Porsche E-Performanceが六本木のクリスマスを飾る3日間 – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

Porsche E-Performanceが六本木のクリスマスを飾る3日間

「Porsche Plug-in Xmas Session」開催

ポルシェ ジャパン株式会社(本社: 東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、ポルシェの最新PHEV駆動システム「E-Performance」の世界観を体感いただくクリスマススペシャルイベント「Porsche Plug-in Xmas Session」を12月15日(金)~12月17日(日)の期間、東京ミッドタウンにて開催いたします。

現状で決して満足することなく、絶えず進化を目指すポルシェの信念が導き出した「ポルシェ E-Performance」は燃料消費量と環境への負荷を低減するとともに、心たかぶる走行体験を来場者に提供いたします。本イベントでは、「ポルシェ E-Performance」を体感できる試乗体験の他、幻想的なインタラクティブ映像の体験など、心を躍らせるエクスクルーシブな体験を提供します。

【「Porsche Plug-in Xmas Session」の4つのSession】

■Digital Display Session
実寸大のポルシェ919ハイブリッドが中に入った、ミニカーボックスをモチーフにした幅5mを越える巨大なボックスでは、お客様の動作によって映像が変化する幻想的なインタラクティブ映像の体験を提供いたします。また、「Panamera 4 E-Hybrid」を車両の内外2つの視点から体験することができる「VR Experience」コーナーもご用意しております。

■E-Performance Test Drive Cruising Session
今回のイベントのメインである「E-Performance」を象徴する「The New Panamera 4 E-Hybrid」を試乗して頂くことで、電気モーターとエンジンの組み合わせによってもたらされる最先端のプラグインハイブリッドモデルのパワフルな走行を体感して頂けます。

■Xmas Present Session
イベント期間中、会場でアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、厳選したポルシェグッズをその場でプレゼントいたします。

■Car Display Session
ポルシェが新しいスポーツカーの形に挑戦したモデル「Panamera 4 E-Hybrid Sport Turismo」を煌びやかなライトに照らし、イベント期間限定で展示いたします。「Panamera 4 E-Hybrid Sport Turismo」は東京モーターショー2017でジャパンプレミアとなった最新のモデルです。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.com/japan/

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
「Porsche Plug-in Xmas Session」PR事務局(プラチナム内)担当:樋口、賀村、関
TEL:03-5572-7351、080-3498-0291(樋口)
FAX:03-5572-6075 Email:j-higuchi@vectorinc.co.jp

Porsche E-Performanceが六本木のクリスマスを飾る3日間 | 共同通信 … – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

Porsche E-Performanceが六本木のクリスマスを飾る3日間

「Porsche Plug-in Xmas Session」開催

ポルシェ ジャパン株式会社(本社: 東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、ポルシェの最新PHEV駆動システム「E-Performance」の世界観を体感いただくクリスマススペシャルイベント「Porsche Plug-in Xmas Session」を12月15日(金)~12月17日(日)の期間、東京ミッドタウンにて開催いたします。

現状で決して満足することなく、絶えず進化を目指すポルシェの信念が導き出した「ポルシェ E-Performance」は燃料消費量と環境への負荷を低減するとともに、心たかぶる走行体験を来場者に提供いたします。本イベントでは、「ポルシェ E-Performance」を体感できる試乗体験の他、幻想的なインタラクティブ映像の体験など、心を躍らせるエクスクルーシブな体験を提供します。

【「Porsche Plug-in Xmas Session」の4つのSession】

■Digital Display Session
実寸大のポルシェ919ハイブリッドが中に入った、ミニカーボックスをモチーフにした幅5mを越える巨大なボックスでは、お客様の動作によって映像が変化する幻想的なインタラクティブ映像の体験を提供いたします。また、「Panamera 4 E-Hybrid」を車両の内外2つの視点から体験することができる「VR Experience」コーナーもご用意しております。

■E-Performance Test Drive Cruising Session
今回のイベントのメインである「E-Performance」を象徴する「The New Panamera 4 E-Hybrid」を試乗して頂くことで、電気モーターとエンジンの組み合わせによってもたらされる最先端のプラグインハイブリッドモデルのパワフルな走行を体感して頂けます。

■Xmas Present Session
イベント期間中、会場でアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、厳選したポルシェグッズをその場でプレゼントいたします。

■Car Display Session
ポルシェが新しいスポーツカーの形に挑戦したモデル「Panamera 4 E-Hybrid Sport Turismo」を煌びやかなライトに照らし、イベント期間限定で展示いたします。「Panamera 4 E-Hybrid Sport Turismo」は東京モーターショー2017でジャパンプレミアとなった最新のモデルです。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.com/japan/

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
「Porsche Plug-in Xmas Session」PR事務局(プラチナム内)担当:樋口、賀村、関
TEL:03-5572-7351、080-3498-0291(樋口)
FAX:03-5572-6075 Email:j-higuchi@vectorinc.co.jp

ポルシェ919ハイブリッド、実寸大インタラクティブ映像が東京ミッドタウン … – レスポンス

ポルシェジャパンは、エレクトリックとエンターテインメントを融合させたクリスマス スペシャルイベントを12月15日から17日の3日間、東京ミッドタウン キャノピー・スクエアで開催する。

会場には、ミニカーボックスをモチーフにした、幅5m超の巨大なボックスの中に、ル・マンを制した実寸大のポルシェ919ハイブリッドが登場。来場者の動作によって映像が変化するなど、幻想的なインタラクティブ映像を体験できる。

また、新型『パナメーラ 4 E-ハイブリッド』の試乗クルージング(事前予約受付終了)や、『パナメーラ 4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ』の展示、ポルシェグッズのプレゼントなども実施する。

タカラトミーおすすめのパンダグッズを紹介! トーマスにリカちゃんも – マイナビニュース

タカラトミーグループはこのほど、赤ちゃんの誕生で注目を集めているパンダグッズのうち、おすすめの7商品を発表した。

  • 「動物フィギア『アニア』のジャイアントパンダ」(税別600円)

  • 「動物フィギア『アニア』のジャイアントパンダ子ども2体入り」(税別600円)

このうち、「動物フィギア『アニア』のジャイアントパンダ/ジャイアントパンダ子ども2体入り」(各税別600円)は、大人のパンダも子どものパンダも首が動き、さまざまな動きを表現できるフィギア。ダイキャスト製ミニカー「トミカ No.3動物搬送車」(税別450円)は、愛らしいパンダの親子がミニカーに乗っているのが特徴となっている。

  • シャクレルプラネットの「シャクレルミミクリー/パンダ」(税別3,500円)

  • 話した言葉を真似するぬいぐるみ

また、コミカルな動きをするシャクレルプラネットの「シャクレルミミクリー/パンダ」(税別3,500円)、「ミミクリーペット パンダ」(税別3,200円)は、話した言葉を真似するぬいぐるみ。

動物、恐竜、魚、昆虫の図鑑から計500種を抜粋したカメラ付き生きもの図鑑タブレット「小学館の図鑑NEOPad」(税別1万5000円)には、ジャイアントパンダの情報が入っているという。

鉄道玩具「プラレール きかんしゃトーマス パーシーと動物園貨車セット」(税別3,780円)にもパンダが登場。パーシーが走ると動物たちが動き出す貨車セットで、パンダが乗った貨車は、扉を手動で開けられる。

2018年春には、パンダを抱え、パンダ模様の洋服を着たリカちゃん人形「リカちゃん チャオチャオパンダ」(予価3,000円)も発売予定となっている。

ドイツ製を上回った! 日本の中小企業が手がけたカーボンプロペラ … – レスポンス

中小企業モノづくりマッチングの各ブースは小さく区分けされており、1コマの小さなブースを巧みに活用して多彩な展示を展開している。そんな中で2コマを使って商品を展示していたのがサンレイ工機。なぜかと言うと2m以上はある長いローラーを展示していたからだ。

そのローラーに混じって展示されているのは、どう見てもクルマのプロペラシャフト。それもCFRP製の軽量なヤツだ。傍らにはSUPER GTの「GT-R」のミニカーまで飾られているから、どうやらこのマシンに使われているようだ。しかし、どうしてローラーと一緒にプロペラシャフトが展示されているのだろうか?

その場に居たカーボンファイバーメーカーの三菱ケミカル代理店の説明員に尋ねてみると、当初ニスモ(日産自動車のモータースポーツ部門)はドイツのあるメーカーにCFRPプロペラシャフトの製作を依頼したのだが、実際に使ってみると耐久性などに問題が生じてマシントラブルの原因になってしまった。そこで国内で製作できるところを探してサンレイ工機に行き着いたのだとか。

同社はフィルムシートや紙などを生産、加工するための機械に使われるローラーの製作を手がけてきた企業。高い精度で仕上げる技術には定評があったらしい。

ローラーは従来、金属製であったが、液晶TVが大型化するなどに伴ってフィルムも幅が増えていき、精度追求のために更なる剛性要求や高回転化のために軽量化が求められるようになり、三菱ケミカルが同社のカーボンファイバーを利用したローラー、カーボリーダーを製作することを思い付き、高い工作精度を誇るサンレイ工機をパートナーに開発して製品化したらしい。

こうしてローラーでは実績があったことから、件のCFRP製プロペラシャフト製作を製作する際にも白羽の矢が立った、という訳だ。トランスアクスルのためエンジンと同回転で回るプロペラシャフトは1万回転、500psオーバーの出力に耐えるだけの強度と信頼性が要求される。それを見事にクリアしたサンレイ工機製のプロペラシャフト。今ではレクサスのSUPER GTマシンにも採用されているそうだ。

日本の警察にシボレー、レアな車両をミニカーで再現…800台限定 … – レスポンス

株式会社ヒコセブン(神奈川県横浜市)は、警察車両をメインとするミニカーオリジナルブランド「RAI’S」より、『シボレーエクスプレスL3500 2008警察本部警備部要人警護車両』の販売予約受付を、12月6日からモデルギャラリーHIKO7(神奈川県横浜市)および全国模型取扱店で開始した。

シボレー警護車両は、アメ車のトヨタ『ハイエース』とも言える、シボレー『エクスプレス』を使用した警護車両だ。日本の警察がパトカーとしてアメリカ車を採用することは珍しく、2008年の北海道洞爺湖サミットに合わせて警視庁や大阪府警察、福岡県警察など大都市を持つ県警に配備された。現在でも外国要人が来日した際などに運用されているという。

そんなレアなアメ車の日本警察車両をRAI’Sでは一度限りの限定生産モデルとして800台を用意する。1/43スケール(約13cm)レジン製のこのミニカーは、パトカーとして必須の赤色灯や各種アンテナ類、ボディの両側と後の窓についているガンポート(銃眼)を再現している。

価格は税別1万5000円で、2018年1月下旬から2月の発売を予定している。

ファン垂涎の名車が東京・台場に大集合! 「ニューイヤーミーティング」が2018年も開催 – 毎日新聞

情報提供:カートップ

イギリスの名車たちがズラリ並ぶ光景を見に行こう!

毎年1月末に東京・お台場青海臨時駐車場特設会場で開催されている、日本クラシックカー協会主催のイベント「

ニューイヤーミーティング」が2018年1月28日に行われる。2018年の個人展示コンクールのテーマは“イギリス車”で、2017年12月26日まで参加募集を行っている。

1979年までに生産されたクルマなら何でも参加でき、新年の一番大きいイベントであることから北海道から足を運ぶ人がいるほど注目されているイベントだ。車両展示のほかにはフリーマーケットやオートジャンブルも行われ、入手困難となってしまったミニカーやカタログ、パーツなどを手にいれることができる。

入場料も前売り券で900円、当日券が1000円(小学生以下は無料!)とリーズナブルなことから、クルマの楽しさを伝える貴重なイベントにもなっている。また近隣にはMEGA WEBやダイバーシティといった大型ショッピングモールもあるので、ぜひ家族と一緒に出かけてみてはいかがだろうか。

※写真は2017年に開催した様子

情報提供:カートップ

WEB CARTOP:ファン垂涎の名車が東京・台場に大集合! 「ニュー … – 毎日新聞

情報提供:カートップ

イギリスの名車たちがズラリ並ぶ光景を見に行こう!

