A Microsoft bízik az Xbox One idei felhozatalában – GameStar

Shannon Loftis, az Xbox Studios vezérigazgatója nem érzi úgy, hogy gyenge lenne a kínálat.

Kritika érte idén a Microsoftot amiatt, hogy bár jön az Xbox One X, mégsem érkeznek mellé igazán ütős exkluzívok. Az ígéretesebb, saját kiadású játékok 2018-ra csúsztak, az idei évre két platformer és egy autóverseny maradt.

A Forza Motorsport 7 persze önmagában elég meggyőző lehet az autós játékok iránt érdeklődőknek, de akik akcióra vágynak, azok a multiplatform játékok kínálatában keresgélhetnek. Loftis ugyanakkor elégedett. A GameInformer készített vele interjút, amiben pozitívan nyilatkozott az ünnepi felhozatalról.  

“Nálunk van a világ legnépszerűbb játéka, a PlayerUnknown’s Battlegrounds – ezt csak Xbox konzolon lehet majd játszani. Emellett ott a Forza Motorsport 7, [a sorozat] minden évben megreformálja a versenyjátékok műfaját, és tulajdonképpen a videojátékiparban uralkodó szerepet tölt be.”

– mondta. Szót ejtett a Super Lucky’s Tale-ről is, ami az új gép nyitócíme lesz, valamint a Cupheadről, és arról is, hogy számos (több mint 100) játék kap frissítést, amitől szebben, jobban fut One X-en – külön kiemelte a Destiny 2-t és a Star Wars Battlefront 2-t is. Dícsérte még a 2018-as játékokat, a Sea of Thievest, a Crackdown 3-at és a State of Decay 2-t.

Az Xbox One X november 7-én jön, és biztos, hogy ha exkluzívokból nincs is sok, az idei szezon nem microsoftos játékai nagyon szépek lesznek rajta.

「キティちゃん」とコラボ経済 29日からしんゆり映画祭 澤地久枝さんも登壇 森で楽しむアート 思い出の写真を募集 シニアライフ充実の秘訣 長谷川きよしコンサート 川崎市 … – タウンニュース

 JAセレサ川崎の大型農産物直売所「セレサモス」と株式会社サンリオが19日、コラボレーション企画をスタートさせた。全国初の試みで、直売所の販促物などに人気キャラクター「ハローキティ」を登場させている。

 地元の生産者が育てた新鮮な野菜が並ぶ大型直売所「セレサモス」。JAセレサ川崎が運営し、市内に麻生店(麻生区黒川)と宮前店(宮前区宮崎)の2店を構える。

 同JAでは、都市農業振興の拠点としてセレサモスを中心にした農業生産の拡大に取り組んでおり、来客数の増加、出荷者売上の向上を目的に、株式会社サンリオとのコラボレーションを決めたという。

 同JAの松井浩幸販売統括センター長は「若者、主婦層の新規来店者の拡大などにつながれば」と期待を寄せる。

 来年10月まで同店のキャラクター・モスぴーとハローキティのオリジナルデザインが施された商品プレゼントなどを展開。10月19日からは商品購入者にグッズプレゼントを実施している(11月30日まで)。

 株式会社サンリオとしては、ハローキティの直売所とのコラボレーションは初。同社の菊地由希子さんは「セレサモスは川崎育ちの新鮮な野菜をいち早く提供している。キティが応援できるのは嬉しい」と話す。

秋の「モスぴー祭り」も

 セレサモスでは10月20日〜11月19日、「秋のモスぴー祭り」を開催。写真スポットとしてモスぴーとハローキティのパネルが登場する(麻生店のみ、11月2日〜19日)。そのほか野菜苗、花苗、植木の販売(10月20日〜11月19日)、畜産フェア(宮前店11月4日、麻生店11月5日)、駅弁フェア(11月11日、12日)、Aコープフェア(11月13日〜19日)、農業まつりフェア(11月18日、19日)も予定されている。
 

「ムサシボウルが帰ってきました」 経済 坂戸小で防災教室 川崎ドリームが2連覇 神社の歴史や作法学ぶ 子育てパパが情報交換 女子バスケ試合に招待 宗隆寺で御會式 … – タウンニュース

 溝口駅前の「ムサシボウル」が複合型商業ビル「OKKA634」としてリニューアルし、10月12日にオープニングセレモニーが行われた。

 当日は開店前から施設周辺に多くの人だかりができ、関心の高さをうかがわせた。セレモニーでは、ムサシボウル取締役副社長の渡邉正人氏が「ムサシボウルが帰ってまいりました」とあいさつし、大きな歓声と拍手で迎えられた。

 「気軽に謳歌(OKKA)できる場」がコンセプトの同施設。「新しいボウリングスタイルの発信」をめざすボウリング場は6階のレーンが空中に浮いているような設計など様々な工夫がされ、アミューズメント施設のタイトーステーションでは日本初のカジュアルカジノも体験できる。

 渡邉副社長は「溝口の新たなランドマークとして末永く愛される施設をめざします」と力強く語った。

「MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE」のDLCキャラ第1弾が本日配信開始。PS4版とXbox One版では18キャラ分のEXコスチュームもリリース – ニコニコニュース

「MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE」のDLCキャラ第1弾が本日配信開始。PS4版とXbox One版では18キャラ分のEXコスチュームもリリース
4Gamer

 カプコンは,PCPlayStation 4Xbox One向けの対戦格闘アクションゲーム「MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE」(マーベル VS. カプコン:インフィニット)の有料DLCキャラクター第1弾の配信を開始した。またPS4版とXbox One版では,18キャラクター分のエクストラコスチューム販売が開始されている(PC版は10月18日深夜以降に配信予定)。

 DLCキャラクター第1弾として配信されるのは,公式サイトで予告されていたように,「ブラックパンサー」「シグマ」「モンスターハンター」の3キャラだ。いずれもキャラクターにエクストラコスチュームが付属する形で販売される。
 価格は単体だと1体で税別741円となる。キャラクターパス(PS4版とPC版は税別2778円,Xbox One版は税別2824円)には上記の3体と「ウィンター・ソルジャー」「ブラック・ウィドウ」「ヴェノム」とこれらのエクストラコスチュームが含まれ,2017年内に配信され次第利用できるようになる。

 キャラクターパスを10月31日23:59までに購入すると,期間限定特典としてエクストラコスチューム「グラディエーター・ハルク」「ロックマンX コマンドミッション“X”」が付属するので覚えておこう。

■DLCキャラクター(ブラックパンサー/シグマ/モンスターハンター)

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

 エクストラコスチュームが配信されるのは以下の18体で,単体で購入できるほか,6キャラセットのパックおよび「コスチュームパス」も販売される。価格は単体だと税別370円,パックは税別1111円なので,1キャラあたり186円という計算になる。
 コスチュームパスは,初期キャラクター30体のエクストラコスチュームセットで,価格は税別2778円(※Xbox One版のみ税別2824円)と,1キャラあたりの価格は100円を切る計算になる。単体コスチュームを8キャラ分以上,またはパックを3つ以上購入するなら,コスチュームパスのほうがお得になるわけだ。
 なお,残り12キャラクター分のエクストラコスチュームは,2017年内に配信予定とのこと。

■エクストラコスチューム

■エクストラコスチューム 配信キャラクター

■パック販売

■エクストラコスチューム(マーベルサイド)

■エクストラコスチューム(カプコンサイド)

リンク:「MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE」公式サイト

―――――――――――――――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/364/G036477/20171017041/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル:
・PC MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE
・PS4 MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE
・Xbox One MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)2016 MARVEL (C)モト企画 (C)CAPCOM CO., LTD. 2011, 2016, (C)CAPCOM U.S.A., INC. 2011, 2016 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2016 MARVEL (C)モト企画 (C)CAPCOM CO., LTD. 2011, 2016, (C)CAPCOM U.S.A., INC. 2011, 2016 ALL RIGHTS RESERVED.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.

Microsoft quietly added an anti-cheat game feature to Windows 10 – The Verge

Microsoft started rolling out the Windows 10 Fall Creators Update to PCs earlier this week, complete with features like Windows Mixed Reality and people integration for the taskbar. While most of the new additions are obvious, Microsoft quietly added an anti-cheat feature for games.

The software giant first revealed the feature in a Windows 10 Insider build back in July, promising to share more information. VG247 reports that Microsoft is now documenting its new “TruePlay” anti-cheat feature, and it’s designed for game developers to combat activity like aimbots or wallhacks.

It appears to be similar to Valve’s own ant-cheating software (VAC), and the system collects data within games and generates alerts when there’s something out of the ordinary. Developers will receive the information if TruePlay determines there’s something particularly nefarious going on. TruePlay is disabled by default at the moment in the gaming settings for Windows 10, but Microsoft is starting to make the API available to developers.

Developers will be able to use TruePlay in their Microsoft Store games, so this is limited to Universal Windows Platform (UWP) games for now. There aren’t many of those in the Microsoft Store just yet outside of Forza, Cuphead, and other Microsoft Studios games, but Microsoft has been trying to tempt developers to adopt its Xbox Play Anywhere system to offer the same game across Xbox One and Windows 10. This might be a useful feature in the future, but as it’s limited to UWP it doesn’t really address the games that people are actually cheating in today.

Executiva da Microsoft responde acusações de que Xbox tem poucos exclusivos em 2017 – Adrenaline

A gerente geral do Xbox Studios, Shannon Loftis, deu uma resposta para as críticas de que o Xbox One tem poucos exclusivos já lançados em 2017 ou anunciados para as festas de fim de ano.

Em entrevista ao site Game Informer, ela disse que a Microsoft “tem uma seleção de jogos realmente boa para este Natal”, em suas palavras.

“Nós temos Forza Motorsport 7, que todo ano reinventa o gênero de games de corrida e basicamente domina corridas na indústria dos videogames”, conta Loftis.

“Nós temos Super Lucky’s Tale, no qual minha equipe está trabalhando, e isso só me deixa feliz — é um lindo [game] 3D de plataforma. E, claro, temos Cuphead, que é uma IP feita à mão, linda e de longa data”, continua a executiva.

Isso sem contar que o console será o único a receber PlayerUnknown’s Battlegrounds, ao menos num futuro próximo. Para 2018, a companhia ainda vai trazer Sea of Thieves, Crackdown 3 e State of Decay 2.

“Eu acho que é muito bom — há uma grande quantidade de experiências para as pessoas aproveitarem”, conclui a gerente geral do Xbox Studios.

Ela ainda citou todos os exclusivos de Xbox One que receberão upgrades visuais para o Xbox One X. Eles incluem Halo 5, Halo: The Master Chief Collection, Halo Wars 2, Dead Rising 4, Forza Horizon 3, e Gears of War 4.

Para comparar, em 2017 o PlayStation 4 teve Horizon: Zero Dawn, Gran Turismo Sport e Persona 5 (também lançado para PS3). Para o futuro, o console terá Death Stranding, Days Gone, God of War, Spider-Man e Detroit: Become Human.

Já o Nintendo Switch teve Zelda: Breath of the Wild, Splatoon 2, Mario + Rabbids Kingdom Battle e Fire Emblem Warriors. Em breve, também chegarão Super Mario Odyssey e Xenoblade Chronicles 2.

Microsoft não apoia jogos japoneses no Xbox, diz presidente da NIS América – Tudocelular.com

Em entrevista à MCV UK, o presidente e CEO da desenvolvedora NIS America, Takuro Yamashita, afirmou que a Microsoft não tem mostrado apoio aos jogos japoneses, principalmente se comparada à Sony e à Nintendo.

“Honestamente falando, a abordagem da Microsoft para os jogos japoneses não tem sido muito favorável”, declarou o executivo. “Para jogos japoneses, ainda existe uma elemento relacionado a nicho, não importa qual seja. A Microsoft também quer uma quantidade mínima no pedido para seus jogos, e toda a sua estrutura não está realmente voltada para jogos de nicho ou games menores, como os títulos japoneses, por isso eles não são muito favoráveis aos jogos ou desenvolvedores de lá.”

No entanto, a NIS Americana – dona de títulos como ‘Disgaea: Hour of Darkness’ e ‘Phantom Brave’ – não planeja abandonar o suporte ao Xbox One completamente. A empresa ainda reforça que “sempre presta atenção à sua demanda e vê onde sua base de fãs está”.

“Eu acho que se o jogo certo se apresentasse – um jogo que já tenha um certo nível de popularidade entre as pessoas – nós definitivamente teríamos interesse em dá-lo uma chance [no Xbox One], mas é um problema do ovo e da galinha”, comentou Alan Costa, produtor associado sênior da desenvolvedora.

A Microsoft – que pretende liberar mais uma atualização para o seu console ainda este ano – já percebeu a necessidade de estreitar relações com os japoneses. Tanto é que Phil Spencer, chefe da divisão Xbox, foi ao Japão no começo do mês, a fim de conversar com os desenvolvedores do país.

ピューロランド×<TAICOCLUB>のハロウィーンパーティにDE DE MOUSE、Maika Loubte – BARKS

DE DE MOUSEとMaika Loubteが、10月28日(土)に東京・サンリオピューロランドで開催される<Pink sensation 2017 ~Hello Kitty 43rd Anniversary Bash! ~>に登場する。

◆<Pink sensation 2017>関連画像、動画

今年で4回目の開催を迎える<Pink sensation>は、サンリオピューロランドと<TAICOCLUB>のタッグで展開されるオールナイトハロウィーンパーティだ。クラブシーンで活躍する多彩なアーティスト陣のステージに加えて、サンリオキャラクターたちによるお出迎えやグリーティング、一部アトラクションの特別運営など、ピューロランドならではのファンタジックな一夜が楽しめる。

当日はドレスコードをピンクに設定し、ピューロビレッジがピンク色に染まるイルミネーション演出や電球型ドリンク「PINK SODA」の特別販売といった各種企画も予定。11月1日に控えるハローキティの誕生日を一足先にお祝いするスペシャルタイムも用意されているとのことだ。

チケットは現在各プレイガイドにて発売中となっている。詳細はイベントオフィシャルサイトにて。

(C)1976, 2009 SANRIO CO., LTD. (C)1976,2005,2017 SANRIO CO., LTD.

■イベント情報

<Pink sensation 2017 ~Hello Kitty 43rd Anniversary Bash! ~>
2017年10月28日(土) 東京・サンリオピューロランド
開場 22:00/開演 22:00/閉演 5:00(予定) ※時間変更の場合もございます。
出演者: DAOKO / ELLI ARAKAWA / MURO / Qrion / ゆるふわギャング / ZOMBIE-CHANG / DE DE MOUSE / Maika Loubte and more…
Special Guest: DJ Hello Kitty

チケット:
・通常チケット 4,500円
・グループチケット 16,000円 ※4名分セット価格
※9月8日(金)10:00より発売
イープラス: http://eplus.jp/pinksensation2017/
チケットぴあ:Pコード636-920 http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1742221
ローソンチケット:Lコード 33644 l-tike.com/event/pink-s

[問]03-5428-4923(TAICOCLUB事務局/平日11時~17時)
※会場・チケットに関して: 042-339-1111(ピューロランドゲストセンター 9:30~17:00 休館日を除く)

※20歳未満入場不可
※イベント当日、エントランスにてIDチェックが実施されます。パスポート/運転免許証/外国人登録証の他、写真付きの身分証明書をご持参ください
※その他、注意事項等詳細は特設サイトにてご確認ください

特設サイト: http://pinksensation.jp/

Windows MRがいよいよ離陸。MicrosoftがWindows 10の大型アップデート「Fall Creators Update」の概要を説明 – 4Gamer.net


 2017年10月18日,Microsoftの日本法人である日本マイクロソフトは,同日に提供を開始したWindows 10の大型アップデート「Fall Creators Update」に関連する報道関係者向け説明会を開催した。アップデートの配信は順次行われており,今後数か月をかけて,Windows 10ユーザーに配信される予定だ。
 本稿では,説明会で解説されたFall Creators Updateの概要と,このアップデートで利用できるようになる「Windows Mixed Reality」(以下,Windows MR)の話題をレポートしよう。

日本市場で販売予定のWindows MR対応VRヘッドマウントディスプレイ(以下,HMD)。AcerDellHPはすでに発売中。富士通は11月下旬出荷の予定で,Lenovoも年内発売を予定している
Windows 10

手軽さを武器に普及を狙うWindows MR対応VR HMD

 冒頭でも触れたとおり,Fall Creators Updateの配信は,全ユーザーに対して一斉に行うのではなく,時間差をつけて順次行う方式で行われている。データ量が多いこともあり,月例のセキュリティパッチと比べて,更新に要する時間は段違いに長い。
 すぐにでも更新したいというユーザーは,「Windows 10 Update Assistant」(Windows 10 更新アシスタント)というMicrosoft提供のソフトウェアを使うか,あるいはISOファイルで公開中のインストールイメージを自分でインストールすることで,任意のタイミングでの導入を行える仕組みだ。

Fall Creators Updateについてのプレゼンテーションを行った,Windows Mixed 執行役員の梅田成二氏(左),執行役員 Windows&デバイス本部長の三上智子氏(中央),Windowsプロダクトマネージャーの春日井義隆氏(右)

 2017年4月11日に配信が始まった「Creators Update」もそうだが,名称に「Creators」と入ってることもあってか,コンテンツ制作者のような専門職向けのアップデートと受け取られることもあると聞く。しかし,MicrosoftのWindows&デバイス本部長である三上智子氏は,「実際は,すべてのWindows 10ユーザーがPCを手にすることで,何らかの創造的な作業をしており,創造性とは新しい生産性の向上でもあるため,全ユーザーが更新する理由がある」と説明している。

 さて,そんなFall Creators Updateにおける重点項目は,「基本機能の向上」「3D」「フォト」「Microsoft Edge」,そしてWindows MRの5つだ。まずは,ゲーマーにも気になるWindows MRを中心に紹介していこう。

Fall Creators Updateにおける,Windows MR以外の重点項目
Windows 10

 Microsoftの言う「Mixed Realty」(MR,複合現実)の定義はかなり幅広く,現実世界にデジタルな情報を重ね合わせる「Augumented Reality」(AR,拡張現実)から,デジタルな情報だけで構成する「Virtual Reality」(VR,仮想現実)までにまたがるものだ。

MicrosoftにおけるMRの定義。Windows 10は,Fall Creators Updateによって,この全範囲をカバーしうるプラットフォームになる
Windows 10

 MicrosoftはMR分野に向けた製品として,開発者や法人向けに「HoloLens」を提供しており,すでに産業用のARコンテンツなどに活用されているという。しかし,HoloLensは高度な機能を持つ高価なパーツで作られており,開発者向け製品の価格が36万円前後と,ゲーマーや一般消費者向けの製品とは桁違いに高い。また,導入には専用のシステムやトレーニングも必要で,現時点で消費者向けに幅広く販売する性質のものではない。

 一方,Fall Creators Updateで利用可能になるWindows MRは,従来よりも低いスペックのPCで動作するようになったのが大きな違いだ。最低動作環境に当たる「Windows Mixed Reality」の場合,「Core i5-7200U」以上のCPUとデュアルチャネル接続のメインメモリ8GB以上といった条件を満たせば単体GPUがなくても動作するというほどで,ハードルが低いことが重要な点だ。
 なお,自分のPCが動作環境を満たすかどうかは,Windows Storeで配信している「Windows Mixed Reality PC check」でチェックできる。

Windows MRの最低動作環境と推奨動作環境。それぞれ「Windows Mixed Reality」と「Windows Mixed Reality Ultra」と定義されている
Windows 10

 Microsoftによると,Windows MRの最低動作環境を満たすPCは,2017年8月出荷時点のもので全体の約40%と推定しているそうだ。そして,今後もPCの更新需要があるたびに,潜在的ユーザー層は最低でも40%ずつ増加していく,と強気の見通しを立てているという。

 Oculus VRの「Rift」やHTCの「Vive」,そしてPlayStation VRといった既存のVR HMDは,着用したユーザーや,ユーザーが手に持つモーションコントローラの動き検出精度を高めるために,VR HMDの外部にセンサーが必要だ。こうした位置や動きの検出方法を「アウトサイドアウト」方式と呼ぶ。
 外部のセンサーとVR HMD本体が内蔵するセンサーを使い,六軸の動きを高い精度で検出しているわけだが,そのため,VR HMDを使える環境を構築するには,使いたい空間でセンサーの設置とキャリブレーションが必要になり,相応に手間がかかる。自室に合わせてセットしたVR HMDをリビングで使おうと思ったら,リビングにセンサーを設置しなおさなくてはならない。
 一方で,スマートフォンを表示装置兼再生装置として利用する簡易型VRデバイスでは,スマートフォン内蔵のセンサーを使うことで三軸の動き検出が可能だが,モーションコントローラにも,別途センサーを持たせる必要がある。

 それらに対してWindows MR対応のVR HMDでは,ゴーグル部分前面に備えたステレオカメラによる「インサイドアウト」方式を利用することで,本体内蔵センサーによる三軸とステレオカメラによる三軸により,六軸相当の動きをVR HMDだけで検出しているのが大きなポイントだ。
 外部センサーを利用しないことにより,設定が容易である点がメリットであると,Microsoftは主張していた。たとえば,使いたい場所にセンサーを設置して調整しなくてはならない既存のVR HMDと比べて,Windows MR対応VR HMDならば,HMDとPCを使いたい部屋に持ち運べばそれで済む。
 こうしたハードルの低さを武器として,VR環境導入につなぎたいと,Microsoftは考えているということだった。

Windows MR対応VR HMDは,対応ハードウェアのハードルが低く,セットアップも簡単なことが利点である
Windows 10
パートナーとの協業により,全国約400か所の体験コーナーを設置する
Windows 10

 そのほかにも,VR HMD普及促進の施策として,2017年11月18日から,全国の家電製品販売店や量販店にWindows MR対応VR HMDの体験コーナーを400か所以上設置し,店舗に訪れるユーザーに,まずは体験してもらうことから始めるとのこと。現在は,体験コーナー用コンテンツの選定や,インストラクターのトレーニングなど,11月の開始に向けた準備作業が行われているという。

日本(左)および世界市場(右)におけるWindows MR対応コンテンツの一例。当然ながらVRゲームも含まれている
Windows 10 Windows 10

OneDriveにファイル単位の同期が復活

教育用途を考慮した新フォントも導入

 Fall Creators UpdateにおけるWindows MR以外のポイントも簡単に説明しておこう。
 まず第1に挙げられる要素は,基本機能の改良だ。Fall Creators Updateでは,タスクバーに「My People」というコンタクトリストのアイコンが追加され,ここからメールやSkype,メッセンジャーなどを簡単に実行できる。

 またクラウドストレージ機能「OneDrive」が改良され,Windows 8.x時代に存在したファイルのオンデマンド機能「OneDrive Files on Demand」が,ようやく復活した。
 現状のOneDriveは,常にフォルダ単位での同期が行われ,同期対象のフォルダ内にあるファイルは,すべてローカル側のPC上にも保存される仕組みとなっている。しかし,Windows 8.xまでは,ファイル単位で「このファイルはローカルに保存せず,必要になったらダウンロードする」といったことができた。それがWindows 10では,できなくなっていたわけだ。
 Fall Creators Updateでは,この機能が再び利用できるようになっただけでなく,クラウド保存されているファイルと,ローカルおよびクラウドの双方に保存されているファイルが,容易に区別できるようになる工夫も施されているという。

 Windows 10の標準Webブラウザである「Edge」も,地道に改良されている。Fall Creators Updateでは,ようやくと言いたくなるがフルスクリーンの表示モードに対応した。また,Edgeで表示中のWebページやPDFに,手描きによる書き込みが行えるようにもなった。
 余談だが,iOSおよびAndroid用のEdgeも開発中で,現在は限定されたβテスター向けに公開しているとのことだ。

 そのほかに,前回のCreators Updateで導入された「Game Mode」(ゲームモード,関連記事)にも改良が加えられたとのことだが,これについての詳しい説明はなかった。

 日本独自の要素としては,新しい日本語フォントとして,「UDデジタル教科書体」がFall Creators Updateで導入されたことが挙げられよう。
 UDデジタル教科書体は,その名のとおり教育分野での利用を考慮して,書体メーカーのモリサワが開発したフォントだ。現在一般的な教科書体やゴシック体における見にくさを改善して,書き順や止め,はらいといった書き文字の要素をPC上で表現することで,「教職員側からは教えやすい,生徒側からは分かりやすい」フォントを目指したという。
 Fall Creators Updateでは,ウェイトの違いや,等幅またはプロポーショナルの違いを反映した6種類のUDデジタル教科書体が含まれているとのことだ。

日本向けに追加されるUDデジタル教科書体の特徴
Windows 10

 最後に,Fall Creators UpdateはPC用のWindows 10だけでなく,Windows 10をベースのOSとして使っているXbox Oneシリーズにも提供する予定となっている。Xbox Oneユーザーは,こちらも更新しておこう。

Fall Creators Updateは,Xbox Oneにも提供される
Windows 10