「iPhone+iOS 11」で花開くAR 表現のリアルさが秀逸(日経トレンディネット)

 2017年9月にリリースされたiPhone/iPad用の最新OS「iOS 11」では、さまざまな機能追加や改良が図られた。キーボードを左右に寄せる機能が追加されて片手でもタイプしやすくなったり、標準のカメラアプリでQRコードが読み込めるようになるなど、使い勝手が向上。さらに、Safariで閲覧しているWebサイトをPDFとして保存し、手書きでメモを加える機能や、アプリなどの動作の様子を動画で保存できる便利な新機能も加わった。

【関連画像】実際に販売されている有名ブランドの家具のデータを収録しており、ARの画面に配置できる

 地味ながら大きな改良の1つといえるのが、AR(拡張現実)に本格的に対応したことだ。背面カメラを通して写し出される現実の風景に、CGで描かれたバーチャルな画面が重ね合わせて表示され、CGで描かれたキャラクターなどがあたかも現実世界にいるような感覚で楽しめる。特に、iOS 11のARは現実とCGの位置合わせがとても正確でズレがなく、グラフィックスの表現がリアルなことが特筆できる。ARの対象機種となるiPhone(iPhone 6s以降)やiPad(iPad Pro、もしくはiPad 2017年モデル)であれば、基本的に機種による差がなく楽しめるのも特徴といえる。

 iOS 11では、AR対応コンテンツの開発を容易にする「ARKit」が開発者向けにリリースされたこともあり、ARを用いたアプリが続々とリリースされている。日本のソフトハウスも積極的にAR対応を図っており、すでに多くの人が利用している定番アプリにARの機能が加わったものも少なくない。ARが加わったことに気づかずにアプリを使っている人もいるだろう。そこで、日本産のARアプリ5種類をピックアップし、ARがどのような付加価値を生み出しているのかを改めてチェックしていきたい。

●降水量や雲の様子がARで鳥のように確認できる「アメミル」

 まずは「アメミル」だ。気象レーダーの情報をもとに降雨情報を表示するお天気アプリで、間もなく雨が降るとAIが予想した場合には「雨雲が近づいています」と通知してくれる。Apple Watch用のアプリもあり、「ゲリラ豪雨を避けられた」「傘を忘れずに済んだ」と評価の高いアプリだ。

 アメミルは、早くからアプリにARを取り入れたことで知られる。周囲の降雨状況を雨雲と雨のアニメーションで表示する機能を備えており、スマホを横にして左右に振るとどちらの方向で雨が降っているかが直感的に判別できる。

 iOS 11のARを生かした新機能「サテライトアイ」は、雨量のレーダー情報と雲の分布を重ね合わせることで、人工衛星や鳥のような視点で自在に降水量や雲の様子が見られる。テレビの天気予報のように降水量の累計も棒グラフで表示されるので、ゲリラ豪雨や台風が発生しやすい夏季は防災に役立ちそうだ。

【関連記事】

発売1週間足らずで完売 「ツッコミかるた」なぜ人気(日経トレンディネット)

 ここ最近、プレーヤーが実際に盤を囲んで楽しむボードゲームの人気が高まっている。そんななか、2017年12月2日に発売し、わずか1週間足らずで完売したのが、お笑いのツッコミが取り札になった「ツッコミかるた」だ。

【関連画像】2017年12月2日に発売され、あっという間に完売した「ツッコミかるた」(税込み2500円)。手がけたのは5GOATS(ファイブゴーツ)という名前で活動する4人のグループ。現在欠品中で公式サイトにて予約を受け付けている(写真/なかむらしんたろう)

 ツッコミかるたは表面に「ツッコミ」、裏面に「トークテーマ」が書かれた100枚のカードを使って2チーム(2~8人)で得点を争うゲーム。まず、ツッコミが書かれた面を上にしてカードを20枚、ランダムにテーブルの上に並べる。残りのカードはひとまとめにし、裏面のトークテーマを上にしてテーブルの真ん中に置く。「好きなスポーツ」「ファッションのこだわり」などのトークテーマに沿ってトークを開始し、誰かがボケたら他のプレーヤーがそれに対するツッコミのカードを取るという、シンプルなルールだ。相手チームの「ボケ」に対してツッコんだ場合は1ポイント、味方チームのボケに対してツッコんだ場合は2ポイント。どちらかが10ポイントに達した時点でゲームが終了する。

 つまり、「ボケ」と「ツッコミ」のペアを完成させるという「かるた」。「ツッコミが合っているかの判定が難しいのでは?」と思うだろうが、基本的にボケた人の意図通りであれば正解となる。ただしボケた人の意図と違っていても、ツッコミが的確だったり、笑いが起こったりすれば正解扱いにしてかまわないそうだ。

 ツッコミかるたを制作したのは氏田雄介氏、中森源氏、栗林和明氏、小島翔太氏の4人。玩具メーカーではなく、4人が5GOATS(ファイブゴーツ)というグループを組んで発売した商品だ。もともと仕事上の知り合いだった4人はボードゲームで遊ぶために集まるようになったという。2017年12月2~3日に開催された国内最大規模のアナログゲームのイベント「ゲームマーケット」に出品し、同時にSNSで動画を配信。イベントで遊んでいる様子を動画に撮ってアップした人もいて、「面白そう」というツイートが拡散し、ネットショップでは用意した500個が即完売したという。

 一般的に個人がボードゲームを発売する場合は、イベントなどで100個程度売れればヒットと言われている。だがメンバーは「これだけ面白いのだからほしがる人は多いはず」と考え、500個を作成。それでもあっという間に完売したうえ、追加注文が殺到していることに驚いているという。それにしてもなぜ、このシンプルなゲームがこれほど受けているのだろうか。

【関連記事】

1000万個売れた「忘れ物防止タグ」が日本上陸(日経トレンディネット)

 全世界で累計1000万個以上が売れた落とし物防止タグ「TILE(タイル)」が日本に上陸する。

【関連画像】「TILE MATE」を手にする米タイルのマイク・ファーレイCEO(最高経営責任者)

 米タイルは2017年12月15日から、ヤマダ電機やビックカメラといった大手家電量販店、大手EC(電子商取引)サイト「Amazon.co.jp」などでTILEの販売を始める。タイルは販売開始と同時に、最も基本的な製品「TILE MATE」を10万個限定で、1000円引きの1980円で販売するキャンペーンを展開する。日本で先行する競合製品よりも安価に販売することで市場シェアの拡大を狙う。

 ソフトバンク子会社で流通業を手がけるソフトバンク コマース&サービスが販売代理店となり、自社のネット通販サイト「ソフトバンクセレクション」でも販売。今後、ソフトバンクのショップでの販売も検討しており、販売チャネルを拡大して日本市場を攻める。

 使い方は簡単。アプリをダウンロードした後に、アプリ上で「TILEを追加」ボタンを押して、同期画面に進む。次にTILEの中央にあるボタンを押すと、音が流れて端末が起動。しばらくすると同期が完了し、アプリ上でTILEがある位置を地図などで確認できるようになる。

 同期させたTILEはキーホルダーにつけたり、両面テープでパソコンに張ったりできる。TILEはスマホと無線通信規格の「Bluetooth」で通信する。TILEを取り付けた物がなくなっても、Bluetoothが届く範囲内でアプリの「探す」ボタンを押すと、TILEが音を発する仕組みだ。

 逆にスマホをなくした場合にはTILEのボタンを押すことで、スマホが音を発して見つけられる。「iPhoneをサイレントモードにしていても音が鳴る。アップルと交渉して可能にした機能だ」とタイルのグローバルセールス担当バイスプレジデントのドリュー・ゴールドマン氏は明かす。

 TILEを取り付けた物がBluetoothが届く範囲外にある場合には、最後にスマホと通信をした場所がアプリで表示した地図上に表示される。これを参考に無くした場所を割り出せる。

【関連記事】

予算は約1万円 日常をちょっと変えてくれるガジェット10選(日経トレンディネット)

バッテリー駆動、防水、いい音の3拍子そろったスマートスピーカー

 最近流行りといえばスマートスピーカーだ。ちょっと気になっている人は多いだろう。話しかけると、天気予報やニュースを教えてくれたり、ラジオを流してくれたり、音楽配信サービスを使って音楽を流してくれたりする。スマートスピーカー向けサービスも数多く提供されていて、萌えキャラの声で時刻を教えてくれたり、ピカチュウと会話したりといったこともできる。対応する照明やテレビなどを音声でコントロールする機能もあり、将来は家の中でさまざまな機器をコントロールする中心的役割を担うことになるかもしれない。そうしたこともあってグーグル、アマゾンといった大手IT企業によるシェア争いが過熱している。

