電子導盲犬、足球機器人科創小發明成00后新玩具 – 中國新聞網 (新聞發布)

電子導盲犬、足球機器人科創小發明成00后新玩具

足球機器人。

創意

創意校園

南都訊 見習記者賀如妍 通訊員顏慧敏 俞雪榮 當無人機、機器人已經成為00后的新玩具,「科技小發明」們也就在當今的中小學里自然而然地發生了,電子導盲犬、足球機器人……12月13日,福田區「第十八屆青少年科技節(創客節)暨首屆STEAM教育嘉年華」在福田區僑香外國語學校舉行,以互動形式開展為期一天的科技展示活動。

據悉,本屆科技節將有來自全區80多所學校5000多名學生參加36項科技項目的競賽、1300餘件學生創客與科技發明作品參展,包括學生創客作品、科技發明作品、科幻畫、攝影作品、生肖郵票設計、學校教育創新成果、科技輔導員創新成果等。與往年不同的是,今年的科技節還增設了無人機穿越任務賽、Aruino開源機器人挑戰賽、創客馬拉松、虛擬機器人等多項競賽。

作者:賀如妍

ひとマチ点描 DAISOのライバル登場!?=MINISOがブラジル進出 – ニッケイ新聞

VEJAサイトでMINISOの店舗開店が報じられた

VEJAサイトでMINISOの店舗開店が報じられた

 中華人民共和国を中心に雑貨店を展開する名創優品(めいそうゆうひん、MINISO)が8月末、サンパウロ市南部のイビラプエラ・ショッピングにブラジル第1店舗をオープンした。

 南米地域でも最初の店舗となった同店内は面積420平方メートル。今後聖州内に50店舗設立される予定。ブラジル展開には480万レが投資され、アルゼンチンにも進出を予定している。

 MINISOでは生活用品、健康用品、スポーツ・フィットネス、文房具、アクセサリー、衣類、季節もの、鞄の8種類が平均9・90レで販売されている。今後は電子機器、美容品、玩具や食品も導入される予定。

 MINISOを展開する株式会社名創優品産業は2013年に東京で設立されたとされているが、真偽は不明。現在までに米国やオーストラリアなど世界50カ国に約2千店舗を持つ。公式サイトによると、月に80~100店舗を開けているという。

 ちなみに、先月29日にはセントロのショッピング・ライチ内に9店舗目を開店した。

機車行老闆等住處再起出16槍 – 中時電子報 (新聞發布)

文化大學吳姓女職員騎車行經中正橋下,遭40歲機車行老闆李志浩試槍誤擊,台北市長柯文哲還為此事稱怎麼會有搞不清楚的人在馬路上練靶,「肖耶」。警方連日追查,13日前往李及員工住處,再起獲16把各式改造槍枝,其中包括真正擊傷吳女的凶槍,全案依槍砲、滅證罪嫌擴大偵辦中。


警方調查,李嫌當天帶著一群員工,在重慶南路機車行試射玩具長槍,要求員工將靶紙貼在中正橋下梁柱,從店內向外射擊,最後誤傷吳女,鉛彈從吳臉部射入,牙床、舌頭都遭重創,吳目前還重傷住院,臉部毀容,至少半年無法正常進食。

李嫌背景複雜,去年底還涉及1起妨害自由案件,他犯案後試圖狡辯,最後經員工指證才承認,但警方檢視他交出的槍枝,發現裡面的動力系統已損壞,也無法裝設CO2鋼瓶擊發,不合常情,認為他還有所隱瞞。

警方另在李的臉書上,發現他多次張貼炫槍圖文,在李嫌遭收押後,最後鎖定李和員工住處可能藏放其他的槍械,13日前往李嫌及曾姓、劉姓等員工,分別在木柵、內湖等地住處,先後起獲15把長短改造槍械及子彈。

警方更在李男外婆宜蘭的住家,起獲真正攻擊吳女的1把改造長槍,李的妻子和2名員工訊後被依湮滅證據罪查辦,另持續追查這批槍械來源。

(中國時報)

〈北部〉市立玩具圖書館市府規劃落腳八德 – 自由時報電子報

2017-12-13

木育玩具創作賽 98隊參賽

〔記者李容萍/大溪報導〕市府教育局與台灣玩具圖書館協會、埔頂國小、介壽國中、至善高中、萬能科技大學共同舉辦「木育玩具創作競賽」,來自全國的九十八個隊伍參賽,依安全健康、設計創意、造型美感、發展教育及市場需求進行評比。

