新たに開局申請を提出しました。このとき旧コールサインを継続して使えたんですが、実は免許を取ってから一度も電波を出したことがなかったのでコールサインに思い入れもなく、たとえばGTRやCIA、USS、IBM、CPUみたいな、なにか意味があるような言葉でもなかったので、再割り当てをしてもらいました。

 新コールサインはJJ1GCR。なんとなく前よりは意味があるようなないような。

 そんなこんなで再度免許を取得したんですが、アマチュア無線が趣味の王様と呼ばれたのははるか昔のこと。最盛期には約135万局もあったと言われるアマチュア無線局はどんどん減っていて、震災のころは約45万局、2017年8月には約43万局まで減ってしまいました。

 衰退していってるのは残念ですが、まあでも見方を変えれば40万局以上あるっていうのはすごいことだし、最近は興味をもつ小中学生も増えてきてるのだとか。年に一度のアマチュア無線の祭典、アマチュア無線フェスティバル――通称ハムフェアも、今年は2日間でのべ約3万9000人もの来場者があったそうです。

 そんなハムフェアにちらりとお邪魔してきました。お目当ては日本各地のアマチュア無線クラブが販売するさまざまなモノ。メーカーの展示販売ブースや、交信やモールス通信の体験ができる特設コーナー、アマチュア無線クラブの展示などもありましたが、ワタシ的にはクラブが販売する中古の無線機や、測定器、パソコン、デジタルガジェット、電子部品、工具などが気になります。

 なかでも一番ひかれたのはジャンク品。なにかおもしろそうな物はないかなーと探していたところ、見つけました。マイコンです。

 トランクに本体と電源がセットされていて、電源を入れてもらうとLEDになにやら表示されました。正常に動作するかどうかはわかりませんが、超安かったし、なによりマイコンには憧れがあるので形だけでも全然オッケー。即ゲットです。

トランクに入ったマイコンを買いました

電源をオンにするとLEDに何やら表示されます

左手前にむき出しの組み込み用電源ユニット。+5Vと±12Vです




この連載の記事