 それはともかく、そろそろスマートスピーカーを買ってみようかと考えている人におすすめなのが、JBLの「JBL LINK 10」と「JBL LINK 20」だ。グーグルの音声アシスタント「Googleアシスタント」に対応するスマートスピーカーで、注目はまずバッテリー駆動できること。朝は食卓で、昼はリビングで、夜は寝室でと、家の中で気軽に持ち運んで使える。そしてIPX7対応の防水スピーカーなので、お風呂場や台所に持ち込んで使える。非防水でコンセントにつながないと使えない他のスマートスピーカーとは大違いだ。

 音もなかなかのもので、粒立ちがよくひきしまった聴きやすい音で、Google Homeとは大違い。Bluetooth対応なので、スマートスピーカーとして使うのに飽きたら防水対応Bluetoothスピーカーとして使えば十分元が取れる。LINK 10とLINK 20の主な違いはスピーカーの最大出力とバッテリー駆動時間だ。価格はLINK 10なら1万台前半で買える。

【関連記事】

重さ38gで1万円台のSIMフリー携帯電話「NichePhone-S」


 6.5mmの薄さと38gの軽さを備えたSIMフリー携帯電話「NichePhone-S(ニッチフォン-s)」をアスキーストアで販売中です。

 NichePhone-Sは手のひらに収まる携帯性抜群のカードサイズながら、3Gテザリングによるデータ通信やBluetoothによるワイヤレス接続などの機能を搭載しているSIMフリー携帯電話です。

 通話に加えてSMSの送受信ができるほか、電話帳やスピードダイヤル機能も搭載。またモバイルルーターとしても利用できるので、SIMカードを搭載していないタブレットでも、NichePhone-Sと接続すればインターネットなどを楽しめます。


 本体サイズは幅50×奥行き90×高さ6.5mmで、対応OSはAndroid 4.2。バッテリー容量は550mAhで、連続通話時間はおよそ3時間、待機時間は72時間ほどです。充電はマグネットタッチ式を採用しています。そのほか、ICレコーダーとしても使用可能です。カラーは白と黒を用意しました。

 アスキーストアでは1万778円(税込)で予約受付中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。



 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。



カテゴリートップへ

年末年始の旅行、失くしそうなものに着けたいMAMORIO S


 世界最小・最薄・最軽量クラスの紛失防止タグ「MAMORIO S」がアスキーストアで販売中。


 MAMORIO同様、タグが手元から離れるとスマホに通知が来る仕組みを採用。紛失した場所をマップで確認できます。手元から離れたタグとほかのMAMORIOユーザーがすれ違うと、どこですれ違ったかも教えてくれます。たとえば財布の中に入れると、どこで落としたのかがわかるので便利です。

 サイズは幅19×奥行き35.5×高さ2.8mm/重さ2.4gと、MAMORIOと比べておよそ20%小型化しました。性能も向上し、タグとスマホの通信が最大60mまで可能。バッテリーはおよそ1年です。


 アスキーストアでは4298円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。

【12月上旬】〜より軽く、より小さな高性能モデルの登場〜 世界最軽・最小・最薄クラスの紛失防止タグ「MAMORIO S」 BLACK&BLACKをアスキーストアで注文
アスキーストアで購入


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

極薄でも押した感覚得られるBluetoothキーボード


 世界最薄・最軽量をうたうポケットサイズのキーボード「Wekey」がアスキーストアで販売中です。

 WekeyはiPhone 7より薄く、軽い折り畳み式のBluetoothキーボード。サイズは幅311×奥行き86×高さ3mm(折り畳み時6mm)、重量95gと超コンパクトで、カバンはもちろん、胸ポケットにも入ります。





 キーボードはQWERTY配列を採用。キーストロークは浅いですが、タイプ時に軽快なクリック音が鳴るので、押した感覚を得られます。タイピング音やキーの反応感度はそれぞれ3段階で調整できます。


