ASUS、左右対称の有線マウス「ASUS MOUSE UT200」を980円で発売


ASUS、左右対称の有線マウス「ASUS MOUSE UT200」を980円で発売

2017年12月14日 6:25掲載

ASUS JAPANは、USB接続の有線マウス「ASUS MOUSE UT200」を発表。12月22日より発売する。

自然な手の形で握れる形状をあしらったモデル。利き手を問わない、左右対称のデザインを採用した。このほか、センサー方式が光学式(Blue LED)、解像度が1000dpi、ボタン数が3個(ホイールボタン含む)、ケーブル長が約1.5m。Windows、Macの両OSに対応する。

本体サイズは64.2(幅)×36.2(高さ)×115(奥行)mm、重量は約92g。ボディカラーは、グレー、ブラック。

市場想定価格は980円(税別)。

このほか同社では、ノートPC用のぞき見防止フィルター2種を2018年1月12日に発売すると発表した。市場想定価格は13.3型用が5,980円、15.6型用が7,980円(いずれも税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

マウス関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


アップル、“Mac史上最もパワフルな”「iMac Pro」を12/14発売決定


アップル、“Mac史上最もパワフルな”「iMac Pro」を12/14発売決定

2017年12月13日 16:44掲載

アップルは、ハイエンドの一体型モデル「iMac Pro」の発売日を決定。12月14日より発売する。

「iMac Pro」は、「Mac史上、最もパワフルなワークステーションクラスのグラフィックス、プロセッサ、ストレージ、メモリ、I/Oのコレクションを詰め込んだiMac」として、6月に発表されたモデル。

具体的には、ディスプレイは、27型の5K Retinaディスプレイ(5120×2880ドット)を装備。CPUはXeonを採用し、8コア、10コア、18コアが選択可能。メモリーは32GB DDR4 ECCで、64GBまたは128GBに変更できる。GPUは「Radeon Vega」を装備し、11テラFLOPSの単精度、22テラFLOPSの半精度を備える。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.2に対応。インターフェイスは、Thunderbolt 3(USB-C)×4、USB 3.0×4、SDXCカードスロット(UHS-II対応)などをサポート。1080p FaceTime HDカメラも装備する。

本体サイズは65(幅)×51.6(高さ)×20.3(奥行)cm、重量は9.7kg。スペースグレイMagic Keyboard(テンキー付き)、スペースグレイMagic Mouse 2、Lightning-USBケーブルが付属する。

価格は4,999米ドルから(現時点で、日本での価格は未定)。

■関連リンク

【新製品ニュース】アップル、最大18コアXeon搭載のハイエンド一体型モデル「iMac Pro」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

Mac デスクトップ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



グリーンハウス49,800円の50型4Kテレビ完売、今後は第2弾・第3弾も予定


グリーンハウス49,800円の50型4Kテレビ完売、今後は第2弾・第3弾も予定

2017年12月13日 16:35掲載


グリーンハウスは、50V型の4K液晶テレビ「GH-TV50A-BK」(1年間保証の通常モデル)が完売したことを発表した。

同社は12月13日10時より、「GH-TV50A-BK」をグリーンハウスストアで発売し、これが完売したとのこと。同テレビは、メイン基板に日本製ボードを採用したモデルとして、49,800円(税別)で販売を開始していた。

同社は「発売開始よりアクセスが集中し、非常につながりにくい状態となり、ご不便をおかけしたことをお詫び申し上げます」と説明している。

なお、今回の完売をうけて、同社では「第2弾、第3弾も予定している」ことを明らかにした。

■関連リンク

【新製品ニュース】ゲオ、“日本製ボード”採用の50V型4K液晶テレビを49,800円で発売

ニュースリリース


関連コンテンツ

薄型テレビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


Nintendo Switch世界販売が1000万台突破、“12月はこれまで以上の出荷”


Nintendo Switch世界販売が1000万台突破、“12月はこれまで以上の出荷”

2017年12月13日 16:21掲載

任天堂は、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」について、12月10日時点で、全世界の累計販売台数が1000万台を超えたと発表した(同社調べ)。

「Nintendo Switch」は、家庭用の据置型テレビゲーム機でありながら、自宅か外出先かを問わず、テレビモニターの前を離れて本体を持ち出して遊べるゲーム機として、3月3日に発売。同社では「ビデオゲームをプレイする場所やプレイスタイルを多様化することで、発売時から、世界中のユーザーに評価をいただいた」とコメントしている。

なお今後については、「12月は国内向けにこれまで以上の出荷を計画している」として、「さらに多くのお客様にお買い求めいただけるよう努める」とアナウンスしている。

■関連リンク

【新製品ニュース】任天堂が「Nintendo Switch」品薄をお詫び、「今夏は出荷量を増やしていく」

【新製品ニュース】任天堂、「Nintendo Switch」を3月3日より税別29,980円で発売決定

【新製品ニュース】任天堂、Nintendo Switchソフト「スーパーマリオ オデッセイ」を10/27発売

【新製品ニュース】任天堂、「スーパーマリオ オデッセイ」の本体同梱版を10/27発売

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

ゲーム機関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


サンコー、39,800円の13.3型フルHD液晶ペンタブレット「ミンタブ モバイル」


サンコー、39,800円の13.3型フルHD液晶ペンタブレット「ミンタブ モバイル」

2017年12月13日 16:09掲載

サンコーは、13.3型液晶ペンタブレット「ミンタブ モバイル SDDWTB33」の発売を開始した。

解像度1920×1080ドット(5080LPI)の13.3型フルHD液晶を採用したペンタブレット。仕様面では、視野角は上下左右178度、最大表示色は1670万色、コントラスト比は1000:1、色温度は6500K、最大輝度は250カンデラ、応答速度は25ms。筆圧レベルは2048。画面入力インターフェイスは、HDMI、DVI、VGAをサポートする。

さらに、電源はAC電源不要で、バスパワー駆動に対応。各種割り当て可能な8個のショートカットボタンも備える。セット内容は、本体、スタンド、専用ペン、HDMIケーブル、HDMI-DVI 変換アダプタ、USBケーブル、ペン充電用ケーブル、替え芯20本、芯抜きなど。

本体サイズは360(幅)×225(高さ)×14(奥行)mm、重量は重量500g。

直販価格は39,800円。

■関連リンク

【新製品ニュース】サンコー、49,800円の21.5型フルHD液晶ペンタブレット「ミンタブ」

製品情報


関連コンテンツ

ペンタブレット関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク



ASUS、約1.05kgの薄型14型ノートPC「B9440UA」を119,800円から発売


ASUS、約1.05kgの薄型14型ノートPC「B9440UA」を119,800円から発売

2017年12月13日 15:20掲載

ASUS JAPANは、厚さ約15mm、重さ約1.05kgの14型ノートPC「B9440UA」を発表。12月15日より発売する。

薄型・軽量ながら、米国国防総省が制定したMIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテスト9項目をクリアした堅牢性も装備。軽量なマグネシウム合金をボディに使用し、金属ならではの重厚感と美しい質感を兼ね備えた。ディスプレイは、14型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載し、液晶部分上部と左右のベゼル幅は約5.4mmだ。

ラインアップは、「Core i7 7500U/メモリー16GB LPDDR3」モデルの「B9440UA-750016」、「Core i5 7200U /メモリー8GB LPDDR3」モデルの「B9440UA-72008」を用意した。

主な仕様は共通で、ストレージが256GB SSD。無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.2をサポート。インターフェイスは、USB 3.1 Type-C/Gen1などを装備する。バッテリー駆動時間は約7.5時間。OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストールする。

本体サイズは321.3(幅)×15(高さ)×(奥行)mm、重量は約1.05kg。ボディカラーはグレー。

市場想定価格は、「B9440UA-750016」が139,800円、「B9440UA-72008」が119,800円(いずれも税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

ノートパソコン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



ASUS、光学ドライブを搭載した小型ハイエンドPCなど5機種


ASUS、光学ドライブを搭載した小型ハイエンドPCなど5機種

2017年12月13日 15:19掲載

ASUS JAPANは、光学ドライブを搭載した小型デスクトップパソコン「VivoMini VC66」2機種、「VivoMini VC65」2機種、「VivoMini VM65N」1機種の計5機種を発表。12月15日より順次発売する。

■「VivoMini VC66」2機種

コンパクトながらも、高いパフォーマンスを実現したモデル。デザイン面では、2ピース構成に見える近未来的なフォルムを採用。ラインアップとして、「Core i5-7400」を搭載した「VC66-B323Z」と、「Pentium G4400T」を搭載した「VC66-B324Z」の2機種を用意する。

共通の仕様として、本体サイズは177.4(幅)×74.1(高さ)×153(奥行)mm。重量は約1.5kg。光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1に対応する。

OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストール。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.2a×1、HDMI 1.4a×1、DVI-D×1を備える。

「VC66-B323Z」の主な仕様は、CPUが「Core i5-7400」、メモリーが8GB DDR4、ストレージが128GB SSD+1TB HDD。

「VC66-B324Z」の主な仕様は、CPUが「Pentium G4400T」、メモリーが4GB DDR4、ストレージが1TB HDD。

価格はいずれもオープン。

■「VivoMini VC65」2機種

コンパクトながらも、ほとんど動作音がしない静音仕様を採用したモデル。ラインアップとして、「Core i7-6700T」を搭載した「VC65-G421Z」と、「Core i3-6100T」を搭載した「VC65-G422Z」の2機種を用意する。

共通の仕様として、本体サイズは197.5(幅)×61.9(高さ)×196.3(奥行)mm。重量は約2.2kg。光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1に対応する。

OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストール。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.2a×1、HDMI 1.4a×1、アナログRGB×1を備える。

「VC65-G421Z」の主な仕様は、CPUが「Core i7-6700T」、メモリーが8GB DDR3L、ストレージが128GB SSD+500GB HDD。

「VC65-G422Z」の主な仕様は、CPUが「Core i3-6100T」、メモリーが4GB DDR3L、ストレージが1TB HDD。

価格はいずれもオープン。

■「VivoMini VM65N」1機種

コンパクトながらも、外部GPU「GeForce 930M」を搭載したモデル。ラインアップとして、「Core i5-7200U」を搭載した「VM65N-G138Z」の1機種を用意する。

本体サイズは190(幅)×56.2(高さ)×190(奥行)mm。重量は約1.2kg。光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1に対応する。

OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストール。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.2a×1、HDMI 1.4a×1を備える。

主な仕様は、CPUが「Core i5-7200U」、メモリーが8GB DDR4、ストレージが128GB SSD+1TB HDD。

価格はオープン。


関連コンテンツ

デスクトップパソコン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク



ドリテック、立てかけて収納できる体重体組成計「レイズ」


ドリテック、立てかけて収納できる体重体組成計「レイズ」

2017年12月13日 15:11掲載


レイズ BS-246

ドリテックは、体重体組成計「レイズ BS-246」を発表。12月上旬より発売する。

丸みを帯びたデザインを採用し、背面にあるスタンドを開くことで、立てかけて収納することが可能だ。また、バックライトを搭載し、薄暗い場所でも画面の表示を確認することができる。

測定内容は、体重、BMI、体脂肪率、体水分率、筋肉量、推定骨量、基礎代謝量、内臓脂肪レベルの8項目に対応。ユーザー登録機能を備えており、事前にユーザー登録(最大5人まで)を行うことで、測定したときに誰が乗ったかを自動で判別してデータを保存してくれる。

このほか、バッテリーは単4形乾電池×3本(動作確認用電池付き)。本体サイズは280(幅)×26(高さ)×245(奥行)mm。重量は約700g(電池を含む)。

ボディカラーは、ホワイト、ピンク、ベージュの3色を用意する。

市場想定価格は2,980円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

体脂肪計・体重計関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


ASUS、リフレッシュレート144Hzの15.6型ゲーミングPCなど2機種


ASUS、リフレッシュレート144Hzの15.6型ゲーミングPCなど2機種

2017年12月13日 14:43掲載

ASUS JAPANは、ゲーミング向け「ROG(Republic of Gamers)」シリーズより、15.6型ゲーミングノートパソコン「ROG STRIX GL503VS SCAR Edition」と「ROG ZEPHYRUS GX501VI」の2機種を発表。「ROG STRIX GL503VS SCAR Edition」をASUS Shopと全国量販店で、「ROG ZEPHYRUS GX501VI」をASUS ShopとROG Shop in Shopの2店舗限定で、12月15日より発売する。

■「ROG STRIX GL503VS SCAR Edition」

新デザインを採用した「ROG STRIX」シリーズの第2弾モデル。FPSに最適化しており、高速なリフレッシュレート144HzのG-SYNCに対応した液晶ディスプレイを採用するほか、上下左右170度の広視野角で、どの角度からもクリアな視認性を確保しながら、sRGB 100%、Adobe RGB 75.79%、NTSC 72%の色域でリアルな色彩表現を実現する。

冷却面では、2基のファンを搭載し、高い冷却性能を発揮するデュアルクーリングシステムを採用。ASUS Aura対応のイルミネートキーボードを備えており、4つのエリアをそれぞれ光らせたり、1677色から色を選ぶことができる。

主な仕様は、ディスプレイが15.6型フルHD液晶(1920×1080ドット、ノングレア)、CPUが「Core i7-7700HQ」、GPUが「GeForce GTX 1070」、メモリーが16GB DDR4、ストレージが256GB SSD+1TB HDD。OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1に対応。インターフェイスは、HDMI×1、Mini DisplayPort×1、Thunderbolt 3(Type-C)×1、USB 3.0×4、SDXCカードリーダー×1、マイク/ヘッドホン・コンボジャック×1を備える。

このほか、バッテリー駆動時間は約2.9時間。本体サイズは384(幅)×25.4(高さ)×262(奥行)mm。重量は約2.5kg。ボディカラーはガンメタル。

市場想定価格は239,800円(税別)。

■「ROG ZEPHYRUS GX501VI」

9月に発売された、厚さ17.9mm、重さ約2.2kgという、薄型・軽量が特徴の「ROG ZEPHYRUS GX501VS」をベースにしながら、メモリーを16GBから24GBに、GPUを「GeForce GTX 1070 Max-Q」から「GeForce GTX 1080 Max-Q」に強化したモデル。デザイン面では、異なる方向へのヘアライン加工を組み合わせたアルミニウム合金の天板を採用する。

主な仕様は、ディスプレイが15.6型フルHD液晶(1920×1080ドット、ノングレア)、CPUが「Core i7-7700HQ」、GPUが「GeForce GTX 1080 Max-Q」、メモリーが24B DDR4、ストレージが512GB SSD。OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.2に対応。インターフェイスは、HDMI×1、Thunderbolt(Type-C)×1、USB 3.0×4、マイク/ヘッドホン・コンボジャック×1を備える。

このほか、バッテリー駆動時間は約2.4時間。本体サイズは379(幅)×16.9〜17.9(高さ)×262(奥行)mm。重量は約2.2kg。ボディカラーはブラック。

市場想定価格は319,800円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

ノートパソコン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



LINE、誤送信メッセージの「送信取消」を12/13より提供開始


LINE、誤送信メッセージの「送信取消」を12/13より提供開始

2017年12月13日 13:09掲載


LINE

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」にて、24時間以内に誤送信したメッセージを取り消しできる「送信取消」機能を、12月13日より提供を開始した。

「LINE」のメッセージの取り消しは、誤送信したメッセージを長押しし、「送信取消」のメニューを選択すると、送信者と送信相手の端末両方から対象メッセージを取り消すことができる。

取り消し後は、取り消したという内容が送信者と送信相手のトークルーム上に表示される。なお、メッセージを取り消すことができるのはLINEの最新バージョンのみとなる。

また、取り消すことができるメッセージは、24時間以内に送信したテキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴で、既読・未読両方のメッセージが対象。グループトークや複数人トークにも対応し、スマートフォンに加え、デスクトップ版も利用することが可能だ。

なお、スマートフォンに届く通知メッセージは取り消すことができないとのこと。

■関連リンク

ニュースリリース

【新製品ニュース】LINE、“誤爆”を時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を12月以降に実装

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク