世界19ヵ国にて開催【レゴ(R) エデュケーション Teacher Award 2018】 日本にて初開催決定 – @Press (プレスリリース)

レゴ エデュケーション(本社:デンマーク)と株式会社アフレル(本社:福井県福井市、レゴ エデュケーション正規代理店)は、STEM(Science, Technology, Engineering, Math)教育に携わる先生方を対象とした「LEGO(R) Education Techer Award 2018」(以下、「本コンテスト」)を日本で初開催いたします。

レゴ エデュケーション_ Teacher Award_1

本コンテストは、世界中の小・中・高等学校で行われている、革新的な教育を推進するためのコンテストです。日本の他、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ロシア、中国、韓国など19カ国で同コンテストが開催され、各国で選出された先生がアメリカ、ボストンに集結し、レゴ(R) エデュケーション シンポジウムが実施されます。レゴ エデュケーションのロボットプログラミング教材を活用した、創造的で独創性、インスピレーション豊かな授業のアイデアをご応募ください。

URL: https://afrel.co.jp/teacher-award2018

●コンテスト概要

テーマ   :STEM教育の実践

       科学(理科)・技術・工学・数学(算数)に重点を置いた理数系人材育成

参加資格  :小学校、中学校、高等学校の教員

使用教材  :レゴ エデュケーションのプログラミング教材

スケジュール:【応募期間】2018年1月15日(月)~2018年3月25日(日)

       【審査期間】2018年3月26日(月)~2018年4月4日(水)

       【結果発表】2018年4月5日(木)

シンポジウム:2018年6月5日(火)~2018年6月7日(木)

開催地   :ボストン(アメリカ)

主催者   :レゴ本社(LEGO System A/S)

コンテストジャパンパートナー:株式会社アフレル

●提出物

・シンポジウムで発表するプレゼンテーションの概要(200字以内)

・ワークシートや指導案などの教材サンプル(概要200字以内、別途資料付)

・写真や動画(最大2分)、子どもたちの作品など、レッスンを実施したことを示す記録

・公開授業、学会発表などの記録(200字以内)

・活動に対する実施コメント(200字以内)

*応募作品は日本語または英語どちらでも可

https://www.atpress.ne.jp/releases/145460/img_145460_2.jpg

●受賞

最優秀賞:2名

日本代表に選出(受賞)された先生方を、2018年6月5日(火)~7日(木)にアメリカ・ボストンで開催されるレゴ(R) エデュケーション シンポジウムにご招待します。

シンポジウムでは、世界各国から選出された先生方の前でプレゼンテーションをしていただき、同じ目標を持った先生方とアイデアを共有していただきます。

【レゴ エデュケーション プログラミング教材】

■レゴ(R)WeDo2.0

https://www.atpress.ne.jp/releases/145460/img_145460_3.jpg

■教育版レゴ(R)マインドストーム(R)EV3

https://www.atpress.ne.jp/releases/145460/img_145460_4.jpg

【レゴ エデュケーションについて】

レゴ エデュケーションは、1980年にレゴ社の教育部門として設立し、世界90カ国以上の国と地域、5万以上の教育機関に、レゴ(R)ブロックを活用したハンズオンの体験型の教材とカリキュラムを提供しています。誰もが馴染みのあるレゴ(R)ブロックと最新のデジタルソリューションを組み合わせた教材をご提供することで、子どもたちが積極的に授業に参加し、仲間と協働しながら問題解決に取り組む力を育む教育環境作りをサポートしています。

【株式会社アフレルについて】

明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。

最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. (C)2017 The LEGO Group.

【Z会プログラミング講座 with LEGO(R)Education】ご受講中のみなさまへ:「Happy New Year を表現しよう!!」動画投稿イベント・「冬休みのミッション」開催中 #Z会 … – 財経新聞

【Z会プログラミング講座 with LEGO(R)Education】ご受講中のみなさまへ:「Happy New Year を表現しよう!!」動画投稿イベント・「冬休みのミッション」開催中 #Z会プログラミング #冬ミッション

プレスリリース発表元企業:株式会社Z会
Z会プログラミング講座 with LEGO(R)Education 冬休みのミッション

株式会社Z会( http://www.zkai.co.jp/ )では、ご家庭でレゴ(R)ブロックを使ったプログラミング学習に取り組める、【Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education】を開講しています。

◆Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education Webサイト
http://www.zkai.co.jp/home/z-programming/idolab/

この冬、Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education基礎編・発展編の受講者を対象として、動画投稿イベント・Z会プログラミング講座 with LEGOR Education「冬休みのミッション」を実施しています。講座でこれまで学んだことを活かして、自分だけのプログラム、自分だけの動きを作りませんか?

▼Z会プログラミング講座 with LEGOR Education「冬休みのミッション」
http://www.zkai.co.jp/home/z-programming/idolab/topics/mission18w.html

・ミッション期間:2017年12月9日(土)~2018年1月15日(月)

・テーマ「Happy New Year を表現しよう!!」

・表現規定
「Z会プログラミング講座 with LEGOR Education」基礎編または発展編キットを使用します。テーマに沿った、10秒以上かつ30秒以下の動画を撮影しましょう。モーターひとつ以上をプログラムで動かすことが要件です。どのように表現するかは、みなさんのアイデア次第です。

・投稿について
(1)Z会プログラミング講座のTwitterアカウント(@zkaiprogramming)をフォロー
https://twitter.com/zkaiprogramming
(2)ハッシュタグ「#Z会プログラミング」「#冬ミッション」をつけてください。
(3)投稿時に「タイトル」と「ひとこと」も入力してください。(文字数は合計で140字以内であればOK)

・保護者の方へ
お子さまがiPadでプログラムを作成し、ロボットを動かします。保護者がロボットの動く様子をスマートフォンなどで撮影し、撮影した動画をTwitterアプリでアップロード想定です。

・動画サンプル
冬休みのミッション(基礎編)の例
https://www.youtube.com/watch?v=ptWAYw5PJYU

冬休みのミッション(発展編)の例
https://www.youtube.com/watch?v=OhqiCNtoiig

皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしています。

~Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Educationとは~
基礎編と発展編の2つのラインナップ。いつからでも、カリキュラムの最初から受講できる通信教育です。

●基礎編:子どもたちが思い通りにプログラムをし、楽しんでロボットを動かすことを重視
推奨学年:小学1年生~小学4年生
カリキュラム:全12回(1年間)
料金:受講料5,000円(月額・税込)

●発展編:「組み合わせて動かす」など複合的に考える場面が増え、よりオリジナリティのあるプログラミングを経験
推奨学年:小学5年生以上
カリキュラム:全24回(2年間)
料金:受講料6,999円(月額・税込)

※【基礎編】【発展編】いずれも、別途、キットを初回時に購入いただく必要があります。また、ご受講にはiPadが必要です。

どんなふうに動かしたいかを定め(=ひらめき)、そのためにどんな技術をどう組み合わせればよいかを論理的に考え(=組み立て)、実現に近づけていく(=試行錯誤)といった過程には、子どもを夢中にさせる楽しさがあります。教材には保護者向けガイドもついていますので、保護者の方が学習をサポートする際にご活用いただけます。

◆ご体験・ご受講いただいた皆様の声
http://www.zkai.co.jp/home/z-programming/idolab/topics/voice.html

Produced by Zoshinkai Publishers Inc. under license from the LEGO Group.
LEGO, the LEGO logo and MINDSTORMS are trademarks of the LEGO Group. c2017 The LEGO Group.

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社Z会 Z会プログラミング事務局
E-mail:ictpub@zkai.co.jp
http://www.zkai.co.jp/home/z-programming/idolab/

【付帯情報】
・Z会プログラミング講座 with LEGO(R)Education 冬休みのミッション
http://itm.news2u.net/items/output/157836/1

News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

オーストラリア人がレゴで再現したターンテーブルやシンセサイザーのクオリティが高い! – iFLYER

オーストラリア出身のグラフィックデザイナーであり、ウェブデザイナーのArran Hearn氏はLEGOを使ってDJ用のターンテーブルやシンセサイザーなどを再現し、音楽ガジェット好きの間で話題になっている。

Arran Hearn氏は小さい頃からLEGOが大好きで、現在はベルギーを拠点に”Numode“という企業を設立し、LEGOを使った作品の販売を行っている。その商品の1つとしてTechnicsの人気ターンテーブルであるSL1200 turntableとミキサー、そして「やおや」として知られるシンセサイザーのRoland TR-808などを制作したのだが、LEGOで作られたとは思えないクオリティが話題に。

LEGOで再現しているためもちろん演奏することはできないが、音楽ガジェット好きなら持っておきたくなるはず。ちなみに遊び方はこうなるはず。フロアの帝王、DJ ダースベイダーのご登場だ。

Written by: So-on

『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』これまでの軌跡を辿るトレーラーと“ゲームの世界”動画を公開 – ファミ通.com

ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、発売中のプレイステーション4、ニンテンドースイッチ用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』にて、これまでのアップデートの軌跡を辿るトレーラーと、ニンテンドースイッチ版を使用した“ゲームの世界”動画を公開した。

2017-12-12 16:10:00

 ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、発売中のプレイステーション4、ニンテンドースイッチ用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』にて、これまでのアップデートの軌跡を辿るトレーラーと、ニンテンドースイッチ版を使用した“ゲームの世界”動画を公開した。

「#レゴワールド」「#legoworlds」でつくった世界をお披露目しよう!

 ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメント(東京都港区 シニア バイスプレジデント 上席執行役員 小田 充)は、好評発売中の『LEGOワールド 目指せマスタービルダー』の今までのアップデートの軌跡を辿る最新トレーラーと、Nintendo Switch版を使用して作成された「ゲームの世界」動画を公開しました。
 レゴブロックを使って、想像力の働くままに好きなものを作ることができる、それが『LEGOワールド 目指せマスタービルダー』です。実際のレゴブロックで遊ぶように、一つ一つブロックを組み上げるのも、ゲームを進めてアンロックしたオブジェクトを使って、一気に作り上げるのも、遊び方は自分次第!もちろん、壊すことだって思いのまま。建物を壊すのも、地面に穴をあけるのも、山を平たくするのも、地形だって自由自在で、思い描く世界を自分の手で作り出すことができる夢のゲームが、PlayStation4 と Nintendo Switchで好評発売中です。
 開発は、これまでも多くの「レゴゲーム」シリーズを開発してきたTT Games が手掛けています。

今まで46箇所ものアップデート!その軌跡を辿るトレーラーのご紹介

 日本では2017年春のPlayStation4版の発売を皮切りに、ご好評いただいている「LEGOワールド 目指せマスタービルダー」ですが、本日に至るまで、様々なアップデートによる機能改善や機能追加が行われてきました。その数は46もの箇所にも渡ります。その内訳には、ブロックを使ったビルディングを楽しむ事に特化した「サンドボックスモードの追加」や、動画を作る方にはうれしい「動画撮影用のカメラカーの追加」といった比較的大きなものから、「陰影表現の改善」や「空の表現の改善」など、見た目の向上につながるもの、他にも各種ツールの使用感の改善など、本作をより楽しく遊ぶためのものから、「スケートボードのアップグレード」や「ウサギの追加」など、細かな遊び心のポイントまで、幅広く多彩なものが含まれています。
 これからも継続的なアップデートは続く予定で、様々な機能強化を目指していく予定です。引き続き、LEGOワールドにご期待ください。

さまざまな「ゲームの世界」を再現した、Nintendo Switch版動画も公開!
 想像力さえあれ䜀、様々なものを作る事ができるのが本作の魅力。本日はNintendo Switch版の『LEGOワールド 目指せマスタービルダー』で制作した、「ゲームの世界」をテーマとした動画もご紹介させていただきます。本映像は、実際にNintendo Switch版のLEGOワールドを使用して作成されました。
 横スクロール型の2D風アクションゲーム、コースを周回するレースゲーム、サッカーゲームに、剣と盾で敵を倒す3D風アクションゲーム。映像の中に出てくるゲームのシーンは全て本作「LEGOワールド 目指せマスタービルダー」を使用して作られています。制作は、先日開催された『チーム対抗LEGOワールド選手権大会』で見事優勝に輝いた「ぬに」さんが担当。いろいろなブロックやギミックを使った「ゲーム再現のアイデア」には注目です。

 何を作るのも、何をするのも、どこへ行くのも思いのまま。Nintendo Switchで、いつでも、どこへでも、自分のワールドを持ち歩きましょう。そして、ビルドした世界を ハッシュタグ「#レゴワールド」「#legoworlds」で皆にお披露目しましょう!

(C) 2017 The LEGO Group. (TM) & (C) WBEI. (s17)
※画面は開発中のものです。

『レゴ®マーベル スーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』の時空を超えた世界「クロノポリス」トレーラー公開中 – PlayStation.com

20171211-legomarvelh2-01.jpg

時空を超えたオープンワールド「クロノポリス」をフィーチャーしたトレーラーが公開中!

2018年2月1日(木)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『レゴ®マーベル スーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』は、レゴ®ブロックで表現されたマーベルヒーローたちの競演が楽しめるアクションアドベンチャーゲームの最新作だ。

2015年に発売され大ヒットを記録した『LEGO®マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』の続編である本作。レゴ®ゲーム史上指折りの広さを誇るオープンワールド「クロノポリス」を舞台に、このゲームのためにマーベルと一緒に作られた全く新しいオリジナルストーリーが展開される。

多数のアイコニックなスーパーヒーローやスーパーヴィランたちとともに、マーベルの数々のロケーションで展開されるバトルを体感しよう!

20171211-legomarvelh2-02.jpg

現在公開中の「クロノポリス」をフィーチャーしたトレーラーでは、多彩なロケーションが次々と登場。スーパーヒーローたちの活躍とともに描かれる、バラエティ豊かな世界をチェックしておこう。

本作のメインヴィラン(悪役)である征服者カーンは、時空を超越する力を行使し、カーンが望む時代と場所を結合させた新たな世界「クロノポリス」を創造した。スパイダーマン2099が活躍する2099年のニューヨーク、ブラックパンサーが守るワカンダ、ソーやロキの故郷である神々の国アスガルドなど、さまざまなヒーローたちの世界がひとつに統合され、侵略を受けている。

この「クロノポリス」は、オープンワールドのハブエリアとして登場するため、映画やコミックスでおなじみの約18ものロケーションを自由に探索し、遊び回ることができる。

たくさんのヒーローやヴィランがクロスオーバーするオリジナルストーリーはもちろん、作り込まれたハブエリアを探索して隠しアイテムを集めたり、キャタクターのアンロックをしたりするのも本シリーズの大きな魅力だ。

また、携帯電話やカメラを持った一部のキャラクターには写真撮影機能も備わっているため、お気に入りのロケーションで映画やコミックスのシーンを再現するなど、セルフィーや記念撮影も楽しめる!

20171211-legomarvelh2-11.jpg

この冬、すべての時空に戦いが挑まれる。「クロノポリス」を駆けめぐり、カーンの野望を打ち破れ!

——————————————

レゴ®マーベル スーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム

・発売元:ワーナー ブラザース ジャパン
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2018年2月1日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 5,700円+税
    ダウンロード版 販売価格 5,616円(税込)
・プレイ人数:1~4人(オフラインのみ。メインストーリーは2人、バトルモードは4人まで)
・CERO:B(12才以上対象)

——————————————

PS.Blogの『レゴ®マーベル スーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』記事はこちら

——————————————

『レゴ®マーベル スーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』公式サイトはこちら

プログラミング教材「教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3」の『教育 … – BIGLOBEニュース

レゴ エデュケーション正規販売代理店の株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英)は、
日頃のご愛顧に感謝し、教育現場におけるプログラミング教育、エンジニア教育をより一層
推進していただけるよう『教育応援キャンペーン』を2018年3月20日まで実施いたします。
期間限定の特典付きセットで、エンジニアを育成する教育機関・企業を応援します!

[画像1: https://prtimes.jp/i/7203/15/resize/d7203-15-981783-0.jpg ]

キャンペーン概要

●期間:2017年12月11日(月)〜2018年3月20日(火)
●URL:http://afrel.co.jp/campaign2017ye
●キャンペーン対象:教育機関、企業、学習塾等
●キャンペーン特別セット内容
【EV3教育応援特別セットA 】
型番:EV3AFSPSET-A
特別価格:53,040円(税抜)
セット内容:教育版レゴ マインドストーム EV3 基本セット×1
特典内容:EV3ソフトウェアプログラミングガイド×1
     DCアダプター×1
[画像2: https://prtimes.jp/i/7203/15/resize/d7203-15-667592-1.jpg ]

【EV3教育応援特別セットB】
型番:EV3AFSPSET-B
特別価格:115,680円(税抜)
セット内容:教育版レゴ マインドストーム EV3 基本セット×2
EV3ソフトウェアプログラミングガイド×2
DCアダプター×2
特典内容:教育版レゴ マインドストーム EV3 拡張セット×1

[画像3: https://prtimes.jp/i/7203/15/resize/d7203-15-347259-2.jpg ]

【EV3教育応援特別セットC】
型番:EV3AFSPSET-C
特別価格:289,200円(税抜)
セット内容:教育版レゴ マインドストーム EV3 基本セット×5
EV3ソフトウェアプログラミングガイド×5
DCアダプター×5
特典内容:教育版レゴ マインドストーム EV3 基本セット×1
[画像4: https://prtimes.jp/i/7203/15/resize/d7203-15-340052-3.jpg ]

※本キャンペーン期間中、対象商品のご注文は、お一人様各1セットまでのご注文に限ります。
※送料は別途申し受けます。

教育版レゴ マインドストームEV3とは

レゴ エデュケーションのロボット教材、『教育版レゴ マインドストーム』
はレゴ社と米国マサチューセッツ工科大学(MIT)による、

「子どもの学びとデジタル技術」の
研究から生まれた世界標準のロボット教材です。
日本をはじめ、世界中の小中高生、大学生、エンジニアたちに利用
されています。
プログラミングを基礎から学ぶことができ、レゴブロック、
センサーやモーターを使ってロボットを作ることで、
体験型で楽しくスキルアップすることができます。
また、様々なプログラミング言語での制御もできるため、
発展的な学習も可能です。

商品詳細URL:https://afrel.co.jp/product/ev3-introduction

株式会社アフレルとは

明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け
教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、
ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」を
ロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・
開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

(C)LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.

ものづくりをもっと楽しく!ロボットの機構をテーマとした小中学生向け動画コンテスト開催 – 時事通信

[アフレル]

教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3 で表現する、創造力あふれるロボットを大募集!

レゴエデュケーション正規代理店、株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英、以下:アフレル)は、この度、ロボットの仕組みにフォーカスし、機構をアピールするオリジナル作品を募集する動画コンテストの実施を発表いたします。


アフレルでは、家庭学習向けに展開する「教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3 for home by アフレル」の全面リニューアルに伴い、機構に特化した新ワークブック「アイデアモデル編」2種を発刊いたしました。本ワークブックには完全オリジナルのロボット組立図が含まれ、ロボットの仕組みをじっくり学ぶことができます。

アイデアモデル編ワークブックの発売を記念して、機構の素晴らしさを主眼とした「小中学生EV3ロボット動画コンテスト」(https://ev-3.net/ev3contest/)を12/15(金)より開催します。テーマは「未来」。工夫を凝らした作品の発表・活用の機会として、ご応募をお待ちしています。

コンテスト概要

テーマ :「未来」
募集期間:2017年12月15日(金)~2018年1月15日(月)
応募資格:小学生、中学生
使用機材:教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3(基本セット、拡張セットを各3セットまで使用可)
提出物 :作品動画
     ※ロボットは、教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3のみで制作すること
     ※動画は1分以内であること
URL  :https://ev-3.net/ev3contest/

※応募いただいた作品は一般投票期間以降、WEB上で公開させていただきます。
※1人3作品まで応募できます。作品ごとに応募をお願いします。

スケジュール

応募開始:2017年12月15日(金)
応募締切:2018年1月15日(月)
一般投票:2018年1月16日(火)~31日(水)
審査会 :2018年2月上旬
結果発表:2018年2月15日(木)

ご応募いただいた作品は『機構』『アイデア』『映像の魅力』の3点で審査を行います。一般投票の結果は、審査の参考値とさせて頂きます。

■グランプリ 【1名】:副賞(EV3拡張セット)
■準グランプリ【2名】:副賞(WROブロックセット+EV3サーボモーターM)
■入選    【3名】:副賞(EV3サーボモーターM)
■一般投票賞 【5名】:副賞(マインドストームステッカー)

審査員

五十川 芳仁(いそがわよしひと)
イソガワスタジオ株式会社 代表取締役

レゴブロック・テクニックマイスター。MCP(MINDSTORMS Community Partners)メンバー。動くレゴブロックを使ったモデルの制作、イベントやワークショップの企画運営などに携わる。「The LEGO MINDSTORMS EV3 Idea Book」(洋書)をはじめ著作多数。WROやFLLなどロボットコンテストの審査員も務める。
YouTube作品ページ:
http://www.youtube.com/ISOGAWAYoshihito/videos

軽部 禎文(かるべよしふみ)
株式会社アフレル 技術センター サブマネージャー

1997年に、システム開発会社に入社。システム開発の経験を積んだ後に、同システム会社の教育系事業部で、ロボットを使った教育教材の開発や指導に従事。その後、事業部が独立し、株式会社アフレルとなる。
子供から大人まで、いかに楽しく学んでもらえるか悩みながら、日々、精進中。

コンテスト指定教材「レゴ(R) マインドストーム(R)」とは

2020年にプログラミング教育が義務教育において必修化されるまで、あと3年を切りました。アフレルの家庭学習教材は、急速にニーズが高まるプログラミング学習に、ご家庭でいち早く取り組むことを可能にする製品です。MIT(米国マサチューセッツ工科大学)の協力を受け、レゴ社が開発したグローバルスタンダード教材で、多くの子どもが幼い頃から慣れ親しんでいるレゴ(R) ブロックと自由にプログラミングができるデジタル技術が融合したレゴエデュケーションのキットを活用した内容です。

製品概要

【教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3 for home by アフレル デビューセット】

対象年齢:10歳~
型番  :EV3FH-DEBSET
販売価格:62,500円(税込67,500円)

<セット内容>
・教育版レゴ マインドストームEV3 基本セットV2(SW付き)
・DCアダプタ
・楕円コース
・サポートブック(保護者の方向け)[NEW!]・セットアップガイド [NEW!]・ワークブック1~4号 [全面リニューアル!](※専用ソフトウェア「教育版EV3ソフトウェア」含む)

販売対象:個人、家庭学習専用(※教育機関や法人の方への販売は致しかねます。)
購入方法:オンラインショップ( https://ev-3.net

【教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3 for home by アフレル ワークブック新商品】

ワークブック<アイデアモデル編1.ステアリングロボ>
※A3コース付属
型番  :EV3FH-SR
判型  :A4判/38ページ
販売価格:1冊 1,500円(税込1,620円)

ワークブック<アイデアモデル編2.多足歩行ロボ>
型番  :EV3FH-TR
判型  :A4判/34ページ
販売価格:1冊 1,500円(税込1,620円)

販売対象:『EV3 for homeデビューセット』をご購入済の方
購入方法:オフィシャルホームページ( https://ev-3.net/ideamodel/

アイデアモデル編のワークブック2冊をプレゼント! クリスマスキャンペーン実施中

現在、新発売のワークブック2冊「アイデアモデル編1.、2.」のプレゼントを付けたクリスマスキャンペーンを実施しています。セット内容を一新し、ロボットづくりやプログラミングにはじめて取り組む方にオススメの「教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3 for home by アフレル デビューセット」をご購入の方全員に、クリスマスラッピングでお届けします。

URL:https://ev-3.net/2017christmas/
期間:12月25日(月) ご注文受付分まで

株式会社アフレルについて

明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。
https://afrel.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ (2017/12/08-15:01)

玩具メーカーのレゴ、中国でコピー商品巡る裁判に勝訴 – ロイター

[コペンハーゲン 7日 ロイター] – デンマーク玩具メーカーのレゴが、同社の一部商品に酷似した玩具を製造し販売したとして中国企業2社を訴えていた裁判で、中国の裁判所はレゴの訴えを認める判断を下した。レゴ側が7日明らかにした。

 12月7日、デンマーク玩具メーカーのレゴが、同社の一部商品に酷似した玩具を製造し販売したとして中国企業2社を訴えていた裁判で、中国の裁判所がレゴの訴えを認める判断を下したことが明らかに。写真はレゴのロゴ。ベルリンの玩具店で9月撮影(2017年 ロイター/Wolfgang Rattay)

2社はこれらの玩具を「Bela」というブランド名で製造・販売していたという。

北京の裁判所は今年、レゴのロゴと中国名を「有名な商標」だと認める判断を示しており、レゴにとっては今回の商標権裁判で追い風となっていた。

レゴの発表によると、汕頭市中級人民法院は「一部のBela商品がレゴ・グループの著作権を侵害し、こうした商品の製造・販売は不当競争行為に相当する」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

マイクラを快適に楽しむ、親子で満足「TSUKUMO」のeX.computer ノートPC – リセマム

子どものノートPCではすばやくマイクラが起動するのに、親のノートPCではマイクラ起動に時間がかかる

 起動してまず感じたのは、これまで使っていたPCと比べて起動が早いこと。「Loading」のグラフが流れていくのもこれまでと比較してかなり速く感じた。また、いずれのMODも問題なく動作し遊ぶことができた。なにより軽快さが感じられたので、今後はほかのMODも導入できそうなのが嬉しい。

 セットアップが完了したので、さっそく息子に使ってもらうことにした。息子は「全然フリーズしないし、快適!このノートPCでマイクラのプレイ中に止まったことない!」と大満足。これまで、同じマイクラの世界を複数人で楽しめる「マルチプレイ」では、息子はリビングのテレビに映し出して、著者であり母である私は自分のノートPCを使っていたため、自分の画面を見せることができなかった。お互いノートPCを並べ、隣に座って一緒に操作するので、画面を見てコミュニケーションをとりながら楽しむことができた。

親子でマインクラフトのマルチプレイ

親子でマインクラフトのマルチプレイ


 また、これまではリビングでテレビを前にして、テレビの位置に目線を合わせて遊んでいたが、ノートPCになったことで自分の好きな場所・スタイルでできるのが心地よいらしく、イスに座ってリラックスしてプレイしている姿も見られた。筆者がキッチンでご飯の支度をしていると、息子もキッチンのテーブルにノートPCを広げて、「こんなもの作ったんだよ~」とか、「道具の使い方がわからないから解説読んで~(解説文に読めない漢字が混じっていた)」といったやりとりも微笑ましい。

