【動画】ジャッキー・チェンも出てるよ! 『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』豪華声優陣が語る作品の魅力 – ガジェット通信

lnj-trl-2135_r

「レゴ ムービー」シリーズ最新作『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』が大ヒット公開中。ジャッキー・チェンほか豪華声優陣が作品の魅力を語る映像が到着しました!

ニンジャゴーシティの平和を脅かす悪の帝王・ブラックガーマドンを倒すべく、主人公・ロイドと仲間のニンジャ達は、師匠ウー先生に教えられた<緑・火・雷・水・氷・地>の“エレメント・パワー”を駆使してバトルを展開しいく……という本作。子供心をくすぐる巨大なメカ達も登場し、“エレメント・パワー”とリンクさせた力で、迫力満点のバトルを展開していきながら、平和を守っていくというアドベンチャー大作です。

【動画】ジャッキー・チェンほか豪華声優陣が『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』の魅力を語る!
https://www.youtube.com/watch?v=RPLUCbC9GNc

この映像は、ニンジャ達を導くウー先生のUS版声優を務めたアクションスターのジャッキー・チェンを含む豪華字幕版キャスト陣が、本作の見所や、アフレコ収録の裏側といった、劇場では決して見る事が出来ないシーンが散りばめられたもの。

グリーンニンジャである主人公・ロイドを演じたデイブ・フランコは「ロイドの父親は邪悪な敵の支配者なんだ。父親のせいで卑屈に……」と語りロイドの性格や、置かれた環境を解説。またニャー、カイ、コール、ジェイ、ゼンといった仲間のニンジャ達を演じたキャスト陣が、自身のアフレコを披露した姿や、個性的なキャラクターを説明していきます。最後にニンジャ達の師匠・ウー先生を演じるジャッキーが「ウー先生はニンジャ部隊の創設者だ。一人前のニンジャに育てようとする」と語り、ニンジャ達の秘めたる力、エレメント・パワーを伝授するシーンが公開しています。

本映像でも感じ取れるように、観る者をワクワクさせる濃密なストーリーが繰り広げられる本作。兄弟作とも言うべき『LEGO ムービー』の脚本と監督を担当し、『レゴ バットマン ザ・ムービー』を製作したフィル・ロードとクリストファー・ミラーがプロデューサーを務めており、本作が製作されたきっかけを明かします。

「レゴ ブロックからニンジャ映画を作ることができたら、そして、私たち全員が愛するカンフー映画と融合させ、レゴ ミニフィギュアで素晴らしいファイトシークエンスができたら……それが、この映画の骨格となるアイデアでした」と、一つのアイデアから膨らませていったら、まさかのジャッキー・チェンの出演まで決定してしまったと驚きをもって語ります。

ガジェット通信では、日本語吹替の制作現場に密着したレポートも公開しているので、こちらもチェックしてくださいね!

【見学動画】これが日本語吹替の現場だ!映画『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』のアフレコスタジオを小学生が見学
http://getnews.jp/archives/1928390 [リンク]

【作業動画あり】ハロウィンのコスプレにどう? ダンボール製「レゴ人形」が素敵すぎ / 公式かと思うレベルのクオリティ – ロケットニュース24

いよいよ間近に迫ったハロウィン! 仮装をする人は、もう何のコスプレにするか決まった? どうせやるなら他の人とは一味違ったコスプレをしたいよね!! そう思っている人に紹介したいのがコレ。「レゴ人形」だ。

ハロウィンを控えたいま、ダンボールを使ってレゴの着ぐるみを作っちゃったという動画が話題になっているのだ。完成した “衣装” は、実写版『レゴ・ザ・ムービー』を撮れちゃうくらいのクオリティ!! 動画「How to Make GIANT Lego Man Costume from Cardboard」で作業の様子を確認できるぞ!

・身近な材料で作る「等身大レゴ人形」

この動画は、YouTubeの ものづくりチャンネル『The Q』が公開したものだ。彼らがレゴ人形作りに用意したのは、ダンボール、定規、ペン、カッター、コンパス、グルーガンなど身近なものばかり。

詳しくは動画でご覧いただけるが、作り方自体はいたってシンプル。各パーツを裁断し、直角に張り合わせていく。ここは丁寧さが勝負! 作業を丁寧にすればするほど本物に近づいていく。

・超絶クオリティ! 注目度No.1間違いなし

曲線の部分は、細かな切り込みを入れて少し工夫を。そんな工程を経て完成した等身大レゴ人形を見ると……すげええええ! 本物のレゴ人形みたい! というか、本物をそのままデカくした感じ!! これが元々ダンボールだったなんて信じられないクオリティ。手や頭など、ちゃんと可動するのもいいね!!

この格好で街に出たら注目度No.1間違いなしだろう。何なら頭だけでも、それらしくなるかも! レゴ人形コスプレの動画は『The Q』以外にも数多く存在するので、そちらをチェックしてもいいかもしれない。ハロウィンまであと2週間。レゴ人形コス、今からでも間に合うかもよ!

参照元:YouTubeCNET(英語)
執筆:沢井メグ

レゴブロックを建物化させたような巨大な「LEGO House」がオープン、レストランの注文までレゴブロックで行う徹底したレゴまみれのテーマパークに – GIGAZINE




1万2000平方メートルのプレイエリアを持つ巨大なレゴのテーマパーク「LEGO House」が2017年9月28日(木)にレゴ発祥の地・デンマークでオープンしました。40万個のレゴブロックで無制限に好きなものを作れるスペースや、街や車の設計、ストップモーション・アニメーションが作れるスペースなど、レゴを使ったさまざまなアトラクションがあり、レストランまで「ブロックで食べたい物を組み立てる」という方法で注文する仕組みなっており、物作りが好きな人にとっては時間泥棒間違いなしの施設となっています。

LEGO House official video – a look inside LEGO House – YouTube


レゴブロックをいくつも積み上げたかのような、以下の建物がLEGO House。


真上から見るとこんな感じ。ブロック同士を接続するためのスタッドのようなデザインも見て取れます。


建物内には子どもたちがレゴブロックで遊べるさまざまなスペースがあります。


例えば、ブルーゾーンでは街の建設が可能。ブルーゾーンは問題を解決したり新しい事を学んだりという「認知スキル」に焦点を当てており、ロボットのプログラミングなどを行い、都市を設計することが可能です。


重力をものともしない車の設計なども行えます。


車を設計しては……


破壊。


斜面を走る車が……


軽やかに溝を跳び越え、アクション映画さながらの様子で箱の中に入っていきます。


グリーンゾーンは社会スキルを身につけることを目的としている、「キャラクター・クリエイター」ゾーン。


映画撮影に使うカチンコのマークがついています。


ここではレゴの人形を動かして自分でストップモーション・アニメーションを作ることが可能です。


巨大な街のジオラマの中には電車も走っていました。


レゴブロックでできた滝があるのはレッドゾーン。「無限に提供されるレゴブロックで頭にあるものを何でも作れる」場所となっています。


ブロックっぽい魚が泳いでいるディスプレイ。


自分で作ったブロック製のキャラクターをセットして……


スキャン。


すると、キャラクターを水の中で泳がせることもできるようになりました。現実世界で作った自分のキャラクターを2Dの世界で動かせ、子どもの創造性を発揮できる場所になっています。


花が並んでいるイエローゾーンは、レゴブロックの植物を草地エリアに生やすことができます。


実際にLEGO Houseの中を探索している様子も公開されています。

This is LEGO House official video – Sneak peek of what’s inside LEGO House – YouTube


LEGO Houseのエクスペリエンス・デザイナーであるマイク・ガンダートン氏に連れられてやってきた家族。「チケットは持っている?」と聞かれると、女性はスマートフォンを取り出します。


チケットはスマートフォンで管理される様子で、画面をスキャナの中に入れて読み取りが行われます。


ゲートを通過。女の子がリストバンドをしていますが、これが半券代わりになります。


階段を上っていきます。


少年が指さしているのは、吹き抜けの階段の真ん中に展示された巨大なオブジェ。


レゴブロック製の巨大オブジェはこの他にも。ここは「マスターピースギャラリー」とのことで、さまざまな作品が飾られています。


大量のブロックがあるレッドゾーンに到着。女の子はレッドゾーンについて説明するガンダートン氏を無視してレゴブロックに夢中。


ブロックは色分けされている様子で、画像には黄色いブロックだけが大量に集められている様子が写っています。


人の大きさと比較すると滝の大きさがよくわります。レッドゾーンには40万個ものブロックが用意されているとのこと。


次はリストバンドをスキャンし……


自分の写真を撮っています。自分の作品と記念撮影ができるようです。


都市の設計ができるブルーゾーンに到着。


「ロボ・ラボ」と呼ばれるエリアでは、ディスプレイから指示することでロボットを動かせる様子。


画面を操作すると……


指示に従ってロボットが動くので、ロボットを動かして課題をクリアしていきます。


以下はグリーンゾーンでストップモーションアニメを撮影しているところ。


動かしていきたいアイテムを置き……


カメラを準備。


そして「アクション!」ということで撮影スタート。


イエローゾーンの「フィッシュデザイナー」ではブロックで作った生き物をスキャン。


すると、ディスプレイの中の配管から、作ったキャラクターが出て来て動くというわけです。


階段もレゴ仕様。


レゴの歴史が学べる「ヒストリー・コレクション」も。


6つのブロックからなるオリジナルのレゴもゲット可能。リストバンドをかざすと……


レーンに乗って、レゴブロックがやってきます。


箱の中にオリジナル・レゴが落とされるので、ここから自分のものをゲットすればOKです。


もちろん、レゴストアも併設されています。


レストランはこんな感じ。


メニューを見ながらブロックを組み立て……


テーブルに置かれている機械に組み立てたブロックをセットします。


すると自分で組み立てた注文がディスプレイの中で作られていき……


調理が完了したら、ロボットからボックスを受け取ります。


ボックスの中には、自分が組み立てた注文が入っているわけです。


日本×デンマーク 外交関係樹立150周年記念『DENMARKフェス&ウォーカソン』いよいよ開催! – SankeiBiz

日本×デンマーク 外交関係樹立150周年記念 フェス&ウォーカソン実行委員会(エコー・ジャパン株式会社、ノボ ノルディスク ファーマ株式会社、朝日新聞東京本社)は、駐日デンマーク王国大使館と協働して、“SHARE HAPPINESS, WALK FOR HAPPINESS- 世界で一番幸せな国デンマークを歩こう-”をテーマに、来場者の方にハッピーで“ヒュッゲ”なデンマークの魅力を満喫していただけるフェスとチャリティーウォーキング「ウォーカソン」を開催します。イベントには、デンマーク王室関係者、メテ・ボック デンマーク文化大臣、フレディ・スヴェイネ駐日デンマーク王国大使、山崎 孝明 江東区長、さらに、プロゴルファーの古閑 美保さん、元スキー・ノルディック複合日本代表選手の萩原兄弟ほか、豪華ゲストも参加されます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/140056/LL_img_140056_1.jpg
2日間お子様向けウォーカソンを実施するbObles

■Donate money with your feet! (歩いて寄付しよう)
今回、日本で初めて開催されるウォーカソンは、参加者が1km歩く毎に100円が寄付される仕組みを採用しています。今回の寄付先となる団体は、NPO法人ピープルデザイン研究所と、特定非営利活動法人・児童養護施設支援の会です。
NPO法人ピープルデザイン研究所は、東京・渋谷を拠点に、ダイバーシティを実現する街と仕組みをつくる活動に取り組んでいます。特定非営利活動法人・児童養護施設支援の会は、宮城県東松島市を拠点に、全ての子どもたちがのびのびと個性を生かして自分らしく明るく強く成長できる環境をつくるための活動を行っている団体です。

ウォーカソンについての詳細はこちらをご覧ください。 http://jp.ecco.com/denmark150.html

*「WORLD HAPPINESS REPORT 2016」

【ハッピーで“ヒュッゲ”なデンマークの魅力を楽しめるフェス】
“ヒュッゲ”とは、デンマーク語で、家族や親しい人たちと過ごす居心地がいい時間や空間を意味します。フェスでは、デンマークの生活や文化、音楽にふれて、みんなで楽しめるイベントが盛り沢山。

【フラワーゲートがお出迎え!】
洗練されたセンスをもつデンマーク人フラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンが会場のゲートを装飾します。

【企業ブースエリア】
<エコーによるデンマークのクラフトマンシップがわかるミュージアム>
王室御用達のシューズとレザーグッズブランドECCOによる靴づくりの工程を公開するクラフトマンシップがわかるミュージアムを開催。プレミアムレザー、普段見られない靴のパーツやアウトソールを展示。自社で製造するレザーを使用してのDIYワークショップや世界中のゴルフプレイヤーを魅了するECCOのゴルフシューズを試着してのパターゴルフ体験会を行います。

<ノボ ノルディスク ファーマによる血糖値の無料測定コーナー>
健康維持のために定期的にチェックすることが大切とされる血糖値ですが、その数値をチェックするのは年に一度の健康診断の時くらい、というのが普通かもしれません。このコーナーでは、気軽に、わずか数秒で、血糖値を測ることができます。ご自身の健康状態を知るためにも測定してみませんか。

<デンマークと豊洲の味を満喫できる飲食ブースエリア>
日本初のデニッシュペストリーを誕生させたベーカリー「アンデルセン」ではデンマークの味ホットドッグやサンドイッチを、デンマークでも東京でも大人気の「ミッケラー」ではクラフトビールを提供します。デンマークの国民的キャラクターのラスムス・クルンプのカフェも出店します、地元豊洲の「豊洲蜂蜜エール」の販売もあります。

【フィールドプログラム】
<障がいの有無にかかわらず平等な社会の実現を知る「アンプティサッカー」体験>
デンマークを本社に持つスポーツブランド「hummel」(ヒュンメル)の協力により、クラッチ(松葉杖のようなもの)を持って片足を上げながらサッカーボールを蹴る「アンプティサッカー」の体験会とゲームを開催します。

<ボールであそぼう!>
親子でさまざまなボールを使って楽しく運動能力アップ!ラグビートップリーグ アンバサダーの岡村 要氏と元NEC REDROCKETS 田口 恵氏が講師として、親子で過ごす触れあいの時間をサポートします。

<bObles(ボブルス) & LEGOキッズプログラム>
親子で一緒に公園内をウォーキングするイベント「キッズ・ウォーカソン」では、遊べる家具で有名なデンマークの玩具メーカー「bObles」(ボブルス)による遊具で体を動かす遊びを体験できます。また、世界中で愛されているLEGOのレゴ(R)シティでは、クルマを実際に組み立てて走らせて遊ぶことができます。

<音楽やトークショーが楽しめるステージプログラム。SASで行くコペンハーゲン行き航空券の抽選会も>
デンマークや米国で活躍する、デンマーク人腹話術者、ピーター・ノアガード氏が子どもから大人まで楽しめる人形劇とジャズミュージックを披露します。また、荻原 次晴氏が夢のかなえ方の秘密を、荻原 健司氏と古閑 美保氏は北欧スポーツの魅力など、そして元格闘家・クロスフィットアンバサダーのニコラス・ぺタス氏は、障がいとともにハッピーに生きる秘密を語ります。さらに、今注目のスロージョギングや血糖値に関する面白くてためになるお話しなど健康に関するトークショーや世界の国々をイメージしたオリジナル着物によるキモノショーもお楽しみいただけます。
2日間のイベント期間中、応募した方の中から抽選で イベント会場応募とオンライン応募それぞれ1名様に成田空港発のコペンハーゲン行き航空券が当たる抽選会を開催します。

ゲスト情報やタイムテーブルなど、フェスの詳細は、スペシャルサイト「世界で一番幸せな国 デンマークを歩こう」でご覧いただけます。 http://jp.ecco.com/denmark150.html

■ECCOについて
デンマーク南部 ブレデブロに本社を構えるECCOは1963年創立。“Design follows function”(デザインは機能に従う=靴は足に合わせるべきで、その逆ではない)という哲学に基づき、シンプルでタイムレスなデンマークデザインと最高の履き心地を追求し続けているコンフォートシューズブランドです。靴のデザインから原材料であるレザー製造・靴の製造・出荷に至るまでを全て自社で一括管理・運営するユニークなスタイルのシューズブランドであるECCO、は自社所有するレザー工場で他のブランドへの供給を行う世界5大レザーブランドのひとつでもあります。
全世界約90カ国で展開されているECCOはメンズ、レディース共にカジュアルシューズからビジネス、スポーツ、アウトドア、そして世界中のプレイヤーの足を支え続けているゴルフシューズまで、幅広いライフスタイルに寄り添うラインナップを揃えており「一度履いたらその履き心地の虜になる」と、世界中で愛され続けているブランドです。

【会社概要】
社名 : エコー・ジャパン株式会社
所在地: 東京都渋谷区渋谷2-11-8 大菅ビル4F
代表 : 代表取締役社長 犬塚 景子
URL : http://jp.ecco.com/

■ノボ ノルディスク ファーマ株式会社について
ノボ ノルディスク ファーマ株式会社は、デンマークに本社を置くグローバルヘルスケア企業であるノボ ノルディスク社の日本法人です。ノボ ノルディスク社はインスリンの発見から間もない1923年にインスリンの製造販売を開始し、以来90年以上にわたり糖尿病治療に必要な革新的な医薬品やデリバリーシステムの開発を通じ糖尿病ケアの革新をリードしてきました。また、糖尿病に加え、成長ホルモン療法および血友病においても、それぞれの製品領域をリードしています。ノボ ノルディスク社は現在77カ国に約4万1,400人の社員を擁し、製品は165カ国以上で販売されています。日本法人は1980年に設立され、それぞれの製品領域をリードしています。

【会社概要】
社名 : ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
所在地: 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
代表 : 代表取締役社長 オーレ ムルスコウ ベック
URL : http://www.novonordisk.co.jp

LEGO会長、13年ぶりの減収減益を語る – 日経ビジネスオンライン

「再成長のためにリセットボタンを押す」

2017年10月6日(金)

 好調な業績を続けてきたレゴに異変が起きている。

 9月5日に発表した2017年中間期決算(1~6月)は、売上高が前年同期比5%減の149億デンマーククローネ(約2700億円)、営業利益は同6%減の44億クローネ(約780億円)となった。中間期ながら、実に13年ぶりの減収減益を記録した。

 レゴは破竹の勢いで事業を拡大してきたが、近年は成長の鈍化が鮮明になっていた。15年12月期まで2ケタ成長を続けてきた売上高は、16年12月期は6%増にとどまった。今年8月には、1月にCEO(最高経営責任者)に就任したばかりのバリ・パッダ氏が退任するなど、トップ人事も混乱している。

 1990年代後半に陥った経営危機を克服し、長らく我が世の春を謳歌してきたレゴ。同社のドラマチックな再生劇は、ビジネススクールのケースとして頻繁に活用されてきた。成長の勢いに陰りが出てきた今、レゴはこの局面をどう乗り越えようとしているのか。グループの会長を務めるヨアン・ヴィー・クヌッドストーブ氏に聞いた。(聞き手は 蛯谷 敏)

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ(JØrgen Vig Knudstorp)氏 1968年11月生まれ。デンマークのオーフス大学卒業。英クランフィールド大学で経営学修士を取得。米マサチューセッツ工科大学の博士号を持つ。2001年にレゴに入社する前は、米コンサルティング大手マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤めていた。2004年、35歳でレゴCEO(最高経営責任者)に就任。2017年1月からレゴグループの会長に就任。(写真:永川 智子)

レゴはこれまで10年以上、増収増益を続けてきました。それだけに、中間期とはいえ減収減益の決算発表は、欧米メディアから大きな注目を集めました。レゴに何が起きているのですか。

クヌッドストープ:ご指摘のように、我々は過去13年にわたって、急激な勢いで成長を続けてきました。私自身も、この先も同じペースで伸びることができたらどんなに素晴らしいだろうと思います。

 しかし、残念ながら、どんな企業であっても、永遠に2ケタ成長を続けることは不可能です。これまでの成長は我々が想定していたよりも、はるかに凄いものでした。

 とはいえ、今回の中間決算に決して満足しているわけではありません。特に、売上高が減少した点は失望していますし、危機意識を持っています。世界の玩具市場は現在も伸びているわけですからね。

 では、何がこのような結果を招いたのか。それは、複雑になりすぎた組織に原因があると考えています。

 レゴはビジネスの規模が拡大するのに合わせて、組織を急激に大きくしました。特にこの5年の間はそれが顕著でした。2012年に約1万人だった社員は、2017年には約1万8000人に増えています。ロンドン、シンガポール、上海にグローバル・ハブと呼ぶ戦略拠点を開設したほか、中国にはレゴブロックを生産する大型工場を新設しています。

 逼迫する人材に対応すべく、世界規模で採用を増やしました。しかし、それでも事業部門からは人材が足りないとの要望が減りません。これに応えるべくさらに採用を増やす……という対応を繰り返してきたのです。

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

散らかさずレゴ、世界最大のeスポーツ『LoL』を現実で ARアプリ開発中 – Mogura VR

10月4日にサンフランシスコで開催されたイベントでGoogleは、『League of Legends』のマップビューイングや『レゴ』のモデルビルダーなど、Android向けAR開発キット「ARCore」を利用した様々なアプリが紹介されました。

世界No1のeスポーツタイトル『LoL』のマップがテーブルの上で展開

Googleが提供する「ARCore」はiOSのARKitと同じく、最新のAndroid端末で利用できるAR機能です。現在は同日に発表された同社の新たなフラグシップ端末Pixel 2/Pixel 2 XLのほか前世代機であるPixel/Pixel XLやサムスンのGalaxy S8でサポートされており、今後登場する多くのハイエンドスマートフォンで利用できるようになる予定です。

リアルタイムストラテジーのマルチ対戦タイトルで平均同時接続数300万人を超える『League of Legends』からは、ゲームのステージが現実世界に展開されるようなARアプリがデモンストレーションされました。本作はVRゲームを開発してきたスタジオGrab Gamesが手がけており、同社の「GRAB ARテーブルトッププラットフォーム」が用いられています。

Grab Gamesは、彼らのプラットフォームが「伝統的なスポーツやe-スポーツをテーブル上で上映する手段になる」と語っています。

レゴのキャラクターが現実世界を駆け回る

また、生き生きとしたキャラクターたちが登場する『レゴ』ARモデルビルダーも展示されました。

レゴシリーズは今までに組み立てたレゴをゲームの世界に取り込めるアプリ『Fusion』やDaydream向けアプリ『Lego Brickheadz Builder VR』など、先端技術を取り込んだゲーム・アプリを開発してきた背景があります。

(参考)
‘League of Legends’ and ‘Lego’ AR Experiences Coming to Android / Road to VR(英語)
https://www.roadtovr.com/league-legends-lego-ar-experiences-coming-android/

Mogura VRは、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

関連するキーワード: ARCoreGoogleLeague of Legends

LEGOが本社に建設した「レゴハウス」がレゴブロックそっくりで楽しそう! – IRORIO(イロリオ) – 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議

デンマークの人口約6000人の町ビルンのLEGO(レゴ)本社に建てられた「レゴハウス」が9月28日、一般に公開されました。年間2万5000人の来場が見込まれています。

オープンには、デンマーク王室一家も訪れました。

外観は、まるでレゴブロックを積み上げたような建物です。実際に21台のユニットを積み、レゴブロックの形に仕上げています。赤いブロックは創造、青が認知、緑が社会的、黄色が感情を表しているそうです。

設計は、首都コペンハーゲンに本社を置く世界的に著名な建築家 bjarke ingels(ビャルケ・インゲルス)氏の事務所が手掛けました。

これまでにデンマーク国立海洋博物館の設計といった実績を持つ事務所です。

Twitter/BIGstertweets

Twitter/BIGstertweets

無料でレゴを楽しめるエリアも

レゴハウスには有料のアトラクションだけでなく、無料でレゴを体験できる広場があることが大きな特徴です。

地上2000平方メートルの敷地内にはレゴファンによって作られた作品のギャラリーや、大人も子どももレゴを体験できる施設、店舗や3軒のレストランなどを備えています。

レゴハウス内にはレゴブロックで作られた様々な作品があります。

こちらの木は高さ15メートル。2万4350時間をかけ、631万6611個のレゴブロックを使って作られました。

創造を表す赤い広場は、親子でレゴブロックを楽しめるエリアになっています。

まるでレゴのプールのようなエリアもあり、プレオープンで訪れた人たちがツイッターに画像を投稿しています。

Twitter/@ceilidhhiggins

Twitter/@ceilidhhiggins

Twitter/@BeyondtheBrick

Twitter/@BeyondtheBrick

レゴ社の代表、Kjeld Kirk Kristiansen氏は次のように述べています。

最高のレゴ体験を提供する場を作るのは、私の長年の夢でした。

レゴハウスは、遊びを通じて創造性を養うことの強さを称えているのです。

入場にはチケットが必要

レゴハウスへのエクスペリエンスゾーン(有料)への入場は事前にチケットを購入する必要があります。

公式サイトで販売しており、入場料は大人(13歳以上)、子供(3歳以上)ともに199デンマーククローネ(約3540円)。2歳までは無料です。

日本の名古屋市のレゴランドとはまた違った雰囲気が楽しめそう。デンマーク旅行の際には訪れてみたいスポットになりそうです。

レゴランドが「東海3県」在住者向け割引!(※ただし静岡県は除く) – ニフティニュース

2017年9月28日、愛知県名古屋市のアミューズメントパーク、レゴランド・ジャパンが、「ホームタウン1DAYパスポート」の期間限定販売を発表した。

これまでも夏限定の値下げなども度々行ってきたレゴランドだが、今回対象となるのは東海地方の「愛知県および近隣県である岐阜県・三重県在住」者だという。東海地方であるにもかかわらず静岡県が除外されていることで、ツイッターでは悲しみ、諦めなど様々な声が上がっている。

静岡も東海地方なのに…

レゴランドが発表した地元向けのチケット割引「ホームタウン1DAYパスポート」(10月14日発売)を利用すると、愛知県、岐阜県、三重県在住ならば通常よりも約35%割引された価格で1DAYパスポートを購入可能になる。

それに加え、利用期間は10月16日から12月29日まで、それも土・日・祝日は除く平日だけという制限はあるものの、大人は2400円値引きされて4500円、子供は2000円値引きの3300円になる。

しかし、東海地方と近隣県という条件を満たしているものの、静岡県はなぜか除外されている。ツイッターでは

RT 静岡は割引がきかないレゴランド。
– ちぱ のじこ (@noji_c) 2017年9月29日

名古屋のレゴランド、平日の入場料を期間限定で2千円値下げ。
ただし、愛知県・岐阜県・三重県に住んでいる人のみ。
東海地方なのにハブられている、静岡県。 #LEGO #レゴ #レゴランド pic.twitter.com/A22wnwpuwy
– ムッツリ商会@ラ!サ!!の舞台の隣街在住 (@Muttsurishoukai) 2017年9月29日

レゴランドが東海3県在住者対象に値下げへって
あれ?静岡は?
静岡県て立ち位置謎ですよね。
東日本だったり西日本だったり
– み。 (@no10_1031) 2017年9月28日

レゴランドが東海地方に住む人に割引するってことでやったー、と思ってたら静岡は認められませんか…。そうですか…。
– つじももくん (@tsujimoto0611) 2017年9月28日

といった諦めとも悲しみとも取れる反応が寄せられた。

場合によって東日本・西日本のどちらにもカウントされ、県内では場所によって電力会社が異なるなど、何かと扱いが安定しない静岡県を巡ってのすれ違いは今後も多発しそうだ。

レゴランド・ジャパンが近隣県在住者向け割引へ 静岡が除外されTwitterで悲しみの声 – ニフティニュース

2017年9月28日、愛知県名古屋市のアミューズメントパーク、レゴランド・ジャパンが、「ホームタウン1DAYパスポート」の期間限定販売を発表した。

これまでも夏限定の値下げなども度々行ってきたレゴランドだが、今回対象となるのは東海地方の「愛知県および近隣県である岐阜県・三重県在住」者だという。東海地方であるにもかかわらず静岡県が除外されていることで、ツイッターでは悲しみ、諦めなど様々な声が上がっている。

静岡も東海地方なのに…

レゴランドが発表した地元向けのチケット割引「ホームタウン1DAYパスポート」(10月14日発売)を利用すると、愛知県、岐阜県、三重県在住ならば通常よりも約35%割引された価格で1DAYパスポートを購入可能になる。

それに加え、利用期間は10月16日から12月29日まで、それも土・日・祝日は除く平日だけという制限はあるものの、大人は2400円値引きされて4500円、子供は2000円値引きの3300円になる。

しかし、東海地方と近隣県という条件を満たしているものの、静岡県はなぜか除外されている。ツイッターでは

RT 静岡は割引がきかないレゴランド。
– ちぱ のじこ (@noji_c) 2017年9月29日

名古屋のレゴランド、平日の入場料を期間限定で2千円値下げ。
ただし、愛知県・岐阜県・三重県に住んでいる人のみ。
東海地方なのにハブられている、静岡県。 #LEGO #レゴ #レゴランド pic.twitter.com/A22wnwpuwy
– ムッツリ商会@ラ!サ!!の舞台の隣街在住 (@Muttsurishoukai) 2017年9月29日

レゴランドが東海3県在住者対象に値下げへって
あれ?静岡は?
静岡県て立ち位置謎ですよね。
東日本だったり西日本だったり
– み。 (@no10_1031) 2017年9月28日

レゴランドが東海地方に住む人に割引するってことでやったー、と思ってたら静岡は認められませんか…。そうですか…。
– つじももくん (@tsujimoto0611) 2017年9月28日

といった諦めとも悲しみとも取れる反応が寄せられた。

場合によって東日本・西日本のどちらにもカウントされ、県内では場所によって電力会社が異なるなど、何かと扱いが安定しない静岡県を巡ってのすれ違いは今後も多発しそうだ。

レゴを使った履歴書?イギリス人男性の素敵なアイディア – ハフィントンポスト

非の打ち所のない履歴書を携えて希望の仕事に応募するのは、簡単なことではない。

そこであるイギリス人男性が素敵なアイディアを思いついた。インテリアデザイナーでアーティストのアンディ・モリスさんは、自身の姿を「レゴブロック」のフィギュアに託して、希望のポストに応募することに決めたのだ。

「これまで私が培ってきたデザイン哲学と、このおもちゃで遊んだ経験を生かして履歴書を作りました。小さなフィギュアに自分を託すことで、他の候補者と差をつけようと思ったのです」とモリスさんはウェブサイト「BoredPanda」で説明している。「人形は私に似ています。それは一方の手にノートパソコンを、もう一方の手に履歴書を持っています」

ANDYMORRIS.EU
ANDYMORRIS.EU

またモリスさんいわく、人形を梱包したパッケージは、レゴが販売している本物の商品とそっくりになるよう作ったという。しかし裏面の説明文を読むと、自己紹介や志望動機がちゃんと書かれた履歴書になっていることがわかる。

モリスさんの公式ウェブサイトには、企業側がどんなふうにこの履歴書を受け取るかを紹介した短い動画がのっている。小さなダンボールの小包のなかに紐で縛られた別の箱が入っており、付されたラベルにはこう記されている。「新しい社員を荷ほどきしよう」。そこであの小さなレゴ人形が大活躍するというわけだ。

ANDYMORRIS.EU

モリスさんのレゴブロック愛は、この履歴書だけに止まらない。

2013年には「ルー」と名付けられた別のレゴフィギュアを登場させた「ルーの旅」という写真プロジェクトを行っていた。ルーの目を通して、東京、ニューヨーク、ドバイなどたくさんの大都市の写真が収められた。

ANDYMORRIS.EU

ハフポスト・フランス版より翻訳・加筆しました。