ツインバード、陶器なべで煮込み料理が簡単に作れるスロークッカー


ツインバード、陶器なべで煮込み料理が簡単に作れるスロークッカー

2017年12月17日 6:10掲載


EP-D819W EP-D819W

ツインバード工業は、スロークッカー「EP-D819W」を発売した。

煮込み料理が簡単に作れるスロークッカー。煮込み料理に適した陶器なべを採用しており、煮くずれしにくく、ゆっくりと加熱することで、食材のうまみを引き出してワンランク上の煮込み料理ができるという。

また、電気のとろ火で煮込むことで、長時間の調理も安心して行うことが可能。スペアリブカレーややわらか角煮、りんごの赤ワイン煮など9種を紹介したレシピが付属する。

このほか、陶器なべ容量は3.0L(調理容量は0.6〜2.4L)。消費電力は、強が200W、弱が130W。

本体サイズは285(幅)×285(高さ)×235(奥行)mm。重量は約3.3kg。ボディカラーはホワイト。

直販価格は8,640円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

その他調理家電関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


ハイアール、ひとり暮らしやセカンド用の高さ85cmの冷凍・冷蔵庫


ハイアール、ひとり暮らしやセカンド用の高さ85cmの冷凍・冷蔵庫

2017年12月15日 11:15掲載

ハイアールジャパンセールスは、冷凍・冷蔵庫の新製品として「Haier Joy Series」より、容量85Lで2ドアの「JR-N85B」を発表。12月22日より発売を開始する。

ひとり暮らしの部屋や、書斎やオフィスに設置するセカンド用に最適な冷凍・冷蔵庫。高さ約85cmのコンパクトでロータイプであるため、狭いスペースにもすっきり収まる。

また、天板は「耐熱性能天板」を採用したことで、電子レンジを上に設置可能(上板耐荷重30kgまで)。部屋をさらにスッキリと有効活用できる。冷凍室は25Lの広めの容量を確保しており、冷凍食品やアイスクリームのストックに便利だ。

このほか、庫内には、重いものを載せてもたわまない「強化ガラストレイ」を採用。庫内灯も装備し、奥の食品まで見やすい仕様だ。

主な仕様は、容量が85L(冷蔵室容量60L/冷凍室容量25L)、本体サイズは474(幅)×857(高さ)×500(奥行)mm、重量が25kg。ボディカラーはホワイト。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

冷蔵庫・冷凍庫関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


サンワ、7色のLEDが点灯するコンパクトサイズの超音波加湿器


サンワ、7色のLEDが点灯するコンパクトサイズの超音波加湿器

2017年12月15日 6:11掲載

サンワサプライは、同社直販サイト「サンワダイレクト」にて、コンパクトサイズで7色LEDを内蔵した超音波加湿器「400-TOY040W」の発売を開始した。

AC電源接続の超音波加湿器。LEDライトのボタンを押すことで、7色のライトを順番に光らせたり、好みの1色を固定で光らせたりすることができる。LEDは消灯させることもできるため、オフィスなどでの使用も可能だ。

また、加湿のミストを連続で噴出させる「連続モード」と、約6秒ごとに噴出のON/OFFを自動で切替できる「間欠モード」の2パターンを搭載。しっかり加湿したい時と、少し加湿したい場合など、好みで切替えられる。さらに、タイマーOFF機能付きで、加湿を始めて30/60/120分で電源が自動で切れる設定が可能だ。このほか、加湿を始めてから約8時間経過すると、自動的に停止するオートパワーOFF機能を搭載する。

安全面では、加湿器本体を誤って倒してしまった場合に電源が自動でOFFになる、オートパワーOFF機能を搭載。自動停止後は、一度電源をOFFにして、再度電源をONにすると使用できる。

本体サイズは88(底面の直径))×150mm、重量が重量は約160g(ACアダプタ、USBケーブルを除く)。

価格は3,222円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

加湿器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


オウルテック、2100mAhのモバイルバッテリーケース付き完全ワイヤレスイヤホン


オウルテック、2100mAhのモバイルバッテリーケース付き完全ワイヤレスイヤホン

2017年12月15日 6:03掲載

オウルテックは、Bluetooth接続の完全ワイヤレスイヤホン「OWL-BTEP03」を発表。12月下旬より順次発売する。

充電ケース型の2100mAhのモバイルバッテリーが付属する、左右独立式の完全ワイヤレスイヤホン。イヤホン本体は約1.5時間でフル充電になり、連続2.5時間の音楽再生が可能だ。

また、モバイルバッテリー機能搭載の充電ケースを併用することで、合計で約37.5時間の音楽再生が可能。ケースによる充電は、イヤホン本体を最大15回分フル充電することができる。

