知られざるiPhoneの新機能「QRコード標準化」に見る中国シフト – Forbes JAPAN

Zapp2Photo / shutterstock.com

アップルは9月20日、iOSの最新バージョン「iOS 11」の配布を開始した。ここで注目したいのはiPhoneやiPadの標準カメラアプリに、史上始めてQRコードの読み取り機能が導入されたことだ。

これまでアップルのデバイスでQRコードを読み取る場合は、サードパーティのアプリをインストールする必要があった。しかし、今回のアップデートによりデフォルト状態でQRコードの利用が可能になる。標準カメラアプリでQRコードが利用可能になる意味は非常に大きい。

今回のアップデートはQRコードが普及した中国市場を意識してのことと思われるが、今後は西側諸国のスマホを通じたマーケティング戦略にも影響を与えるかもしれない。

QRコードは米国をはじめ西側諸国では普及しているとは言い難いが、アジア諸国ではここ10年間で急速に浸透が進んだ。特に中国での普及ぶりは凄まじく、アナリストのShen WeiはCNNの取材に「アジアでは2016年に1兆6500億ドル以上のモバイル決済がQRコード経由で行われており、その3分の1が中国でのトランザクションだった」と述べている。

また、直近のデータでは米国人のスマホユーザーの34%がQRコードをスキャンした経験を持ち、この値はタブレットユーザーの間では46%に達している。今後の1年で利用率はさらに高まることが期待される。

QRコードの利用ケースとしては、モバイルでの支払いやクーポンの表示、カスタマーサービスへの通話の発信、投票、WiFiへの接続、アプリのダウンロードといった例があげられる。

また、フェイスブックやツイッター、スナップチャットにもQRコードを用いてアカウントをフォローする機能の導入が進んでいる。欧米のマーケティング担当者らは様々なサービスへのQRコードの導入を、真剣に検討すべき時期を迎えたと言える。

iPhoneで撮影したザック・スナイダー監督の短編映画、オンラインで公開 – エイガドットコム

ザック・スナイダー監督「ジャスティス・リーグ」

ザック・スナイダー監督
Photo by David M. Benett/
Dave Benett/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ザック・スナイダー監督による短編映画「SNOW STEAM IRON」が、米SNSのVeroで公開された。

DCコミックスのスーパーヒーローチームの活躍を描く「ジャスティス・リーグ」を手がけていたスナイダー監督は今年5月、家庭の事情で同作を降板。その後の活動は不明だったが、9月8日(現地時間)、スナイダー監督は自身のTwitterで短編映画を制作したことを発表。「才能のある友だちや家族と一緒に、予算ゼロで週末を過ごすと、果たしてなにができるだろう?」と綴り、限られた予算とスケジュールで作られた短編であることを明らかにしている。Veroは、スナイダー監督の「SNOW STEAM IRON」 の配信を開始。視聴は無料だが、アプリのダウンロードと会員登録が必要となる。

同作は、犯罪の容疑者にされた女性をめぐるサスペンス映画で、全編iPhoneで撮影したものだという。「マン・オブ・スチール」以降、スーパーヒーローを題材にした超大作を立て続けに手がけていたスナイダー監督が、原点回帰を狙って制作した作品のようだ。

なお、「ジャスティス・リーグ」は「アベンジャーズ」シリーズのジョス・ウェドン監督が引き継いでおり、11月23日から全国で公開される予定だ。

(映画.com速報)

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る

iPhone 8とApple Watch 3が販売開始 – TechCrunch Japan


新築なったスティーブ・ジョブズ・シアターで披露されてから一週間余りがすぎ、iPhone 8/8 PlusとApple Watch Series 3が店頭に並び始めた。例によって、我先に新機種を手に入れようと世界中の待ちきれないファンが店に並んだが、列の人数はこれまでより明らかに少なかったたようだ。

Reutersによると、いつもは「数百人」だったシドニーの行列が、ことしは「30人以下」だった。今のところ新型iPhoneは好評のうちに迎えられている。本誌のMatthew Panzarinoは、新しくなったカメラをほめちぎっていた

もちろん、11月3日発売の超プレミアiPhone Xによる買い控えの影響はあるだろう。ネット注文が増えたことも理由の一つかもしれないし、ハイエンド市場での競争も激化している。今やAppleは、唯一の高級携帯電話メーカーと呼ぶにはほど遠い。

新しいApple Watchの評価は分かれている。少しのあいだ着けてみて私は今もこれが最高のスマートウォッチだと考えているが、最近報じられたLTE問題に水を差さされたのは間違いない。LTEは新Apple Watchをほかの高級機と差別化する重要な機能なだけに、これは残念だ。Appleは修正を約束しているが、会社としては発売前に見たくなかったニュースサイクルだったろう。

恒例にならって、Appleは最初の週末の販売成績を週明けに公表するはずだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

「iPhone 8 Plus」のカメラに最高評価–DxOMark – CNET Japan

 Appleの「iPhone 8 Plus」に搭載されているカメラが、DxOMarkで高い評価を得ている。DxOMarkは、カメラのセンサやレンズ、携帯端末用カメラの詳細な評価の結果を公開するウェブサイトだ。米国時間9月22日に公開された評価の中で、DxOMarkのDavid Cardinal氏は、「AppleのiPhone 8 Plusは、われわれがこれまでテストした携帯端末カメラの中で最も性能が高い」と述べた

 DxOMarkは9月に入って、携帯端末の評価方法を一新したことを発表していた。

 「iPhone 8」については、「前世代の『iPhone 7』よりも露光とダイナミックレンジに優れ、ノイズが低い」とDxOMarkは述べている。「DxOMark Mobileのランキングでこれに勝るのは、より大きく高額な姉妹製品でデュアルカメラを搭載するiPhone 8 Plusだけだ」(DxOMark)

 しかし、Googleが10月4日に発表すると見られる「Pixel 2」と「Pixel 2 XL」が、DxOMarkによる最高評価の座をiPhone 8 Plusから奪う可能性もある。

Appleの「iPhone 8 Plus」のカメラがDxOMarkで高評価
提供:Sarah Tew/CNET
この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

iPhone 8発売も人気いま一つ、発売日恒例の行列もなし―中国 – エキサイトニュース

2017年9月23日、北京晨報によると、中国で22日、米アップル社の新型スマートフォンiPhone 8」の販売が開始されたが、人気はいま一つだ。

【その他の写真】

オンラインで予約できるため、発売日恒例のファンによる行列もできなかった。アップルストアを訪れる客の多くは、iPhone 8を手に取ってはみるものの、購入する人は少ない。購入した人は「プレゼント用に買っただけで、自分用に買うつもりはない」とし、「狙っているのはiPhone Xだ」と話している。

アップルストアの店外にいる転売業者も「次に出てくるiPhone Xには期待しているが、今回のiPhone 8は扱わない」と話す。購入者が少ないため在庫が豊富で、ネットでも簡単に予約できることから、転売業者がもうけを生み出す余地はないようだ。

iPhone 8と同時発表されたiPhone Xは、10月27日予約開始、11月3日発売となっている。(翻訳・編集/岡田)

スプラトゥーンiPhoneケースの「再現度」 – ASCII.jp


 任天堂は10月4日から「スマートフォンケース イカ」「スマートフォンケース シーカーストーン」を、マイニンテンドーストアで期間限定発売します。

 スマートフォンケース イカは、「スプラトゥーン2」にて、ハイカラスクエアのイカたちが操作しているイカスマホを再現したケースです。価格は2980円(税別)。対応スマートフォンはiPhone8/7/6s/6。

 スマートフォンケース シーカーストーンは、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」でおなじみのアイテム「シーカーストーン」を再現したケース。価格は3980円(税別)。おなじく対応スマートフォンはiPhone8/7/6s/6。

スマートフォンケース シーカーストーン。画像は開発中のイメージ

 ゲームに関連したグッズとしてはいろいろなものがありますし、スマホケースなどまったく珍しくありませんが、「ゲーム内に出てくるアイテムを再現したスマホケース」はなかなか面白い試みのような気がします。


この連載の記事

米国よりシェア率高い日本 なぜ、iPhone好きなのか? – AERA dot.


河嶌太郎dot.


「iPhone X」

「iPhone X」

 日本は、世界で最もiPhoneが普及している国といわれている。スマートフォンはずっとiPhoneという人は少なくないし、パソコンはWindowsだけど、スマホはiPhoneという人はむしろ多数派にのぼる。

 iPhoneの強さは、統計にも現れている。OSやブラウザなどのシェアの機械的な統計をとっているサイト「StatCounter」によると、スマートフォン向けOSの全世界のシェアは、iOSが20.32%に対し、Android 72.74%と、Androidの圧勝となっている。ところが、これを日本に限定してみると、そのシェアはiOS 66.56%に対しAndroid 32.57%とほぼ真逆となってしまう。ちなみに、アメリカのiOSのシェアは54.12%と半分強で、iPhone“発祥の地”よりも日本の人気の高さが伺える(いずれも2017年9月時点)。

 スマートフォン市場などを研究している、MMD研究所が実施した調査「2016年4月~9月スマートフォン購入に関する定点調査」においても、2016年4月から9月にかけて、スマートフォンを購入した人の64.8%がiPhoneを購入したという結果が出ている。日本人のスマートフォン利用者のうち、7割近くがiPhoneを占めているのは間違いなさそうだ。

 なぜ、日本人はiPhoneが好きなのだろうか。MMD研究所を運営する、MMD Labo株式会社の吉本浩司社長は、スマートフォンユーザーの動向についてこう分析する。

「Android利用者はメーカー指定ではなく、Androidの中から良い端末を選びますが、iPhone利用者はAndroidの選択肢はなく、次もiPhoneを指名買いしています。そしてメーカーと端末が分離したAndroidと違い、端末とOSが同一であるApple製品は統一性があるため、一度iPhoneを使うと他を選択しない傾向にあります」

 また、世界では“高級機”とされているiPhoneが、日本では“一般機”なのも大きいという。吉本氏は続けて話す。

「世界ではiPhoneは高級端末で簡単には購入できませんが、国内はキャリアの販売奨励施策で、分割やキャッシュバックで非常に買いやすい端末であったことが日本人の大多数がiPhoneを所有できたと考えられます」

 他にも、スマートフォンと言えばiPhoneを真っ先に浮かべるイメージが醸成されているのも大きいと言う。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧




アップルの新iPhone発売、ウォール街では慎重と期待が交錯 – ブルームバーグ

アップルが新たに投入したiPhone(アイフォーン)やその他電子機器に対する評価が、絶賛と呼ぶレベルにならなかったのはこれが初めてではない。「アイフォーン8」のデザインからアップルウオッチ・シリーズ3のワイヤレス接続に至るまで、各種問題が指摘されている。しかしながら根強い人気と価格設定の高さなどを理由に、ウォール街はアップルの株価が目標を達成するとなお期待している。

ループ・ベンチャーズ・マネジメントのジーン・マンスター氏

  「当社の調査では今後1年で、ユーザーが持つアイフォーン機種の64%をX(テン)と8、8プラスが占めると予想される。この調査結果を心強く思う一方で、当社としては慎重をきたすため機種構成比率の予想は据え置いている」

シティグループ、ジム・スーバ氏

  「全体的な結論を言うと、ユーザーはアイフォーンXを待っているようだ。待望のX発売が11月3日、予約受付がその1週間前とあるので、先行モデルの出荷期間や店頭の列がこれまでの新機種発売時に比べて短いのは想定内だ。購入を決める前にXと比べてみたいのだろう」

パイパー・ジャフレー、マイケル・オルソン氏

  「8の売り上げが発売直後に弱い数字となっても、長期的な利益につながる短期的な痛みだと考えられる。9月に予想する販売台数のうち50万台を削除して、その分を12月と来年3月にかけての予想に繰り入れた。Xの発売を待ちたい消費者がいると考えられるからだ。注目しておきたいのは短期的に8の台数が減ってもその分がXにシフトするということであり、それはアップルにとってはプラスだ」

モルガン・スタンレー、ケイティ・ハバティ氏

  「アップルが最近投入した新製品の重要なポイントとしては、製品ラインを問わず平均販売価格を押し上げたことが挙げられる。ブランドとしての人気やユーザーの定着率の高さ、ドル安のおかげで、アップルは需要を損なわずに価格を引き上げることが可能になっている。2018年度1株利益は7%押し上げられ12.60ドル、目標株価は182ドルから上昇して194ドルとみている」

原題:What Wall Street’s Saying About Apple as New IPhones Hit Shelves(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

スマホでの写真めくりに最適? 1時間に6000回ものスワイプを行える専用マシーン – INTERNET Watch

 スマホに装着し、1時間に6000回ものスワイプを行えるというユニークなアイテムがKickstarterに登場し、見事に目標額を達成した。

 「Tinda Finger」と名付けられたこのアイテムは、指先そっくりの模型の先端に静電容量式のヘラのようなパーツを取り付け、スマホ本体からの給電で高速回転させることで、画面上の写真をペラペラめくれるグッズ。その動きはジョークグッズ以外の何物でもなく、また、目標額も2000ポンド(約30万円)と決して高額ではないのだが、それでも出品から10日で見事に目標額を突破していたからお見事というほかはない。「スライドショー機能を使えばいいじゃん」とマジレスしたらおそらく負けなこのアイテム、インパクトがありすぎるその動きは海外のさまざまなニュース媒体で取り上げられており、〆切までまだまだ金額は伸びそうな雲行きだ。

表示エリアが独特なiPhone X、実機を購入せずにウェブページの表示確認を行う方法 – INTERNET Watch

 画面上部に出っ張りを持つiPhone Xでは、ウェブページを表示しても一部が隠れてしまう。iPhone Xの実機を購入せず、この表示をシミュレートするための方法がネット上で紹介され、多くのブックマークを集めている。

 これはアプリ開発者の鹿野壮氏がブログで紹介しているもので、macOS上でXcode 9に付属するSimulatorを起動し、Safariを用いて表示シミュレーションを行うというもの。対象ウェブサイトのURLを入力するだけで、iPhone Xの表示を確認できるという手軽さが特徴で、また、意外と見逃されやすい、iPhone Xを横表示にした場合にウェブページの左右が隠されてしまう問題についても、このSimulatorで確認できるとしている。同エントリでは「iPhone Xを購入せず無料でウェブページの表示確認を行えます」としているが、iPhone Xの発売日までに、事前に対策を行っておく目的でも重宝することだろう。いずれにせよウェブデザイナーやアプリ開発者は要チェックといえそうだ。