宮城、充実の仙台育英高勢 女子駅伝戦力分析、北海道・東北 – 京都新聞

全国高校駅伝を制した宮城・仙台育英高の三浦瑠衣(中央)=2017年12月・京都市
全国高校駅伝を制した宮城・仙台育英高の三浦瑠衣(中央)=2017年12月・京都市

 第36回全国女子駅伝が14日、京都市内で実施され、47都道府県から選ばれたランナーがたすきをつなぐ。各チームの顔ぶれ、目標などを地域ごとに紹介する。

 宮城は、全国高校駅伝で優勝した仙台育英高勢が充実している。1区で流れをつくった三浦瑠衣、1年生ながら5区区間賞を獲得した木村梨七をはじめ実力者がそろう。全日本実業団駅伝で2区区間8位の佐藤早也伽(積水化学)が、アンカーを務める予定。吉田淳監督は「仙台育英が高校駅伝で活躍してくれた流れを生かしたい」と力を込める。

 北海道は、池亀彩花(ホクレン)、若林由佳(エディオン)ら4人の実業団選手が中心。旭川龍谷高の岡島楓と伊藤穂乃佳は昨年12月、5000メートルの北海道高校記録をそろって更新した。道浦陽子監督は「例年以上に高校生が頑張っている。前半で離されないようにレースを進めたい」と見据える。

 前回17位に食い込んだ福島。アンカーで好走した石井寿美(ヤマダ電機)を欠くものの、小沢夏美(日立)、田辺美咲(三井住友海上)がふるさと選手として出場する。古寺冴佳(学法石川高)は全国高校選抜大会5000メートルで2位。阿部縁監督は「各世代の総合力で昨年の順位を上回りたい」と意気込む。

 岩手は、芦麻生(九電工)の走りが鍵を握る。全国高校駅伝で県勢最高の13位に入った盛岡誠桜高の6人も力があり、田川友貴が1区を走る。大梶義幸監督は「力がある順番に走る。中学生も強く、20位台を目指したい」。前回42位からのジャンプアップを狙う。

 秋田は、全員が19歳以下と若いチーム編成だ。前回4区で11人抜きした黒沢実紀(白鷗大)、遠藤優梨(ルートインホテルズ)らが最年長。全国高校駅伝出場の秋田北鷹高勢らが中盤でつなぐ。高橋敏治監督は「粘りの走りで、終盤まで何とか中位で持ちこたえたい」と語る。

 前回38位の山形は、想定していた実業団選手が故障で出場できないものの、高校生が9人を占めるチームをベテランの田中幸(スポーツ山形21)が引っ張る。高橋政則監督は「我慢の駅伝になるが、調子の良い選手を見極めて起用したい」。

 青森は、前回から9人の選手が残った。実業団選手はおらず、矢部綾乃(城西国際大)がアンカーを任される見込み。全国高校駅伝出場の青森山田高勢6人に期待がかかる。同高の監督でもある大島健治監督は「若い力を発揮してほしい」と期待する。

【 2018年01月12日 15時00分 】

宇良、初場所休場「右膝前十字靱帯断裂」の診断書提出 初場所での幕下転落確実に – デイリースポーツ

 「大相撲初場所」(14日初日、両国国技館)

 取組編成会議が12日、両国国技館内であり、人気業師で東十両11枚目の宇良(25)=木瀬=の休場が発表された。日本相撲協会に「右膝前十字靱帯(じんたい)断裂」との診断書を提出した。

 昨年11月末に都内の病院で右膝の手術を受けた。初場所は全休となり、3月の春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)で2年ぶり幕下への降下が確実となった。

 東前頭4枚目だった昨年7月の名古屋場所で右膝を負傷。同9月の秋場所で再発させ途中休場した。同11月の九州場所は右膝前十字靱帯と左膝半月板の損傷のため、3カ月の休業加療が必要とし、全休。今場所で十両に陥落した。

十両・貴ノ岩が初場所休場…「頭部外傷、頭皮列創痕、右乳突蜂巣炎痕」の診断書提出 – スポーツ報知

 元横綱・日馬富士関(33)に暴行を受けた、大相撲の十両・貴ノ岩(27)=貴乃花=が初場所(14日初日・両国国技館)を休場することになった。初日、2日目の取組を決める東京・両国国技館での編成会議が行われた11日、日本相撲協会に休場届と「頭部外傷、頭皮列創痕、右乳突蜂巣炎痕」の病名が記された診断書を提出した。また十両・宇良(25)=木瀬=、十両・豊響(33)=境川=も初日から休場する。

