2017年の世界グーグル検索ランキング、「iPhone 8」「iPhone X」が2位と3位に – CNET Japan

 Googleが毎年恒例の「Year in Search」を発表し、2017年の急上昇ワードを明らかにした。大して驚くことでもないが、世界全体では「iPhone」は上位にランクインし、「iPhone 8」が第2位、「iPhone X」が第3位に入った。トップは「Hurricane Irma」(ハリケーン・イルマ)だった。

 2017年は、iPhoneにとって重要な年だった。Appleは初代iPhone発売10周年を記念して、iPhone 8と「iPhone 8 Plus」に加え、大幅に刷新されたiPhone Xを発売した。実機は9月までお披露目されなかったものの、10周年を記念するiPhoneに関するうわさは1年を通して流れ続けていた。

 うわさの段階では、iPhone XがiPhone 8と呼ばれていたり、iPhone 8とiPhone 8 Plusが「iPhone 7S」と「iPhone 7S Plus」と呼ばれていたりしたことも多かったことを指摘しておかなければならない。iPhone Xという名称は、発表のかなり間際まで浮上していなかった。iPhone 8の方がiPhone Xよりも上位に入ったのは、おそらくそのためだ。

 世界中のGoogle検索ワード上位5項目は、次のとおり。

  1. Hurricane Irma
  2. iPhone 8
  3. iPhone X
  4. Matt Lauer(セクハラ疑惑で解雇された米ニュース司会者)
  5. Meghan Markle(英ヘンリー王子と婚約した米女優)

 Googleはさらに、Elections(選挙)、Actors(俳優)、Memes(ミーム)など、さまざまなカテゴリ別に検索ワードを分類している。Consumer Tech(消費者向けハイテク)というカテゴリもあり、「Nintendo Switch」(3位)、「Samsung Galaxy S8」(4位)、「Xbox One X」(5位)などの人気の高い製品がランクインした。当然ながら1位と2位は前出の両iPhoneだ。

 Googleは、多かった検索ワードを列挙する以外に、「how」(〜するには)という語を使った検索が以前よりも増えたことを指摘した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

Apple、「iPhone X」向けVCSEL製造企業Finisarに3億4000万ドル授与 – ITmedia

ニュース

» 2017年12月14日 07時52分 公開



Appleが、5月のCorningへの2億ドルに続けて半導体レーザー「VCSEL」メーカーのFinisarに3億4000万ドル授与すると発表した。VCSELは「iPhone X」のFace IDやポートレートモード実現に欠かせないパーツだ。


[佐藤由紀子,ITmedia]


 米Appleは12月13日(現地時間)、「iPhone X」や「AirPods」などで採用する半導体レーザー「VCSEL(Vertical Cavity Surface Emitting LASER)」メーカーの米Finisarに3億4000万ドルを“授与(award)”すると発表した。

 これは、同社の10億ドル規模の「Advanced Manufacturing Fund」の取り組みの一環。このファンドは、「米国の製造業でのイノベーションを育成する」目的で立ち上げたもので、5月にはゴリラガラスの米Corningに2億ドル授与した。(Corningの発表時には授与ではなく出資(invest)という言葉を使っていたが、今回はCorningについても「授与した」になっている。)

 VCSELは、iPhone XのFace ID、Animoji、ポートレートモードなどの新機能を担う部品だ。

 finisar 1
iPhone XのFace ID機能

 Appleは第4四半期(10〜12月)だけでもVCSELをこれまで同期間に世界中で製造された数量の10倍購入する見込みという。

 Finisarは1988年創業のカリフォルニア州サニーベールに拠点を置く光通信製品のサプライヤー。同社はAppleから授与された資本で、テキサス州シャーマンに保有する閉鎖中の工場をVCSEL増産の拠点として再開する計画だ。この工場は約6万5000平方メートルの広さで、これにより当地に500人の雇用を創出する見込み。この工場からのVCSELの出荷は2018年第2四半期から開始の予定だ。

 finisar 2
FinisarのVCSEL製造現場

 Appleはこの授与でiPhoneの重要パーツの安定供給と、米国での雇用創出アピールの両方を実現できる。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’000000016415d712′, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20171129_fd49554_3.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);

iPhone Xのおすすめ壁紙アプリ&サイト。気になる切り欠きを活かす? 隠す? – ニコニコニュース

iPhone Xの画面にはノッチ(切り欠き)と呼ばれる独特の凹みがあり、発表直後から大きな話題になりました。

▲凹み部分にはカメラやセンサーが置かれ、時計・バッテリー残量等のステータスは左右に分割された。

また、画面の縦横比も今までに比べて縦長(2.17:1)になったため、従来の壁紙(16:9)をそのまま当てはめてもサイズが合いません。iPhone Xを買ったからには新しい壁紙を使いたいところです。

ということで、本記事ではiPhone Xの壁紙アプリをご紹介します。切り欠きを目立たせない壁紙もあれば、逆に強調する壁紙も。どっちが美しいか、あなたの感性で選んでください。

好きな壁紙に黒帯をつけ、切り欠きを隠す『Notch Remover』

好きな壁紙の上段に黒帯をつける画像加工アプリ。ウサギの耳のように出っ張った部分を黒くし、スタイリッシュな四角い画面を実現します。

▲作成例。黒帯のおかげで画面が四角くなった。

▲使い方は超シンプル。加工したい壁紙を選んで保存するだけ。黒帯を自動でつけてくれる。

▲バーを動かして、角に丸みをつけることもできる。

価格 Appstore: 無料

iPhone X向けの壁紙を2万枚以上も収録した『綺麗な壁紙』

iPhone X向けに縦横比を調整した壁紙が収録されているアプリです。好きなものをダウンロードし、そのまま使うなり先ほどの『Notch Remover』で切り欠きを消すなりしてください。

▲収録されている壁紙の一例。雑誌をペラペラめくる感覚で、大量の壁紙もササッと見ていける。

▲テーマごとに分類されており、好みのデザインを探しやすい。

価格 Appstore: 無料

ライブ壁紙の魅力も捨てがたい。全壁紙が動く『私のためのライブ壁紙』

忘れてはならないのが、iPhone 6sより実装された「3D Touch」機能。画面を強く押すことで通常のタップとはまた違う操作ができる機能です。壁紙を強く押せば、ライブ(動画)壁紙を再生することも可能ですよ。

こちらは収録数が公開されていませんが、ザッと数えただけでも数百枚ほどはありそう。ボリュームは十分です。

▲常に再生されるわけではなく、画面を強く押したときだけ再生されるため、バッテリーを消費しすぎないのが特長。

▲このアプリもテーマごとにわかりやすく分類されている。

価格 Appstore: 無料

既存の壁紙にカレンダーなどのワンポイントを加える『ロック中の画面』

上記アプリなどで好きな壁紙を見つけたら、その壁紙にもうひと加工くわえてみるのもいいでしょう。

このアプリを使えば、壁紙にカレンダーを付け足したり、ロック画面の時計部分を強調表示したりできます。

▲壁紙の上にカレンダーをかぶせた様子。広告はもちろんこのアプリ内のみで、保存した画像にはつかない。

▲時計の下地とカレンダー、それぞれ好きなものを組み合わせて使える。

価格 Appstore: 無料

切り欠きの形状をあえて目立たせる『Xの壁紙』

独特の形状を目立たせることで「iPhone Xらしさ」を強調する壁紙です。こちらはアプリではなくWebサービスなので、以下のサイトにアクセスしてください。

Xの壁紙

▲画面の縁に沿って、ネオンやステッチ風の線が引かれたデザイン。

▲好きな画像を見つけたら、共有メニューから「画像を保存」。

▲壁紙に設定する際、「視差効果」を選ぶと枠がズレてしまうので、「静止画」を選ぶ。

▲画面の縁に沿ってラインが引かれ、さりげなくもおしゃれな雰囲気に。

選択肢に幅が広がった分、いろいろな壁紙を試してみよう

切り欠きのイレギュラーな形状をきれいに隠したり、逆に目立たせたり、どのようなデザインでいくかは好みによるところ。あなたはどんな壁紙でiPhone Xを使いますか? ぜひ、いろいろ試してみてください。

iPhone Xのおすすめ壁紙アプリ&サイト。気になる切り欠きを活かす? 隠す?

iPhone Xの中国製「クローン」がネット上で公開される【写真】 – Sputnik 日本

スプートニク日本

S9とiPhone Xを一目で区別するのは非常に難しい。S9は、iPhone Xのデザインを細部に至るまで再現している。一方、中国の開発者たちは、S9にアップルの最新機能の一つである顔認証システム「Face ID」を搭載することができなかった。その代わり裏面には指紋スキャナーが配置された。

Leagoo社によると、S9の価格はiPhone Xの約3分の1のおよそ300ドルになる見込み。この価格でプロセッサ「MediaTek P40」、RAM6GB、ROM128GBが手に入る。

関連ニュース

サムスン、iPhone Xを超える高価格の折りたたみ型スマホを発表【動画】

iPhone X、欠陥発覚が止まらない【動画】

iOS11.2.1公開、auのビジュアルボイスメール利用不可問題など修正 – iPhone Mania

iOS11.2.1

 
Appleは、日本時間12月14日未明、iOS11.2.1を公開しました。au(KDDI)のiPhoneでビジュアルボイスメール機能が使えない問題のほか、HomeKitのセキュリティ問題が修正されています。

auのビジュアルボイスメール問題を修正

iOS11.2.1は、前バージョンのiOS11.2公開から2週間弱での公開となりました。
 
au(KDDI)のiPhoneの一部で発生していた、iOS11.2にアップデートするとビジュアルボイスメール機能が使えなくなる問題が修正されています。
 
ビジュアルボイスメールは、KDDIが「お留守番サービスEX」として提供する、伝言をiPhoneに音声ファイルとして配信するサービスです。
 
auのiPhoneで同サービスを利用している方は、特に早めのアップデートをお勧めします。

HoneKitの深刻な脆弱性も修正

iOS11.2.1では、HomeKit機器に勝手にアクセスされてしまう脆弱性が修正されています。
 
この不具合には、Appleがサーバー側で対処したことで、緊急の問題は修正されていましたが、複数ユーザーによる共有ができなくなっていました。
 
今回、iOSレベルでの修正が行われ、正規の機能に戻った格好です。

tvOS11.2.1も公開

同時に、Apple TV用のtvOS11.2.1も公開されています。tvOS11.2.1は、主にバグの修正が中心のアップデートとみられています。

 
 
Source:9to5Mac, KDDI
(hato)

 
 

【電子版】米アップル、フィニサーに3.9億ドル投資 iPhone XのFace IDレーザ-技術 – 日刊工業新聞

(ブルームバーグ)米アップルは、通信システムやレーザー技術を手掛ける米フィニサーに3億9000万ドル(約440億円)投資する。フィニサーのレーザー技術は、「iPhoneX(アイフォーン・テン)」での顔認識など最新機能で極めて重要な役割を果たしている。

 アップルの13日発表によると、フィニサーへの投資は今年に入り発表した10億ドルの米製造業支援ファンドから行う。アップルは、米国製造業における新たな雇用創出を目指して同ファンドを創設した。フィニサーはアップルから得た資金をテキサス州シャーマンの工場の稼働再開費に充て、同工場で500人を雇用する。

 顔の動きや表情の絵文字への反映といったアップルの新たな顔認識機能の多くでは、動きを追跡するレーザーが必要となる。またこの技術は、拡張現実(AR)分野の拡充に向けたアップルの取り組みの一環でもある。

風邪を引いたら面倒臭くなったiPhone X – ITpro

 iPhone Xが2017年11月3日に発売されて約1カ月がたった。発売当日に手に入れた筆者はその間使い続けたことになる。iPhone Xの使用感については、ITpro特集「iPhone X 徹底レビュー」でITproゆかりのライターに大いに語ってもらった。それらの意見をまとめつつ、筆者が実際に使ってみての評価を述べていきたい。

パスコードによるロック解除には戻りたくない

 タイトルが何を意味しているのかは、iPhone Xに多少なりとも興味を持って、その特徴を把握しているならピンと来るだろう。iPhone Xに搭載された顔認証「Touch ID」にまつわることだ。

 iPhone Xの最大の特徴は、ホームボタンと指紋認証「Touch ID」をなくし、Touch IDの代わりにFace IDを採用したことだ。顔面の深度マップや赤外線イメージをプロセッサ搭載のAIユニットで解析し、誤認証する確率はTouch IDの5万分の1から100万分の1に減らしたという触れ込みで導入された新認証方式。確かにTouch IDよりも便利な場面が増えた。特にApple Payを使うときには使い勝手が大きく改善されたと感じた──風邪を引くまでは。

iPhone XはFace IDのおかげでApple Payが使いやすい。Apple Watchを忘れても気にならなくなった。ところが風邪を引いてマスクを着けるようになると、Apple Watchを手放せなくなった。

[画像のクリックで拡大表示]

 この2週間ほど、風邪をこじらせてずっとマスクを着けている。どうなったか想像に難くないだろう。iPhone Xを使おうとするたびに、パスコードをぽちぽち押してロックを解除しなければならないのだ。Touch IDが初めて搭載されたiPhone 5sより前には、皆そうしていたのは分かるのだが、Face IDの利便性を知ったあとだからなおさら不便に感じてしまう。

 マスクを着けるとFace IDが効かなくなることは、既に様々なレビューで指摘されている。例えば、フリーライターの佐野正弘氏は「日本では特に冬から春にかけて、風邪や花粉症などでマスクを着ける人が大幅に増える。ロック解除する度にマスクを外さなければいけないのは面倒なだけに、何らかの回避策が欲しいと感じた」としている。

 これからしばらくロック解除にいちいちパスコードを入力しなければならないと考えると、ちょっと憂鬱だ。iPhone Xの後継モデルにはホームボタンの復活は望まないが、Face IDと併せて他の生体認証も搭載してくれるとありがたい。

Google、中国にアジア初となる人工知能研究センターを設立 – iPhone Mania

Google 中国
 
Googleが自社のAI研究センターの拠点として、中国・北京を選択したことが報じられています。多くのGoogleサービスへのアクセスが中国国内でブロックされている中での決断です。

Googleを阻み続けたGreat Firewall

中国のGreat Firewall(グレート・ファイアウォール)と呼ばれるインターネット情報検閲システムは、海外のソーシャルメディアやメッセージングアプリなどへのアクセスをブロックすることで知られています。
 
Googleの最も大きなサービスである検索エンジンを始め、YouTube、Gmailもすべて中国政府によりアクセスが規制されています。
 
2010年に中国を事実上離れたGoogleでしたが、7億3千万人のインターネット人口からなる巨大な市場を無視することはできないと、中国国内で再び居場所を確保するための道筋を模索していたといいます。

首都北京に人工知能研究センターを設立

Google傘下のAI開発企業であるDeepMindが、中国政府と組んで人間vs.人工知能の碁対決フェスティバルを5日間にわたって開催するなど、以前からGoogleは中国進出への努力を続けてきました。
 
そして北京が1,500億ドル(約17兆円)規模のAI産業の構築を目指すと発表してからわずか数カ月後、Googleの北京での人工知能研究センター設立計画が明らかになりました。
 
中国はAI分野で世界を率いるという大きな目標を掲げていますが、Googleの中国での研究センター設立はその大きな助けになることが予測されます。新しい研究施設の研究者は、すでに中国で働いているGoogleの研究者にサポートされるとのことです。
 
Googleは、自社の研究を進める一方で、AIの会議やワークショップ開催のための資金援助を行なうなど、中国のAI研究コミュニティのサポートを積極的に行なっていくことが予想されます。
 
 
Source:Google via CNN Tech
(lexi)

SIMフリースマホが機種別トップに、今年3度目 iPhoneの上位独占崩す – BCN RETAIL

 2017年6月9日に発売したファーウェイのSIMフリースマートフォン「HUAWEI P10 lite」が、スマートフォンの機種別週間販売台数ランキングの1位を獲得した。

 家電量販店の実売データ集計した「BCNランキング」では、携帯電話・スマートフォンは、キャリア・ストレージ容量ごとに別機種として集計している。その機種別ランキングで、12月第1週(2017年12月4日~10日)、「HUAWEI P10 lite」はシェア7.8%を占めて、発売以来、初めてトップに立った。

 

201712131720_1.jpg

 「HUAWEI P10 Plus/P10/P10 lite」の新製品発表会のプレゼンテーションのなかで、ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョンプレジデントの呉波氏は、前機種「HUAWEI P9 lite」はSIMフリー端末として初めてランキング入りしたと紹介。後継機種となる「HUAWEI P10 lite」は、「BCNランキング」の機種別ランキングで、6月第2週(6月12日~18日)以降、常にトップ10入りを果たし、ついに1位に輝いた。
 

201712131720_2.jpg
前機種「HUAWEI P9 lite」も人気だった(「HUAWEI P10 Plus/P10/P10 lite」の新製品発表会のスライドより)

 なお、SIMフリースマホの機種別1位獲得は、7月第2週(7月10日~16日)の「HUAWEI P9 lite」、9月第2週(9月11日~17日)のASUSの「ZenFone Go(ZB551KL-16)」に続き、今年3度目。iPhone新モデル登場後としては初だ。

 競合のAppleのiPhoneシリーズは、複数のキャリアが取り扱い、さらに機種ごとにストレージ容量のバリエーションがある。このため、個別にカウントする機種別ではなく、キャリア・容量の違いを合算したシリーズ別の集計結果のほうが、より実際の人気度を示しているといえる。

 同じ12月第1週のシリーズ別の販売台数1位はAppleの「iPhone X」となり、「HUAWEI P10 lite」は4位に後退する。それでも今年9月発売の新機種、「iPhone 8 Plus」を上回っており、SIMフリースマホのなかでは圧倒的な人気だ。

 

201712131720_3.jpg

 「HUAWEI P10 lite」は、「HUAWEI P10 Plus/P10」のライト版の位置づけだが、使い始めの軽快な動作がずっと続く独自のアルゴリズムを取り入れ、10分の充電で約2時間の動画再生が可能な急速充電に対応するなど、使い勝手のよさは上位機種と同等。価格は3万円を切り、値ごろ感の高さも好調な売れ行きにつながっているようだ。(BCN・嵯峨野 芙美)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

Appleが選んだ2017年のiPhoneゲーム「Splitter Critters」とは? – Qetic

AppleのApp Storeエディターが「Splitter Critters」を2017の「今年のiPhoneゲーム」として選出!RAC7 Gamesが制作した「Splitter Critters」はAppStoreで170件の評価の平均が「4.7」と高い評価を得ているゲームです。

AppleのApp Storeエディターが「Splitter Critters」を2017の「今年のiPhoneゲーム」として選出!

RAC7 Gamesが制作した「Splitter Critters」はAppStoreで170件の評価の平均が「4.7」と高い評価を得ているゲームです。

「Splitter Critters」とは?

スワイプすることでゲーム世界をクリッターたちを宇宙船に導くゲーム。ダウンロードの価格は360円でゲーム内の広告やゲーム内課金はありません。

また、定期的なアップデートで新しい惑星(ステージ)、クリッターも追加されるので飽きずに遊ぶことができます。

AR(拡張現実)モードも搭載されており、平面上にボックスを設置してゲームを楽しむことも可能。

Appleが選んだ2017年のiPhoneゲーム「Splitter Critters」とは? technology171212_splittercritters_3-1-700x481

Splitter Critters Trailer

「Splitter Critters」の遊び方

Appleが選んだ2017年のiPhoneゲーム「Splitter Critters」とは? technology171212_splittercritters_1-700x323

「Splitter Critters」を起動してスワイプしてゲームを開始!

Appleが選んだ2017年のiPhoneゲーム「Splitter Critters」とは? technology171212_splittercritters_5-700x323

Appleが選んだ2017年のiPhoneゲーム「Splitter Critters」とは? technology171212_splittercritters_7-700x323

画面の中をスワイプで切り裂いて、「クリッター」を宇宙船へ導きます!

Appleが選んだ2017年のiPhoneゲーム「Splitter Critters」とは? technology171212_splittercritters_8-700x323

Appleが選んだ2017年のiPhoneゲーム「Splitter Critters」とは? technology171212_splittercritters_9-700x323

ゲームを進めていくと「敵」も登場! 1つの惑星をクリアすると別の惑星に行くことができるようになります!

簡単な操作で隙間の時間にもプレイできるゲームとなっています。気になった方はDLしてみてはいかがでしょうか?

「Splitter Critters」DLはこちら!

▼RELATED
Appleが選んだ2017年のiPhoneアプリ「Calm」とは?

iPhone 8にもオススメのアプリ!「Bear」スタイリッシュで高機能なメモ・テキストエディター