さらに、高音質マイクを備え、ハンズフリー通話に対応。加えて、CVC(Clear Voice Capture)6.0を搭載しており、通話中の雑音や周囲のノイズを抑制し、相手の声も聞き取りやすく快適な通話を実現する。

イヤホン本体は小型・軽量設計で、落ちにくく装着感にすぐれており、アウトドアやスポーツなどにも適しているという。冬の季節は、マスクの着脱を行わずに装着できる。

このほか、機能面では、ワンボタンで音楽再生/一時停止、通話開始/終了/拒否/リダイヤルなどの操作が簡単に行え、片手で操作することが可能だ。

主な仕様は、Bluetoothのバージョンが4.1、BluetoothプロファイルがA2DP/AVRCP/HFP/HSP、オーディオコーデックがSBC、動作範囲が約10m。応答周波数が20Hz〜20Hz、S/N比が60dB、ドライバーユニット径が5.6mm。本体サイズは14(直径)×21(長さ)mm、重量が約5g。ボディカラーはブラック。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


DMM.com、交換式フレーバーキット「FLEVO」をゲオ500店舗などに取扱拡大


DMM.com、交換式フレーバーキット「FLEVO」をゲオ500店舗などに取扱拡大

2017年12月14日 12:49掲載

DMM.comは、交換式フレーバーキット「FLEVO」の取扱店舗を拡大すると発表。新たに、ゲオ全国500店舗、新宿TSUTAYA(東京都新宿区)、中央自動車道 山梨県 談合坂SA(サービスエリア)で販売する。なお、これらの店舗では、スターターキットとカートリッジパックのみの取り扱いになるという。

「FLEVO」は、フレーバーリキッド(液体)をミスト化させることで、ニコチンとタールが含まれていない、香り付きのミストを楽しめるという、カートリッジ式のアイテム。本体サイズは8.5(直径)×99.5(長さ)mm、重量は14.3g。

「スターターキット」は、容量140mAhバッテリー×1、フレーバーカートリッジ×2(メンソール、タバコフレーバー)、USBアダプタ×1を含む。「カートリッジパック」(各5個入り)は、メンソール、ビタミンベリー、タバコフレーバーをラインアップする。

■関連リンク

【新製品ニュース】DMM.com、交換式フレーバーキット「FLEVO」の公式ハードケースを発売

ニュースリリース

関連コンテンツ

その他健康器具・医療機器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


J-Force、LEDライト付きのカラビナ型モバイルバッテリー「世界登山」


J-Force、LEDライト付きのカラビナ型モバイルバッテリー「世界登山」

2017年12月14日 12:21掲載

フォースメディアは、「J-Force」ブランドのモバイルバッテリー「世界登山 JJF-PEACE7」を発表。12月中旬より発売する。

登山用のカラビナ形状を採用することで、バッグやリュックなどへ簡単に装着することができるモバイルバッテリー。IPX6の防水に対応するほか、USB接続のLEDライトを付属し、懐中電灯のように使用することも可能だ。

また、スマートフォンを約2回充電できる6000mAhのバッテリー容量を採用。出力用のUSB Type-Aポートを1基備えており、最大2.1A出力で急速充電が行える。

このほか、本体サイズは114(幅)×21.5(高さ)×74.5(奥行)mm。重量は約120g。ボディカラーは、ブラック、ブルー、オレンジの3色を用意する。

市場想定価格は4,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

充電池・充電器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


Anker、ノートパソコンも充電できるPD対応の20000mAhモバイルバッテリー


Anker、ノートパソコンも充電できるPD対応の20000mAhモバイルバッテリー

2017年12月14日 10:39掲載

アンカー・ジャパンは、「Anker」ブランドのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」を発表。12月14日より、Amazon.co.jpおよび一部家電量販店にて発売する。

USB Power Delivery(PD)に対応し、20000mAh帯で世界最軽量(2017年12月時点、同社調べ)約360gとなる大容量モバイルバッテリー。缶ジュースとほぼ同じ重さ、スリムなデザインで持ち運びも容易ながら、iPhone 8/7を7回以上、MacBook(2017年モデル)を1回以上、iPad Pro 10.5インチを約2回フル充電できる大容量バッテリーを搭載する。

また、入出力とも急速充電規格PDに対応。付属の急速充電器(最大出力30W)を使用することで、USB Type-C入力ポートから4時間ほどでバッテリー本体へのフル充電が可能なほか、USB Type-C搭載のノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末などにも最大出力24Wで充電を行うことができる。

さらに、バッテリー本体に加え、USB Type-C急速充電器、トラベルポーチ、Micro USBケーブル(60cm)、両端がUSB Type-Cのケーブル(90cm)が付属する。