 東十両3枚目の貴ノ岩は初場所を全休すれば春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)では幕下に陥落して、関取の地位を失い無給の身となることが決定的だった。相撲協会は暴行を受けた被害者でもある貴ノ岩は診断書の提出を条件に、初場所を全休しても十両の最下位に据え置かれる救済措置をとることを、昨年12月20日の臨時理事会後に公表していた。

 この日提出した診断書には繰り返す頭部打撲は慢性硬膜下血腫発症の危険性を増すため、受傷後約3か月程度は頭部打撲を避ける必要があるとの補足説明がなされており、昨年九州場所に続き2場所連続で全休することは決定的となった。相撲協会によると診断書はFAXではなく原本が届いたという。

原点に返る!サンフレッチェ広島がナイキ新ユニホームを「エディオン蔦屋家電」街中特設会場で発表 – 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア

サンフレッチェ広島が1月11日、2018年新ユニホームを発表した。

これまでホテルの会見場でメディアを対象に行われていた発表会見は今回、JR広島駅に隣接したエディオン蔦屋家電 の3階、特設会場で行われた。

正午ちょうどのスタートということもあって会場には多くのサポーターが集まった。

冒頭では、サンフレッチェ広島のユニホームサプライヤーであるナイキジャパンからサンフレッチェ広島のトップへと鮮やかな転身を図った山本拓也社長があいさつ。「ひとりでも多くのみなさまに新しいユニホームを身にまとっていただき、エディオンスタジアムに足を運んでいただいて、12番目の選手として戦っていただき、昨シーズンの不甲斐ない成績を打開すべく今シーズンは共に戦っていただけますことをお願いしたいと思います」と呼びかけた。

山本拓也社長
山本拓也社長

続いて#19佐々木翔、#1林卓人、それにジュビロ磐田への期限付き移籍からチーム復帰を果たした#36川辺駿の3選手が登場。ベンチコートを脱いでユニホームを披露すると、会場からの熱い視線がステージに集まった。

サンフレッチェ広島

2018年ユニホームのホームユニホームにはクラブ伝統の「広島バイオレット」が復活した。2016年と2017年には濃い紫(紫紺)が採用されていたが、「原点に立ち還ってクラブの色を出していきたい」(株式会社ナイキジャパン担当者)という意図をもって「広島バイオレット」がメインカラーとなった。

”広島らしさ”はそれだけではない。エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。また、3本の矢を3本のストライプで表現し、前面と背面合わせて計6本のストライプは広島市内を流れる6本の川を表している。

素材には非常に優れた速乾性と肌触りが特徴のプライムライトファブリックが使用され、ショーツはこれまでのウーブン素材からニットにすることで伸縮性が向上した。

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島

川辺

ユニホームに袖を通した川辺は「すごく着心地はいいです、個人的には4年ぶりに紫のユニホームを着ることになるので、成長した部分をエディオンスタジアム広島で発揮できるように頑張りたいです」と話しサポーターから拍手を送られた。

アウェーユニホームはクラブ史上初となるホワイト×ホワイト×広島バイトレットのコンビネーションとなった。

佐々木
「純白が(僕には)似あうと思う」とコメントしてこの日、一番会場を盛り上げた佐々木

またGKユニホームを披露した林も「デザイン的にもこの白いラインが非常に力強く見えるので、僕もユニホームに負けないような力強いプレーができるようにがんばりたい」と胸を張った。

林

サンフレッチェ広島2018年新ユニホーム
■ユニフォームサプライヤー 株式会社ナイキジャパン
■ユニフォームスポンサー
・前 面:株式会社エディオン
・背 中:マツダ株式会社
・背中裾:株式会社広島銀行
・左 袖:株式会社イズミ
・ショーツ:テラル株式会社

エディオン蔦屋家電3階イベントスペースでは1月13日(土)、「森崎兄弟のサイン入りグッズ抽選会」もある「2018サンフレッチェ広島 森崎和幸×森崎浩司トークショー」も開催される。午後1時からと午後3時30分からで入場無料。

サンフレッチェ広島新ユニホーム予約受付、オンラインショップ「e-VPOINT」限定で1月20日(土)より開始

■販売商品
【2018シーズン フィールドプレーヤー用】
◆1st オーセンティックユニフォーム(選手着用モデル)
価格:20,520円(税込) サイズ:S/M/L/XL/XXL/XXXL    素材:ポリエステル

◆1st レプリカユニフォーム
価格:14,040円(税込) サイズ:S/M/L/XL/XXL/XXXL    素材:ポリエステル

◆1st レプリカユニフォーム(ボーイズ)
価格:  9,720円(税込) サイズ:130/140/150/160      素材:ポリエステル

◆2nd レプリカユニフォーム
価格:14,040円(税込) サイズ:S/M/L/XL/XXL/XXXL    素材:ポリエステル

◆ネーム&ナンバー加工代   4,644円(税込)
※サンフレッチェクラブ会員10%割引適用

■販売枚数
・1st オーセンティックユニフォーム(選手着用モデル)          700枚
・1st レプリカユニフォーム                      5,000枚
・1st レプリカユニフォーム(ボーイズ)                  350枚
・2nd レプリカユニフォーム                       500枚

※購入は何度でもできるが、1回の購入でひとり2枚まで
※限定数に達した場合、先行予約販売受付は終了。
※1st オーセンティックユニフォーム(選手着用モデル)、2nd レプリカユニフォームは、先行予約販売で完売した場合、サンフレッチェ広島での一般販売は行われない。
※商品到着は2月下旬から3月上旬を予定。
※一般販売は3月上旬を予定。

■予約受付場所/受付期間
サンフレッチェ広島オンラインショップ「e-VPOINT」
e-vpoint.sanfrecce.co.jp

2018年1月20日(土)10:00~2018年1月28日(日)23:59まで

以上、問い合わせは、サンフレッチェ広島オフィシャルショップ「V-POINT」

〒730-0031
広島市中区紙屋町1丁目地下街630号 紙屋町シャレオ東通り
TEL(082)248-3317
営業時間  月曜日~土曜日 11:00~21:00 / 日曜日・祝日 10:00~20:00
年中無休

ひろスポ!関連記事
サンフレッチェ広島、新社長はユニホームサプライヤー、ナイキジャパンの山本氏、”久保体制”20年目の勝負手
hirospo.com/pickup/42951.html

サンフレッチェ広島の2017年シーズンユニホームスポンサーに広島銀行

サンフレッチェ広島の2017年シーズンユニホームスポンサーに広島銀行

サンフレッチェ広島ユニフォームスポンサーに福山発祥の地元企業テラル株式会社がついた訳と意義
hirospo.com/pickup/25382.html

テラル

【新日本】棚橋対みのる、ケニー対ジェイは雪の札幌、オカダ対SANADAは大阪で実現! – ニフティニュース

新日本プロレスは1月27日北海きたえーる2連戦から開幕するシリーズ『THE NEW BEGINNING』の全対戦カードを発表した。

 1.4東京ドーム大会の翌日、後楽園ホールで勃発した因縁カードが、1.27&28札幌大会、2.10エディオンアリーナ大阪大会で実現する。

「ターナーハーシー!次の標的はお前だ!」

 1.4ドーム大会の敗者髪切りマッチで後藤洋央紀に敗れて、NEVER無差別級王座からも陥落した鈴木みのるだが、翌5日の後楽園大会ではIWGPインターコンチネンタル王者の棚橋弘至に狙いを定めて古傷の膝を破壊。もん絶する棚橋にみのるが挑戦表明。昨年のIWGPヘビー級王座への挑戦(対オカダ・カズチカ)に続いて、みのるの師匠である藤原喜明とも因縁深い雪の札幌(1日目)のメインで大役を担うことになった。満身創痍の棚橋だが、圧倒的に不利な状況からの巻き返す力が凄い選手なので、好勝負を期待したい。

「ターゲットをUS王座に切り替える」

 1.4ドーム大会で棚橋に敗れた後は今後も棚橋を狙っていくと話していたジェイ・ホワイトだが、翌1.5後楽園大会ではケニー・オメガからバレットクラブへの勧誘を受けるも、ケニーを襲撃し戦線布告。6日に新日本プロレス事務所で行われたオカダの会見に、オカダからCHAOSの新メンバーとして紹介されると、「バレットクラブのやりかたは好きじゃない」「タナハシからターゲットを切り替える」とケニーが持つIWGP USヘビー級王座に挑戦表明をした。一方で、オカダのIWGPヘビー級王座も狙うと発言するなど不穏なムードが漂う会見だったが、このジェイの主張が認められ、札幌2連戦2日目のメインでケニーとのタイトルマッチが決定。1.4ドーム大会であのクリス・ジェリコの挑戦を退けたケニーを倒すのはかなり厳しいと思うが、ケニーはジェリコ戦の翌日は上半身をテーピング覆うほどダメージを受けており、昨年からくすぶっていたCodyとの確執も表面化。バレットクラブ内紛の火種も抱えている。ジェイがそこを上手く突いていけば勝機もゼロではない。なお、ヤングバックス対ロッポンギ3KによるIWGPジュニアタッグ戦も2日目にラインナップされた。