參賽的至善高中家具木工科團隊,有人從小就愛坦克車,就讀家具木工科後,透過專業工藝及拋物線理論,打造可三六○度旋轉的炮台,並能以特製橡皮筋發射炮彈,一圓兒時夢想;來自琉球國小的林育全,運用在海邊撿拾的漂流木與回收物,打造合作型遊戲,結合桌遊及釣魚遊戲,提醒民眾保護自然環境的重要。

市長鄭文燦蒞會打氣說,木製玩具是古老的智慧,特別溫暖,具有安全、環保、創意三大特質,市府規劃在未來的八德大湳森林公園設置「桃園市立玩具圖書館」,將於北區、南區各找一所學校作為玩具資源中心、推廣玩具教育,進行二手玩具交換、培育玩具達人。

台灣玩具圖書館協會理事長葉國芳表示,台灣木製設備及技術養成資源豐厚,且「木頭是活的材料」,擺放在室內可讓溫濕度平衡,比塑膠玩具更好,但木製成本相對較高,台灣目前僅廿多家廠商製造木製玩具,期盼能更為蓬勃發展。

  • 木育玩具創作競賽吸引98隊參加,選手發揮想像力手作各式木育玩具,前往參觀的小朋友玩得不亦樂乎。(記者李容萍攝)
    木育玩具創作競賽吸引98隊參加,選手發揮想像力手作各式木育玩具,前往參觀的小朋友玩得不亦樂乎。(記者李容萍攝)


家庭親子支出女性多近4成 – 中時電子報 (新聞發布)

台灣進入少子化世代,內政部統計今年1~9月新生兒僅不到14.3萬人,有逐年減少的趨勢,但在親子消費力卻有不減反增的現象,顯示父母在親子相關消費上更願意花錢在強調健康、安心的高質感商品,HAPPY GO旗下智慧媒體品牌iCONNECT MEDIA觀察,在家庭親子支出上,女性占比較男性多出近4成,其中又以31~40歲的女性消費力最高,顯示媽媽為家庭支出的主要決策者。


iCONNECT MEDIA觀察,近年來親子玩具商品的消費區間主要集中於聖誕節、農曆年及兒童節,消費金額比起其他月成長近1.5倍,介於國小期中、期末考後也是購買高峰,由此可看出家長不吝在考試後採購玩具類商品,作為鼓勵獎賞,滿足孩子願望。

此外,觀察採購通路發現,雖網路購物盛行,但在親子及居家類商品採購仍以實體通路為主,占比超過9成,顯示比起方便與價格,媽媽選擇居家生活商品時較著重於家具品質及用材的安全性,也帶動相關產業的成長。

iCONNECT MEDIA發現,31~40歲的女性卡友在餐飲、服飾線上購物比例遠超過其他年齡層,其中在foodpanda消費的卡友人數占比近5成,可看出現代職業婦女忙於兼顧上班及育兒,三餐料理更為仰賴線上送餐服務,尤其在農曆年前後,消費金額較其他月份成長近3倍,顯示愈來愈多媽媽為講求方便快速,不只是平日,更在節慶期間選擇外送平台的服務。

另外,此族群在ZALORA時裝購物網消費力也表現十分出色,可知31~40歲的媽媽在選購自身需求的商品時更注重方便快速及額外的網購優惠。

HAPPY GO為了滿足細心又忙碌的媽媽對生活購物的期待,推出「親子市集」,讓媽媽快樂、小孩開心,貼心打造媽媽與孩子的親子購物樂園。

(工商時報)

AUSメディア・ウォッチ「クリスマスの贈り物」 – 日豪プレス

オーストラリア・メディア・ウォッチ

オーストラリアの新聞をはじめ、テレビ、ラジオ、映画、書籍などのメディアで今話題のもの、または面白い記事やエピソードを毎月1つ取り上げ、そこから見えるオーストラリア社会を在豪日本人の視点で紹介する。

第27回:クリスマスの贈り物

クリスマス商戦に向けて10月から飾り付けがされているキャンベラのショッピング・センター
クリスマス商戦に向けて10月から飾り付けがされているキャンベラのショッピング・センター

今年もクリスマス・シーズンがやってきた。ショッピング・センターには10月から装飾が施され、店内には早々とクリスマス・コーナーが設けられた。

12月ともなると、人びとは殺気立ってショッピング・センターを駆け回る。「クリスマス・ショッピング」だ。

オーストラリアでクリスマスを過ごすようになって驚いたのは、プレゼントの量。子どもや親へのプレゼントはもちろんのこと、甥っ子・姪っ子、親しい親戚、親しい友人、職場でのクリスクリングル(プレゼント交換)のための物まで、ものすごい数を用意することになる。

クリスマス消費の無駄

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)によると、クリスマス・プレゼントに使う金額は1人当たり平均505ドル(南オーストラリア州)から646ドル(西オーストラリア州)だという。クレジット・カードまたは借金による購入は40パーセント。クリスマス休暇後のクレジット・カード請求額は、カード当たり平均1,666ドルになるという。

借金してまで買うプレゼントだが、どれだけ喜ばれ、大切にされているのだろう。

子どもたちがもらったプレゼントの山を見て、一体どうしようかと思った経験のある人もいるだろう。収納場所は限られているし、子どもも全てのおもちゃで遊ぶわけではない。その結果、子ども部屋には遊ばれないおもちゃや、放置されたぬいぐるみが溢れることになる。

大人も同じだ。クローゼットの中には、クリスマスにもらってから一度も使っていないキッチン・ガジェットや、自分の趣味に合わないインテリア雑貨が眠ってはいないだろうか。

米イエール大学の経済学者(1993年当時)ジョエル・ウォルドフォーゲル氏は、クリスマスに贈り物をし合うことで、プレゼントの「物」としての価値は10パーセントから3分の1程度下がるという研究を発表している。必要のない物、欲しくない物までもらうからだ。オーストラリア人がクリスマス・プレゼントに消費する額は76億ドルとの推計があるが、それに基づくと7億6,000万ドルから25億ドルが無駄になることになる(シドニー・モーニング・ヘラルド紙、電子版:15年12月25日)。

このような無駄は、大量生産・販売に関わる企業を潤すだけだ。そして、それは消費社会の助長につながる。

大量消費社会の限界

最近では、行き過ぎた消費社会の反動のような動きも見られる。

日本では「断捨離」という言葉がよく使われるようになった。近藤麻理恵氏の著書『人生がときめく片付けの魔法』は、オーストラリアの書店にも翻訳本が並ぶ。若い世代を中心に「ミニマリズム」が注目を集めるようになり、「物」をできる限り排除する生き方が提唱されている。

「『多ければ多いほど良い』という考え方は現代社会にまだ残っている。だから経済システムもそれを実現するためのものになっている。生活の質と消費される『物』が、持続的な相関関係にある時はそれで良い。しかし、その相関関係は弱まってきている」と、スインバン工科大学のアンソニー・ジェームズ氏は書いている(ザ・カンバセーション、17年1月4日)。

高度経済成長期には、ある程度「物」に満たされる部分があったかもしれない。しかし、資本主義が行き着くところまで行き着いた今、社会はある種の飽和状態に達している。

話は飛ぶようだが、法政大学教授で経済学者の水野和夫氏が指摘する「資本主義の終焉」とも無関係ではないように思う。

水野氏は、資本を投資しても利潤の出ない現在のような低金利時代は、資本主義の最終局面だと主張。今後見据えていくべきなのは、経済成長のない「ゼロ成長社会」だという。そんな社会を水野氏はこう説明する。「資本の蓄積と増殖のための『強欲』な資本主義を手放すことによって、人びとの豊かさを取り戻すプロセスでもあります」(水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』集英社新書、2014年)

新しい形の贈り物

本当の「豊かさ」とは何だろう。「物」が溢れるショッピング・センターでクリスマス・ショッピングに翻弄されながら、そんな疑問がふとよぎる。

「豊かな生活」は収入と持ち物を増やすことで得られるわけではない、とジェームズ氏は言う。

「何も買うなということではありません。消費を悪いもの扱いして避けるということでもありません。消費を効率的に利用し、生きる上で最も大切なものを最大化するようにしたらどうだろうと問うことなのです」

「充実した時間、健康、借金の少ない状態、ストレスの少ない状態、豊かな地球。そんな贈り物に目を向けても良い。恵まれない人びとに何かを贈る余裕を持っても良い」と提案するジェームズ氏。

「過剰な消費が私たち自身や経済にとって良いことであるという、時代遅れの考え方に振り回される必要はないのです」

このクリスマス、慌てふためいてマイヤーやターゲットを駆けずり回る前に、少し立ち止まって考える余裕を持ちたい。


クレイトン川崎舎裕子
Hiroko Kawasakiya Clayton
◎米系通信社の東京特派員(経済・日銀担当記者)を経て、2001年よりオーストラリア在住。クイーンズランド大学院にてジャーナリズム修士号を取得後、03年からライター。キャンベラを拠点に社会事情などについての記事を雑誌や新聞に執筆する
Web: twitter.com/HirokoKClayton

瘦子大淵幹活命運大不同 – 中時電子報 (新聞發布)

頑童MJ116推出新專輯《幹大事》,歌曲〈2030〉描寫3人10年來的心境改變,他們為了配合歌曲,專輯拍照也設計情境,分別揣摩20歲和30歲的自己,3人也分享出道近10年來的改變與心路歷程。


