タニタ、「おそ松さん」とコラボしたオリジナル活動量計の予約開始


タニタ、「おそ松さん」とコラボしたオリジナル活動量計の予約開始

2017年10月16日 18:05掲載


おそ松さんオリジナル活動量計 おそ松さんオリジナル活動量計

タニタは、TVアニメ「おそ松さん」とコラボレーションした「おそ松さんオリジナル活動量計」を、数量限定で発売ことを発表。同社オンラインショップでは10月16日より、アニメ・コミックの専門店「アニメイト」では10月17日より予約受付を開始する。なお、製品の発送は2月下旬を予定している。

インターネットを使った会員制の健康管理サービス「からだカルテ」と連動し、歩数や活動量の経時変化を記録できる活動量計。本体に同作の主人公である「おそ松」、「カラ松」、「チョロ松」、「一松」、「十四松」、「トド松」たち「6つ子」の描き下ろしイラストをあしらったオリジナル製品となっている。

「からだカルテ」上で、歩数に応じておそ松さんたちと一緒に日本の観光地を旅する「バーチャルウオーキングイベント」が楽しめるほか、各キャラクターの描き下ろしイラストによるポストカード、アクリルキーホルダー、缶バッジのオリジナルグッズが付属。付属するグッズはキャラクターごとに6種類をラインアップしており、計12パターンの展開となっている。

本体のラインアップは、アニメと同じ頭身のキャラクターが描かれた「等身タイプ」と、かわいらしくデフォルメしたキャラクターが描かれた「ちびキャラタイプ」の2種類。

価格は5,022円。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会


関連コンテンツ

キャラクター雑貨関連最新ニュースリンク


タイガー魔法瓶の炊飯ジャー、オンキヨー技術で“高品位な音声再生”


タイガー魔法瓶の炊飯ジャー、オンキヨー技術で“高品位な音声再生”

2017年10月16日 17:40掲載


JPG-X100 加振器(Vibtone)】

オンキヨーは、タイガー魔法瓶が9月11日に発売した炊飯ジャー「土鍋圧力IH 炊飯ジャー<THE 炊きたて>JPG-X100」について、オンキヨーの加振器「Vibtone」シリーズが搭載されたことを発表した。

「Vibtone」は、「振動(Vibration)+音(Tone)」で開発された加振器の名称。加振器を活用した音声再生によって、振動板を用いた従来のスピーカーユニットを使用することなく、天面全体をスピーカーにして、「高品質でクリアな音声・メロディの再生を可能とする」とのことだ。

具体的には、家電製品での音声・メロディの再生方法はこれまで、振動板を有するスピーカーユニットの利用が一般的で、「高音質かつクリアな音を再生する場合には、音の出口を設けるために製品へ穴をあけることが必要とされていた」とのこと。しかし、「防水性や気密性が必要とされる製品が多く、製品自体に音の出口である穴を設けることが困難」として、「スピーカーユニットが持つ本来の再生音を充分に発揮できなかった」という。

そこで、今回搭載した加振器では、炊飯ジャーのふたにあたる銘板を振動させることで、クリアな音を再生することを可能にした。炊き上がり時のお知らせ音といった再生音質については、タイガー魔法瓶と共同開発を行い、「心地よく耳ざわりのない音を実現する」と説明している。

■関連リンク

ニュースリリース(PDF)


関連コンテンツ

炊飯器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


MSI、ブレイド アンド ソウルとコラボした15.6型ゲーミングPC


MSI、ブレイド アンド ソウルとコラボした15.6型ゲーミングPC

2017年10月16日 17:03掲載


GS63VR 7RF-100BSAK GS63VR 7RF-100BSAK

エムエスアイコンピュータージャパンは、MMORPG「ブレイド アンド ソウル」とコラボレーションした特別デザインのゲーミングノートパソコン「GS63VR 7RF-100BSAK」を発表。10月20日より、パソコンショップ「アーク」限定で販売する。