 バッテリーは毎日1時間使う場合で30日間持ち、充電はmicroUSB経由で1時間半ほど。

 そのほか生活防水に対応。正式な品質認定機関で実施している落下・衝撃テストをクリアし、耐久性にも優れています。


 アスキーストアでは6739円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでご覧ください。

iPhone 7より薄くて軽い。世界最薄、最軽量*ポケットサイズキーボード Wekey(ウィキー)をアスキーストアで注文
アスキーストアで購入


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

ビジネスでも使える6万円弱のポケットPC


 超小型のWindows 10搭載PC「GPD Pocket」がアスキーストアで販売中。

 GPD Pocketはおよそ幅180×奥行き106×高さ18.5mm、重さ約480gと、ポケットに収まるサイズのPCです。


 クラウドファンディング「Indiegogo」で募集額の1520%オーバーとなる318万2160米ドル(約3億5000円)を調達。国内でも「Makuake」で9700万円を超える資金の調達に成功しました。

 GPD PocketのスペックはAtom x7-Z8750、8GBメモリー、128GB eMMC、Windows 10で、ディスプレーは1920×1200ドットの7型を搭載。画素密度は323ppiと、アップルのRetinaディスプレーと同等以上をうたっています。

 無線はIEEE802.11acとBluetooth 4.1に対応。インターフェースはUSB 3.0/USB Type-C/microHDMIなどを揃えており、外部キーボードやマウスはもちろん、外部ディスプレーと接続も可能です。



 Officeも使えるので、外出先でのビジネス利用にも重宝します。


 アスキーストアでは5万9800円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでご覧ください。

実用性と超小型化を両立するハイパフォーマンスモバイルPC「GPD Pocket(ジーピーディ・ポケット)」をアスキーストアで注文
アスキーストアで購入


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

アップルストアやファーウェイっぽいお店がレゴ互換品で存在した

 子どもだけではなく大人にもマニアが多いレゴのブロック。すでに基本特許が切れているため、互換製品が各社から出ています。その手の製品が多いのはやはり中国で、さまざまなメーカーが市場に参入しています。

 そんなレゴ互換品をネットで探していたところ、おもしろいものを見つけました。街並みシリーズとでもいうのか、実在するお店をブロックでミニチュアにしたもの。レゴのオリジナルにもいくつかあるようですが、互換品はかなり本物のブランドに似ています。もちろんメーカーロゴなどはそっくりのものにしてブランドコピーにならないようにしています。

 そんな街並みシリーズに、なんとリンゴのマークのお店を発見。よくみるとリンゴをかじった部分が、眼鏡をかけた男性の顔になっています。アップル直営店と思いきや、リンゴがカットされたお店ってことでロゴ的にはギリギリセーフ。中国や香港の玩具店で買うことができます。

アップルではなくリンゴのお店。かなりそれっぽい

 しかしアップル……いやリンゴのお店なら誰もが思いつくでしょう。今回購入したSemboというメーカーの製品の中には、なんと「HAUWAY」すなわちハウウェイのお店もあるのです。パッケージを見るとお店の上につくマークがどことなくファーウェイに似ていますがそれは気のせい(笑)。逆に言えば、それだけファーウェイが中国でも超メジャー企業であるということなのでしょう。

ファーウェイならぬハウウェイ。こんなものになっちゃうくらいメジャーだ

 てなことでさっそくリンゴとハウウェイ、のお店を買ってきました。値段は数百円。本物のレゴと比べると激安です。ブロックの数は120ピース前後、難易度は5段階の2番目だそう。ちょっとした空き時間につくることもできそうです。しかも、なじみのあるお店に似ているとなればできあがりも楽しみですよね。

箱の裏を見るとほかにもそれっぽいブランドのお店がシリーズ化されている

ロゴマークや透明な階段など特徴を捉えているリンゴショップ

 では、さっそくリンゴのお店からつくってみましょう。パッケージを開けると複数の袋にブロックが詰められています。そして見るだけでわかるカンタン説明のマニュアル、さらにはロゴのステッカーが入っています。袋を開けて似たパーツごとに並べてみましたが、ざっと見たところ欠品は無さそうです。



ブロックはいくつかの小袋に入っている。マニュアルは文字がなくわかりやすい ブロック総数124ピース。組みあがっると数個余ったけど足りないよりよい

 ベース部分のサイズは80×64ミリ。手のひらにも乗る小さい大きさです。まずは、このベース部分に床や壁となるブロックを取り付けていきます。

 店内のPOPは表面がフラットなブロックに付属のステッカーを貼り付けます。細かい作業ですが子どもが遊ぶレゴの互換品ですから、難しくはありません。マニュアルでわかりにくいところはパッケージの写真を参考にしながら組み立てていきました。



ベース部分。完成すると手の平にのるサイズだ 土台から組んでいく。店内のPOPには付属のステッカーを貼り付け

 お店は2階建て。2階へは本物のアップル直営店のように透明な階段でつながります。細かいところですが、ブロックもちゃんと透明パーツで階段のそれぞれのステップが表現されています。だんだんとお店っぽくなってくると、組み立てる指先の動きも軽快になっていきます。



透明ブロックで階段をつくる さらにそれっぽくなってきた

 ところで、パッケージにはノートPCのブロックも入っていました。これだけでも欲しいと思えるようなできで、これはほかのレゴ製品と組み合わせて何かに使ってもいいかも。本家のレゴにはない形状のパーツもあるようで、結構本気でつくられた製品であることがわかります。

ノートPCブロックも付属。何度も折り畳むとヒンジは切れてしまいそう

 一方、組み立てているとブロックのはまりが固かったり、並べて敷き詰めたブロックの間に隙間が目立つなど、ブロックのサイズの精度は本物よりもかなり劣るようです。

 やはり、そのあたりの差が値段にも出てくるのでしょうね。まあそれでも「それらしき」お店ができあがるのですから、多少の誤差や品質の悪さは気になりません。



2階中央にはMacBook。天井にはシャンデリアも 手のひらサイズのリンゴショップの完成だ

 2階部分と屋根を仕上げれば完成です。なお、貼り付けるステッカーは接着力が高く、正面のリンゴのステッカーを張りなおそうとしたら破れてしまいました。

 売り物としては、このステッカーを添付しなくてはならないのでしょう。でも、自分の机の上に飾るのならば、アップルの本物のロゴを貼り付けたくなりますね。ではできあがりをもう一度しっかり見てみましょう。



正面には木も植えられているリンゴショップ 解放感ある店内。1階にもMacBookが置いてある

ガラス窓からの明るい日差しがさしこむ2階





この連載の記事

気分をアゲる Windows 10をクリスマス仕様にする方法

ズバッと解決! Windows 10探偵団
第354回

雪を降らせるのもオススメ

2017年12月17日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

壁紙配布サイトから好みの作品を探す

調査依頼
Windows 10をクリスマス仕様にする

 普段使っているPCを季節やイベントに合わせて見た目に変えると、想像以上に雰囲気が変わる。自分のPCやもし許可されるならオフィスのPCの見た目もカスタマイズして、楽しく作業できるようにしてみてはどうだろうか。

画像を開いたら、右クリックメニューから保存する

個人用設定の「背景」→「参照」をクリックして、ダウンロードした画像を指定する

 今回は、クリスマス仕様にする方法を紹介する。PC向けの壁紙は様々なライブラリーサイトから無料でダウンロードし、利用できる。例えば、「WallpaperStock」(https://wallpaperstock.net/christmas-wallpapers_149s.html)には、4万枚以上の作品が投稿されており、クリスマスに関するものだけでも700枚以上と選び放題だ。お気に入りを見つけたら、右クリックメニューから保存。Windows+Iキーを押して、個人用設定を開き、「参照」をクリックして画像を指定すればいい。

個人用設定の「色」→「Windowsの色」を選択する

 次は、Windows 10の配色をクリスマスっぽくしてみよう。こちらも個人用設定の「色」を開き、「Windowsの色」のタイルを選べばいい。赤や緑などを選ぶとそれっぽくなる。

「Desktop Christmas Snow」をダウンロードして解凍、実行する

PCがクリスマスモードになった!

 そして、さらにこだわるなら、デスクトップに雪を降らせてみよう。「Desktop Christmas Snow」(http://www.get-xmas.com/desktopchristmassnow.html)と言うフリーソフトを実行すると、細かい雪が邪魔にならない程度に表示されるので、雰囲気たっぷりになる。

これでズバッと解決!

 Windows 10の壁紙や配色をクリスマスバージョンにして気分を一新。雪を降らせるフリーソフトを使うのも楽しくてオススメ。

 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!

■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事