【価格調査】Crucial MX300に値下がりの動き、Intel 600pの1TBが4万円割れ

サハロフ佐藤のアキバ定点観測(2月25日調査分)

2017年02月28日 20時00分更新

文● サハロフ佐藤

サハロフの秋葉原レポート
これがサハロフさんのWebページ。土曜の調査の翌日には速報版が掲載されるので、日曜の買い物の参考になるぞ

 サハロフ佐藤さんが、毎週土曜日にアキバのPCショップ各店を実際に回り、調査を行なった価格情報を毎週火曜日前後に掲載する本コーナー。

 本ページ内に掲載している「最低価格」は、文字どおりサハロフ佐藤さんが知り得た最も安い価格。そして、「目標価格」はアキバでも比較的知られているいくつかのショップでの価格だ。秋葉原に不慣れな人でも見つけることができるはずなので、目安にするといいだろう。

 価格は常に変動しており、掲載したリストはあくまで調査した時点での価格である。現在もこの価格で販売されていることを保証するものではないので、ご注意いただきたい。なお記載の価格はすべて8%の消費税込みとなる。

CPU

AMD「Ryzen 7」の予価提示
「Core i7-7700K」など特価

CPUイメージ

 3月3日発売予定のAMD製新CPU、「Ryzen 7」の予価が一部ショップで掲示されている。Socket AM4対応、8コア16スレッド動作で、最上位の1800X(3.6GHz)は6万4584円となっている。

 価格面では、一部ショップの特価により「Core i7-7700K」が4万3178円、7700が3万7940円となっているのが目に付く。このほかはSkylakeの一部がやや下がっているが、全体的には横ばいだ。

Intel Core i7-6950X (3GHz) LGA2011 v3, 10コア, HT 199,778 199,800
Intel Core i7-6900K (3.2GHz) LGA2011 v3, 8コア, HT 129,578 129,600
Intel Core i7-6850K (3.6GHz) LGA2011 v3, 6コア, HT 68,234 75,500
Intel Core i7-6800K (3.4GHz) LGA2011 v3, 6コア, HT 50,721 54,000
Intel Core i7-7700K (4.2GHz) LGA1151, 4コア, HT 43,178 45,800
Intel Core i7-7700 (3.6GHz) LGA1151, 4コア, HT 37,940 41,600
Intel Core i7-7700T (2.9GHz) LGA1151, 4コア, HT 39,980 41,700
Intel Core i5-7600K (3.8GHz) LGA1151, 4コア 30,980 32,300
Intel Core i5-7600 (3.5GHz) LGA1151, 4コア 28,480 29,700
Intel Core i5-7500 (3.4GHz) LGA1151, 4コア 25,980 26,800
Intel Core i5-7400 (3.0GHz) LGA1151, 4コア 23,980 24,800
Intel Core i5-7600T (2.8GHz) LGA1151, 4コア 28,480 29,800
Intel Core i5-7500T (2.7GHz) LGA1151, 4コア 25,980 26,800
Intel Core i5-7400T (2.4GHz) LGA1151, 4コア 23,980 24,800
Intel Core i3-7350K (4.2GH) LGA1151, 2コア, HT 22,980 24,000
Intel Core i3-7320 (4.1GHz) LGA1151, 2コア, HT 19,980 20,800
Intel Core i3-7300 (4.0GHz) LGA1151, 2コア, HT 18,780 19,400
Intel Core i3-7100 (3.9GHz) LGA1151, 2コア, HT 14,780 15,500
Intel Core i3-7300T (3.5GHz) LGA1151, 2コア, HT 18,780 19,400
Intel Core i3-7100T (3.4GHz) LGA1151, 2コア, HT 14,980 15,400
Intel Pentium G4620 (3.7GHz) LGA1151, 2コア, HT 11,980 12,300
Intel Pentium G4600 (3.6GHz) LGA1151, 2コア, HT 10,580 10,800
Intel Pentium G4560 (3.5GHz) LGA1151, 2コア, HT 7,080 7,100
Intel Pentium G4560T (2.9GHz)
バルク品(セット販売のみ)
LGA1151, 2コア, HT 8,580 8,600
Intel Celeron G3950 (3.0GHz) LGA1151, 2コア 6,780 6,800
Intel Celeron G3930 (2.9GHz) LGA1151, 2コア 4,880 4,900
Intel Celeron G3930T (2.7GHz)
バルク品(セット販売のみ)
LGA1151, 2コア 4,380 4,400
Intel Core i7-6700K (4GHz) LGA1151, 4コア, HT 41,018 42,700
Intel Core i7-6700 (3.4GHz) LGA1151, 4コア, HT 36,690 36,700
Intel Core i5-6600K (3.5GHz) LGA1151, 4コア 27,540 27,600
Intel Core i5-6600 (3.3GHz) LGA1151, 4コア 25,650 25,700
Intel Core i5-6500 (3.2GHz) LGA1151, 4コア 23,760 23,800
Intel Core i5-6400 (2.7GHz) LGA1151, 4コア 21,980 23,200
Intel Core i5-6600T (2.7GHz)
バルク品(セット販売のみ)
LGA1151, 4コア 26,978 27,000
Intel Core i3-6300 (3.8GHz) LGA1151, 2コア, HT 16,980 17,000
Intel Core i3-6100 (3.7GHz) LGA1151, 2コア, HT 13,470 13,500
Intel Core i3-6098P (3.6GHz) LGA1151, 2コア, HT 13,478 13,500
Intel Core i3-6300T (3.3GHz) LGA1151, 2コア, HT 18,338 18,400
Intel Pentium G4520 (3.6GHz) LGA1151, 2コア 8,980 10,300
Intel Pentium G4500 (3.5GHz) LGA1151, 2コア 7,450 7,500
Intel Pentium G4400 (3.3GHz) LGA1151, 2コア 7,538 7,600
Intel Pentium G4500T (3GHz)
バルク品(セット販売のみ)
LGA1151, 2コア 9,698 9,700
Intel Pentium G4400T (2.9GHz)
バルク品(セット販売のみ)
LGA1151, 2コア 8,078 8,100
Intel Core i7-5775C (3.3GHz) LGA1150, 4コア, HT 43,178 43,200
Intel Xeon E5-2697 v4 (2.3GHz) LGA2011 v3, 18コア, HT 334,778 334,800
Intel Xeon E5-2695 v4 (2.1GHz) LGA2011 v3, 18コア, HT 300,218 300,300
Intel Xeon E5-2683 v4 (2.1GHz) LGA2011 v3, 16コア, HT 232,178 232,200
Intel Xeon E5-2690 v4 (2.6GHz) LGA2011 v3, 14コア, HT 262,418 262,500
Intel Xeon E5-2680 v4 (2.4GHz) LGA2011 v3, 14コア, HT 218,138 218,200
Intel Xeon E5-2660 v4 (2GHz) LGA2011 v3, 14コア, HT 179,258 179,300
Intel Xeon E5-2687W v4 (3GHz) LGA2011 v3, 12コア, HT 265,658 265,700
Intel Xeon E5-2650 v4 (2.2GHz) LGA2011 v3, 12コア, HT 145,778 145,800
Intel Xeon E5-2640 v4 (2.4GHz) LGA2011 v3, 10コア, HT 118,778 118,800
Intel Xeon E5-2630 v4 (2.2GHz) LGA2011 v3, 10コア, HT 86,378 86,400
Intel Xeon E5-2620 v4 (2.1GHz) LGA2011 v3, 8コア, HT 53,978 54,000
Intel Xeon E5-2609 v4 (1.7GHz) LGA2011 v3, 8コア 39,938 40,000
Intel Xeon E5-2603 v4 (1.7GHz) LGA2011 v3, 6コア 28,058 28,100
Intel Xeon E5-1650 v4 (3.6GHz) LGA2011 v3, 6コア, HT 83,480 83,500
Intel Xeon E5-1620 v4 (3.5GHz) LGA2011 v3, 4コア, HT 39,980 40,000
Intel Xeon E3-1275 v5 (3.6GHz) LGA1151, 4コア, HT 44,258 44,300
Intel Xeon E3-1245 v5 (3.5GHz) LGA1151, 4コア, HT 37,778 37,800
Intel Xeon E3-1225 v5 (3.3GHz) LGA1151, 4コア 28,058 28,100
Intel Xeon E3-1270 v5 (3.6GHz) LGA1151, 4コア, HT 43,178 43,200
Intel Xeon E3-1240 v5 (3.5GHz) LGA1151, 4コア, HT 35,618 35,700
Intel Xeon E3-1230 v5 (3.4GHz) LGA1151, 4コア, HT 34,538 34,600
Intel Xeon E3-1220 v5 (3GHz) LGA1151, 4コア 25,898 25,900
AMD Ryzen 1800X (3.6GHz)
※予価(3月3日発売予定)
Socket AM4, 8コア 64,584 64,600
AMD Ryzen 1700X (3.4GHz)
※予価(3月3日発売予定)
Socket AM4, 8コア 50,544 50,600
AMD Ryzen 1700 (3GHz)
※予価(3月3日発売予定)
Socket AM4, 8コア 41,904 42,000
AMD FX-9590 (4.7GHz) Socket AM3+, 8コア 28,058 28,100
AMD FX-8370 Wraith Cooler (4GHz) Socket AM3+, 8コア 24,818 24,900
AMD FX-8320 (3.5GHz) Socket AM3+, 8コア 17,258 17,300
AMD FX-6300 (3.5GHz) Socket AM3+, 6コア 12,744 12,800
AMD A10-7890K Wraith Cooler (4.1GHz) Socket FM2+, 4コア 15,422 19,000
AMD A10-7860K (3.6GHz) Socket FM2+, 4コア 10,778 12,300
AMD A8-7670K (3.6GHz) Socket FM2+, 4コア 10,238 11,900
AMD A6-7470K (3.7GHz) Socket FM2+, 2コア 5,918 7,000
AMD A8-7600 (3.1GHz) Socket FM2+, 4コア 6,998 8,100
AMD A6-7400K (3.5GHz) Socket FM2+, 2コア 6,030 6,100
AMD A4-7300 (3.8GHz) Socket FM2, 2コア 4,590 4,600
AMD Athlon 5150 (1.6GHz) Socket AM1, 4コア 3,758 3,800