 飯伏幸太は1.4ドーム大会で対戦したいCodyと連日タッグ対決が組まれているが、現時点で飯伏とバレットクラブのメンバーは、最終戦の2.10大阪大会に名前が入っていない。

 大阪大会では内藤哲也を追い続けているYOSHI-HASHIのシングル、ウィル・オスプレイに高橋ヒロムが挑戦するIWGPジュニアヘビー王座戦、後藤洋央紀にEVILが挑戦するNEVER無差別級王座戦、そして、オカダにSANADAが挑戦するIWGPヘビー級王座戦がラインナップされた。オカダはSANADAの挑戦を認める代わりに、SANADA&EVILが保持するIWGPタッグ王座に後藤とのタッグで挑戦させることを条件として出していたが、今回のシリーズでこのカードは実現せず、珍しくロスインゴ勢の主張が完全に通った形になった。G1クライマックスでの対戦では2連敗中のSANADAだが、師匠である武藤敬司直伝のラウンディングボディプレスや、オカダに劣らない高度なドロップキックなど、身体能力はかなり高い。同い年のオカダから何とか1勝を勝ち取り、ライバルの一人に名乗りを上げたいところ。オカダにとっては10度目の防衛戦で、棚橋が持つ最多防衛記録(11)も見えて来ただけに、負けられない試合ではあるが、SANADAのIWGP初戴冠を大阪で見てみたい期待感があるのも確か。SANADAには爪痕を残してもらいたい。

 さて、1.5後楽園大会の試合後にジェリコが乱入し、内藤と大乱闘を繰り広げたが、今回のシリーズで両者の対戦がマッチメイクされることはなかった。神出鬼没なジェリコのことだから、また内藤を襲いに来る可能性もあるが、3月の旗揚げ記念日、ロサンゼルス大会、4月の両国国技館大会のいずれかで実現するのかどうか、注意深く見守っていきたい。「明日帰ってもう日本には来ない」と言いながら、翌日の夜に乱入したジェリコの理不尽さは、新日本ファンにも支持されている。次にアルファが現れるのはいつになるのだろうか?

取材・文 / どら増田
カメラ / 萩原孝弘

【超花火】爆破王・宮本の野望 “ノア勢を電流爆破に引きずり込む” – 東スポWeb

小幡(左)とダブル王座戦を行う宮本

 爆破王・宮本裕向(35)が9日、ノア勢を電流爆破デスマッチに引きずり込むと予告した。

 超花火プロレス「電流爆破フェスティバル」(28日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)ではゼロワンの世界ヘビー級王者・小幡優作(33)とのダブルタイトル戦に臨む。この日、都内で行われた調印式では「爆破の土俵で勝つ。自分にはデスマッチで積み重ねてきたものがあるので有利に使っていきたい」と目を光らせた。

 両王座がかかるこの試合は、爆破バットの使用が認められる特別ルールで行われる。爆破の頂点に君臨しながらも、実はこれまで爆破戦の経験は小幡と同じ2試合のみ。それでも数々のデスマッチをくぐり抜けてきた経験値で、優位に立っていると確信する。

 しかも昨年末にはDDTのEXTREME級王座も戴冠しており、小幡に勝てばシングル3冠王になる。さらには直後の2月2日ノア後楽園ホール大会ではGHCヘビー級王者・拳王(33)への挑戦も決まり、一気に4冠を狙える位置にいるのだ。

 またゼロワンとノアの両団体で活躍するだけに「ノアの選手を電流爆破に巻き込むことも考えていますよ。好きな人がいると思うし。拳王だってボクの爆破王に挑戦してくれてもいい。まず28日に勝てば、ボクしかできない面白いことができる」と語り、意味深な笑みを見せた。

 5月には36歳の誕生日を迎える。「年男のスタートダッシュにふさわしい挑戦かなと思う」。戌年生まれのヤンキー男は、新たな爆破王のスタイルをつくり上げる覚悟だ。

世界ヘビー級王者・小幡 爆破王とのダブルタイトル戦へ「負けるわけにはいかない」 – 東スポWeb

小幡優作(左)と宮本裕向

 超花火プロレスは9日、世界ヘビー級王座と爆破王を懸けたダブルタイトル戦(28日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)の調印式を都内で行った。

 1日のゼロワン後楽園ホール大会で田中将斗(44)を破り、第22代世界ヘビー級王者に輝いた小幡優作(33)と爆破王を保持する宮本裕向(35)が出席。この試合は電流爆破バットの使用が認められる特別ルールで行われ、勝者が両王座を総取りする。

 小幡は「爆破はほとんど経験がないし正直、ルールもちゃんと把握してないけど、ボクはボクのプロレスをやるだけ。爆破王ベルトへの思いもないけど、この世界ヘビーのベルトがかかっているので負けるわけにはいかない」と強調。爆破戦は過去2度しか経験がなく、苦手意識を抱いているのは確か。そのため、あくまで世界ヘビーの防衛戦と位置づけて臨む構えだ。

 一方、爆破の頂点に君臨する宮本もこれまで爆破戦の経験は小幡と同じ2試合だけ。それでも「爆破の土俵で勝って2冠になりたいと思う。デスマッチで積み重ねてきたものは使っていきたいし、ハードコアの部分で戦っていきたいと思う」と自信をみなぎらせた。

 また、この試合の勝者が2月12日の新木場大会で、世界ヘビー級ベルトを懸けて木高イサミ(36)の挑戦を受けることも発表された。

宇良、初場所全休で幕下転落へ 九州場所後に右膝手術 – BIGLOBEニュース

 大相撲の人気の技師で、東十両11枚目の宇良(25)=木瀬=が、昨年11月の九州場所後に右膝を手術したため、初場所(14日初日・両国国技館)を全休することが8日、分かった。師匠の木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)が明らかにした。3月の春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)は12場所ぶりに幕下へ転落することが確実となった。

 宇良は昨年7月の名古屋場所で右膝を負傷し、続く9月の秋場所を途中休場。九州場所は「右膝前十字靱(じん)帯損傷、左膝半月板損傷で手術的治療及びリハビリ治療を含め約3か月の休業加療を必要とする」との診断書を提出して全休した。現在は来場所での復帰を視野にリハビリに努めている。木瀬親方は「(今後の予定は)本人に任せている。今が一番大事な時期。焦ってもしょうがない」と話した。

 関学大を卒業した2015年春場所で初土俵を踏んだ宇良は、1年後の16年春場所後に新十両昇進を決めた。小3から取り組んだレスリングの経験を生かして、珍手・居反りなど反り技を駆使。一方で関取平均より身長で12センチ、体重で28キロも下回る173センチ、135キロの体で大技を繰り出すため、この2年間は負傷の連続。16年名古屋場所は右足首、続く秋場所では左手甲を骨折した。

 昨年秋場所後に、木瀬親方は「大けがは大けが。本人の気持ちは前向き。(最終的には)本人に任せる」と説明。複数の病院で診察を受け治療方法を検討する方針を明かしており、関取の座を失っても負傷を完治させることを選択した。

【ヤクルト】ドラ8沼田、愛犬たち?とともに入寮 – スポーツ報知

 ヤクルトのドラフト8位、沼田拓巳投手(23)=BC石川=が7日、愛犬たちとともに? 埼玉・戸田市内の合宿所に入寮した。

 名産大を1年で中退し、クラブチームの「エディオン愛工大OB BLITZ」、ドジャース傘下1A、BC群馬を経てプロ入りにこぎ着けた155キロ右腕。昨年3月の誕生日に友人たちから贈られた犬のぬいぐるみ「Oジロー」を持参した。

 ベッドで添い寝し「寝る時に横にいる感じで、肌触りがいい。犬が大好き。実家でも3匹飼っていて、(スマホの)待ち受けもワンちゃんです」と愛が止まらなかった。

名古屋でドラゴンズ新入団選手トークショー – 名古屋テレビ

名古屋市中村区で中日ドラゴンズの新入団選手のトークショーが行われました。

エディオン名古屋本店で行われたトークショーには、ドラフト1位の鈴木博志選手と2位の石川翔選手が登場し、プロ1年目の豊富などを語りました。鈴木選手は「1年目からファンの期待に応えられるように躍動していきたい」、石川選手は「この1年で体を作りたい」と話しました。また、会場のドラゴンズファンからは星野仙一元監督の死を悼む声も聞かれました。

更新時間:2018年1月6日 18:52