「色がないなぁ」香取慎吾がサラリーマンに哀れみ!? 「上から目線」「バカにするな」と批判殺到 – ニフティニュース

 元SMAPの香取慎吾が26日、自身のTwitterに「出勤の人の流れみて 色がないなぁ.と 俺は色だらけなんだなぁ.と 思う朝」と投稿し、波紋を呼んでいる。

 この約30分後には、「心カラフルな一日でありますように!」ともつぶやいている香取。香取の言う「色」が、出勤風景の何を指しているかは定かでないものの、ネット上では「サラリーマンをバカにするな!」「真面目に頑張ってる一般人に、上から目線」「芸能界で生きてると、この発言の失礼さに気付かないの?」といった声が相次いでいる。

「満員電車に揺られ、必死で通勤するサラリーマンやOLを哀れんでいるようにも受け取れるため、不快感を覚えた人も多かったようです。似たような騒動といえば、4月に世界的ダンサーの菅原小春が、インスタグラムにJR総武線快速の通勤ラッシュ時の写真を投稿。サラリーマンが顔をガラスに押し付けられている様子をホーム側から撮ったもので、『笑い者にするんなんて』『晒された人がかわいそう』と大炎上しました」(芸能記者)

 なお、菅原は後に、当サイトの取材に対し「検索して出てきた写真」とした上で、「私自身の中には全くマイナスなことをもたらす意味を持って載せたことではなく。日本のカルチャーにある1つの美であったり、アートに見えました」と釈明している。

 ただ、香取についてはこんな見方も。香取は現在、「パラリンピックサポートセンター」に寄贈した自身の壁画をレゴブロックで再現するプロジェクトの真っ最中。くだんのツイートの数時間後には、「LEGOでパラサポ壁画制作 これ一枚で3時間!」と、色とりどりのレゴの上に倒れている自身の写真をインスタグラムに投稿しており、そんな“色”と格闘している環境から「俺は色だらけ」と表現したのかもしれない。まあ、そうだとしても、言葉足らずであることは否めないが……。

 香取といえば、20日放送のバラエティ番組『おじゃMAP!!SP』(フジテレビ系)で、ゲストの稲垣吾郎に対し「(SNSに)この年齢でお前何やってるの? みたいなコメントがあったりするの。そうすると、『あ、そうだよねえ、俺、なにやってるの?』みたいな。『いやいや、でも俺こうやって生きてきたんだよ』みたいな」と発言。

 さらに、「色がないなぁ」発言への批判を受けてか、27日には「今日も勉強になるお言葉沢山頂きました いくつになっても日々勉強 いくつになっても新しい発見」とツイートしている。

「独立後はインスタグラムとTwitterを始めるなど、ジャニーズ時代と比べて一般市民に寄ってきた印象の香取ですが、当然ながらその生活環境は浮世離れしている。小学生の頃から芸能界しか知らない生来大スターの香取ですが、芸術家気質からか、SNSでは不親切な言葉の表現も目立つ。SNSから誤解を招き、今後の活動に支障を及ぼしそうな危なっかしさが感じられます」(同)

「出勤の人」と一括りにし、自分と比べたことで一般人との間に壁を作ってしまった香取。SNSを始めたことで、スターとして命取りにならなければいいが……。

やりたいことをカタチにする!~可視化・共有・発見からはじめる起業への … – 時事通信

[テクノロジーシードインキュベーション株式会社]

あのレゴ(R)を使ったワークショップを開催!

東京都の創業支援施設 Startup Hub TokyoでLEGO(R) SERIOUS PLAY(R)という手法を取り入れたワークショップ『やりたいことをカタチにする!~可視化・共有・発見からはじめる起業へのファーストステップ』を2018年1月20日に開催!


東京都の創業支援施設「Startup Hub Tokyo」(スタートアップ ハブ トウキョウ)では、LEGO(R) SERIOUS PLAY(R)という手法を取り入れたワークショップ『やりたいことをカタチにする!~可視化・共有・発見から はじめる起業へのファーストステップ』を 2018 年 1 月 20 日に開催いたします。


あのレゴ(R)を使ったワークショップを開催!
起業を考えているんだけどしたい事をうまく整理出来ない。起業に踏み切れないけど、もう1歩考えてみたい。そんな思いの可視化・言語化を、LEGO(R) SERIOUS PLAY(R)という手法を取り入れながら形にしていくワークショップ。

LEGO(R) SERIOUS PLAY(R)とは
2001年にレゴ社の教育事業部門にいたロバート・ラスムセン氏らにより開発されたレゴ(R)シリアスプレイ(R)は、 個人や組織の価値観やビジョンといった形のないものを、手を動かしながら形にして、新しい気づきを得る思考メソッドです。組織開発や心理学、経験学習などの理論研究がプログラム開発のベースにあり、その根幹には「コンストラクショニズム=手を使った思考」というコンセプトがあります。・組織の理念創出や浸透・新しいアイデアの創出・キャリア開発やキャパシティビルディング・チームビルディングやリフレクションなど、様々なシーンで使われていて、米国のマイクロソフト社やNASAも採用し、日本国内でも多くの企業や研究機関、教育機関で活用されています。

また、ワークショップの前半インプットタイムでは、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018「働き方改革サポート賞」受賞された、株式会社タスカジ 代表取締役社長 和田幸子氏を先輩起業家トークゲストとしてお招きし、自身の起業ストーリーなどのお話しをしていただきます。

ファシリテーター 井澤 友郭 氏

こども国連環境会議推進協会 事務局長
社団法人 公共ネットワーク機構 理事
ワークショップ デザイナーLEGO(R)SERIOUS PLAY(R)公認ファシリテーター
2003年から「正解のない課題」に「探求的に挑戦し続ける」人材の育成を目的とした、オルタナティブな教育プログラムを開発。企業や研究機関と連携したプログラムを年間150回ほど開催し、延べ1万2千人以上の学生や社会人にファシリテーターとして指導してきた。そのプログラムは、デザイン思考やナラティブ・アプローチ、経験学習など、さまざまなメソッドを取り入れており、主体的な人材を育てるためのプレイフルな学びの場として定評がある。

コーディネイター 高嶋 大介 氏


一般社団法人INTO THE FABRIC 代表理事
富士通株式会社にて、ユーザー・エクスペリエンスデザイン、デザイン・リサーチ等の実績を活かし、クライアントやチームの戦略・実行プロセスを支援。
共創の場、HAB-YUの設立、企画、運営に行う。共創の生まれる場から生まれるコミュニティやイベント・学びの企画・運営をするなかでゆるいつながりがこれからの社会を変えと信じ、それを伝えるべく一般社団法人INTO THE FABRICを設立。

先輩起業家トークゲスト 和田 幸子氏


株式会社タスカジ 代表取締役社長
1999年富士通株式会社に入社し、システムエンジニアとしてERP製品の開発に従事。2005年、企業派遣制度にてMBA取得後、ERP製品のウェブプロモーション、中小企業向けクラウドサービスの事業立ち上げのプロジェクトリーダーを務める。2008年、第一子を出産後、フルタイム勤務で復職。2013年10月、自身の課題でもあった共働き家庭の「新しいライフスタイル」実現に必要な社会インフラを「ITを活用して作る」ため、富士通を退職。同年11月、ブランニュウスタイル株式会社(旧社名、現・株式会社タスカジ)を設立。2014年7月、家事代行サービスマッチングプラットフォーム「タスカジ」をオープン。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018「働き方改革サポート賞」受賞。

<ワークショップ当日のスケジュール予定>
14:00-14:10 主催者挨拶
14:10-15:00 パネルトーク
先輩起業家の方にお越しいただき、自身の起業ストーリーなどをお話していただきます。
【パネラー】
株式会社タスカジ 代表取締役社長 和田幸子 氏
一般社団法人INTO THE FABRIC 代表理事 高嶋大介 氏
【モデレーター】
野崎麻衣(Startup Hub Tokyo)

15:00-15:10 アイスブレイク
15:10-16:40 ワークショップ
16:40-17:00 クロージング

<エントリー方法と注意事項>
・エントリー締切日時
2018年1月15日(月)18時まで
・参加確定連絡予定日時
2018年1月16日(火)18時ごろ

※参加定員を超えた場合は審査により参加者を決定させていただきます。
※今回提出いただく情報は、本ワークショップ選考以外には利用しません。

エントリーページ https://goo.gl/68TvPj

企業プレスリリース詳細へ (2017/12/27-14:01)

山崎康晃コラム「“オフだけど、オフじゃない”休日はインドア派!?」 – 週刊ベースボールONLINE

写真=桜井ひとし、BBM

コラムはじめます。


 週ベ読者の皆さん、こんにちは! 横浜DeNAベイスターズ山崎康晃です。今回からコラムを担当することになりました。僕も毎週読んでいる週刊ベースボールでの連載ということで、とてもありがたい話をいただきました。オフシーズンの数カ月間となりますが、オフの様子や自主トレ、キャンプの話題を中心にお伝えしていくつもりです。よろしくお付き合いください。

 僕は常々ファンの方とのつながりを大切にしたいと思っています。こういうコラムやインタビューのときだけ言っているわけじゃなく、普段からそう考えています。野球場にいるとき以外でも、プライベートで過ごしているときでもそれは変わりません。サインを書いたり、一緒に写真を撮ったりする時間は本当に貴重です。そういう気持ちなんかも、ここで伝えていけたらいいなあ、と思っています。

 オフシーズンの今、プロ野球選手がどんなふうに過ごしているかといえば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』クリスマス向けフリーコンテンツ … – ファミ通.com

 ワーナー ブラサース ジャパンは、発売中のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』について、冬とクリスマスのフリーコンテンツを配信した。また、同コンテンツを使用して制作された(Nintendo Switch版で制作)“サンタがウチにやってきた”動画も公開。

作って、壊して、冒険しよう! 「LEGO ワールド 目指せマスタービルダー」クリスマス向けフリーコンテンツ配信中 Nintendo Switch版を使った「クリスマス」動画も公開

 ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメント(東京都港区 シニア バイスプレジデント 上席執行役員 小田 充)は、好評発売中の『LEGO ワールド 目指せマスタービルダー』で現在配信中の冬とクリスマスのフリーコンテンツと、そのコンテンツを使用して制作された「サンタがウチにやってきた」動画(Nintendo Switchで制作)を公開しました。

 レゴ ブロックを使って、想像力の働くままに好きなものを作ることができる、それが『LEGO ワールド 目指せマスタービルダー』です。実際のレゴ ブロックで遊ぶように、一つ一つブロックを組み上げるのも、ゲームを進めてアンロックしたオブジェクトを使って、一気に作り上げるのも、遊び方は自分次第!もちろん、壊すことだって思いのまま。建物を壊すのも、地面に穴をあけるのも、山を平たくするのも、地形だって自由自在で、思い描く世界を自分の手で作り出すことができる夢のゲームが、PlayStation4とNintendo Switchで好評発売中です。開発は、これまでも多くの「レゴ ゲーム」シリーズを開発してきたTT Gamesが手掛けています。

冬とクリスマスのフリーコンテンツ配信中!

 「LEGO ワールド 目指せマスタービルダー」では、様々なオブジェクトやミニフィグをアップデートによって定期的に配信しています。このクリスマスシーズンにも、冬の季節やクリスマスのワクワクをフィーチャーしたコンテンツが配信されました。空を飛ぶトナカイのソリをはじめ、クリスマスツリーや電飾、サンタや妖精のキャラクターなど、冬やクリスマスの世界観をビルドするのにふさわしいコンテンツが含まれています。これらのコンテンツは最新のアップデートを適用することで無料でご利用いただけます。

 これからも継続的なアップデートは続く予定で、様々な機能強化を目指していく予定です。引き続き、LEGO®ワールドにご期待ください。

このコンテンツを使った、Nintendo Switch版動画も公開!

 本日はさらに、冬とクリスマスのフリーコンテンツを使った映像を公開させていただきます。本映像は、実際にNintendo Switch版のLEGO ワールドを使用して作成されました。

 子供からのリクエストが届いたサンタクロース。トナカイのソリで喜び勇んでお家へお邪魔したものの、子供の姿は見当たらず…。なんと子供の部屋は意外なところに。楽しそうなクリスマスの飾り付けや、細かな家の作り込みなども見どころです。

 制作は、先日開催された『チーム対抗LEGO®ワールド選手権大会』で見事優勝に輝いた「ぬに」さんが担当しています。

 何を作るのも、何をするのも、どこへ行くのも思いのまま。Nintendo Switchで、いつでも、どこへでも、自分のワールドを持ち歩きましょう。そして、ビルドした世界を ハッシュタグ「#レゴワールド」「#legoworlds」で皆にお披露目しましょう!

(C) 2017 The LEGO Group. (TM) & (C) Warner Bros. Entertainment Inc. (s17)

レゴファンも必見! パリで初の子供用映画館が誕生 – エイガドットコム

コラム:佐藤久理子 Paris, je t’aime – 第54回

2017年12月20日更新

レゴファンも必見! パリで初の子供用映画館が誕生

画像1(C)Frédéric Berthet

初めて映画館で見た作品というのは、誰にとっても思い出深いものではないだろうか。子供の頃、親に連れられてアニメやファンタジー映画を見た人もいれば、ティーンになって友達同士で映画館に行った人もいるはず。初期の映画体験というのは、意外に後の映画的嗜好を決定づける大事なものだ。

シネマの国、フランスは映画制作の援助システムのみならず、映画教育に関しても進んでいる。学校の課外授業で映画を上映したり、映画館に行ったりするのは珍しいことではない。以前セドリック・クラピッシュにインタビューをしたとき、小学生の子供が学校で小津安二郎の「お早よう」を見た、と教えてくれた。フランス映画ならともかく、外国映画のクラシックを小学生に見せるとは、やはり映画が芸術として認められ、芸術が教育に欠かせないものとして認識されているお国柄らしいと思った記憶がある。

画像2(C)Frédéric Berthet

さて、そんな国ならではの「子供用映画館」が12月に誕生し、話題になっている。パリの19区、シテ科学産業博物館の並びにあるシネコン、パテ・ラ・ヴィレット(Pathe La Villette)内にある「サル・モーム!(Salle Mome!)」がそれ。

まずはデコレーションがカラフルで楽しい。デンマークのLEGO(レゴ)社と提携した内装は、入り口からレゴ風のカーペットが敷かれ、空間をぜいたくに使用。全70席のカラフルでゆったりとしたシートも特製だ。最前列はまるでビジネスシートのように足が伸ばせる他、部屋の一角にはレゴで遊べるおもちゃコーナーがあり、階段の端にはなんと滑り台まで付いている。これは上映の前後に子供たちが遊べるようにという配慮で、プログラムもその分、時間を空けてゆったりと組まれている。さらにチケットには、お菓子とドリンク付きのタイプも。

画像3(C)Frédéric Berthet

2歳から14歳を対象にしたプログラムは、アニメ、ファンタジー、ファミリー映画が揃う。すべてフランス語の吹き替えだが、もちろんハリウッド映画などフランス映画以外もある。ちなみにわたしが行った日は「パディントン2」を上映していて、子供たちが案外大人しく見入っていた。クリスマスの週はディズニー・アニメ「リメンバー・ミー」「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」、アラン・シャバ監督、主演のフランス映画「Santa & Cie」といったエンタテインメントから、トルコの猫ドキュメンタリー「猫が教えてくれたこと」やトリュフォーの「大人は判ってくれない」といったアート系まで、日替わりのバラエティに富んだプログラムで、経営側の熱意を伺わせる。

画像4(C)Frédéric Berthet

さらにここの特色は映画上映だけでなく、上映前にさまざまな子供向けワークショップをもうけているところ。レゴ遊びをはじめ、図画工作、パッチワーク、芝居など、子供の興味とイマジネーションを刺激するような内容が企画されている。大人同伴が条件だが、自宅でなにかと構ってやれない親にとっては嬉しいスペースに違いない。

もちろん、映画鑑賞は大人だけで行くことも可能なので、レゴファンなら一度は訪れてみると楽しいだろう。(佐藤久理子)

ホテルやSEA LIFE Nagoyaのチケットも当たる!レゴランド・ジャパンのクリスマスナイトが3日間限定で開催!! – ORICON NEWS

レゴランド・ジャパンで3日間限定のクリスマスナイトが開催! 2017 The LEGO Group.

「レゴランド・ジャパン」では、2017年1222()から24()まで、「Christmas Night(クリスマスナイト)」を3日間限定で開催する。

通常は18:00ごろに閉園となる「レゴランド・ジャパン」だが、期間中は20時30分まで開園時間を延長。各エリアのアトラクションはもちろん、レゴブロックを使ったワークショップも開催時間を延して楽しめる。さらに、クリスマスの仮装で来園したどもを対象とした菓のプレゼントがあるほか、「レゴ・ファクトリー・ツアー」ではオリジナルレゴブロックのプレゼント、年間パスポートの利用者限定のプレゼントなど、うれしい催しが満載だ。

また、パーク内のショップやレストランで合計2000円以上を利用した人を対象に、「レゴランド・ジャパン・ホテル」(2017年4月オープン)の宿泊券が当たる。クリスマス・ヴィレッジ(ミニランドの西側)に設置されたアドベント・カウントダウンでは、「SEA LIFE Nagoya」(2017年4月オープン)の招待券が当たるなど、話題の新名所で利用できるプレゼントキャンペーンも行われる。

子どもも大人も楽しめること間違いなしの「レゴランド・ジャパン」のクリスマスナイト。家族みんなで遊びに行ってみよう!【東海ウォーカー】(東海ウォーカー・角優月)

レゴランド®名古屋!人気のアトラクション&おすすめホテルは? – cozre(コズレ)

レゴ®尽くし!なレゴランド®・ジャパン・ホテル(名古屋市)を堪能

ホテル内,レゴランド,名古屋,出典:www.legoland.jp

まずは、来春GWのオープンに向けて予約がすでに始まっているレゴランド®ホテルから。レゴランド®の隣!という唯一無二、絶好のロケーションは最大の魅力。

もちろん!内外装ともにレゴ®の魅力をぎゅっと閉じ込めたデザインで、単に宿泊するにとどまらない体験をもたらしてくれるすてきなホテルです。

レゴランド®で浸った異世界の余韻をそのままに、お泊りできるなんて…子どもたちがはしゃいで夜更かししてしまう様子が目に浮かんできますね。

宿泊フロアはパイレーツ、アドベンチャー、キングダム、レゴ®ニンジャゴー、レゴ®フレンズのテーマごとに表現されていて、お部屋はもちろんエントランスや廊下などあらゆる場所がレゴ®一色で統一。

1室あたりの料金予定(朝食代込み)
スタンダード(4名まで)¥31,000~
プレミアム(4名まで)¥3,300~
プレミアムクラス(5名まで)¥4,000~
スイート(5名まで)¥53,000~
 ※シーズンやイベントなどで料金は変動します

宿泊開始/2018年4月28日(土)~

予約はこちらから→レゴランド®・ジャパン ホテル

レゴ®モデルの作り方を教えてくれるクリエイティブワークショップや子どもたちを解放できるキッズプレイエリアや水遊びエリアもあり、ゆっくり休んでいるのがもったいない!ほどのエンタメぶりは、さながらレゴランド®の延長部分のよう。

また、同時にオープンの関連施設であるSEA LIFE Nagoyaはレゴランド®が手掛けるインタラクティブ性のある水族館。昨今、動物園や水族館は行動展示やテクノロジーを使った視覚表現など、さまざまな手法で来園者を楽しませていますが、ここSEA LIFE Nagoyaでもきっと新たな体験が生み出されることでしょう。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

日本初開催「LEGO Education Techer Award」1/15応募スタート | リセマム – リセマム

 レゴエデュケーションとアフレルは、STEM教育に携わる先生を対象とした「LEGO Education Techer Award 2018」を開催する。小学校、中学校、高校の教員から、レゴエデュケーションのプログラミング教材を活用した授業アイデアを募集する。

 日本で初めて開催されるLEGO Education Techer Awardは、革新的な教育を推進するためのコンテスト。日本のほか、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ロシア、中国、韓国など世界19か国で開催され、各国で選出された先生がアメリカボストンで開催される「レゴエデュケーションシンポジウム」でプレゼンテーションする。

 コンテストは、「STEM教育の実践」「科学(理科)・技術・工学・数学(算数)に重点を置いた理数系人材育成」がテーマ。レゴエデュケーションのロボットプログラミング教材を活用した、創造的で独創的、インスピレーション豊かな授業のアイデアを募集する。

 応募期間は2018年1月15日~3月25日。応募には、「シンポジウムで発表するプレゼンテーションの概要」「ワークシートや指導案など教材サンプル」などを提出する。応募作品は日本語または英語どちらでも可。審査を経て、4月5日に結果が発表される。