ジサトラ全国出張シリーズ

  • ジサトラ全国出張

    2017年02月27日 21時30分

    OC&光りモノでド派手自作!3/25愛知県豊田市でジサトラ出張ニコ生の新シリーズスタート【デジデジ90】

    2017年3月25日(土)15時からグッドウィル 豊田店にて、2017年のジサトラ全国出張新シリーズがスタートします。

  • ジサトラニコ生出張

    2016年12月13日 20時50分

    締め切りは12月15日まで!ジサトラ出張放送in広島プレゼント応募のお知らせ【デジデジ90】

    12月10日にパソコン工房広島商工センター店にて開催した、ジサトラ出張放送第6弾広島編のレポートとプレゼントPC応募ページのご案内です。

  • zisatora

    2016年12月20日 17時41分

    6時間たっぷり生放送!ゲストも多数出演

    ジサトラ全員集合のパソコン工房 Winter DIY festivalレポート&早組みPC視聴者プレゼントのお知らせ

    12月17日に、秋葉原ラジオ会館10Fにあるイベントスペースで「パソコン工房 Winter DIY festival supported by ジサトラ」が開催されました。12時から18時までニコニコ生放送とYouTube Liveで、ジサトラとしては最後の生放送をたっぷりお届けしました。

  • ジサトラ

    2016年12月17日 09時00分

    本日12時から!秋葉原ラジオ会館からジサトラとパソコン工房がDIY Fesを開催【デジデジ90】

    本日、秋葉原ラジオ会館10F特設イベントスペースにて12:00~18:00の6時間生放送を開催します!

  • ジサトラ

    2016年12月10日 09時00分

    本日15時から!視聴者がガチでXmas自作PC構成を決めるジサトラ出張放送【デジデジ90】

    本日、広島県のパソコン工房広島商工センター店でつばさ&イッペイがニコ生放送! 観覧無料ですのでお近くの方はぜひ遊びに来てください~。スペシャルプレゼントが抽選で当たるかも!

  • ジサトラ

    2016年12月08日 19時00分

    PC早組みに最新ゲーミングPC事情も!12月17日秋葉原でパソコン工房×ジサトラが6時間生放送【デジデジ90】

    12月17日、秋葉原ラジオ会館10F特設イベントスペースにて、12:00~18:00の6時間生放送を開催します!

  • ジサトラ

    2016年12月06日 15時07分

    12月10日15時から広島のパソコン工房でジサトラがゲーミングPC自作&プレゼント【デジデジ90】

    12月10日、パソコン工房広島商工センター店でジサトラニコ生出張シリーズ第6弾を開催。15時から3時間たっぷりお届けします。プレゼント情報もあるのでお見逃しなく!

  • ジサトラ

    2016年12月02日 17時10分

    12月10日は広島へ!パソコン工房でジサトラサンタ史上最大のXmas自作PCショー【デジデジ90】

    来たる12月10日、ジサトラニコ生出張シリーズ第6弾広島編を開催。場所はパソコン工房広島商工センター店、時間は15時からです。超ラッキーなプレゼント情報があるのでお見逃しなく!

  • 1130

    2016年12月01日 18時00分

    2016年11月26日放送

    つばさが先生に!?「熱血!PC自作教室in金沢」【デジデジ90】

    ジサトラ見習いのつばさが先生に!? 毎度恒例ジサトラ出張番の番外編(※罰ゲーム)として、「パソコン工房 金沢南店」にて自作パソコン組み立て教室を開催しました。

  • ジサトラ

    2016年11月28日 20時30分

    つばさ先生のジサトラ番外編in金沢プレゼント応募のお知らせ【デジデジ90】

    11月26日(土)にパソコン工房 金沢南店にて開催したジサトラ初の自作PC組み立てイベント「つばさ先生のジサトラ番外編in金沢」のレポートとプレゼントPC応募のお知らせです。

  • ジサトラ

    2016年11月21日 21時00分

    11月26日はつばさの故郷で罰ゲーム!時給50円でパソコン組み立て教室の教師就任【デジデジ90】

    11月26日はパソコン工房 金沢店でジサトラ初のパソコン組み立て教室を開催します! もちろんニコニコ生放送もしちゃいます。お近くの方はぜひ遊びに来て下さい!

  • ジサトラ

    2016年11月11日 20時00分

    急げ!超激安キット販売のつばさ先生のPC自作教室は11月26日開催【デジデジ90】

    ジサトラ出張放送番外編として、11月26日にジサトラつばさによるパソコン組み立て教室を石川県にあるパソコン工房 金沢南店で開催します!

  • ジサトラ

    2016年10月26日 19時00分

    11月26日は石川県パソコン工房 金沢南店に集合!

    つばさ先生が自作PC組み立て教室を開催、11万円強のキットが約7万円に!

    ジサトラニコ生出張番外編として、2016年11月26日(土)14時から、パソコン工房 金沢南店にて自作パソコン組み立て教室を開催。予約はお早めにどうぞ!

  • 1025

    2016年10月25日 19時00分

    2016年10月22日放送

    ジサトラin大津! 小型ゲーミングPC自作&A列車で王国建設【デジデジ90】

    記念すべき5回目の「ジサトラ出張放送」! 滋賀県大津市のパソコン工房 大津店にて「“自作PCでA列車”夢のつばさ王国をつくろう! in大津」を開催。スペシャルゲストとして杉山淳一さん(乗り鉄/書き鉄ライター)をお迎えして放送しました。

  • ジサトラ

    2016年10月25日 21時28分

    10万円相当のPCが当たる!?ジサトラニコ生出張大津編・抽選プレゼントのご案内

    ジサトラニコ生出張第5弾、大津編の抽選プレゼントのご案内です!

  • ジサトラニコ生出張

    2016年10月24日 22時00分

    国王ご乱心で罰ゲーム!ジサトラニコ生出張大津編レポ&抽選プレゼントのお知らせ

    ジサトラニコ生出張第5弾、大津編のレポートになります。プレゼントのお知らせもございますのでぜひご覧くださいませ!

  • つばさ王

    2016年10月23日 15時15分

    ジサトラ出張版in大津 ニコ生放送途中終了のお詫びとお知らせ

    滋賀県・大津市、フォレオ大津一里山内パソコン工房大津店で開催されたジサトラニコ生出張第5弾。途中でニコ生終了してしまってごめんなさい!

  • ジサトラニコ生出張

    2016年10月21日 21時00分

    10/22は大津でジサトラニコ生出張!Skull CanyonとA列車で夢の鉄道王国を作ろう【デジデジ90】

    10月22日(土)15時から、フォレオ大津一里山にあるパソコン工房 大津店前のイベントスペースにて、ジサトラニコ生出張を開催!

  • ジサトラニコ生出張

    2016年10月14日 21時00分

    ジサトラニコ生出張第5弾は10月22日滋賀県・大津市!鉄道シミュレーションゲーム快適自作PC【デジデジ90】

    ジサトラニコ生出張第5弾は滋賀県・大津市、フォレオ大津一里山内パソコン工房大津店で行ないます!

  • ジサトラニコ生出張

    2016年08月04日 18時00分

    2016年7月30日放送

    トラブル発生!? ジサトラ仙台編、水冷&魔改造PC自作ニコ生実況!【デジデジ90】

    ジサトラ出張放送 第4弾「水冷&魔改造PC自作実況!Mod PCの世界」を、宮城県のパソコン工房 仙台泉店にて開催!

  • ジサトラニコ生出張

    2016年07月30日 10時00分

    本日15時からニコ生!水冷早組み&魔改造でMod PC自作を堪能しよう【デジデジ90】

    全国に自作PCを普及するため、ジサトラが全国行脚するジサトラニコ生出張放送。第4弾仙台編はいよいよ本日15時から!

  • ジサトラニコ生出張

    2016年07月25日 13時01分

    7月30日はパソコン工房仙台泉店で水冷&魔改造PC自作をニコ生放送【デジデジ90】

    ジサトラニコ生出張第4弾は7月30日、イッペイの故郷宮城県にあるパソコン工房 仙台泉店でMod PC自作実況します!

  • zisa

    2016年07月15日 18時00分

    今回のテーマは、自作PCの花形「Mod PC」

    超お得な自作キットも! 7月30日にパソコン工房 仙台泉店でジサトラ出張イベント開催

    7月30日にパソコン工房 仙台泉店でニコニコ生放送イベント「ジサトラ出張 in 仙台 ニコニコ生放送イベント」が開催。「ワンコイン抽選会」や「自作パソコン組立教室」も

  • ジサトラニコ生出張

    2016年07月12日 21時45分

    7月30日は仙台で水冷&魔改造PC自作ニコ生実況!超お得なPC組み立て教室も同時開催【デジデジ90】

    ジサトラニコ生出張第4弾は7月30日、イッペイの故郷宮城県にあるパソコン工房 仙台泉店でMod PC自作実況に決定!

  • ジサトラ

    2016年07月02日 12時00分

    「誰かー!!」CPUとマザーボードに104万円もかけて作ったPCが起動しない

    6月18日にアニマックスCAFE 東京・秋葉原からニコニコ生放送を行なった「ジサトラニコ生出張」のレポートと、その後のお話。

  • ジサトラ

    2016年06月18日 00時00分

    2016年6月18日放送

    ニコ生で超高額CPU、Xeonを2個買いします!【デジデジ90】

    どもどもジサトライッペイです。僕はいよいよあいつを自腹で購入しようと思っております。そう、Broadwell-EPの最上位、Xeon E5-2699 v4です。24コア/48スレッドの化け物CPUで、もちろん2個買いします! 費用はおそらく100万円を超えるでしょう。というわけで、2016年6月18日公開のニコニコ生放送『デジデジ90』は、ジサトラ出張 in 秋葉原ニコニコ生放送!

  • ジサトラ

    2016年06月18日 11時30分

    本日16時から秋葉原でニコ生自作実況!44コア/88スレッドXeonで夢を買う【デジデジ90】

    ジサトラが全国に自作PCを普及するべく行なってきた『ジサトラ出張編ニコ生』、本日16時から東京・秋葉原のアニマックスCAFEで開催!

  • ユニットコム、ジサトラ秋葉原

    2016年06月17日 19時47分

    特別企画! Broadwell-EP世代のXeonを2個使ったハイエンドPCを自作

    6月18日はジサトラ「出張 in 秋葉原」@アニマックスCAFE 東京、ニコ生もあるよ

    6月18日、アニマックスCAFE 秋葉原にて週刊アスキーでお馴染みジサトラ出張in秋葉原ニコニコ生放送イベントを開催。ハイエンドマシン自作の実況・解説を行なう。

  • ジサトラ

    2016年06月16日 15時00分

    6月18日土曜日、ニコ生で超高額CPU、Xeonを2個買いします!【デジデジ90】

    ジサトラが全国に自作PCを普及するべく行なってきた『ジサトラ出張編ニコ生』、次回は6月18日(土)、東京・秋葉原のアニマックスCAFEで開催!

  • うどん

    2016年04月26日 17時59分

    自作PC業界が騒然

    うどん県で、PCとうどんを同時並行で自作してきた話

    香川県高松市にある「パソコン工房 高松店」からジサトラの出張ニコ生第2弾をお届けしました! 自作PCとうどんを同時並行で作るという前代未聞の自作イベントをレポートします。

  • パソコン工房高松店

    2016年04月23日 00時00分

    2016年4月23日放送

    ジサトラ出張編 パソコン工房 高松店からPC自作生放送【デジデジ90】

    アスキーのPC自作大好きチーム「ジサトラ」が収録スタジオを離れて、全国のPCユーザーに向けて自作PCを推進するべく、全国のパソコン専門店に出張ニコ生!2016年4月14日公開のニコニコ生放送『デジデジ90』では、香川県高松市にあるパソコン工房高松店にて、小型PCのNUC組み立てを生中継しました。

  • パソコン工房高松店

    2016年04月23日 13時00分

    本日16時からジサトラ出張ニコ生!パソコン工房高松店から3時間生放送【デジデジ90】

    本日16時からアスキーの自作PC大好き集団“ジサトラ”が四国の香川県高松市にあるパソコン工房高松店から出張ニコニコ生放送!

  • jisa

    2016年04月22日 15時19分

    「500円ワンコイン抽選会」「お宝を探せ! ジャンク市」も同時開催!

    今回は小型PC連続自作だ! 4月23日にパソコン工房 高松店でジサトラニコ生イベント開催

    4月23日にジサトラ出張 in 高松 ニコニコ生放送イベントが開催! アスキーのジサトライッペイとジサトラ見習いのつばさがパソコン工房 高松店に出張し、ニコニコ生放送アスキーチャンネル【デジデジ90】で生PC自作を実施します。

  • パソコン工房高松店

    2016年04月21日 17時00分

    ジサトラ出張第2弾!4月23日は香川県パソコン工房高松店でPC自作ニコ生【デジデジ90】

    アスキーのPC自作大好き集団“自作虎の巻”ことジサトラが全国のパソコン/パーツショップに出張ニコニコ生放送!第2弾は4月23日香川県高松市にあるパソコン工房高松店に行きます!放送時間は16時からたっぷり3時間お届けする予定です。

  • ジサトラ

    2016年02月11日 15時00分

    あなたはPCを何分で組めますか?ジサトラニコ生放送で奇跡の14分早組みが生まれた瞬間

    2月6日、ニコニコ生放送のアスキーチャンネルで、愛知県豊橋市にあるパソコンとPCパーツの専門店、グッドウィル豊橋店にジサトラが行ってまいりました! 今回はそのレポートです。

  • ジサトラ

    2016年02月06日 00時00分

    2016年2月6日放送

    パソコン自作初心者大歓迎!グッドウィル豊橋店からPC自作をニコ生【デジデジ90】

    2016年2月6日公開のニコニコ生放送『デジデジ90』は、愛知県豊橋市から放送のPC自作出張版。実際の組み立ての模様をご覧になれば、PC自作がそれほど難しいものじゃないとわかります。時間制限の中で奇跡の組み立てとなりました。

  • ジサトラ

    2016年02月06日 11時00分

    パソコン自作初心者大歓迎!本日グッドウィル豊橋店からPC自作をニコ生【デジデジ90】

    2月6日16時からアスキーのニコニコ生放送“アスキーチャンネル”にて、愛知県豊橋市からPC自作を生中継! 抽選プレゼントやお得な情報もあるのでぜひお見逃しなく!

  • ジサトラ

    2016年02月04日 20時00分

    ジサトラ全国出張!2月6日は愛知県豊橋市でつばさが大暴れPC自作ニコ生【デジデジ90】

    アスキーのPC自作大好きチーム「ジサトラ」が収録スタジオを離れて、全国のPCユーザーに向けて自作PCを推進するべく、全国のパソコン専門店に出張ニコ生! 今回は愛知県豊橋市にあるグッドウィル 豊橋店にてPC自作を生放送します。

  • デスクトップPCの油没冷却に再挑戦!

    特集記事

    デスクトップPCの油没冷却に再挑戦!

    ASCII.jpでは、油没冷却PCを過去に何度か検証している。やはりデスクトップPCをどうにか沈めて常用化したいが、過去の実験では「A10-6800K」の熱に完全敗北した。そこで今回はそのリベンジ編だ。過去の失敗から冷却方法と耐久性を改善し、新たなデスクトップPC油没にチャレンジする。

    2017年02月26日 12時00分更新



    • 「A10-6800K」油没リベンジで“普段使いはOK”を達成

      2017年02月26日 12時00分

      デスクトップPCの油没冷却特集第3回は、AMD「A10-6800K」を使用したデスクトップPC油没冷却のリベンジである。これまではスティックPCでの成果を得ているが、2016年1月のテストでは「A10-6800K」の熱に…



    • 12ヵ月ほど油に沈めるとマザーボードはダメになる模様

      2017年02月25日 12時00分

      デスクトップPCの油没冷却再挑戦特集、第2回では長期にわたり油没させた場合、マザーボードやCPUなどはどうなるのかを見ていこう。



    • 海中でPCを冷却するだと? なにを言っている?

      2017年02月24日 12時00分

      ASCII.jpでは、油没冷却PCを過去に何度か検証している。APUの「A10-6800K」には完全敗北しており、方法が思い浮かばない。そこで海没PCの実験を行なった国立情報学研究所の門を叩いてみることにした。


    【価格調査】WD Blue(5400)の500GBが特価で3218円に

    サハロフ佐藤のアキバ定点観測(2月18日調査分)

    2017年02月21日 20時00分更新

    文● サハロフ佐藤

    サハロフの秋葉原レポート
    これがサハロフさんのWebページ。土曜の調査の翌日には速報版が掲載されるので、日曜の買い物の参考になるぞ

     サハロフ佐藤さんが、毎週土曜日にアキバのPCショップ各店を実際に回り、調査を行なった価格情報を毎週火曜日前後に掲載する本コーナー。

     本ページ内に掲載している「最低価格」は、文字どおりサハロフ佐藤さんが知り得た最も安い価格。そして、「目標価格」はアキバでも比較的知られているいくつかのショップでの価格だ。秋葉原に不慣れな人でも見つけることができるはずなので、目安にするといいだろう。

     価格は常に変動しており、掲載したリストはあくまで調査した時点での価格である。現在もこの価格で販売されていることを保証するものではないので、ご注意いただきたい。なお記載の価格はすべて8%の消費税込みとなる。

    CPU

    「Core i7-6700」などSkylakeの一部が下落傾向

    CPUイメージ

     Broadwell-Eの「Core i7-6900K」がやや上昇したほか、「Core i7-6700」などSkylakeの一部で値下がりが見られる。Kaby Lakeは横ばいだ。

    Intel Core i7-6950X (3GHz) LGA2011 v3, 10コア, HT 199,778 199,800
    Intel Core i7-6900K (3.2GHz) LGA2011 v3, 8コア, HT 129,578 129,600
    Intel Core i7-6850K (3.6GHz) LGA2011 v3, 6コア, HT 68,234 75,500
    Intel Core i7-6800K (3.4GHz) LGA2011 v3, 6コア, HT 50,721 54,000
    Intel Core i7-7700K (4.2GHz) LGA1151, 4コア, HT 44,980 45,900
    Intel Core i7-7700 (3.6GHz) LGA1151, 4コア, HT 39,980 41,600
    Intel Core i7-7700T (2.9GHz) LGA1151, 4コア, HT 39,980 41,700
    Intel Core i5-7600K (3.8GHz) LGA1151, 4コア 30,980 32,300
    Intel Core i5-7600 (3.5GHz) LGA1151, 4コア 28,480 29,700
    Intel Core i5-7500 (3.4GHz) LGA1151, 4コア 25,980 26,800
    Intel Core i5-7400 (3.0GHz) LGA1151, 4コア 23,980 24,800
    Intel Core i5-7600T (2.8GHz) LGA1151, 4コア 28,480 29,800
    Intel Core i5-7500T (2.7GHz) LGA1151, 4コア 25,980 26,800
    Intel Core i5-7400T (2.4GHz) LGA1151, 4コア 23,980 24,800
    Intel Core i3-7350K (4.2GH) LGA1151, 2コア, HT 22,980 24,000
    Intel Core i3-7320 (4.1GHz) LGA1151, 2コア, HT 19,980 20,800
    Intel Core i3-7300 (4.0GHz) LGA1151, 2コア, HT 18,780 19,400
    Intel Core i3-7100 (3.9GHz) LGA1151, 2コア, HT 14,780 15,500
    Intel Core i3-7300T (3.5GHz) LGA1151, 2コア, HT 18,780 19,400
    Intel Core i3-7100T (3.4GHz) LGA1151, 2コア, HT 14,980 15,400
    Intel Pentium G4620 (3.7GHz) LGA1151, 2コア, HT 11,980 12,300
    Intel Pentium G4600 (3.6GHz) LGA1151, 2コア, HT 10,580 10,600
    Intel Pentium G4560 (3.5GHz) LGA1151, 2コア, HT 7,080 7,100
    Intel Pentium G4600T (3.0GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 2コア, HT 10,080 10,100
    Intel Pentium G4560T (2.9GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 2コア, HT 8,580 8,600
    Intel Celeron G3950 (3.0GHz) LGA1151, 2コア 6,780 6,800
    Intel Celeron G3930 (2.9GHz) LGA1151, 2コア 4,880 4,900
    Intel Core i7-6700K (4GHz) LGA1151, 4コア, HT 41,580 42,700
    Intel Core i7-6700 (3.4GHz) LGA1151, 4コア, HT 37,260 38,000
    Intel Core i5-6600K (3.5GHz) LGA1151, 4コア 28,890 28,900
    Intel Core i5-6600 (3.3GHz) LGA1151, 4コア 25,800 27,000
    Intel Core i5-6500 (3.2GHz) LGA1151, 4コア 23,980 24,800
    Intel Core i5-6400 (2.7GHz) LGA1151, 4コア 21,980 23,200
    Intel Core i5-6600T (2.7GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 4コア 26,978 27,000
    Intel Core i3-6300 (3.8GHz) LGA1151, 2コア, HT 16,980 17,000
    Intel Core i3-6100 (3.7GHz) LGA1151, 2コア, HT 13,470 13,500
    Intel Core i3-6098P (3.6GHz) LGA1151, 2コア, HT 13,478 13,500
    Intel Core i3-6300T (3.3GHz) LGA1151, 2コア, HT 18,338 18,400
    Intel Pentium G4520 (3.6GHz) LGA1151, 2コア 8,980 10,300
    Intel Pentium G4500 (3.5GHz) LGA1151, 2コア 7,680 7,700
    Intel Pentium G4400 (3.3GHz) LGA1151, 2コア 6,400 6,400
    Intel Pentium G4500T (3GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 2コア 9,698 9,700
    Intel Pentium G4400T (2.9GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 2コア 8,078 8,100
    Intel Core i7-5775C (3.3GHz) LGA1150, 4コア, HT 43,178 43,200
    Intel Xeon E5-2697 v4 (2.3GHz) LGA2011 v3, 18コア, HT 334,778 334,800
    Intel Xeon E5-2695 v4 (2.1GHz) LGA2011 v3, 18コア, HT 300,218 300,300
    Intel Xeon E5-2683 v4 (2.1GHz) LGA2011 v3, 16コア, HT 232,178 232,200
    Intel Xeon E5-2690 v4 (2.6GHz) LGA2011 v3, 14コア, HT 262,418 262,500
    Intel Xeon E5-2680 v4 (2.4GHz) LGA2011 v3, 14コア, HT 218,138 218,200
    Intel Xeon E5-2660 v4 (2GHz) LGA2011 v3, 14コア, HT 179,258 179,300
    Intel Xeon E5-2687W v4 (3GHz) LGA2011 v3, 12コア, HT 265,658 265,700
    Intel Xeon E5-2650 v4 (2.2GHz) LGA2011 v3, 12コア, HT 145,778 145,800
    Intel Xeon E5-2640 v4 (2.4GHz) LGA2011 v3, 10コア, HT 118,778 118,800
    Intel Xeon E5-2630 v4 (2.2GHz) LGA2011 v3, 10コア, HT 86,378 86,400
    Intel Xeon E5-2620 v4 (2.1GHz) LGA2011 v3, 8コア, HT 53,978 54,000
    Intel Xeon E5-2609 v4 (1.7GHz) LGA2011 v3, 8コア 39,938 40,000
    Intel Xeon E5-2603 v4 (1.7GHz) LGA2011 v3, 6コア 28,058 28,100
    Intel Xeon E5-1650 v4 (3.6GHz) LGA2011 v3, 6コア, HT 83,480 83,500
    Intel Xeon E5-1620 v4 (3.5GHz) LGA2011 v3, 4コア, HT 39,980 40,000
    Intel Xeon E3-1275 v5 (3.6GHz) LGA1151, 4コア, HT 44,258 44,300
    Intel Xeon E3-1245 v5 (3.5GHz) LGA1151, 4コア, HT 37,778 37,800
    Intel Xeon E3-1225 v5 (3.3GHz) LGA1151, 4コア 28,058 28,100
    Intel Xeon E3-1270 v5 (3.6GHz) LGA1151, 4コア, HT 43,178 43,200
    Intel Xeon E3-1240 v5 (3.5GHz) LGA1151, 4コア, HT 35,618 35,700
    Intel Xeon E3-1230 v5 (3.4GHz) LGA1151, 4コア, HT 34,538 34,600
    AMD FX-9590 (4.7GHz) Socket AM3+, 8コア 28,058 28,100
    AMD FX-8370 Wraith Cooler (4GHz) Socket AM3+, 8コア 24,818 24,900
    AMD FX-8320 (3.5GHz) Socket AM3+, 8コア 17,258 17,300
    AMD FX-6300 (3.5GHz) Socket AM3+, 6コア 12,744 12,800
    AMD A10-7890K Wraith Cooler (4.1GHz) Socket FM2+, 4コア 15,422 17,800
    AMD A10-7860K (3.6GHz) Socket FM2+, 4コア 10,778 12,300
    AMD A8-7670K (3.6GHz) Socket FM2+, 4コア 10,238 11,900
    AMD A6-7470K (3.7GHz) Socket FM2+, 2コア 5,918 7,000
    AMD A8-7600 (3.1GHz) Socket FM2+, 4コア 6,998 8,100
    AMD A6-7400K (3.5GHz) Socket FM2+, 2コア 6,030 6,100
    AMD A4-7300 (3.8GHz) Socket FM2, 2コア 4,590 4,600
    AMD Athlon 5150 (1.6GHz) Socket AM1, 4コア 3,758 3,800




    【価格調査】Core i3-7350Kが販売開始、Core i7/i5が再び値下がり

    サハロフ佐藤のアキバ定点観測(2月11日調査分)

    2017年02月14日 19時50分更新

    文● サハロフ佐藤

    サハロフの秋葉原レポート
    これがサハロフさんのWebページ。土曜の調査の翌日には速報版が掲載されるので、日曜の買い物の参考になるぞ

     サハロフ佐藤さんが、毎週土曜日にアキバのPCショップ各店を実際に回り、調査を行なった価格情報を毎週火曜日前後に掲載する本コーナー。

     本ページ内に掲載している「最低価格」は、文字どおりサハロフ佐藤さんが知り得た最も安い価格。そして、「目標価格」はアキバでも比較的知られているいくつかのショップでの価格だ。秋葉原に不慣れな人でも見つけることができるはずなので、目安にするといいだろう。

     価格は常に変動しており、掲載したリストはあくまで調査した時点での価格である。現在もこの価格で販売されていることを保証するものではないので、ご注意いただきたい。なお記載の価格はすべて8%の消費税込みとなる。

    CPU

    「Core i3-7350K」が販売開始
    Core i7/i5が再び値下がり

    CPUイメージ

     他のデスクトップPC向けKaby Lakeに遅れること5週間、Core i3初のK型番モデル「Core i3-7350K」(4.2GHz)が出回り始めた。調査時点の最安値は2万2980円で、中心は2万4000円弱となっている。

     価格面では、「Core i7-7700K」の最安値が前週比820円安の4万4980円、「Core i5-7600K」が800円安の3万980円となるなど、Kaby LakeのCore i7/i5が一部で値下がりしている。一方、Core i3/Pentium/Celeronはほぼ横ばいだ。このほか、Skylakeの「Pentium G4520」と「Pentium G4500」が1000円値下がりしている。

    Intel Core i7-6950X (3GHz) LGA2011 v3, 10コア, HT 199,778 199,800
    Intel Core i7-6900K (3.2GHz) LGA2011 v3, 8コア, HT 124,800 124,800
    Intel Core i7-6850K (3.6GHz) LGA2011 v3, 6コア, HT 68,234 72,800
    Intel Core i7-6800K (3.4GHz) LGA2011 v3, 6コア, HT 50,721 51,800
    Intel Core i7-7700K (4.2GHz) LGA1151, 4コア, HT 44,980 46,100
    Intel Core i7-7700 (3.6GHz) LGA1151, 4コア, HT 39,980 41,700
    Intel Core i7-7700T (2.9GHz) LGA1151, 4コア, HT 39,980 41,700
    Intel Core i5-7600K (3.8GHz) LGA1151, 4コア 30,980 32,300
    Intel Core i5-7600 (3.5GHz) LGA1151, 4コア 28,480 29,800
    Intel Core i5-7500 (3.4GHz) LGA1151, 4コア 25,980 26,800
    Intel Core i5-7400 (3.0GHz) LGA1151, 4コア 23,980 24,800
    Intel Core i5-7600T (2.8GHz) LGA1151, 4コア 28,480 29,800
    Intel Core i5-7500T (2.7GHz) LGA1151, 4コア 25,980 26,800
    Intel Core i5-7400T (2.4GHz) LGA1151, 4コア 23,980 24,800
    Intel Core i3-7350K (4.2GH) LGA1151, 2コア, HT 22,980 24,000
    Intel Core i3-7320 (4.1GHz) LGA1151, 2コア, HT 19,980 20,900
    Intel Core i3-7300 (4.0GHz) LGA1151, 2コア, HT 18,780 19,400
    Intel Core i3-7100 (3.9GHz) LGA1151, 2コア, HT 14,780 15,500
    Intel Core i3-7300T (3.5GHz) LGA1151, 2コア, HT 18,780 19,400
    Intel Core i3-7100T (3.4GHz) LGA1151, 2コア, HT 14,980 15,500
    Intel Pentium G4620 (3.7GHz) LGA1151, 2コア, HT 11,980 12,300
    Intel Pentium G4600 (3.6GHz) LGA1151, 2コア, HT 10,580 10,800
    Intel Pentium G4560 (3.5GHz) LGA1151, 2コア, HT 7,080 7,100
    Intel Pentium G4600T (3.0GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 2コア, HT 10,080 10,100
    Intel Pentium G4560T (2.9GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 2コア, HT 8,580 8,600
    Intel Celeron G3950 (3.0GHz) LGA1151, 2コア 6,780 7,000
    Intel Celeron G3930 (2.9GHz) LGA1151, 2コア 4,880 4,900
    Intel Core i7-6700K (4GHz) LGA1151, 4コア, HT 41,580 41,600
    Intel Core i7-6700 (3.4GHz) LGA1151, 4コア, HT 37,800 37,800
    Intel Core i5-6600K (3.5GHz) LGA1151, 4コア 29,450 29,500
    Intel Core i5-6600 (3.3GHz) LGA1151, 4コア 26,978 27,000
    Intel Core i5-6500 (3.2GHz) LGA1151, 4コア 23,980 24,000
    Intel Core i5-6400 (2.7GHz) LGA1151, 4コア 23,198 23,200
    Intel Core i5-6600T (2.7GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 4コア 26,978 27,000
    Intel Core i3-6300 (3.8GHz) LGA1151, 2コア, HT 16,980 17,000
    Intel Core i3-6100 (3.7GHz) LGA1151, 2コア, HT 13,470 13,500
    Intel Core i3-6098P (3.6GHz) LGA1151, 2コア, HT 13,478 13,500
    Intel Core i3-6300T (3.3GHz) LGA1151, 2コア, HT 18,338 18,400
    Intel Pentium G4520 (3.6GHz) LGA1151, 2コア 8,980 10,300
    Intel Pentium G4500 (3.5GHz) LGA1151, 2コア 6,980 8,000
    Intel Pentium G4400 (3.3GHz) LGA1151, 2コア 6,242 6,300
    Intel Pentium G4500T (3GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 2コア 9,698 9,700
    Intel Pentium G4400T (2.9GHz)
    バルク品(セット販売のみ)
    LGA1151, 2コア 8,078 8,100
    Intel Celeron G3920 (2.9GHz) LGA1151, 2コア 4,838 4,900
    Intel Celeron G3900 (2.8GHz) LGA1151, 2コア 4,055 4,100
    Intel Core i7-5775C (3.3GHz) LGA1150, 4コア, HT 43,178 43,200
    Intel Xeon E5-2697 v4 (2.3GHz) LGA2011 v3, 18コア, HT 334,778 334,800
    Intel Xeon E5-2695 v4 (2.1GHz) LGA2011 v3, 18コア, HT 300,218 300,300
    Intel Xeon E5-2683 v4 (2.1GHz) LGA2011 v3, 16コア, HT 232,178 232,200
    Intel Xeon E5-2690 v4 (2.6GHz) LGA2011 v3, 14コア, HT 262,418 262,500
    Intel Xeon E5-2680 v4 (2.4GHz) LGA2011 v3, 14コア, HT 218,138 218,200
    Intel Xeon E5-2660 v4 (2GHz) LGA2011 v3, 14コア, HT 179,258 179,300
    Intel Xeon E5-2687W v4 (3GHz) LGA2011 v3, 12コア, HT 265,658 265,700
    Intel Xeon E5-2650 v4 (2.2GHz) LGA2011 v3, 12コア, HT 145,778 145,800
    Intel Xeon E5-2640 v4 (2.4GHz) LGA2011 v3, 10コア, HT 118,778 118,800
    Intel Xeon E5-2630 v4 (2.2GHz) LGA2011 v3, 10コア, HT 86,378 86,400
    Intel Xeon E5-2620 v4 (2.1GHz) LGA2011 v3, 8コア, HT 53,978 54,000
    Intel Xeon E5-2609 v4 (1.7GHz) LGA2011 v3, 8コア 39,938 40,000
    Intel Xeon E5-2603 v4 (1.7GHz) LGA2011 v3, 6コア 28,058 28,100
    Intel Xeon E3-1275 v5 (3.6GHz) LGA1151, 4コア, HT 46,470 46,500
    Intel Xeon E3-1245 v5 (3.5GHz) LGA1151, 4コア, HT 38,980 39,000
    Intel Xeon E3-1225 v5 (3.3GHz) LGA1151, 4コア 26,438 26,500
    Intel Xeon E3-1270 v5 (3.6GHz) LGA1151, 4コア, HT 44,980 45,000
    Intel Xeon E3-1240 v5 (3.5GHz) LGA1151, 4コア, HT 37,480 37,500
    Intel Xeon E3-1230 v5 (3.4GHz) LGA1151, 4コア, HT 31,104 31,200
    AMD FX-9590 (4.7GHz) Socket AM3+, 8コア 28,058 28,100
    AMD FX-8370 Wraith Cooler (4GHz) Socket AM3+, 8コア 24,818 24,900
    AMD FX-8320 (3.5GHz) Socket AM3+, 8コア 17,258 17,300
    AMD FX-6300 (3.5GHz) Socket AM3+, 6コア 12,744 12,800
    AMD A10-7890K Wraith Cooler (4.1GHz) Socket FM2+, 4コア 15,638 17,700
    AMD A10-7860K (3.6GHz) Socket FM2+, 4コア 10,778 12,300
    AMD A8-7670K (3.6GHz) Socket FM2+, 4コア 10,454 11,900
    AMD A6-7470K (3.7GHz) Socket FM2+, 2コア 5,918 7,000
    AMD A8-7600 (3.1GHz) Socket FM2+, 4コア 7,538 8,700
    AMD A6-7400K (3.5GHz) Socket FM2+, 2コア 6,030 6,100
    AMD A4-7300 (3.8GHz) Socket FM2, 2コア 4,590 4,600
    AMD Athlon 5150 (1.6GHz) Socket AM1, 4コア 3,758 3,800




    Z270マザーどれを買う? 各メーカーの特徴を比較

    特集記事

    Z270マザーどれを買う? 各メーカーの特徴を比較

    “Kaby Lake”こと第7世代Coreプロセッサーの登場に合わせて、Intel 200シリーズチップセットを搭載したマザーボードが続々登場してきた。なかでも主力のIntel Z270チップセットを搭載したマザーボードは、各社ともバリエーション豊富で魅力的な製品がそろっている。ここでは、ASRock/ASUS/GIGABYTE/MSIの4大マザーメーカーが発売するZ270マザーボードの特徴を紹介していこう。

    2017年01月29日 12時00分更新



    • VR BoostやM.2 Shieldなど独自性が光るMSIのZ270マザー

      2017年01月29日 12時00分

      4大マザーボードメーカーのZ270マザーの特徴と代表的なモデルを紹介する特集。今回はMSIのラインナップをチェックしていこう。



    • LEDとサウンド、Thunderbolt 3にこだわるGIGABYTEのZ270マザー

      2017年01月28日 12時00分

      本特集では、4大マザーボードメーカーのZ270マザーボードの特徴と代表的なモデルを紹介している。今回はGIGABYTEを取り上げる。



    • ゲーミング向けラインナップを強化したASUSのZ270マザー

      2017年01月27日 12時00分

      本特集では、4大マザーボードメーカーのZ270マザーボードの特徴と代表的なモデルを紹介している。今回はASUSを取り上げよう。



    • 新シリーズ展開、デザイン一新で攻めるASRockのZ270マザー

      2017年01月26日 12時00分

      “Kaby Lake”の登場に合わせて、Intel 200シリーズチップセットを搭載したマザーボードが続々登場してきた。ここでは、4大マザーメーカーが発売するZ270マザーボードの特徴を紹介していこう。初回はASRock…


    Core i7-7700K速すぎ!待望のKaby Lake-Sこと第7世代Coreの5モデルを一気テスト

    最新パーツ性能チェック
    第208回

    第2世代のCore i7-2600や第6世代のCore i7-6700Kと世代間対決

    第7世代Coreプロセッサーのリテールパッケージ。デザインに大きな変化はないが、「VR」のシールが貼られているのが特徴。ちなみにCore i3にはVRシールはない。

     2017年1月4日、Intelは第7世代Coreプロセッサー36モデル及び、これに対応するIntel 200シリーズチップセットを正式に発表した。第7世代Coreと言えば、昨年夏にモバイルPC向けのKaby Lake-U及びKaby Lake-Y、すなわち低消費電力設計のモデルを投入済みだが、今回はそれ以外のデスクトップPCあるいは自作PC市場向けの“Kaby Lake-S”、高性能ノートPC向け“Kaby Lake-H”のターンだ。

     本稿では第7世代Coreプロセッサーの中でも、自作erが一番注目しているであろうKaby Lake-Sのベンチマーク結果をご紹介したい。幸いなことに最上位モデルの「Core i7-7700K」や最新のZ270チップセット搭載マザーボードのサンプルを入手することができた。果たしていかほどのパフォーマンスなのか?

    左がCore i7-7700K、右が1世代前のCore i7-6700K。形状はほぼ同じように見えるが、ヒートスプレッダーの上下にも突起が設けられ、指で保持しやすいよう改善されている。

    同じく裏面。両者は同じLGA1151ソケット用なのでランドの数や切り欠きの位置などは全く同じ。ちなみにキャパシターの向きが1個だけ違うのがわかるだろうか? そのくらい両者の間には違いがない。

    現在のインテル製コンシューマー向けCPUは大きく4つのセグメントに分かれている。左のYとUのセグメントはモバイルPC向けの低消費電力CPUで昨年夏に第1弾を投入済み。今回の発表の主軸はIrisを搭載したUシリーズの追加と、高性能ノートPC向けのH、デスクトップPC向けのSのセグメントを埋めるものだ。

    Kaby Lake-Sを理解するための5つのポイント

     すでに出回っているKaby Lake-Uと同様に、自作er向けのKaby Lake-Sにも7000番台のモデルナンバーが割り振られている。どのような製品ラインアップ(業界風に言えば“SKU”)があるか、大まかな価格の話は別記事を参照していただくとして、まずは旧世代と比べてどこが変化したかを簡単にまとめてみた。

    【1】最上位モデル「Core i7-7700K」は最大4.5GHz動作

     先代の第6世代CoreであるSkylake-Sと今回のKaby Lake-Sとの間には、基本アーキテクチャーはほぼ同じ。モバイルPC版の解説記事でも触れた通り、Kaby LakeはSkylakeの成果を下敷きに、これを最適化するTock+世代の製品となる。

     これはすなわちCPUの基本性能はほぼ横ばいであることを示しているが、今回最上位のCore i7-7700Kは定格4.2GHz、最大4.5GHzという高クロックモデルになっている。さらに言うと、無印7700の動作クロックは定格3.6GHz、最大4.2GHzとK付きに比べてかなりの落差がある。

    「CPU-Z」で今回入手したCore i7-7700Kの情報をチェックしたところ。ターボブースト最大時のクロックは4.5GHz。そのぶんTDPは91Wと高めだが、市販の3000円クラスのCPUクーラーでも問題なく冷やせる。

    K付きモデルは倍率を変更するオーバークロック(以下、OC)にも対応するが、Kaby Lake-SのAVX命令はOC時にも実行できるよう、オフセット値の設定が可能になった。これは昨年登場したBroadwell-Eから持ち込まれた技術だ。

