クロちゃん意味不明ツイートに『水曜日のダウンタウン』が関与か? フォロワーが様々な説を推測

安田大サーカスクロちゃんが21日未明、自身の『Twitter』(@kurochan96wawa)で意味不明なツイートを連続して投稿。活字なのにろれつが回っていないような文章と、普段のツイートで多用する「~しん!」という謎の語尾が見られないことから、フォロワーの間で様々な憶測を呼んでいる。

クロちゃんは深夜にお酒を飲んでいること報告した後、約1時間の間に7件のツイートを投稿。

好きな人といる時間って大切、
異性とか関係なく

すきなことなかやりやるつまてらよあよね。
けど、ざなびんはめぐまれえる?たりかまたあここにステキなみちゆすすんでゃ、

ほんとうのなかまってなんなんてまきるんだろう、
ほれはけかたてだえでいい

好きな人は好き
大事な人は大事。
それはうそつけないわ

ひとってさ、ちっぽけなものだからさ、ろ

じぷんが思ってることなんて、宇宙のああちぶだようね。
だか

なかよくなれららひとつまてりゆうあるんだよね。

ホワン時ひあわせなひとしか居れば無理だね、
しんからはさん、!どすこあた、ほんとうにはだいせつ!

以前にTBSバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』の企画で、1週間24時間体制で完全監視した結果、大量の嘘ツイートと驚愕の私生活が明らかになったクロちゃん。たびたび同番組に出演(隠し撮り)されるクロちゃんの姿を知るフォロワーからは、

・水曜日のダウンタウンの企画やろ
・答えは来月の水曜のダウンタウン
・目隠ししてツイートさせられてる説
・音声認識のみでツイートさせられてるんやろ
・違う人がクロちゃんのTwitterで呟いても誰も気付かない説
・酔ったクロちゃんの言動を水曜日のスタッフがツイートしてるとみた
・暗号を解いたらそこにクロちゃんが監禁されとるんやろ

など、番組の企画であることを推測する声が相次いでいる。しかし、翌朝になってクロちゃんは、「おはにょーす! 気持ち悪いしんどろーむ」「2度寝しちゃったしん!」など、いつも通りの自撮り画像付きツイートを再開。謎ツイートを削除するわけでもなく特に説明もないままだが、番組の企画じゃないとすると、それはそれで心配になる人も多いのではないだろうか。

※画像は『Twitter』(@kurochan96wawa)より引用

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

ネットで話題! 吉田貴司先生の『やれたかも委員会』がAmazonKindleで100円セール中!

もしもあの時、勇気を出していたら…
そんな誰もが心に秘めている忘れられない夜を犠星塾塾長 能島明、ミュージシャン パラディソ、そして財団法人ミックステープ代表 月満子が判定します。
「やれたかもしれない夜は人生の宝です。」

ネットで大変話題となり、今年6月に単行本第1巻が発売された吉田貴司先生の『やれたかも委員会』。
我がガジェット通信では、吉田先生のインタビュー記事も掲載させていただいたので覚えてらっしゃる読者の方も多いことだろう。

参考記事:“やれたかも”には人生の真実が詰まっている~『やれたかも委員会』吉田貴司インタビュー
http://getnews.jp/archives/1878526[リンク]

その『やれたかも委員会』第1巻、10月21日11時現在『Amazon』の電子書籍Kindleでなんと100円というセール価格に! 吉田先生(@yoshidatakashi3)も『Twitter』で告知を行っている。

今だけセールしてるみたいです。
この機会に読んでみてください!

「人生の真実が詰まっている」というこの作品、チェックしてみてはいかがだろうか。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

ジュリアナの祟り – SHIBUYAアルティメットハロウィン2017写真集(GetNews boy/ガジェット男子)

SHIBUYAアルティメットハロウィン2017より、ユニットごとの写真をお届け。今回は「ジュリアナの祟り」です。
(photo=深水英一郎)

■ジュリアナの祟り
https://twitter.com/ayatra_wrs [LINK]
http://ayatra.jp/ [LINK]

■SHIBUYAアルティメットハロウィン2017
http://halloween.x0.com/

■GetNews boy
http://getnews.jp/boy
GetNews boyは、撮り下ろし写真で今活躍している男性にフォーカスするガジェット通信の企画です
撮影:深水英一郎

(GetNews boy / ガジェット男子)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

実写版『鋼の錬金術師』レビュー大荒れでドラマ『地獄先生ぬ~べ~』放送時の岡野剛先生のツイートが話題に

12月1日より公開予定の実写映画『鋼の錬金術師』。公開前から『Yahoo!映画』のレビュー欄で騒動が起こるなどして、ネット上では話題沸騰のようである。

参考記事:
「顔も演技も三星ホテル!」「ディーンフジヤマ」 実写版『鋼の錬金術師』不可解レビューに疑惑の声が噴出
http://getnews.jp/archives/1973411[リンク]

ちなみに、11月20日21時の時点で評価は762件、点数は2.06 点(※「星のみの点数は、映画公開後に反映されます」とのこと)。

人気漫画の実写化といえば永遠の迷作『デビルマン』をはじめ枚挙に暇がないが、ドラマでは2014年10月より『地獄先生ぬ~べ~』が日本テレビ系列で放送されこちらもネット上で大いに物議を醸した。そのときの、作者である岡野剛先生(@Takeshi_Okano)のツイートが現在話題となっている模様である。

とある『Twitter』ユーザーは11月18日に

実写ハガレンで荒れてるヲタクは学芸会レベルの実写ドラマにもかかわらず仏のようなコメント出した岡野先生を見習えよな!

とツイート、岡野先生の2014年10月25日の

設定変更に対して原作のファンが憤りを感じられる気持ちは分かります。申し訳ないとも思います。でもそれは、20年も前の作品を現代に甦らせるために必要な「翻訳」なんだと考えて、どうか大目に見ていただけないでしょうか。

原作もアニメも見た事の無い子供たちが「ぬ~べ~、ぬ~べ~」って言っているんですよ。この今の状況を、私も真倉先生も喜んでいるのです。原作ファンの皆さんにも、この喜びを共有してもらえたら…というのが、私たち2人の希望なんです。

原作とアニメと、それからドラマ。
みんなちがって みんないい。

そんなふうに思ってもらえたら最高に幸せです。

…なんて、殊勝な事書きましたけど、本当はね、ドラマを見てぬ~べ~のファンになってくれたチビッコが、数年後に本屋で原作を見つけて読んで、「ギャアアア!!」ってトラウマになるのを想像して密かにほくそ笑んでいるのです。(わあ、台無しだあ!)

という一連のツイートのキャプチャ画像をアップ。大きな反響を呼び、11月20日21時の時点で1万7千件以上のリツイート、1万9千件以上のいいね!を集めていた。
なお、こちらの返信ツイートの中にも「永井豪先生」「デビルマン」といった単語がチラっと見られた次第である。

※画像は『Twitter』より

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

エジプトの女性ポップシンガーがバナナをねっとりと食べるMVのせいで逮捕される

エジプトの女性ポップシンガーShymaさんが、“姦淫と不道徳を扇動した罪”でエジプトの警察当局に身柄を拘束されたことがわかりました。中東メディアのアル=アラビーヤなどが伝えています。

当局が問題視しているのは、Shymaさんが11月16日に公開した新曲『I Have Issues』(意訳すると『もんだいガール』的な感じ?)のミュージックビデオ(MV)。

【動画】Shyma – Andy Zoroof – شيما – عندي ظروف(Facebook)
https://www.facebook.com/asrarwe3trafat/videos/1548537005228341/[リンク]

セクシーな女性教師をイメージしたような姿のShymaさんが、「クラス#69」と走り書きされた黒板の前でリンゴを舐めたりバナナを食べたり。何か深い意味があるのかナ? ボクにはサッパリ分からないゾ?

警察によると、このMVを見た人たちから多数の“苦情”があったため、“姦淫と不道徳を扇動した罪”の疑いでShymaさんを逮捕したとのこと。ShyamaさんはMVに予想外の反発があったことについて、「私のビデオクリップを見て衝撃を受けたり不適切な受け止め方をしてしまった人たちにお詫びします」と『Facebook』に謝罪の言葉を書き残しました。

2013年に「女性にとって最悪の中東国家」に選ばれたこともあるエジプトでは、シーシ大統領になってからも宗教保守勢力の影響力が強く、法律の幅広い解釈によって罪に問われるアーティストが増加傾向にあるそうです。

スカートの中の夢を見せる!? 『NO.S PROJECT』のフリルミニペチコートが「オタクを殺す服」として話題に

とある『Twitter』ユーザーが「嫁が買ったブランドのペーパーが“オタクを殺したい!!”という強い意志が伝わる」として画像をツイート。ちょっとした話題になっています。

うちの嫁がお洋服を買ったブランドのペーパーが、なかなか興味深い内容だったので思わずアップしてしまった。

女性に向けての内容なのか、男性に向けての内容なのかよくわからないけど、「オタクを殺したい!!」という強い意志が伝わってくる内容だった。

「見えそうで見えない・・・!女の子のスカートの中には夢が詰まっていないと!」「双方Win-Win」というコピーがなかなか刺激的なこのスカートは、『NO.S PROJECT』のフリルミニペチコート。

ミニスカートをのぞいても絶対にパンツが見えない。むしろパンツが見えるより色気を感じる「フリルミニペチコート」上品なフリルの誘惑。一瞬のチラリズム。スカートの中のユートピア。いろんな意味で見逃せません。

もしかして、ブランド名に聞き覚えがあるという人もいるかもしれません。そう、2015年頃に「童貞を殺す服」として話題になったブランドです。

この『NO.S PROJECT』のフリルミニペチコートには「美しい」「持ち上げ方が上手い」といった反応があったほか、『妖狐×僕SS』の白鬼院凜々蝶を思い出したというユーザーも数多く見られました。

「見えそうで見えない」というフェティッシュ路線の『NO.S PROJECT』のアイテム。実際に着用している女子が「オタクを殺す服」として着ているかは分かりませんが、清楚系でかつちょっと色気も追うというブランドならではのスカートと言えるのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/NOS_PROJECT/status/845220311276568577 [リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

風力発電が生態系に影響!? 風車に激突したオジロワシの死骸を入れた袋の画像に「知らなかった」「心が痛い」と反応多数

2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」で再生可能エネルギーの推進が進められ、日本の風力発電は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によると2017年3月末時点で設備容量は約336万キロワットと前年比7.8%増、設置基数は2203基と同5%増という伸びを見せています。

しかし、そんな風力発電にも負の側面が。北海道釧路市に拠点をもつ猛禽類医学研究所(@raptor_biomed)が、風力発電の風車に激突して死亡したオジロワシの袋の山の画像をツイートしています。

山積みにされた大きな袋。これらは全部、風力発電用の風車に衝突して死んだオジロワシだ。温室効果ガスを出さない発電方法として、エコの代名詞的に取り上げられることもある風力発電。その裏で絶滅の危機に瀕した猛禽類が次々と死んでいる現実を直視しなければ、野生動物との共生は永遠に実現しない。

猛禽類医学研究所は、続けて次のようにもツイート。

風力発電施設の直近を飛ぶオジロワシ。雪に埋もれたり、キツネに持って行かれたりして、発見されなかった被害個体は数知れず。少なくともオオワシやオジロワシが頻繁に利用する場所には建設するべきではないが、政府は北方領土での日露共同経済活動として、風力発電所の建設を優先5項目に入れている。

1970年に国の天然記念物に指定されているオジロワシ。森林伐採などによる繁殖地の破壊と、海岸開発などでの採食場所の減少により、繁殖数が減っていることが懸念されています。

猛禽類医学研究所のツイートを見たユーザーからは「知らなかった」「悲しい」「心が痛い」「何事にも弊害があって難しい」といった反応があったほか、「環境保護のために作られた風力発電が野生動物の生態系に悪影響を与えているのは愚かしい」といった意見も見られました。

一見、「エコ」に見える風力発電の開発がもたらしている猛禽類の生態系の破壊。「再生可能エネルギー」への転換も人間のエゴが為していることだということを認識する必要があるのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/raptor_biomed/status/930400911267991552 [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ソースが少ないと思ったら……? モスバーガーの『とびきりハンバーグサンド』新作は肉汁すらもソースらしい

ーーー“ソースがたーっぷり入っている”ハンバーガーがモスバーガーよね

そんなモスバーガーの概念を一新したかのようなハンバーガーが11月21日に登場。今回の新製品『とびきりハンバーグサンド<薫るベーコン&クリーミーポテト>』は2008年の発売以来、累計約1億4000万食を販売している『とびきりハンバーグサンド』シリーズの新作。

シリーズ新製品となる『とびきりハンバーグサンド<薫るベーコン&クリーミーポテト>』を編集部スタッフがさっそく食べてきました。

■肉汁すらもソースな新製品『とびきりハンバーグサンド<薫るベーコン&クリーミーポテト>』を食べる

まず『とびきりハンバーグサンド』シリーズは、ハンバーグの肉に国産肉(豚・牛合挽き肉)100%を使用し、通常パティとは異なる製造方法でふっくらとジューシーに仕上げて、肉の旨みがしっかり味わえます。また重量も約 1.5 倍のボリュームで食べ応えのあるもの。

『とびきりハンバーグサンド<薫るベーコン&クリーミーポテト>』は、イタリア産の豚肉を、桜と栗のブレンドチップでていねいにスモークしたベーコンに、国産の生クリームとバターでクリーミーに仕上げたマッシュポテトを合わせた重量感あふれるハンバーガー。
ハンバーグ、ベーコン、マッシュポテト、オニオンソテーが山となり、食べずとも見るからにボリューム満点です。

が、このハンバーガーをよーくみてみると……。アレ、いつものモスバーガーよりソースがだいぶ少ないぞ!

「これ、ソース少ないですよね、なぜですか?」と、モスバーガーの開発担当者さんに伺ってみたところ

・肉汁や野菜の旨みもソースとして楽しめるよう開発
・ソース少な目なので持ち帰ってもベチャッとならずテイクアウトにも最適

と、コメント。

“子供のおもちゃ”だけじゃもったいない! 『スター・ウォーズ プレイウォッチDX』レビュー

11月11日にタカラトミーが発売した『スター・ウォーズ プレイウォッチDX』のレビューをお届けします。子供用のおもちゃにしておくのはもったいない、大人にも魅力的な多機能ウォッチです。

スター・ウォーズ プレイウォッチDX』は、タッチパネルとカメラ、モーションセンサーを搭載した、本格的なスマートウォッチ風おもちゃ。ネットに接続したりスマートフォンとBluetoothで連携するわけではないですが、ガジェット好きの心をくすぐる多彩な機能が楽しめます。

まずは外観をチェック。本体はプラスチック製なので持ってみると軽いのですが、見た目は質感の高いスマートなデザイン。

バンドはシリコン製で、レビューした『スター・ウォーズ プレイウォッチDX ファースト・オーダー ストームトルーパー オフィサー』では『スター・ウォーズ』ロゴ、ファースト・オーダー ストームトルーパー、ファースト・オーダーのマークがプリントされています。子供っぽくならないレベルのポップなデザインが特徴です。

1.44インチのタッチパネルの反応はスムーズ。時計表示の盤面ではスワイプすると絵柄が切り替わり、タップすると時計のデジタル表示とアナログ表示を切り替えられます。高精細な写真を使った美しい盤面の絵柄は、デジタル15種、アナログ15種の計30種類。

子供のころ憧れたスパイの小道具のような、側面に取り付けられたカメラ。側面のシャッターボタンを押して撮影します。

「顔も演技も三星ホテル!」「ディーンフジヤマ」 実写版『鋼の錬金術師』不可解レビューに疑惑の声が噴出

12月1日より公開される映画『鋼の錬金術師』。人気漫画の実写化とあって制作発表の頃から賛否両論が展開されてきた話題作だ。劇場公開を直前に控え、同作の『Yahoo!映画』ユーザーレビュー欄がネット上で波紋を広げている。

11月15日に開催された『鋼の錬金術師』のジャパンプレミア以降、『Twitter』上には先行試写会に参加したと思われる人たちから酷評コメントが噴出。『Yahoo!映画』のレビュー欄にも星1つの評価が並び話題を呼んだ。とはいえ、すべてのレビューが試写会に参加した人のコメントかどうか判断できないので、その点は要注意だ。

すると今度は、わずかな間に同作を高評価する星5つのレビューが急増。公開前にも関わらず現在までに合計700件以上のコメントが付いているのだが、星5つのレビューコメントを読むと何やら「疑わしい」と物議を醸しているのだ。その一部を抜粋してみよう。

本田翼もディーンフジヤマも役がよくはまってます!
・顔も演技も三星ホテル!
・誰もが画面最大のkawaiiと思う!
・山だ最高!!肝臓!!
・山田さんはこの映画のために、恐れを克服して、7メートルの高さから飛び降りて、私に敬服します。
・凄く日本作る映画においての率いる最高!

すべて原文ママである。ネイティブとは思えない日本語と、中国語で使用される漢字が散見されることから、ネット上では「中国人のサクラを雇ったのかな?」といった疑惑も浮上する事態に。個人レベルで呼びかけがあった可能性も考えられるが、「たった1日で気味悪いほどの高評価が大量につくのはおかしいです」「レビューの錬金術師がわいてますねぇ」と、反発でさらに低評価を付けるユーザーも。星1つも星5つもコメントは大荒れ状態で、もはや平均点を含めて参考に値するレビュー欄とは言えない状態だ。気になる人は自分の目で確かめることをオススメする。

※画像は『Yahoo!映画』より引用

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』