毎年1月末に東京・お台場青海臨時駐車場特設会場で開催されている、日本クラシックカー協会主催のイベント「

ニューイヤーミーティング」が2018年1月28日に行われる。2018年の個人展示コンクールのテーマは“イギリス車”で、2017年12月26日まで参加募集を行っている。

1979年までに生産されたクルマなら何でも参加でき、新年の一番大きいイベントであることから北海道から足を運ぶ人がいるほど注目されているイベントだ。車両展示のほかにはフリーマーケットやオートジャンブルも行われ、入手困難となってしまったミニカーやカタログ、パーツなどを手にいれることができる。

入場料も前売り券で900円、当日券が1000円(小学生以下は無料!)とリーズナブルなことから、クルマの楽しさを伝える貴重なイベントにもなっている。また近隣にはMEGA WEBやダイバーシティといった大型ショッピングモールもあるので、ぜひ家族と一緒に出かけてみてはいかがだろうか。

※写真は2017年に開催した様子

情報提供:カートップ

オトナ向けの『きかんしゃトーマス』がヤバすぎると話題 / アクション映画並みのスタントで難コースを制覇していく動画がマジでシビれる – ロケットニュース24

日本でも、子供たちを中心にファンが多いCGアニメ『きかんしゃトーマス』。作品だけでなく関連グッズも人気を集めているが、そんなトーマスがアクション映画並みに難コースを制覇していく動画が話題となっている。

そのスタントぶりは、一言でいうとめちゃくちゃワイルド。あまりのカッコよさにマジでシビれてしまうレベルなのだ! 超~必見のヤバさなので、ぜひチェックしてほしいと思う。

・きかんしゃトーマスが華麗なスタントを披露!

きかんしゃトーマスがアクション映画並みに難コースを制覇していく動画「Thomas Train Stunts」を制作したのは、レゴのアニメーションなどを制作する「5 Mad Movie Makers:5マッド・ムービー・メイカーズ」。タイトルにもあるように、トーマスが華麗なスタントをしまくるという内容だ。

動画のトーマスは、まるで難しい技を決めるスノーボーダーのよう。真ん中で分断された橋を飛び越えたかと思えば、ハーフパイプのような坂も難なくクリア。さらには、なんと回転しながら着地するスタントまで披露してしまう。

・スタントがアクション映画並み!!

その後も難所を次々と走破していくトーマスは、壁のようにブロックを高く積み上げた障害物だろうが、デデ~ンと立ち塞がる壁だろうが物ともせず。アクション映画のカーチェイスシーンのように見事に突破するぞ!!

そのバッドアス(ワルな奴)なスタントぶりにシビれていると、もう1台別の機関車が登場。「危うくニアミスか」というギリギリのところで、交差する機関車の動きが超ドラマチックなシーンもある。

・カッチョいいスタントにシビれまくり!

そして特に注目してほしいのは、14台も並べたミニカーの上を飛び越えてレールに着地するスタントだ。見ていた筆者は、思わず「おおお~、そこにシビれる! あこがれるゥ!!」と声を上げそうになってしまった。

きかんしゃトーマスが人間だったら、マジ惚れてしまいそうなほどのカッチョ良さ! もし、動画のようなアクション満載の大人向け『きかんしゃトーマス』が登場したら、意外と大きな人気を集めそうだ。

参照元:YouTube
執筆:Nekolas

パトカーから逃走し正面衝突事故 – BIGLOBEニュース

大阪府警浪速署は7日、大阪市西成区萩之茶屋1の土木作業員、長江正弘容疑者(36)を道交法違反(信号無視)容疑で現行犯逮捕したと発表した。長江容疑者は軽乗用車でパトカーの追尾を受けて約3キロにわたって逃走した後、正面衝突の事故を起こし、取り押さえられた。逮捕容疑は7日午後1時半ごろ、大阪市浪速区大国3…

記事全文を読む