パリ生まれの「マカロン」がチョコレートに。 – VOGUE JAPAN

厳選された材料と高度な製造技術によって生み出されるリンツの「クリエーション」シリーズは、誰もが愛するデザートやお菓子をタブレットチョコレートに再構築した、“デザートのようなチョコレート”テーマ。

今回、新たにその仲間入りを果たしたのが、パリ生まれのスイーツ「マカロン」フレーバー2種。いずれもミルクチョコレートの中にはマカロンを再現した2層のフィリングが入った、マカロンのテクスチャーが楽しめる1枚となっている。

「マカロン ストロベリー」はふわっとナチュラルなストロベリーの香りが広がり、甘酸っぱさがしっかりと感じられるストロベリーガナッシュと、マカロン生地を砕いたクランブルが練り込まれたフィリング。「マカロン バニラ」は、クリーミーでマイルドな風味のバニラクリームと、マカロン生地を砕いたクランブルが練り込まれたフィリングを配している。

販売店舗/リンツ ショコラ カフェ、リンツ ショコラ ブティック

・アウトレット店を除く
http://www.lindt.jp/ 

タブレット端末と連携して手軽に胎児のエコー検査ができる「Marvoto M1」 – ギズモード・ジャパン

世界中のママ&パパが待ち焦がれていたガジェット!

お腹に赤ちゃんが宿ると、産婦人科に行って検査し、エコー映像を見て写真を貰ってきますよね。

ですがこれも月に一回程度のことで、ママさんたちは日々お腹の中で成長する赤ちゃんを、視覚的に確認できず不安に感じることもあるかと思います。それをいつでも自宅でできるようにするのが、中国発のエコー装置「Marvoto M1」。

これはタブレット端末をモニターにして、お腹の赤ちゃんの姿が手元で確認できる便利なガジェットなんです。

Video: Steven Tu/YouTube

使い方はまずお腹にジェルを塗り、本体の電源を入れ、タブレットと通信してから本体をお腹に当てるだけ。画像として保存すれば家族とシェアするのも簡単ですね。

もうちょっと詳しい内容や、開発者のコメントもどうぞ。

Video: Steven Tu/YouTube

この「M1」は音波のみを使い、光放射も放射線も電磁波も出ません。640×480dpiの画質で、B-Mode超音波より鮮明な画像が見られるというのもグー。

これ以上ないほど身近にいるのに、見えないというだけで遠い存在に思えてしまうお腹の我が子。ですがこんなガジェットがあれば、生まれる前から赤ちゃんに対しての親しみを感じるでしょうね。

これは世界中すべての妊婦さん&パパさんが喉から手が出るほど欲しい一品かと思います。とはいえ公式サイトを見ても香港エレクトリッックス・フェアやメッセ・デュッセルドルフでの出展情報が確認できるものの、まだ値段や購入に関する情報は出ていない状態なので……発売までもう少しかかりそうです。

Image: YouTube
Source: YouTube(1, 2), Marvoto

岡本玄介

「Googleアシスタント」、Androidタブレットでも提供へ – CNET Japan

 Googleは米国時間12月13日、同社のパーソナル音声アシスタント「Googleアシスタント」のサポート対象を、タブレットと「Android 5.0 Lollipop」を搭載するスマートフォンにまで拡大することを明らかにした。スマートホーム市場における競争力強化に向けて、さらなる矢を放つ狙いだ。

 Googleアシスタントは、競合する「Alexa」「Siri」「Cortana」と同様に、天候からフライト情報や次の予定にいたるまでのあらゆる種類の質問に答えるものだ。また、プラグや照明などのスマート機器に電源を入れたり、買い物リストを管理したりといった家庭内の作業を支援することもできる。

 以前はGoogleの「Pixel」スマートフォンだけに搭載されていたアシスタントは、2017年に入って「Android」端末に対してリリースされたが、タブレットはサポート対象外だった。Androidの古いバージョンを搭載するスマートフォンも対象外だった。

 Googleは13日、アシスタントは米国で言語が英語に設定された状態で「Android 7.0 Nougat」および「Android 8.0 Oreo」を搭載するタブレットを対象に、今後数週間で提供していくと発表した。

 スマートフォンに関しては、Android 8.0 Oreo、Android 7.0 Nougat、「Android 6.0 Marshmallow」を搭載する端末には既にアシスタントが提供されていた。今回、米国、英国、インド、オーストラリア、カナダ、シンガポールで「Android 5.0 Lollipop」を使用するユーザーに対し、英語に設定された状態で提供が開始された。米国、メキシコ、スペインではスペイン語でも提供されている。さらに、イタリア、日本、ドイツ、ブラジル、韓国でも提供される予定だ。


提供:James Martin/CNET
この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

タブレットをサブディスプレーに モバイルも画面広々 – 日経トレンディネット

 ディスプレーの広さと生産性は比例する――と、僕は日々実感している。パソコンでは、多くのアプリを使い、複数のウインドウを開いて作業するのが普通だ。というより、それこそがWindowsパソコンのメリットで、シングルウインドウでしか使わないならタブレットで事足りる。

 複数のウインドウを開いて作業する際には、いちいち切り替えずになるべく多くが表示できるほうが好ましい。そこで、仕事場ではマルチディスプレーで利用している。ところが、外出先では、なかなかそうはいかない。モバイルノートのディスプレーもだんだん大きくなってはいるのだが、それでも14型が限界だ。

 ということで、今回はタブレットをセカンドディスプレーとして使う方法を紹介しよう。パソコンとタブレットを持っているなら、ぜひセカンドディスプレーとして活用することをお勧めしたい。7~8型程度のモデルでも、画面が複数あるだけで作業効率が桁違いだ。モバイルノートとタブレットを持ち歩けば、外出先でもマルチディスプレー環境を構築できる。

9.7型のiPad 2をセカンドディスプレーとして使ってみた

[画像のクリックで拡大表示]

こちらは10.5インチiPad Proとの組み合わせ

[画像のクリックで拡大表示]

ソフトバンク、「アニメ放題」を他社のスマートフォン・タブレットユーザーにも開放 – ガジェット通信

ソフトバンクは 12 月 13 日、当初は同社のスマートフォンユーザー向けだったアニメ見放題サービス「アニメ放題」を明日 12 月 14 日よりソフトバンク以外のユーザーにも提供すると発表しました。「アニメ放題」とは、月額 400 円の定額料金で 1,500 作品以上ものアニメ作品が見放題となる動画配信サービスです。ソフトバンク以外のスマートフォン、タブレット、PC をお持ちの方でも、Yahoo! Japan ID と Yahoo! ウォレットをお持ちであれば「アニメ放題」を利用することができます。スマートフォンとタブレット向けには専用アプリも配信されます。また PC の場合は WEB サイト上で視聴することになります。サービスへの加入はアニメ放題の公式サイトで受け付ける予定で、契約初月の利用料は無料です。Source : ソフトバンク

■関連記事
Twitterのツイートストームが「スレッド」として正式リリース
Instagramにハッシュタグのフォロー機能が追加
LINE、誤送信メッセージの「送信取消」機能を本日より提供開始

ARTISAN&ARTIST、タブレットPC対応のショルダーバッグ – デジカメ Watch

アルティザン・アンド・アーティスト株式会社は、カメラバッグ4製品を12月中旬に発売する。マグネット式フラップの「ACAM-9000」「ACAM-9100」と、ジッパー式ボックスタイプの「ACAM-9200」「ACAM-9300」をラインナップした。

普段使いも可能としており、グレーのコットン生地に汚れが付着しにくい加工を施し、摩耗しやすい部分はラバーで補強している。

フラップタイプ

片手でも収納しやすいというマグネットフラップを採用したタイプ。正面、背面にそれぞれ手回り品や小物が入るポケットも備える。カメラ機材とタブレットPCの収納を想定し、サイズにより2モデルを用意している。

大型の「ACAM-9100」は、レンズを装着したミドルクラスカメラ1台、中望遠レンズ2本を想定。希望小売価格は税別3万9,000円。

外形寸法は325×240×140mm、インナー寸法は320×140×100mm。重量は824g。

ACAM-9000

「ACAM-9000」は、レンズを装着したミラーレスカメラ1台と標準系レンズ2本を想定。希望小売価格は税別3万5,500円。

外形寸法は280×205×120mm、インナー寸法は275×125×100mm。重量は723g。

ボックスタイプ

ジッパー式の開閉部を持つカメラバッグ。正面に小物、背面に書類などを収納できるポケットを備える。

ACAM-9300

大型の「ACAM-9300」は、レンズを装着したミドルクラスカメラ1台、中望遠レンズ2本を想定。希望小売価格は税別3万9,000円。

外形寸法は325×240×140mm、インナー寸法は320×140×100mm。重量は852g。

ACAM-9200

「ACAM-9200」は、レンズを装着したミラーレスカメラ1台と標準系レンズ2本を想定。希望小売価格は税別3万5,500円。

外形寸法は280×205×120mm、インナー寸法は275×125×100mm。重量は706g。

マンガ制作に適するソフトを同梱 13.3型液晶ペンタブレット「Cintiq 13HD comic」 – ニコニコニュース

ペンタブレットおよびスタイラスペンなどを扱うワコム(埼玉県加須市)は、初めてのマンガ制作に適するという液晶ペンタブレットとソフトのセット「Cintiq 13HD comic」を2017年12月15日に発売する。

テクニカルガイド、反射防止フィルム

液晶ペンタブレット「Cintiq 13HD」に、複数ページのマンガ作品を管理でき、同人誌やデジタルマンガ制作に適するというグラフィックソフト「CLIP STUDIO PAINT EX 1年版」を同梱。下書きからペン入れ、トーン入れ、仕上げまで1つのソフト上で完了でき、画面に直感的に描いてマンガ制作ができる。

「Cintiq 13HD」は、178度の広視野角を実現した13.3型(1920×1080ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。快適な使用感のソフトグリップを採用し、省スペースで使えるスリムでコンパクトなデザイン。3段階に調節可能な脱着式スタンドを備える。利き手に合わせて設定を変更可能だ。2048レベルの筆圧と傾き検知に対応した「プロペン」が付属する。

なお、直販サイト「ワコムストア」限定特典として、井上のきあ氏著「CLIP STUDIO PAINT 基礎力を上げるテクニカルガイド」、ペーパーライク反射防止フィルム、ペンタブレットと手の摩擦を軽減しスムーズな描画が可能な2本指グローブ「Smudge Guard」をプレゼントする。

直販価格は9万2880円(税込)。<J-CASTトレンド>

デジタルコミックを直感的に描けるタブレット&ソフトのセット

市議会質問でタブレット端末活用 京都・福知山 – 京都新聞

タブレッド端末を使ってスクリーンにグラフを示しながら質問をする市議ら(福知山市内記3丁目・市議会議場)
タブレッド端末を使ってスクリーンにグラフを示しながら質問をする市議ら(福知山市内記3丁目・市議会議場)

 京都府福知山市議会は12日の一般質問で、議員がタブレット端末iPad(アイパッド)を使って大型スクリーンに資料を投影しながら質問する試みを始めた。市議会事務局によると、こうした取り組みは府内で初めてといい、質問者がグラフや写真を映して趣旨を説明し、市の見解を求めた。

 市議会は、資料配布の時間削減など議会運営の効率化を図るとして、アイパッド34台を10月から半年間、試験的にレンタル。市議26人に一台ずつ貸しだし、市の議案や連絡文書を電子データで送ることにした。通信費を含めて316万円かかり、議員側も有効活用しようと、議場やネット配信中継で、傍聴者が質疑を理解しやすいようにと試行を決めた。

 初日の12日は、質問者6市議のうち、3人がアイパッドで作成した図や写真を、議場に設置されたスクリーンに映しだした。ある議員は、市財政の硬直度を表す経常収支比率の推移や、市職員の業務量の増加などを折れ線グラフで示し、市の対応をただした。別の議員は小中学校の通学路の危険箇所に関する写真などを映し、改善を求めた。

 スクリーン使用について、市民への周知はしておらず、議場の傍聴者はわずか4人だったが、ある男性(75)は「資料を目で見ることで、質問者の意図がより分かった。傍聴に来る市民が増えれば」と語った。

 市議会議会改革検討会議の委員長を務める吉見茂久市議は「端末が飾りにならないように、市民に効果を還元していきたい」と話した。13日は2人、14日は1人が一般質問でスクリーンを使う予定。

【 2017年12月12日 22時30分 】

関連記事     

ニュース写真

  • タブレッド端末を使ってスクリーンにグラフを示しながら質問をする市議ら(福知山市内記3丁目・市議会議場)


京都新聞デジタル版のご案内

地域の政治・社会ニュース

全国の政治・社会ニュース

Huawei、Android 8.0タブレット「SHT-AL09」「SHT-W09」「CMR-AL09」「CMR-W09」を開発中 – ガジェット通信

Huawei の新しい MediaPad と見られる Android 8.0 タブレット「SHT-AL09」「SHT-W09」「CMR-AL09」「CMR-W09」の User Agent Profile が同社の公式サイトで公開され、その存在が確認されました。これら 4 モデルはいずれも Android 8.0 や 2,560 x 1,600 ピクセルのディスプレイを搭載しています。未だかつてこのような仕様の製品は発売されておらず、また、型番の規則性やタブレット向けの解像度を採用している点から考えても、これらはタブレットデバイスだと推測できます。型番的には SHT 系と CMR 系でまとめることができ、AL09 型番は中国向けの LTE モデル、W09 型番は Wi-Fi モデルだと判断できます。MediaPad の最新モデルは MediaPad T3 / M3 シリーズなので、これらには MediaPad M4 あるいは MediaPad T4 の製品名が付与されると予想されます。Source : Huawei(SHT-AL09)(CMR-AL09

■関連記事
HMD Global、Nokia 5のAndroid Oreoベータテストを開始
ASUS、自撮り特化型モデル「ZenFone 4 Selfie ZD553KL」をMVNO経由で発売
NTT西、公衆電話ボックスをフリーWi-Fiや携帯基地局として貸し出すサービスを開始