 日本代表に選出された先生は、6月5日~7日にアメリカのボストンで開催される「レゴエデュケーションシンポジウム」に招待される。

◆LEGO Education Techer Award 2018
テーマ:STEM教育の実践、科学(理科)・技術・工学・数学(算数)に重点を置いた理数系人材育成
参加資格:小学校、中学校、高校の教員
使用教材:レゴエデュケーションのプログラミング教材
スケジュール:
応募期間/2018年1月15日(月)~3月25日(日)
審査期間/2018年3月26日(月)~4月4日(水)
結果発表/2018年4月5日(木)
提出物:
・シンポジウムで発表するプレゼンテーションの概要(200字以内)
・ワークシートや指導案などの教材サンプル(概要200字以内、別途資料付)
・写真や動画(最大2分)、子どもたちの作品など、レッスンを実施したことを示す記録
・公開授業、学会発表などの記録(200字以内)
・活動に対する実施コメント(200字以内)
※応募作品は日本語または英語どちらでも可
受賞:最優秀賞2名

【シンポジウム】
日程:2018年6月5日(火)~6月7日(木)
開催地:ボストン(アメリカ)

世界19ヵ国にて開催【レゴ(R) エデュケーション Teacher Award 2018】 日本にて初開催決定 – @Press (プレスリリース)

レゴ エデュケーション(本社:デンマーク)と株式会社アフレル(本社:福井県福井市、レゴ エデュケーション正規代理店)は、STEM(Science, Technology, Engineering, Math)教育に携わる先生方を対象とした「LEGO(R) Education Techer Award 2018」(以下、「本コンテスト」)を日本で初開催いたします。

レゴ エデュケーション_ Teacher Award_1

本コンテストは、世界中の小・中・高等学校で行われている、革新的な教育を推進するためのコンテストです。日本の他、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ロシア、中国、韓国など19カ国で同コンテストが開催され、各国で選出された先生がアメリカ、ボストンに集結し、レゴ(R) エデュケーション シンポジウムが実施されます。レゴ エデュケーションのロボットプログラミング教材を活用した、創造的で独創性、インスピレーション豊かな授業のアイデアをご応募ください。

URL: https://afrel.co.jp/teacher-award2018

●コンテスト概要

テーマ   :STEM教育の実践

       科学(理科)・技術・工学・数学(算数)に重点を置いた理数系人材育成

参加資格  :小学校、中学校、高等学校の教員

使用教材  :レゴ エデュケーションのプログラミング教材

スケジュール:【応募期間】2018年1月15日(月)~2018年3月25日(日)

       【審査期間】2018年3月26日(月)~2018年4月4日(水)

       【結果発表】2018年4月5日(木)

シンポジウム:2018年6月5日(火)~2018年6月7日(木)

開催地   :ボストン(アメリカ)

主催者   :レゴ本社(LEGO System A/S)

コンテストジャパンパートナー:株式会社アフレル

●提出物

・シンポジウムで発表するプレゼンテーションの概要(200字以内)

・ワークシートや指導案などの教材サンプル(概要200字以内、別途資料付)

・写真や動画(最大2分)、子どもたちの作品など、レッスンを実施したことを示す記録

・公開授業、学会発表などの記録(200字以内)

・活動に対する実施コメント(200字以内)

*応募作品は日本語または英語どちらでも可

https://www.atpress.ne.jp/releases/145460/img_145460_2.jpg

●受賞

最優秀賞:2名

日本代表に選出(受賞)された先生方を、2018年6月5日(火)~7日(木)にアメリカ・ボストンで開催されるレゴ(R) エデュケーション シンポジウムにご招待します。

シンポジウムでは、世界各国から選出された先生方の前でプレゼンテーションをしていただき、同じ目標を持った先生方とアイデアを共有していただきます。

【レゴ エデュケーション プログラミング教材】

■レゴ(R)WeDo2.0

https://www.atpress.ne.jp/releases/145460/img_145460_3.jpg

■教育版レゴ(R)マインドストーム(R)EV3

https://www.atpress.ne.jp/releases/145460/img_145460_4.jpg

【レゴ エデュケーションについて】

レゴ エデュケーションは、1980年にレゴ社の教育部門として設立し、世界90カ国以上の国と地域、5万以上の教育機関に、レゴ(R)ブロックを活用したハンズオンの体験型の教材とカリキュラムを提供しています。誰もが馴染みのあるレゴ(R)ブロックと最新のデジタルソリューションを組み合わせた教材をご提供することで、子どもたちが積極的に授業に参加し、仲間と協働しながら問題解決に取り組む力を育む教育環境作りをサポートしています。

【株式会社アフレルについて】

明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。

最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. (C)2017 The LEGO Group.

【Z会プログラミング講座 with LEGO(R)Education】ご受講中のみなさまへ:「Happy New Year を表現しよう!!」動画投稿イベント・「冬休みのミッション」開催中 #Z会 … – 財経新聞

【Z会プログラミング講座 with LEGO(R)Education】ご受講中のみなさまへ:「Happy New Year を表現しよう!!」動画投稿イベント・「冬休みのミッション」開催中 #Z会プログラミング #冬ミッション

プレスリリース発表元企業:株式会社Z会
Z会プログラミング講座 with LEGO(R)Education 冬休みのミッション

株式会社Z会( http://www.zkai.co.jp/ )では、ご家庭でレゴ(R)ブロックを使ったプログラミング学習に取り組める、【Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education】を開講しています。

◆Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education Webサイト
http://www.zkai.co.jp/home/z-programming/idolab/

この冬、Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education基礎編・発展編の受講者を対象として、動画投稿イベント・Z会プログラミング講座 with LEGOR Education「冬休みのミッション」を実施しています。講座でこれまで学んだことを活かして、自分だけのプログラム、自分だけの動きを作りませんか?

▼Z会プログラミング講座 with LEGOR Education「冬休みのミッション」
http://www.zkai.co.jp/home/z-programming/idolab/topics/mission18w.html

・ミッション期間:2017年12月9日(土)~2018年1月15日(月)

・テーマ「Happy New Year を表現しよう!!」

・表現規定
「Z会プログラミング講座 with LEGOR Education」基礎編または発展編キットを使用します。テーマに沿った、10秒以上かつ30秒以下の動画を撮影しましょう。モーターひとつ以上をプログラムで動かすことが要件です。どのように表現するかは、みなさんのアイデア次第です。

・投稿について
(1)Z会プログラミング講座のTwitterアカウント(@zkaiprogramming)をフォロー
https://twitter.com/zkaiprogramming
(2)ハッシュタグ「#Z会プログラミング」「#冬ミッション」をつけてください。
(3)投稿時に「タイトル」と「ひとこと」も入力してください。(文字数は合計で140字以内であればOK)

・保護者の方へ
お子さまがiPadでプログラムを作成し、ロボットを動かします。保護者がロボットの動く様子をスマートフォンなどで撮影し、撮影した動画をTwitterアプリでアップロード想定です。

・動画サンプル
冬休みのミッション(基礎編)の例
https://www.youtube.com/watch?v=ptWAYw5PJYU

冬休みのミッション(発展編)の例
https://www.youtube.com/watch?v=OhqiCNtoiig

皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしています。

~Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Educationとは~
基礎編と発展編の2つのラインナップ。いつからでも、カリキュラムの最初から受講できる通信教育です。

●基礎編:子どもたちが思い通りにプログラムをし、楽しんでロボットを動かすことを重視
推奨学年:小学1年生~小学4年生
カリキュラム:全12回(1年間)
料金:受講料5,000円(月額・税込)

●発展編:「組み合わせて動かす」など複合的に考える場面が増え、よりオリジナリティのあるプログラミングを経験
推奨学年:小学5年生以上
カリキュラム:全24回(2年間)
料金:受講料6,999円(月額・税込)

※【基礎編】【発展編】いずれも、別途、キットを初回時に購入いただく必要があります。また、ご受講にはiPadが必要です。

どんなふうに動かしたいかを定め(=ひらめき)、そのためにどんな技術をどう組み合わせればよいかを論理的に考え(=組み立て)、実現に近づけていく(=試行錯誤)といった過程には、子どもを夢中にさせる楽しさがあります。教材には保護者向けガイドもついていますので、保護者の方が学習をサポートする際にご活用いただけます。

◆ご体験・ご受講いただいた皆様の声
http://www.zkai.co.jp/home/z-programming/idolab/topics/voice.html

Produced by Zoshinkai Publishers Inc. under license from the LEGO Group.
LEGO, the LEGO logo and MINDSTORMS are trademarks of the LEGO Group. c2017 The LEGO Group.

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社Z会 Z会プログラミング事務局
E-mail:ictpub@zkai.co.jp
http://www.zkai.co.jp/home/z-programming/idolab/

【付帯情報】
・Z会プログラミング講座 with LEGO(R)Education 冬休みのミッション
http://itm.news2u.net/items/output/157836/1

News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク