ASCII.jp:ECMのストリーミング解禁がうれしすぎる|MCコジマの … – ASCII.jp


こちらはECM入門的な「“静寂の次に美しい音”プレイリスト」

 ECM(Editions of Contemporary Music)は、1969年、ドイツ(当時は西ドイツ)のミュンヘンにて、マンフレート・アイヒャーによって設立されたレコード会社です。

 「静寂の次に美しい音(The Most Beautiful Sound Next To Silence)」を合言葉に、ジャズを主とした作品を次々にリリース。透明感のある音と洗練されたジャケット・デザインには定評があります。そして筆者、このレーベルが大好きです。

 そんなECMの“全作品”が11月17日からストリーミング・サービス(Apple Music、Spotify、AWA、LINE MUSIC、KKBOX)で解禁されました。あまりにもうれしいので、筆者がECMレーベルでオススメしたいアルバムを25枚選びました(関連記事)。ぜひ読んでください。

 言いたいことは以上なのですが、さすがにこれだけではアレなので、もう少し続けます。10年ほど前でしょうか、まだまだ音楽配信サービスが出揃ってもいなかった頃。ECMの音をもっと知りたいと思った筆者でしたが、入手困難になっているアルバムも少なくありませんでした。


この連載の記事

スバル 21年にもEV 県内部品会社 生き残り探る – 上毛新聞ニュース

スバル 21年にもEV 県内部品会社 生き残り探る

[2017/11/22]

EVが生産される見通しとなった群馬製作所の本工場=太田市スバル町

 群馬県に国内唯一の自動車生産拠点があるSUBARU(スバル、東京都渋谷区、吉永泰之社長)が電気自動車(EV)を2021年にも日本で発売する方針を固めたことが21日、分かった。群馬製作所(太田市)で生産する見通し。国内では、ホンダも短距離移動に適した小型のEVを20年に発売すると表明しており、既に販売実績がある日産自動車や三菱自動車を交え、次世代環境車を巡る競争が激化しそうだ。

◎「より高度なもの作る必要」

 スバルがEVを2021年にも日本で発売する方針が21日、明らかになった。次世代環境車の開発が進む中、県内の部品メーカーは生き残りに向けた対応が求められる。EVで使われる部品はガソリン車と比べて大幅に減るとされる一方、新規参入のチャンスも広がる。

 「EVの発売はいいこと。世の中の波に乗り遅れることなくやっていってほしい」。太田商工会議所の正田寛会頭は好意的に受け止める。一方で地元の部品メーカーへの影響について「ない、とは言えない」とし「各社が対応を考え、より高度なものを作り上げる必要がある」と話した。

 EVは1回の充電で走れる航続距離を伸ばすため、軽量化がポイントの一つになる。富士部品工業(太田市)は部品の材料を金属から樹脂にするなど軽量化を意識してきた。松崎友康社長は「EVどうこうではなく、軽量化を求める動きは長く続いている。これまでの技術がEVにも応用されるのではないか」と期待する。

 群馬経済研究所は部品メーカーの対応について「すぐにガソリン車がなくなるわけではないが、持っているコア技術を生かし、リスクヘッジの面からもEVのノウハウを研究する必要がある」と指摘。異業種からの新規参入の機会にもなるとみる。

 県内ではEVに対応する研究開発の動きが加速している。ミツバ(桐生市)は制御技術や先行商品の開発に向け、2018年4月に仙台市に開発拠点を新設する。沢藤電機(太田市)も小型トラックのEV用モーターの開発を進める。

 異業種では、家電量販店最大手のヤマダ電機(高崎市)がベンチャー企業のFOMM(川崎市)と資本業務提携し、小型EV販売に本格参入することを表明している。

New York Times Columnist Collected Cash From Zionist Group He Now Calls ‘Disgrace’ – Algemeiner

Email a copy of “New York Times Columnist Collected Cash From Zionist Group He Now Calls ‘Disgrace’” to a friend

The headquarters of The New York Times. Photo: Wikimedia Commons.

When The New York Times hired Bret Stephens earlier this year as an op-ed columnist, I wrote, “His voice will be a welcome addition and corrective to the Times tilt against Israel.”

Who knew then that he’d wind up using his new platform to criticize a pro-Israel organization?

Yet that’s exactly what Stephens did in a recent column lacing into the Zionist Organization of America for allowing a former Trump administration official, Stephen Bannon, to speak at its dinner in New York.

The Times columnist’s overall point — that Jews should beware antisemitism on the right as well as on the left — is perfectly sensible. But the column suffers from a series of flaws that hurt its credibility.

Related coverage

November 21, 2017 4:30 pm

First, it’s hypocritical of Stephens to attack the ZOA for associating with Bannon on the grounds that a website Bannon operated published articles about, and in some cases by, other figures that Stephens finds objectionable. “No organization that purports to represent the interests of the Jewish people should ever embrace anyone who embraces anti-Semites,” is the way that Stephens phrases it. The hypocrisy comes from the fact that the New York Times op-ed page, where Stephens works, has published articles by Palestinian terrorist Marwan Barghouti and by the foreign minister of Iran, Mohammad Javad Zarif.

The Times reader comment platform is itself a cesspool of virulent anti-Semitism. One reader comment on Stephens’ own ZOA column, by Peter Feld, said, “there’s nothing anti-Semitic about opposing a Jewish state on stolen land ruling over a captive population. Bannon is nothing but a symptom of the racism that has animated Zionism for over 130 years.”

That comment generated 67 “thumbs up” recommendations from Times readers and was only one of ten comments, out of 529 submitted, that Times moderators awarded a gold ribbon signifying that it was a “NYT Pick.” This isn’t just some fluke; the Times has a persistent and ongoing problem with antisemitic reader comments. If Stephens is going to fault the ZOA for associating with Bannon on the grounds of Bannon’s ties to a website purportedly populated with anti-Semites, that same standard would dictate that Jewish organizations stop inviting Stephens himself as a speaker until the Times cleans up its own act.

The column is afflicted with flaws beyond hypocrisy. The standard Stephens proposes is impractical. As the eminent Israeli author Yoram Hazony commented about Stephens’ column, “Herzl negotiated with the British empire, the Kaiser, the Sultan, the Czar, the Pope. No successful Jewish policy can be built on a politically correct doctrine of ‘liberal friends only.’”

Stephens’ critique of Bannon is so broad that it would include lots of people who are not enemies of the Jews. “Unlike Nixon, whose anti-Semitism seems to have been of a knee-jerk and atavistic variety, Bannon’s alt-right views — his opposition to free trade, a liberal immigration policy, ‘international bankers,’ ‘corporatist global media’ — are consonant with a sinister worldview that always finds a way to get back to a certain class of rootless cosmopolitans,” Stephens writes. If opposition to free trade is all of a sudden a disqualifier, does that mean that Evy Dubrow, the longtime Washington representative of the International Ladies Garment Workers Union, should have been written out of the organized Jewish community? Bernie Sanders has railed against “corporate media” and also has been critical of free trade agreements. Does that make him a sinister alt-right antisemite?

Finally, the Stephens column fails to disclose to readers that the columnist had a lucrative financial relationship with the organization he now criticizes as a “disgrace.” On November 12, 2013, Stephens spoke at the annual awards dinner of the ZOA’s Pittsburgh district, for a fee of $7,500 plus travel expenses, according to the ZOA. In January of 2014, he spoke to the ZOA’s Southwest Florida Chapter. On February 19, 2015, he spoke in Palo Alto, Calif., at an event sponsored by the ZOA’s West Coast chapter, for which he was paid a fee of $8,000 plus travel expenses, according to the ZOA. Each fee amounted to more for one speech than the median journalist makes in two months of work.

One might argue that disclosing the financial relationship would strengthen Stephens’ argument, because he must really have a strong conviction about something to put that kind of income stream in jeopardy. Or one might argue that it would weaken it, making readers wonder if the column has more to do with Stephens’ speaking business — had the ZOA fees dried up? Does he have other paid speaking customers that compete with the ZOA for pro-Israel donors? — than with the underlying merits. I emailed Stephens and a Times spokeswoman on Friday afternoon to ask about the speaking fee issue and to give Stephens an opportunity to address it. I got no response from them.

At the Palo Alto ZOA event, Stephens said, according to a YouTube video of the speech, “It’s especially a pleasure and an honor to speak for the ZOA. The ZOA is very dear to my heart for many reasons, but I want to single out one, which I think is particularly important. ZOA is not afraid to be unpopular. And I think that that is probably the quality that is most desperately needed today in political discourse generally, but speaking as a Jew, in Jewish discourse particularly.”

This probably won’t make me too popular with Stephens, but here it is: he had it more right in California back in 2015 than he did in his recent Times column.

More of Ira Stoll’s media critique, a regular Algemeiner feature, can be found here.

The opinions presented by Algemeiner bloggers are solely theirs and do not represent those of The Algemeiner, its publishers or editors. If you would like to share your views with a blog post on The Algemeiner, please be in touch through our Contact page.

モノづくりマッチングJapan2016・紙上プレビュー(2) – 日刊工業新聞

モノづくりマッチングJapan2016・紙上プレビュー(2)

【キーエンス/インクジェット3Dプリンター】

キーエンスはインクジェット式3Dプリンター「アジリスタ―3000シリーズ=写真」を出展する。装置本体のほか、自動車業界や電機業界など向けの造形サンプルも展示し、技術力をアピールする。また、新材料のシリコーンゴムを使った試作品を披露。シリコーンならではの弾力性が特徴で、医療業界などにPRする考えだ。(3D造形展)

【東大阪会議所/市内中小16社の技術・製品展示】

東大阪商工会議所は市内で高い技術を持つ中小企業16社の技術・製品を展示する。大阪精工が軽量化や磁気特性に優れた鉄鋼材料と異形鋼線(写真右下)、冷間圧造部品(同左上)を出展。大阪バネ工業は高圧流体制御用バネや開発中のCFRPバネを、鹿児島金属は多段式フォーマーで加工した中空品、貫通穴品など高精度製品をPRする。(要素技術展)

【米山金型製作所/微細V溝成形深さ0・05mm】

米山金型製作所(長野県松川町)は、碌々産業のAndroid5台やナガセインテグレックスの超精密研削盤「SGC630α」などによるマイクロ流路やマイクロニードルなどの精密金型・成形品を展示。微細V溝加工成形品ではピッチ0・07ミリ、深さ0・05ミリメートル品、格子加工は同0・14ミリ、0・1ミリメートル品(写真)を展示。(要素技術展)

【HILLTOP/ワンショット加工のオブジェ】

HILLTOP(ヒルトップ、京都府宇治市)は、同時5軸加工で、難易度が高いワンショット加工で製作したオブジェ「ヘリックス=写真」を出品する。土台から製作している。装置開発からデザイン、加工に至るまで一貫して行えるため、ユーザーは納期やコストの相談がしやすい。(要素技術展)

【入曽精密/工作機械高機能化する周辺機器】

チーム入間の1社として出展する入曽精密(埼玉県入間市)は、工作機械の機能を高める周辺機器を紹介する。一つは直径10マイクロメートルの極細工具にも対応できる接触式工具長測定器。もう一つは、スピンドルと同軸に固定したカメラで、真上から加工状態を監視できるシステム(写真)。ともに加工するワークの高付加価値化に貢献できるとしている。(要素技術展)

現地生産を進め、パワコンで世界トップ狙うTMEIC(前半) – 日経テクノロジーオンライン

国内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)向けの大容量パワーコンディショナー(PCS)で群を抜くシェアを持つ東芝三菱電機産業システム(TMEIC)が、海外戦略を加速させている。今年8月に米国、10月にインドと、相次いでPCSの新工場を稼働させた。同社はすでに両国での販売実績を伸ばしており、欧州大手メーカーとトップシェアを争っている。新工場の稼働を弾みに、2020年には両市場合わせ、PCSを主体にパワーエレクトロニクス全体で約260億円の売り上げを目指す。

 11月1日、米大リーグのワールドシリーズ最終戦が行われ、テキサス州ヒューストンを本拠地とするアストロズが、ドジャースを下して対戦成績を4対3とし、初制覇を果たした。一夜明けた11月2日、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は、ヒューストン近郊のケーティ市で、新工場のオープニングセレモニーを開催した。

アストロズに続きナンバーワンに

 挨拶に登壇したTMEICの山脇雅彦社長が、段上で上着を脱いでアストロズの優勝記念Tシャツに着替えると、参加する従業員たちから大喝采を浴びた。「アストロズのようにTMEICの新工場も、パワーエレクトロニクス分野でナンバーワンの工場を目指す」――。山脇社長は、こう締めくくった(図1)。

図1●オープセレモニーで登壇したTMEICの山脇雅彦社長

(出所:日経BP)

[画像のクリックで拡大表示]

 新工場の敷地面積は1万3100m2、建屋面積は4180m2。メガソーラー(大規模太陽光発電所)向けの大容量パワーコンディションナー(PCS)や無停電電源装置(UPS)を生産する。ヒューストン市内にある既存の工場が手狭になったため、新工場を建設しPCSの生産を全面的に移管した。

 セレモニー会場は、完成したばかりの定格出力2.7MW機がずらりと並んだ建屋の一角で、従業員や自治体の関係者など100人以上が参加して盛大に行われた。新工場は、生産子会社のTMEIC Power Electronics Products Corporation(TMPE)が運営する(図2)。

図2●米テキサス州ヒューストン近郊の新工場

(出所:日経BP)

[画像のクリックで拡大表示]

毎年恒例!ビックカメラオリジナルの2018年カレンダーが無料配布中 – AKIBA PC Hotline!

 毎年恒例となっているビックカメラグループオリジナルの2018年大判カレンダーの無料配布が、ビックカメラAKIBAやソフマップ各店で始まっています。

 昨年同様、今回のカレンダーも日本地図や西暦早見表、日本の世界遺産の場所などが記載されています。配布は1人1枚まで。

 毎年もらっている方や手頃なカレンダーをお探しの方はお店でチェックしてみてください。

1976年F1イン・ジャパンで活躍したコジマKE007が鈴鹿を疾走!!【鈴鹿サウンドオブエンジン2017】 – レスポンス

11月18・19日に行われた「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」で、1970年代に製作された国産F1マシンであるコジマ『KE007』が登場。鈴鹿サーキットで久しぶりとなる走行を披露した。

コジマ『KE007』は、1976年に日本で初めて開催されたF1グランプリに参戦するべく、コジマエンジニアリングが開発した純国産のF1マシン。当時は長谷見昌弘がドライブし、フル参戦している強豪相手に遜色ない速さをみせたなど、その活躍は今でも多くのファンや関係者に語り継がれている。

現在は個人オーナーの手に渡りレストアされた『KE007がが鈴鹿サウンドオブエンジンに登場。実は3月に富士スピードウェイで開催された富士ワンダーランドフェスでもデモラン予定だったが、マシンの不具合もあり走行は叶わず。それ以来となる走行チャンスということで、2日間とも来場したファンや関係者からの注目を集めていた。

往年のフォーミュラマシンが登場するデモレースには2日間とも出走。特に2日目のレースでは10周をしっかりと走り切り、チェッカー後にはスタンドから拍手が沸き起こっていた。

安川電機、垂直多関節ロボットに中・大型の29機種を追加 – 日経テクノロジーオンライン

図1:可搬質量400kgのハンドリング用「MOTOMAN-GP400」

図1:可搬質量400kgのハンドリング用「MOTOMAN-GP400」

[画像のクリックで拡大表示]

図2:可搬質量100kgで7軸のスポット溶接用「同SP100B」

図2:可搬質量100kgで7軸のスポット溶接用「同SP100B」

[画像のクリックで拡大表示]

図3:可搬質量200kgのプレス間搬送用「MOTOMAN-PH200RF」

図3:可搬質量200kgのプレス間搬送用「MOTOMAN-PH200RF」

[画像のクリックで拡大表示]

 安川電機は、垂直多関節ロボット「MOTOMAN」のラインアップに中・大型の29種を追加した(ニュースリリース)。可搬質量は35~600kgで、ハンドリング用の「GP」シリーズやスポット溶接用の「SP」シリーズ、プレス間搬送用の「PH」シリーズをそろえる(図1~3)。

 新機種では、「可能な限り高速で動け」との指示(最高速度動作指定)により、直線動作時の最高速度制限をなくした。ロボットの教示位置や姿勢に応じて、直線動作が可能な最高速度を自動で計算する。これによって従来の最高速度以上の速さで動けるので、ロボットの動作時間を縮められるという。

 新たな軌跡制御を採用し、精度を従来比で80%以上高めた。テスト運転やプレイバック時も動作速度変化によらず同じ軌跡で動かせる。

 セットアップ時の配線時間の短縮のため、ロボットとコントローラーをつなぐケーブルを減らした。「同GP400」(可搬質量400kg)と「同GP400R」(同400kg)「同GP600」(同600kg)では従来の3本から2本に、「同PH200RF」(同200kg)では従来の6本から3本に、それ以外については従来の2本から1本に、それぞれケーブルが少なくなっている。

 仮復旧や仮配線にかかる時間を縮める工夫も加えた。マニピュレーター内部の通信線が断線したり各軸サーボモーターのエンコーダーに異常が発生したりすると、プログラミングペンダント上に異常アラームを表示。通信線の断線時の仮復旧や異常箇所特定のための仮配線が可能なマルチポートを各部位に搭載した。

 新機種に対応する新型ロボットコントローラー「YRC1000」は、標準で電源回生機能を持つ。特に、PHシリーズなどハンドリング用途の大型ロボットで回生効率が高く、省エネルギーを図れるとする。同コントローラーは電源変圧回路も内蔵しており、海外の380~480Vの電圧にトランスなしで対応できる。これによってコントローラーを小型・軽量化し、海外の生産現場における省スペース化を可能とした。

 その他、SPシリーズ向けのスポット溶接電動ガン用サーボモーターとして、容量1.5k/2.0kWの従来型サーボモーターに加えて容量2.5kWのサーボモーターを開発した。これにより、自動車分野で増えている高張力鋼板やアルミニウム合金材などの高加圧スポット溶接に対応しやすくなったという。新開発のバッテリーレスエンコーダーも採用している。

 価格は要相談。なお、同社は新機種のうち5機種を「2017国際ロボット展」(2017年11月29~12月2日、東京ビッグサイト)に出展する。

コジマ、子育てと仕事に奮闘する世帯を応援、実店舗×ネットでサポート – BCN RETAIL

 ビックカメラグループのコジマは、子どものいる共働きの夫婦(Double Employed With Kids)世帯を応援する取り組み「DEWKS(デュークス)サポート」に関連するコーナーを、11月24日にオープンする愛知県日進市の「コジマ×ビックカメラ プライムツリー赤池店」に設置する。

201711211739_1.jpg
子育て世代を応援する

 8月11日にコジマの公式アプリで開始した「DEWKS サポート」では、コジマで働く子育て中の女性たちが選んだ「生活にあったら便利な家電」を実際に家庭内で使用した様子や感想、おすすめの使い方などを動画にして公開。授乳室がある店舗や、子ども連れに人気のキッズランド・トイズの取り扱い店舗などを一覧できる。

 同日に開業する大型ショッピングモール「プライムツリー赤池」の2階に出店する「コジマ×ビックカメラ プライムツリー赤池店」では、「DEWKS サポート」で紹介した家電や関連する便利グッズを展示する「DEWKS サポートコーナー」を設置。生活空間を再現したコーナーで商品を体験できるほか、商品のそばに掲示したQRコードを読み取ると、簡単に動画を視聴できる。

 

201711211739_2.jpg
「コジマ×ビックカメラ プライムツリー赤池店」内の「DEWKS サポートコーナー」のイメージ

 また、QRコードを読み取って動画を視聴したユーザーには「3%ポイントアップクーポン」をプレゼントするといった施策を打ち、購入につなげる。いつでもどこでも見られるネット動画と店頭を組み合わせて、商品の使用イメージをこれまで以上に身近に感じてもらう狙いだ。

原宿・竹下通りに「ビックカメラセレクト」1号店 女子高・大学生、外国人旅行客意識 – シブヤ経済新聞

原宿・竹下通りに「ビックカメラセレクト」1号店 女子高・大学生、外国人旅行客意識

「ダイソー原宿店」の外観。写真左手路面に「ビックカメラセレクト原宿店」のエントランスを設ける

写真を拡大
地図を拡大

 原宿・竹下通り沿いに11月28日、ビックカメラ(豊島区)の新業態1号店「ビックカメラセレクト原宿店」(渋谷区神宮前1)がオープンする。

 従来のビックカメラで取り扱う商品の中から、出店地域の特性や環境に合わせて取扱商品を変えるセレクト業態で、非家電製品を中心にラインアップする同ブランド。

 1号店となる同店の場所は100円均一ショップ「ダイソー原宿店」内で、両店舗が併設する店舗になるが、レジは別となる。「ビックカメラセレクト原宿店」は建物内の地下1階のワンフロアと地上1階の一部で面積は約330平方メートル。両店舗の1階はつながっていないが、両店舗内の階段で地下1階に行くことができる。「歯を磨く=電動歯ブラシ+歯磨き粉」などのように、コトをベースに家電と日用品を一緒に陳列するといい、ドライヤーや美顔器などは試せるように展示し、隣接して化粧品を試せるカウンターも設置する予定。

 原宿店は、女子高・大学生を意識してインスタントカメラ「チェキ」や文房具、雑貨を中心にセレクトするほか、同世代に「人気の」美容家電や化粧品をラインアップ。国内外問わず観光客が多いことから、旅行用品や土産などの品ぞろいにも注力するという。

 商品構成は、地下1階=薬、化粧品、日用品、スーツケース、旅行用品、美容家電、調理家電、掃除機、地上1階=スマートフォンアクセサリー、オーディオアクセサリー、カメラ、文房具、雑貨、お土産、酒(予定)。家電商品は、外国人旅行客に「人気の高い」商品や海外の電圧にも対応している商品を扱う。

 営業時間は10時~21時。