高精細な液晶画面、Bluetooth…広がる子どもの想像力と行動の自由度

 デスクトップPCをテレビ画面に映し出していたときは、目を凝らして見づらそうにしていたが、高精細な15.6インチのフルHDワイド液晶画面を搭載しているノートPCでは、細かい操作も目を凝らすことなく快適のようだ。「あれ、このアイテムってこんな模様だったんだ~!」と新たな発見も。画面の横幅が広いのも嬉しく、右上に広域の地図を表示しながら、お気に入りの建造物を構築していた。液晶画面の映り込みがなく、昼間の明るい光が差し込んだ屋内でも屋外でも見やすい。

高精細1920x1080ドットのフルHDでマイクラを楽しむ

親子でマインクラフトのマルチプレイ


 さて、我が家には以前購入したレゴのプログラミング教材「LEGO WeDo2.0」があり、これまではタブレットで操作していたが、購入したノートPCにはBluetoothが装備されており、これを使ってPCからの操作もできそうということで試してみた。
ノートPCでLEGO WeDoのプログラミング

ノートPCでLEGO WeDoのプログラミング


 レゴのWebサイトからアプリケーションをダウンロードしてインストール。その後、画面の指示に従ってLEGO WeDoの「スマートハブ」と呼ばれる部品とPCをBluetoothで接続する。トラブルなく接続することができ、あっというまにセットアップは完了した。タブレットのアプリと操作方法は変わらないが、大きな画面で操作することができるのはメリットだと感じた。

 息子はマインクラフトの世界で作った作品を祖父母に見せに行ったり、プログラミング関連イベントでは慣れた環境のノートPCを使えたりと、ハイスペックなノートPCの使い勝手の良さを実感している。息子の想像力と行動の自由度が確実にアップしたようすに筆者も大満足だ。ノートPCを約8万円で購入できて6年使い倒せるとしたら、クリスマスプレゼント、お年玉、入学祝い、誕生日など、子どもへのプレゼントとして親子で納得できるものになるのではないだろうか。

ツクモ製品ページはこちら

《工藤めぐみ》

AR空間でレゴブロックが遊べるアプリ「LEGO AR-Studio」が登場 … – Forbes JAPAN

Billion Photos / shutterstock.com

iPhoneで遊べるLEGOの新たなAR(拡張現実)ゲームが登場した。「LEGO AR-Studio」は6種類のレゴセットのバーチャルイメージを、リビングの床やテーブルの上などの現実空間に投影して遊べるアプリだ。

今回のアプリは、LEGOの遊び方を根本的に変える可能性を秘めている。「LEGO AR-Studioは、現実世界とデジタル世界をまたいで遊べ、子供たちの想像力を刺激するこれまでにないツールになる」と、開発にあたったLEGO のCreative Play Labのトム・ドナルドソンは述べた。

LEGO AR-StudioはアップルのARプラットフォーム「ARKit」を用いたアプリで、これまでにない没入感を演出している。アプリ内のレゴセットでは、レゴのキャラクターたちが動き回っている。セット内を探訪するうちにさまざまなイベントが発生し、ユーザーは建物のさらに奥へ踏み込んでいける。このアプリは無料で提供されており、アプリ内課金が一切無い点にも好感が持てる。

さらに、ゲーム内の行動を記録したり、ビデオクリップをスマートデバイスに直接保存する機能もある。

アプリでプレイ可能なセットは、今のところ6種類が用意されている。「ニンジャゴー」のセットではドラゴンが炎を吐き、「カーゴトレイン」では列車が汽笛を鳴らして通過し、「消防署」のセットでは消防車がホースを伸ばす場面が体感できる。

筆者も自宅で試したところ、子供たちは喜んで遊び、動画作成機能なども楽しんでいた。このアプリにはユーチューブになじんだ子供たちに、レゴブロックの楽しさを再認識させる効果もありそうだ。

ただし、問題をひとつ挙げるなら、LEGO AR-StudioはA9もしくはA10プロセッサを搭載したデバイス(iPhoneの場合iPhone 6s及び6s Plus以降のモデル)にしか対応していない点だ。また、アンドロイド端末には非対応だ。