    【2】Core i3にもK付きモデルが登場、最上位モデルは最大4.2GHz動作

     型番末尾に「K」が付くモデルは、倍率のロックがない「オーバークロック可能」なもの。従来Core i5とCore i7の最上位にしか存在しなかったが、今回はCore i3にもK付きモデル「Core i3-7350K」が存在する。かつての「Pentium 20th Anniversary Edition」のように、安価にOCに挑戦できる製品なのだ。

    【3】CPU内蔵GPUの強化は継続、4K/HDR対応も

     第7世代Coreも強化のメインターゲットはCPU内蔵GPUだ。Kaby Lake-SのCPU内蔵GPU「Intel HD Graphics 630」ではEU数は従来と同じ24基だが、HDMI2.0aに対応することでリフレッシュレート60Hzでの4K出力に加えてHDRにも対応した。もちろんマザーボード側のHDMIポートや液晶ディスプレー側の対応も必要となる。さらに、4K HEVC 10bit並びにVP9のデコード機能も追加されたことで、オンライン動画の4Kプレミアムコンテンツ、例えばNetflixの4KがPC上で視聴可能となるという。

    Netflixのヘルプには、Windows 10でEdgeまたはNetflixアプリが4Kストリーミング再生に対応していると書かれているが下のほうを見るとさりげなく「Intelの第7世代Coreプロセッサー」も必要と書かれている。

    「Kaby Lakeならゲームも快適だぜ!」という内容の資料。モバイルPC用のUプロセッサーなら720pで遊べるが、Kaby Lake-SやHでフルHD~4Kでディープに遊びたいならグラフィックボードを使おうと謳っている。720p~1080pの部分にある「Iris Plus Graphics」という見慣れないGPUは、新型NUCなど向けのCPU(Core i7-7657Uなど)に搭載される。

    【4】マザーボードはSkylake-S世代と互換性あり

     今回のKaby Lake-Sに合わせ、チップセットもZ270/H270/B250といった新しいものが用意され、各マザーボードメーカーも様々な新製品を用意している。これまでと同様、Z付き(Z270)のみがCPUのオーバークロックに対応する。

     だが、Kaby Lake-Sは設計的にSkylake-Sと互換性がある。そのため、マザーボードのBIOSが新CPUに対応しているなら、手持ちのSkylake世代のPCのCPUだけ載せ替えて使うことも可能だ。逆に新しいZ270マザーにSkylake世代のCPUを載せることもできる。CPUの予算はあるがマザーボードは……とか、逆にCPUは今あるSkylakeで当面我慢しつつも新世代のマザーボードを試すといったアップグレードパスも可能になる。

    【5】新チップセットは2本のM.2スロットやOptane SSDに対応

     Intel 200シリーズチップセットの基本機能はほぼIntel 100シリーズを踏襲しているが、最上位のZ270ではチップセット(PCH)から出るPCI Express 3.0レーンが20から24に増加。より豊富なオンボードデバイスを搭載できるようになった。さらに、Intel 200シリーズチップセット搭載マザーボードのメインストリームモデルでは、多くの製品がM.2スロットを2本備える。チップセット側がRAIDに対応していれば、NVMeのM.2 SSDを2本束ねて超爆速ストレージを構築することも可能だ。

     また、Intel 200シリーズのM.2スロットはIntelが投入準備を進めている次世代高速ストレージである“Optane”にも対応する。まだ製品投入は先だが、将来性を重視するなら今あるIntel 100シリーズチップセット搭載マザーボードから、Intel 200シリーズチップセット搭載マザーボードに乗り換えておくのが吉だろう。

    Optaneとひとことで言っても、メインメモリーの代替となるものと、SSDの超高速版的なものの2種類あるが、このIntelの資料で言及されているOptane Memoryとは、M.2スロットを使用することから後者のことを指していると思われる。

     ちなみに、SATA Expressを備えたマザーボードはIntel 200シリーズでは非常に少ない。これはIntel自身が搭載を推奨しなくなったため……とのことだ(マザーボードメーカー談)。


    この特集の記事

    3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか?

    特集記事

    3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか?

    4Kゲーミングの波が到来しそうな2017年。43型なら4K表示、HDR対応で9万円程度となっているが、価格面も含め導入の敷居がダウンするPC向けの4K液晶は、注目度大だ。そんなPC向け4K液晶のなかから、最安価格帯となる3.5万円で購入できるLGエレクトロニクス「24UD58-B」に注目。PCや「PlayStation 4 Pro」で使ってみた。

    2016年12月31日 12時00分更新



    • 最安4K液晶+PS4 Proで高画質ゲーミング

      2016年12月31日 12時00分

      4K液晶をコスパ良く導入できるLGエレクトロニクスの「24UD58-B」。PCでの日常用途使いの復習の次は、いよいよ4Kゲーミングだ。ミドルクラスGPU搭載ビデオカードでの、4Kゲーミング性能を計測することにし…



    • 3万円以下のビデオカードで4Kゲーミングはできる?

      2016年12月30日 12時00分

      4K液晶をコスパ良く導入できるLGエレクトロニクスの「24UD58-B」。PCでの日常用途使いの復習の次は、いよいよ4Kゲーミングだ。ミドルクラスGPU搭載ビデオカードでの、4Kゲーミング性能を計測することにし…



    • 3.5万円の最安4K液晶で学ぶ4Kの性能と初期設定

      2016年12月29日 12時00分

      4Kゲーミングの波が到来しそうな2017年。PC向け4K液晶のなかから、最安価格帯となる3.5万円で購入できるLGエレクトロニクス「24UD58-B」に注目。Windows PCで4K解像度を使う際に必要となる設定など、気…


    RX400シリーズのVR事情を最新環境でチェック

    最新パーツ性能チェック
    第207回

    RADEON RX470がVR用でコスパ最強!?

     この冬、ボーナスが出たらマイPCで念願のVRMHD環境を構築しようかと計画している人も少なからずいるはず。国内流通量もサポート体制も少しずつだが改善しており、店頭での実機デモで感触を確かめられる機会も増えて気分が盛り上がってきた今こそ買い。

     だがご存じの通りPC用VRHMDはシステム要件の敷居が高い。特にGPU(グラフィックボード)は、少し前まではRADEONだとRX290以上、GeForceならGTX970以上と高めのスペックが要求されていたが、10月にOculus Riftは新描画技術(Asynchronous Space Warp:ASW)を採用したことでGPUの要求スペックは1ランク下げられた。具体的にはRX470またはGTX960以上となったのだ。

    今回使用したグラフィックボード。左から「STRIX-RX480-O8G-GAMING」(実売価格4万1500円前後)、「STRIX-RX470-O4G-GAMING」(実売価格3万1200円前後)、「STRIX-RX460-O4G-GAMING」(実売価格1万9500円前後)

     そこでASUS製のRX460/470/480カードを用意し、それぞれのカードでHTC ViveやOculus Riftがどの程度動くのかを考えたい。前編となる今回は、現在入手できるVRベンチで検証を行なう。

     まずは今回の検証環境を紹介しよう。今回はRADEON RX400シリーズとVRの快適度の関係を探るのが目的だ。Core i7-6700Kを選択している。

    CPU Intel「Core i7-6700K」(4GHz、最大4.2GHz)
    グラフィックボード ASUS「ROG STRIX-RX480-O8G-GAMING」(RADEON RX480)、「ROG STRIX-RX470-O4G-GAMING」(RADEON RX470)、「ROG STRIX-RX460-O4G-GAMING」(RADEON RX460)
    マザーボード ASUS「Z170-A」(Intel Z170)
    メモリー Crucial「BLS2K8G4D240FSA」(DDR4-2400、8GB×2)
    ストレージ Intel「SSDPEDMW400G4X1」(NVMe SSD、400GB)
    電源ユニット Corsair「RM650」(650W、80PLUS Gold)
    OS Windows 10 Pro 64bit DSP版

    小手調べの「SteamVR Performance Test」

     まずはSteamアカウントを作れば無料で試せる「SteamVR Performance Test」を使ってみる。このテストではVR環境における快適さを“忠実度”の高低という形で表現している。つまり忠実度の高い=よりリアルで快適ということだ。それでは各RADEONの結果をご覧いただこう。

    SteamVR Performance Testの実行風景。Portalシリーズに登場するロボットがラボでメンテナンスを受けるというシーンだ


    RX460の結果。見て分かるようにVRを楽しむにはほど遠い性能


    RX470は、快適とは言えないがVRはできる、という表現


    SteamVR Performance Testでは、RX480のみが“VRレディ”判定を獲得

     このベンチの結果画面で一番大事なのは、一番上のゲージよりも、一番下の「90fps以下のフレーム」だ。ご存じの方もいると思うが、現在のPC用VRHMDは90fpsをコンスタントに出せるシステムでないと、VR酔いが出やすくなるとして推奨外としている。その点ではRX470はVRが百点満点ではないにせよVRできるGPUであることが示されている。さらに言えばRX460と470の間にはどうにも埋められない深い谷が控えているのだ。

     だがSteamVR Performance TestはCPUパワーをあまり使わない(GPUさえ強力なら簡単に“VRレディ”判定がとれる)といった欠点がある。そこで登場するのが「VRMark」だ。

    「VRMark」でより詳しくチェックする

     VRMarkとは「3DMark」でおなじみFuturemarkが先日リリースしたばかりのVRベンチだ。テストは“Orange Room”と“Blue Room”の2種類があり、前者はViveやRiftといった現行のPC向けVRHMD環境が要求する描画ができるか否かのテスト、後者は今後登場するであろうハイスペックVRHMDを想定したより重いテストとなっている。つまりOrange Roomでよい結果を出せるか否かがポイントだ。

     さらにこのベンチでは、要求スペックの下がったOculus Riftに適合するか否かの判定もできるようになっている。Orange RoomもBlue Roomも平均109fpsを上回っていればViveやRiftに対し好適と判断でき、それ以下のシステムでも平均81fpsを達成できれば、Riftで新たに提示された(敷居の下がった)要求パワーを満たしていると判断できる。スコアーの大小も大事だが、ターゲットとする平均fpsからどの程度離れているか見ることが重要なのだ。

     ちなみにVRMarkはSteamで1980円というお手軽価格で販売されている。ViveやRiftを勢いだけで買って「しまった!」となる前に、買って試してみるのもよいだろう。VRHMDを持っていなくても実行できるよう配慮されている。

    ViveやRiftに適したPCかどうかを見るのに使える「VRMark」。“Orange Room”で再生されるシーンは3DMarkの“Time Spy”でも使われている

    未来のVR環境を想定した超々ヘビー級ベンチが“Blue Room”。内容はOrange Roomと似ているが、オブジェクトの数が大幅増量されている

    RX460の結果。平均fpsは左下に表示されている。70fps台はVRHMDは動かせるものの、パワーがまだ足りないことを示している

    RX470の結果。スコアーの下に「Super」と出ているのは、Vive環境でも快適に遊べるほどにパワーがあることを示しているようだが、Superの下にどんなランクがあるのかは現時点では不明

    RX480の結果。RX400シリーズの中で最速なだけに、平均109fpsのハードルを軽々とクリアしている

     現行VR環境をターゲットにしたOrange Roomテストでは、RX 460のみが不適、RX 470と480については問題ないという判定が出た。実際のゲームでの検証は次回に譲るとして、この結果を見る限りはRX 470以上を買っておけば、VRは十分楽しめそうだということが分かる。

    RX460でOrange Roomを実行した際のフレームレートの推移。Riftの最低要求性能を満たす81fps(下の太いグレーのライン)を上回ったのはほんの一瞬だけ

    RX470でのフレームレート推移。上の太いグレーのラインは、Vive環境を想定した平均109fpsを示している。RX 470だと一瞬だけ下回っただけだ

    RX480ともなれば、どんな時も109fpsを下回ることはない。VR環境に没頭したいならRX 480の方が良いことは間違いない

    ちなみに、今回一番スコアーの高いRX480でBlue Roomを実行した。平均25fpsという惨憺たる結果になったが、これで悪い結果が出ても、現行VRHMDには何の関係もない

    VRベンチではRX470以上が吉と出た

     今回はVRベンチだけにターゲットを絞ってRadeon RX400シリーズを比較してみた。スペック的にも劣るRX460が不適格なのはまあ当然として、VRMarkではRX470でも十分Viveに対抗できると判定された。VRHMDは欲しいが、グラフィックボードに予算が回らない……という人には朗報ではなかろうか。

     だが今回の検証と評価は、あくまで2016年11月下旬時点におけるもの。さらに言うならVRベンチの結果と実際のVRタイトルの快適さは必ずしも一致しない、という2点を忘れてはならない。ご存じの通りRADEONは最適化を積み重ねることで性能を伸ばすことが話題になっっている(radeon x DOOM記事のリンク)。まだ最適化が十分でないVRタイトルではVRMarkのように行かないこともあるのだ。

    ●関連サイト



    カテゴリートップへ

    この特集の記事

    ADATAがM.2 SSDを投入! 「XPG SX8000」の実力は?

    最新パーツ性能チェック
    第206回

    2016年11月27日 12時00分更新

    文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

     ヒートシンクを装備し、価格もそれまでの製品と比べてグッと抑えられたPLEXTOR「M8PeG」シリーズを皮切りに、TLC 3D NANDフラッシュ採用のインテル「600p」シリーズと続々と新製品が登場しているNVMe M.2 SSD。

     最近ではNANDフラッシュに東芝製MLCを採用し、公称転送速度がシーケンシャルリード2750MB/sec、同ライト1500MB/secと高速ながら、容量256GB(型番:PHM2-256GB)で1万1200円、512GBで2万1180円(型番:PHM2-512GB)となるNVNe M.2 SSDが磁気研究所から登場している。



    再入荷を待っている人も多いだろう磁気研究所の「PHM2-GB」シリーズ。流通量が増えれば、MLC NANDフラッシュを採用したM.2 SSDの価格基準になるかも

     まさにM.2 SSDの戦国時代到来といった感じのなか、ADATAから12月上旬に発売予定となっているNVMe1.2規格のPCI Express Gen3 x4対応M.2 SSD「XPG SX8000」シリーズをいち早く手にできたので、そのパフォーマンスをチェックしよう。

    11月下旬に発売予定となっているADATAの最新NVMe M.2 SSDの「XPG SX8000」シリーズ

    後発だけに期待が高まる「XPG SX8000」シリーズ

     「XPG SX8000」シリーズは、ADATA初となるNVMe1.2規格のPCI Express Gen3 x4対応M.2 SSDになる。

     現時点で国内販売予定の容量ラインナップは128GB/256GB/512GBの3モデル(1TBモデルは型番、スペック未確定)で、NANDフラッシュには2D MLC NANDよりも耐久性がアップしている3D NANDだ。

     コントローラーはSilicon Motion「SM2260」を採用し、NANDフラッシュの一部をSLCモードで動作させる「SLCキャッシング」とDRAMキャッシュで、高速化を図っているという。


    容量512GBモデルの「ASX8000NP-512GM-C」

     最大転送速度はシーケンシャルリード2400MB/sec、同ライト1000MB/sec、ランダムリード10万IOPS、同ライト14万IOPSとなっている。なお、ADATAのサイトには最大値しか明記されていなかったため、容量ごとの転送速度を同社に確認してまとめてある。

    容量 128GB 256GB 512GB
    NANDフラッシュ 3D MLC NAND
    コントローラー Silicon Motion SM2260
    シーケンシャルリード 1000MB/sec 2500MB/s 2400MB/sec
    シーケンシャルライト 300MB/sec 600MB/sec 1000MB/sec
    ランダムリード 4万5000IOPS 8万IOPS 10万IOPS
    ランダムライト 7万5000IOPS 13万IOPS 14万IOPS
    平均故障間隔 200万時間
    製品保証 5年間
    予想価格 9000円前後 1万4000円前後 2万8000円前後

    NANDとDRAMキャッシュは裏面にも搭載

     ここからは実際に容量512GBの「ASX8000NP-512GM-C」を見ていくと、基板表面にはNVMe1.2規格のSilicon Motion製コントローラー「SM2260」に加え、Micron製NANDフラッシュ×2枚、DRAMキャッシュ(DDR3Lメモリー)×1。そして裏面にもMicron製NANDフラッシュ×2枚とDRAMキャッシュ×1を搭載する両面実装となっていた。



    コントローラーに加えて、両面あわせてMicronの3D MLC NANDフラッシュが4枚、DDR3LメモリーのDRAMキャッシュを2枚搭載


    コントローラーはインテル「600p」シリーズにも採用されているSilicon Motionの「SM2260」を採用。ヒートスプレッダーの役割となる銀色のシールが貼られているのも同じだ



    Micronの3D NANDフラッシュメモリーで、FBGA Code「NW825」の「MT29F1T08CMCBBJ4-37:B」を両面あわせて4枚(128GB×4枚)搭載する



    DRAMキャッシュはDDR3L-1600 256MBのNANYA「NT5CC128M16IP-DI」。DRAMキャッシュの容量は両面あわせて512MBになる



    この特集の記事