「ブレイド アンド ソウル」は、エヌシージャパンが運営する大型MMORPG(多人数同時参加型オンラインRPG)。キム・ヒョンテ氏によるキャラクターデザインや、東洋ファンタジーという世界感、既存のオンラインRPGを越えるゲーム性と水墨画のように淡くかすむ景色をバックに、武侠をモチーフにした東洋テイストの世界観が特徴だ。

今回の特別デザインのゲーミングノートパソコンは、「GS63VR」をベースとし、天面パネルとパームレスト部分に「ブレイド アンド ソウル」のロゴが刻印されている。さらに、購入特典として、「龍翔会90 日会員権」と「燃えさかる龍磨剤3個」のアイテムクーポンが付属する。

主な仕様は、ディスプレイが15.6型フルHD液晶(1920×1080ドット)、CPUが「Core i7-7700HQ」、GPUが「GeForce GTX 1060」、メモリーが16GB DDR4、ストレージが256GB SSD+1TB HDD。OSは「Windows 10 Home」をプリインストールする。

このほか、本体サイズは380(幅)×17.7(高さ)×249(奥行)mm。重量は1.89kg。

価格は237,260円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

ノートパソコン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


80年代を代表する「少年ジャンプ」5作品のプレミアムカードダスセット発売


80年代を代表する「少年ジャンプ」5作品のプレミアムカードダスセット発売

2017年10月16日 16:20掲載

バンダイは、「週刊少年ジャンプ」創刊50周年記念の「ジャンプ展VOL.1」で販売したプレミアムカードダスセット「週刊少年ジャンプ50周年記念 プレミアムカードダスセット」を「プレミアムバンダイ」でも発売すると発表した。

創刊から80年代を代表する5作品(「こちら葛飾区亀有公園前派出所 」「キン肉マン」「聖闘士星矢」「Dr.スランプ アラレちゃん」「ジョジョの奇妙な冒険」)のプレミアムなカードをオリジナル冊子に入れて提供する。過去のカードデザインそのままに、このセットでしか手に入らないカードを5枚収録。収録カードはすべて、豪華な特別仕様となっているとのことだ。

セット内容は、プレミアムカードダス5枚。カードのサイズは86(幅)×59(高さ)mm。

直販価格は1,200円。

(c)鳥山明/集英社・東映アニメーション

(c)車田正美/集英社・東映アニメーション

(c)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会

(c)秋本治・アトリエびーだま/集英社・ADK

(c)ゆでたまご・東映アニメーション

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

トレーディングカード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


Plantronics、IPX5防水&軽量14gのスポーツBTイヤホン「BackBeat FIT 305」


Plantronics、IPX5防水&軽量14gのスポーツBTイヤホン「BackBeat FIT 305」

2017年10月16日 12:51掲載


BackBeat FIT 305 BackBeat FIT 305

日本プラントロニクスは、スポーツやフィットネス向けのイヤホン「BackBeat FIT シリーズ」より、Bluetoothイヤホン「BackBeat FIT 305」を発表。10月26日より発売する。

ランニングやフィットネスなどのスポーツシーンでの使用に適した、軽量14gのBluetoothイヤホン。 コンパクトなデザインであるため可搬性にすぐれ、高い安定性と快適な装着感を実現。また、最大約6時間の音楽再生が可能。着信応答など通話にも対応する。

イヤホン本体には、P2i社の撥水加工とIPX5準拠の防水性を備え、汗や湿気、突然の雨などの使用にも耐えられるよう設計。あらゆるシーンで利用できる。音質面では、同社独自のイヤーチップ構造により、深みのあるリッチな音質を提供するほか、長時間の装着を最適化する。

加えて、パッシブノイズキャンセル機能を搭載しており、イヤホン自体の遮音性を高めることで物理的に周囲の騒音をカットするため、突発的に発生する騒音に対してもノイズキャンセル機能を発揮する。ケーブルは反射機能付きファブリックスポーツケーブルを採用。摩擦音を最小限に押さえ、夜間視認性を向上させた。

主な仕様は、通信方式がBluetooth 4.1(下位互換有)、連続音楽再生・通話時間が最大6時間、連続待受時間が最大約10日間、充電時間が充電ゼロの状態からフル充電まで約2時間。重量が14g。

ドライバーが6mm径、周波数特性が20Hz〜20kHz、インピーダンスが16Ω、感度が106dBSPL@1kHz(max volume)、対応コーデックはCVSD、mSBC、SBC、対応プロファイルはA2DP v1.2/AVRCP v1.4/HFP v1.6/HSP v1.2。ボディカラーはグレー/ブラック、ブルー/ダークブルー、コーラルピンク/グレー、ライムグリーン/グレーの4タイプを用意。携帯用ポーチ、USB充電ケーブル、専用イヤーチップ(S/M/L ※Mサイズは本体に装着済み)が付属する。

市場想定価格は9,980円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


プリンストン、オフィス向け 21.5型ワイド液晶「PTFBDE-22W/PTFWDE-22W」


プリンストン、オフィス向け 21.5型ワイド液晶「PTFBDE-22W/PTFWDE-22W」

2017年10月16日 7:00掲載

プリンストンは、21.5型ワイド液晶ディスプレイ「PTFBDE-22W/PTFWDE-22W」を発表。10月23日より発売する。

白色LEDバックライトを搭載したオフィス向けの21.5型ワイド液晶ディスプレイ。疲れ目の原因となるブルーライトやフリッカーの削減機能を搭載し、長時間使用にも配慮した設計となっている。

また、広視野角、水平/垂直178°を確保したパネルを採用し、見る位置による色味やコントラストの変化が少なく、正確な色再現を実現。

さらに、環境保護にも配慮し、有害物質の使用を抑制する「RoHS指令」や特定の化学物質の含有率が基準値以下であることを示す「J-Moss」規格に準拠しました。また、文部科学省の定める学校環境衛生基準にも適合している。

主な仕様は、最大消費電力が最大22W、最大表示解像度が1920×1080ドット、最大表示色が約1677万色、視野角が水平/垂直178度、
コントラスト比(DCR時)3000:1(8000,000:1)、最大輝度が250カンデラ、応答速度が30ms(中間色)、オーバードライブ8ms(中間色)。インターフェイスはアナログRGB、DVI-D(24ピン)、HDMI、3.5mmステレオミニジャック。

本体サイズはは497.2(幅)×386.7(高さ)×168(奥行)mm(ユニット外形)。重量は約2.9±0.3kg(スタンド部含む)。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

液晶モニタ・液晶ディスプレイ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


ケンコー、60周年記念の双眼鏡「ケンコー 8×42 DH MarkII 60th-Ltd.」


2017年10月16日 6:00掲載


「ケンコー 8×42 DH MarkII 60th-Ltd.」 「ケンコー 8×42 DH MarkII 60th-Ltd.」

ケンコー・トキナーはケンコー・トキナー創立60周年を記念した限定モデルとして、握りやすいオープンヒンジスタイルの双眼鏡「ケンコー 8×42 DH MarkII 60th-Ltd.」を発表。10月20日より数量限定で発売する。

フォーカスリングに、シャンパンゴールドと赤のダブルアルマイト処理を施したモデル。オープンヒンジスタイルを採用し、しっかりと握れて、ホールド感にすぐれる点が特徴だ。さらに、引き出し式ロック機構によって、双眼鏡操作中の視度調整リングのずれを防止する。

また、すべてのレンズ面、プリズム面にマルチコートを施し、補助プリズムにはフェイズ(位相差)コートと高反射銀蒸着コートを施すことで、明るくクリアな像を得られる。加えて、ツイストアップ見口の採用によって、簡単にアイポイントを変更でき、ハイアイポイント設計により、眼鏡をかけたユーザーでも快適に使用できるとのことだ。

このほか、ボディは完全防水設計(JIS保護等級6相当)を採用。内部には窒素ガスを充填し、レンズの曇りを防ぐという。

主な仕様は、倍率が8倍、対物レンズ有効径が42mm、実視界が7.5度、1000m先の視野が131m、最短合焦点距離が2.5m。本体サイズは167(幅)×58(高さ)×145(奥行)mm、重量は900g。

価格は86,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

双眼鏡・単眼鏡関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


ASRock、Core Xシリーズに対応した「Fatal1ty X299 Professional Gaming i9 XE」


2017年10月16日 6:00掲載

CFD販売は、ASRock製マザーボード「Fatal1ty X299 Professional Gaming i9 XE」の取り扱いを開始。10月中旬より発売する。

チップセットに「Intel X299」を搭載し、ソケット「LGA2066」に対応したATXマザーボード。CPUは「Core X」シリーズを搭載することが可能だ。

メモリーは、DDR4 4400+MHz対応スロット×8(最大128GB)。ストレージは、Ultra M.2×3、SATA×8。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 2.0 x1×1。

このほか、インターフェイスは、Fatal1ty マウスポート(USB 2.0)×1、USB 3.1 Gen1×4、USB 3.1 Gen2 Type-A×1、USB 3.1 Gen2 Type-C×1、USB 2.0×2、10ギガビットLAN×3、光デジタル×1を備える。

市場想定価格は59,980円前後(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

マザーボード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


ISS打ち上げロケット&宇宙船「ソユーズ」が搬送列車とセットで1/150のプラモ化


ISS打ち上げロケット&宇宙船「ソユーズ」が搬送列車とセットで1/150のプラモ化

2017年10月15日 6:32掲載

グッドスマイルカンパニーは、1/150スケールの「ソユーズロケット/ソユーズ宇宙船」と「搬送列車」のプラモデル「1/150プラスチックモデル ソユーズロケット+搬送列車」を発表。10月13日から12月20日21時までの期間、受注生産の予約受付を行う。製品の発売は2018年3月を予定する。

現在、国際宇宙ステーション(ISS)へ宇宙飛行士を送り届ける唯一の機体となった「ソユーズロケット/ソユーズ宇宙船」を「搬送列車」とともに、かつてない密度でプラスチックモデル化。ロケットと搬送列車本体を1/150スケールで再現しつつ、車両の車輪幅は約9mmにアレンジ。ロケット模型としてだけではなく、鉄道模型としてディスプレイを楽しめる。なお、全高は約320mm。車輪は非可動。

8色の成形パーツを使用し、素組みのままでもロケットのフォルム、各プロセスを楽しめるほか、素材はPS(ポリスチレン)製であり、塗装や加工を施し、じっくり作り込める。
ロールアウトからISS到達までの各プロセス、発射場への搬送、打ち上げ態勢移行、多段ブースターの分離、そしてソユーズ宇宙船の展開という、宇宙へ向かうドラマの1シーン1シーンを楽しめる。

価格は5,370円(税別)。


関連コンテンツ

プラモデル関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


ネットギア、5,980円のAmazon.co.jp限定11ac無線LANルーター


ネットギア、5,980円のAmazon.co.jp限定11ac無線LANルーター

2017年10月15日 6:30掲載

ネットギアジャパンは、無線LANルーターのエントリーモデル「R6120」を発表。Amazon.co.jp限定で、10月13日より予約受付を開始し、10月27日より発売する。

IEEE802.11a/b/g/n/acに対応した無線LANルーター。11acで最大867Mbps、11nで最大300Mbpsの高速ワイヤレス通信が可能だ。

また、有線ポートの通信速度は100Mbpで、LANポート×4、WANポート×1を装備。さらに、USB 2.0ポート×1を備えており、外付けHDDをワイヤレスで共有することができる。

このほか、本体サイズは185(幅)×46(高さ)×136.5(奥行)mm。重量は250g。

市場想定価格は5,980円。なお、予約購入者限定で5%OFFになる特典が付属する。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト