Vrijwilligers in Arnhem in actie voor vluchtelingen – Arnhemse Koerier

Arnhem – Een recordaantal mensen was vorig jaar wereldwijd op de vlucht. Vaak als gevolg van natuur- en oorlogsgeweld. Ruim 65 miljoen vluchtelingen zijn hierdoor afhankelijk van hulp van anderen. Plaatsgenoot Judith Bos zet zich in de week van 26 t/m 31 maart in voor hulp aan vluchtelingen, door het coördineren van de collecteweek van ZOA in Arnhem.

Ieder jaar organiseert de christelijke hulporganisatie ZOA de collecteweek. Duizenden vrijwilligers collecteren door heel Nederland om geld op te halen voor hulp aan vluchtelingen in Afrika, Azië en het Midden-Oosten. Zo ook in Arnhem, waar Judith Bos zich samen met een team van vrijwilligers inzet voor de collecte. Voor dit jaar is het team hard op zoek naar versterking.

Vorig jaar was de gemiddelde opbrengst per collectebus maar liefst vijftig euro. Dat is erg bijzonder, vertelt Helprich ten Heuw van ZOA. “Daarmee kunnen we een gevlucht gezin bijvoorbeeld al helpen met een voedselpakket. De inzet van vrijwilligers is dus ontzettend belangrijk!”

Helpt u mee?

Om ook dit jaar de collecteweek mogelijk te maken in Arnhem zijn nieuwe vrijwilligers nodig. Wilt u het team van Judith versterken door een uurtje mee te collecteren tussen 26 en 31 maart? Meldt u dan aan via zoa.nl/ikdoemee of kijk voor meer informatie op zoa.nl/collecte.

【週間株式展望】日本株の割安感は薄れてきた?決算発表に注目 – ZUU online

先週(1/15〜19)の日本株は反騰、日経平均は週間で154円24銭(0.7%)高の2万3808円06銭で引けた。

米国株式市場が好決算を背景に高値追いとなったことなどを好感、日経平均は16日に2万3951円81銭と昨年来高値を更新し、91年11月15日以来約26年ぶりの高値をつけた。ザラ場の高値は、18日の2万4084円42銭だった。

もっとも、18日は2万4000円の大台代わりで達成感も拡がっていたところに、金融情報ベンダーのブルームバーグ社が11時過ぎに、「正常化に向けて将来的に議論を求める声、日銀内の一部で浮上」と報じ、日銀の金融緩和出口(テーパリング)懸念から日経平均は先物主導で下落に転じた。高値からは384円の急落で一時2万3699円をつけた。

日本株が26年ぶりの高値を回復してきたことで、日銀の金融緩和スタンスに変化が出るかどうかが投資家の焦点になっている。9日の日銀金融調節で日銀が長期債の買い入れ額を減額したときも、テーパリング観測で日米の金利が上昇して円高を先導、10日以降の日本株の下げ要因となった。日銀がETF買い入れ額の年間6兆円の枠を見直すようだと、日本株が調整する可能性もある。

米国株式市場は17年10〜12月期の好決算を背景に堅調が続いておりNYダウは2万6000ドル台に乗せたが、米国長期債利回りの急騰が懸念材料として浮上しはじめた。長期債は19日には2.66%と14年7月以来3年半ぶりの水準まで上昇した。米金利上昇とビットコインなど仮想通貨の下落で、米国S&P500指数のボラティリティ指数(恐怖指数)であるVIX指数は年初の9台前半から11台までやや上がり始めている。

過去の歴史からみれば米長期金利はまだまだ低いが、2.66%は米国の債券のカリスマである債券王のビル・グロスや新・債券王のジェフリー・ガンドラックなどのカリスマ投資家が懸念しているレベルである。基本的に、金利の急上昇は景気や株価に対してはマイナス要因なだけに、今週予定されている日銀金融政策決定会合、ECB定例理事会、金融関係者が集まるダボス会議での有識者の発言などに神経質な展開となりそうだ。

今週は、米17年10〜12月期の決算発表が本格化する。日本の決算発表も始まる。好決算の可能性が高く、株価の上昇が期待される一方で、金利上昇、円高が相場の波乱要因になる可能性も意識しておくべきだろう。

また、米連邦政府予算が週末20日に失効し、政府機関の閉鎖が約4年ぶりに生じている。予算案は成立のめどが立たず、週明けまで影響が続く恐れが出ている点には注意が必要だ。共和党上院トップのマコネル院内総務は22日午前1時(日本時間同日午後3時)にはつなぎ予算案採決に向けた手続きを再び行うと表明している。

先週(1/15〜19)の振り返り

15日の日経平均は4日ぶりに反発、前日比61円(0.3%)高の2万3714円で引けた。米国市場で主要株価指数が最高値を更新したことを好感し日経平均はギャップアップして始まったが、ユーロ高・ドル安からクロスレートでの円高が進み110円台半ばと約4カ月ぶりの高値をつけたため、利益確定売りが広まり上げ幅を縮小した。

16日の日経平均は続伸、前日比236円(1.0%)高の2万3951円で昨年来高値を更新した。91年11月15日以来約26年ぶりの高値だった。米国市場が休場で模様眺め気分が強い中、米長期債利回りが夜間市場で低下、円が110円前半から110円後半まで切り返し始めた。日本株にも外国人と思われる主力銘柄への買いが継続し、日経平均はジリ高で一時247円高の2万3962円まで上昇した。

17日の日経平均は反落し、終値は前日比83円(0.4%)安の2万3868円で引けた。再び110円台前半まで進行した円高や前日の米株安を嫌気して朝方には下げ幅が一時200円を超えた。ただ、押し目買い意欲も強く、中国銀行の預金準備率引き下げの発表を契機に下げ幅を縮小した。

18日の日経平均は続落、前日比104円(0.4%)安の2万3763円だった。NYダウが初めて2万6000ドルを突破、日本株も高値更新期待から反発し、一時は約26年ぶりに2万4000円台を回復した。ただ、ブルームバーグのテーパリング懸念報道をきっかけに先物主導で急落し、前日比マイナスに転じた。今週の出来高は連日2兆円台だったが、この日の東証1部の売買代金は高値からの急落で3兆5901億円と膨らんだ。

19日の日経平均は3日ぶりに反発、前日比44円(0.2%)高の2万3808円で引けた。過去2日で日経平均が200円ほど下げたことで押し目買い意欲が強く、決算発表への期待から個別銘柄を中心に買いが広まった。もっとも、朝方111円台だったドル円が再び110円台に入った事もあり、方向感の出ない展開だった。

先週の海外市場を振り返る

19日の海外市場でNYダウは反発、53ドル高の2万6071ドルで引けた。週間では268ドル(1.0%)高と3週続伸した。史上最高値は1月17日の2万6115ドルだった。

来週から17年4Qの決算発表が本格化する。今まで発表された決算には予想を上回るものが多く、減税効果もあることから今期の予想ガイダンスにも期待が集まる。好決算は株価のサポート要因だ。

一方で、日銀のテーパリング懸念、欧州ECBのタカ派の議事要旨から始まったドル安が継続し、NY為替市場でドル円は前日比25銭円高の110円90銭で引けた。日本の19日の17時は110円70銭だったため、東京時間からは20銭の円安だった。

来週に日銀決定会合、ECB定例理事会などの重要イベントを控え、為替は模様眺め感が強かったが、米長期債利回りは3年半ぶりとなる2.66%まで上昇しており、株式市場にも高値警戒感も広まりつつある。

今週(1/22〜26)の株式展望

今週の日経平均の予想レンジは2万3500円〜2万4000円を想定している。今週は企業業績と、世界主要国の金融政策の綱引きの展開が予想される。米長期金利の急騰は懸念材料。景気好調、ゆっくりの金利上昇を期待して株式市場はリスクオンで上げてきたが、ここに来ての金利上昇は少し想定を上回るピッチだろう。上述したように、米つなぎ予算案採決に向けた手続きの動向には注意が必要だろう。

米国の17年10〜12月期決算期待、国内でも23日の安川電機からの決算発表が始まる。日経平均225銘柄の17年度の予想EPSは現在約1522円程度。PER16倍だと日経平均は2万4352円になる。ここ数年日経平均のPERの上限はPERで16倍であり、そろそろ日本株の割安感は薄れてきている。日経平均がもう一段高になるためには企業業績の上方修正というトリガーが必要だろう。

テクニカルでは、日経平均は現在2万3821円にある5日移動平均線近辺でのトレードとなっており、方向感がでない局面だ。明確に割り込むようだと短期的な調整色が強くなる。サポートはボリンジャー1αの2万3710円。そこをブレークすれば、25日移動平均の2万3236円が次のサポート。上抜けた場合は心理的抵抗戦の2万4000円、さらに抜けた場合はザラ場高値の2万4084円、次はボリンジャー2アルファの2万4184円がレジスタンスになりそうだ。

今週のイベントは、日本では20日にインドネシア国交樹立60周年記念、22〜23日に日銀金融政策決定会合、23日に日銀展望リポート、黒田総裁記者会見、26日には日銀12月の金融精査決定会合議事要旨がある。世界では20日はトランプ政権発足1年、22日はユーロ圏財務相会合、23日ダボス会議、NAFTA再交渉会合、EU財務相理事会、25日ECB定例理事会がある。

ダボス会議にはトランプ大統領が参加する。米大統領の参加は00年のクリントン以来18年ぶり。26日に演説予定。安倍首相は出席しない予定。

主要決算発表は、23日に安川電機、24日に日本電産、26日に信越化、ファナックが注目。米決算では22日のネットフリックス、23日のスプリント、ベライゾン、TI、24日のGE、ユナイテッドテクノロジーズ、フォード、25日のインテルなどが日本株への影響が大きい。

今週の経済指標は、日本では22日にマンション市場動向、コンビニ売上、23日に百貨店売上、粗鋼生産、24日に景気動向指数改定値、貿易統計、26日に消費者物価指数がある。世界では22日に米シカゴ連銀全米活動指数、24日に米中古住宅販売件数、25日に米新築住宅販売、米CB景気先行指数、独Ifo景況感指数、26日に米17年4QGDP速報値、米耐久財受注などが注目されよう。

平田和生(ひらたかずお)
慶應義塾大学卒業後、証券会社の国際部で日本株の小型株アナリスト、デリバティブトレーダーとして活躍。ロンドン駐在後、外資系証券に転籍。国内外機関投資家、ヘッジファンドなどへ、日本株トップセールストレーダーとして、市場分析、銘柄推奨などの運用アドバイスをおこなう。現在は、主に個人向けに資産運用をアドバイスしている。

元大鵬の孫ら14人新序出世 初場所、元朝青龍のおいも – 上毛新聞ニュース

元大鵬の孫ら14人新序出世 初場所、元朝青龍のおいも

[2018/01/21]

 新序出世披露で土俵に並ぶ納谷(前列右端)、豊昇龍(同中央)ら=両国国技館

 日本相撲協会は大相撲初場所8日目の21日、元横綱大鵬(故人)の孫の納谷(大嶽部屋)、元横綱朝青龍のおいの豊昇龍(立浪部屋)ら今場所の新序出世力士14人(うち再出世5人)を発表した。大鵬の現役時代の化粧まわしを締めて出世披露に臨んだ納谷は「幕内でしっかり活躍できる力士になりたい」と話した。

 春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)から番付にしこ名が載る。出世力士は次の通り。

 納谷、中西、雲仙岳、スガラグチャー・ビャンバスレン改め豊昇龍、中島改め東岩、播磨灘、坂林、棚橋、福湊、紺野改め琴紺野、東改め朝東、中野、田中、謙豊。

たんぽぽ舎メルマガ NO.3269/研究費打ち切りの恐怖 – レイバーネット日本

たんぽぽ舎です。【TMM:No3269】
2018年1月20日(土)地震と原発事故情報−
              5つの情報をお知らせします
                     転送歓迎    
━━━━━━━ 
★1. 研究費打ち切りの恐怖  2018年1月1日 長周新聞より 
      島村 英紀 (地震学者)
★2.メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)
   コラム凡語:吉岡斉さん…ほか    黒木和也 (宮崎県在住)
★3.行き詰まるプルトニウム問題! 完全に破綻した再処理プログラム
  岩波「科学1月号」の特集「プルトニウムと再処理 日米の40年」から
  経産省○エネ庁は「今だけ、金だけ、自分だけ」の大嘘つき!その56
               木村雅英(経産省前テントひろば)
★4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)
 ◆ 1/31(水)<柏・松戸で沖縄学習会>
 ☆柏 [沖縄勉強会] 土木技師 奥間政則さんを囲んで
               (午後4時より6時)
 ☆松戸「沖縄学習会] 奥間政則さん(土木技術者)を迎えて
               (午後7時より9時)
 ◆2/11(日)シンポジウム
  「検証!原発のゴミ最終処分地選定の前にすべきこと
   −動員されない若者が考える「現世代の責任」−
★5.新聞より1つ
  ◆デブリか 下部に堆積物 福島2号機の格納容器内
      (1月20日東京新聞2面より)
━━━━━━━ 
※1/24(水)学習会にご参加を!
 『国民主権が隠す植民地主義…在日朝鮮人が見る・日本国憲法』
 お 話:宋 連玉(ソン ヨノク)さん
      (青山学院大名誉教授・文化センターアリラン館長)
 日 時:1月24日(水)19時より21時(開場18:30)
 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
 参加費:800円
━━━━━━━ 

┏┓ 
┗■1.研究費打ち切りの恐怖   
 |   2018年1月1日 長周新聞より
 └──── 島村 英紀 (地震学者)
          
○砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を米国の砂糖業界
(糖類研究財団。現在の砂糖教会)が打ち切ってしまったために結果を公表
できなかったことが分かった。研究を打ち切らせたのは50年前だが、明
らかになったのは2017年11月になってからだった。
それは「砂糖の取りすぎの有害性についての研究」だった。1960年代当時、
でんぷんの炭水化物に比べると砂糖は心臓に有害だとする研究発表が出始
めていた。心配した財団幹部が1968年、英バーミンガム大の研究者に資金
提供して始まった研究だ。
 この研究でラット(実験動物のネズミ)で影響を調べたところ、砂糖の主
成分のショ糖(スクロース)を与えると、動脈硬化と膀胱(ぼうこう)がんに
かかわる酵素が多く作られることが分かった。腸内細菌の代謝によってコ
レストロールや中性脂肪ができることも確認できそうだった。ショ糖は主
要な甘味料で、砂糖の主成分である。
 研究は順調に進んだが、最終的な結論まではいかなかった。このため研
究者は確証を得るため、研究の延長を求めたが、財団は資金を打ち切って
しまった。それゆえ研究は詰めができず、成果は発表されなかった。
○バーミンガム大の研究者は研究費を打ち切られて、途方に暮れたに違い
ない。
 他方、研究費をそれまで支給していた業界団体は「研究は業界にとって
有益な情報を引き出すべきだ」と述べ、有害性を示唆した研究を続ける価
値はないとした。業界団体の目的は砂糖の消費拡大だろうから、そのため
には役立たないことが分かった段階で支出を抑えてしまったのだ。これは
「狭い」意味での業界の目的のためだったろう。
 このことは、この砂糖の研究には限らない。紙と鉛筆だけでできる学問
は限られている。研究者にとって、研究費は米の飯だ。研究費がなければ、
なんの研究もできない。どの研究でもそうだが、近年は多額の研究費を使
って「力業」で行う研究が増えている。一昔前よりも格段に多額の研究費
が必要になっている。
 逆に言えば、会社や業界、そして政府は、研究費の打ち切りをちらつか
せることによって、研究を自在に制御できるのだ。
○国立大学が「狭い」研究目的に縛られずに使える運営費交付金という国
からの研究費は、2004年に大学が独立法人化されてから年々減らされてい
る。企業からの研究費は、もともと縛りがきつい。テーマによってはトヨ
タやソニーが研究費を出してくれるわけではないから、国からの研究費し
かあてにならない学問が実は多い。
 近年は研究者は自分で研究費を集めなければならなくなった。つまり縛
りがきつい企業関連の研究費だけを集めることにならざるを得ない。
 そして、その先には「御用学問」がある。スポンサーである研究費の支
給元の意向に沿わない研究はやりにくい。研究の結論もスポンサーに尻尾
を振るものになりやすい。
 原子力科学者も、事情は同じである。地震や火山の研究についても似た
事情だ。スポンサーである研究費の支給元が「生殺与奪」の権力を持つこ
とも、研究の結論がスポンサーに逆らわずに尻尾を振るものになることも
同じだ。スポンサーには、もちろん国や時の政府も含まれる。
○だが、砂糖の研究の例のように、研究費の支給元の意向だけに応じた研
究は、結局は人類全体にとってはけして益にならないことが多い。原子力
研究も、会社や推進勢力だけを利するものになる。構図はまさに砂糖と同
じなのである。昨年からクローズアップされた防衛省による軍事研究のた
めの科学研究費にもまったく同じ問題がある。
 ここには、科学研究にとって重い課題がある。昔から、科学は広い意味
の文化のひとつだった。社会に生かされてきた「金魚鉢の中の金魚」のよ
うなものだと言ってもいい。社会の余裕ゆえに生かされてきたものなので
ある。
 文化が、社会から広く支持されなければ、スポンサーである研究費の
支給元の「狭い」意向だけで左右されてしまう。
 社会に余裕がなくなって、株主の顔色をうかがう会社の狭い意向だけが
文化や科学を左右する傾向が、近来ますます強まっているのを憂えざるを
得ない。
                       

┏┓ 
┗■2.メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)
 | コラム凡語:吉岡斉さん…ほか
 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.コラム凡語:吉岡斉さん
  京都新聞 1/19(金) 14:25配信 
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000022-kyt-sctch

2.プルサーマル推進変わらず=再処理工場の完成延期で―電事連会長
  時事通信 1/19(金) 19:00配信 
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000126-jij-bus_all

3.原発避難者、苦境や怒り記す 京都原告団が手記出版
  京都新聞 1/19(金) 17:56配信 
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000025-kyt-soci


┏┓ 
┗■3.行き詰まるプルトニウム問題! 完全に破綻した再処理プログラム
 | 岩波「科学1月号」の特集「プルトニウムと再処理 日米の40年」から
 | 経産省○エネ庁は「今だけ、金だけ、自分だけ」の大嘘つき!その56
 └──── 木村雅英(経産省前テントひろば)
 
 岩波「科学1月号」の特集「プルトニウムと再処理 日米の40年」の5
つの論文が再処理を続ける日本政府の愚かさを示している。以下はその一つ。
「行き詰まるプルトニウム問題:米国と日本の40年」
田窪雅文(「核情報」主宰)、フランク・フォンヒッペル(プリンストン
大学名誉教授)著
★ カーター政権(1977〜81年)以来、日本のプルトニウム分離プログラ
ムに対する経済、環境、核不拡散の面で反対論の説得力が強まっている
★ プルトニウムを分離してこれを燃料として利用する方法は、経済的競
争力を持ちえない
★ MOX燃料は、同等量の低濃縮ウラン燃料の12倍の費用がかかる
★ 日本は経済性の悪さにもかかわらず再処理を放棄するに至っていない
唯一の非核兵器国
★ 日本の増殖炉計画―元々の再処理計画の正当化に使われた―は息絶え
ている
★ 日本が参加するというフランスのアストリッド(工業的実証用改良型
ナトリウム技術炉)は、予定が10年間で13年延び、責任者は運転開始が2033
年以降と語っている
◆ 日本政府が電力会社に膨大な再処理費用を受け入れさせる理由は、第
一に地元自治体と交渉することの政治的難しさ、第二に官僚機構が政策に
ついて大きな力をもっている、第三に電力供給が規制の強い地域独占の形
をとってきたゆえ再処理の余分な費用を消費者に回せる、の三点
★ フランスの政府所有の電力会社は、選択の権利があるところでは、再
処理から抜け出すことを明確にしている
★ 年間8トンのプルトニウム(核弾頭千発分)を分離するという六ヶ所
再処理工場の設計能力は、核兵器オプションのために必要なレベルをはる
かに上回っている
★ 日本が核兵器オプションを維持しているという話自体が日本の安全保
障にとって悪影響をもたらす(周辺国に疑念を抱かせ、韓国でも核兵器オ
プションを取得すべきだと言う議論を正当化し、核軍縮にとって障害になる)
★ 完全に破綻した再処理プログラムを政府の提供する高額の救命措置か
ら外すという決定をフランスと日本が行えば、中国にその政策を再考する
よう説得できることになるかもしれない

 河野外務大臣が、7月に30年の期限を迎える日米原子力協定について、
自動延長は通告で6カ月後に協定を終了させられるため「不安定だ」と慎
重な姿勢を示した。が、まずは、上記「政府が電力会社に膨大な再処理費
用を受け入れさせる理由3つ」を取り除き、再処理も原発稼働も断念して
日米原子力協定を破棄するべきではないか。


┏┓ 
┗■4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)
 └──── 
 
 ◆ 1/31(水)<柏・松戸で沖縄学習会>
        https://henoko.jimdo.com/

 ☆柏 [沖縄勉強会] 土木技師 奥間政則さんを囲んで

 日 時:1月31日(水)開場15:30 開会16:00より閉会18:00
 場 所:パレット柏会議室D(定員30人) JR柏駅南口徒歩3分
 講 師:奥間政則さん(土木技術者)
 主 催:柏市民憲法連絡会 小菅敏夫
 受 付:参加には事前登録をお願いします(中村 090-1609-1851)
 資料代:300円


☆松戸「沖縄学習会] 奥間政則さん(土木技術者)を迎えて

 日 時:1月31日(水)午後7時より9時
 会 場:ほくとビル4F会議室 JR松戸駅西口徒歩6分
           松戸市松戸1879-24
 講 師:奥間政則さん(土木技術者)
 主 催:松戸「沖縄とつながろう!」実行委員会(吉野 090-4606-9634)
 参加費:300円

◆2/11(日)シンポジウム
 「検証!原発のゴミ最終処分地選定の前にすべきこと
   −動員されない若者が考える「現世代の責任」−

 日時:2018年2月11日(日)13:00〜16:30
 場所:SHIBAURA HOUSE 5階(JR田町駅)
 申込・詳細:https://asjkakugomi.amebaownd.com/posts/3474105
 主催・問合せ:(特非)A SEED JAPAN(info@aseed.org)
 TEL:03-5826-8737
【プログラム】
○Part1.地域間・世代間の不公正問題
最終処分地決定プロセスにおける問題
高レベル放射性廃棄物処分事業はなぜ進まないか(水藤周三/高木仁三郎
市民科学基金)
電源三法交付金制度の問題と立地地域の社会変容(藤原遥/一橋大学大学院)
 すべての自治体から核ごみ拒否の回答を得た37年間の記録(石丸裕介/岡
山県自治労本部)
○Part2.公論形成を目指す取り組み、現状と課題
「立地問題」化から新たな公論形成へ(寿楽浩太/東京電機大学准教授)
韓国における最終処分場をめぐる公論形成の努力と示唆点(高野聡/韓国・
慶北大学行政学科修士)
○Part3.パネルディスカッション−あるべきプロセスとは何か

┏┓ 
┗■5.新聞より1つ
 └──── 

 ◆デブリか 下部に堆積物 福島2号機の格納容器内

 東京電力は19日、福島第一原発2号機の格納容器内を調査し、容器下部
に溶け落ちた核燃料(デブリ)の可能性が高い堆積物が見つかったと発表
した。
 この日は早朝から、長さ約13メートルのカメラ付きパイプを格納容器の
横側から差し込み、圧力容器直下にある格子状の作業用足場の脱落部分か
ら、カメラや線量計、温度計を備えた機器をケーブルでつり下ろした。
 その結果、格納容器の下部に広く小石状の物体が積もっていることが確
認された。核燃料の取っ手らしきL字形の金属片も見つかった。
 デブリの高熱で圧力容器の底に大きな穴があいて落下したとみられる。
 昨年一月の前回調査では圧力容器直下を撮影し、過熱したデブリが流れ
落ちたような痕跡や、黒っぽい堆積物を多数確認した。
 今回はパイプの長さを、前回より約1、3メートル延長し、カメラなどの機
器もつり下げ式にし、広範囲に調査できるよう改良した。
 3号機では、昨年7月に水中ロボットを使った炉内調査で、格納容器下
部の各所にデブリらしき物体がたまっているのを確認した。
○一歩前進でも廃炉は遠く

<解説> 福島第一原発2号機の原子炉内の状況がまた少し解明されたこ
とは、廃炉作業が一歩前進したことを意味する。ただし炉内は人間が近寄
れば数分で死亡するおびただしい放射線に満たされている。貴重な一歩で
あることは確かだが、廃炉への道はまだ遠くかすむ。
 政府・東電は、無理に格納容器に遮蔽(しゃへい)用の水を張らず、今
回カメラを入れたように、炉の横側から機器を入れて溶け落ちた核燃料
(デブリ)を取り出す方向で検討を進めている。
 ただしデブリは、損傷しているとはいえ一定の遮蔽力、密閉力が残る炉
内にとどまっている。
 作業員の大量被ばくや放射性物質の漏れといったリスクを冒してまで、
デブリを取り出すのが良いのか。当面は厳重に管理する方が得策ではない
のか。そもそも取り出す方法を見いだせるのか−。
 現時点では答えは見つかっておらず、廃炉に関わる当事者間でも議論が
分かれている。
 デブリ取り出しは、米スリーマイル島原発事故(1979年)の経験がある
とはいえ、事故の深刻度は福島事故とは比べものにならないほど小さい。
福島では一つ一つ、正しい判断材料を集めていくしかない。 
            (1月20日東京新聞2面より)
写真は
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018012002000158.html


──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事
 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致
 します。
  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
 メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
  ※「川柳・俳句・」短歌」などについても投稿歓迎です。
   掲載については編集部の判断とさせて下さい。
1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載する
 ため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを
 400文字以内でお送り下さい。
  件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
 メールマガジンには1回だけの掲載とさせていただきます。
 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。
2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出
 し)及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して
 下さい。送付先は「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
 なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙
 面の都合上すべてを掲載できない場合があります。
  たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあり
 ます。予めご了承ください。
──────────
 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ
  ガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。
 ◆メールマガジンをお送りします
  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
  発信しています。
   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の
  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを
  送ってください。
  違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは
  間違いの元となりますのでやめて下さい。
  登録できしだい発信致します。
 ・配信の削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。
  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があ
  ります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、
       日曜・休日はお休みです。
   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2
              ダイナミックビル5F
       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
       新HP http://www.tanpoposya.com/
       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎
    口座番号 00180-1-403856
   

Created by staff01.
Last modified on 2018-01-21 14:57:28
Copyright: Default

ソフトB千賀、ソフトボール上野と久留米で合同自主トレ – 西日本新聞

 東京五輪でダブル世界一! 福岡ソフトバンクの千賀滉大投手(24)が20日、ソフトボール北京五輪金メダリストの上野由岐子投手(35)=ビックカメラ高崎=らと福岡県久留米市で行う合同自主トレを公開した。上野から“金言”を授かり、背中に負担のかかりにくい投球フォームの完成にも手応えがある。今季の目標に防御率1点台でのタイトル獲得を掲げ、2年後の東京五輪ではともに復活する野球&ソフトボールでダブル金メダルを誓った。

■フォーム修正に着手

 一年で最も寒いとされる「大寒」とは思えぬポカポカ陽気の下、千賀の豪腕が早くもうねりを上げた。マウンドの脇にモニターを置き、投球ごとにフォームを確認。久留米市野球場のマウンドで80球を投げ込んだ。6日間で5回目、3日連続の投球練習だった。

 「3連投でこれだけ投げられれば十分。去年よりだいぶいい仕上がり。背中の痛みを踏まえて、フォームの見直しを一からできた。いい形で継続して、シーズンに持っていけると思う」

 3月にWBCを控え、ハイペース調整を強いられた昨年をしのぐ順調な調整ぶりに表情は明るい。背中の張りに悩まされた昨季の反省を生かし、フォームの改造に着手。「余計な動作をなくすことに一番重点を置いている」。投球練習では軸足となる右脚で踏ん張り、スムーズに投球動作に移る作業を繰り返した。

■今季目標防1点台

 スポーツトレーナー、鴻江寿治氏(51)主宰の自主トレに参加する千賀。そこには3年ぶりにソフトボール上野の姿があった。吉見(中日)、美馬(楽天)、今永(DeNA)らも数日参加。球場での練習に加え、夜遅くまで投球フォームなどの映像をチェックし、互いに意見を出し合う。「上野さんからは僕らでは気づかない動きの違いとかを言ってもらえる。技術的な面の助言ももらえたし、聞き逃さないように必死だった」と振り返った。

 金メダリストからの言葉は心に響いた。3年前とは違い、自身もWBCで日の丸を背負うまで成長。「(今年で)36歳なのに2年後も目標に頑張っている。すごいなと思うし、自分も負けないように頑張っていきたい」。上野も「テレビでいつも応援している。今では日の丸を付けて投げている。刺激をもらっているし、一緒に頑張れればいい」と同志と認めている。

 2年後の東京五輪に向けて千賀は「2人で金メダルを(鴻江)先生に自慢してやりたい」と笑った。夢の舞台に立つためにも目の前のシーズンで最高の結果を求める。「(最優秀)防御率のタイトルを意識してやっていく。1点台を目標に(菊池)雄星さんに負けないように頑張りたい」。日本一とその先にある世界一へ。大きな夢に向かって、千賀は羽ばたいていく。 (小畑大悟)

◆上野由岐子(うえの・ゆきこ)

 1982年7月22日生まれ。福岡市出身。柏原中から進んだ九州女子高(現福岡大若葉高)では国体や世界ジュニア選手権で優勝。卒業後の2001年に日立高崎に入社(チームは14年にビックカメラに移管)。リーグ戦通算218勝45敗、2108奪三振を記録。08年の北京五輪決勝トーナメントで3試合計413球を投げ、金メダルに貢献。174センチ。右投げ右打ち。

=2018/01/21付 西日本スポーツ=

低温調理器、じわり人気=ローストビーフも手軽に – 時事通信

水を張った鍋に取り付け、ローストビーフなどを作る低温調理器=11日午後、東京都千代田区のビックカメラ有楽町店

 ローストビーフやタンドリーチキンなどの肉料理を家庭でも手軽に作れる低温調理器の人気がじわりと広がっている。肉のたんぱく質が固まらない温度を保つため、小まめに火加減を調節する手間をかけずに本格的な肉料理ができるという。忙しい主婦や料理好きの男性に好評だ。
 ローストビーフの場合、水を張った鍋に円筒形の低温調理器を取り付け、55~60度に設定する。適温になれば食品保存袋に入れた牛肉のブロックを投入。1時間後に取り出し、フライパンで表面を軽く焼けば完成する。
 家電量販店大手のビックカメラは昨年11月から国内全店で低温調理器を取り扱っている。葉山社中(神奈川県葉山町)が販売する「BONIQ(ボニーク)」は約2万1400円、ケーズメソッドジャパン(東京)が売り出している「ギンザ オリーバル スーヴィード・クッカー」は2万7000円。
 ビックカメラは「誰でも簡単に本格的な肉料理を作れることが受けている」(広報・IR部)とみている。(2018/01/20-15:32)

【マーケット最前線記事一覧へ】 【アクセスランキング】

ニュー・サンフレッチェが意気込み語る | NNNニュース – 日テレNEWS24

ニュー・サンフレッチェが意気込み語る
(広島県)

新監督のもとで来月、J1開幕を迎えるサンフレッチェ広島が20日、広島市南区のゆめタウン広島でトークショーを開いた。約1000人のサポーターを前に城福浩監督とイレブンは今シーズンへの意気込みを語った。開幕戦は来月24日、エディオンスタジアム。

[ 1/20 17:54 広島テレビ]

ニュー・サンフレッチェが意気込み語る(広島県) – 日テレNEWS24

ニュー・サンフレッチェが意気込み語る
(広島県)

新監督のもとで来月、J1開幕を迎えるサンフレッチェ広島が20日、広島市南区のゆめタウン広島でトークショーを開いた。約1000人のサポーターを前に城福浩監督とイレブンは今シーズンへの意気込みを語った。開幕戦は来月24日、エディオンスタジアム。

[ 1/20 17:54 広島テレビ]

ドリンク1杯で「パン食べ放題」 名古屋「シャンテーコジマ」の名物モーニング – BIGLOBEニュース

画像はイメージ(Enami Imaneさん撮影、Flickrより)

写真を拡大

「モーニングサービス 前日のパン12時まで食べ放題」。こんな嬉しいサービスをしている名古屋のお店が、ネットで話題になっている。

その名は「シャンテーコジマ」(名古屋市天白区)。いったいどのような食べ放題サービスなのか、Jタウンネット編集部は2018年1月18日、聞いてみた。

開店以来36年続いているサービス

シャンテーコジマは、1981年開店。60〜210円で200種類ものパンを取り扱っている。

食べ放題サービスは開店以来から続いている。ドリンクを1つでも頼めば、お客はパンを選べないが、店員が選んだ前日売れ残ったパンをお代わり自由で食べられる。

定休日(火曜、第3水曜)以外は毎日7時から12時まで。混雑時は長時間の利用は遠慮してもらう場合があるという。

このサービスを始めた理由について、「多くのパンを食べてもらいたいため」と店の担当者は話した。

ツイッター上では、

名古屋のパン屋さん「シャンテーコジマ」モーニングサービス380円で前日のパンが 食べ放題!?(;゚ロ゚)エエナァ pic.twitter.com/HBNCK0oxH1
– 戦闘妖精eizan082 (@eizan082) 2018年1月16日

今日のモーニングはドリンク代(?380?)だけでパンが食べ放題のモーニングをやっているマジパネぇパン屋「シャンテーコジマ」なのだ pic.twitter.com/dWlYLtXX83
– ガテン・きのぴたぴた (@Gaten_dr) 2017年12月21日

天白区のシャンテーコジマに行きました。
もちろん前日のパン食べ放題目当てで
アイスコーヒーを注文し、お値段380円でした! めっちゃ安い!
割と美味しかったです! pic.twitter.com/vQONtQfKqL
– しんや@ゆきりん推し (@shinya_yuki715) 2017年12月17日

ナゴド行く人はマウンテンもいいけど地下鉄鶴舞線の原駅から徒歩5分の「シャンテーコジマ」もいいぞ。モーニングはドリンク1杯でパン食い放題だからな。
そして土日の名古屋市営地下鉄はドニチエコきっぷ600円で地下鉄乗り放題だ。ナゴドもマウンテンも観光もこれ1枚で大体どうにかなるぞ
– アフロン (@afron1124) 2017年11月19日

などと好評のようだ。