このほか、本体サイズは168(幅)×62(高さ)×22(奥行)mm。重量は約360g。ボディカラーはブラック。

Amazon.co.jpでの価格は7,999円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

充電池・充電器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


TaoTronics、Bluetoothヘッドホン「TT-BH028」を期間限定3,058円で発売


TaoTronics、Bluetoothヘッドホン「TT-BH028」を期間限定3,058円で発売

2017年12月14日 10:30掲載

ニアバイダイレクトジャパンは、TaoTronics製のBluetoothヘッドホン「TT-BH028」をAmazon.co.jpで12月15日より発売すると発表した。

折りたたみデザインを採用したBluetoothヘッドホン。軽量ながら頑丈な素材を使用し、重さ215gを実現。折りたたみ式ヘッドバンドと、やわらかでなめらかなメモリーフォームパッドによって、長時間の装着でもズレることなく、快適な着け心地を得られるという。

仕様面では、デュアル40mmドライバーを搭載し、「より深く、体中に響きわたる音を作り出す」とのこと。EQベースも備える。曲選択や音量操作を行なえるボタンを装備した。Bluetoothのバージョンは4.0をサポート。2時間の充電で15時間連続再生が可能だ。充電が切れた際は、3.5mmケーブルを接続して、有線ヘッドホンとしても利用できる。

価格は3,499円。ただし、12/15〜12/17の期間限定価格として3,058円で発売する。

関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


富士通ゼネラル、独自サイドファン搭載のコンパクトエアコン「nocria XS」


富士通ゼネラル、独自サイドファン搭載のコンパクトエアコン「nocria XS」

2017年12月14日 6:10掲載


「nocria」XSシリーズ室内機

富士通ゼネラルは、コンパクトボディのエアコン「nocria(ノクリア)XSシリーズ」全7機種(6畳〜23畳)を2018年1月6日より発売すると発表した。

最上位機に搭載した独自のサイドファン「デュアルブラスター」を備えたモデル。室温気流と冷暖房気流を制御して「ハイブリッド気流」を生み出し、暖房時には、室温気流が暖気の上昇を抑えて床面に温風を押し広げ、足元から暖める快適な暖房になる。

いっぽう冷房時は、室温気流の撹拌(かくはん)でやわらかな風を部屋中に行きわたらせ、涼感が得られるという。これらから、暖房時は足元がポカポカ、冷房時はやさしい室温気流によって、控えめな設定温度でも快適な冷暖房を実現するとのことだ。

ラインアップは、単相100Vの「AS-XS22H」(冷房6〜9/暖房6〜7畳)、「AS-XS25H」(冷房7〜10/暖房6〜8畳)、「AS-XS28H」(冷房8〜12/暖房8〜10畳)、「AS-XS40H」(冷房11〜17/暖房11〜14畳)、単相200Vの「AS-XS56H2」(冷房15〜23/暖房15〜18畳)、「AS-XS63H2」(冷房17〜26/暖房16〜20畳)、「AS-XS71H2 」(冷房20〜30/暖房19〜23畳)。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

エアコン・クーラー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


クマザキエイム、再生速度を調整できる「速聴き/遅聴きCDラジオ Manavy」


クマザキエイム、再生速度を調整できる「速聴き/遅聴きCDラジオ Manavy」

2017年12月13日 11:36掲載

クマザキエイムは、「Bearmax」ブランドのCDラジオ「速聴き/遅聴きCDラジオ Manavy(マナヴィ) CDR-440SC」を発表。12月1日に発売した。

CDの再生、FM/AMラジオの受信に対応したCDラジオ。CD再生速度を11段階(0.5倍〜1.5倍)で調整できる「速度可変再生」や、指定した区間を繰り返し再生する「A-Bリピート」、「全曲/1曲リピート」などの語学学習に便利な機能を搭載する。

また、最大で20曲登録可能な「プログラム再生」や、順不同で聴くことができる「ランダム再生」に対応。FM/AMラジオ受信は、自動スキャン登録が可能なほか、手動でラジオ局を最大20局登録することもできる。

電源は、ACコンセントと乾電池駆動(単2形×6個使用)に対応。電池持続時間は、CDプレーヤーが約12時間、AM/FMラジオが約20時間。入力端子は3.5mm ステレオミニ×1。出力端子は3.5mm ステレオミニ(ヘッドホン)×1。

このほか、実用最大出力は1W+1W。本体サイズは290(幅)×160(高さ)×70(奥行)mm。重量は約1.25kg。ボディカラーはシルバー。

価格は6,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

ラジカセ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト