羽田にトミカとプラレールショップ 11月まで期間限定 – Aviation Wire

 羽田空港国内線第1ターミナルに、タカラトミー(7867)の「トミカ」「プラレール」の期間限定ショップ「羽田エアポート店」がオープンする。10月20日から11月30日までの営業を予定している。

トミカとプラレールの商品イメージ(日本空港ビルの資料から)

 場所は2階出発ロビーの「東京食賓館Cゲート前店」店内。トミカやプラレールの人気商品をはじめ、タカラトミーが開くイベント「トミカ博」や「プラレール博」などでしか購入できないイベント記念商品も扱う。

 購入特典として、店内商品を税込3000円以上購入するとDVD、カーズ商品を1000円以上買うと下敷きをプレゼントする。いずれも種類と数量限定で、なくなり次第終了する。

 営業時間は、午前9時から午後6時まで。

関連リンク
羽田空港 国内線旅客ターミナル
タカラトミー

<動意株・19日>(大引け)=カーメイト、タカラトミー、日本電計など – minkabu PRESS

<動意株・19日>(大引け)=カーメイト、タカラトミー、日本電計など  カーメイト<7297.T>=後場に入ってストップ高し、年初来高値を更新。あおり運転など危険運転対策としてドライブレコーダーが注目されるなか、360度ドライブカメラ「ダクション360」を手掛ける同社への関心が高まっているもよう。ダクション360は、走行中の車内外を360度撮影でき、通常のドライブレコーダーでは撮りきれない横方向からの突然の飛び出しや後方からの無理な追い抜きなどを逃さず記録することが可能。なお、同社は18日、27日から東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」に、ダクション360などを出展すると発表している。

 タカラトミー<7867.T>=大幅反発し年初来高値を更新。東海東京調査センターが18日付で投資判断「アウトパフォーム」を継続しつつ、目標株価を1600円から3050円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。同センターでは、最重点商材である「スナックワールド関連商材(ジャラ)」の販売好調を評価。メーン商材の「トレジャラボックス(7月13日発売)」が年間1000万個ペースの好調な滑り出しとなっており、売り切れ店舗も続出しているという。これに伴い、同センターでも18年3月期営業利益を前期比68%増の130億円(前回予想120億円)と上方修正、続く19年3月期以降の予想も引き上げたとしている。

 日本電計<9908.T>=後場急伸。同社は午後1時、18年3月期の連結業績予想の増額修正を発表した。売上高は870億円から900億円(前期比7.4%増)へ見直したほか、営業利益は24億円から27億円(同17.5%増)へ、最終利益は15億円から18億円(同11.7%増)へ修正した。電子・電機業界では新型スマートフォンや有機ELテレビなどの投資が積極的に行われている。こうした中、電子計測器商社である同社は、積極的なソリューション事業を展開し、売り上げを伸ばしているほか、国内外の子会社も好調に推移している。

 セゾン情報システムズ<9640.T>=ストップ高。同社は18日の取引終了後、18年3月期の第2四半期連結業績予想の修正を発表したことが好感された。売上高は147億円から151億円(前年同期比4.3%減)へ見直し、最終利益は14億円から19億6000万円(同2.1倍)へ修正した。カードシステム事業でシステム開発および情報処理サービスが堅調に推移し増収となったほかコスト低減により売上総利益が増加した。また、販管費が想定を下回ったことも利益を押し上げた。なお、18年3月通期業績予想は据え置いている。

 ロゼッタ<6182.T>=ストップ高。同社は18日の取引終了後、機械翻訳開発で飛躍的なブレークスルーが発生し、開発中の最新翻訳機モデルで医学や化学など数種類の分野の英日翻訳で精度95%に到達したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。精度95%は、同社が上場時に「ほぼ人間に匹敵する精度」として、2025年までの到達目標に設定していた水準で、「プロの専門翻訳者以下、非専門翻訳者以上」のレベルだという。

 和井田製作所<6158.T>=ストップ高。同社は軽量材料株のシンボルストックとして短期資金の注目度が高い。切削工具と研削盤分野で高い商品競争力を持っており、そのナノ・ミクロン単位に特化した技術に定評がある。株価は10月初旬に急騰後、押しを入れていたが、700円近辺は調整一巡感があり、一気に買い直される格好となった。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

<東証>タカラトミーが11%高 ゲームアイテム人気を材料視 :日本経済 … – 日本経済新聞

(13時45分、コード7867)大幅に反発している。午前中に前日比194円(11.7%)高の1857円まで上げた。年初来高値を更新し、2000年7月13日以来の高水準だ。同社が今年の重点商品のひとつとしている玩具が子どもたちに大人気で、今期業績見通しを達成するとの期待が高まっている。

 レベルファイブ(福岡市)のゲームソフト「スナックワールド」で使用するアイテム「ジャラ」の販売が伸びており、…

タカラトミーは大幅反発、国内有力調査機関が目標株価を引き上げ(タカラ … – minkabu PRESS

タカラトミーは大幅反発、国内有力調査機関が目標株価を引き上げ  タカラトミー<7867.T>は大幅反発し年初来高値を更新。東海東京調査センターが18日付で投資判断「アウトパフォーム」を継続しつつ、目標株価を1600円から3050円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同センターでは、最重点商材である「スナックワールド関連商材(ジャラ)」の販売好調を評価。メーン商材の「トレジャラボックス(7月13日発売)」が年間1000万個ペースの好調な滑り出しとなっており、売り切れ店舗も続出しているという。これに伴い、同センターでも18年3月期営業利益を前期比68%増の130億円(前回予想120億円)と上方修正、続く19年3月期以降の予想も引き上げたとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

自宅でナイトプール?最新オモチャのトレンドも“写真映え”が命 – ホウドウキョク

タカラトミーアーツが18日、「タカラトミーアーツ2018新春商談会」で新商品を発表した。

「ナイトプール」を家で楽しめる?

今年の夏、“インスタ映え”すると話題になった「ナイトプール」。泳ぐことが目的ではなく、ライトアップされて幻想的な空間になったプールでおしゃれな水着を着て、友人と写真を撮ると写真映えするなどの理由で、若い女性を中心に注目を集めた。

そんな「ナイトプール」の雰囲気が自宅のテーブルの上でも体感できるという「ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール」(2018年3月)が初お披露目された。

9d16356b 8ea0 4524 8cff 902ca7b3c6c9
ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール

七色にLEDが変化する「パーティーモード」や暖色系、寒色系と3種類のライティングモードを選べる。また、下の方についている「フラミンゴゲート」はストッパー代わりで、そうめんが流れる速さを調節できる。

流しそうめんを楽しむことができる玩具「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ」がすでに発売されているが、今回の「ナイトプール」バージョンの流しそうめんは20~30代の大人向けだという。

「すでに発売されている“そうめんスライダー エクストラ”は主に子ども向けですが、“ナイトプール”は大人向けです。ムーディーな雰囲気の中で女子会やデートなどで遊んでください」と担当者は話す。

名前に「ナイトプール」と付いているが、夜だけではなく日中でも楽しめそう。流すそうめんも白だけでなく、ピンクなど色付きのそうめんを流したらよりインスタ映えしそうだ。

スター・ウォーズの世界を手元で実感

一方で、大人の男性が気になってしまう玩具も。

映画「STAR WARS」シリーズでおなじみの「ダースベイダー」と「ストームトルーパー」。

マスクの下に手を差し込むとセンサーが反応し、劇中でおなじみのセリフと中に入れたおつまみが一口分出てくるという自動おつまみ排出装置。

D4475c4d 014d 4219 8c89 0f74499509b3
「STAR WARS おつまみサーバー」

高さが23cmでインテリアにもできるという「STAR WARS おつまみサーバー」(2017年12月14日発売)を略すと「O-2MM」。

O(お)、2(つ)、M(ま)、M(み)。

「STAR WARS」に出てくる「R2D2」や「C3PO」といったキャラクターを連想させる。

「ダースベイダー」特有の吐息や、「Yes, my master.」などのキャラクターボイス、「ストームトルーパー」には「Don’t move.」など、約10種類の音声や効果音を内蔵。

毎回一口分のおつまみが出てくる“ノーマルモード”と、参加者が順番に手を差し込んでいくとランダムに「帝国のマーチ」が流れ、片手いっぱいのおつまみが出てくる“パーティーモード”などゲーム感覚でも楽しめる。

おつまみは小粒のものであれば自由に入れることができるそうで、小腹が空いたときに「ダースベイダー」からおつまみをもらうのもいいかもしれない。

また、誰もが一度は使ってみたいと思ったことがある“ライトセーバー”で電化製品をコントロールできるという「STAR WARS リモコンセーバー ルーク・スカイウォーカー」(2017年12月14日発売予定)。

映画『エピソード4/新たなる希望』で、「オビ=ワン・ケノービ」から父の形見として「ルーク」に渡された青い光刃のライトセーバーがモチーフとなっている。

Aa2a2916 e3bb 4739 8438 d34b8ccd1725
「STAR WARS リモコンライトセーバー ルーク・スカイウォーカー」

レプリカとしても楽しめる「リモコンセーバー」は、本体に電化製品のリモコンの赤外線信号を記憶させて、内蔵された振動センサーの上下左右の動きでテレビなどのスイッチを操作できる仕組み。記憶させた電化製品に向けて本体を切り付けるように振ると、効果音とともにテレビなどの電源をオンにできる。

12月にはシリーズ最新作の映画も公開され、スター・ウォーズファンは目が離せない年末になりそうだ。

リアルすぎるガチャが人気

子どものころほしいものが出るまでやり続けたカプセル玩具。

そんな記憶がよみがえり、ついつい集めたくなってしまうガチャの店頭販売の強化もしているという。

あらゆる動物の顎がしゃくれた「シャクレルプラネット」や貝類を頭からかぶっている「カイカブリ」などユーモアにあふれたガチャが目立つ。

68d5b7fb 115e 49bb 8152 35730f734087
「シャクレルプラネット」
26628396 202b 4783 8df8 7d51957c74f5
「シャクレルプラネット」
9286a5ad 2d73 4fd0 94fc a85777efb695
「カイカブリ」

さらに、リアリティーを追及した「郵便局ガチャコレクション」も。中でも、郵便ポストは実際の郵便ポストの設計図から作り出しているため、完璧なものだという。

B61714e9 a0c4 4cc8 8ee4 5c331ad7bf80
「郵便局ガチャコレクション」

ガチャはカプセル自販機から入手することが通常だが、パッケージされた商品としても発売する。中身が見えないため、手に入れて開けてみるまで何が入っているのかわからないのは、カプセル自販機から購入するのと同じ。
 
カプセル玩具に熱中した子どもたちが大人になり、自分のお金で買うことができるようになったことも今のガチャ人気の理由だという。

61726b1e ec39 4c83 b677 98fcdad8381e

タカラトミーアーツは、先月もふわふわ食感の卵かけごはんが味わえるという「究極のTKG」(10月26日発売)を発表した。
特に大人向けといわれるおもちゃは、遊びに加えて、実用性も兼ね備えたおもちゃが最近の人気なのかもしれない。

【材料】注目銘柄ダイジェスト(前場):enish、タカラトミー、ロゼッタなど – 株探ニュース

enish <日足> 「株探」多機能チャートより

enish3667>:2148円(-112円)
大幅続落。前日後場の取引時間中に、「欅坂46」初の公式ゲームアプリ「欅のキセキ」の配信を開始したと発表、その後は当面の好材料出尽くし感が強まる展開になっている。これまで同アプリへの期待感は十分に株価に反映されているとの見方。6月26日の寄り付き前に17年内の配信開始を正式発表、当時の株価は1500円レベルであったが、それ以前にも思惑主導で大きく上昇していた。

ビックカメラ<3048>:1415円(+45円)
大幅反発。大和証券が投資判断を「3」から「2」に格上げ、目標株価も1200円から1500円に引き上げたことが買い材料視されている。前期は売上利益とも伸び悩んだが、新年度はECの伸長などによって再び利益成長が回復の見通しとしている。EC売上は浦安センターが本格稼働することで約15%程度の売上成長が期待されるようだ。ほか、インバウンド効果やPB拡販による粗利系率改善なども見込んでいるもよう。

戸田建<1860>:872円(-16円)
大幅続落。業績予想の修正を発表、上半期売上高は下振れるも、営業利益は従来予想の90億円から124億円に引き上げ、一転して前年同期比で増益となったもよう。建設事業の利益率向上が業績上振れの背景。ただ、第1四半期も増益決算であったため、会社側の計画がもともと保守的だったとの見方が優勢、目先の出尽くし感が先行する展開に。通期業績に関しても、市場コンセンサスは会社計画を大きく上回っているとみられる。

TAC<4319>:292円(+23円)
急反発。同社のほかBBT<2464>なども上昇率上位となっており、本日は人材教育関連が人気化する展開に。週末の衆院選では自民党の優勢が伝わっており、政策期待銘柄として関心が向かっているもよう。同社は幅広い分野の資格を取得するための「資格の学校」であり、安倍首相が企業による人材投資を促す考えを表明していることからも、今後の業績拡大に向けた恩恵の享受が期待される展開のようだ。

東芝機<6104>:686円(+41円)
大幅反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を510円から750円に引き上げ、「オーバーウェイト」の投資判断を再強調。EV市場拡大によるリチウムイオン電池セパレータ用押出成形機の需要増加、自動車の軽量化ニーズ拡大による射出成形機の需要増加、自動車のモデルチェンジ増加に伴うダイカストマシンの更新需要増加などを評価ポイントとしている。工作機械セクター内では数少ないEV関連とも位置付け。

タカラトミー<7867>:1804円(+141円)
大幅反発。東海東京証券では投資判断「アウトパフォーム」継続で、目標株価を1600円から3050円まで引き上げている。現値との乖離率が大きく、インパクトを強めさせているようだ。最重点商材である「スナックワールド関連商材(ジャラ)」の販売が好調として、同証券の業績予想を上方修正している。今期営業利益は会社計画の80億円に対して、前期比68%増益の130億円と予想しているもよう。

セゾン情報<9640>:2060円(+400円)
ストップ高で年初来高値を大きく更新。18年3月期の上期(17年4-9月)業績を上方修正している。営業利益見通しは従来の20.00億円から27.10億円(前年同期は16.89億円)へと引き上げた。カードシステム事業でシステム開発及び情報処理サービスが堅調に推移した。利益面ではコスト低減の効果や販管費の一部期ずれも影響した。なお、通期業績については営業利益で前期比19.3%増の40.00億円とする従来予想を据え置いている。

ロゼッタ<6182>: - 円( - 円)
ストップ高買い気配。機械翻訳の開発において飛躍的なブレークスルーが発生したと発表している。同社の従来の機械翻訳「T-4OO(ver.1)」の翻訳精度は60%-80%程度だが、開発中の最新翻訳機モデルにおいて数種類の分野(医学、化学分野等)の英日翻訳で精度95%に到達したという。今期はこの精度を他の全ての主要分野にも適用することを経営上の最優先テーマとし、経営方針の転換と業績予想の修正もあわせて発表している。

マイネット<3928>:1752円(+153円)
急反発。監査法人トーマツが発表したテクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(TMT)業界の収益(売上高)に基づく成長率のランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」を2年連続で受賞したと発表している。同社は過去3期の収益(売上高)に基づく成長率584.72%を達成して50位中4位に、上場企業33社の中では1位となった。

CAP<3965>:2888円(+402円)
大幅続伸。大和証券が投資判断「1(買い)」、目標株価3000円でカバレッジを開始している。同社のフィンテック的フロントシステムの特長は、生命保険契約全般をカバーし入力作業の効率化を極限まで進めていることと、個人資産のリスクを可視化し証券・銀行等にも応用が効くことであると指摘。大相続時代を迎え、申込ペーパーレスシステムで生保向けシェア拡大が期待できるとしている。

《DM》

 提供:フィスコ

タカラトミー—大幅反発、国内証券の目標株価大幅引き上げがインパクトに – ZUU online

タカラトミーは大幅反発。東海東京証券では投資判断「アウトパフォーム」継続で、目標株価を1600円から3050円まで引き上げている。現値との乖離率が大きく、インパクトを強めさせているようだ。最重点商材である「スナックワールド関連商材
(ジャラ)」の販売が好調として、業績予想を上方修正している。今期営業利益は、会社計画の80億円に対して、前期比68%増益となる130億円を予想しているもよう。

<WA>

タカラトミー—大幅反発、国内証券の目標株価大幅引き上げがインパクトに
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

PREV 大泉製—4日続伸、三角もち合いの上放れを意識、需給調整も進捗

第8弾「プラレール」ハッピーセットに登場 連結器付きJR車両8種 マクドナルド – 乗りものニュース

日本マクドナルドが、8回目の「プラレール」車両付き「ハッピーセット」を発売。全8種類のJR車両が登場、車両には連結器が付いています。

全種に仕掛けと連結器付き

 日本マクドナルドは2017年10月13日(金)、「プラレール」のおもちゃか「リカちゃん」のおもちゃがもらえる「ハッピーセット」を発売しました。

 同セットはハンバーガー類やナゲットなどのメインメニューに、ポテトなどのサイドメニュー、ドリンク、そしておもちゃがセットになった子ども向けのメニューで、今年で販売開始から30周年を迎えます。

171018 happysetplarail 01
「ハッピーセット」の「プラレール」は全8種類。写真は922形新幹線「ドクターイエロー」T3編成のイメージ(画像:日本マクドナルド)。

 タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」が「ハッピーセット」に登場するのは8回目。今回は全種の車両前部と後部に連結器が付いており、「ハッピーセット」の「プラレール」のおもちゃ同士をつなげて遊ぶことも可能です。車両のラインナップは次のとおり。

・922形新幹線「ドクターイエロー」T3編成

 車両下のスイッチを入れると、先頭のライトが光ります。

・E5系新幹線「はやぶさ」

 車両下のレバーで、進行方向を直進・左右に切り替えられます。

・E7系新幹線「かがやき」

 車両のボディを取り外すと車内の様子が見えます。

・新800系新幹線

 天井を開けると車内の様子が見えます。付属の紙人形を車内のイスに座らせることも可能。

・D51形蒸気機関車200号機

 車両後部が笛になっており、息を吹くと音が鳴ります。

・EF510形電気機関車「レッドサンダー」

 運転席の窓に、マクドナルドのキャラクター「ドナルド」と車掌の絵が描かれており、おもちゃを左右に揺らすと手を振っているように見えます。

・E235系電車(山手線)

 車両上のレバーを動かすと、車窓の絵が切り替わります。

・165系電車(東海型急行電車)

 車両下のレバーを回すと、後方のドアが回転して絵が現れます。

171018 happysetplarail 02 171018 happysetplarail 03 171018 happysetplarail 04
E5系新幹線「はやぶさ」のイメージ(画像:日本マクドナルド)。
E7系新幹線「かがやき」のイメージ(画像:日本マクドナルド)。
新800系新幹線のイメージ(画像:日本マクドナルド)。

 これらのおもちゃは、「ハッピーセット」注文時に「プラレール」か「リカちゃん」のいずれかを選び、1セットにつきひとつがもらえます。どのおもちゃがもらえるかはお楽しみ。また、マクドナルドのウェブサイトで、おもちゃの動きや音が分かる「遊び方動画」が公開されています。

 販売期間は約5週間で、なくなり次第終了。価格は、時間帯や選んだメインメニューにより、460円~500円です(税込。店舗により異なる場合あり)。全国のマクドナルド店舗(一部除く)の全営業時間帯で販売中です。

 日本マクドナルドは「これからも『ハッピーセット』の販売を通じて、お子様の健全な成長に貢献し、ご家族の“ハッピーな笑顔があふれるお食事の場”を提供してまいります」としています。

【了】