「いぬやしき」BD/DVD発売決定、奥浩哉描き下ろしの犬屋敷&獅子神をデザイン

テレビアニメ「いぬやしき」より。 (c)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

奥浩哉原作のテレビアニメ「いぬやしき」のBlu-ray / DVDが、上下巻で発売される。

「いぬやしき」は、冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎とイケメン高校生の獅子神皓が、人間を遥かに超越する力を持ったことから展開されるSF。第1話から第5話が収録される上巻は2018年1月24日、第6話から第11話が収録される下巻は2018年4月25日にそれぞれリリースされる。

Blu-ray / DVDは、奥の描き下ろしイラストをデザインした三面デジパック仕様。上巻には犬屋敷、下巻には獅子神が描かれる。また特典として、オリジナルサウンドトラックやブックレットなども付属。そのほか法人別特典も用意された。詳細は公式サイトにて確認を。

現在フジテレビ「ノイタミナ」枠にて放送中のテレビアニメ「いぬやしき」では、犬屋敷役を小日向文世、獅子神役を村上虹郎、安堂直行役を本郷奏多が担当。総監督をさとうけいいち、監督を籔田修平、アニメーション制作はMAPPAが担当している。

テレビアニメ「いぬやしき」

2017年10月12日よりフジテレビ「ノイタミナ」ほかにて放送開始
Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信

スタッフ

原作:奥浩哉 (講談社「イブニング」所載)
総監督:さとうけいいち
監督:籔田修平
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:恩田尚之
音楽:池頼広
オープニングテーマ:MAN WITH A MISSION「My Hero」
エンディングテーマ:クアイフ「愛を教えてくれた君へ」
アニメーション制作:MAPPA

キャスト

犬屋敷壱郎:小日向文世
獅子神皓:村上虹郎
安堂直行:本郷奏多
犬屋敷麻理:上坂すみれ
渡辺しおん:諸星すみれ

(c)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

食玩「ドラゴンボールアドバージEX ドラゴンチルドレン」のラインナップが公開!【バンダイキャンディスタッフBLOG】 – ニコニコニュース

バンダイキャンディスタッフBLOGにて、食玩「ドラゴンボールアドバージEX ドラゴンチルドレン」のラインナップが公開されました。
電撃ホビーウェブ

バンダイキャンディスタッフBLOGにて、食玩「ドラゴンボールアドバージEX ドラゴンチルドレン」のラインナップが公開されました。
『ドラゴンボール』の壮大な時間軸のなかから、子どものキャラだけをチョイスしている本シリーズ。ラインナップは、悟空、ベジータ、クリリン、チチ、悟飯、マジュニアの6種です。

詳しくは、バンダイキャンディスタッフBLOGをチェックしてくださいね!
関連情報

バンダイキャンディスタッフBLOG

バンダイキャンディサイト

ドラゴンボール アドバージ 10個入 食玩・ガム(ドラゴンボール)

ドラゴンボール アドバージ3(10個入)

ドラゴンボール アドバージ 4(10個入)

ドラゴンボール アドバージ 5(10個入)

関連記事

『ドラゴンボール超』超サイヤ人ロゼやゴールデンフリーザなど人気キャラがラインナップ!食玩「ドラゴンボール アドバージ4」レビュー

食玩「ドラゴンボールアドバージ5」にアルティメット悟飯やウィス、全王が登場!【バンダイキャンディスタッフBLOG】

 

[ごちうさ]ローソンコラボでグッズ続々 ココア、チノがおそろいのニットに

アニメ「ご注文はうさぎですか??」とローソンのコラボキャンペーンのビジュアル(C)Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??(C)Lawson,Inc.

 人気アニメ「ご注文はうさぎですか??」(ごちうさ)とローソンのコラボキャンペーンが、24日から実施されることが分かった。対象商品を購入するとステッカーがプレゼントされるほか、アクリルキーホルダーなどのグッズ、コラボ菓子が販売される。ココア、チノ、リゼ、千夜、シャロがおそろいのニットを着たコラボビジュアルも公開された。

 キャンペーンでは対象の菓子を購入すると、ステッカー(全5種類)を1枚、プレゼントする。また、アクリルキーホルダー(全5種類、各648円)、ラバーストラップ(全5種類、各648円)、クリアファイルセット(1080円)といったグッズやミニ色紙入りの菓子「カントリーマアム ココア」(600円)も販売される。

 11月10日からは、東池袋三丁目店(東京都豊島区)、秋葉原北口店(同千代田区)、なんばGMタワー店(大阪市浪速区)がコラボ店舗となり、マイクロファイバービッグタオル(全5種類、各3500円)、クリアファイルセット(1080円)が販売される。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

[機動戦士ガンダム Twilight AXIS]コミカライズが「月刊ヤンマガ」で連載開始 Ark Performanceも参加

マンガ誌「月刊ヤングマガジン」11号で連載がスタートした「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」のイラスト=講談社提供

 「蒼き鋼のアルペジオ」などのマンガ家ユニット「Ark Performance」がストーリーと、コンセプトデザインを手がける「機動戦士ガンダム Twilight AXIS(トワイライトアクシズ)」のコミカライズの連載が、20日発売のマンガ誌「月刊ヤングマガジン」(講談社)11号でスタートした。「マブラヴ オルタネイティヴ」のマンガ版などの蒔島梓さんが作画を担当し、Ark Performanceがコンセプトアドバイザーを務める。

 「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」は、宇宙世紀0096年、ジオン公国とネオ・ジオンで、技術者、テストパイロットだったアルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグが、第二次ネオ・ジオン抗争で分断された小惑星アクシズの調査団に加わり、かつて赤い彗星(すいせい)と呼ばれた男の影を追い、アクシズに戻る……というストーリー。

 中村浩二郎さんによるウェブ小説が展開されているほか、アニメが11月18日から2週間限定で劇場上映される。同時上映は「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

[デッドマウント・デスプレイ]「バッカーノ!」作者の異世界転生マンガ 「ヤングガンガン」で連載開始

「ヤングガンガン」21号で連載が始まったマンガ「デッドマウント・デスプレイ」の扉絵(C)Ryohgo Narita/SQUARE ENIX(C)Shinta Fujimoto/SQUARE ENIX

 ライトノベル「バッカーノ!」「デュラララ!!」などで知られる成田良悟さんが原作を手がけるマンガ「デッドマウント・デスプレイ」の連載が、20日発売のマンガ誌「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)21号でスタートした。

 連載は、「バッカーノ!」のコミカライズを手がけた藤本新太さんが作画を担当。異世界転生がテーマで、第1話はファンタジー世界から現代日本に転生したと思われる少年が登場した。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

「スパイダーマン:ホームカミング」BOXに村田雄介描き下ろしポスター

「スパイダーマン:ホームカミング プレミアムBOX」展開図。 (c) 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character
names: (c) & ™ 2017 MARVEL.

12月20日にリリースされる、ハリウッド映画「スパイダーマン:ホームカミング プレミアムBOX」に、村田雄介描き下ろしB3ポスターが封入される。

映画「スパイダーマン:ホームカミング」は、アイアンマンに憧れ、アベンジャーズになりたいと願うスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーの成長と活躍を描くアクション。8月の映画公開時には、村田が映画をイメージしたイラストを描き下ろした。

「スパイダーマン:ホームカミング プレミアムBOX」は本編ディスクに特典を加えた、3000セット限定で販売されるアイテム。封入特典には村田のポスターのほか、マーベル監修の描き下ろしコミックブックやスパイダー・マグネット、スパイダーマンとバルチャーの戦いを再現したコレクタブル・フィギュアなどが用意された。

(c) 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character
names: (c) & ™ 2017 MARVEL.


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

日本のモバイル市場は3年連続でアメリカを上回った – GamesIndustry.biz Japan Edition

日本のモバイル市場は3年連続でアメリカを上回った

RPGが日本におけるモバイルの売り上げの65%を占めることをAppAnnieのレポートは示している。

 日本でのモバイルゲーム売り上げは毎年約35%成長しており,3年連続で北米を上回った。

 この成長は,北米には日本の3倍のスマートフォンユーザーがいるという点でとくに注目される。

 このデータはAppAnnieと電通による日本のモバイル市場の共同レポートからきたものだが,たくさんの興味深い洞察を与えてくれる(参考URL)。

 おそらく最も関連するのは,ほかの種類のアプリ以上に,RPGがLoot Box(ランダム報酬箱:ここではガチャの意)でのマネタイジングに成功していることだろう。

※Loot Boxは最近のイギリスで問題になっているのでとくに注目されているのだと思われる(以下,最近のGIでの関連記事)
Loot boxes: Future of AAA or a monetisation misfire?
Loot box petition prompts response from UK government
Thinking outside the loot box

 レポートによると,2016年7月から2017年6月までの日本でのモバイルゲーム売り上げのうち,RPGは65%を占めているという。レポートを執筆したDonny Kristianto氏は,RPGによる収益がアプリで消費した時間に比べて明らかに高く,「日本市場のユーザーにマネタイズをするときのRPGジャンルの効率」を示していると言及した。

 このLoot Boxあるいは「ガチャシステム」として知られているものは,価値の高いアイテムをアンロックするチャンスを得るため,ユーザーがゲーム内通貨を購入するというプレイスタイルを作り出している。

 「日本でトップクラスのRPGにとって,これらのゲーム内アイテムはトレーディングカードになっており,トレーディングカードの戦闘システムを組み込まれたゲームは日本の売り上げ上位にあるゲームの特徴をよく表しています」とKristianto氏は語る。

 日本市場では国内のデベロッパによってほぼ完全に支配されていることもAppAnnieは明らかにしている。

 「日本にはたくさんのチャンスがあります。しかし,そこで目覚しい進展を示せた海外パブリッシャは一握りにすぎません」とKristianto氏は語る。「2016年7月から2017年6月の期間,日本でのゲーム売り上げの80%以上は日本に本社を置くパブリッシャによって生み出されてきました。北米を例に比較すると,地元企業が生み出した売り上げは50%程度にすぎません」

 日本と北米の差は著しいものです。日本ではユーザーはゲームアプリに2倍の頻度でアクセスし,平均して2倍の時間をゲーム内で過ごします。加えて言うと,日本のユーザーは,ユーザーごとの平均ゲームセッション数の平均でもトップランクです」

 「このような高レベルの利用状況が,我々が日本で見たような強いマネタイズの実現を可能にしているのです。これは日本のゲーマー向けにゲームをデザインするときには考慮に入れるべきでしょう」とKristianto氏は意見を述べた。

 つまりこれが意味するのは,日本のモバイル市場は世界で最も大きく最も稼げる市場の一つであるということだ。しかし,西洋パブリッシャにとっては難物でもある。

 「この市場で成功を収めれば,報酬はかなりのものになるでしょう」とKristianto氏は語る。「ゲームはアプリストアのマネタイズ拡大を代表的するものであり続けています。これは今後4年間で2倍以上になる見通しです」

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら

MSSPも推薦!殺し屋バトル「DOG END」新刊、コラボマンガも公開中

「DOG END」4巻の帯あり。

ゆりかわ「DOG END」4巻が本日10月19日に発売。単行本の帯にはゲーム実況者ユニット・M.S.S Projectによる推薦コメントが掲載されている。

帯にてM.S.S Projectのメンバーは、FB777が「こんな筋肉が僕も欲しい!」、KIKKUN-MK-IIが「殺し屋に加わりたいンゴ」、あろまほっとが「セクシーな殺し屋にヤられたい!」、eoheohが「殺し屋達の技と力のぶつかり合いがアツい!」とそれぞれコメント。なお小学館のアプリ・マンガワンでは、昨日10月18日よりM.S.S Projectが「DOG END」に登場する番外編が公開されている。

また「DOG END」4巻の発売を記念し、一部店舗を除くTSUTAYAではFB777、三洋堂書店ではeoheoh、明屋書店ではKIKKUN-MK-II、アニメイトではあろまほっととのコラボイラストがあしらわれた特典ペーパーを用意。ペーパーは4巻だけでなく、既刊の1~3巻を購入した人にも進呈される。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

内田理央が「キングダム」楊端和に!ヤンジャンで野性味溢れるグラビア披露

週刊ヤングジャンプ47号 (c)桑島智輝/週刊ヤングジャンプ

本日10月19日発売の週刊ヤングジャンプ47号(集英社)にて、原泰久「キングダム」に登場する山界の女王・楊端和に内田理央が扮している。

内田は表紙と巻頭8ページに登場し、大自然の中で野性味溢れる姿を披露。面が特徴的な楊端和のコスチュームのほか、水着や破れたTシャツ姿のショットも収録されている。グラビアヤンジャンの公式Twitterでは撮影時のオフショットを公開中なので、チェックしてみては。なお「キングダム」の最新48巻も、本日発売された。

(c)桑島智輝/週刊ヤングジャンプ


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

「真夜中ごはん」のイシヤマアズサ、団地に暮らすはらぺこ姉妹を描く新連載

「マッシュルームとルームシェア~はらぺこ姉妹の台所~」より。 (c)イシヤマアズサ/libre 2017

イシヤマアズサの新連載「マッシュルームとルームシェア~はらぺこ姉妹の台所~」が、本日10月19日にpixivコミック内のクロフネにてスタートした。

「真夜中ごはん」で「第4回 料理レシピ本大賞 in Japan」のコミック賞を受賞したイシヤマが描く本作は、2人暮らしの姉妹の日常を綴った料理マンガ。24年暮らした実家を出ることになったイラストレーターの姉・うみと百貨店販売員の妹・みどりは、賃料の安さと部屋数の多さに惹かれ、年季の入った団地に引っ越してくる。引越し先で、2人が最初に作る料理とは。

(c)イシヤマアズサ/libre 2017


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。