頑童2008年推出首張專輯後,成績不理想,偶爾有零星演出,但收入不穩定,3人開始各自從事著幾乎和音樂毫無關係的工作。小春不諱言曾經當過「收錢」(收保護費)的,現在偶爾也會和當時的朋友聯絡,後來他改當服飾店店員,也跟著從事水電工的叔叔當學徒,扛高壓電線賺著日薪1500元的日子。

瘦子和大淵一起當過打雜搬運工,不過兩人在工地跟的師傅不同,運氣也截然不同,大淵笑說,他當時跟的師傅比較會打混,常常一整天做了一點事情,其餘時間都在休息,就可以領錢;瘦子則還要負責攪拌水泥等粗活,比較辛苦。

心境有極大成長

瘦子也曾在夜店擔任主持人,兩小時就可賺進3、4000元,他表示,有時碰到酒客鬧場,不免傷及自尊心,想到:「我是出道的歌手,我發過片,我幹麼在這裡。」大淵接話表示,某次他替瘦子到夜店代班,剛好遇到臨檢,足足耗了一個半小時,最後他只唱半小時,就賺進一樣的錢,被誇工作運超好。

10年過後,頑童在音樂路上闖出一片天,3人心境上也有了極大的成長。小春和大淵異口同聲表示,對於情感表達更加成熟,小春以前會覺得男生說愛、抱來抱去不好看,現在終於能大方說出口,他的兒子「大王」已開始上學,他說,會教育兒子「付出才有收穫」,因此兒子吵著要玩具,他就會要兒子做事來換玩具,如果教訓兒子也會隨後送上一個愛的抱抱,讓他知道爸爸還是非常愛他。

瘦子以前看到網友留言漫罵,會忍不住氣到直接上網吵回去,現在則轉念覺得「為什麼都不回覆愛我們的人的留言,反而一些路人來罵就要馬上回。」EQ也已經從血氣方剛的少年蛻變成熟男。

(中國時報)

瘦子大淵幹活命運大不同- 中時電子報 – 中時電子報 (新聞發布)

頑童MJ116推出新專輯《幹大事》,歌曲〈2030〉描寫3人10年來的心境改變,他們為了配合歌曲,專輯拍照也設計情境,分別揣摩20歲和30歲的自己,3人也分享出道近10年來的改變與心路歷程。


頑童2008年推出首張專輯後,成績不理想,偶爾有零星演出,但收入不穩定,3人開始各自從事著幾乎和音樂毫無關係的工作。小春不諱言曾經當過「收錢」(收保護費)的,現在偶爾也會和當時的朋友聯絡,後來他改當服飾店店員,也跟著從事水電工的叔叔當學徒,扛高壓電線賺著日薪1500元的日子。

瘦子和大淵一起當過打雜搬運工,不過兩人在工地跟的師傅不同,運氣也截然不同,大淵笑說,他當時跟的師傅比較會打混,常常一整天做了一點事情,其餘時間都在休息,就可以領錢;瘦子則還要負責攪拌水泥等粗活,比較辛苦。

心境有極大成長

瘦子也曾在夜店擔任主持人,兩小時就可賺進3、4000元,他表示,有時碰到酒客鬧場,不免傷及自尊心,想到:「我是出道的歌手,我發過片,我幹麼在這裡。」大淵接話表示,某次他替瘦子到夜店代班,剛好遇到臨檢,足足耗了一個半小時,最後他只唱半小時,就賺進一樣的錢,被誇工作運超好。

10年過後,頑童在音樂路上闖出一片天,3人心境上也有了極大的成長。小春和大淵異口同聲表示,對於情感表達更加成熟,小春以前會覺得男生說愛、抱來抱去不好看,現在終於能大方說出口,他的兒子「大王」已開始上學,他說,會教育兒子「付出才有收穫」,因此兒子吵著要玩具,他就會要兒子做事來換玩具,如果教訓兒子也會隨後送上一個愛的抱抱,讓他知道爸爸還是非常愛他。

瘦子以前看到網友留言漫罵,會忍不住氣到直接上網吵回去,現在則轉念覺得「為什麼都不回覆愛我們的人的留言,反而一些路人來罵就要馬上回。」EQ也已經從血氣方剛的少年蛻變成熟男。

(中國時報)

米玩具のマテル株に売り先行 17年12月期の業績が悪化と警告 – 日本経済新聞

【NQNニューヨーク=森田理恵】12日の米株式市場で玩具のマテルに売りが先行した。前日比0.78ドル(5.1%)安の14.59ドルまで売られる場面があった。前日夕に米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で、2017年12月期の減収幅が前年から拡大し利益率が悪化すると警告した。年末商戦にあたる17年10~12月期の販売不振への懸念が強まり、売りが膨らんだ。

 17年12月期の売上高は前期比5~9%ほ…